Cisco Unified Mobility Advantage アドミニストレーション ガイド Release 3.0.9
Network Properties
Network Properties
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 796KB) | フィードバック

目次

Network Properties

Client/Server SSL Properties

Client/Server Non-SSL Properties

Server to Server SSL Properties

Network Properties

この章では、Admin Portal の Network Properties オプションについて説明します。

このオプションでは、クライアント/サーバ間の SSL プロパティ、クライアント/サーバ間の非 SSL プロパティ、およびサーバ間のプロパティを設定できます。この情報は、Managed Server および Managed Server と Cisco Unified Mobile Communicator の接続に関連しています。

Client/Server SSL Properties

Client/Server SSL Properties は、Managed Server が SSL を介した Cisco Unified Mobile Communicator からの接続を受信するように設定する場合に使用します。

Client/Server SSL Properties を設定するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Network Properties > Client/Server SSL Properties を選択します。

ステップ 2 表6-1 に示す設定値を編集します。

 

表6-1 Client/Server SSL Properties

項目
説明

Virtual Host

Proxy Server のインターネット DNS ホスト名。

この情報は、Cisco Unified Mobile Communicator が Proxy Server への接続を確立する際に使用します。

Virtual Port

Proxy Server が受信する TCP ポート。Cisco Unified Mobile Communicator はこのポートに接続して、SSL を介した Managed Server と通信します。

Server Port

Managed Server が Proxy Server からの SSL クライアント通信を受信する TCP ポート。

ステップ 3 Submit をクリックします。

ステップ 4 Managed Server を再起動し、設定値を有効にします。


 

Client/Server Non-SSL Properties

Client/Server Non-SSL Properties は、Managed Server が非 SSL を介した Cisco Unified Mobile Communicator 電話からの接続を受信するように設定する場合に使用します。

Client/Server Non-SSL Properties を設定するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Network Properties > Client/Server Non-SSL Properties を選択します。

ステップ 2 表6-2 に示す設定値を編集します。

 

表6-2 Client/Server Non-SSL Properties

項目
説明

Virtual Host

Proxy Server のインターネット DNS ホスト名。

この情報は、Cisco Unified Mobile Communicator が Proxy Server への接続を確立する際に使用します。

Virtual Port

Proxy Server が受信する TCP ポート。Cisco Unified Mobile Communicator はこのポートに接続して、非 SSL を介した Managed Server と通信します。

Server Port

Managed Server が Proxy Server からのクライアント通信を受信する TCP ポート。

ステップ 3 Submit をクリックします。

ステップ 4 Managed Server を再起動し、設定値を有効にします。


 

Server to Server SSL Properties

Server-to-Server SSL Properties で、複数の(クラスタ化された)サーバで使用される SSL プロパティを設定します。

デフォルト値を使用することを推奨します。現時点では、複数のサーバはサポートされていません。

Server-to-Server SSL properties を設定するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Network Properties > Server to Server SSL Properties を選択します。

ステップ 2 表6-3 に示す設定値を編集します。

 

表6-3 Server-to Server SSL Properties

項目
説明

Virtual Host

Managed Server の当該インスタンスのイントラネット DNS ホスト名または IP アドレス。

Virtual Port

Managed Server の当該インスタンスの受信ポート。

このポートは、他の Managed Server が相互に接続を確立する際に使用します。このポートと Server Port(次の項目)の値は、同じです。

Server Port

Managed Server が相互の通信に使用するポート。

Managed Server の前にロード バランサが存在しない場合、このポートと Virtual Port(前の項目)の値は同じになります。

ステップ 3 Submit をクリックします。

ステップ 4 Managed Server を再起動し、設定値を有効にします。