Cisco Unified Communications Manager 9.1 移行およびアップグレード ガイド
サーバのサポート
サーバのサポート
発行日;2013/05/07   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

サーバのサポート

Virtualize at Release 8.0 アップグレード パスのサーバのサポート

ハードウェア プラットフォーム

アップグレード パスとコメント

  • MCS-7825-H3/IPC1/CMA2
  • MCS7825H3-K9/CMA2/CMB1/CMB2/CMC1
  • HP DL320-G5
  • MCS-7828-H3
  • MCS7828H3-SS1
  • MCS7828H3-K9/BE/BE7

アップグレード パス:Virtualize at Release 8.0

このハードウェアはリリース 9.0 で十分にサポート対象です。 ただし、更新アップグレードが必要であり、これらのシステムがソフトウェア ベースの RAID 構成を使用するため、「Virtualize at Release 8.0」アップグレード パスを使用します。

詳細については、「Consideration for Refresh Upgrades on 7825H3 and 7828H3 systems」を参照してください。

  • MCS-7825-H1-IPC1
  • MCS7825H1-K9-CM50
  • HP DL320-G3

アップグレード パス:Virtualize at Release 8.0

このハードウェアはリリース 8.0 ブリッジ モードのみでサポート対象です。 「Virtualize at Release 8.0」アップグレード パスに従ってください。

(注)     

サーバがリリース 8.0 へのアップグレードでブリッジ モードに入ります。 詳細情報については、「ブリッジ モード」セクションを参照してください。

  • MCS-7825-H2-IPC1
  • MCS7825H2-K9-CMA1(2.8GHz CPU)
  • HP DL320-G4(2.8GHz CPU)
  • MCS-7825-H2-IPC2
  • MCS7825H2-K9/CMA1(3.4 GHz CPU)/CMA2
  • HP DL320-G4(3.4 GHz CPU)
  • MCS-7825-I1-IPC1
  • MCS7825I1-K9-CM50
  • IBM x306(3.4 GHz CPU)
  • MCS-7825-I2-IPC1
  • MCS7825I2-K9/CMA1(2.8GHz CPU)/CMA2(2.8GHz CPU)
  • IBM x306m(2.8GHz CPU)
  • MCS-7825-I2-IPC2
  • MCS7825I2-K9/CMA1(3.4GHz CPU)/CMA2(3.4GHz CPU)
  • IBM x306m(3.4 GHz CPU)

アップグレード パス:Virtualize at 8.0

このハードウェアは、あらゆる点で 9.0 ではなく 8.0 で十分サポート対象です。 「Virtualize at 8.0」アップグレード パスに従ってください。

  • MCS-7815I-3.0/IPC1/IPC2
  • MCS-7815-I1/IPC1/IPC2/IPC3/IPC4
  • MCS7815I1-K9-CM50
  • MCS-7815-I2/IPC1/IPCP
  • MCS7815I2-K9-CMA1
  • MCS-7825H-3.0/IPC1/IPC2
  • HP DL320-G2(3 GHz CPU)
  • MCS-7825I-3.0-IPC1
  • IBM x306(3GHz CPU)
  • MCS-7835H-3.0-IPC1
  • HP DL380-G3(3 GHz CPU)
  • MCS-7835-H1
  • MCS-7835-H1-IPC1
  • MCS7835H1-K9-CM50
  • HP DL380-G4
  • MCS-7835I-3.0-IPC1
  • IBM x345(3GHz CPU)
  • MCS-7835-I1
  • MCS-7835-I1-IPC1
  • MCS7835I1-K9-CM50
  • IBM x346
  • MCS-7845H-3.0-IPC1
  • HP DL380-G3(デュアル 3 GHz CPU)
  • MCS-7845-H1
  • MCS-7845-H1-IPC1
  • MCS7845H1-K9-CM50
  • HP DL380-G4(デュアル CPU)
  • MCS-7845I-3.0/IPC1
  • IBM x345(デュアル 3GHz CPU)
  • MCS-7845-I1-IPC1
  • MCS7845I1-K9-CM50
  • IBM x346(デュアル CPU)
  • IBM x346r(デュアル CPU)

アップグレード パス:Virtualize at Release 8.0

このハードウェアはリリース 9.0 ではなくリリース 8.0 で十分にサポート対象です。 「Virtualize at Release 8.0」アップグレード パスに従ってください。

  • MCS-7815I-3.0/IPC1/IPC2
  • MCS-7815-I1/IPC1/IPC2/IPC3/IPC4
  • MCS7815I1-K9-CM50
  • MCS-7815-I2/IPC1/IPCP
  • MCS7815I2-K9-CMA1
  • MCS-7825H-3.0/IPC1/IPC2
  • HP DL320-G2(3 GHz CPU)
  • MCS-7825I-3.0-IPC1
  • IBM x306(3GHz CPU)
  • MCS-7835H-3.0-IPC1
  • HP DL380-G3(3 GHz CPU)
  • MCS-7835-H1
  • MCS-7835-H1-IPC1
  • MCS7835H1-K9-CM50
  • HP DL380-G4
  • MCS-7835I-3.0-IPC1
  • IBM x345(3GHz CPU)
  • MCS-7835-I1
  • MCS-7835-I1-IPC1
  • MCS7835I1-K9-CM50
  • IBM x346
  • MCS-7845H-3.0-IPC1
  • HP DL380-G3(デュアル 3 GHz CPU)
  • MCS-7845-H1
  • MCS-7845-H1-IPC1
  • MCS7845H1-K9-CM50
  • HP DL380-G4(デュアル CPU)
  • MCS-7845I-3.0/IPC1
  • IBM x345(デュアル 3GHz CPU)
  • MCS-7845-I1-IPC1
  • MCS7845I1-K9-CM50
  • IBM x346(デュアル CPU)
  • IBM x346r(デュアル CPU)

アップグレード パス:Virtualize at Release 8.0

このハードウェアはリリース 8.0 ブリッジ モードでサポート対象です。 これはまた、デュアルレイヤ(DL)DVD ドライブへのアップグレードにより、リリース 9.0 ブリッジ モードでサポート対象です。 サーバが DL-DVD ドライブにアップグレードされたか、リモート アップグレード(FTP/SFTP)が使用される場合、これらのサーバは、「Direct to Release 9.0」アップグレード パスも使用できます。

(注)     

サーバは、リリース 8.0 またはリリース 9.0 へアップグレードする場合、ブリッジ モードに入ります。 詳細情報については、「ブリッジ モード」セクションを参照してください。

Direct to Release 9.0 アップグレード パスのサーバのサポート

ハードウェア プラットフォーム

アップグレード パスとコメント

  • MCS-7816-H3/IPC1
  • MCS7816-H3-K9/MA2/CMB1/CMB2/CMC1
  • MCS-7816-I3/IPC1
  • MCS7816-I3-K9/CMA2/CMB1/CMB2/CMC1
  • IBM x3250
  • MCS-7816-I4/IPC1
  • MCS7816-I4-K9/CMA2/CMB1/CMB2/CMC2/CMD1
  • MCS-7816-I5/IPC1
  • MCS-7816-I5-K9-CMD2
  • MCS-7825-H4/IPC1
  • MCS7825H4-K9/CMA2/CMB1/CMB2/CMC2
  • HP DL320-G5p
  • MCS-7825-I3/IPC1
  • MCS7825I3-K9/CMA2/CMB2/CMC1
  • IBM x3250
  • MCS-7825-I4/IPC1
  • MCS7825I4-K9/CMA2/CMB1/CMB2/CMC2/CMD1
  • IMED1
  • IBM x3250-M2
  • MCS-7825-I5/IPC1
  • MCS7825I5-K9/CMD2/IMD2
  • MCS-7828-I3
  • MCS7828I3-SS1
  • MCS7828I3-K9/BE/BE7
  • MCS-7828-I4
  • MCS7828I4-SS1
  • MCS7828I4-K9-BE/BE7
  • MCS-7828-I5/SS1
  • MCS7828I5-K9/WL*/BE8
  • MCS-7835-H2/V02/IPC2
  • MCS7835H2-K9/CMA2D/CMB1D/CMB2D/CMC1/CMC2
  • HP DL380-G5(146 GB HDD)
  • HP DL380G6(シングル E5504、HP AX692A)
  • MCS-7835-I2/V02/IPC2
  • MCS-7835-I2-IPC2
  • MCS7835I2-K9/CMA2D/CMB1D/CMB2D/CMC1/CMC2
  • IBM x3650(146 GB HDD)
  • MCS-7835-I3 V01/V02/V03/V04/IPC1
  • MCS7835I3-K9/CMB2/CMC2/CMD1/CMD2
  • IBM x3650-M2(シングル E5504、146 GB HDD)
  • MCS-7835-I3/V05/IPC2
  • MCS7835I3-K9/CMD2B/CMD3B/CME1
  • IBM x3650-M2(シングル E5504、300 GB HDD)
  • MCS-7845-H2/V02/IPC2
  • MCS7845H2-K9/CMA1D/CMA2D/CMB1D/CMB2D/CMC1/CMC2
  • HP DL380G5(デュアル CPU、146 GB HDD)
  • HP DL380G6(シングル E5540、146GB HDD、HP AX691A、またはシングル E5540、300 GB HDD、HP AX691B)
  • MCS-7845-I2/V02/IPC2
  • MCS7845I2-K9/CMA1D/CMA2D/CMC1/CMC2/SMC2
  • IBM x3650(デュアル CPU、146 GB HDD)
  • MCS7835I2-K9/CMB1D/CMB2D
  • MCS-7845-I3 V01/V02/V03/V04/IPC1
  • MCS7845I3-K9/CMB2/CMC2/CMD1/CMD2/IMED1/IMD2/SMD1/SMD2
  • IBM x3650-M2(シングル E5540 または E5630)
  • MCS-7845-I3/V05/IPC2
  • MCS7845I3-K9-CMD2B/CMD3B/SMD2B/SMD3B/IMD2B/IMD3B/CME1/IMEE1/SME1
  • IBM x3650-M2(シングル E5540 または E5630 CPU、300 GB HDD)

アップグレード パス:Direct to Release 9.0

このハードウェアはリリース 9.0 で完全にサポートされています。 「Direct to Release 9.0」アップグレード パスは、リリース 9.0 に最も効率的にアップグレードします。

  • MCS-7835-I2/IPC1
  • MCS7835I2-K9/CMA1/CMB1/CMB2
  • IBM x3650(72 GB HDD)
  • MCS-7845-H2/IPC1
  • MCS7845H2-K9/CMA1/CMA2/CMB1/CMB2
  • HP DL380G5(デュアル CPU、72 GB HDD)
  • MCS-7845-I2/IPC1
  • MCS7845I2-K9/CMA1/CMA2/CMB1/CMB2
  • IBM x3650(デュアル CPU、72 GB HDD)
  • MCS-7835-H2-IPC1
  • MCS7835H2-K9/CMA1/CMA2/CMB1/CMB2
  • HP DL380-G5(72 GB HDD)

アップグレード パス:Direct to Release 9.0

このハードウェアはリリース 9.0 ブリッジ モードでサポート対象です。 これは仮想環境に移行する前にリリース 9.0 への移行を完了させることができます。

(注)     

サーバがリリース 9.0 へのアップグレードでブリッジ モードに入ります。 詳細情報については、「ブリッジ モード」セクションを参照してください。

このマニュアルでサポート対象外のサーバ

ハードウェア プラットフォーム

アップグレード パスとコメント

  • MCS-7825H-2.2/EVV1
  • HP DL320-G2(2.2 GHz CPU)
  • MCS-7835H-2.4/EVV1
  • HP DL380-G3(2.4 GHz CPU)
  • MCS-7835I-2.4/EVV1
  • IBM x345(2.4 GHz CPU)
  • MCS-7845H-2.4/EVV1
  • HP DL380-G3(デュアル 2.4 GHz CPU)
(注)     

パスは、このマニュアルではサポートされていません。

このハードウェアは、リリース 8.0 以降ではサポート対象外です。そのため、仮想環境への遷移にはリリース 8.0 以降でサポート対象の追加のハードウェアが必要です。 ハードウェアの追加に代わって、仮想環境に新規にインストールし、仮想化された新しい UC 環境に手動でクラスタとデータを移行します。