Cisco CallManager Attendant Console ユーザ ガイド Release 1.3(1)
パーク中ウィンドウの使用方法
パーク中ウィンドウの使用方法
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

パーク中ウィンドウの使用方法

コールの転送先保留

転送先保留にされているコールの復旧

パーク中ウィンドウを使用したコール制御作業の実行

パーク中ウィンドウの使用方法


) このウィンドウが表示されるのは、Attendant Console に接続されたサーバ上で Cisco CallManager Release 3.3 以降を実行している場合だけです。


この章では、次のトピックについて取り上げます。

「コールの転送先保留」

「転送先保留にされているコールの復旧」

「パーク中ウィンドウを使用したコール制御作業の実行」

関連項目

「パーク中ウィンドウ」(解説)

コールの転送先保留

パーク(転送先保留)機能を使用すると、コールを保留にして、システム上の他の電話機からこのコールを復旧することができます。 コールを転送先保留にするには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 次の作業のいずれかを実行します。

転送先保留にするコールを右クリックして、コンテキスト メニューから
パーク] を選択します。

転送先保留にするコールをクリックした後、[通話制御]ツールバー上で[ パーク] ボタンをクリックします。

転送先保留にするコールをクリックして、[アクション]メニューから[ パーク] を選択します。

PC のキーボード上で Ctrl + P キーを押します。

転送先保留にするコールを[通話制御]ウィンドウから[パーク中]ウィンドウにドラッグします。

ステップ 2 コールが転送先保留にされている転送先保留番号が、ダイアログボックスに表示されます。 OK をクリックします。

転送先保留にされているコールが[パーク中の詳細]ペインに表示されます。

ステップ 3 転送先保留にされているコールを復旧させるユーザに連絡します。


 

転送先保留にされているコールの復旧

転送先保留番号に保留されているコールにユーザが応答しない場合は、そのコールを転送先保留番号から復旧できます。

転送先保留されているコールを復旧するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 ユーザがコールに応答しない場合は、次の作業のいずれかを実行して、転送先保留にされているコールを復旧させます。

転送先保留から復旧させるコールを右クリックして、コンテキスト メニューから[ 保留解除] を選択します。

転送先保留から復旧させるコールをクリックした後、[通話制御]ツールバー上で[ 保留解除] ボタンをクリックします。

転送先保留から復旧させるコールをクリックして、[アクション]メニューから[ 保留解除] を選択します。

PC のキーボード上で Ctrl + P キーを押します。

ステップ 2 番号が表示されているダイアログボックスで、復旧させる電話番号を選択します。 [保留解除] をクリックします。

アクティブなコールが[通話の詳細]ペインに表示されます。

ステップ 3 発信者に状況を知らせます。


 

別の方法(ショートカット)

PC のキーボード上で、復旧させるコールの電話番号のキーを押し、次に Ctrl + P キーを押します。転送先保留にされているコールが自動的に[通話の詳細]ペインに戻ります。

転送先保留にされているコールを[パーク中]ウィンドウから[通話の詳細]ペインにドラッグして、そのコールを復旧させることができます。

パーク中ウィンドウを使用したコール制御作業の実行

[パーク]中ウィンドウでは、表示される転送先保留にされたコールに対して次のコール制御作業を実行できます。

転送先保留にされたコールのアテンダントと[通話制御]ウィンドウへの復旧

コール制御作業の実行の詳細については、「コールの処理」を参照してください。