Cisco CallManager Attendant Console ユーザ ガイド Release 1.3(1)
ブロードキャストウィンドウの 使用
ブロードキャストウィンドウの使用
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

ブロードキャストウィンドウの使用

ブロードキャスト コールへの応答

ブロードキャストウィンドウの使用

管理者は、着信コールをキューに置いて、コールが到着したときに使用可能なアテンダント、またはコールへの応答前に使用可能になったアテンダントへコールをブロードキャストするように Cisco CallManager Attendant Console を設定できます。ブロードキャスト コールは、[ブロードキャスト]ウィンドウで確認できます。コールは、アテンダントがコールに応答するまで、[ブロードキャスト]ウィンドウに残ります。ユーザは、キーボード ショートカット、コンテキスト メニュー、メニューバー、またはマウスを使用してブロードキャスト コールに応答できます。

この章では、次のトピックについて取り上げます。

「ブロードキャスト コールへの応答」

関連項目

「ブロードキャストウィンドウ」(解説)

ブロードキャスト コールへの応答

Attendant Console では、応答されていないブロードキャスト コールを表示し、それに応答することができます。キューに入れられたコールに応答するには、次の手順を実行します。

応答するコールを右クリックして、コンテキスト メニューから[ 応答] を選択します。

応答するコールをクリックした後、[通話制御]ツールバー上で[ 応答] ボタンをクリックします。

応答するコールをクリックして、[アクション]メニューから[ 応答] を選択します。

[ブロードキャスト]ウィンドウでコールをダブルクリックし、マウスを使用して、強調表示されているコールを[ 応答] ボタンの上にドラッグします。

コールを[ブロードキャスト]ウィンドウから[オペレータ回線]ボタン上にドラッグします。

PC のキーボード上で Ctrl + A キーを押します。

 

関連項目

「ブロードキャストウィンドウ」(解説)