Cisco Unified Communications Manager, Release 9.1(1) IM and Presence サービス用 IP アドレス/ドメイン/ホスト名
サーバ ホスト名の変更
サーバ ホスト名の変更
発行日;2013/04/23 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 788KB) | フィードバック

目次

サーバ ホスト名の変更

パブリッシャ サーバ ホスト名の変更

サブスクライバ サーバ ホスト名の変更

パブリッシャ サーバ ホスト名の変更

クラスタにあるパブリッシャ サーバのホスト名を変更するには、次の手順を実行します。DNS サーバは、ネットワーク インフラストラクチャを構成する要素の 1 つです。IM and Presence サーバは、DNS サービスを実行せず、また実行することもできません。

はじめる前に

「作業前のチェックリスト」を参照してください。

手順


ステップ 1 次の操作を実行します。

a. パブリッシャ サーバの DNS レコードを、新しいホスト名、たとえば newhost1 を指すように変更します(説明上、この手順では、CLI コマンド例で newhost1 を使用)。

b. 必ず順方向(A)レコードと逆方向(PTR)レコードの両方を正しく更新します。

ステップ 2 すべてのクラスタ ノードで次の CLI コマンドを実行することにより、DNS の変更が他のノードに伝搬されていることを確認します。

utils network host newhost1

ここで、 newhost1 は新しいホスト名を意味します。

このコマンドの出力は次のようになります。

admin:utils network host newhost1
Hostname newhost1 resolves to 14.86.13.11

 

ステップ 3 Cisco Unified CM IM and Presenceの管理から、パブリッシャ サーバで次の作業を実行します。

a. [システム(System)] > [クラスタ トポロジ(Cluster Topology)] を選択します。

b. [クラスタ トポロジ(Cluster Topology)] ツリービューからパブリッシャ ノードを選択します。

c. [ノードの設定(Node Configuration)] セクションで、次のように新しいホスト名を反映するように [名前(Name)] を更新します。

サーバをホスト名で定義している場合は、古いホスト名を新しいホスト名に置き換えます。たとえば、[名前(Name)] を「old-host」から「new-host」に更新します。

サーバを FQDN で定義している場合は、古いホスト名ではなく、新しいホスト名を参照するように FQDN の値を更新します。たとえば、[名前(Name)] を「old-host.example.com」から「new-host.example.com」に更新します。

d. [保存(Save)] を選択します。

ステップ 4 Cisco Unified Communications Manager の管理から、次の作業を実行します。

a. [システム(System)] > [アプリケーション サーバ(Application Server)] を選択します。

b. [サーバの検索と一覧表示(Find and List Servers)] ウィンドウで [検索(Find)] を選択し、サーバを表示します。

c. 新しいノード名の値がサーバのリストに表示されていることを確認します。


) 新しいノード名の値がサーバのリストにない場合は、先の手順には進まないでください。


ステップ 5 ホスト名の変更が、クラスタ内のすべてのノードに複製されることを確認します。そのためには、クラスタ内のすべてのノードで CLI から次のコマンドを入力します。

run sql select name,nodeid from ProcessNode
 

) 更新したノード名の値が、クラスタにあるすべてのノードに複製されていない場合は、先の手順に進まないでください。


ステップ 6 各サブスクライバ サーバに対して CLI で次のコマンドを入力することにより、クラスタ内の各サブスクライバ サーバ上のパブリッシャ サーバのホスト名を変更します。

set network cluster publisher hostname <new_hostname>
 

次に、例を示します。

set network cluster publisher hostname newhost1

 

ステップ 7 パブリッシャ サーバ上で、サーバのホスト名を次のように変更します。

a. CLI コマンド set network hostname newhost1 を入力します。

ここで、 newhost1 は新しいホスト名を意味します。

b. Yes と入力して Enter キーを押します。新しいホスト名を反映してサーバが自動的に再起動します。


) ホスト名を変更すると、自己署名証明書が自動的に再生成されます。サーバが自動的に再起動しても、CTL クライアントを再実行して CTL ファイルを更新しないと、このサーバへのセキュア接続はできません。


ステップ 8 パブリッシャ ノードが再起動した後、次の CLI コマンドですべてのサブスクライバ ノードを再起動します。

utils system restart
 

ステップ 9 すべてのノードが正常に再起動した後、パブリッシャ ノードで次の CLI コマンドを実行して、レプリケーションをリセットします。

utils dbreplication reset all

) このコマンドの実行には最大 15 分かかります。


ステップ 10 utils dbreplication reset all コマンドが完了した後、次の CLI コマンドでパブリッシャ ノードを再起動します。

utils system restart
 

ステップ 11 パブリッシャ ノードが再起動した後、次の CLI コマンドでクラスタ内のすべてのサブスクライバ ノードを再起動します。

utils system restart
 


 

関連トピック

『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』

『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』

『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』

次の作業

「変更後の作業リスト」

サブスクライバ サーバ ホスト名の変更

クラスタにあるサブスクライバ サーバのホスト名を変更するには、次の手順を実行します。DNS サーバは、ネットワーク インフラストラクチャを構成する要素の 1 つです。IM and Presence サーバは、DNS サービスを実行せず、また実行することもできません。

はじめる前に

「作業前のチェックリスト」を参照してください。

手順


ステップ 1 次の操作を実行します。

a. サブスクライバ サーバの DNS レコードを、新しいホスト名、たとえば newhost1 を指すように変更します(説明上、この手順では、CLI コマンド例で newhost1 を使用)。

b. 必ず順方向(A)レコードと逆方向(PTR)レコードの両方を正しく更新します。

ステップ 2 すべてのクラスタ ノードで次の CLI コマンドを実行することにより、DNS の変更が他のノードに伝搬されていることを確認します。

utils network host newhost1

ここで、 newhost1 は新しいホスト名を意味します。

このコマンドの出力は次のようになります。

admin:utils network host newhost1
Hostname newhost1 resolves to 14.86.13.11

 

ステップ 3 Cisco Unified CM IM and Presenceの管理から、パブリッシャ サーバで次の作業を実行します。

a. [システム(System)] > [クラスタ トポロジ(Cluster Topology)] を選択します。

b. [クラスタ トポロジ(Cluster Topology)] ツリービューからサブスクライバ ノードを選択します。

c. [ノードの設定(Node Configuration)] セクションで、次のように新しいホスト名を反映するように [名前(Name)] を更新します。

サーバをホスト名で定義している場合は、古いホスト名を新しいホスト名に置き換えます。たとえば、[名前(Name)] を「old-host」から「new-host」に更新します。

サーバを FQDN で定義している場合は、古いホスト名ではなく、新しいホスト名を参照するように FQDN の値を更新します。たとえば、[名前(Name)] を「old-host.example.com」から「new-host.example.com」に更新します。

d. [保存(Save)] を選択します。

ステップ 4 Cisco Unified Communications Manager の管理から、次の作業を実行します。

a. [システム(System)] > [アプリケーション サーバ(Application Server)] を選択します。

b. [サーバの検索と一覧表示(Find and List Servers)] ウィンドウで [検索(Find)] を選択し、サーバを表示します。

c. 新しいノード名の値がサーバのリストに表示されていることを確認します。


) 新しいノード名の値がサーバのリストにない場合は、先の手順には進まないでください。


ステップ 5 ホスト名の変更が、クラスタ内のすべてのノードに複製されることを確認します。そのためには、クラスタ内のすべてのノードで CLI から次のコマンドを入力します。

run sql select name,nodeid from ProcessNode
 

) 更新したノード名の値が、クラスタにあるすべてのノードに複製されていない場合は、先の手順に進まないでください。


ステップ 6 サブスクライバ サーバ上で、サーバのホスト名を次のように変更します。

a. CLI コマンド set network hostname newhost1 を入力します。

ここで、 newhost1 は新しいホスト名を意味します。

b. Yes と入力して Enter キーを押します。新しいホスト名を反映してサーバが自動的に再起動します。


) ホスト名を変更すると、自己署名証明書が自動的に再生成されます。サーバが自動的に再起動しても、CTL クライアントを再実行して CTL ファイルを更新しないと、このサーバへのセキュア接続はできません。


ステップ 7 次のコマンドで、クラスタ内のパブリッシャ ノードを再起動します。

utils system restart
 

ステップ 8 次のコマンドで、クラスタ内の他のすべてのサブスクライバ ノードを再起動します。

utils system restart
 

ステップ 9 すべてのノードが正常に再起動した後、パブリッシャ ノードで次の CLI コマンドを実行して、レプリケーションをリセットします。

utils dbreplication reset all

) このコマンドの実行には最大 15 分かかります。


ステップ 10 utils dbreplication reset all コマンドが完了した後、次の CLI コマンドでパブリッシャ ノードを再起動します。

utils system restart
 

ステップ 11 パブリッシャ ノードが再起動した後、次の CLI コマンドでクラスタ内のすべてのサブスクライバ ノードを再起動します。

utils system restart
 


 

関連トピック

『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』

『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』

『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』

次の作業

「変更後の作業リスト」