Cisco Unified SRST システム アドミニストレーション ガイド
追加のコール機能の設定
追加のコール機能の設定
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

追加のコール機能の設定

内容

オプション機能の設定方法

3 者間 G.711 Ad Hoc 会議の有効化

XML API スキーマの定義

関連情報

追加のコール機能の設定

Revised: July 11, 2008

この章では、次に示すオプションの追加のコール機能について説明します。

3 者間 G.711 Ad Hoc 会議:Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony(SRST)による同時 3 者間会議のサポート。

eXtensible Markup Language(XML)アプリケーション プログラム インターフェイス(API):このインターフェイスは、Cisco Unified SRST から管理ソフトウェアにデータを供給します。

Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony(SRST)の Music On Hold(MOH)の統合:MOH は、Cisco Unified SRST ルータのフラッシュ ファイルから、G.711、オンネット VoIP、および PSTN コールに対して使用できます。MOH の詳細については、「Cisco Unified SRST をマルチキャスト MOH リソースとして使用するための Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unified SRST の 統合」を参照してください。

オプション機能の設定方法

次の項では、オプション機能の設定方法について説明します。

「3 者間 G.711 Ad Hoc 会議の有効化」

「XML API スキーマの定義」

3 者間 G.711 Ad Hoc 会議の有効化

3 者間 G.711 Ad Hoc 会議の有効化には、Cisco Unified SRST ルータがサポートしている同時 3 者間会議の最大数を設定する作業が含まれます。会議を使用できるようにするには、IP Phone の 1 つ以上のボタンに 2 つ以上の回線を接続する必要があります。「第 2 発信音の設定」を参照してください。

要約手順

1. call-manager-fallback

2. max-conferences max-conference-number s

3. exit

詳細手順

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

call-manager-fallback

 

Router(config)# call-manager-fallback

call-manager-fallback コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

max-conferences max-conference-numbers

 

Router(config-cm-fallback)# max-conferences 16

ルータでサポートされている同時 3 者間会議の最大数を設定します。最大数は、プラットフォームによって異なります。

Cisco 1751 ルータ:8

Cisco 1760 ルータ:8

Cisco 2600 シリーズ ルータ:8

Cisco 2600-XM シリーズ ルータ:8

Cisco 2801 ルータ:8

Cisco 2811、Cisco 2821、および Cisco 2851 ルータ:16

Cisco 3640 および Cisco 3640A ルータ:8

Cisco 3660 ルータ:16

Cisco 3725 ルータ:16

Cisco 3745 ルータ:16

Cisco 3800 シリーズ ルータ:24

ステップ 3

exit
 

Router(config-cm-fallback)# exit

call-manager-fallback コンフィギュレーション モードを終了します。

次の例では、ルータに最大 8 つの同時 3 者間会議を設定します。

call-manager-fallback
max-conferences 8
 

XML API スキーマの定義

この項の Cisco IOS コマンドを使用すると、XML API に関連したパラメータを指定できます。詳細については、『 XML Provisioning Guide for Cisco CME/SRST 』を参照してください。

要約手順

1. call-manager-fallback

2. xmlschema schema-url

3. exit

詳細手順

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

call-manager-fallback

 

Router(config)# call-manager-fallback

call-manager-fallback コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

xmlschema schema-url

 

Router(config-cm-fallback)# xmlschema http://server2.example.com/
schema/schema1.xsd

この Cisco Unified SRST システムで使用する XML API スキーマの URL を指定します。

schema-url :RFC 2396 で定義されたローカルまたはリモート URL

ステップ 3

exit
 
Router(config-cm-fallback)# exit

call-manager-fallback コンフィギュレーション モードを終了します。

設定手順については、「Cisco Unified SRST MOH ライブ フィード サポートの設定(オプション)」を参照してください。

関連情報

MOH については、「Cisco Unified SRST をマルチキャスト MOH リソースとして使用するための Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unified SRST の 統合」を参照してください。

Cisco Unified SRST の監視および保守については、「Cisco Unified SRST の監視と保守」を参照してください。

追加情報については、「Cisco Unified SRST の概要」「その他の資料」を参照してください。