Bulk Administration Tool ユーザ ガイド リリース 4.4(2)
索引
B
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

B

BAT

アップグレード  2-3

アンインストール  2-11

インストール  2-4

インストールの概要  2-1

エラー メッセージ  10-4

オンライン ヘルプ  1-4

概要  1-1

始動  1-3

仕様  1-2

使用  1-3

停止  1-5

デフォルト ロケーション、ログ ファイルの  8-19, 10-2

トラブルシューティング  10-1, 10-4

バージョン  1-4

表示、ログ ファイルの  10-3

ブラウザの要件  1-3

ログ ファイル  10-2

ログオン  1-4

BAT.xlt

作成、Catalyst 6000 FXS ポート  7-28

作成、CTI ポートとユーザ用の CSV  3-10

作成、CTI ポート用の CSV  3-10

作成、H.323 クライアントとユーザ用の CSV  3-10, 7-1

作成、H.323 クライアント用の CSV  3-10, 7-1

作成、VGC バーチャル フォンとユーザ用の CSV  3-11, 7-1

作成、VGC フォンとユーザ用の CSV  3-11, 7-1

作成、VGC フォン用の CSV  3-10, 7-1, 3-11, 7-1

作成、電話機とユーザ用の CSV  3-10

作成、電話機用の CSV  3-10

作成、マネージャとアシスタント間の割り当て用の CSV  6-8

作成、ユーザ用の CSV  4-3, 4-15

ファイルのロケーション  2-4

C

Cisco CallManager

TAPS 用に自動登録を有効にする必要がある  9-1

追加、Catalyst 6000 FXS ポートの  7-32

追加、CTI ポートの  3-26

追加、H.323 クライアントの  3-26

追加、VG200 FXS ゲートウェイまたは FXO ゲートウェイの  7-18

追加、VG200 T1-CAS ゲートウェイ、T1-PRI ゲートウェイ、または E1-PRI ゲートウェイの  7-18

追加、VGC フォンの  3-26

追加、電話機とユーザの  3-29

追加、電話機の  3-26, 3-29

追加、ユーザの  4-10

Cisco Catalyst 6000 FXS ポート

概要  7-1, 7-23

更新  7-35

削除、テンプレートの  7-43

削除、ポートの  7-37

作成、BAT テンプレートの  7-24

作成、CSV ファイルの  7-26

制限、500 台まで  7-28

追加、Cisco CallManager への  7-32

追加、ポートの  7-23

追加または更新、ポートの  7-23

フィールドの説明  7-64

Cisco CRA

TAPS に必要  9-2

アップロード、TAPS の  2-9

アンインストール、TAPS の  2-13

トラブルシューティング、TAPS の  10-8

Cisco IP IVR

TAPS に必要  9-2

Cisco VG200

概要  7-1

更新、エンドポイント識別子の  7-7

コピー、テンプレートの  7-19

削除、BAT テンプレートの  7-43

削除、ゲートウェイの  7-21

削除、選択されたゲートウェイだけの  7-21

作成、CSV ファイル、FXS または FXO 用の  7-8

作成、CSV ファイル、T1-CAS 用、T1-PRI 用、または E1-PRI 用の  7-11

作成、テンプレートの  7-3

設定、BAT でゲートウェイを追加する前に CLI を使用しての  7-1

追加、Cisco CallManager への(FXS または FXO)  7-18

追加、Cisco CallManager への(T1-CAS、T1-PRI、または E1-PRI)  7-18

追加、ゲートウェイとポートの  7-2

フィールドの説明、E1-PRI  7-53

フィールドの説明、FXO  7-47

フィールドの説明、FXS  7-44

フィールドの説明、T1-CAS  7-49

フィールドの説明、T1-PRI  7-53

Cisco VGC バーチャル フォン

作成、CSV ファイルの  3-8

追加、Cisco CallManager への VGC バーチャル フォンとユーザの組み合わせの  3-29

Cisco VGC フォン

更新、電話機レコードの  3-36

作成、CSV ファイルの  3-8

追加、Cisco CallManager への VGC フォンとユーザの組み合わせの  3-29

CLI  7-1

CSV

ヒント、テキストベースの CSV 作成時、電話機用、電話機とユーザの組み合わせ用、IP テレフォニー デバイス用、または IP テレフォニー デバイスとユーザの組み合わせ用  3-20

作成、テキストベースの~ファイル、マネージャとアシスタント間の割り当て用  3-19

BAT.xlt の使用、Catalyst 6000 FXS ポート用  7-28

BAT.xlt の使用、テレフォニー デバイスとユーザの組み合わせ用  3-11

BAT.xlt の使用、テレフォニー デバイス用  3-11

BAT.xlt の使用、電話機とユーザの組み合わせ用  3-10, 3-11

BAT.xlt の使用、電話機用  3-10, 3-11

BAT.xlt の使用、マネージャとアシスタント間の割り当て用  6-8

BAT.xlt の使用、ユーザ更新用  4-14

BAT.xlt の使用、ユーザ用  4-2, 4-3, 4-15

Catalyst 6000 FXS ポート  7-26

CTI ポート  3-8

H.323 クライアント  3-8

VG200、FXS 用または FXO 用の  7-8

VG200、T1-CAS 用、T1-PRI 用、または E1-PRI 用の  7-11

VGC バーチャル フォン  3-8

VGC フォン  3-8

空白行なし  3-13, 5-7

作成、テキストベースの~ファイル、Catalyst 6000 FXS ポート用  7-30

作成、テキストベースの~ファイル、VG200 ゲートウェイとポート用  7-14

作成、テキストベースの~ファイル、マネージャとアシスタント間の割り当て用  6-11

作成、テキストベースの~ファイル、ユーザ デバイス プロファイル用  5-9

作成、テキストベースの~ファイル、ユーザ更新用  4-17

作成、テキストベースの~ファイル、ユーザ用  4-6

作成、ユーザ デバイス プロファイル用  5-5

テキスト ファイル、電話機用  3-19, 7-14, 7-30

電話機  3-8

ヒント、テキストベースの CSV 作成時、2 回線を持つユーザ デバイス プロファイル用  5-11

ヒント、テキストベースの CSV 作成時、CTI ポートまたは CTI ポートとユーザの組み合わせ用  3-20

ヒント、テキストベースの CSV 作成時、H.323 クライアントまたは H.323 クライアントとユーザの組み合わせ用  3-20

ヒント、テキストベースの CSV 作成時、VGC バーチャル フォンまたは VGC バーチャル フォンとユーザの組み合わせ用  3-20

ヒント、テキストベースの CSV 作成時、VGC フォンまたは VGC フォンとユーザの組み合わせ用  3-20

ヒント、テキストベースの CSV 作成時、マネージャとアシスタント間の割り当て用  6-13

ヒント、テキストベースの CSV 作成時、ユーザ デバイス プロファイル用  5-10

ヒント、テキストベースの CSV 作成時、ユーザ用  4-8, 4-19

保持、格納済み値の  4-20

マネージャとアシスタント間の割り当て  6-8

要件、ファイル保存ロケーションの  4-8, 4-18, 5-10, 6-12

CTI ポート

BAT.xlt の使用、CSV を作成するための  3-10

BAT.xlt の使用、CTI ポートとユーザの組み合わせ用の CSV を作成するための  3-10

関連付け、既存ユーザへの新しいポートの  3-8

削除  3-45

作成、CSV ファイルの  3-8

使用、ダミー MAC アドレス オプションの  3-28, 3-30

追加、Cisco CallManager への CTI ポートとユーザの組み合わせの  3-29

電話番号の数はテンプレート内の回線数と一致する必要がある  3-9

有効化、CTI アプリケーションの使用の  3-27, 3-31

有効化、認証プロキシ権限の  3-31

E

E1-PRI

作成、CSV ファイル、VG200 ゲートウェイ用  7-11

追加、Cisco CallManager への VG200 ゲートウェイの  7-18

フィールドの説明、VG200  7-53

F

FXO

追加、Cisco CallManager への VG200 ゲートウェイの  7-18

フィールドの説明  7-47

FXS

更新、Catalyst 6000 ポートの  7-35

削除、Catalyst 6000 ポートの  7-37

作成、BAT テンプレート、Catalyst 6000 ポート用  7-24

作成、CSV ファイル、Catalyst 6000 ポート用  7-26, 7-28

作成、CSV ファイル、VG200 ゲートウェイ用  7-8

追加、Cisco CallManager への Catalyst 6000 ポートの  7-32

追加、Cisco CallManager への VG200 ゲートウェイの  7-18

追加または更新、ポート、Catalyst 6000 ポートの  7-23

フィールドの説明、Catalyst 6000 ポートの  7-64

フィールドの説明、VG200 の  7-44

G

Gateway Directory Number

コピー、~テンプレートの  7-41

削除、~テンプレートの  7-43

テンプレート  7-39

フィールドの説明、~テンプレートの  7-66

Gateway Directory Number テンプレート

電話番号を指定した場合に必要  7-39

H

H.323 クライアント

削除  3-45

作成、CSV ファイルの  3-8

追加、Cisco CallManager への H.323 クライアントとユーザの組み合わせの  3-29

I

IPMA

BAT.xlt  6-8

更新、マネージャとアシスタント間の割り当ての  6-16

削除、アシスタントの  6-26

削除、マネージャとアシスタント間の割り当ての  6-21

削除、マネージャの  6-24

作成、CSV ファイルの  6-8

作成、テキストベースの CSV ファイルの  6-11

設定、電話機と回線の  6-2

追加、マネージャとアシスタント間の割り当ての  6-14

マネージャとアシスタントの回線設定  6-18

M

MAC アドレス

生成、ダミー~を使用する電話機のリストの  3-43

ダミー MAC アドレス  3-43

N

NM-1V  7-4

NM-2V  7-4

NM-HDV  7-4

S

Secure TAPS  9-9

sub-unit  7-5

T

T1-CAS

作成、CSV ファイル、VG200 ゲートウェイ用  7-11

追加、Cisco CallManager への VG200 ゲートウェイの  7-18

フィールドの説明、VG200 の  7-49

T1-PRI

作成、CSV ファイル、VG200 ゲートウェイ用  7-11

追加、Cisco CallManager への VG200 ゲートウェイの  7-18

フィールドの説明、VG200 の  7-53

TAPS

トラブルシューティング、Cisco CRA Server 上での  10-8

Cisco CRA が必要  9-2

Cisco IP IVR が必要  9-2

taps.aef  2-9

アップロード、Cisco CRA Administration Server への  2-9

アンインストール  2-11

インストール  2-4, 2-7

インストール、BAT がすでにインストールされている場合  2-7

概要  9-1, 9-2

完了、アンインストールの  2-13

完了、インストールの  2-9

始動  9-7

自動登録を有効にする必要がある  9-1

設定  9-3

停止  9-8

手順、エンドユーザ用の  9-14

トラブルシューティング  10-1

バージョン  1-5

保護、電話番号の  9-9

taps.aef  2-9

V

VIC-2FXO  7-5

VIC-2FXS  7-5

VWIC-1MFT-E1  7-5

VWIC-1MFT-T1  7-5

VWIC-2MFT-E1  7-5

VWIC-2MFT-T1  7-5

アップグレード、BAT の  2-3

アップロード、Cisco CRA Administration Server への TAPS の  2-9

アンインストール

BAT/TAPS  2-11

削除、Cisco CRA Administration Server からの TAPS の  2-13

インストール

BAT/TAPS  2-4

BAT/TAPS を~する場合の前提条件  2-4

Release 3.0(3) からアップグレードする場合はテンプレートの移行が行われない  2-3

TAPS  2-7

TAPS の、BAT がすでにインストールされている場合  2-7

TAPS を~する場合の前提条件  2-7

概要  2-1

完了、TAPS インストールの  2-9

テンプレートの移行、アップグレード中の  2-3

前のバージョンへのテンプレートの移行は行われない  2-2

エクスポート

電話機レコード  8-6

ユーザ デバイス プロファイル レコード  8-15

ユーザ レコード  8-11

エクスポートされるフィールド

All Phone Details  8-8

All User Device Profile Details  8-16

Default Phone  8-7

エラー メッセージ、BAT の  10-4

エンドポイント識別子の更新  7-7

回線

更新  3-40, 5-17

最大数  3-5

追加または更新  3-5

フィールドの説明、UDP テンプレートに対して追加または更新を行う場合  5-20

フィールドの説明、追加または更新する場合  3-58

概要

BAT  1-1

Catalyst 6000 FXS ポート  7-23

TAPS  9-1, 9-2

一括処理、ゲートウェイとポートの  7-1

ゲートウェイの電話番号  7-39

作成、CSV ファイル、Catalyst 6000 モジュールの FXS ポート用  7-26

追加、VG200 ゲートウェイとポート  7-2

追加または更新、Catalyst 6000 モジュールの FXS ポートの  7-23

カスタム ファイル  3-45

クエリー

更新、回線の  3-40, 5-17

更新、電話機の  3-36

グラウンド スタート、フィールドの説明  7-47

ゲートウェイ

Cisco Catalyst 6000 FXS ポート  7-1

Cisco VG200 の概要  7-1

更新

Catalyst 6000 FXS ポート  7-23, 7-35

VGC フォン  3-36

エンドポイント識別子  7-7

回線  3-40, 5-17

回線、電話機テンプレートの  3-5

サービス、電話機テンプレートの  3-6

短縮ダイヤル設定、電話機テンプレートの  3-7

電話機  3-36

電話機設定の、TAPS を使用した  9-14

マネージャとアシスタント間の割り当て  6-16

ユーザ  4-14

更新、ユーザの

作成、CSV ファイルの  4-14

作成、テキストベースの CSV ファイルの  4-17

コピー

Catalyst 6000 FXS Ports テンプレート  7-34

Gateway Directory Number テンプレート  7-41

VG200 テンプレート  7-19

電話機テンプレート  3-34

コマンドライン インターフェイス  7-1

サービスの追加または更新  3-6

再始動、デバイスの、更新後  3-38

削除

Catalyst 6000 FXS Ports テンプレート  7-43

Catalyst 6000 FXS ポート  7-37

CTI ポート  3-45

Gateway Directory Number テンプレート  7-43

H.323 クライアント  3-45

IP テレフォニー デバイス  3-45

VG200 ゲートウェイ  7-21

VG200 テンプレート  7-43

アシスタント  6-26

選択された VG200 ゲートウェイ  7-21

電話機  3-45

電話機の、カスタム ファイルを使用した  3-45

マネージャ  6-24

マネージャとアシスタント間の割り当て  6-21

ユーザ  4-25

ユーザ デバイス プロファイル  5-18

作成

Catalyst 6000 FXS Ports テンプレート  7-24

CSV ファイル、Catalyst 6000 FXS ポート用  7-26

CSV ファイル、VG200 FXS 用または FXO 用  7-8

CSV ファイル、VG200 T1-CAS 用、T1-PRI 用、または E1-PRI 用  7-11

CSV ファイル、ユーザ デバイス プロファイル用  5-5

VG200 テンプレート  7-3

テンプレートの、ゲートウェイの電話番号用  7-39

電話機テンプレート  3-3

ユーザ デバイス プロファイル テンプレート  5-2

作成、ダミー MAC アドレスの  3-17, 3-28, 3-30

始動

BAT  1-3

TAPS  9-7

自動登録  9-1

仕様  1-2

消去、ユーザ デバイス プロファイルの  5-18

設定

ユーザ デバイス プロファイルの  5-2

前提条件

BAT/TAPS  2-4

TAPS  2-7

ダウンロード

電話機設定の、TAPS を使用した  9-14

ダミー MAC アドレス  3-17, 3-28, 3-30, 3-43

短縮ダイヤル設定の追加または更新  3-7

追加

Catalyst 6000 FXS ポート  7-23

Catalyst 6000 FXS ポート、Cisco CallManager への  7-32

IP サービス、電話機テンプレートへの  3-6

VG200 FXS ゲートウェイまたは FXO ゲートウェイ、Cisco CallManager への  7-18

VG200 T1-CAS ゲートウェイ、T1-PRI ゲートウェイ、または E1-PRI ゲートウェイ、Cisco CallManager への  7-18

VG200 ゲートウェイとポート  7-2

回線、電話機テンプレートへの  3-5

短縮ダイヤル設定、電話機テンプレートへの  3-7

電話機  3-26

電話機テンプレート  3-3

マネージャとアシスタント間の割り当て  6-14

ユーザ  4-2

ユーザ、Cisco CallManager への  4-10

ユーザ デバイス プロファイル  5-2, 5-14

停止

BAT  1-5

TAPS  9-8

停止、TAPS の  9-8

手順、エンドユーザ用の TAPS の  9-14

テンプレート

BAT.xlt ファイルのロケーション  2-4

Gateway Directory Number  7-39

移行、アップグレード中の  2-3

概要、Gateway Directory Number ~の  7-39

コピー、Catalyst 6000 FXS Ports ~の  7-34

コピー、Gateway Directory Number ~の  7-41

コピー、VG200 ~の  7-19

コピー、電話機~の  3-34

削除、Catalyst 6000 FXS Ports ~の  7-43

削除、Gateway Directory Number ~の  7-43

削除、VG200 ~の  7-43

削除、電話機~の  3-48

作成、Catalyst 6000 FXS Ports ~の  7-24

作成、VG200 ~の  7-3

追加または更新、IP サービスの  3-6

追加または更新、回線の  3-5

追加または更新、短縮ダイヤル設定の  3-7

電話機  3-3

電話番号を指定した場合は Gateway Directory Number ~が必要  7-39

フィールドの説明、Catalyst 6000 ~の  7-64

フィールドの説明、Gateway Directory Number ~の  7-66

フィールドの説明、UDP テンプレートに対する回線の追加または更新用~の  5-20

フィールドの説明、回線の追加または更新用~の  3-58

フィールドの説明、電話機~の  3-49, 3-63

前のバージョンへの移行は行われない  2-2

ユーザ デバイス プロファイル  5-2

電話機

BAT の反応、~の挿入中に回線情報に問題がある場合  3-32

BAT.xlt の使用、電話機用の CSV を作成するための  3-10, 3-11

CSV テキスト ファイル  3-19, 7-14, 7-30

エクスポート、レコードの  8-6

更新  3-36

更新、回線の  3-40, 5-17

コピー、テンプレートの  3-34

削除  3-45

削除、テンプレートの  3-48

作成、CSV ファイルの  3-8

使用、ダミー MAC アドレス オプションの  3-17, 3-28, 3-30

生成、ダミー MAC アドレスを持つ電話機のリストの  3-43

追加、Cisco CallManager への  3-26, 3-29

追加、Cisco CallManager への電話機とユーザの組み合わせの  3-29

追加、テンプレートの  3-3

追加または更新、IP サービスの  3-6

追加または更新、回線の  3-5

追加または更新、短縮ダイヤル設定の  3-7

フィールドの説明、電話機テンプレートの  3-49, 3-63

有効化、CTI アプリケーションの使用の  3-27, 3-31

有効化、認証プロキシ権限の  3-31

電話番号

作成、ゲートウェイの~用テンプレートの  7-39

保護、TAPS からの  9-9

トラブルシューティング

BAT  10-4

BAT と TAPS  10-1

BAT.xlt ファイル内の Export to BAT Format ボタンが機能しない  10-4

Cisco CRA Server 上での TAPS の  10-8

couldn't create user object. Check if DC Directory is running  10-7

data files (CSV) format do not match phone template/sample file  10-4

errors occur when using the dummy MAC address option  10-5

MAC address values are not allowed in the file if dummy MAC address values are desired  10-6

port data in record number n does not match the corresponding sample file/number of lines and speed dials in phone template chosen  10-6

port identifier contains invalid endpoint prefix  10-5

port identifier contains invalid port number  10-5

port number not configured in the template  10-6

same directory number cannot be assigned twice to a device in the same partition  10-6

selected template does not contain DN details for directory number  10-5

the page cannot be displayed  10-4

when the Cisco CRA server starts, the JTAPI subsystem shows partial service or out of service  10-8

トランク

フィールドの説明、VG200 上の E1-PRI ~または T1-PRI ~の  7-53

フィールドの説明、VG200 上の FXO ~の  7-47

フィールドの説明、VG200 上の FXS ~の  7-44

フィールドの説明、VG200 上の T1-CAS ~の  7-49

バージョン  1-4, 1-5

表示、ログ ファイルの  10-3

フィールドの説明

Catalyst 6000 FXS ポート  7-64

Gateway Directory Number テンプレート  7-66

VG200 - E1-PRI  7-53

VG200 - FXO  7-47

VG200 - FXS  7-44

VG200 - T1-CAS  7-49

VG200 - T1-PRI  7-53

グラウンド スタート  7-47

追加または更新、回線の  3-58

追加または更新、回線の、UDP テンプレートに対する  5-20

電話機テンプレート  3-49, 3-63

ループ スタート  7-47

ブラウザの要件  1-3

ヘルプ  1-4

ポート、VG200 ~の追加  7-2

保護、TAPS からの電話番号の  9-9

モジュール、スロット内の  7-4

有効化、CTI アプリケーションの使用の

CTI ポート  3-27

CTI ポートとユーザ  3-31

追加、ユーザの  4-11

電話機  3-27

電話機とユーザ  3-31

有効化、認証プロキシ権限の

CTI ポートとユーザ  3-31

追加、ユーザの  4-11

電話機とユーザ  3-31

ユーザ

BAT.xlt  4-3, 4-15

BAT.xlt の使用、電話機とユーザの組み合わせ用  3-10, 3-11

エクスポート、レコードの  8-11

更新  4-14

削除  4-25

作成、CSV ファイルの  4-2

作成、テキストベースの CSV ファイルの  4-6

追加  4-2

追加、Cisco CallManager への  4-10

ユーザ デバイス プロファイル

CSV ファイル  5-5

エクスポート、レコードの  8-15

削除  5-18

作成、テキストベースの CSV ファイルの  5-9

作成、テンプレートの  5-2

消去  5-18

設定  5-2

挿入  5-14

追加  5-2, 5-14

リセット、デバイスの、更新後  3-38

リポジトリ マネージャ  2-9

ループ スタート、フィールドの説明  7-47

lログ ファイル

表示  10-3

ログ ファイル

BAT  10-2

エクスポート、~の  8-19

説明、ファイル名規則の  8-19, 10-3

表示  10-3

ログオン、BAT への  1-4