Unified Communications Manager 10.0(1) 向け Cisco Unified Communications Manager Assistant ユーザ ガイド
Assistant Console を使用したコールの処理
Assistant Console を使用したコールの処理

Assistant Console を使用したコールの処理

Assistant Console を使用したコールの処理

Assistant Console でマウスとキーボードを使用して、コールの発信、応答、転送、終了操作、および一般的な処理を行うことができます。

処理対象のコールがコンソール上で選択(強調表示)されていることを確認してください。 選択したコールに該当しないコール制御ボタンおよびメニュー項目は、淡色表示されます(非アクティブ状態)。

コールの発信

Assistant Console から電話をかけるには:

手順
電話をかけるには、次のいずれかのオプションを選択します。
  • [ダイヤル] コール制御ボタンをクリックします。
  • [マイコール] パネル内の電話回線を右クリックし、ポップアップ メニューから [ダイヤル] を選択します。
  • メニュー バーの [コール] > [ダイヤル] を選択します。
  • スピード ダイヤルまたは電話番号をダブルクリックします。
  • 電話番号を [マイコール] パネルにドラッグします。
  • 関連付けられているキーボード ショートカットを使用します。
  • コンソールがデスクトップ上に開かれていて、かつアクティブなときに、キーボードを使用して電話番号を入力し、Enter を押します。 コンソールの下部のステータス バーに、かけている電話の番号が表示されます。
  • [番号を入力] ポップアップ ウィンドウが表示された場合は、かける電話番号を入力し、[OK] をクリックします。 Cisco Unified IP Phone から電話をかける場合と同じ番号を入力します。

Assistant Console から発信されるコールには、アシスタントの電話機の最初の物理回線が使用されます。

コールへの応答

選択したコールに応答するには:

手順
コールに応答するには、次のいずれかのオプションを選択します。
  • [応答] コール制御ボタンをクリックします。
  • [マイコール] パネルで、呼び出し中のコールをダブルクリックします。
  • コールを右クリックし、ポップアップ メニューから [応答] を選択します。
  • メニュー バーの [コール] > [応答] を選択します。
  • 関連付けられているキーボード ショートカットを使用します。
  • 応答しようとしている着信呼が選択されていない場合は、着信呼をクリックして選択してからコールに応答します。

コールの終了

選択したコールを終了するには:

手順
コールを終了するには、次のいずれかのオプションを選択します。
  • [終了] コール制御ボタンをクリックします。
  • [終了] コール制御ボタンをクリックします。
  • メニュー バーの [コール] > [終了] を選択します。
  • 関連付けられているキーボード ショートカットを使用します。

コールの保留

コールを保留するには:

手順
コールを保留するには、次のいずれかのオプションを選択します。
  • [保留] コール制御ボタンをクリックします。
  • 接続されているコールをダブルクリックします。
  • コールを右クリックし、ポップアップ メニューから [保留] を選択します。
  • メニュー バーの [コール] > [保留] を選択します。
  • 関連付けられているキーボード ショートカットを使用します。

コールの転送

コールを転送するには、最初にコールに応答する必要があります。 コールを転送すると、そのコールが自分に再転送されないかぎり、そのコールを取得することはできません。

コールは次の機能を使用して転送できます。

  • [転送]:コールを即座にリダイレクトします。受信者(コールの転送先)と会話することはできません。
  • [打診転送]:最初に受信者と会話してからコールをリダイレクトできます。
  • [直接転送]:2 つのコール(アクティブ コールと保留中のコール)を直接接続します。

会議コールの設定

会議コールは次の機能を使用して設定できます。

  • [会議]:会議への参加者を追加するコールを発信します。
  • [参加]:アクティブ コールと保留中のコールを 1 つの会議コールに接続します。

会議参加者をアクティブな選択されたコールに追加するには:

手順
    ステップ 1   次のいずれかのオプションを選択します。
    • [会議] コール制御ボタンをクリックします。
    • コールを右クリックし、ポップアップ メニューから [会議] を選択します。
    • メニュー バーの [コール] > [会議] を選択します。
    • [スピードダイヤル] または [ディレクトリ] パネルのリストを右クリックし、ポップアップ メニューから [会議] を選択します。
    • 関連付けられているキーボード ショートカットを使用します。

    [番号を入力] ポップアップ ウィンドウが表示されます([スピードダイヤル] または [ディレクトリ] パネルのリストにコールをドラッグしていない場合)。

    ステップ 2   会議参加者の電話番号を入力し、[OK] をクリックします。
    ステップ 3   もう一度 [会議] ボタンをクリックし、新しい会議参加者と会話してからコールに参加者を追加します。

    別の番号へのコールの即転送

    選択したコールを事前に設定された転送先番号に転送するには、[リダイレクト] を使用します。 呼び出し中、接続中、または保留中のコールをリダイレクトできます。 デフォルトの転送先は、モードに応じて異なります。

    • プロキシ回線モードの場合、本来意図されたコールの接続先であるマネージャがデフォルトの転送先になります。
    • 共有回線モードの場合、デフォルトの転送先は存在しません。 ただし、任意の有効な電話番号または内線番号を使用して転送先を設定できます。

    リダイレクトの使用

    転送先をその都度指定する必要がある [転送] とは異なり、[リダイレクト] では、コールが単一の事前に設定された転送先番号に転送されます。 呼び出し中、接続中、または保留中のコールを転送できます。


    (注)  


    (マネージャのプロキシ回線ではなく)自分のいずれかの電話回線で発信または受信したコールを転送することはできません。


    選択したコールを転送先にリダイレクトするには:

    手順
    次のいずれかのオプションを選択します。
    • [リダイレクト] コール制御ボタンをクリックします。
    • コールを右クリックし、ポップアップ メニューから [リダイレクト] を選択します。
    • メニュー バーの [コール] > [リダイレクト] を選択します。
    • 関連付けられているキーボード ショートカットを使用します。

    転送先の設定

    転送先は、本来意図されたコールの接続先であるマネージャまたは別の電話番号に設定できます。

    転送先を表示または変更するには:

    手順
      ステップ 1   メニュー バーから [編集] > [リダイレクト] を選択します。

      [転送先] ポップアップ ウィンドウが表示されます。

      ステップ 2   共有回線モードの場合は、テキスト ボックスに電話番号または内線番号を入力します。 転送先番号は、自分の電話機からダイヤルする場合とまったく同じように入力します。
      ステップ 3   プロキシ回線モードの場合は、転送先としてマネージャまたは電話番号を選択できます。 電話番号オプションを選択した場合は、電話番号または内線番号を入力します。 転送先番号は、自分の電話機からダイヤルする場合とまったく同じように入力します。
      ステップ 4   [保存] をクリックします。

      また、自分の転送先とは異なる、マネージャの転送先を設定することもできます。 この説明については、マネージャの転送先の設定 を参照してください。

      Cisco Unified IP Phone を使用してコールを転送できます。 コールに応答し、Cisco Unified IP Phone[リダイレクト] ソフトキーを押して、コールを転送先に転送します。


      ボイスメッセージング サービスへのコールの送信

      マネージャのために処理している呼び出し中または接続中のコールを、そのマネージャのボイスメッセージング サービスに転送できます。


      (注)  


      この機能は、自分の電話回線で発信または受信したコールには適用されません。 この機能は、マネージャのプロキシ回線のコールにのみ適用されます。


      選択したコールを送信するには:

      手順
        ステップ 1   次のいずれかのオプションを選択します。
        • [VM転送] コール制御ボタンをクリックします。
        • コールを右クリックし、ポップアップ メニューから [VM転送] を選択します。
        • メニュー バーの [コール] > [VM転送] を選択します。
        • 関連付けられているキーボード ショートカットを使用します。
        ステップ 2   また、Cisco Unified IP Phone からこのタスクを実行することもできます。 コールに応答し、Cisco Unified IP Phone[VM転送] ソフトキーを押して、マネージャのコールをボイスメッセージング サービスに転送します。