Cisco Unified Communications Manager, Release 9.0(1) アップグレード ガイド
アップグレード後の作業
アップグレード後の作業
発行日;2012/11/22   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

アップグレード後の作業

ここでは、IM and Presence Service のアップグレード後の作業について説明します。

ハイ アベイラビリティ

ハイアベイラビリティをサポートする展開の場合、各サブスクライバでハイアベイラビリティを有効にし直す必要があります。 ハイアベイラビリティを有効にする前に、バージョンを切り替え、データベース レプリケーションを完了し、すべてのサービスを再起動してください。 ハイアベイラビリティを有効にする方法については、『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

IM and Presence のデータ移行の検証

Cisco Unified Presence Release 8.x を IM and Presence Service Release 9.x にアップグレードすると、すべてのユーザ プロファイル情報は Cisco Unified Communications Manager(Unified CM)に移行されます。 ユーザ プロファイル情報は Unified CM に新しいサービス プロファイルとして保存されます。このとき、次の名前と説明の形式が使用されます。

名前:UCServiceProfile_Migration_x(x は、1 以降の番号)

説明:移行済みサービス プロファイル番号 x

Cisco Unified Presence Release 8.x からアップグレード後に Cisco Jabber に正常にログインできるようにするには、ユーザ プロファイル データの移行が正しく行われたことを確認する必要があります。

手順
    ステップ 1   Cisco Unified CM の管理から [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [サービス プロファイル(Service Profile)] を選択します。
    ステップ 2   すべてのサービス プロファイルをリストするには、[検索(Find)] を選択します。
    ステップ 3   次の名前形式を持つ、移行済みサービス プロファイルがあることを確認します。UCServiceProfile_Migration_x
    ステップ 4   移行済みのサービス プロファイルがない場合は、inslalldb ログ ファイルでエラーがないか確認します。
    ステップ 5   インポート エラーがある場合は、Cisco Unified Communications Manager にアラームが表示されます。 アラームの詳細を見るには、RTMT for Cisco Unified Communications Manager にログインします。

    ユーザ プロファイルがどのように移行されるかについては「ユーザ プロファイル データの移行」のセクションを参照してください。