Cisco Unified Communications Manager, Release 9.0(1) アップグレード ガイド
参照先
参照先
発行日;2012/11/22   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

参照先

ここでは、IM and Presence Service の参照情報について説明します。

I/O スロットリングの影響

概要

ここでは、スロットリングがアップグレード プロセスに与える影響、アップグレード速度の低下または停止の考えられる原因、およびアップグレード速度を向上できる操作について説明します。

スロットリングによって、アップグレードに時間がかかることがあります。 スロットリングはデフォルトでイネーブルです。また、通常の業務時間中にアップグレードを実行する場合不可欠です。

スロットリングを無効にする

スロットリングを無効にするには、アップグレードを開始する前に、CLI で次のコマンドを使用します。

utils iothrottle disable


(注)  


アップグレードの開始後にスロットリングを再起動する場合は、アップグレードをキャンセルし、スロットリングを再起動してからアップグレードを再開する必要があります。


サーバ モデル

使用するサーバ モデルもアップグレード速度に影響を及ぼします。 SATA ハード ドライブを搭載したサーバ(MCS-7816、MCS-7825 など)は、SAS/SCSI ハード ドライブを搭載したサーバ(MCS-7835、MCS-7845 など)よりアップグレードに時間がかかります。

書き込みキャッシュ

サーバの書き込みキャッシュが無効になっていると、アップグレード プロセスの速度がさらに遅くなります。 旧式サーバのバッテリ切れなど、書き込みキャッシュがディセーブルになる要因はいくつか考えられます。

アップグレードを開始する前に、MCS-7835/45 ディスク コントローラの書き込みキャッシュのステータスを確認してください。 MCS-7816 および MCS-7825 サーバでは書き込みキャッシュのステータスを確認する必要はありません。 書き込みキャッシュのステータスを確認するには、Cisco Unified IM and Presence オペレーティング システムの管理にアクセスして [表示(Show)] > [ハードウェア(Hardware)] を選択します。

バッテリ切れにより、書き込みキャッシュが無効になったと判断した場合、ハード ディスク コントローラのキャッシュ バッテリを交換する必要があります。 バッテリを交換する場合は、ローカル サポートの手順に従ってください。

次に示す [表示(Show)] > [ハードウェア(Hardware)] メニューの出力例を参照して、バッテリおよびライトバック キャッシュのステータスを確認する詳細を確認してください。

次の例では、書き込みキャッシュは有効になっています。 この例では、キャッシュの 50 % が書き込みに予約されており、キャッシュの 50 % が読み取りに予約されています。 書き込みキャッシュが無効の場合、キャッシュの 100 % が読み取りに予約されているか、Cache Status が「OK」ではありません。 また、バッテリ カウントが「1」になっています。 コントローラのバッテリが切れているかバッテリが存在しない場合は「0」と示されます。

書き込みキャッシュが有効な 7835/45-H1 および 7835/45-H2 サーバ

-------------------------------RAID Details      :

Smart Array 6i in Slot 0
   Bus Interface: PCI
   Slot: 0
   Cache Serial Number: P75B20C9SR642P
   RAID 6 (ADG) Status: Disabled
   Controller Status: OK
   Chassis Slot: 
   Hardware Revision: Rev B
   Firmware Version: 2.80
   Rebuild Priority: Low
   Expand Priority: Low
   Surface Scan Delay: 15 sec
   Cache Board Present: True
   Cache Status: OK
   Accelerator Ratio: 50% Read / 50% Write
   Total Cache Size: 192 MB
   Battery Pack Count: 1
   Battery Status: OK
   SATA NCQ Supported: False

次の例では、バッテリ ステータスが有効、書き込みキャッシュ モードが有効になっています。

書き込みキャッシュが有効の 7835/45-I2 サーバ

----------RAID Details      :
Controllers found: 1

----------------------------------------------------------------------
Controller information
----------------------------------------------------------------------
   Controller Status                   : Okay
   Channel description                 : SAS/SATA
   Controller Model                    : IBM ServeRAID 8k    
   Controller Serial Number            : 20ee0001
   Physical Slot                       : 0
   Copyback                            : Disabled
   Data scrubbing                      : Enabled
   Defunct disk drive count            : 0
   Logical drives/Offline/Critical     : 2/0/0
   ---------------------------------------------------
   Controller Version Information
   ---------------------------------------------------
   BIOS                                : 5.2-0 (15421)
   Firmware                            : 5.2-0 (15421)
   Driver                              : 1.1-5 (2412)
   Boot Flash                          : 5.1-0 (15421)
   ---------------------------------------------------
   Controller Battery Information
   ---------------------------------------------------
   Status                              : Okay
   Over temperature                    : No
   Capacity remaining                  : 100 percent
   Time remaining (at current draw)    : 4 days, 18 hours, 40 minutes
   ---------------------------------------------------
   Controller Vital Product Data
   ---------------------------------------------------
   VPD Assigned#                       : 25R8075
   EC Version#                         : J85096
   Controller FRU#                     : 25R8076
   Battery FRU#                        : 25R8088

----------------------------------------------------------------------
Logical drive information
----------------------------------------------------------------------
Logical drive number 1
   Logical drive name                  : Logical Drive 1
   RAID level                          : 1
   Status of logical drive             : Okay
   Size                                : 69900 MB
   Read-cache mode                     : Enabled
   Write-cache mode                    : Enabled (write-back)
   Write-cache setting                 : Enabled (write-back) when protected by battery
   Number of chunks                    : 2
   Drive(s) (Channel,Device)           : 0,0 0,1 
Logical drive number 2
   Logical drive name                  : Logical Drive 2
   RAID level                          : 1
   Status of logical drive             : Okay
   Size                                : 69900 MB
   Read-cache mode                     : Enabled
   Write-cache mode                    : Enabled (write-back)
   Write-cache setting                 : Enabled (write-back) when protected by battery
   Number of chunks                    : 2
   Drive(s) (Channel,Device)           : 0,2 0,3 

書き込みキャッシュが有効の 7845/45-I3 サーバ

HW Platform       : 7845I3Processors        : 2
Type              : Intel(R) Xeon(R) CPU           E5540  @ 2.53GHz
CPU Speed         : 2530
Memory            : 8192 MBytes
Object ID         : 1.3.6.1.4.1.9.1.587
OS Version        : UCOS 4.0.0.0-44
Serial Number     : KQNDPGG

RAID Version      :
Raid firmware version: 11.0.1-0024

BIOS Information  :
IBMCorp. -[D6E145FUS-1.07]- 04/26/2010
...
...
Logical Drives Information:
==========================
Virtual Disk: 0 (Target Id: 0)
Name:
RAID Level: Primary-1, Secondary-0, RAID Level Qualifier-0
Size:278.464 GB
State: Optimal
Stripe Size: 128 KB
Number Of Drives:2
Span Depth:1
Default Cache Policy: WriteBack, ReadAheadNone, Direct, No Write Cache if Bad BBU
Current Cache Policy: WriteBack, ReadAheadNone, Direct, No Write Cache if Bad BBU
Access Policy: Read/Write
Disk Cache Policy: Disk's Default
Encryption Type: None
Virtual Disk: 1 (Target Id: 1)
Name:
RAID Level: Primary-1, Secondary-0, RAID Level Qualifier-0
Size:278.464 GB
State: Optimal
Stripe Size: 128 KB
Number Of Drives:2
Span Depth:1
Default Cache Policy: WriteBack, ReadAheadNone, Direct, No Write Cache if Bad BBU
Current Cache Policy: WriteBack, ReadAheadNone, Direct, No Write Cache if Bad BBU
Access Policy: Read/Write
Disk Cache Policy: Disk's Default
Encryption Type: None

...
...

ロケール固有のアップグレード

ロケールの概要

シスコは、IM and Presence ロケール インストーラのロケール固有のバージョンを www.cisco.com で提供しています。 このロケール インストーラを使用すると、ユーザがサポートされているインターフェイスを使用するときに、選択した翻訳済みテキストまたはトーン(使用可能な場合)を表示または受信できます。

ユーザ ロケール ファイルは、ユーザが選択したロケールの電話機表示用の翻訳済みテキストと音声プロンプト(使用可能な場合)、ユーザ アプリケーション、および Web ページを提供します。 ユーザ専用のロケール インストーラは Web 上にあります。

IM and Presence ロケールをインストールする場合、ユーザ ロケール ファイルをインストールする必要があります。このロケール ファイルには特定の言語と国の言語情報が含まれ、次の命名規則が使用されます。

ps-locale-language-country-version.cop

ロケールのインストール


(注)  


IM and Presence に国のロケールをインストールする前に、Cisco Unified Communications Manager クラスタに同じ国の Cisco Unified Communications Manager ロケール ファイルをインストールする必要があります。


クラスタの各ノードに、複数のロケール ファイルをインストールできます。 新しいロケールをアクティブにするには、インストール後にクラスタの各サーバを再起動する必要があります。 ロケールのインストールの詳細については、『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。