音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager Upgrade Assistant Utility 4.1(3) の使用方法

Cisco CallManager Upgrade Assistant Utility 4.1(3) の使用方法
発行日;2012/01/20 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco CallManager Upgrade Assistant Utility 4.1(3) の使用方法

目次

表記法

関連マニュアル

始める前に

ユーティリティ機能の概要

ユーティリティのインストール

ユーティリティの実行

結果の解釈

ログ ファイルの取得

技術情報の入手方法

Cisco.com

マニュアルの発注方法(英語版)

シスコシステムズマニュアルセンター

テクニカル サポート

Cisco Technical Support Web サイト

Japan TAC Web サイト

サービス リクエストの発行

サービス リクエストのシビラティの定義

その他の資料および情報の入手方法

Cisco CallManager Upgrade Assistant Utility 4.1(3) の使用方法

Cisco CallManager Upgrade Assistant Utility は、システムには影響を与えないツールであり、Cisco CallManager へのアップグレードを実行する前に Cisco CallManager クラスタ内のサーバの健全性を検証します。

このバージョンの Cisco CallManager Upgrade Assistant は、以前のバージョンの Cisco CallManager Upgrade Assistant, Release 3.3(5)、Release 4.0(2a)、および Release 4.1(2) の後継版です。Cisco CallManager Upgrade Assistant 4.1(3) は、複数バージョンのアップグレードをサポートします。Cisco CallManager Upgrade Assistant Utility, version 4.1(3) 以降を使用して、Cisco CallManager Release 3.3(5)、4.0(2a)、4.1(2)、および 4.1(3) にアップグレードする前に、サーバの健全性を検証します。


注意 このユーティリティは、Cisco CallManager のアップグレードが失敗する原因となる問題を特定しますが、問題の修正は行いません。ユーティリティによって特定された問題の修正処置は、ご自身で実施する必要があります。

サーバをアップグレードする前に、クラスタ内のすべてのサーバを検証しておくことを強くお勧めします。

表記法

ここでは、次の表記法を使用しています。

青色のテキスト :特定の項や URL にすばやく移動するには、青色で表示されているテキストをクリックします。


) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



注意 「要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。


ワンポイント・アドバイス このヒントに紹介している方法で作業を行うと、時間を短縮できます。


関連マニュアル

この文書と共に次のマニュアルも参照してください。 表1 の各 URL をクリックすると、そのマニュアルがあるページに移動します。

 

表1 URL のクイック リファレンス

関連マニュアルおよびソフトウェア
URL および追加情報

オペレーティング システムについてのマニュアルおよび Virtual Network Computing(VNC)についてのマニュアル

(README 文書ではありません)

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/iptel_os/index.htm

Cisco CallManager Compatibility Matrix

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_callmg/ccmcomp.htm

Cisco CallManager のマニュアル

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_callmg/index.htm

Cisco IP Telephony Applications Backup および Restore のマニュアル

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/backup/index.htm

サービス リリースおよび README 文書

http://www.cisco.com/kobayashi/sw-center/sw-voice.shtml


) オペレーティング システムと SQL Server のサポート パッチが、Voice Products Operating System の暗号化されたソフトウェアのページにあります。Cisco CallManager ソフトウェアのページからそのサイトに移動できます。


関連のある Cisco IP テレフォニー アプリケーションのマニュアル

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/index.htm

始める前に

ユーティリティを実行する前に、次の作業を実施することを強くお勧めします。

Cisco CallManager サーバをバックアップする。バックアップ ユーティリティのマニュアルを入手するには、 http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/backup/index.htm を参照してください。

「ユーティリティ機能の概要」をよく読む。

サーバ ログイン アカウントにユーティリティを実行する管理者特権があることを確認する。

ユーティリティ機能の概要

Cisco CallManager のアップグレードを実行する前に、Cisco CallManager Upgrade Assistant Utility の最新バージョンをダウンロードして実行し、Cisco CallManager クラスタ内のサーバの健全性を検証します。このユーティリティはシステムの状態には影響を与えません。

サーバが、アップグレードする Cisco CallManager のバージョンの最小要件を満たしていることを確認するには、『 Cisco CallManager Compatibility Matrix 』を参照してください。このマニュアルの最新版を入手するには、 http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_callmg/ccmcomp.htm を参照してください。


注意 サーバ ログイン アカウントには、ユーティリティを実行する管理者特権が必要です。サーバには、Administrator ユーザ名とパスワードを使用してログインできます。

パブリッシャ データベース サーバのアップグレードを開始する前に、クラスタ内のすべてのサーバ上でユーティリティを実行する必要があります。この検証プロセスに失敗したサーバがある場合は、パブリッシャ データベース サーバのアップグレードを始める前に問題を調査して修正してください。問題を修正した後で再びユーティリティを実行してからアップグレードを行ってください。

このユーティリティは同時に 1 台のサーバでのみ実行できます。

ユーティリティは、スケジューリングされたメンテナンス画面で実行することを強くお勧めします。

ユーティリティは、 表2 に示す検証モジュールを実行します。ユーティリティは特定の検証モジュールを、パブリッシャ サーバのみ、サブスクライバ サーバのみ、または、パブリッシャ サーバとサブスクライバ サーバの両方で実行します。ユーティリティは、あるモジュールで問題を特定すると、すぐに次のモジュールのチェックを開始します。ユーティリティによる検証プロセスが完了してから、Summary ウィンドウの検証リストで検証に失敗したモジュールおよび警告が出力されたモジュールを確認してください。

 

表2 ユーティリティが実行する検証チェック

モジュール
該当するサーバ
追加情報
ユーティリティは、Cisco CallManager Release 3.1 または 3.2 が動作しているサーバに対して、次の検査を実行します。

Backup File Integrity Validation

このチェックは、パブリッシャ データベース サーバでのみ実行されます。

Upgrade Assistant は、次の項目を検証します。

選択された MCS.sti ファイルがあるかどうか。

Select をクリックした後、ファイルがない場合は、エラー メッセージが表示されます。

バックアップ ファイルのサイズ。

ファイルの作成に使用したバックアップ ユーティリティのバージョン。

ユーティリティでバックアップ ファイルの検証を行わない場合は、Skip ボタンをクリックします。バックアップ ファイルの検証をスキップするダイアログボックスが表示されます。

ユーティリティでバックアップ ファイルを検証しなかった場合は、モジュールに Skipped ステータスが割り当てられます。

OS Flag Files Validation

このチェックは、パブリッシャ データベース サーバおよびサブスクライバ サーバで実行されます。

Stirnw.flg ファイルおよび Stisys.inf ファイルがあることを確認します。

Database Location Setting Validation

このチェックは、パブリッシャ データベース サーバおよびサブスクライバ サーバで実行されます。

このユーティリティは、Cisco CallManager レジストリ(特に dbconnection0)に対してチェックを実行し、レジストリが適切なデータベースを指しているか検証します。

このチェックは、パブリッシャ データベース サーバおよびサブスクライバ サーバで実行されます。

ユーティリティは、Cisco CallManager Release 3.3、4.0、または 4.1 が動作しているサーバに対して、次の検査を実行します。

Software Version Validation

このチェックは、パブリッシャ データベース サーバおよびサブスクライバ サーバで実行されます。

ユーティリティは、シスコが提供するオペレーティング システムと関連サービス リリース、および SQL Server と関連サービス リリースのバージョンを検証します。

最小ソフトウェア要件についての情報は、『 Cisco CallManager Compatibility Matrix 』を参照してください。このマニュアルの最新版を入手するには、 表1 を参照してください。

Upgrade Assistant Utility がチェックするのは、この文書に記載されているソフトウェア アプリケーションだけです。クラスタ内で他のアプリケーションを実行している場合、またはサーバ上で他のアプリケーションを実行している場合は、アップグレードする前に Cisco CallManager とアプリケーションとの間に互換性があることを確認してください。確認しないと、アプリケーションが期待どおりに機能しない可能性があります。

Database Location Setting Validation

このチェックは、パブリッシャ データベース サーバおよびサブスクライバ サーバで実行されます。

このユーティリティは、Cisco CallManager レジストリ(特に dbconnection0)に対してチェックを実行し、レジストリが適切なデータベースを指しているか検証します。

DC Directory HealthCheck Validation

このチェックは、パブリッシャ データベース サーバおよびサブスクライバ サーバで実行されます。

ユーティリティは、Cisco CallManager が DC Directory と統合されているかどうかを検証します。このユーティリティは、DC Directory 接続および DC Directory コンフィギュレーション コンテナを検証します。

Security Settings Validation

このチェックは、パブリッシャ データベース サーバおよびサブスクライバ サーバで実行されます。

ユーティリティは、次のポリシーとアカウントを検証します。

パスワードの履歴の記録、パスワードの変更禁止期間、パスワードの最小の長さなどのパスワード ポリシー

ポリシーがデフォルトに設定されていることを確認してください。

アカウント ロックアウト ポリシー

ポリシーがデフォルトに設定されていることを確認してください。

すべての Administrator アカウント用のローカル システム アカウント

すべての Administrator アカウント用のローカル システム アカウントが「パスワードを無期限にする」に設定されていることを確認してください。


) このユーティリティは、サブスクライバ サーバで実行されている場合でも、パブリッシャ データベース サーバの設定を検証します。


Cisco CallManager Database Replication Validation

このチェックは、パブリッシャ データベース サーバで実行されます。

パブリッシャ データベース サーバのアップグレードには、構成されたサブスクライバ サーバへのフェールオーバーを処理する、コール処理プロセスがすべて必要です。データベースの複製はアップグレード前に存在している必要があります。この前提によって、実際にフェールオーバーが発生します。

このユーティリティは、クラスタ内のすべてのサブスクライバ サーバのデータベース複製状況を検証します。また、このユーティリティは、システムに関する最新の情報がデータベースに格納されていることを検証します。検証結果には、Running、Idle、Failed、Succeeded があります。

Hostname Resolution Validation

このチェックは、サブスクライバ データベース サーバだけで実行されます。

ユーティリティは、サーバ ホスト名が有効な IP アドレスを解決することを検証します。

Password Validation

このチェックは、サブスクライバ データベース サーバだけで実行されます。

ユーティリティは各サブスクライバ データベース サーバでチェックを実施し、サブスクライバ データベース サーバの Administrator のパスワードが、パブリッシャ データベース サーバの Administrator のパスワードと一致していることを検証します。

Domain Validation

このチェックは、パブリッシャ データベース サーバおよびサブスクライバ サーバで実行されます。

ユーティリティはシステムがドメインに含まれていないことを検証します。

Resource Validation

このチェックは、パブリッシャ データベース サーバおよびサブスクライバ サーバで実行されます。

ユーティリティのインストール


注意 Virtual Network Computing(VNC)を使用してユーティリティをインストールして実行することもできます。このマニュアルの最新版を入手するには、
http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/iptel_os/index.htm を参照してください。

ユーティリティのインストールまたは実行には、Integrated Lights Out(ILO)またはターミナル サービスを使用しないでください。シスコは、Cisco Technical Assistance Center(TAC)がリモート管理タスクおよびリモート設定タスクを実行できるように、ターミナル サービスをインストールしています。

ユーティリティをインストールするには、次の手順を実施します。

手順


ステップ 1 http://www.cisco.com/kobayashi/sw-center/sw-voice.shtml にアクセスします。

ステップ 2 Cisco CallManager 4.1 をクリックします。

ステップ 3 ハード ドライブに Upgrade Assistant ファイルをダウンロードします。


ヒント このユーティリティでは、CCMUpgdAsstInstall_<ユーティリティのバージョン>.exe というファイル フォーマットを使用します。


ステップ 4 ダウンロードしたファイルを保存した場所を書き留めます。

ステップ 5 インストールを開始するには、ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。


) Cisco Security Agent(CSA)が有効の場合、ソフトウェアをインストールするか尋ねるプロンプトが表示されます。インストールを続行するには、Yes to All をクリックします。


Preparing to Install ウィンドウが表示されます。

ステップ 6 Welcome ウィンドウが表示されたら、 Next をクリックします。

使用許諾契約が表示されます。

ステップ 7 使用許諾契約の内容を確認した上で、 I accept the terms in the license agreement オプション ボタンをクリックして契約条件に同意し、 Next をクリックしてインストールを続行します。

ステップ 8 顧客情報を確認します。 Next をクリックします。

Ready to Install ウィンドウが表示されます。 Install をクリックします。

ステップ 9 InstallShield Wizard Complete ウィンドウが表示されたら、 Finish をクリックします。


 

ユーティリティの実行


ヒント このユーティリティは同時に 1 台のサーバでのみ実行できます。

パブリッシャ データベース サーバでは、このユーティリティを実行するのに要する時間は、約 1 ~ 60 分(またはそれ以上)です。パブリッシャ データベース サーバ上で要する時間は、バックアップ ファイルの大きさによって異なります。

ユーティリティは、各サブスクライバ サーバでは約 1 ~ 5 分かかります。


ユーティリティを実行するには、次の手順を実施します。

手順


ステップ 1 Start > Programs > Cisco Systems, Inc > CallManager Upgrade Assistant の順に選択します。

ステップ 2 Welcome ウィンドウが表示されます。ウィンドウに表示される情報を確認して、 Next をクリックします。

ステップ 3 Choose a Cisco CallManager Version が表示されます。アップグレードする Cisco CallManager のバージョンを選択し、 Next をクリックします。

ステップ 4 Upgrade Assistant Confirmation ウィンドウに、ユーティリティによって実行されるチェックのリストが表示されます。ウィンドウに表示される情報を確認して、 Next をクリックします。

検証プロセスの途中で Cisco CallManager Upgrade Assistant Status ウィンドウが表示されます。「x」は検証が失敗したことを示します。チェックマークはその検証が成功したことを示します。矢印はユーティリティが現在実行中の検証タスクを示します。

ステップ 5 Upgrade Assistant Summary ウィンドウに検証結果が表示されます。検証結果の解釈については、「結果の解釈」を参照してください。


注意 Finish をクリックするとウィンドウが閉じます。結果を確認してから Finish をクリックしてください。ウィンドウを閉じた場合は、ログ ファイルから結果を取得できます。「ログ ファイルの取得」を参照してください。

ステップ 6 ユーティリティによって特定された問題を修正した後、クラスタ内のすべてのサーバに対してユーティリティを再び実行してからアップグレードを開始してください。


 

結果の解釈

検証結果は Upgrade Assistant Summary ウィンドウに表示されます。ウィンドウの上部に、すべてのモジュールの結果を要約したレポートが表示され、どのモジュールが失敗し、どのモジュールに警告が出力され、どのモジュールが成功したかが示されます。Upgrade Assistant Summary レポートを含むすべてのログ ファイルを格納したフォルダへのリンクも表示されます。

失敗した検証モジュールの問題を特定するには、Summary ウィンドウに表示される次の情報を確認します。

1 番目のリンクはエラーまたは警告を特定しているログファイルへのリンクです。

1 番目のリンクをクリックしてエラーまたは警告(たとえば、ERR: <メッセージ> または WARN: <メッセージ>)を検索します。

2 番目のリンクは修正処置ファイルへのリンクです。ログ ファイルのエラー メッセージ、および推奨される修正処置が記述されています。

2 番目のリンクをクリックして修正処置ファイルを開きます。修正処置ファイルで、ログ ファイルに記録されているエラー メッセージを検索します。記述内容と修正処置を検討します。


注意 ユーティリティによって特定された問題をすべて修正した後、アップグレードを行う前にクラスタ内のすべてのサーバに対してユーティリティを再び実行することを強くお勧めします。

ログ ファイルの取得

ユーティリティの実行結果は、次に示すディレクトリから取得できます。

C:\Program Files\Common Files\Cisco\Logs\UPGRADEASST<日付>
(例:UPGRADEASST-05-15-2003_13.47.58)

ログファイルにアクセスするには、 Summary ファイルをクリックします。


ヒント 失敗した各検証モジュールに対するログ ファイルへのリンクが Summary ウィンドウに表示されます。ログ ファイルにアクセスするには、Summary ウィンドウのリンクをクリックします。

Summary.html ファイルは、Upgrade Assistant Summary のレポートであり、Upgrade Assistant Summary ウィンドウに表示される情報とまったく同じ情報を提供します。

ログ フォルダとログ ファイル群は、ユーティリティを実行するたびに新しく作成されます。ユーティリティではログ ファイルを削除できません。また、ユーティリティをアンインストールしても、ログ ファイルは削除されません。ログ ファイルはサーバを再イメージするときに消去するか、手動で削除してください。


技術情報の入手方法

シスコの製品マニュアルやその他の資料は、Cisco.com でご利用いただけます。また、テクニカル サポートおよびその他のリソースを、さまざまな方法で入手することができます。ここでは、シスコ製品に関する技術情報を入手する方法について説明します。

Cisco.com

マニュアルの最新版は、次の URL で参照できます。

http://www.cisco.com/univercd/home/home.htm

シスコの Web サイトには、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com

また、シスコの Web サイトの各国語版へは、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/public/countries_languages.shtml

シスコ製品の最新資料の日本語版は、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp

マニュアルの発注方法(英語版)

英文マニュアルの発注方法については、次の URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/es_inpck/pdi.htm

シスコ製品の英文マニュアルは、次の方法で発注できます。

Cisco.com(Cisco Direct Customers)に登録されている場合、Ordering Tool からシスコ製品の英文マニュアルを発注できます。次の URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/partner/ordering/index.shtml

Cisco.com に登録されていない場合、製品を購入された代理店へお問い合せください。

シスコシステムズマニュアルセンター

シスコシステムズマニュアルセンターでは、シスコ製品の日本語マニュアルの最新版を PDF 形式で公開しています。また、日本語マニュアル、および日本語マニュアル CD-ROM もオンラインで発注可能です。ご希望の方は、次の URL にアクセスしてください。

http://www2.hipri.com/cisco/

また、シスコシステムズマニュアルセンターでは、日本語マニュアル中の誤記、誤植に関するコメントをお受けしています。次の URL の「製品マニュアル内容不良報告」をクリックすると、コメント入力画面が表示されます。

http://www2.hipri.com/cisco/

なお、技術内容に関するお問い合せは、この Web サイトではお受けできませんので、製品を購入された各代理店へお問い合せください。

テクニカル サポート

シスコと正式なサービス契約を交わしているすべてのお客様、パートナー、および代理店は、Cisco Technical Support で 24 時間テクニカル サポートを利用することができます。Cisco.com の Cisco Technical Support Web サイトでは、多数のサポート リソースをオンラインで提供しています。また、Cisco Technical Assistance Center(TAC)のエンジニアが電話でのサポートにも対応します。シスコと正式なサービス契約を交わしていない場合は、代理店にお問い合せください。

Cisco Technical Support Web サイト

Cisco Technical Support Web サイトでは、シスコ製品やシスコの技術に関するトラブルシューティングにお役立ていただけるように、オンラインでマニュアルやツールを提供しています。この Web サイトは、24 時間 365 日、いつでも利用可能です。URL は次のとおりです。

http://www.cisco.com/techsupport

Cisco Technical Support Web サイトのツールにアクセスするには、Cisco.com のユーザ ID とパスワードが必要です。サービス契約が有効で、ユーザ ID またはパスワードを取得していない場合は、次の URL にアクセスして登録手続きを行ってください。

http://tools.cisco.com/RPF/register/register.do

Japan TAC Web サイト

Japan TAC Web サイトでは、利用頻度の高い TAC Web サイト( http://www.cisco.com/tac )のドキュメントを日本語で提供しています。Japan TAC Web サイトには、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp/go/tac

サポート契約を結んでいない方は、「ゲスト」としてご登録いただくだけで、Japan TAC Web サイトのドキュメントにアクセスできます。Japan TAC Web サイトにアクセスするには、Cisco.com のログイン ID とパスワードが必要です。ログイン ID とパスワードを取得していない場合は、次の URL にアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/jp/register

サービス リクエストの発行

オンラインの TAC Service Request Tool を使用すると、S3 と S4 のサービス リクエストを短時間でオープンできます(S3:ネットワークに軽微な障害が発生した、S4:製品情報が必要である)。状況を入力すると、その状況を解決するための推奨手段が自動的に検索されます。これらの推奨手段で問題を解決できない場合は、Cisco TAC のエンジニアが対応します。TAC Service Request Tool には、次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/techsupport/servicerequest

S1 または S2 のサービス リクエストの場合、またはインターネットにアクセスできない場合は、Cisco TAC に電話でお問い合せください(S1:ネットワークがダウンした、S2:ネットワークの機能が著しく低下した)。S1 および S2 のサービス リクエストには、Cisco TAC のエンジニアがすぐに割り当てられ、業務を円滑に継続できるようサポートします。

Cisco TAC の連絡先については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/techsupport/contacts

サービス リクエストのシビラティの定義

シスコでは、報告されるサービス リクエストを標準化するために、シビラティを定義しています。

シビラティ 1(S1):ネットワークが「ダウン」した状態か、業務に致命的な損害が発生した場合。お客様およびシスコが、24 時間体制でこの問題を解決する必要があると判断した場合。

シビラティ 2(S2):既存のネットワーク動作が著しく低下したか、シスコ製品が十分に機能しないため、業務に重大な影響を及ぼした場合。お客様およびシスコが、通常の業務中の全時間を費やして、この問題を解決する必要があると判断した場合。

シビラティ 3(S3):ネットワークの動作パフォーマンスが低下しているが、ほとんどの業務運用は継続できる場合。お客様およびシスコが、業務時間中にサービスを十分なレベルにまで復旧させる必要があると判断した場合。

シビラティ 4(S4):シスコ製品の機能、インストレーション、コンフィギュレーションについて、情報または支援が必要な場合。業務の運用には、ほとんど影響がありません。

その他の資料および情報の入手方法

シスコの製品、テクノロジー、およびネットワーク ソリューションに関する情報について、さまざまな資料をオンラインおよび印刷物で入手できます。

Cisco Marketplace では、シスコの書籍やリファレンス ガイド、ロゴ製品を数多く提供しています。購入を希望される場合は、次の URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/marketplace/

Cisco Product Catalog 』では、シスコシステムズが提供するネットワーキング製品のほか、発注方法やカスタマー サポート サービスについての情報が記載されています。『Cisco Product Catalog』には、次の URL からアクセスしてください。

http://cisco.com/univercd/cc/td/doc/pcat/

Cisco Press では、ネットワーキング全般、トレーニング、および認定資格に関する書籍を広範囲にわたって出版しています。これらの出版物は、初級者にも上級者にも役立ちます。Cisco Press の最新の出版物やその他の情報を調べるには、次の URL から Cisco Press にアクセスしてください。

http://www.ciscopress.com

Packet 』はシスコシステムズが発行する技術者向けの雑誌で、インターネットやネットワーキングへの投資を効果的に活用するために役立ちます。本誌は季刊誌として発行され、業界の最先端トレンド、最新テクノロジー、シスコ製品やソリューション情報が記載されています。また、ネットワーク構成およびトラブルシューティングに関するヒント、コンフィギュレーション例、カスタマー ケース スタディ、認定情報とトレーニング情報、および充実したオンライン サービスへのリンクの内容が含まれます。『Packet』には、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/packet

日本語版『Packet』は、米国版『Packet』と日本版のオリジナル記事で構成されています。日本語版『Packet』には、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/news/packet/

iQ Magazine 』はシスコシステムズの季刊誌で、成長企業が収益を上げ、業務を効率化し、サービスを拡大するためには技術をどのように利用したらよいかを学べるように構成されています。本誌では、実例とビジネス戦略を挙げて、成長企業が直面する問題とそれを解決するための技術を紹介し、読者が技術への投資に関して適切な決定を下せるよう配慮しています。『iQ Magazine』には、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/iqmagazine

Internet Protocol Journal 』はシスコシステムズの季刊誌で、パブリック/プライベートなインターネットとイントラネットを設計、開発、および運用するエンジニアリングのプロフェッショナルを対象としています。『Internet Protocol Journal』には、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/ipj

シスコは、国際的なレベルのネットワーク関連トレーニングを実施しています。トレーニングの最新情報については、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/learning/index.html