Cisco CallManager Release 4.1(2) アップグレード手順
Cisco CallManager サーバのアップグ レード(ハードウェアを交換しない場 合)
Cisco CallManager サーバのアップグレード(ハードウェアを交換しない場合)
発行日;2012/01/15 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco CallManager サーバのアップグレード(ハードウェアを交換しない場合)

始める前に

既存の CAPF データの移行

4.0 サブスクライバ サーバから 4.0 パブリッシャ データベース サーバへの CAPF 1.0(1) データのコピー

アップグレード中に必要となる場合がある情報

Cisco CallManager パブリッシャ データベース サーバのアップグレード

NT ドメインまたは Microsoft Active Directory ドメインからシステムを削除してサーバをリブートする(設定されている場合は必須)

サードパーティ製、シスコ認定、およびシスコ提供による共存アプリケーションを無効にして停止し、サーバをリブートする(必須)

CIPT Backup and Restore(BARS)バージョン 4.0(5)(またはそれ以降)をインストールして設定する(強く推奨)

既存のデータをバックアップする(強く推奨)

クラスタ内のすべてのサーバで Cisco CallManager Upgrade Assistant Utility を実行する(強く推奨)

ドライブを取り外し、代替のドライブを取り付けてドライブをミラーリングする(強く推奨)

オペレーティング システムをシスコが提供するバージョン 2000.2.6(またはそれ以降)にアップグレードする(必須)

Cisco IP Telephony Server Operating System Service Release をダウンロードしてインストールする(必須)

最新の OS 関連のセキュリティ ホットフィックスがある場合は、ダウンロードしてインストールする(推奨)

Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 3a をインストールする(必須)

ディスクの挿入または Web ファイルのダウンロード

関連する Cisco CallManager サービスをアップグレードしてサーバを検出する(必須)

Cisco CallManager サブスクライバ サーバのアップグレード

NT ドメインまたは Microsoft Active Directory ドメインからシステムを削除してサーバをリブートする(設定されている場合は必須)

サードパーティ製、シスコ認定、およびシスコ提供による共存アプリケーションを無効にして停止し、サーバをリブートする(必須)

オペレーティング システムをシスコが提供するバージョン 2000.2.6(またはそれ以降)にアップグレードする(必須)

Cisco IP Telephony Server Operating System Service Release をダウンロードしてインストールする(必須)

最新の OS 関連のセキュリティ ホットフィックスがある場合は、ダウンロードしてインストールする(推奨)

Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 3a をインストールする(必須)

ディスクの挿入または Web ファイルのダウンロード

関連する Cisco CallManager サービスをアップグレードしてサーバを検出する(必須)

Cisco CallManager サーバのアップグレード(ハードウェアを交換しない場合)

Cisco CallManager Release 3.2 またはそれ以前のバージョンから Cisco CallManager Release 4.1 に直接アップグレードすることはできません。サーバで Cisco CallManager Release 3.2 またはそれ以前のバージョンを実行している場合は、クラスタ内のすべてのサーバを Cisco CallManager Release 3.3 または 4.0 の最新バージョンにアップグレードしてから Cisco CallManager Release 4.1 バージョンにアップグレードする必要があります。Cisco CallManager Release 3.3 へのアップグレードについては、『 Cisco CallManager Release 3.3 アップグレード手順 』の最新バージョンを参照してください。


) Cisco CallManager 3.3 からアップグレードする場合は、Cisco CallManager 4.1(2) ソフトウェア キットに付属するディスクを使用する必要があります。

Cisco CallManager 4.0 からアップグレードする場合は、Cisco CallManager 4.1(2) ソフトウェア キットに付属するディスクまたは Web ダウンロード ファイルを使用してアップグレードできます。

どのバージョンの Cisco CallManager がアップグレード可能なのかを確認するには、
Cisco CallManager Compatibility Matrix』を参照してください。


クラスタ内のパブリッシャ データベース サーバとすべてのサブスクライバ サーバで Cisco CallManager をアップグレードする必要があります。アップグレードの順序については、「クラスタ内のどのサーバを最初にアップグレードするのですか。」を参照してください。

始める前に

アップグレードを開始する前に、必ず次の作業を行ってください。

 

 
アップグレード前の作業
関連項目

ステップ 1

クラスタ内のすべてのサーバで推奨バージョンの Cisco
CallManager を実行していることを確認する。

「Cisco CallManager Release 4.1(2) には、どのバージョンの Cisco CallManager からアップグレードできますか。」

ステップ 2

クラスタをアップグレードする順序を確認する。

「クラスタ内のどのサーバを最初にアップグレードするのですか。」

「Cisco CallManager と共に CRS がインストールされている場合、共存アップグレードはどのように行われますか。」

ステップ 3

Cisco CallManager Administration の Server Configuration ウィンドウ(System > Server)で、各サーバを追加したのが 1 度だけであることを確認する。ホスト名を使用してサーバを追加し、IP アドレスを使用して同一のサーバを追加した場合、
Cisco CallManager のアップグレード後、Cisco CallManager はそのサーバのコンポーネントのバージョンを正確に判別することができなくなります。Cisco CallManager Administration に同一サーバのエントリが 2 つある場合は、アップグレードする前に一方のエントリを削除してください。

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』を参照してください。

ステップ 4

ご使用のサーバ構成がこのアップグレードをサポートしていることを確認する。

「このアップグレードでシスコがサポートしているサーバおよびオペレーティング システムのバージョンはどれですか。」

ステップ 5

Cisco CallManager のアップグレードを行うために、各サーバに十分な空きディスク スペースがあることを確認する。

Cisco CallManager ディスクを使用してアップグレードする場合、2.0 ギガバイトのディスク スペースが必要です。

Web ファイルを使用してアップグレードする場合、3.0 ギガバイトのディスク スペースが必要です。

 

ステップ 6

ボイスメッセージ システムとして Cisco Unity を利用している場合は、適切な移行が確実に行われるように Cisco
CallManager ボイスメール ポートを設定する。

詳細については、『 Release Notes for Cisco
CallManager
』を参照してください。本書の最新版を入手するには、
http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_callmg/index.htm にアクセスしてください。

ステップ 7

H.323 クラスタ間トランクにはそれぞれ一意のデバイス名を割り当てる。Cisco CallManager Administration の H.323 クラスタ間トランクに割り当てられているのと同じデバイス名が、複数の Cisco CallManager クラスタにある場合は、登録の問題が発生します。

トランクを設定する手順については、
Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』を参照してください。

ステップ 8

アップグレード前に、割り当てるデバイス プロファイルですべての H.323 ダイヤルピアが Cisco CallManager サーバを指していることを確認する。H.323 Gateways 用の Cisco CallManager Administration では、H.225D On Every Node オプションは提供されなくなりました。ダイヤルピアのセッション ターゲット ステートメントが該当する Cisco CallManager サーバを指していない場合、コールは失敗します。

ゲートウェイを設定する手順については、『 Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』を参照してください。

ステップ 9

サーバにインストールされているすべての共存ソフトウェア アプリケーションについて、推奨されるバックアップ手順を実行する。


注意 バックアップを完了しない場合、データや設定内容が失われることがあります。バックアップの実行についての情報は、アプリケーションをサポートしているマニュアルを参照してください。

Cisco IP Telephony Backup and Restore System(BARS)はオペレーティング システムのファイルはバックアップしません。ただし、Host ファイルおよび LMhost ファイルがサーバに存在する場合、これらはバックアップされます。

ユーティリティによってバックアップされるファイルの一覧については、『 Cisco IP Telephony Backup and Restore System (BARS) Administration Guide 』を参照してください。本書の最新版を入手するには、
http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/backup/
index.htm
にアクセスしてください。

「Cisco CallManager と共に CRS がインストールされている場合、共存アップグレードはどのように行われますか。」

ステップ 10

セキュリティ ポリシーまたはアカウント ポリシーをデフォルトから変更すると、アップグレートが失敗する場合があります。

セキュリティ ポリシーおよびアカウント ポリシーの詳細については、Microsoft の資料を参照してください。

ステップ 11

Cisco CallManager がサービス パラメータを更新する方法を理解する。

非数値のサービス パラメータの場合

Cisco CallManager は非数値のサービス パラメータを常に推奨値に更新します。

数値のサービス パラメータの場合

サービス パラメータを推奨値に設定されている場合、Cisco
CallManager はアップグレード中に新しい推奨値に合わせて自動的に値を更新します。

カスタマイズ値が最小値と最大値の範囲内にある場合は、Cisco CallManager は値を変更しません。

最小値と最大値の範囲内にないカスタマイズ値を設定した場合、値はアップグレード中に最大値または最小値に変更されます。たとえば、最大値が 10 で、設定値が 12 である場合、Cisco CallManager は自動的に値を 10 に設定します。

アップグレード中、サービス全体に適用されないパラメータのいくつかが、クラスタ全体に適用されるパラメータ(正式にはサービス全体に適用されるパラメータと呼ばれます)に変更される場合があります。

サービス パラメータの詳細については、『 Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』および『 Cisco CallManager システム ガイド 』を参照してください。

ステップ 12

Cisco CallManager 4.0 サーバをアップグレードしていて、
Certificate Authority Proxy Function(CAPF)サーバを使用する電話機に証明書をインストールした場合は、既存の CAPF データを移行する。

「既存の CAPF データの移行」

ステップ 13

すべての Web ブラウザ ウィンドウを閉じる。

開いているウィンドウがある場合、Sun Microsystem JRE パッケージのインストール後、Cisco CallManager によってサーバがリブートします。

ステップ 14

すべての Cisco CallManager エクステンション モビリティ ユーザがアップグレード前にシステムからログアウトしたことを確認する。

アップグレード中にログインしたままのエクステンション モビリティ ユーザがいる場合、それらのユーザはログオフして再度ログインするまで、電話機の一部の機能を使用できない可能性があります。

ステップ 15

アップグレード前に、ローカル Administrator アカウントのパスワード、SQL サーバの SA パスワード、プライベート パスワード フレーズ、およびパブリッシャ データベース サーバのコンピュータ名を入手する。

「アップグレード中に必要となる場合がある情報」

ステップ 16

アップグレード前に、現在のすべての Cisco AVVID パートナーおよび加盟企業が製造するアプリケーションと製品について、基本的な接続性と機能に関するテストを現在の(アップグレード前の)環境で実行する。アップグレード後の手順で使用するために、テストの内容と結果を文書化します。

 

ステップ 17

Cisco AVVID パートナーまたは加盟企業のソフトウェア(適切なバージョンのもの)、およびこのバージョンの Cisco
CallManager をサポートするために必要なマニュアルを入手し、確認する。

「このアップグレードでシスコがサポートしているサードパーティ製アプリケーションはどれですか。」

既存の CAPF データの移行


注意 ここで説明する作業を実行しないと、CAPF データが失われる場合があります。

Cisco CallManager をアップグレードする前に、次の事項を確認します。

Cisco CallManager 4.0 パブリッシャ データベース サーバに CAPF がインストールされていた場合の Cisco CallManager 4.0 からのアップグレード:Cisco CallManager 4.1 にアップグレードする前に証明書操作を実行し、CAPF がパブリッシャ データベース サーバで実行された場合、最新の操作ステータスは Cisco CallManager 4.1 データベースに移行されます。

Cisco CallManager 4.0 サブスクライバ サーバに CAPF がインストールされていた場合の Cisco CallManager 4.0 からのアップグレード:Cisco CallManager 4.1 にアップグレードする前に証明書操作を実行し、CAPF がサブスクライバ サーバで実行された場合、クラスタを Cisco CallManager 4.1 にアップグレードする前に CAPF データを 4.0 パブリッシャ データベース サーバにコピーする必要があります。

4.0 サブスクライバ サーバから 4.0 パブリッシャ データベース サーバへの CAPF 1.0(1) データのコピー


注意 CAPF ユーティリティ 1.0(1) が Cisco CallManager 4.0 サブスクライバ サーバにインストールされている場合は、Cisco CallManager 4.1 にアップグレードする前に、CAPF データを 4.0 パブリッシャ データベース サーバにコピーする必要があります。この作業を実行しないと、CAPF データが失われます。たとえば、C:\Program Files\Cisco\CAPF\CAPF.phone にある電話機の記録ファイルが失われることがあります。データが失われても、CAPF ユーティリティ 1.0(1) を使用して発行したローカルで有意の証明書は電話機に残りますが、無効な証明書については、CAPF 4.1(1) は再発行する必要があります。

ファイルをコピーするには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 表 2-1 のファイルを、CAPF 1.0 がインストールされているマシンから Cisco CallManager 4.0 がインストールされているパブリッシャ データベース サーバにコピーします。

 

表 2-1 サーバからサーバへのコピー

コピーするファイル
コピー元(CAPF 1.0 がインストールされているマシン)
コピー先(Cisco CallManager 4.0 がインストールされているパブリッシャ データベース サーバ)

*.0

C:\Program Files\Cisco\CAPF

C:\Program Files\Cisco\Certificates

CAPF.phone

C:\Program Files\Cisco\CAPF

C:\Program Files\Cisco\CAPF

CAPF.cfg ファイル

C:\Program Files\Cisco\CAPF

C:\Program Files\Cisco\CAPF

ステップ 2 クラスタ内のすべてのサーバを Cisco CallManager 4.1 にアップグレードします。

ステップ 3 クラスタを Cisco CallManager 4.1 にアップグレードしたら、Cisco CTL クライアントをアップグレードし、電話機を使用する前にそのクライアントを実行します。Cisco CTL クライアントは CAPF 証明書をクラスタ内のすべてのサーバにコピーします。

ステップ 4 Cisco CallManager 4.0 で使用していた CAPF ユーティリティを削除します。 表 2-1 を参照してください。


 

アップグレード中に必要となる場合がある情報

アップグレード手順を実行するときは、次の表の情報を使用してください。


注意 ローカル Administrator アカウントおよび SA(SQL Server システム管理者)アカウントを入力する場合は、英数字の文字だけを入力してください。アカウントのパスワードは、クラスタ内のすべてのサーバで一致している必要があります。各アカウントについては、クラスタ内のすべてのサーバで同じパスワードを入力する必要があります。

アップグレード時に、プライベート パスワード フレーズのプロンプトが表示されます。アップグレードでは、ユーザが入力した文字列を使用して一意の暗号化パスワードを作成します。クラスタ内のすべてのサーバに同じフレーズを入力する必要があります。

 

表 2-2 アップグレード中に必要となる場合がある情報

データ
ユーザ使用欄

バックアップ時のバックアップ ファイルの保存先

ワークグループ名

会社名

パブリッシャ データベース サーバのコンピュータ名

ローカル Administrator アカウントのパスワード

(クラスタ内のすべてのサーバについて同じパスワード)

LDAP (DC) Directory Manager のパスワード

(クラスタ内のすべてのサーバについて同じパスワード)

SQL Server の SA パスワード

(クラスタ内のすべてのサーバについて同じパスワード)

クラスタのプライベート パスワード フレーズ

(クラスタ内のすべてのサーバについて同じフレーズ)

 

Cisco CallManager パブリッシャ データベース サーバのアップグレード

次を参照して、アップグレード作業、作業の指定時間、手順を入手する場所を確認してください。

 

 
作業
手順
作業の実行にかかる時間

ステップ 1

アップグレード前の作業をすべて実行したことを確認する。

「始める前に」および「アップグレード中に必要となる場合がある情報」を参照してください。

クラスタのサイズによって異なる

ステップ 2

クラスタ内のすべてのサーバを NT ドメインまたは Microsoft Active
Directory ドメインから削除する。

「NT ドメインまたは Microsoft Active Directory ドメインからシステムを削除してサーバをリブートする(設定されている場合は必須)」を参照してください。


ヒント この作業はクラスタ内のすべてのサーバで同時に実行することができます。

 

クラスタのサイズによって異なる

ステップ 3

クラスタ内のサーバで稼動しているプラットフォーム エージェント、シスコ認定のアプリケーション(Cisco AVVID パートナー アプリケーション)、シスコ提供の共存アプリケーションをすべて手動で無効にして停止する。サーバをリブートします。

パフォーマンス モニタリング サービス(NetIQ など)、アンチウィルス サービス(シスコ認定の McAfee サービス)、侵入検知サービス(たとえばCisco Security Agent)、リモート管理サービスなどのプラットフォーム エージェントおよびサービスを無効にすると、これらのサービスに関連する問題がアップグレード中に発生することを防止できます。

「サードパーティ製、シスコ認定、およびシスコ提供による共存アプリケーションを無効にして停止し、サーバをリブートする(必須)」を参照してください。


ヒント この作業はクラスタ内のすべてのサーバで同時に実行することができます。

 

20 分

ステップ 4

CIPT Backup and Restore
System(BARS)バージョン 4.0(5)(またはそれ以降)を手動でインストールして設定する。

パブリッシャ データベース サーバにバックアップ ユーティリティをインストールして設定することを推奨します。

CIPT Backup and Restore System(BARS)はオペレーティング システムのファイルはバックアップしません。ただし、Host ファイルおよび LMhost ファイルがサーバに存在する場合、これらはバックアップされます。ユーティリティによってバックアップされるファイルの一覧については、『 Cisco IP Telephony Backup and Restore System(BARS) Administration
Guide
』を参照してください。本書の最新版を入手するには、
http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/backup/index.htm にアクセスしてください。

15 分

ステップ 5

Backup and Restore System(BARS)バージョン 4.0(5)(またはそれ以降)を使用して、Cisco CallManager データをネットワーク ディレクトリまたはテープ ドライブに手動でバックアップする。

システムのバックアップについては、『 Cisco IP Telephony Backup and Restore System (BARS) Administration Guide 』を参照してください。本書の最新版を入手するには、
http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/backup/index.htm にアクセスしてください。


ヒント システムのバックアップを行う前に CDR をアーカイブするか、削除しておくと、Cisco CallManager のアップグレードに要する時間が大幅に短縮されます。

 

Cisco
CallManager の規模および Call Detail Record
(CDR)のデータベースのサイズにより 30 ~ 60 分

ステップ 6

クラスタ内のすべてのサーバで Cisco CallManager Upgrade Assistant Utility を実行する。

この作業を実行するときは、パブリッシャ データベース サーバから開始して、クラスタ内のサーバを一度に 1 台ずつ処理します。

Cisco CallManager Upgrade Assistant Utility は、アップグレード前にサーバが正常な状態であることを確認します。この作業を実行するときは、パブリッシャ データベース サーバから開始して、クラスタ内のサーバを一度に 1 台ずつ処理します。

「クラスタ内のすべてのサーバで Cisco CallManager Upgrade Assistant Utility を実行する(強く推奨)」を参照してください。

パブリッシャ データベース サーバの場合は 1 ~ 20 分、サブスクライバ サーバの場合は 1 ~ 5 分

ステップ 7

サーバでドライブの取り外しがサポートされている場合は、サーバからドライブを取り外してデータと設定を保存する。

「ドライブを取り外し、代替のドライブを取り付けてドライブをミラーリングする(強く推奨)」を参照してください。

サーバのタイプにより 15 ~ 60 分

ステップ 8

オペレーティング システム アップグレード
CD-ROM を利用するか、またはオペレーティング システム アップグレードを Web からダウンロードして、オペレーティングシステムをシスコ提供のバージョン 2000.2.6(またはそれ以降)にアップグレードする。

アップグレードを実行する前に、オペレーティング システム暗号化ソフトウェアのページに記載されているオペレーティング システムの readme 情報を必ず読んでください。このサイトには、
http://www.cisco.com/kobayashi/sw-center/sw-voice.shtml
Cisco CallManager ソフトウェア ページからアクセスできます。

パブリッシャ データベース サーバで最初に実行し、パブリッシャ データベース サーバでの Cisco CallManager のアップグレードを完了してから、サブスクライバ サーバでオペレーティング システムをアップグレードします。

サーバのタイプにより、サーバ当たり 45 ~ 75 分

ステップ 9

最新の Cisco IP Telephony Server Operating System サービス リリース(2000-2-6sr3 またはそれ以降)をダウンロードして、インストールする(必須)。

オペレーティング システム サービス リリースは、音声製品のオペレーティング システム暗号化ソフトウェアのページに配置されています。Cisco CallManager ソフトウェア ページからこのサイトに移動できます。

インストールの説明については、ファイル別の readme 資料、『 Cisco IP Telephony Operating System, SQL Server, Security
Updates
』、 および Installing the Operating System on the Cisco IP Telephony Applications Server 』を参照してください。これらのマニュアルの最新版を入手するには、
http://www.cisco.com/kobayashi/sw-center/sw-voice.shtml にアクセスしてください。

15 分

ステップ 10

最新の OS 関連のセキュリティ ホットフィックスがある場合は、ダウンロードしてインストールする(推奨)。

オペレーティング システムに関連するセキュリティ ホットフィックスは、音声製品のオペレーティング システム暗号化ソフトウェアのページに配置されています。Cisco CallManager ソフトウェア ページからこのサイトに移動できます。

インストールの説明については、ファイル別の readme 資料、『 Cisco IP Telephony Operating System, SQL Server, Security
Updates
』、 および Installing the Operating System on the Cisco IP Telephony Applications Server 』を参照してください。これらのマニュアルの最新版を入手するには、
http://www.cisco.com/kobayashi/sw-center/sw-voice.shtml にアクセスしてください。

5 分

ステップ 11

Microsoft SQL Server 2000, Service Pack 3a(またはそれ以降)がインストールされていることを確認する。

サービス パックの確認とインストールの方法については、サービス パックに付属している readme 資料を参照してください。


ヒント パブリッシャ データベース サーバにこのサービス パックをインストールし、パブリッシャ データベース サーバでの Cisco CallManager のアップグレードを完了してから、サブスクライバ サーバにこのサービス パックをインストールします。

 

20 分

ステップ 12

Cisco CallManager をアップグレードする。

Cisco CallManager 3.3 からアップグレードする場合は、Cisco CallManager 4.1(2) ソフトウェア キットに付属するディスクを使用する必要があります。

Cisco CallManager 4.0(x) からアップグレードする場合は、CiscoCallManager 4.1(2) ソフトウェア キットに付属するディスクまたは Web ダウンロード ファイルを使用してアップグレードできます。


注意 Cisco CallManager のインストールは順次、つまり一度に 1 台のサーバで実行する必要があります。サーバをリブートし、サーバがパブリッシャ データベース サーバからサブスクリプションを取り出したことを確認したら、次のサーバでアップグレードを開始できます。

「ディスクの挿入または Web ファイルのダウンロード」を参照してください。

サーバのタイプにより、サーバ当たり 45 ~ 120 分

ステップ 13

クラスタ内のサブスクライバ サーバをすべてアップグレードする。

「Cisco CallManager サブスクライバ サーバのアップグレード」を参照してください。


) クラスタへのサブスクライバ サーバの追加は、以前のバージョンの Cisco CallManager をサブスクライバ サーバにインストールし、その後でパブリッシャ サーバと同じバージョンにアップグレードするという方法によって行うことはできません。クラスタ上で新規のサブスクライバ サーバを追加する、またはサブスクライバ サーバを置き換える場合は、パブリッシャ サーバで実行されている Cisco CallManager と同じバージョンのインストール CD を使用する必要があります。


 

クラスタのサイズによって異なる

NT ドメインまたは Microsoft Active Directory ドメインからシステムを削除してサーバをリブートする(設定されている場合は必須)


ヒント この作業はクラスタ内のすべてのサーバで同時に実行することができます。

リブートを同時に実行すると、コール処理が中断されます。



注意 アップグレード中にドメイン内にサーバが存在すると、サーバ間の認証が失敗したり、デフォルト以外のドメイン セキュリティ ポリシーによって、Cisco CallManager による重要な NT アカウントの作成が制限される場合があります。ドメインからのシステムの削除およびワークグループへのシステムの追加に失敗すると、アップグレード エラーが発生する、アップグレードが失敗する、またはデータが失われて Cisco CallManager を最初から再インストールする必要が生じるなど、システム全体の障害となる場合があります。クラスタ内のすべてのサーバのアップグレード手順が完了するまで、サーバをドメイン内に戻さないでください。

次の手順を実行して、NT ドメインまたは Microsoft Active Directory ドメインに存在するサーバをすべて転用します。

手順


ステップ 1 Start > Settings > Control Panel > System を選択します。

ステップ 2 Network Identification タブをクリックします。

ステップ 3 Properties ボタンをクリックします。

ステップ 4 Workgroup オプション ボタンをクリックし、対応するフィールドに WRKGRP などの名前を入力します。

ステップ 5 OK をクリックします。

ステップ 6 プロンプトが表示されたら、サーバを再起動します。

ステップ 7 Administrator のパスワードを使用して、サーバにログインします。

ステップ 8 この手順は、NT ドメイン内に存在するクラスタ内のすべてのサーバに対して実行します。

ステップ 9 ドメイン コントローラに移動して、クラスタ内にある各 Cisco CallManager サーバのコンピュータ アカウントを削除します。


 

サードパーティ製、シスコ認定、およびシスコ提供による共存アプリケーションを無効にして停止し、サーバをリブートする(必須)


ヒント この作業はクラスタ内のすべてのサーバで同時に実行する必要があります。

リブートにより、コール処理が中断される場合があります。


インストール前に無効にする必要があるシスコ認定アプリケーションのリストを参照するには、 http://www.cisco.com/pcgi-bin/ecoa/Search をクリックします。Solution ペインで、 IP Telephony をクリックします。Solution Category ドロップダウン リスト ボックスから Operations, Administration, and Maintenance (OAM) を選択します。 Search をクリックします。

アンチウィルス サービス、侵入検知サービス(たとえば、Cisco Security Agent)、OEM サーバ エージェント、サーバ管理エージェント、VOIP モニタリング/パフォーマンス モニタリング、またはリモート アクセス/リモート管理エージェントなどのプラットフォーム エージェントは、Cisco CallManager のインストールを妨げる可能性があります。パフォーマンス モニタリング サービス(NetIQ など)、アンチウィルス サービス(シスコ認定の McAfee サービス)、侵入検知サービス、リモート管理サービスなど、プラットフォーム エージェントおよびサービスを無効にすると、これらのサービスに関連する問題が発生することを防止できます。

本書では、シスコ認定の McAfee アンチウィルス サービスを無効にする手順だけを説明しています。その他のサービスまたはアプリケーションを無効にする手順についてヘルプが必要な場合は、製品に付属のマニュアルを参照してください。

McAfee アンチウィルス サービスを無効にするには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Start > Settings > Control Panel > Administrative Tools > Services を選択します。

ステップ 2 Services ウィンドウから、アンチウィルス サービス(Network Associates Alert Manager、Network
Associates McShield、または Network Associates Task Manager)のいずれかを右クリックし、 Properties を選択します。

ステップ 3 Properties ウィンドウに General タブが表示されていることを確認します。

ステップ 4 Service Status 領域で、 Stop をクリックします。

ステップ 5 Startup type ドロップダウン リスト ボックスから、 Disabled を選択します。

ステップ 6 OK をクリックします。

ステップ 7 シスコ認定のすべての McAfee アンチウィルス サービス(Network Associates Alert Manager、Network Associates McShield、Network Associates Task Manager)に対して、ステップ 1ステップ 6 を実行します。

ステップ 8 サーバをリブートして、サービスが実行されていないことを確認します。


注意 リブート後にサービスが起動しないことを確認してください。


 


注意 現在、シスコ認定のアンチウィルス ソフトウェアまたは侵入検知ソフトウェアをサーバにインストールしていない場合は、クラスタ内の全サーバのアップグレードまたはインストールを完了するまで、これらのソフトウェアをインストールしないことを強く推奨します。

CIPT Backup and Restore(BARS)バージョン 4.0(5)(またはそれ以降)をインストールして設定する(強く推奨)

パブリッシャ データベース サーバにバックアップ ユーティリティをインストールして設定することを推奨します。CIPT Backup and Restore System(BARS)はオペレーティング システムのファイルはバックアップしません。ただし、Host ファイルおよび LMhost ファイルがサーバに存在する場合、これらはバックアップされます。

ユーティリティによってバックアップされるファイルの一覧については、『 Cisco IP Telephony Backup and Restore System(BARS)Administration Guide 』を参照してください。本書の最新版を入手するには、 http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/backup/index.htm にアクセスしてください。

既存のデータをバックアップする(強く推奨)

システムのバックアップについては、『 Cisco IP Telephony Backup and Restore System(BARS)
Administration Guide
』を参照してください。本書の最新版を入手するには、
http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/backup/index.htm にアクセスしてください。

クラスタ内のすべてのサーバで Cisco CallManager Upgrade Assistant Utility を実行する(強く推奨)


ヒント この作業を実行するときは、パブリッシャ データベース サーバから開始して、クラスタ内のサーバを一度に 1 台ずつ処理します。

リブートにより、コール処理が中断される場合があります。


必須アイテム:Web からのユーティリティのダウンロード

アップグレード前に Cisco CallManager Upgrade Assistant Utility を実行して、サーバが正常な状態であることを確認します。Web 上で、ユーティリティの隣に配置されているマニュアルには、ユーティリティについての詳細が説明されています。ユーティリティとマニュアルを入手するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 http://www.cisco.com/kobayashi/sw-center/sw-voice.shtml をクリックします。

ステップ 2 Cisco CallManager Version 4.1 をクリックします。

Cisco CallManager 4.1 ソフトウェア ページが表示されます。

ステップ 3 マニュアルを探してダウンロードします。

ステップ 4 マニュアルを参照して、Cisco CallManager がインストールされているクラスタ内のすべてのサーバにユーティリティをダウンロードして実行します。


 

ドライブを取り外し、代替のドライブを取り付けてドライブをミラーリングする(強く推奨)

必須アイテム:新規に購入したハード ドライブ

サーバが MCS-7815、MCS-7820、MCS-7822、MCS-7825、またはお客様が用意する IBM xSeries 330 である場合、ドライブは取り外しできません。

データのバックアップに成功したことを確認したら、ドライブを取り外して設定したデータを保管できます。ただし、オペレーティング システムの手順を開始する前に、代替のドライブを取り付ける必要があります。場合によっては、この作業のために新しいドライブを購入する必要があります。

このプロセスには、ドライブのサイズに応じて、30 ~ 60 分かかります。

ドライブを取り外し、代替のドライブを取り付けてドライブをミラーリングするには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 パブリッシャ データベース サーバの電源をオフにします。

ステップ 2 MCS-7845 を除くすべてのサーバに対して、スロット 0 からハード ドライブを取り外し、マシン名、スロット番号、および Cisco CallManager の現在のバージョンを記入したラベルを貼付します。

MCS-7845 では、スロット 0 および スロット 2 からドライブを取り外します。

ステップ 3 システムの電源をオンにします。

Cisco MCS

ステップ 4 Cisco MCS に対して次の手順を実行します(MCS-7845 には予備のハード ドライブが 2 つ必要です)。

a. F2 キーを押して、MCS-7830、MCS-7835、または MCS-7845 で一時回復モードを有効にします。


) MCS-7835H-2.4(またはそれ以降)および MCS-7845H-2.4(またはそれ以降)では、デフォルトは F2 に設定され、10 秒後に自動的に処理を続行します。


b. このステップは、MCS-7830、MCS-7835、または MCS-7845 にだけ適用されます。

プロンプトが表示されたら、F1 キーを押し、続行します。

c. Windows 2000 のブートが終了したら、代替のハード ドライブを スロット 0 に取り付けます。


) MCS-7845 では、スロット 0 のドライブに対するミラーリング プロセスが完了するまで、スロット 2 に代替のドライブを取り付けないでください。


d. MCS-7830、MCS-7835、または MCS-7845 で、Start > Compaq Systems Tools > Compaq Array Configuration Utility を選択します。Array Configuration Utility Warning ウィンドウが表示されたら、OK をクリックします。

e. 画面の右下にあるステータスバーで、ミラーリング プロセスの終了を確認します。

f. このステップは、MCS-7845 にのみ適用されます。

スロット 0 でミラーリング プロセスが完了したら、スロット 2 に次のドライブを取り付けます。スロット 2 にドライブを取り付けると、ミラーリング プロセスが自動的に実行されます。

IBM xSeries サーバ

ステップ 5 IBM xSeries サーバに対しては、次の手順を実行します。

a. スロット 0 に代替のドライブを取り付けます。

b. F5 キーを押します。

c. Start > Programs > ServeRaid Manager > ServeRaid Manager を選択します。ドライブのミラーリングの進行状況が表示されます。


 

オペレーティング システムをシスコが提供するバージョン 2000.2.6(またはそれ以降)にアップグレードする(必須)

アップグレードを実行する前に、オペレーティング システム暗号化ソフトウェアのページに記載されているオペレーティング システムの readme 情報を必ず読んでください。このサイトには、 http://www.cisco.com/kobayashi/sw-center/sw-voice.shtml の Cisco CallManager ソフトウェア ページからアクセスできます。

パブリッシャ データベース サーバで最初にアップグレードを実行し、パブリッシャ データベース サーバでの Cisco CallManager のアップグレードを完了してから、サブスクライバ サーバでオペレーティング システムをアップグレードします。

CiscoCallManager Release 4.1(1) にアップグレードする前に、最新のサービス リリース 2000.2.6.sr3(またはそれ以降)付き Cisco IP Telephony オペレーティング システム バージョン 2000.2.6 をインストールすることを推奨します。

Cisco IP Telephony Server Operating System Service Release をダウンロードしてインストールする(必須)

最新の Cisco IP Telephony Server Operating System サービス リリース(2000-2-6sr3 またはそれ以降)をダウンロードして、インストールします。オペレーティング システム サービス リリースは、音声製品のオペレーティング システム暗号化ソフトウェアのページに配置されています。Cisco CallManager ソフトウェア ページからこのサイトに移動できます。

インストールの説明については、ファイル別の readme 資料、『 Cisco IP Telephony Operating System, SQL Server, Security Updates 』、 および Installing the Operating System on the Cisco IP Telephony
Applications Server
』を参照してください。これらのマニュアルの最新版を入手するには、
http://www.cisco.com/kobayashi/sw-center/sw-voice.shtml にアクセスしてください。

 

最新の OS 関連のセキュリティ ホットフィックスがある場合は、ダウンロードしてインストールする(推奨)

オペレーティング システムに関連するセキュリティ ホットフィックスは、音声製品のオペレーティング システム暗号化ソフトウェアのページに配置されています。Cisco CallManager ソフトウェア ページからこのサイトに移動できます。

インストールの説明については、ファイル別の readme 資料、『 Cisco IP Telephony Operating System, SQL Server, Security Updates 』、 および Installing the Operating System on the Cisco IP Telephony Applications Server 』を参照してください。これらのマニュアルの最新版を入手するには、
http://www.cisco.com/kobayashi/sw-center/sw-voice.shtml にアクセスしてください。

Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 3a をインストールする(必須)

サービス パックの確認とインストールの方法については、サービス パックに付属している readme 資料を参照してください。


ヒント パブリッシャ データベース サーバにこのサービス パックをインストールし、パブリッシャ データベース サーバでの Cisco CallManager のアップグレードを完了してから、サブスクライバ サーバにこのサービス パックをインストールします。


ディスクの挿入または Web ファイルのダウンロード


) Cisco CallManager 3.3 からアップグレードする場合は、Cisco CallManager 4.1(2) ソフトウェア キットに付属するディスクを使用する必要があります。

Cisco CallManager 4.0(x) からアップグレードする場合は、Cisco CallManager 4.1(2) ソフトウェア キットに付属するディスクまたは Web ダウンロード ファイルを使用してアップグレードできます。



) Cisco CallManager に必須であり、かつ Cisco CallManager によってインストールされる重要なサードパーティ製コンポーネントには、インストール中に複数回のリブートを必要とするものがあります。また、手動によるインストール プログラムの再実行および設定データの入力を必要とするものもあります。


必須アイテム:Cisco CallManager 4.1(2) Installation and Recovery Disk または Cisco
CallManager 4.1(2) Web ダウンロード ファイル

次の手順を実行してください。

手順


ステップ 1 オペレーティング システムのアップグレード後、サーバにログインしていなかった場合は、
Administrator のパスワードを使用してサーバにログインします。

ステップ 2 ディスクと Web のどちらを使用してアップグレードするかを選択します。

ディスクを使用する場合 ステップ 3ステップ 4

Web ファイルを使用する場合 ステップ 5ステップ 12

ディスクを使用する場合

ステップ 3 Cisco CallManager 4.1 Installation, Upgrade, and Recovery Disk 1 を用意し、ドライブに挿入します。

インストール プロセスが自動的に開始します。


ヒント 手順で指示されるまで、ディスクを取り出さないでください。

ステップ 4 「関連する Cisco CallManager サービスをアップグレードしてサーバを検出する(必須)」に進み、アップグレードを続行します。

Web ファイルを使用する場合

ステップ 5 http://www.cisco.com/kobayashi/sw-center/sw-voice.shtml をクリックします。

ステップ 6 Cisco CallManager Version 4.1 をクリックします。

ステップ 7 Cisco CallManager 4.1(2) アップグレード ファイルをハード ドライブにダウンロードします。

ステップ 8 ダウンロードしたファイルを保存した場所を記録します。

ステップ 9 ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストールを開始します。

ステップ 10 このファイルを Web アップグレードのためだけに実行することを確認するメッセージが表示されます。 Yes をクリックします。

Location to save files ウィンドウが開きます。

ステップ 11 一時的なインストール ファイルをコピーできるフォルダの場所を選択します。ファイル保存用のデフォルト フォルダは C:\CCMPFWTMP です。パスとフォルダ名を入力するか、 Change をクリックしてフォルダを選択することができます。

ステップ 12 「関連する Cisco CallManager サービスをアップグレードしてサーバを検出する(必須)」に進み、アップグレードを続行します。


 

関連する Cisco CallManager サービスをアップグレードしてサーバを検出する(必須)

次の手順を実行して、アップグレードを続行します。


) オペレーティング システムのアップグレード後、サーバにログインしていなかった場合は、
Administrator のアカウントを使用してサーバにログインします。


手順


ステップ 1 Cisco CallManager のアップグレード前およびアップグレード後のバージョンを確認するには、 Yes をクリックします。

ステップ 2 アンチウィルスおよび侵入検知ソフトウェアを無効にしたことを確認するには、 Yes をクリックします。

Microsoft SQL 2000 Service Pack 3a 以降のバージョンがインストールされていないと、エラー メッセージが表示されます。サービス パックおよび対応する readme 資料を入手するには、
http://www.cisco.com/kobayashi/sw-center/sw-voice.shtml にアクセスしてください。


ヒント ここでサービス パックをインストールした場合は、サービス パックをインストールしてサーバをリブートした後に、Cisco CallManager Installation, Upgrade, and Recovery Disk 1 をもう一度挿入します。Cisco IP テレフォニー アプリケーションがインストール準備を行う間、待機します。

ステップ 3 重要なサードパーティ製コンポーネントを Cisco CallManager がインストールするために、サーバのリブートおよび設定データの入力が複数回必要になる場合があることを確認し、 OK をクリックします。

ステップ 4 インストール プログラムにより設定が更新され、サーバがリブートされます。インストールを続行するには、 OK をクリックします。


Cancel をクリックすると、Cisco CallManager はサーバにインストールされません。また、インストール プログラムによってユーザのシステムに変更が加えられることもありません。


サーバがリブートします。

ステップ 5 Administrator のアカウントとパスワードを使用して、サーバにログインします。

ステップ 6 インストール プログラムがファイルをサーバにコピーしている間、Preparing to Install ウィンドウが表示されます。このプロセスには約 10 分かかります。Cancel はクリックしないでください。

ステップ 7 Resuming the Installation Wizard ウィンドウが表示されます。 Next をクリックします。

ステップ 8 管理者のパスワードを入力します。 Next をクリックします。

ステップ 9 クラスタのプライベート パスワード フレーズを入力し、そのパスワードを確認して、 Next をクリックします。

ステップ 10 インストールを開始するには、 Install をクリックします。

ステータス ウィンドウが表示されます。Cancel はクリックしないでください。


) ステータス バーに表示されるインストールの進行状況は、各ソフトウェア パッケージがインストールされているとき、およびインストール プログラムがユーザのマシンを構成しているときにリセットされる場合があります。インストール プログラムによっては、ステータス バーは複数回リセットされることがあります。インストール プログラムが要求しない限り、サーバをリブートしないでください。


ステップ 11 Cisco CallManager 4.1(2) インストール ディスクを使用している場合、次のアップグレード ディスクを挿入する必要があることを示すメッセージが表示されます。次のステップに従ってください。

a. Cisco CallManager 4.1(2) Installation, Upgrade, and Recovery Disk 2 を挿入して、 OK をクリックします。

最初のアップグレード ディスクをもう一度インストールする必要があるというメッセージが表示されます。

b. Cisco CallManager 4.1(2) Installation, Upgrade, and Recovery Disk 1 を挿入して、 OK をクリックします。

ステップ 12 Finish をクリックします。

ステップ 13 Yes をクリックします。


 

Cisco CallManager サブスクライバ サーバのアップグレード


) クラスタへのサブスクライバ サーバの追加は、以前のバージョンの Cisco CallManager をサブスクライバ サーバにインストールし、その後でパブリッシャ サーバと同じバージョンにアップグレードするという方法によって行うことはできません。クラスタ上で新規のサブスクライバ サーバを追加する、またはサブスクライバ サーバを置き換える場合は、パブリッシャ サーバで実行されている Cisco CallManager と同じバージョンのインストール CD を使用する必要があります。


サブスクライバ サーバをアップグレードするには、次の作業を実行します。

 

 
作業
重要な情報およびリソース

ステップ 1

アップグレードの準備作業を実行する。

「始める前に」および「アップグレード中に必要となる場合がある情報」を参照してください。

ステップ 2

NT ドメインまたは Microsoft Active Directory ドメインからすべてのサーバを削除したことを確認する。

「NT ドメインまたは Microsoft Active Directory ドメインからシステムを削除してサーバをリブートする(設定されている場合は必須)」を参照してください。

ステップ 3

サーバで実行するサードパーティ製、シスコ認定およびシスコ提供による共存アプリケーションをすべて無効にし、停止したことを確認する。サーバをリブートしたことを確認する。

「サードパーティ製、シスコ認定、およびシスコ提供による共存アプリケーションを無効にして停止し、サーバをリブートする(必須)」を参照してください。

ステップ 4

オペレーティング システム アップグレード CD-ROM を利用するか、またはオペレーティング システム アップグレードを Web からダウンロードして、オペレーティングシステムをシスコ提供のバージョン 2000.2.6(またはそれ以降)にアップグレードする。

アップグレードを実行する前に、オペレーティング システム暗号化ソフトウェアのページに記載されているオペレーティング システムの readme 情報を必ず読んでください。このサイトには、 http://www.cisco.com/kobayashi/sw-center/sw-voice.shtml の Cisco CallManager ソフトウェア ページからアクセスできます。


注意 必要であれば、クラスタ内のすべてのサブスクライバ サーバで同時にオペレーティング システムをアップグレードすることができます。この作業により、コール処理が中断されます。

 

ステップ 5

最新の Cisco IP Telephony Server Operating System サービス リリース(2000-2-6sr3 またはそれ以降)をダウンロードして、インストールする(必須)。

オペレーティング システム サービス リリースは、音声製品のオペレーティング システム暗号化ソフトウェアのページに配置されています。Cisco CallManager ソフトウェア ページからこのサイトに移動できます。

インストールの説明については、ファイル別の readme 資料、『 Cisco IP Telephony Operating System, SQL Server, Security
Updates
』、 および Installing the Operating System on the Cisco IP Telephony Applications Server 』を参照してください。これらのマニュアルの最新版を入手するには、
http://www.cisco.com/kobayashi/sw-center/sw-voice.shtml にアクセスしてください。

ステップ 6

最新の OS 関連のセキュリティ ホットフィックスがある場合は、ダウンロードしてインストールする(推奨)。

オペレーティング システムに関連するセキュリティ ホットフィックスは、音声製品のオペレーティング システム暗号化ソフトウェアのページに配置されています。Cisco CallManager ソフトウェア ページからこのサイトに移動できます。

インストールの説明については、ファイル別の readme 資料、『 Cisco IP Telephony Operating System, SQL Server, Security
Updates
』、 および Installing the Operating System on the Cisco IP Telephony Applications Server 』を参照してください。これらのマニュアルの最新版を入手するには、
http://www.cisco.com/kobayashi/sw-center/sw-voice.shtml にアクセスしてください。

ステップ 7

Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 3a(またはそれ以降)がインストールされていることを確認する。

サービス パックの確認とインストールの方法については、サービス パックに付属している readme 資料を参照してください。


注意 この作業により、コール処理が中断されます。

 

ステップ 8

順次に実行する作業

一度に 1 台のサーバで Cisco CallManager のアップグレードを実行する。

Cisco CallManager 3.3 からアップグレードする場合は、Cisco CallManager 4.1(2) ソフトウェア キットに付属するディスクを使用する必要があります。

Cisco CallManager 4.0(x) からアップグレードする場合は、Cisco CallManager 4.1(2) ソフトウェア キットに付属するディスクまたは Web ダウンロード ファイルを使用してアップグレードできます。


注意 Cisco CallManager のインストールは順次、つまり一度に 1 台のサーバで実行する必要があります。サーバをリブートし、サーバがパブリッシャ データベース サーバからサブスクリプションを取り出したことを確認したら、次のサーバでアップグレードを開始できます。

パブリッシャ データベース サーバとサブスクライバ サーバに使用する Cisco CallManager Installation, Upgrade, and Recovery Disk または Web ダウンロードは同じものです。

「ディスクの挿入または Web ファイルのダウンロード」を参照してください。

ステップ 9

クラスタ内のすべてのサーバでインストールが完了したら、アップグレード後の作業を実行する。

「アップグレード後の作業の実行」を参照してください。

NT ドメインまたは Microsoft Active Directory ドメインからシステムを削除してサーバをリブートする(設定されている場合は必須)


ヒント この作業はクラスタ内のすべてのサーバで同時に実行することができます。

リブートを同時に実行すると、コール処理が中断されます。



注意 アップグレード中にドメイン内にサーバが存在すると、サーバ間の認証が失敗したり、デフォルト以外のドメイン セキュリティ ポリシーによって、Cisco CallManager による重要な NT アカウントの作成が制限される場合があります。ドメインからのシステムの削除およびワークグループへのシステムの追加に失敗すると、アップグレード エラーが発生する、アップグレードが失敗する、またはデータが失われて Cisco CallManager を最初から再インストールする必要が生じるなど、システム全体の障害となる場合があります。クラスタ内のすべてのサーバのアップグレード手順が完了するまで、サーバをドメイン内に戻さないでください。

次の手順を実行して、NT ドメインまたは Microsoft Active Directory ドメインに存在するサーバをすべて転用します。

手順


ステップ 1 Start > Settings > Control Panel > System を選択します。

ステップ 2 Network Identification タブをクリックします。

ステップ 3 Properties ボタンをクリックします。

ステップ 4 Workgroup オプション ボタンをクリックし、対応するフィールドに WRKGRP などの名前を入力します。

ステップ 5 OK をクリックします。

ステップ 6 プロンプトが表示されたら、サーバを再起動します。

ステップ 7 Administrator のパスワードを使用して、サーバにログインします。

ステップ 8 この手順は、NT ドメイン内に存在するクラスタ内のすべてのサーバに対して実行します。

ステップ 9 ドメイン コントローラに移動して、クラスタ内にある各 Cisco CallManager サーバのコンピュータ アカウントを削除します。


 

サードパーティ製、シスコ認定、およびシスコ提供による共存アプリケーションを無効にして停止し、サーバをリブートする(必須)


ヒント この作業はクラスタ内のすべてのサーバで同時に実行する必要があります。

リブートにより、コール処理が中断される場合があります。


インストール前に無効にする必要があるシスコ認定アプリケーションのリストを参照するには、
http://www.cisco.com/pcgi-bin/ecoa/Search をクリックします。Solution ペインで、 IP Telephony をクリックします。Solution Category ドロップダウン リスト ボックスから Operations, Administration, and Maintenance (OAM) を選択します。 Search をクリックします。

アンチウィルス サービス、侵入検知サービス(たとえば、Cisco Security Agent)、OEM サーバ エージェント、サーバ管理エージェント、VOIP モニタリング/パフォーマンス モニタリング、またはリモート アクセス/リモート管理エージェントなどのプラットフォーム エージェントは、Cisco CallManager のインストールを妨げる可能性があります。パフォーマンス モニタリング サービス(NetIQ など)、アンチウィルス サービス(シスコ認定の McAfee サービス)、侵入検知サービス、リモート管理サービスなど、プラットフォーム エージェントおよびサービスを無効にすると、これらのサービスに関連する問題が発生することを防止できます。

本書では、シスコ認定の McAfee アンチウィルス サービスを無効にする手順だけを説明しています。その他のサービスまたはアプリケーションを無効にする手順についてヘルプが必要な場合は、製品に付属のマニュアルを参照してください。

McAfee アンチウィルス サービスを無効にするには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Start > Settings > Control Panel > Administrative Tools > Services を選択します。

ステップ 2 Services ウィンドウから、アンチウィルス サービス(Network Associates Alert Manager、Network
Associates McShield、または Network Associates Task Manager)のいずれかを右クリックし、 Properties を選択します。

ステップ 3 Properties ウィンドウに General タブが表示されていることを確認します。

ステップ 4 Service Status 領域で、 Stop をクリックします。

ステップ 5 Startup type ドロップダウン リスト ボックスから、 Disabled を選択します。

ステップ 6 OK をクリックします。

ステップ 7 シスコ認定のすべての McAfee アンチウィルス サービス(Network Associates Alert Manager、Network Associates McShield、Network Associates Task Manager)に対して、ステップ 1ステップ 6 を実行します。

ステップ 8 サーバをリブートして、サービスが実行されていないことを確認します。


注意 リブート後にサービスが起動しないことを確認してください。


 


注意 現在、シスコ認定のアンチウィルス ソフトウェアまたは侵入検知ソフトウェアをサーバにインストールしていない場合は、クラスタ内の全サーバのアップグレードまたはインストールを完了するまで、これらのソフトウェアをインストールしないことを強く推奨します。

オペレーティング システムをシスコが提供するバージョン 2000.2.6(またはそれ以降)にアップグレードする(必須)

アップグレードを実行する前に、オペレーティング システム暗号化ソフトウェアのページに記載されているオペレーティング システムの readme 情報を必ず読んでください。このサイトには、 http://www.cisco.com/kobayashi/sw-center/sw-voice.shtml の Cisco CallManager ソフトウェア ページからアクセスできます。

パブリッシャ データベース サーバで最初にアップグレードを実行し、パブリッシャ データベース サーバでの Cisco CallManager のアップグレードを完了してから、サブスクライバ サーバでオペレーティング システムをアップグレードします。

CiscoCallManager Release 4.1(1) にアップグレードする前に、最新のサービス リリース 2000.2.6.sr3(またはそれ以降)付き Cisco IP Telephony オペレーティング システム バージョン 2000.2.6 をインストールすることを推奨します。

Cisco IP Telephony Server Operating System Service Release をダウンロードしてインストールする(必須)

最新の Cisco IP Telephony Server Operating System サービス リリース(2000-2-6sr3 またはそれ以降)をダウンロードして、インストールします。オペレーティング システム サービス リリースは、音声製品のオペレーティング システム暗号化ソフトウェアのページに配置されています。Cisco CallManager ソフトウェア ページからこのサイトに移動できます。

インストールの説明については、ファイル別の readme 資料、『 Cisco IP Telephony Operating System, SQL Server, Security Updates 』、 および Installing the Operating System on the Cisco IP Telephony
Applications Server
』を参照してください。これらのマニュアルの最新版を入手するには、
http://www.cisco.com/kobayashi/sw-center/sw-voice.shtml にアクセスしてください。

最新の OS 関連のセキュリティ ホットフィックスがある場合は、ダウンロードしてインストールする(推奨)

オペレーティング システムに関連するセキュリティ ホットフィックスは、音声製品のオペレーティング システム暗号化ソフトウェアのページに配置されています。Cisco CallManager ソフトウェア ページからこのサイトに移動できます。

インストールの説明については、ファイル別の readme 資料、『 Cisco IP Telephony Operating System, SQL Server, Security Updates 』、 および Installing the Operating System on the Cisco IP Telephony
Applications Server
』を参照してください。これらのマニュアルの最新版を入手するには、
http://www.cisco.com/kobayashi/sw-center/sw-voice.shtml にアクセスしてください。

Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 3a をインストールする(必須)

サービス パックの確認とインストールの方法については、サービス パックに付属している readme 資料を参照してください。


ヒント パブリッシャ データベース サーバにこのサービス パックをインストールし、パブリッシャ データベース サーバでの Cisco CallManager のアップグレードを完了してから、サブスクライバ サーバにこのサービス パックをインストールします。


ディスクの挿入または Web ファイルのダウンロード


) Cisco CallManager 3.3 からアップグレードする場合は、Cisco CallManager 4.1(2) ソフトウェア キットに付属するディスクを使用する必要があります。

Cisco CallManager 4.0(x) からアップグレードする場合は、Cisco CallManager 4.1(2) ソフトウェア キットに付属するディスクまたは Web ダウンロード ファイルを使用してアップグレードできます。



) Cisco CallManager に必須であり、かつ Cisco CallManager によってインストールされる重要なサードパーティ製コンポーネントには、インストール中に複数回のリブートを必要とするものがあります。また、手動によるインストール プログラムの再実行および設定データの入力を必要とするものもあります。


必須アイテム:Cisco CallManager 4.1(2) Installation and Recovery Disk または Cisco CallManager 4.1(2) Web ダウンロード ファイル

次の手順を実行してください。

手順


ステップ 1 オペレーティング システムのアップグレード後、サーバにログインしていなかった場合は、
Administrator のパスワードを使用してサーバにログインします。

ステップ 2 ディスクと Web のどちらを使用してアップグレードするかを選択します。

ディスクを使用する場合 ステップ 3ステップ 4

Web ファイルを使用する場合 ステップ 5ステップ 12

ディスクを使用する場合

ステップ 3 Cisco CallManager 4.1 Installation, Upgrade, and Recovery Disk 1 を用意し、ドライブに挿入します。

インストール プロセスが自動的に開始します。


ヒント 手順で指示されるまで、ディスクを取り出さないでください。

ステップ 4 「関連する Cisco CallManager サービスをアップグレードしてサーバを検出する(必須)」に進み、アップグレードを続行します。

Web ファイルを使用する場合

ステップ 5 http://www.cisco.com/kobayashi/sw-center/sw-voice.shtml をクリックします。

ステップ 6 Cisco CallManager Version 4.1 をクリックします。

ステップ 7 Cisco CallManager 4.1(2) アップグレード ファイルをハード ドライブにダウンロードします。

ステップ 8 ダウンロードしたファイルを保存した場所を記録します。

ステップ 9 ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストールを開始します。

ステップ 10 このファイルを Web アップグレードのためだけに実行することを確認するメッセージが表示されます。 Yes をクリックします。

Location to Save Files ウィンドウが開きます。

ステップ 11 一時的なインストール ファイルをコピーできるフォルダの場所を選択します。ファイル保存用のデフォルト フォルダは C:\CCMPFWTMP です。パスとフォルダ名を入力するか、 Change をクリックしてフォルダを選択することができます。

ステップ 12 「関連する Cisco CallManager サービスをアップグレードしてサーバを検出する(必須)」に進み、アップグレードを続行します。


 

関連する Cisco CallManager サービスをアップグレードしてサーバを検出する(必須)

次の手順を実行して、アップグレードを続行します。


) オペレーティング システムのアップグレード後、サーバにログインしていなかった場合は、
Administrator のアカウントを使用してサーバにログインします。


手順


ステップ 1 Cisco CallManager のアップグレード前およびアップグレード後のバージョンを確認するには、 Yes をクリックします。

ステップ 2 アンチウィルスおよび侵入検知ソフトウェアを無効にしたことを確認するには、 Yes をクリックします。

Microsoft SQL 2000 Service Pack 3a 以降のバージョンがインストールされていないと、エラー メッセージが表示されます。サービス パックおよび対応する readme 資料を入手するには、
http://www.cisco.com/kobayashi/sw-center/sw-voice.shtml にアクセスしてください。


ヒント ここでサービス パックをインストールした場合は、サービス パックをインストールしてサーバをリブートした後に、Cisco CallManager Installation, Upgrade, and Recovery Disk 1 をもう一度挿入します。Cisco IP テレフォニー アプリケーションがインストール準備を行う間、待機します。

ステップ 3 重要なサードパーティ製コンポーネントを Cisco CallManager がインストールするために、サーバのリブートおよび設定データの入力が複数回必要になる場合があることを確認し、 OK をクリックします。

ステップ 4 インストール プログラムにより設定が更新され、サーバがリブートされます。インストールを続行するには、 OK をクリックします。


Cancel をクリックすると、Cisco CallManager はサーバにインストールされません。また、インストール プログラムによってユーザのシステムに変更が加えられることもありません。


サーバがリブートします。

ステップ 5 Administrator のアカウントとパスワードを使用して、サーバにログインします。

ステップ 6 インストール プログラムがファイルをサーバにコピーしている間、Preparing to Install ウィンドウが表示されます。このプロセスには約 10 分かかります。Cancel はクリックしないでください。

ステップ 7 Resuming the Installation Wizard ウィンドウが表示されます。 Next をクリックします。

ステップ 8 管理者のパスワードを入力します。 Next をクリックします。

ステップ 9 クラスタのプライベート パスワード フレーズを入力し、そのパスワードを確認して、 Next をクリックします。

ステップ 10 インストールを開始するには、 Install をクリックします。

ステータス ウィンドウが表示されます。Cancel はクリックしないでください。


) ステータス バーに表示されるインストールの進行状況は、各ソフトウェア パッケージがインストールされているとき、およびインストール プログラムがユーザのマシンを構成しているときにリセットされる場合があります。インストール プログラムによっては、ステータス バーは複数回リセットされることがあります。インストール プログラムが要求しない限り、サーバをリブートしないでください。


ステップ 11 Cisco CallManager 4.1(2) インストール ディスクを使用している場合、次のアップグレード ディスクを挿入する必要があることを示すメッセージが表示されます。次のステップに従ってください。

a. Cisco CallManager 4.1(2) Installation, Upgrade, and Recovery Disk 2 を挿入して、 OK をクリックします。

最初のアップグレード ディスクをもう一度インストールする必要があるというメッセージが表示されます。

b. Cisco CallManager 4.1(2) Installation, Upgrade, and Recovery Disk 1 を挿入して、 OK をクリックします。

ステップ 12 Finish をクリックします。

ステップ 13 Yes をクリックします。


 


ヒント クラスタ内のすべてのサブスクライバ サーバのアップグレードが完了するまで、サーバごとに「Cisco CallManager サブスクライバ サーバのアップグレード」の手順を繰り返します。すべてのサーバの更新が完了したら、「アップグレード後の作業の実行」の適切な手順を実行します。