Cisco CallManager Attendant Console ユーザ ガイド Release 1.1(3)
コールの処理
コールの処理
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

コールの処理

コールへの応答

コールの開始

コールの終了

コールの保留

コールの保留状態からの復旧(再開)

コールの転送

コールの転送

打診転送

電話会議の開始

コールの転送先保留

転送先保留にされているコールの復帰

ボイスメールへのコールの転送

デフォルトのキーボード ショートカットの使用

コールの処理

マウス、キーボード ショートカット、または Cisco CallManager Attendant Console に結合された Cisco IP Phone を使用して、次の処理を行うことができます。

この章の内容は、次のとおりです。

「コールへの応答」

「コールの開始」

「コールの終了」

「コールの保留」

「コールの保留状態からの復旧(再開)」

「コールの転送」

「電話会議の開始」

「コールの転送先保留」

「転送先保留にされているコールの復帰」

「ボイスメールへのコールの転送」

「デフォルトのキーボード ショートカットの使用」

コールへの応答

Cisco CallManager Attendant Console が着信コールを受け取ると、[通話制御]ウィンドウの[通話の詳細]ペインにこのコールが表示されます。ユーザは、キーボード ショートカット、前後関係に依存したメニュー、メニューバー、またはマウスを使用して、[通話制御]ウィンドウからコ-ルに応答できます。


) [短縮ダイヤル]ウィンドウ、または[ディレクトリ]ウィンドウからコールに応答することはできません。


次の方法のいずれかを使用して、コールに応答します。どの方法でも同じ結果になります。使用しやすい方法を選択してください。

コールを右クリックし、前後関係に依存したメニューから[応答]を選択します。

[通話制御]ツールバーにある[応答]ボタンをクリックします。

[アクション]メニューから[ 応答] を選択します。

PC のキーボード上で、 Ctrl + A キーを押します。

[通話制御]ウィンドウでコールをダブルクリックします。

マウスを使用して、強調表示されているコールを[応答]ボタンの上にドラッグします。

Cisco IP Phone を使用して、コールに応答します(たとえば、着信コールがある回線のボタンを押すか、または[オウトウ]ソフト キーを押します)。


) 新しいコールに応答すると、現在アクティブなコールは自動的に保留状態になります。


コールの開始

[通話制御]ウィンドウで回線が使用できるときは、コールを開始できます。ユーザは、キーボード ショートカット、前後関係に依存したメニュー、メニューバー、またはマウスを使用して、どのウィンドウを使用してもコールを開始できます。

次の方法のいずれかを使用して、コールを開始します。これらのすべての方法は、同じ結果になるので、どの方法でも自由に選んで使用できます。

[短縮ダイヤル]ウィンドウ、または[ディレクトリ]ウィンドウでエントリを右クリックして、前後関係に依存したメニューから[ ダイヤル] を選択します。

ディレクトリのエントリ、または短縮ダイヤルのエントリをクリックした後、次の作業の 1 つを行います。

[通話制御]ツールバーにある [ダイヤル] ボタンをクリックします。

[アクション]メニューから[ ダイヤル] を選択します。

マウスを使用して、エントリを[通話制御]ツールバー、または[通話制御]ウィンドウ中の[ オペレータ回線] ボタン上にドラッグします。

PC のキーボード上で、 Ctrl + D キーを押します。

ディレクトリのエントリをダブルクリックすると、その番号が自動的にダイヤルされます。

短縮ダイヤルのエントリをダブルクリックすると、その番号が自動的にダイヤルされます。

Cisco IP Phone を使用して、番号をダイヤルします。

PC のキーボードの右側にある数字キーパッドを使用して、番号をダイヤルした後、 Enter キーまたは Ctrl + D キーを押します。

[オペレータ回線]ボタンの 1 つをクリックし(複数の[オペレータ回線]ボタンが設定されている場合)、受話器を外した状態にします。その後、ダイヤル キーパッドを使用して電話番号を入力し、 OK をクリックして、コールを完了します。

コールの終了

Cisco CallManager Attendant Console がコールを接続解除すると、[通話制御]ウィンドウの[通話の詳細]ペインからこのコールが消えます。ユーザは、キーボード ショートカット、前後関係に依存したメニュー、メニューバー、またはマウスを使用して、[通話回線]ウィンドウからコ-ルを終了できます。


) [短縮ダイヤル]ウィンドウ、または[ディレクトリ]ウィンドウからコールを終了させることはできません。


次のいずれかの方法を使用して、[通話制御]ウィンドウでアクティブなコールを終了(接続解除)できます。これらのすべての方法は、同じ結果になるので、どの方法でも自由に選んで使用できます。

[通話制御]ウィンドウでコールを右クリックして、前後関係に依存したメニューから[ 終了] を選択します。

[通話制御]ツールバーにある[ 終了] ボタンをクリックします。

PC のキーボード上で、 Ctrl + H キーを押します。

[アクション]メニューから[ 終了] を選択します。

マウスを使用して、アクティブなコールを[ 終了] ボタンの上にドラッグします。

Cisco IP Phone を使用して、コールを終了させます(たとえば、受話器を持ち上げたあと戻すか、または[シュウリョウ]ソフト キーを押します)。

コールの保留

ユーザは、アクティブなコールを保留にして、他の着信コールを取るか、あるいは意図した受信者が受信可能か否かをチェックできます。ユーザが[通話制御]ウィンドウ上でコールを保留にすると、コール状態表示エリアに保留のアイコンが表示され、[オペレータ回線]ボタン上にアクティブ アイコンが表示されます。

ユーザは、キーボード ショートカット、前後関係に依存したメニュー、メニューバー、またはマウスを使用して、[通話制御]ウィンドウからコ-ルを保留にできます。


) [短縮ダイヤル]ウィンドウ、または[ディレクトリ]ウィンドウからコールを保留にすることはできません。


次の方法のいずれかを使用して、コールを保留にします。これらのすべての方法は、同じ結果になるので、どの方法でも自由に選んで使用できます。

アクティブなコールを右クリックし、前後関係に依存したメニューから[ 保留] を選択します。

[通話制御]ウィンドウにあるコールをクリックして、次の作業のいずれかを行います。

[通話制御]ツールバーにある[ 保留] ボタンをクリックします。

PC のキーボード上で、 Ctrl + L キーを押します。

[アクション]メニューから[ 保留] を選択します。

マウスを使用して、アクティブなコールを[ 保留] ボタンの上にドラッグします。

アクティブなコールをダブルクリックします。

Cisco IP Phone を使用して、コールを保留にします(たとえば[ホリュウ]ソフト キーを押します)。

コールの保留状態からの復旧(再開)

ユーザがコールを保留状態から復旧させると、発信者はユーザに接続されます。ユーザが[通話制御]ウィンドウ上でコールを保留状態から復旧させると、コール状態表示エリアにアクティブ アイコンが表示され、[オペレータ回線]ボタン上にアクティブ アイコンが表示されます。

ユーザは、キーボード ショートカット、前後関係に依存したメニュー、メニューバー、またはマウスを使用して、[通話制御]ウィンドウにあるコ-ルを保留状態から復旧できます。


) [短縮ダイヤル]ウィンドウ、または[ディレクトリ]ウィンドウを使用して、コールを保留状態から復旧させることはできません。


次の方法のいずれかを使用して、コールを保留状態から復旧させます。これらのすべての方法は、同じ結果になるので、どの方法でも自由に選んで使用できます。

保留状態になっているコールを右クリックし、前後関係に依存したメニューから[ 保留解除] を選択します。

保留状態になっているコールをクリックした後、次の作業のいずれかを実行します。

[通話制御]ツールバーにある[ 保留解除] ボタンをクリックします。

PC のキーボード上で、 Ctrl + L キーを押します。

[アクション]メニューから[ 保留解除] を選択します。

マウスを使用して、保留状態にあるコールを[通話制御]ツールバーにある[ 保留解除] ボタン上にドラッグします。

保留状態にあるコールをダブルクリックして、コールを再開します。

Cisco IP Phone を使用して、コールを保留状態から復旧させます。

コールの転送

ユーザがアクティブなコールを転送すると、送信元は、ユーザが指定した人に接続されます。Cisco CallManager Attendant Console は、ユーザが転送または打診転送のいずれかを行えるようにしています。これらの転送については、次の項で説明します。

ユーザは、キーボード ショートカット、前後関係に依存したメニュー、メニューバー、またはマウスを使用して、いずれかのウィンドウから転送または打診転送を実行します。


) コールの転送に関するエラー メッセージを受信した場合は、「トラブルシューティング」を参照してください。


コールの転送

転送を行うときは、コールの転送前に、コールの受信側を確認することはできません。

転送を行う手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 次の作業のいずれかを行います。

転送したいコールを右クリックした後、前後関係に依存したメニューから[ 転送] を選択します。

転送したいコールをクリックした後、[通話制御]ツールバー上で[ 転送] ボタンをクリックします。

転送したいコールをクリックした後、[アクション]メニューから[ 転送] を選択します。

転送したいコールをクリックした後、 Ctrl + X キーを押します。

ステップ 2 転送キーパッドが表示された後、コールを転送したい宛先の番号を入力します。

ステップ 3 OK をクリックします。

転送が行われます。


 


ヒント ユーザは、希望する場合は、短縮ダイヤル エントリまたはディレクトリ エントリ上にコールをドラッグして、転送を実行できます。

ユーザは、希望する場合は、会議に追加したいコールを選択した後、短縮ダイヤル エントリまたはディレクトリ エントリを右クリックし、前後関係に依存したメニューから[会議]を選択して、ユーザを接続することもできます。

転送用キーパッドを使用せずにコールを転送することもできます。転送したいコールをクリックした後、PC のキーボード上でキーを押して、コールを転送したい宛先の番号を入力します。Ctrl + X キーを押して、転送を完了します。


打診転送

打診転送では、ユーザは、コールの転送前にコールの受信先を確認することができます。

打診転送を行う手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 次の作業のいずれかを行います。

転送したいコールを右クリックした後、前後関係に依存したメニューから[ 打診転送] を選択します。

転送したいコールをクリックした後、[通話制御]ツールバー上で[ 打診転送] ボタンをクリックします。

転送したいコールをクリックした後、[アクション]メニューから[ 打診転送] を選択します。

転送したいコールをクリックした後、 Ctrl + T キーを押します。

ステップ 2 転送キーパッドが表示された後、コールを転送したい宛先の番号を入力します。

ステップ 3 OK をクリックします。

[通話制御]ウィンドウにあるアクティブなコールを保留状態にしました。

ステップ 4 転送先のユーザにコールを転送すべきか否か尋ねます。

ステップ 5 転送先のユーザがコールの転送を拒否した場合は、そのユーザとの確認を終了させ、[通話の詳細]ペインで、保留にされたコールをクリックし、「コールの保留状態からの復旧(再開)」に記述された方法のいずれかを実行します。

ステップ 6 保留にされたコールを転送するには、ステップ 1 の方法のいずれかを実行します。


 


ヒント ユーザは、希望する場合は、転送したいコールを選択した後、短縮ダイヤル エントリまたはディレクトリ エントリを右クリックし、前後関係に依存したメニューから[打診転送]を選択して、転送を完了できます。

転送用キーパッドを使用せずに打診転送を行うこともできます。転送したいコールをクリックした後、PC のキーボード上でキーを押して、コールを転送したい宛先の番号を入力します。Ctrl + T キーを押して、コールを転送します。


電話会議の開始

Cisco CallManager Attendant Console を使用することによって、会議の管理者は、スケジュールされていない会議を設定することができます。アドホック電話会議では、管理者になるユーザは、各参加者をコールし、会議に参加させることができます。

ユーザは、キーボード ショートカット、前後関係に依存したメニュー、メニューバー、またはマウスを使用して、いずれかのウィンドウからアドホック電話会議を開始します。


) いずれのウィンドウからもアドホック電話会議を開始できます。


Cisco CallManager Attendant Console からアドホック電話会議を開始する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 次の作業のいずれかを行います。

a. コールを右クリックし、前後関係に依存したメニューから[ 会議] を選択します。

b. 適切なコールをクリックし、[通話制御]ツールバーにある[ 会議] ボタンをクリックします。

c. 適切なコールをクリックし、 [アクション]>[会議] を選択します。

d. 適切なコールをクリックし、PC のキーボード上で Ctrl + C キーを押します。

これらの作業を実行するとコールが保留状態になり、会議キーパッドが表示されます。

ステップ 2 会議用キーパッドが表示されたら、会議に追加したいユーザの電話番号を入力します。 OK をクリックします。

ステップ 3 [会議] ボタンをクリックするか、 [アクション]>[会議] を選択するか、または PC のキーボード上で Ctrl + C キーを押します。


ヒント 会議キーパッドを使わない方法を希望する場合は、短縮ダイヤル エントリまたはディレクトリ エントリを[会議]ボタンにドラッグして作業を完了できます。

会議に追加したいコールを選択した後、短縮ダイヤル エントリまたはディレクトリ エントリを右クリックし、前後関係に依存したメニューから[会議]を選択して、発信者とユーザを接続することもできます。



 


ヒント [短縮ダイヤル]ウィンドウまたは[ディレクトリ]ウィンドウから会議を開始する場合は、[会議]ボタンをクリックする、[会議]メニュー オプションを選択するなどのいずれかの方法を使用すると、参加者が電話会議に追加され、ディレクトリまたは短縮ダイヤルグループで選択したユーザが会議に接続されます。



ヒント ユーザは、希望する場合は、会議キーパッドを使用せずに電話会議を開始できます。コールに応答した後、PC のキーボード上でキーを押して、会議に追加したい電話番号を入力します。Ctrl + C キーを押して、電話会議を開始します。


コールの転送先保留


) Attendant Console に接続されている Cisco CallManager サーバが、
Cisco CallManager Release 3.3 以降のバージョンを実行している場合のみ、ユーザは、このコール管理機能および転送先保留状態からの復帰機能を実行できます。ユーザが、Cisco CallManager Release 3.3 の互換性のあるバージョンを実行している場合のみ、対応するアイコンとウィンドウが表示されます。


パーク(転送先保留)機能を使用すると、コールを保留にして、システム上の他の電話機からこのコールを復旧することができます。たとえば、ユーザ自身の電話機にアクティブなコールがある場合、ユーザは、このコールを転送先保留番号 1234 に保留にすることができます。他の電話番号をもつシステム上のあるユーザが、1234 をダイヤルして、このコールを復旧できます。

[パーク中コールの詳細]ペインのパーク中エントリは、次の情報で構成されています。

転送先保留にしたコールの電話番号

転送先保留にしたコールの転送先保留番号

コールを転送先保留にしたユーザの電話機の電話番号

たとえば、[パーク中コールの詳細]ペインのエントリが「2000 は、3000 により 4000 にパークされています」である場合、電話番号 3000 のユーザが電話番号 2000 のコールを Cisco CallManager が選択した内線番号(この場合は転送先保留番号 4000)に保留にしたことを示します。電話番号 2000 のコールは、ユーザがこのコールに応答するか、またはこのコールが転送先保留にしたユーザに戻るまで、保留のままとなります。


) Cisco CallManager が転送先保留番号を選択します。この番号は、システム管理者が Cisco CallManager Administration に入力した設定に基づいています。


コールの転送先保留をする手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 次の作業のいずれかを行います。

転送先保留にしたいコールを右クリックした後、前後関係に依存したメニューから[ パーク] を選択します。

転送先保留にしたいコールをクリックした後、[通話制御]ツールバー上で[ パーク] ボタンをクリックします。

転送先保留にしたいコールをクリックした後、[アクション]メニューから[ パーク] を選択します。

PC のキーボード上で Ctrl + P キーを押します。

[通話制御]ウィンドウから、転送先保留にしたいコールを[パーク中]ウィンドウにドラッグします。

ステップ 2 ダイアログボックスが、コールが転送先保留にされている電話番号を表示します。 OK をクリックします。

転送先保留にされているコールが[パーク中コールの詳細]ペインに表示されます。

ステップ 3 転送先保留にされているコールを復旧させるユーザに連絡します。


 

転送先保留にされているコールの復帰

ユーザが転送先保留番号で保留にされているコールに応答しない場合は、保留にされているコールを転送先保留番号から復旧できます。復旧させるには、[通話制御]ツールバーの[パークの復元]ボタン、前後関係に依存したメニューまたは[アクション]メニューの[パークの復元]オプション、あるいは[パークの復元]キーボード ショートカットを使用します。

転送先保留にされているコールを復帰させる手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 「コールの転送先保留」の手順を実行します。

ステップ 2 ユーザがコールに応答しない場合は、次の作業のいずれかを行って、転送先保留にされているコールを復帰させます。

転送先保留から復帰させるコールを右クリックした後、前後関係に依存したメニューから[ パークの復元] を選択します。

転送先保留から復帰させるコールをクリックした後、[通話制御]ツールバー上で[ パークの復元] ボタンをクリックします。

転送先保留から復帰させるコールをクリックした後、[アクション]メニューから[ パークの復元] を選択します。

PC のキーボード上で Ctrl + P キーを押します。

ステップ 3 表示されるダイアログボックスで、復帰させる電話番号を選択します。 [パークの復元] をクリックします。

アクティブなコールが[通話の詳細]ペインに表示されます。

ステップ 4 発信者に状況を知らせます。


 


ヒント PC のキーボード上で、復帰させたいコールの電話番号のキーを押した後、Ctrl + P キーを押すことができます。転送先保留にされているコールが自動的に[通話の詳細]ペインに戻ります。

転送先保留にされているコールを[パーク中]ウィンドウから[通話の詳細]ペインにドラッグして、そのコールを復旧することができます。


ボイスメールへのコールの転送

アクティブなコールをボイスメールに転送するには、グラフィカル ユーザ インターフェイスに表示される番号入力キーパッドを使用する必要があります。この機能の詳しい使用法については、「番号入力の使用方法」を参照してください。

デフォルトのキーボード ショートカットの使用

Cisco CallManager Attendant Console 用に設定されたキーボード ショートカットを使用して、コール管理作業を効率的に行うことができます。キーボード ショートカットを使用するガイドとして、表 2-1 を使用してください。

 

表 2-1 キーボード ショートカット

実行すべき作業
実行するアクション

コールへの応答

Ctrl + A

コールの開始

Ctrl + D

コールの終了

Ctrl + H

コールの保留

Ctrl + L

コールの保留状態からの復旧(再開)

Ctrl + L

コールの転送先保留

Ctrl + P

転送先保留にされているコールの復帰

Ctrl + P

転送

Ctrl + X

打診転送

Ctrl + T

電話会議

Ctrl + C

ボイスメールへのコールの転送

Ctrl + S


) デフォルトのキーボード ショートカットはどれも変更できます。詳細については、「メニューバーの使用方法」を参照してください。