Cisco Unity Connection Administration インターフェイス リファレンス ガイド リリース 9.x
Cisco Unity Connection 9.x 同報リストの設定
Cisco Unity Connection 9.x 同報リストの設定
発行日;2013/08/22 | 英語版ドキュメント(2013/06/04 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity Connection 9.x 同報リストの設定

同報リストの検索

同報リストの新規作成

同報リストの基本設定の編集

同報リストのメンバー

ユーザの別名の編集

Cisco Unity Connection 9.x 同報リストの設定

次の項を参照してください。

「同報リストの検索」

「同報リストの新規作成」

「同報リストの基本設定の編集」

「同報リストのメンバー」

ユーザの別名の編集

同報リストの検索

 

表 5-1 [同報リストの検索(Search Distribution Lists)] ページ

フィールド
説明

検索の対象を制限:(Limit Search To)

検索結果の表示を制限する条件を次の中から選択します。

[すべて(All)]:検索結果が属する Cisco Unity Connection のロケーションやパーティションに関係なく、すべての検索結果を表示します。

[パーティション(Partition)]:特定のパーティションに属する結果だけを表示します。このオプションを選択した場合は、[名前(Where Name Is)] リストからパーティションの名前を選択します。

[ロケーション(Location)]: (Cisco Unity Connection の設定だけに適用可能) 特定の Connection のロケーションに属する結果だけを表示します。このオプションを選択した場合は、[名前(Where Name Is)] リストからロケーションの名前を選択します。

[ローカル サイト(Local Site)]: (ネットワーキング サイトの一部である Cisco Unity Connection の設定だけに適用可能) この Connection のロケーションを含むネットワーキング サイト内のロケーションに属する結果(このロケーション自体に属する結果を含む)だけを表示します。

[リモート サイト(Remote Site)]: (ネットワーキング サイトの一部である Cisco Unity Connection の設定だけに適用可能) リモート ネットワーキング サイト(サイト間リンクを介して、このロケーションが属するサイトにリンクしているサイト)内のロケーションに属する結果だけを表示します。

[ブランチ(Branch)]:中央接続サーバに関連付けられた特定の拠点に属する結果だけを表示します。このオプションを選択した場合は、[名前(Where Name Is)] リストからブランチの名前を選択します。

エイリアス(Alias)

同報リストに固有のテキスト名。

同報リストに固有のページに移動するには、エイリアスを選択します。

内線番号(Extension)

(表示専用) 電話システムでオブジェクトへの接続に使用される内線番号。

表示名(Display Name)

(表示専用) 同報リストの名前。

選択項目の削除(Delete Selected)

同報リストを削除するには、表示名の左側にあるチェックボックスをオンにして、[選択項目の削除(Delete Selected)] を選択します。複数の同報リストを同時に削除できます。

新規追加(Add New)

同報リストを追加するには、[新規追加(Add New)] ボタンを選択します。新しいページが開くので、このページに新しい同報リストに適用するデータを入力します。

一括編集(Bulk Edit)

一度に複数の同報リストを編集するには、該当する同報リストのチェックボックスをオンにして、[一括編集(Bulk Edit)] を選択します。

一括編集する同報リストが、1 つの [検索(Search)] ページに一部しか表示されない場合は、最初のページで該当するすべてのチェックボックスをオンにし、次のページに移動して該当するすべてのチェックボックスをオンにするという操作を、該当するすべての同報リストを選択するまで繰り返します。次に、[一括編集(Bulk Edit)] を選択します。

手順については、「一括編集モードでの同報リスト設定の編集」を参照してください。

関連項目

System Administration Guide for Cisco Unity Connection 』( Release 9.x )の「 Accessing and Using Cisco Unity Connection Administration 9.x 」の章にある「Finding Records in Cisco Unity Connection Administration 9.x」の項( http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/9x/administration/guide/9xcucsagx.html から入手可能)。

同報リストの新規作成

 

表 5-2 [同報リストの新規作成(New Distribution Lists)] ページ

フィールド
説明

エイリアス(Alias)

同報リストに固有のテキスト名。

表示名(Display Name)

同報リストの識別に役立つ名前を入力します。

ユーザの表示名、連絡先、および同報リストを入力する際は、次の点を考慮してください。

表示名に特殊文字や発音区別符号が含まれている場合は、音声認識カンバセーションで表示名の認識に問題が発生することがあります。

ユーザ、連絡先、または同報リストに録音名がない場合、Cisco Unity Connection では表示名または姓と名の組み合わせの再生が試みられます。

サイト間リンク経由のリモート サイトのレプリケート(Replicate to Remote Sites Over Intersite Links)

(サイト間ネットワーキングが設定されている場合に限り適用可能) サイト間リンクを介してリモート サイトへのレプリケーション用のリストを提供するよう、Cisco Unity Connection を設定するには、このチェックボックスをオンにします。リモート ユーザが宛先指定できるようにリモート サイトでリストを同期するには、このサイトからデータを同期するときに同報リストが含まれるように、リモート サイトを設定することも必要です。リモート サイトが Connection サイトである場合、リモート サイト ゲートウェイのリンクに対して [サイト間リンクの編集(Edit Intersite Link)] ページの [ディレクトリ データを同期するときに同報リストを含める(Include Distribution Lists When Synchronizing Directory Data)] チェックボックスをオンにすると、リストに同期が設定されます。リモート サイトが Cisco Unity サイトである場合、リモート サイト ゲートウェイに対する [Connection ネットワーキング(Connection Networking)] ページの [同報リストの同期(Sync Distribution Lists)] チェックボックスをオンにすると、リストに同期が設定されます。

サイト間リンクでリストの同期が有効である場合でもリモート サイトでは同期できないよう、同報リストを提供しないように Cisco Unity Connection を設定するには、このチェックボックスをオフにします。

(注) [連絡先を許可する(Allow Contacts)] チェックボックスがオンの場合、このオプションは使用できません。連絡先がメンバーとして許可されているリストは、リモート サイトにレプリケートできません。

サイト間リンクを介したリモート サイトへのリストのレプリケートを許可する(Allow List to Be Replicated to Remote Sites Over Intersite Links)

(サイト間ネットワーキングが設定されている場合に限り適用可能) サイト間リンクを介してリモート サイトへのレプリケーション用のリストを提供するよう、Cisco Unity Connection を設定するには、このチェックボックスをオンにします。リモート ユーザが宛先指定できるようにリモート サイトでリストを同期するには、このサイトからデータを同期するときに同報リストが含まれるように、リモート サイトを設定することも必要です。リモート サイトが Connection サイトである場合、リモート サイト ゲートウェイのリンクに対して [サイト間リンクの編集(Edit Intersite Link)] ページの [ディレクトリ データを同期するときに同報リストを含める(Include Distribution Lists When Synchronizing Directory Data)] チェックボックスをオンにすると、リストに同期が設定されます。リモート サイトが Cisco Unity サイトである場合、リモート サイト ゲートウェイに対する [Connection ネットワーキング(Connection Networking)] ページの [同報リストの同期(Sync Distribution Lists)] チェックボックスをオンにすると、リストに同期が設定されます。

サイト間リンクでリストの同期が有効である場合でもリモート サイトでは同期できないよう、同報リストを提供しないように Cisco Unity Connection を設定するには、このチェックボックスをオフにします。

(注) [連絡先を許可する(Allow Contacts)] チェックボックスがオンの場合、このオプションは使用できません。連絡先がメンバーとして許可されているリストは、リモート サイトにレプリケートできません。

連絡先を許可する(Allow Contacts)

連絡先を同報リストのメンバーとして追加できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。同報リストのメンバーとして連絡先が含まれている場合、リモートのボイス メッセージング システム(VPIM)ロケーション)のユーザはそのリストにメッセージを送信できません。

(注) [サイト間リンクを介したリモート サイトへのリストのレプリケートを許可する(Allow List to be Replicated to Remote Sites Over Intersite Links)] チェックボックスがオンの場合、このオプションは使用できません。連絡先がメンバーとして許可されているリストは、リモート サイトにレプリケートできません。

外部のシステムからのメッセージを受け入れる(Accept Messages from Foreign System)

VPIM ロケーションとして設定されたリモートのボイス メッセージング システムのユーザがこの同報リストにメッセージを送信できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

(注) [連絡先を許可する(Allow Contacts)] チェックボックスがオンの場合、このオプションは使用できません。連絡先がメンバーとして許可されているリストでは、外部システムからのメッセージを受け入れることはできません。

SRSV ブランチのレプリケート(Replicate to SRSV Branches)

中央Connectionサーバのブランチの同報リストを同期化するには、このチェックボックスをチェックします。

関連項目

System Administration Guide for Cisco Unity Connection 』( Release 9.x )の「 Managing System Distribution Lists in Cisco Unity Connection 9.x 」の章にある「Creating System Distribution Lists in Cisco Unity Connection 9.x」の項( http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/9x/administration/guide/9xcucsagx.html から入手可能)。

同報リストの基本設定の編集

[同報リストの基本設定の編集(Edit Distribution List Basics)] ページの各フィールドについては、 表 5-3 を参照してください。

一括編集モードでの同報リスト情報の編集手順については、「一括編集モードでの同報リスト設定の編集」を参照してください。

 

表 5-3 [同報リストの基本設定の編集(Edit Distribution List Basics)] ページ

フィールド
説明

エイリアス(Alias)

(このフィールドは、個々の同報リストを編集する場合に限り表示されます。一括編集操作には適用されません。) 同報リストに固有のテキスト名。

表示名(Display Name)

(このフィールドは、個々の同報リストを編集する場合に限り表示されます。一括編集操作には適用されません。) 同報リストの識別に役立つ名前を入力します。

ユーザの表示名、連絡先、および同報リストを入力する際は、次の点を考慮してください。

表示名に特殊文字や発音区別符号が含まれている場合は、音声認識カンバセーションで表示名の認識に問題が発生することがあります。

ユーザ、連絡先、または同報リストに録音名がない場合、Cisco Unity Connection では表示名または姓と名の組み合わせの再生が試みられます。

内線番号(Extension)

(このフィールドは、個々の同報リストを編集する場合に限り表示されます。一括編集操作には適用されません。) 電話システムで同報リストへの接続に使用される内線番号を入力します。

パーティション(Partition)

オブジェクトが属するパーティションを選択します。パーティションはグループ化されてサーチ スペースになります。サーチ スペースは、ユーザまたは外部発信者が Cisco Unity Connection と対話しているときに到達できるオブジェクト(たとえば、ユーザや同報リスト)の範囲を定義するために使用されます。ほとんどのオブジェクトは 1 つのパーティションにしか属することができませんが、例外的にユーザは 1 つのパーティションにプライマリ内線番号、別のパーティションに代行内線番号を持つことができます。パーティションは、複数のサーチ スペースに所属できます。

内線番号はパーティション内で固有である必要があります。パーティションには、内線番号が関連付けられていないオブジェクト(連絡先やシステム同報リストなど)が存在する場合があります。

録音名(Recorded Name)

(このフィールドは、個々の同報リストを編集する場合に限り表示されます。一括編集操作には適用されません。) これはユーザ、連絡先、同報リスト、またはハンドラの録音名です。ここで名前を録音できますが、ユーザは、自己登録カンバセーション、設定オプション、または Cisco Unity Connection Messaging Assistant を使用して名前を録音することもできます。

ここで名前を録音するには、Media Master を使用します。Media Master の [オプション(Options)] メニューにある [ファイルを開く(Open File)] オプションを使用し、あらかじめ録音された WAV ファイルを録音として使用します。

サイト間リンク経由のリモート サイトのレプリケート(Replicate to Remote Sites Over Intersite Links)

(サイト間ネットワーキングが設定されている場合に限り適用可能) サイト間リンクを介してリモート サイトへのレプリケーション用のリストを提供するよう、Cisco Unity Connection を設定するには、このチェックボックスをオンにします。リモート ユーザが宛先指定できるようにリモート サイトでリストを同期するには、このサイトからデータを同期するときに同報リストが含まれるように、リモート サイトを設定することも必要です。リモート サイトが Connection サイトである場合、リモート サイト ゲートウェイのリンクに対して [サイト間リンクの編集(Edit Intersite Link)] ページの [ディレクトリ データを同期するときに同報リストを含める(Include Distribution Lists When Synchronizing Directory Data)] チェックボックスをオンにすると、リストに同期が設定されます。リモート サイトが Cisco Unity サイトである場合、リモート サイト ゲートウェイに対する [Connection ネットワーキング(Connection Networking)] ページの [同報リストの同期(Sync Distribution Lists)] チェックボックスをオンにすると、リストに同期が設定されます。

サイト間リンクでリストの同期が有効である場合でもリモート サイトでは同期できないよう、同報リストを提供しないように Cisco Unity Connection を設定するには、このチェックボックスをオフにします。

(注) [連絡先を許可する(Allow Contacts)] チェックボックスがオンの場合、このオプションは使用できません。連絡先がメンバーとして許可されているリストは、リモート サイトにレプリケートできません。

サイト間リンクを介したリモート サイトへのリストのレプリケートを許可する(Allow List to Be Replicated to Remote Sites Over Intersite Links)

(サイト間ネットワーキングが設定されている場合に限り適用可能) サイト間リンクを介してリモート サイトへのレプリケーション用のリストを提供するよう、Cisco Unity Connection を設定するには、このチェックボックスをオンにします。リモート ユーザが宛先指定できるようにリモート サイトでリストを同期するには、このサイトからデータを同期するときに同報リストが含まれるように、リモート サイトを設定することも必要です。リモート サイトが Connection サイトである場合、リモート サイト ゲートウェイのリンクに対して [サイト間リンクの編集(Edit Intersite Link)] ページの [ディレクトリ データを同期するときに同報リストを含める(Include Distribution Lists When Synchronizing Directory Data)] チェックボックスをオンにすると、リストに同期が設定されます。リモート サイトが Cisco Unity サイトである場合、リモート サイト ゲートウェイに対する [Connection ネットワーキング(Connection Networking)] ページの [同報リストの同期(Sync Distribution Lists)] チェックボックスをオンにすると、リストに同期が設定されます。

サイト間リンクでリストの同期が有効である場合でもリモート サイトでは同期できないよう、同報リストを提供しないように Cisco Unity Connection を設定するには、このチェックボックスをオフにします。

(注) [連絡先を許可する(Allow Contacts)] チェックボックスがオンの場合、このオプションは使用できません。連絡先がメンバーとして許可されているリストは、リモート サイトにレプリケートできません。

連絡先を許可する(Allow Contacts)

連絡先を同報リストのメンバーとして追加できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。同報リストのメンバーとして連絡先が含まれている場合、リモートのボイス メッセージング システム(VPIM)ロケーション)のユーザはそのリストにメッセージを送信できません。

(注) [サイト間リンクを介したリモート サイトへのリストのレプリケートを許可する(Allow List to be Replicated to Remote Sites Over Intersite Links)] チェックボックスがオンの場合、このオプションは使用できません。連絡先がメンバーとして許可されているリストは、リモート サイトにレプリケートできません。

外部のシステムからのメッセージを受け入れる(Accept Messages from Foreign Systems)

VPIM ロケーションとして設定されたリモートのボイス メッセージング システムのユーザがこの同報リストにメッセージを送信できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

(注) [連絡先を許可する(Allow Contacts)] チェックボックスがオンの場合、このオプションは使用できません。連絡先がメンバーとして許可されているリストでは、外部システムからのメッセージを受け入れることはできません。

SRSV ブランチのレプリケート(Replicate to SRSV Branches)

中央Connectionサーバのブランチの同報リストを同期化するには、このチェックボックスをチェックします。

一括編集タスクスケジュール(Bulk Edit Task Scheduling)

(一括編集操作だけに適用可能) 一括編集操作をただちに実行するには、[今すぐ実行(Run Now)] を選択します。

後の日付または時刻に一括編集操作のスケジュールを設定するには、[あとで実行(Run Later)] を選択して、隣接するフィールドに適切な日付と時刻を設定します。

関連項目

System Administration Guide for Cisco Unity Connection 』( Release 9.x )の「 Managing System Distribution Lists in Cisco Unity Connection 9.x 」の章にある「Modifying System Distribution Lists in Cisco Unity Connection 9.x」の項( http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/9x/administration/guide/9xcucsagx.html から入手可能)。

一括編集モードでの同報リスト設定の編集


ステップ 1 [同報リストの検索(Search Distribution Lists)] ページで、該当するユーザのチェックボックスをオンにして、[一括編集(Bulk Edit)] を選択します。

一括編集する同報リストが、1 つの [検索(Search)] ページに一部しか表示されない場合は、最初のページで該当するすべてのチェックボックスをオンにし、次のページに移動して該当するすべてのチェックボックスをオンにするという操作を、該当するすべての同報リストを選択するまで繰り返します。次に、[一括編集(Bulk Edit)] を選択します。

ステップ 2 設定に変更を加えるには、フィールド名の左にあるチェックボックスをオンにして選択してから、通常どおりフィールドを設定します。各フィールドの設定方法については、 表 5-3 のフィールド定義を参照してください。


) [同報リストの基本設定の編集(Edit Distribution List Basics)] ページの上部にある [ステータス(Status)] メッセージには、編集中の同報リストの数が示されます。また、このページには一括モードで編集可能なフィールドだけが表示されています。


ステップ 3 [一括編集タスクスケジュール(Bulk Edit Task Scheduling)] フィールドなど、適用可能なすべてのフィールドを設定したら、[送信(Submit)] を選択します。


 

同報リストのメンバー

 

表 5-4 [同報リストのメンバー(Distribution List Members)] ページ

フィールド
説明

選択項目の削除(Remove Selected)

ユーザまたは連絡先を削除するには、オブジェクトの表示名の左側にあるチェックボックスをオンにして、[選択項目の削除(Remove Selected)] を選択します。複数のユーザと連絡先を同時に削除できます。

ユーザの追加(Add User)

ユーザを検索し、同報リストに追加する場合に選択します。

ユーザ テンプレートの追加(Add User Template)

ユーザ テンプレートを検索し、同報リストに追加する場合に選択します。ユーザ テンプレートを同報リストのメンバーとして追加すると、そのユーザ テンプレートを使用して作成された新規ユーザが自動的に同報リストに追加されます。(同報リストにユーザ テンプレートを追加する前にそのテンプレートを使用して作成されたユーザは、ユーザ テンプレートを追加しても影響を受けません)。

連絡先の追加(Add Contact)

([同報リストの基本設定の編集(Edit Distribution List Basics)] ページで [連絡先を許可する(Allow Contacts)] チェックボックスがオンになっている場合に限り適用可能) 連絡先を検索して、同報リストに追加する場合に選択します。連絡先を検索してリストに追加するには、連絡先の VPIM 配信ロケーションと VPIM リモート メールボックス番号が定義されている必要があります。

同報リストの追加(Add Distribution List)

別の同報リストをこの同報リストのメンバーとして追加する場合に選択します。

表示名(Display Name)

(表示専用) オブジェクトの名前。

エイリアス(Alias)

(表示専用) 同報リストのメンバーに固有のテキスト名。

メンバー タイプ(Member Type)

(表示専用) オブジェクトのタイプ([ユーザ(User)](ユーザとテンプレートの両方を含む)、[連絡先(Contact)]、または [同報リスト(Distribution List)])。

関連項目

ユーザの別名の編集

 

表 5-5 [ユーザの別名の編集(Edit Alternate Names)] ページ

フィールド
説明

表示名(Display Name)

同報リストのユーザの別名。

選択項目の削除(Delete Selected)

ユーザの別名を削除するには、表示名の左側にあるチェックボックスをオンにして、[選択項目の削除(Delete Selected)] を選択します。複数のユーザの別名を同時に削除できます。

関連項目

System Administration Guide for Cisco Unity Connection 』( Release 9.x )の「 Managing System Distribution Lists in Cisco Unity Connection 9.x 」の章にある「Adding Alternate Names for a System Distribution List in Cisco Unity Connection 9.x」の項( http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/9x/administration/guide/9xcucsagx.html から入手可能)。