Bulk Administration Tool ユーザ ガイド Release 5.1(1)
索引
Index
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

Index

B

BAT

アップグレード 2-2

アプリケーションの概要 1-1

アンインストール 2-5

インストール 2-3

インストールの概要 2-1

エラー メッセージ 12-3

オンライン ヘルプ 1-21

起動 1-19

仕様 1-17

使用、メニューの 1-20

設定プロセスの概要 1-3

停止、トランザクションの 1-22

トラブルシューティング 12-3

トラブルシューティング、パフォーマンスの 12-6

バージョン 1-21

ブラウザの要件 1-18

ユーザ インターフェイス、ナビゲート 1-20

ログオン 1-20

ログ ファイルのロケーション 12-1

ロケーション、エクスポート ログ ファイルの 9-19

ロケーション、レポート ログ ファイルの 10-16 , 10-17

BAT.xlt、「BAT スプレッドシート」を参照

BAT エクスポート ユーティリティ、「エクスポート」を参照

BAT スプレッドシート

BAT.xlt のインストール 2-4

BAT.xlt ファイルのロケーション 2-4

Catalyst 6000 FXS ポート 7-23

IP テレフォニー デバイス 3-38

T1 CAS または T1/E1 PRI 用 VG200 ゲートウェイ 7-14

VG200 ゲートウェイ(FXS または FXO) 7-12

概要 1-12

使用、CSV データ ファイルのための 1-12

追加、既存の電話機への回線の 3-83

デフォルトの IPMA マネージャとアシスタント 5-16

電話機 3-38

電話機とユーザ 4-27

フィールドの説明

回線の追加 3-85

ユーザ デバイス プロファイル 6-11

ユーザの更新 4-14

プロキシ モードでの IPMA カスタムのマネージャとアシスタント 5-18

マネージャとアシスタントのアソシエーション 5-15

ユーザ 4-2

ユーザ デバイス プロファイル 6-8

BAT スプレッドシート(BAT.xlt)ファイルのロケーション 2-4

C

Catalyst 6000 FXS ポート

概要 7-20 , 7-21

更新 7-26

削除、ポートの 7-28

作成、CSV データ ファイルの 7-23

作成、テンプレートの 7-21

挿入、Cisco CallManager への 7-25

テキストベースの CSV ファイル形式 A-29

テキストベースの CSV ファイル、作成 A-28

フィールドの説明、テンプレートの 7-68

Cisco CallManager

概要、レコードの挿入の 1-16

設定、TAPS の 11-8

挿入

Catalyst 6000 FXS ポート 7-25

CTI ポート 3-57

H.323 クライアント 3-57

IPMA マネージャとアシスタントのアソシエーション 5-20

VG200 ゲートウェイ(FXS または FXO) 7-17

VG200 ゲートウェイ(T1 CAS または T1/E PRI) 7-17

電話機 3-57

電話機とユーザ 4-29

ユーザ 4-7

ユーザ デバイス プロファイル 6-26

有効化、TAPS のための自動登録機能の 11-3

Cisco Catalyst 6000 FXS アナログ インターフェイス モジュール、「Catalyst 6000 FXS ポート」を参照

Cisco CRS

アンインストール、TAPS の 11-10

設定、TAPS の 11-9

トラブルシューティング、TAPS の 12-9

必要な、TAPS に 11-2

Cisco Customer Response Solution、「Cisco CRS」を参照

Cisco IP IVR

必要な、TAPS に 11-2

Cisco IPMA Configuration ウィザード 5-2

Cisco IP Manager Assistant、「IPMA」を参照

Cisco VG200 ゲートウェイ、「VG200 ゲートウェイ」を参照

Client Matter Codes

BAT の考慮事項 8-3

CSV ファイルの設定値(表) 8-12

CSV ファイルを挿入する場合の BAT の設定(表) 8-15

更新、既存の CSV ファイルの 8-7

削除、コードの設定(BAT)の 8-9

作成、CSV ファイル(BAT.xlt)の 8-4

作成、カスタムの CSV ファイル(テキストベース)の 8-6

設定チェックリスト(表) 8-2

挿入、BAT への CSV ファイルの 8-14

CSV、コンマ区切り値テキスト ファイル 1-2 , A-1

CSV、テキストベース

Catalyst 6000 FXS ポート形式 A-29

Catalyst 6000 FXS ポート、作成 A-28

CTI ポート形式 A-6

CTI ポートとユーザ形式 A-6

FXO または FXS ポート形式 A-25

H.323 クライアント形式 A-6

H.323 クライアントとユーザ形式 A-6

IP phone、VGC phone、VGC Virtual Phone 形式 A-4

T1 CAS、T1/E1 PRI 形式 A-26

VG200 ゲートウェイ、作成 A-24

概要 A-1

電話機

エクスポート ファイル、詳細 A-8

オプション 3-50

作成 A-2

作成する場合のヒント A-3

ユーザ形式での A-5

マネージャとアシスタントのアソシエーション

カスタム形式 A-24

作成 A-22

マネージャとアシスタントのデフォルト形式 A-23

ユーザ

形式 A-13

更新 A-14

作成 A-12

ユーザ デバイス プロファイル

2 回線形式 A-18

エクスポート ファイル A-19

作成 A-16

ユーザ デバイス プロファイル形式 A-17

ユーザ デバイス プロファイルのオプション 6-19

CSV データ ファイル

概要 1-7

更新、既存のデバイスの 1-8

使用、BAT スプレッドシート(BAT.xlt)の 1-12

追加、新しいデバイスの 1-7

CTI アプリケーションの使用

追加、電話機とユーザの 4-31

電話機 3-58

ユーザの更新 4-17

有効化、ユーザ追加時の 4-8

CTI ポート

削除 3-88

ダミーの MAC アドレス、使用 3-58 , 4-30

テキストベースの CSV 形式 A-6

有効化、CTI アプリケーション使用の 3-58

CTI ポートとユーザ

テキストベースの CSV 形式 A-6

E

E1 PRI

作成、VG200 ゲートウェイ用の CSV ファイルの 7-14

追加、Cisco CallManager への VG200 ゲートウェイの 7-17

テキストベースの CSV ファイル形式 A-26

フィールドの説明、VG200 Gateway テンプレートの 7-49

F

Forced Authorization Codes

BAT の考慮事項 8-3

CSV ファイルの設定値(表) 8-12

CSV ファイルを挿入する場合の BAT の設定(表) 8-15

更新、既存の CSV ファイルの 8-7

削除、コードの設定(BAT)の 8-9

作成、CSV ファイル(BAT.xlt)の 8-4

作成、カスタムの CSV ファイル(テキストベース)の 8-6

設定チェックリスト(表) 8-2

挿入、BAT への CSV ファイルの 8-14

FXO

作成、VG200 ゲートウェイ 用 CSV ファイルの 7-12

挿入、Cisco CallManager への VG200 ゲートウェイの 7-17

テキストベースの CSV ファイル形式、VG200 ゲートウェイ用 A-25

フィールドの説明、テンプレートの 7-40

FXS

Catalyst 6000 ポート

更新 7-26

削除 7-28

作成、CSV データ ファイルの 7-23

挿入、Cisco CallManager への 7-25

テキストベースの CSV 形式 A-29

フィールドの説明、テンプレートの 7-68

Gateway Directory Number テンプレート、作成 7-3

VG200 ゲートウェイ 7-37

作成、CSV ファイルの 7-12

挿入、Cisco CallManager への 7-17

テキストベースの CSV ファイル形式 A-25

作成、Catalyst 6000 ポート用テンプレートの 7-21

G

Gateway Directory Number テンプレート

作成 7-3

フィールドの説明 7-30

Ground Start、フィールドの説明 7-40

H

H.323 クライアント

削除 3-88

テキストベースの CSV 形式 A-6

H.323 クライアントとユーザ

テキストベースの CSV 形式 A-6

I

IPMA

アシスタント テンプレート、プロキシ モードのための 5-4

概要 5-1

削除、アシスタントの

カスタム ファイルの使用 5-30

クエリーの使用 5-28

説明 5-28

削除、マネージャとアシスタントのアソシエーションの 5-22

削除、マネージャの

カスタム ファイルの使用 5-26

クエリーの使用 5-25

説明 5-24

作成、CSV データ ファイルの 5-15

生成、レポートの 10-15

設定、電話機と回線の 5-2

挿入、マネージャとアシスタントのアソシエーションの 5-20

テキストベースの CSV ファイル、作成 A-22

テキストベースの CSV ファイルのカスタム形式 A-24

電話機

アシスタントの設定オプション 5-7

共有回線の例 5-13

共有回線モード 5-11

プロキシ回線、新しい電話機の 5-9

プロキシ回線、既存の電話機の 5-10

プロキシ回線の例 5-8

プロキシ モード 5-2

マネージャの設定オプション 5-7

マネージャ テンプレート、プロキシ モードのための 5-3

マネージャとアシスタントの回線設定、プロキシモード 5-5

マネージャとアシスタントの共有回線設定 5-13

IPMA Configuration ウィザード 5-2

IP テレフォニー デバイス

サポート、BAT による 3-1

テキストベースの CSV ファイル形式 A-4

IP テレフォニー デバイス、「電話機」を参照

L

Loop Start、フィールドの説明 7-40

LSC 3-96

N

NM-1V 7-5

NM-2V 7-5

NM-HDV 7-5

P

PIN

電話機とユーザ、追加 4-31

リセット 4-22

S

sub-unit 7-6

T

T1 CAS

作成、VG200 ゲートウェイ用の CSV データ ファイルの 7-14

追加、Cisco CallManager への VG200 ゲートウェイの 7-17

テキストベースの CSV ファイル形式 A-26

フィールドの説明、VG200 テンプレートの 7-43

T1 PRI

作成、VG200 ゲートウェイ用の CSV ファイルの 7-14

追加、Cisco CallManager への VG200 ゲートウェイの 7-17

テキストベースの CSV ファイル形式 A-26

フィールドの説明、VG200 Gateway テンプレートの 7-49

TAPS

Cisco CRS を必要とする 11-2

Cisco IP IVR を必要とする 11-2

アンインストール 11-9

インストールの概要 11-5

完了、アンインストールの 11-10

概要 11-1

起動 11-11

言語プロンプト 11-5

削除 11-19

追加 11-18

設定、Cisco CallManager 内の 11-8

設定、Cisco CRS サーバ上の 11-9

設定、使用のためのオプションの 11-13

設定、自動登録機能のオプションの 11-13

設定、ユーザ ロケールの 11-18

停止 11-12

手順、エンドユーザ用の 11-20

トラブルシューティング 12-7

必要条件 11-2

保護、電話番号の 11-4 , 11-14

有効化、自動登録機能の 11-3

リロード、設定の 11-4

ログ ファイルのロケーション 12-7

U

UDP、「ユーザ デバイス プロファイル」を参照

V

VG200 ゲートウェイ

概要 7-1

更新、エンドポイント識別子の 7-10

削除、ゲートウェイの 7-18

作成、FXS または FXO 用の CSV データ ファイルの 7-12

作成、T1 CAS または T1/E1 PRI 用の CSV データ ファイルの 7-14

作成、テキストベースの CSV ファイル A-24

作成、テンプレートの 7-4

生成、レポートの 10-13

挿入、Cisco CallManager(FXS または FXO)への 7-17

挿入、Cisco CallManager(T1 CAS または T1/E1 PRI)への 7-17

追加、ゲートウェイとポートの 7-2

フィールドの説明

FXO テンプレート 7-40

FXS テンプレート 7-37

T1 CAS テンプレート 7-43

T1/E1 PRI テンプレート 7-49

VIC-2FXO 7-6

VIC-2FXS 7-6

VWIC-1MFT-E1 7-6

VWIC-1MFT-T1 7-6

VWIC-2MFT-E1 7-6

VWIC-2MFT-T1 7-6

アップグレード、BAT の 2-2

アンインストール

BAT 2-5

TAPS 11-9

削除、Cisco CRS Server からの TAPS の 11-10

インストール

BAT の前提条件 2-3

Release 3.0(3) からアップグレードする場合はテンプレートの移行が行われない 2-3

TAPS の概要 11-5

TAPS を~する場合の前提条件 11-6

概要 2-1 , 2-3

テンプレートの移行、アップグレード中の 2-2

前のバージョンへのテンプレートの移行は行われない 2-2

上書き、テンプレート値の 1-7

エクスポート

移動、Cisco CallManager 間のレコードの 9-2

概要 9-1

検索、電話機レコードの 9-9

検索、ログ ファイルの 9-19

使用、エクスポート ファイルの 1-9

手順、電話機レコードのエクスポートの 9-7

電話機と 1 人以上のユーザ 9-9

電話機レコードのオプション 9-3

フィールド

All Phone Details 9-5

All User Device Profile Details 9-14

Default Phone 9-4

Default User Device Profile 9-16

ユーザ デバイス プロファイルのオプション 9-17

ユーザ デバイス プロファイルのレコード形式 9-14

ユーザのレコード形式 9-10

ユーザ レコードのオプション 9-12

エクスポートされるフィールド

All Phone Details 9-5

All User Device Profile Details 9-14

Default Phone 9-4

Default User Device Profile 9-16

エラー メッセージ、BAT の 12-3

エンドポイント識別子の更新 7-10

回線

更新 3-71

更新、ユーザ デバイス プロファイルへの 6-30

最大数 3-5

追加と更新、テンプレート上での 3-5

フィールドの説明、追加または更新用のテンプレートの 3-27

マスター電話機テンプレート 1-6

回線の追加

既存の電話機への 3-82

既存の電話機への、BAT スプレッドシートを使用した 3-83

既存のユーザ デバイス プロファイルへの 3-82

電話機テンプレートへの 3-5

フィールドの説明、BAT スプレッドシートの 3-85

フィールドの説明、テンプレートの 3-27

カスタム ファイル

削除、IPMA マネージャの 5-26 , 5-30

削除、電話機の 3-90

削除、ユーザの 4-20

使用 1-9

使用、パスワードと PIN のリセットのための 4-24

電話機の更新 3-61

関連付け、ファイル形式の、テキストベースの CSV ファイルについての 3-55 , 6-24

概要

BAT アプリケーション 1-1

BAT スプレッドシート 1-12

Catalyst 6000 FXS ポート 7-21

Cisco IPMA 5-1

CSV データ ファイル 1-7

TAPS ツール 11-1

VG200 ゲートウェイとポート 7-2

インストール、BAT の 2-1

エクスポート、レコードの 9-1

検証 1-15

挿入、Cisco CallManager へのレコードの 1-16

テキストベースの CSV ファイル A-1

テンプレート 1-5

トラブルシューティング、BAT と TAPS の 12-1

ファイル形式、テキストベースの CSV ファイルの 1-9

ユーザ 4-1

ユーザ デバイス プロファイル 6-1

レポート 10-1

起動

BAT 1-19

TAPS 11-11

クエリー

回線の更新、使用 3-71

カスタマイズ、フィルタの 1-8

更新、回線の 6-30

削除、IPMA アシスタントの 5-28

削除、IPMA マネージャの 5-25

削除、電話機の 3-88

削除、ユーザの 4-18

使用、パスワードと PIN のリセットのための 4-22

電話機の更新 3-60

検証

オプション 1-15

概要 1-15

電話機とユーザのレコード 4-28

電話機のレコード 3-56

ユーザ デバイス プロファイルのレコード 6-25

ゲートウェイ

Cisco Catalyst 6000 FXS ポートの概要 7-20

Cisco VG200 の概要 7-1

言語プロンプト、TAPS の 11-5 , 11-18

更新

回線、ユーザ デバイス プロファイルへの 6-30

電話機設定の、TAPS を使用した 11-20

更新、回線の

フィールドの説明 3-74

コール パーク取得

追加、電話機とユーザの 4-31

ユーザの更新 4-17

有効化、ユーザ追加時の 4-9

コピー

テンプレート 6-7

電話機テンプレート 3-9

ファイル形式、テキストベースの CSV の 6-21

ファイル形式、テキストベースの CSV ファイルの 3-52

サービスの追加または更新 3-6

再起動、電話機の

カスタム ファイルの使用 3-94

クエリーの使用 3-92

更新後 3-91

削除

Catalyst 6000 FXS ポート 7-28

IPMA アシスタント 5-28

IPMA マネージャ 5-24

VG200 ゲートウェイ 7-18

テンプレート 6-7

電話機テンプレート 3-10

電話機の、カスタム ファイルを使用した 3-90

電話機の、クエリーを使用した 3-88

ファイル形式、テキストベースの CSV ファイルの 3-54 , 6-23

マネージャとアシスタントのアソシエーション 5-22

ユーザ 4-18

ユーザ デバイス プロファイル 6-31

指定、BAT の 1-17

自動登録機能のオプション、設定 11-13

自動登録機能、有効化、TAPS での 11-3

設定、Cisco CallManager レコードの、プロセス 1-3

前提条件

BAT 2-3

TAPS 11-6

挿入、Cisco CallManager へのレコードの、概要 1-16

短縮ダイヤル設定の追加または更新 3-7

ダウンロード、TAPS を使用した電話機の設定の 11-20

ダミーの MAC アドレス 3-40 , 3-58 , 4-30

リストの生成 10-6

停止

BAT トランザクション 1-22

TAPS 11-12

停止、TAPS の 11-12

手順、エンドユーザ用の TAPS の 11-20

テンプレート

BAT テンプレートの概要 1-5

移行、アップグレード中の 2-2

上書き、値の 1-7

コピー 6-7

コピー、電話機の 3-9

削除 6-7

削除、電話機の 3-10

追加または更新、IP サービスの 3-6

追加または更新、回線の 3-5

追加または更新、短縮ダイヤルの 3-7

フィールドの説明

Catalyst 6000 FXS ポート 7-68

Gateway Directory Number 7-30

VG200 ゲートウェイ 7-37

VG200 ゲートウェイ - FXO テンプレート 7-40

VG200 ゲートウェイ - T1 CAS ゲートウェイ 7-43

追加または更新、回線の 3-27

電話機 3-11

ユーザ デバイス プロファイル 6-3

変更 6-6

変更、電話機の 3-8

前のバージョンへの移行は行われない 2-2

マスター電話機 1-6

テンプレート タイプ

Catalyst 6000 FXS ポート 7-21

Gateway Directory Number 7-3

IPMA アシスタント、プロキシ モード用の 5-4

IPMA マネージャ、プロキシ モード用の 5-3

IP テレフォニー デバイス 3-4

VG200 ゲートウェイ 7-4

電話機 3-4

ユーザ デバイス プロファイル 6-3

電話機

CAPF の設定 3-95

LSC のアップグレード

3-96

IPMA アシスタント 5-7

IPMA マネージャの設定 5-7

TAPS を使用した設定 11-3

エクスポートのオプション、レコードの 9-3

エクスポートの手順、レコードの 9-7

エクスポート ファイル、すべての詳細を含む A-8

検索、エクスポート レコードの 9-9

検証、レコードの 3-56

更新 3-60

更新、回線の 3-71

更新、カスタム ファイルを使用した 3-61

更新、クエリーを使用した 3-60

削除 3-88

作成、テキストベースの CSV ファイル A-2

生成、レポートの 10-2

挿入、Cisco CallManager への 3-57

ダミーの MAC アドレス、使用 3-40 , 3-58 , 4-30

ダミーの MAC アドレス リスト 10-6

追加

IP サービス 3-6

回線 3-5

既存の電話機への回線の 3-82

新規 3-2

短縮ダイヤルの設定 3-7

ユーザと~ 4-25

テキストベースの CSV 形式 A-4

手順、追加の 3-2

テンプレート

IP テレフォニー サービス用 3-4

コピー 3-9

削除 3-10

作成、新規に 3-4

フィールドの説明 3-11

変更 3-8

プロキシ モード、IPMA の 5-2

有効化、CTI アプリケーション使用の 3-58

リロード、設定の 11-4

レポートのオプション 10-4

電話機とユーザ

検証、レコードの 4-28

使用、BAT スプレッドシートの 4-27

挿入、Cisco CallManager への 4-29

テキストベースの CSV 形式 A-5

電話番号

解除、制限の 11-16

削除、TAPS からのすべての制限の 11-17

制限、TAPS からの 11-15

テンプレート、ゲートウェイの 7-3

保護、TAPS からの 11-14

リスト、制限された~の 11-18

トラブルシューティング

BAT 12-3

BAT のパフォーマンス 12-6

TAPS 12-7

概要 12-1

トラブルシューティング用メッセージ

BAT spreadsheet gives a compilation error while exporting data 12-4

CSV data files do not match phone template/sample file 12-4

errors occur when using dummy MAC address option 12-5

export to BAT does not work in BAT.xlt file 12-3

MAC address values are not allowed in CSV file if dummy MAC address option selected 12-6

port identifier contains invalid endpoint prefix 12-5

port identifier contains invalid port number 12-6

port number not configured in template 12-6

selected template does not contain DN details for directory number 12-5

the page cannot be displayed 12-4

when Cisco CRS starts, JTAPI shows partial service or out of service 12-9

when dialing TAPS number, caller hears bus 12-8

認証プロキシ権限

追加、電話機とユーザの 4-30

ユーザの更新 4-16

有効化、ユーザ追加時の 4-8

発信側番号の変更

追加、電話機とユーザの 4-31

ユーザの更新 4-17

有効化、ユーザ追加時の 4-9

バージョン、表示 1-21

パスワード

電話機とユーザ、追加 4-31

リセット 4-22

表示、ログファイルの 12-2

ファイル形式、テキストベースの CSV ファイルの

関連付け 3-55 , 6-24

概要 1-9

コピー 3-52 , 6-21

削除 3-54 , 6-23

電話機の作成 3-51

変更 3-53 , 6-22

ユーザ デバイス プロファイル 6-20

フィールドの説明、テンプレートの 7-37

フィールドの説明

BAT スプレッドシート

回線の追加 3-85

ユーザ デバイス プロファイル 6-11

ユーザの更新 4-14

Catalyst 6000 FXS ポート テンプレート 7-68

Gateway Directory Number テンプレート 7-30

Ground Start 7-40

Loop Start 7-40

VG200 ゲートウェイ - FXO テンプレート 7-40

VG200 ゲートウェイ - FXS テンプレート 7-37

VG200 ゲートウェイ - T1 CAS テンプレート 7-43

VG200 ゲートウェイ - T1/E1 PRI テンプレート 7-49

更新、BAT スプレッドシートを使用したユーザの 4-14

更新、回線の 3-74

追加または更新、回線の 3-27

電話機テンプレート 3-11

ユーザ デバイス プロファイル テンプレート 6-3

ブラウザの要件 1-18

ヘルプ、オンライン 1-21

変更

電話機テンプレート 3-8

ファイル形式、テキストベースの CSV の 6-22

ファイル形式、テキストベースの CSV ファイルの 3-53

保護、TAPS からの電話番号の 11-4 , 11-14

保持、更新時のユーザ レコードの 4-12

マスター電話機テンプレート 1-6

ユーザ

CTI アプリケーションの使用 4-8

エクスポートされるレコード形式 9-10

エクスポート、レコードの 9-12

更新 4-11

コール パーク取得 4-9

削除 4-18

カスタム ファイルの使用 4-20

クエリーの使用 4-18

作成、CSV データ ファイルの 4-2

生成、レポートの 10-7

挿入、Cisco CallManager への 4-7

追加の概要 4-1

テキストベースの CSV 形式 A-13

テキストベースの CSV ファイル、更新 A-14

テキストベースの CSV ファイル、作成 A-12

~と電話機の追加 4-25

認証プロキシ権限 4-8

発信側番号の変更 4-9

フィールドの説明、BAT スプレッドシートを使用した更新についての 4-14

保持、格納されている値の 4-12

ユーザの更新に使用するフィールドの説明 4-14

リセット、パスワードと PIN の 4-22

ユーザ デバイス プロファイル

BAT スプレッドシート

使用 6-8

フィールドの説明 6-11

エクスポートのオプション、レコードの 9-17

エクスポート ファイル、すべての詳細を含む A-19

エクスポート ファイルの形式 9-14

概要 6-1

検証、レコードの 6-25

更新、回線の 6-30

削除 6-31

作成、CSV データ ファイルの 6-8

挿入、Cisco CallManager への 6-26

追加、既存の~への回線の 3-82

テキストベースの CSV ファイル形式 A-17

テキストベースの CSV ファイル、作成 A-16

手順、追加の 6-1

テンプレート

コピー 6-7

削除 6-7

作成 6-3

変更 6-6

レポート、生成 10-9

レポートのオプション 10-11

ユーザと電話機

検証、レコードの 4-28

使用、BAT スプレッドシートの 4-27

挿入、Cisco CallManager への 4-29

リセット、電話機の

カスタム ファイルの使用 3-94

クエリーの使用 3-92

更新後 3-91

リセット、パスワードと PIN の

カスタム ファイルの使用 4-24

クエリーの使用 4-22

すべてのユーザ 4-17

レポート

IPMA マネージャとアシスタント 10-15

VG200 ゲートウェイ 10-13

概要 10-1

検索、ログ ファイルの 10-16 , 10-17

ダミーの MAC アドレス 10-6

電話機 10-2

電話機のオプション 10-4

ユーザ 10-7

ユーザ デバイス プロファイル 10-9

ユーザ デバイス プロファイルのオプション 10-11

ログオン、BAT への 1-20

ログ ファイル

エクスポート、~の 9-19

表示 12-2

ファイル名の表記法 10-17 , 12-2

レポート ログ ファイル 10-16

ロケーション 12-2