Cisco Unified CallManager トラブルシューティング ガイド Release 5.0(2)
ディレクトリの問題
ディレクトリの問題
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

ディレクトリの問題

関連情報

ディレクトリの問題

Cisco Unified CallManager のこのリリースには、次の特徴があります。

組み込み型の DC Directory はありません。

Active Directory(AD)および Netscape Directory(ND)用のプラグインはありません。

AD または ND との統合では、お客様のディレクトリに対するスキーマ拡張はありません。

ユーザ情報は、常に Informix データベースに格納されます。

シスコの製品は、お客様のディレクトリにはデータを一切格納しません。

シスコの製品は、お客様のディレクトリに到達不能な場合でも完全に機能します。

ユーザ情報は、標準の LDAP コネクタ(Cisco DirSync)を使用してデータベースに入力されます。

製品は常にユーザ情報のデータベースにアクセスし、お客様のディレクトリには一切アクセスしません。

アラームは、イベント ログ(Syslog)および SNMP トラップに配信されます。ログ ファイルを表示および収集するには、RTMT を使用します。

関連情報

ディレクトリのインストールと設定については、次の URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_callmg/5_0/sys_ad/5_0_1/ccmsys/a04direc.htm