開発者用 SIP 透過性および正規化ガイド Cisco Unified Communications Manager Release 9.1(1)
プリロードされたスクリプト
プリロードされたスクリプト
発行日;2013/04/10 | 英語版ドキュメント(2012/12/20 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

プリロードされたスクリプト

プリロードされたスクリプト

プリロードされたスクリプトは、Cisco Unified Communications Manager(Unified CM)基本インストールの一部として提供される Lua スクリプトです。プリロードされたスクリプトは、Unified CM Release 8.6 以降のリリースにアップグレード(またはインストール)すると自動的に使用できます。これらのスクリプトに、通常、特定の機能に使用でき、分かりやすい命名規則で名前付けされた過透性および正規化関連の Lua コードがあります。

管理者は、[SIP トランク正規化スクリプト(SIP Trunk Normalization Script)] ドロップダウン メニューでプリロードされたスクリプトを選択できます。プリロードされたスクリプトへの追加的な透過性または正規化関連の変更を追加するには、プリロードされたスクリプトの内容をコピーし、新しいスクリプトを、コピーされた内容と追加の必要な変更で作成します。

次のプリロードされるスクリプトが Unified CM Release 9.0 以降のリリースで提供されます。

Refer-passthrough:SIP トランクである場合、コール アークの相手側への着信ダイアログ内参照 REFER(Replaces なし)メッセージを受け渡すために使用されます。Lua スクリプトでは、着信 REFER メッセージから Refer-To および Referred-By ヘッダーをコピーし、透過性オブジェクトに保存します。

HCS-PCV-PAI-passthrough:このスクリプトは次の目的に使用されます。

INVITE、UPDATE、および 200 OK の P-Charging-Vector ヘッダーの受け渡し

P-Charging-Vector の 200 OK への追加時に設定された term-ioi を使用

INVITE の P-Asserted-Identity ヘッダーの受け渡し

vcs-interop:Unified CM と VCS の間に適切な相互運用性を可能にするために使用します。このスクリプトは、2 つのノードがどのようにから SRTP をサポートするかの違いを特に扱い、From、Remote-Party-Id および P-Asserted-Id ヘッダーの URI の右側を変更して、Unified CM の IP アドレスの代わりに設定されたトップ レベル ドメインを使用します。

転送カウンタ:コールの転送および即転送シナリオの転送カウンタ パラメータを処理するために使用されます。このスクリプトは、着信および発信トランクの両方に接続する必要があります。クラスタ内でコールの即転送またはコールの転送がある場合、このスクリプトは発信 diversion ヘッダーのカウンタ パラメータを調整します。クラスタ内でコール転送が存在しない場合、このスクリプトは着信側から発信側にカウンタ パラメータを受け渡すだけです。転送カウンタ スクリプトの詳細については、「転送カウンタ」を参照してください。