Unified Communications Manager 10.0(1) 向け Cisco Unified Communications Manager Assistant ユーザ ガイド
マネージャ機能の設定
マネージャ機能の設定

マネージャ機能の設定

マネージャ機能の設定

マネージャおよびアシスタントは、[マネージャの設定] ウィンドウでマネージャの初期設定を変更できます。

  • マネージャは、Web サイトからこのウィンドウにアクセスできます。
  • アシスタントは、Assistant Console からこのウィンドウにアクセスできます。

Manager Assistant は、システム管理者によって、共有回線モードまたはプロキシ回線モードで動作するように設定されています。 詳細については、共有回線モードとプロキシ回線モードの概要を参照してください。

初期デフォルト設定では、マネージャは最初に初期設定を行わなくても Manager Assistant を使用できます。

マネージャ向け:マネージャの設定へのアクセス

マネージャは、Web サイトから [マネージャの設定] ウィンドウにアクセスできます。 URL は、システム管理者から入手できます。

手順
    ステップ 1   Microsoft Windows 2000 以降が実行されているコンピュータで、Microsoft Internet Explorer(IE)ブラウザを開きます。 ブラウザのバージョンは、5.5 以降である必要があります。
    ステップ 2   システム管理者が指定した URL を開きます。 URL は、http://<ip アドレス>/ma/desktop/maLogin.jsp という形式になっています。 Manager Assistant ソフトウェアをインストールするかどうかをたずねるポップアップ ウィンドウが表示されます。
    ステップ 3   [Cisco Systems Inc. からの内容を常に信頼する] チェックボックスをオンにします。次に、[はい] をクリックします。 [ログイン] ウィンドウが表示されます。
    ステップ 4   ユーザ名とパスワードを(システム管理者によって提供されたとおりに)入力し、[ログイン] をクリックします。 [マネージャの設定] ウィンドウが表示されます。
    ステップ 5   ログアウトするには、ブラウザのウィンドウを閉じます。

    アシスタント向け:マネージャの設定へのアクセス

    アシスタントは、Assistant Console から [マネージャの設定] ウィンドウにアクセスできます。

    特定のマネージャのウィンドウにアクセスするには、Assistant Console [マイマネージャ] パネル内で、目的のマネージャの行の任意の場所で右クリックし、ポップアップ メニューから [設定] を選択します。

    すべてのマネージャのウィンドウにアクセスするには、メニュー バーから [マネージャ] > [設定] を選択します。 必要に応じて、機能を設定するマネージャを [マネージャ] ドロップダウン メニューから選択します。

    マネージャへのデフォルトのアシスタントの割り当て

    マネージャに対して設定されているアシスタントの 1 人をデフォルトのアシスタントとして識別するには、次の手順を使用します。

    Manager Assistant は、可能な場合、デフォルトのアシスタントをマネージャのアクティブなアシスタントとして割り当てます。 デフォルトのアシスタントがログインしていない場合、Manager Assistant は、別の対応可能なアシスタントをアクティブなアシスタントとして割り当てます。 デフォルトのアシスタントがログインすると、Manager Assistant によってデフォルトのアシスタントがアクティブになります。コールは、このデフォルトのアシスタントによって処理されます。

    手順
      ステップ 1   [マネージャの設定] ウィンドウで、[デフォルトのアシスタント] タブを(必要に応じて)クリックして、[デフォルトのアシスタントの選択] ウィンドウを表示します。
      ステップ 2   アシスタントのドロップダウン メニューから適切なアシスタントを選択し、変更を保存します。

      マネージャの転送先の設定

      マネージャは、次の方法を使用して転送先を設定できます。

      • プロキシ回線モード:Manager Assistant を使用しているマネージャは、[すべて転送](アシスタント)および [リダイレクト] 機能を使用して、アシスタントまたは別の電話番号(転送先ともいいます)にコールを送信できます。 [アシスタント] 機能と [リダイレクト] 機能は、同じ転送先を共有します。
      • 共有回線モード:共有回線モードの Manager Assistant を使用しているマネージャは、転送先を設定して、コールが着信したときに [リダイレクト] ソフトキーを使用してコールを転送できます。 ログインすると、即転送画面が自動的に表示されます。

      初期デフォルトでは、マネージャのアクティブなアシスタントが転送先になります。 マネージャおよびアシスタントは、次の手順を使用して、転送先を変更できます。

      手順
        ステップ 1   [マネージャの設定] ウィンドウから、[即転送] タブをクリックして [即転送の設定] ウィンドウを表示します。
        ステップ 2   (プロキシ回線モードのみ)[電話番号] または [アシスタント] を選択します。
        ステップ 3   [電話番号] を選択した場合、有効な電話番号を入力します。 その番号は、電話機からダイヤルする場合とまったく同じように入力して、変更を保存します。

        マネージャのためのフィルタ リストの作成

        マネージャまたはアシスタントは、フィルタ リストを使用して、マネージャのコール フィルタリング機能をカスタマイズできます。

        デフォルトで、フィルタ リストは空になっています。 フィルタ リストに番号を追加してカスタマイズします。 フィルタ モードを選択して、包含フィルタ リストと排他フィルタ リストを切り替えます。 リストの説明については、"[マイマネージャ] パネルの表示"を参照してください。

        一度にアクティブにできるフィルタ モードは 1 つだけです(包含または排他)。 マネージャは、電話機の Manager Assistant メニューからフィルタ モードを切り替えることができます。 アシスタントは、マネージャのために Assistant Console からフィルタ モードを切り替えることができます。

        Manager Assistant によって、着信呼の発信者 ID がアクティブなフィルタ リスト内の電話番号と比較されます。

        包含フィルタリングがオンの場合
        たとえば、電話番号 54321 をマネージャの包含フィルタ リストに追加した場合、54321 からそのマネージャのオフィスの電話機にかけられたすべてのコールが(アシスタントではなく)マネージャにルーティングされます。
        排他フィルタリングがオンの場合
        たとえば、電話番号 54xxx をマネージャの排他フィルタ リストに追加した場合、54 で始まる 5 桁の番号の電話回線からのすべての着信呼が(マネージャではなく)アシスタントにルーティングされます。

        フィルタ リストには、次のワイルドカードを使用できます。

        x
        フィルタ内の任意の場所の 1 つの番号を置き換えるために使用します。 たとえば、「123x5」は、4 桁めが 0 ~ 9 の 5 桁の電話番号を表します。 x は大文字でも小文字でもかまいません。
        *
        * は、フィルタの先頭または末尾の複数の数字を置き換えるために使用します。 たとえば、「5*」は、5 で始まる任意の桁数の電話番号を表します。

        ワイルドカードに加えて、フィルタ リストには、ハイフン(–)、ピリオド(.)、および空白を使用できます。

        フィルタ リストは空にすることもできます。 初期デフォルトでは、フィルタが有効になっていて、包含フィルタ リストが空になっています。 つまり、マネージャ宛てのすべての着信呼がアシスタントにリダイレクトされます。

        マネージャは、自分の電話機からフィルタ リストをアクティブにできます。 電話機の Manager Assistant メニューを開きます。 [フィルタ] 機能のオン/オフを切り替えるには、[1] を押します。 包含フィルタ モードと排他フィルタ モードを切り替えるには、[2] を押します。

        マネージャおよびアシスタントは、次の手順を使用してフィルタ リストを作成できます。

        コール フィルタリングと [すべて転送](アシスタント)の両方が有効な場合、Manager Assistant によって最初にコール フィルタリングが着信呼に適用されます。 コール フィルタリングにより、コールが(フィルタ設定に応じて)自分またはアシスタントに振り分けられます。 次に、Manager Assistant が、フィルタリングによって自分に振り分けられたコールに [アシスタント] を適用します。 [アシスタント] 機能は、これらのコールを [アシスタント] の転送先にリダイレクトします。

        Manager Assistant のステータス ウィンドウのコール フィルタリング アイコンについては、表 2を参照してください。

        マネージャのためのフィルタ リストの作成

        手順
          ステップ 1   [マネージャの設定] ウィンドウで、[包含] または [排他] タブをクリックして、適切な設定ウィンドウを表示します。
          ステップ 2   [フィルタ] フィールドに、電話番号の一部または全部を入力します。
          ヘルプが必要な場合は、[詳細情報] リンクをクリックすると、サンプルのフィルタが表示されます。
          ステップ 3   次の操作でフィルタを追加、置換、または削除できます。
          1. 新しいフィルタを追加するには、フィルタを [フィルタ] フィールドに入力し、[追加] をクリックします。 新しいフィルタがフィルタ リストに表示されます。
          2. 既存のフィルタを新しいフィルタに置換するには、フィルタ リスト内の変更する既存のフィルタを選択します。 [フィルタ] フィールド内のフィルタを変更し、[置換] を選択します。 変更したフィルタがフィルタ リストに表示されます。
          3. フィルタを削除するには、フィルタ リスト内のフィルタを選択し、[削除] をクリックします。 削除されたフィルタがフィルタ リストから削除されます。
          ステップ 4   変更を保存します。

          マネージャおよびアシスタントの設定の更新

          管理者は、次の手順に従って、既存の Manager Assistant 設定のデバイスまたは電話に関する情報を更新できます。 デバイス情報は、次の場合に変更されます。

          • デバイス名の更新
          • 電話機の電話番号の更新
          • 電話機の削除
          • 回線の変更

          [Cisco Unified CMの管理] で、次の手順を実行します。

          手順
            ステップ 1   マネージャまたはアシスタントの設定の削除
            ステップ 2   デバイスの関連付けの解除
            ステップ 3   デバイスの更新
            ステップ 4   デバイスの関連付け
            ステップ 5   マネージャまたはアシスタントの設定の再作成