Cisco Unified Communications Manager, Release 9.0(1) アップグレード ガイド
トラブルシューティング
トラブルシューティング
発行日;2012/11/22   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

トラブルシューティング

次の章には、IM and Presence サービスに関するトラブルシューティング情報を記載します。

IM and Presence ユーザ電話のプレゼンスの問題

問題    IM and Presence サーバのアップグレード後に、すべてのアクティブ化された機能サービスとネットワーク サービスの開始時に、ユーザの IM and Presence 電話のプレゼンスは更新に時間がかかったり、遅くなったりします。
解決法    Cisco SIP Proxy サービスを再起動する必要があります。 Cisco Unified IM and Presence サービスアビリティで、[ツール(Tools)] > [コントロール センター - 機能サービス(Control Center - Features Services)] を選択します。

Cisco SIP Proxy サービスのリアルタイム モニタリング ツールのアラート

問題    IM and Presence サーバがアップグレードされ、アクティブになったすべての機能サービスとネットワーク サービスが起動すると、リアルタイム モニタリング ツール CoreDumpFileFound アラートが Cisco SIP Proxy サービスによって生成されます。
解決法    Cisco SIP Proxy サービスを再起動する必要があります。 Cisco Unified IM and Presence サービスアビリティで、[ツール(Tools)] > [コントロール センター - 機能サービス(Control Center - Features Services)] を選択します。

リモート サーバのアップグレード ファイルが見つからない

問題    リモート サーバのアップグレード ファイルが見つかりません。
解決法    アップグレード ファイルが Linux または UNIX サーバ上に存在する場合は、指定するディレクトリ パスの先頭にフォワード スラッシュを付加する必要があります。 たとえば、アップグレード ファイルが patches ディレクトリに存在する場合は、/patches と入力する必要があります。 アップグレード ファイルが Windows サーバ上に存在する場合は、システム管理者に正しいディレクトリ パスを確認してください。

アップグレード ファイルのチェックサム値が一致しない

問題    アップグレード ファイルのチェックサム値と、Cisco.com に示されるチェックサムが一致しません。
解決法    アップグレード ファイルが本物の整合性のあるファイルであると保証するには、2 つのチェックサム値が一致している必要があります。 チェックサム値が一致しない場合、Cisco.com から新しいバージョンのファイルをダウンロードして、再度アップグレードを試みてください。

データベース レプリケーションが完了しなかった

問題    アップグレード後に、データベース レプリケーションが完了せず、コマンド utils dbreplication runtimestate の結果が 2 ではありませんでした。
解決法    アップグレードを完了し、新しいソフトウェアにバージョンを切り替えると、データベース レプリケーションが自動的に実行されます。 この処理中に、サブスクライバ ノードのコア サービスは起動しません。 大規模な展開のデータベース レプリケーションの場合、完了するまで数時間かかる可能性があります。 数時間後に utils dbreplication runtimestate コマンドを実行してデータベース レプリケーションが完了しなかったと表示される場合、データベース レプリケーションをリセットする必要があります。 パブリッシャ ノードで、次のコマンドを実行します。utils dbreplication reset all

Cisco UP Presence Engine データベースが再起動しない

問題    Cisco Unified Presence Release 8.6(3) 以前のソフトウェア バージョンに切り替えた後に、Cisco UP Presence Engine データベースが再起動しません。
解決法    Cisco Unified Presence Release 8.6(3) 以前に切り替えた後に、必須の COP ファイル ciscocm.cup.pe_db_install.cop がクラスタの全ノードにインストールされていることを確認します。

更新アップグレード エラー

問題    更新アップグレード時に、「エラーが発生しました。選択したアップグレードは現在のバージョンでは許可されていません(Error encountered: The selected upgrade is disallowed from the current version)」というエラーが報告されます。
解決法    必須の COP ファイルがノードにインストールされていません。 Cisco.com から COP ファイル ciscocm.cup.refresh_upgrade_v<latest_version>.cop をダウンロードします。 サーバを再起動します。 更新アップグレードを再試行する前に、クラスタ内のすべてのノードに COP ファイルをインストールします。

更新アップグレードに失敗した

問題    更新アップグレードに失敗しました。
解決法    システムを再起動します。更新アップグレードの前に実行していたソフトウェア バージョンでリブートされます。 システムにアクセスできない場合、リカバリ CD を使用してノードを回復する必要があります。

アップグレードのキャンセルまたは失敗

いずれかの段階でアップグレードをキャンセルした場合、またはアップグレードが失敗した場合は、IM and Presence サーバをリブートしてから、もう一度アップグレードを実行してください。