Cisco Unified SIP Phone 3911 電話ガイド for Cisco Unified Communications Manager 6.0 and 5.1
通話履歴の使用方法
通話履歴の使用方法
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 452KB) | フィードバック

目次

通話履歴の使用方法

通話履歴の使用方法

通話履歴の使用方法

このセクションでは、通話履歴へのアクセスと使用方法について説明します。

通話履歴の使用方法

電話機には、コールに関する不在履歴、発信履歴、および着信履歴が保持されています。

 

目的
操作

通話履歴にアクセスする

を押して、[ディレクトリ]を選択します。

通話履歴を表示する

を押して、[ディレクトリ]>[不在履歴]、[発信履歴]、

または[着信履歴]の順に選択します。

通話履歴からコールを削除する

1. を押して、[ディレクトリ]>[不在履歴]、[発信履歴]、

または[着信履歴]の順に選択します。

2. コールのレコードを選択してから、[削除]を選択します。

通話履歴からダイヤルする(別のコールに接続されていないとき)

1. を押して、[ディレクトリ]>[不在履歴]、[発信履歴]、

または[着信履歴]の順に選択します。

2. 通話履歴からコール レコードを選択し、 を押して、[ダイヤル]を選択します。

通話履歴から電話番号を編集してダイヤルする

1. を押して、[ディレクトリ]>[不在履歴]、[発信履歴]、

または[着信履歴]の順に選択します。

2. 履歴にあるコール レコードを選択して、 を押します。

3. 番号を編集して、[ダイヤル]を選択します。

通話履歴からダイヤルする(別のコールに接続されているとき)

1. を押して、[ディレクトリ]>[不在履歴]、[発信履歴]、

または[着信履歴]の順に選択します。

2. 履歴にあるコールのレコードを選択します。

3. [ダイヤル]を選択します。 もう一方のコールは保留状態になります。