Cisco Unified SIP Phone 3911 電話ガイド for Cisco Unified Communications Manager 6.0 and 5.1
電話機の概要
電話機の概要
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 452KB) | フィードバック

目次

電話機の概要

ボタンとハードウェアについて

機能のボタンとメニューについて

回線とコールについて

回線およびコールのアイコンについて

機能のアベイラビリティについて

電話機の概要

Cisco Unified SIP Phone 3911 は Cisco Unified IP Phone ファミリの一機種です。 この IP Phone により、コンピュータで使用するデータ ネットワークを介した音声通信が提供されます。これにより、コールの発信および受信、保留、転送、会議コールの開催などが可能です。

ボタンとハードウェアについて

電話機のボタンとハードウェアを識別するには、次の図を参照してください。

 

 

項目
説明
参照先または問い合せ先
1

電話機の画面

電話メニューおよびコール アクティビティ(発信者 ID(電話番号)、通話時間、コールの状態など)が表示されます。

「回線およびコールのアイコンについて」

2

メッセージ待機中インジケータ

新しいボイス メッセージ(赤く点灯)や着信コール(点滅)を示します。

「ボイス メッセージへのアクセス」

3

Cisco Unified IP Phone シリーズ

Cisco Unified IP Phone のモデル シリーズを示します。

-

4

キャンセル ボタン

 

操作をキャンセルするか、メニューを終了するか、コールを切断します。

「コール処理」

5

OK ボタン

 

メニューを表示するか、メニュー オプションの選択や確認を行うか、コールに応答するか、コールに復帰します。

「コール処理」

6

ナビゲーション ボタン

 

メニュー項目のスクロールや項目の強調表示に使用します。 電話機がオンフックの場合、通話履歴(不在履歴、受信履歴、発信履歴)および設定された短縮ダイヤルを表示します。

「通話履歴の使用方法」 および 「短縮ダイヤル」

7

回線ボタン

 

回線でコールを発信するか、コールに応答できます。

高速の点滅は着信コールを示します。

低速の点滅は保留コールを示します。

「コール処理」

8

音量ボタン

 

ハンドセット、ヘッドセット、スピーカフォン、および呼出音の音量を制御します。

「電話機の設定の変更方法」

9

スピーカ ボタン

 

スピーカフォンを選択します。 スピーカフォンがオンの場合、このボタンが点灯します。

「ハンドセットおよびスピーカフォンの使用方法」

10

ミュート ボタン

 

スピーカフォンおよびハンドセットをミュートします。 このボタンが点灯している場合、スピーカとハンドセットはミュートされています。

「ミュートの使用」

11

キーパッド

電話番号のダイヤル、および数字や文字の入力に使用します。

「コール処理」

12

メッセージ ボタン

 

ボイス メール ボックスに接続します。 このボタンが点灯している場合、待機中のメッセージがあります。

「ボイス メッセージへのアクセス」

13

保留ボタン

 

現在のコールの保留、保留中のコールの復帰、アクティブ コールと保留中のコールの切り替えを行います。

保留中のコールがある場合は、回線ボタンが低速で点滅しています。

「コールの保留と復帰」

14

転送ボタン

 

別の番号へコールを転送します。

「コール処理」

15

会議ボタン

 

標準の(アドホック)3 者会議コールを開始します。 このボタンが点灯している場合、会議コールが開催中です。

「コール処理」

16

リダイヤル ボタン

 

最後に発信した番号をリダイヤルします。

「コール処理」

17

ハンドセット

電話機のハンドセット。

「コール処理」

機能のボタンとメニューについて

機能ボタンを押して、機能を選択するか、機能メニューのオープンとクローズを行います。

 

目的
操作

機能を選択する

次の機能ボタンを押します。

リダイヤル

会議

転送

保留/復帰

メッセージ

スピーカ

ミュート

メニューやメニュー項目を選択する

を押します。

リストまたはメニューをスクロールする

を押します。

メニューの 1 つ前のレベルに戻る

を押します。 メニューのトップ レベルで を押すと、メニューがクローズします。

回線とコールについて

回線とコールを混同しないように、次の説明を参照してください。

回線:Cisco Unified SIP Phone 3911 は単一回線用の電話機です。つまり、他からの呼び出しに使用できる電話番号(または内線番号)が 1 つだけサポートされています。

コール:お使いの電話機では、1 つの回線で同時の 2 件のコールがサポートされます。

お使いの電話機では、接続コールが 2 件までサポートされます。 アクティブとなり得るコールは常に 1 つに限定されるので、2 件目のコールは自動的に保留状態になります。 この間は、これ以上の発信者にはビジー音が返されます。

お使いの電話機では、標準の(アドホック)3 者会議が 1 件サポートされます。

回線およびコールのアイコンについて

電話機には、コールおよび回線の状態(オンフック、保留中、呼出中、接続中など)の判断に役立つアイコンが表示されます。

 

アイコン
回線またはコールのステータス
説明

 

オンフック回線

この回線のコール アクティビティはありません。

 

オフフック回線

番号をダイヤル中です。

 

接続コール

通話相手に接続されている状態です。

 

呼出中のコール

回線でコールが呼出中です。

 

不在履歴

回線での不在履歴があります。

 

発信コール

発信コールが呼び出し中です。

 

コールが保留中

コールが保留されています。 「コールの保留と復帰」 を参照してください。

 

不在が有効

着信コールは他の電話番号に転送されます。

 

会議コール

回線にアクティブな標準の(アドホック)3 者会議コールがあります。

 

会議コールが保留中

会議コールが保留中です。

機能のアベイラビリティについて

電話機システムの設定によっては、この電話ガイドに記載されている機能の一部がお使いの電話機で利用できない、または動作が異なる場合があります。操作方法や機能のアベイラビリティについては、お客様の社内のサポート デスクまたはシステム管理者にお問い合せください。