Cisco Unified Communications Manager Release 9.1(1) のインストール
インストール後のタスク
インストール後のタスク
発行日;2013/04/25   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

インストール後のタスク

この章では、IM and Presence Service のインストール後のタスクについて説明します。

インストール後のタスクの実行

図 1. インストール後のフローチャート

IM and Presence クラスタにインストールするサーバごとに、次のタスクを順番に実行します。

はじめる前に

IM and Presence パブリッシャ サーバで、インストール後の導入ウィザードを実行し、Cisco Unified Communications Manager パブリッシャのアドレスおよび AXL パラメータを設定します。

手順
    ステップ 1   Cisco.com で IM and Presence にソフトウェアのアップデートやファームウェアのアップデートがないか確認します。
    ステップ 2   プレゼンス ゲートウェイとして Cisco Unified Communications Manager を設定します。
    ステップ 3   Cisco Unified Communications Manager に SIP パブリッシュ トランクを設定します。
    ステップ 4   ユーザをサーバに割り当てます。
    ステップ 5   サービスをアクティブにします。
    ステップ 6   DNS なしの導入の場合、IM and Presence ノード名を変更します。
    ステップ 7   DNS なしの導入の場合、デフォルトのプロキシ ドメイン名を変更します。


    注意    


    後続の IM and Presence サーバをインストールする前に、IM and Presence パブリッシャ サーバに対してインストール後のチェックリストを実行したことを確認してください。


    ソフトウェアおよびファームウェアのアップデート

    IM and Presence のインストール後は、シスコからソフトウェアやファームウェアのアップグレード、重要なパッチやサービスのアップデートがリリースされていないか確認してください。

    最新のファームウェア アップグレードの適用

    致命的な障害が発生するのを防ぐため、最新の包括的なファームウェアのアップデート CD(FWUCD)をできるだけ早く適用してください。

    手順
      ステップ 1   www.cisco.com を参照します。
      ステップ 2   [サポート(Support)] > [ソフトウェアのダウンロード(Download Software)] の順に選択します。
      ステップ 3   [製品(Products)] > [Voice and Unified Communications] > [通信インフラストラクチャ(Communications Infrastructure)] > [音声サーバ(Voice Servers)] > [Cisco 7800 シリーズ メディア サーバ(Cisco 7800 Series Media Servers)](または [Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバ(Cisco UCS B-Series Blade Servers)])>(ご使用のサーバ モデル)に移動します。
      ステップ 4   ファームウェアのアップグレードがある場合、ダウンロードの指示に従い、最新のファームウェアのアップグレードを適用します。

      ソフトウェア アップグレードの確認

      Service Updates(SU; サービス アップデート)には、当初のリリースの時点では適用されていなかった修正が含まれています。 多くの場合、動作の改善につながるセキュリティ修正、ファームウェア アップデート、ソフトウェア修正なども含まれています。

      次の手順を実行して、ソフトウェア アップグレード、サービス アップデート、重要なパッチがないかどうか、www.cisco.com で確認してください。

      手順
        ステップ 1   www.cisco.com を参照します。
        ステップ 2   [サポート(Support)] > [ソフトウェアのダウンロード(Download Software)] の順に選択します。
        ステップ 3   [製品(Products)] > [Voice and Unified Communications] > [Unified Communications アプリケーション(Unified Communications Applications)] > [Cisco Unified Presence] > [Cisco Unified Presence のバージョン(Cisco Unified Presence Version)] <ご使用の導入のバージョン> に移動します。
        ステップ 4   ソフトウェア アップグレードがある場合は、ソフトウェアのダウンロード指示に従ってください。

        次の作業

        プレゼンス ゲートウェイとして Cisco Unified Communications Manager を設定します。

        プレゼンス ゲートウェイとしての Cisco Unified Communications Manager の設定


        (注)  


        IM and Presence クラスタをインストールするサーバごとに、このタスクを実行する必要があります。


        • Cisco Unified Communications Manager と IM and Presence との間でプレゼンス情報交換を処理する SIP 接続を有効にするには、IM and Presence で Cisco Unified Communications Manager をプレゼンス ゲートウェイとして設定する必要があります。

        • IM and Presence でのプレゼンス ゲートウェイの設定方法の詳細については、『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

        次の作業

        Cisco Unified Communications Manager に SIP トランクを設定します。

        Cisco Unified Communications Manager での SIP トランクの設定

        • Cisco Unified Communications Manager をプレゼンス ゲートウェイとして設定したら、Cisco Unified Communications Manager に SIP パブリッシュ トランクを設定する必要があります。 詳細については、『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

        • Cisco Unified Communications Manager に SIP パブリッシュ トランクを設定した場合、IM and Presence で SIP パブリッシュを有効にする必要があります。 詳細については、『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

        ユーザおよびサーバの割り当て

        ユーザの割り当ては、Cisco Unified CM IM and Presence Administration のサービス パラメータとして自動的に有効になります。 クラスタ トポロジでのユーザの自動および手動割り当ての詳細については、『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

        サービスのアクティブ化

        次のサービスをアクティブにする必要があります。

        • Cisco SIP Proxy
        • Cisco Presence Engine
        • Cisco Sync Agent
        • Cisco XCP Connection Manager
        • Cisco XCP Authentication Service

        IM and Presence サーバを使用する前に、Cisco Sync Agent がアクティブになるまで待つ必要があります。 サービスをアクティブにするには、Cisco Unified Serviceability で、[ツール(Tools)] > [サービス アクティベーション(Service Activation)] を選択します。


        (注)  


        IM and Presence クラスタをインストールするサーバごとに、このタスクを実行する必要があります。


        IM and Presence ノード名の解決可能な値への変更

        インストール時に DHCP を使用しない選択をした場合は、IM and Presence サーバのホスト名と IP アドレスを入力する必要があります。 ホスト名は、ヌル、localhost、IP アドレスのいずれにもできません。 IM and Presence のノード名は、このホスト名に DNS ドメインを連結して、Fully Qualified Domain Name(FQDN)を形成することにより、その値を取得します。 この FQDN は、解決できる必要があります。 導入環境で DNS を使用していない場合は、IM and Presence ノード名(デフォルトで、サーバのホスト名設定されます)を解決できません。 この状態を解消するには、インストールの完了後に IM and Presence ノード名をサーバの IP アドレスに変更する必要があります。

        IM and Presence ノード名の変更方法の詳細については、『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

        デフォルトの Presence ドメイン名の変更


        (注)  


        この項は、DNS を使用しない導入にのみ適用されます。


        IM and Presence の導入で DNS を使用しない場合は、インストール時に Presence ドメイン名が DOMAIN.NOT.SET に設定されます。 インストールの完了後にこの値をエンタープライズ ドメイン値に変更することを推奨します。

        ドメイン名を変更する前に、クラスタ内のすべてのノードについて、次のサービスを停止する必要があります。

        • Cisco Presence Engine:[Cisco Unified Serviceability] > [ツール(Tools)] > [コントロール センターの機能サービス(Control Center - Feature Services)] の順に選択します。
        • Cisco Proxy:[Cisco Unified Serviceability] > [ツール(Tools)] > [コントロール センターの機能サービス(Control Center - Feature Services)] の順に選択します。
        • Cisco XCP Router:[Cisco Unified Serviceability] > [ツール(Tools)] > [コントロール センターのネットワークサービス(Control Center - Network Services)] の順に選択します。

        デフォルトの Presence ドメイン名の変更方法の詳細については、『IP Address, Domain and Hostname for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

        デフォルトのドメイン名を変更後、Cisco Presence Engine、Cisco Proxy、および Cisco XCP Router の各サービスを再起動できます。