Cisco CallManager Attendant Console ユーザ ガイド Release 1.3(1)
通話制御ウィンドウの使用方法
通話制御ウィンドウの使用方法
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

通話制御ウィンドウの使用方法

通話制御ウィンドウからのコールの開始

通話制御ウィンドウでのコール制御作業の実行

通話制御ウィンドウの使用方法

コールを開始、またはコールに応答する場合、コールの状態、着信コールの電話番号、送信元の名前、オペレータの電話番号(可能な場合)、および経過時間が、[通話制御]ウィンドウの[通話の詳細]ペインに表示されます。

この章では、次のトピックについて取り上げます。

「通話制御ウィンドウからのコールの開始」

「通話制御ウィンドウでのコール制御作業の実行」

通話制御ウィンドウからのコールの開始

[通話制御]ウィンドウからコールを開始するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Attendant Console を管理する Cisco IP Phone の電話番号が表示されている、右上隅にある[ オペレータ回線] ボタンをクリックします。

ステップ 2 ダイアログボックスにダイヤルする番号を入力します。

ステップ 3 OK または[ キャンセル] をクリックします。


 


ヒント 短縮ダイヤル エントリ、またはディレクトリ エントリにコールを開始する場合は、その短縮ダイヤル エントリ、またはディレクトリ エントリを[通話制御]ウィンドウの右上隅にある[オペレータ回線]ボタン上にドラッグします。


通話制御ウィンドウでのコール制御作業の実行

[通話制御]ウィンドウでは、次のコール制御作業を実行できます。

コールへの応答

コールの保留/保留解除

コールの転送、打診転送、または直接転送

ボイスメールへのコールの転送

会議通話

コールの参加

コールの転送先保留

[通話制御]ウィンドウを使用したこれらの作業の詳細については、「コールの処理」を参照してください。