開発者用 SIP 透過性および正規化ガイド Cisco Unified Communications Manager Release 9.1(1)
SIP と SDP の正規化
SIP と SDP の正規化
発行日;2013/04/10 | 英語版ドキュメント(2012/12/20 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

SIP と SDP の正規化

SIP と SDP の正規化

Lua スクリプト作成環境では、SIP メッセージおよびそれに関連するすべてのセッション記述プロトコル(SDP)を操作するための基礎となるオブジェクトを確立します。スクリプトでは、これらのオブジェクトを考慮する必要はありません。次の API セットを使用してオブジェクトにアクセスします。

SIP メッセージ API:これらの API を使用すると、スクリプトで、多様な方法によって SIP メッセージを操作できます。

SDP API:これらの API を使用すると、スクリプトで、多様な方法によって SDP を操作できます。

SIP パススルー API:これらの API を使用すると、スクリプトで、1 つのコール レッグから別のコール レッグへ情報を受け渡しできます。

SIP ユーティリティ API:これらの API には、Uniform Resource Identifier(URI)の解析を SIP URI オブジェクトに組み込んだデータを処理するスクリプトのための役立つユーティリティが用意されています。

SIP URI API:これらの API を使用すると、スクリプトで、解析済み SIP URI オブジェクトを操作できます。

Trace API:これらの API を使用すると、スクリプトで、トレースの有効/無効の切り替え、トレースが有効かどうかの特定、およびトレースの生成を行うことができます。

スクリプト パラメータ APIこのパラメータを使用すると、スクリプト作成者は、トランクまたは回線固有の設定パラメータ値を取得できます。