Cisco Collaboration 9.xソリューション リファレンス ネットワーク デザイン(SRND)
Cisco Collaboration サービス
Cisco Collaboration サービス
発行日;2013/10/03 | 英語版ドキュメント(2013/09/09 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 30MB) | フィードバック

目次

Cisco Collaboration サービス

この章の新規情報

コラボレーティブ会議のアーキテクチャ

Cisco WebEx Software as a Service

アーキテクチャ

スケジューリング

ユーザ プロファイル

Cisco WebEx 会議

ハイ アベイラビリティ

Cisco WebEx クラウド コネクテッド オーディオ

キャパシティ プランニング

ネットワーク トラフィック プランニング

設計上の考慮事項

Cisco WebEx Meetings Server

アーキテクチャ

Cisco UnifiedCM の統合

レガシー PBX の統合

IPv6 のサポート

ハイ アベイラビリティ

仮想 IP アドレス

デュアル データセンター設計のディザスタ リカバリ

キャパシティ プランニング

ストレージ プランニング

ネットワーク トラフィック プランニング

設計上の考慮事項

参考文献

Cisco WebEx 対応 TelePresence

アーキテクチャ

スケジューリング

シングル サインオン

セキュリティ

展開オプション

SIP を使用する WebEx 音声

PSTN を使用する WebEx 音声

テレフォニー サービス プロバイダー オーディオ

ハイ アベイラビリティ

キャパシティ プランニング

ネットワーク トラフィック プランニング

設計上の考慮事項

Cisco Unified MeetingPlace

Unified MeetingPlace アーキテクチャ

Unified MeetingPlace Meeting Director Server

Unified MeetingPlace アプリケーション サーバ(会議ノード)

メディア サーバ

WebEx サイト

ユーザベース ライセンス

スケジューリング インターフェイス

Cisco Unified Communications Manager

録音

アーキテクチャのその他の考慮事項

展開オプション

単一サイト Unified MeetingPlace Scheduling の展開

ハイ アベイラビリティ

キャパシティ プランニング

ネットワーク トラフィック プランニング

設計上の考慮事項

Cisco WebEx Social

アーキテクチャ

呼制御

IM and Presence

ボイスメール

カレンダーおよび会議

キャパシティ プランニング

設計上の考慮事項

Cisco Collaboration サービス

シスコが提供する広範囲のコラボレーション テクノロジーは、ユーザがコラボレーティブ環境で作業できるようにすることを最終的な目標としています。そのような環境では、意思決定プロセスが迅速化および効率化され、生産性が向上します。コラボレーションという大きな領域には数多くのテクノロジーがありますが、この章では特に、音声、ビデオ、リッチ コンテンツの共有機能、および人を中心としたソーシャル コラボレーション プラットフォームによるコラボレーティブ会議のシスコ製品に関する設計ガイドラインを示します。また、さまざまなソリューションの違いを調べ、どのような場合に、あるソリューションが別のソリューションよりも適しているかについて提案します。

この章で説明する Cisco Collaboration サービスは、オンプレミス、オフプレミス、または混合展開として利用できます。そのため、組織はすでに投資している Unified Communications ソリューションと統合したり、または、「クラウド内」でホストされるサービスを実装できます。このことは、さまざまなソリューションを区別する重要な点の 1 つであり、組織に最も適したソリューションを決定する際の最初の決定ポイントです。この章では、次のトピックについて説明します。

「Cisco WebEx Software as a Service」、(SaaS)

「Cisco WebEx Meetings Server」、プライベート クラウド用

「Cisco WebEx 対応 TelePresence」

「Cisco Unified MeetingPlace」

「Cisco WebEx Social」

各項では、ソリューションのハイレベルなアーキテクチャを定義してから、ハイ アベイラビリティの設計ガイドライン、キャパシティ プランニング、およびソリューションに関係するその他の設計上の考慮事項について説明します。

この章の新規情報

この章には、シスコのコラボレーション製品に関する設計上の議論をまとめるために新しい資料を組み込んでいます。初めてこの章を読む場合は、章全体に目を通すことを推奨します。

表 22-1 に、この章に新しく追加されたトピック、または、このマニュアルの以前のリリースから大幅に変更されたトピックの一覧を示します。

表 22-1 新規情報、またはこのマニュアルの以前のリリースからの変更情報

新規トピックまたは改訂されたトピック
説明箇所
改訂日

Cisco WebEx 対応 TelePresence

「Cisco WebEx 対応 TelePresence」

2013 年 5 月 24 日

Cisco WebEx Social

「Cisco WebEx Social」

2013 年 4 月 2 日

Cisco WebEx 会議

「Cisco WebEx 会議」

2013 年 4 月 2 日

Cisco WebEx クラウド コネクテッド オーディオ(CCA)

「Cisco WebEx クラウド コネクテッド オーディオ」

2013 年 4 月 2 日

Hardware Media Server(HMS)、MCS 向け WebEx ノード、および ASR 向け WebEx ノードは、販売終了(EoS)およびサポート終了(EoL)に達したため、このマニュアルには含まれません。

HMS、EoL/EoS 通知:
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/voicesw/ps6789/ps5664/ps5669/end_of_life_notice_c51-706733.html

MCS 向け WebEx ノード、EoL/EoS 通知:
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/voicesw/ps6789/ps5664/ps10728/end_of_life_notice_c51-704258.html

ASR 向け WebEx ノード、EoL/EoS 通知:
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/vpndevc/ps10128/ps10339/ps10353/end_of_life_notice_c51-717225.html

2013 年 4 月 2 日

Cisco WebEx Meetings Server

「Cisco WebEx Meetings Server」

2012 年 10 月 31 日

詳細なキャパシティ プランニング情報は、「 Unified Communications の設計および配置サイジングに関する考慮事項 」の章に移されました。

「コラボレーション ソリューションの設計および配置サイジングに関する考慮事項」

2012 年 6 月 28 日

Cisco Unified Videoconferencing 製品は、販売終了(EoS)およびサポート終了(EoL)に達したため、このマニュアルには含まれません。

EoS および EoL の通知は、次の URL で参照できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps10463/prod_eol_notices_list.html

2012 年 6 月 28 日

Cisco Unified Communications システム リリース 9.0 向けの、その他のマイナー アップデート

この章の各項で説明

2012 年 6 月 28 日

コラボレーティブ会議のアーキテクチャ

ハイレベルでは、コラボレーティブ会議には、会議の参加者の一部またはすべてからの音声、ビデオ、およびコンテンツの受信、それらのストリームのミキシング、およびミキシングされた音声、ビデオ、およびコンテンツの参加者への返信が含まれます。図 22-1 に、内部と外部両方の参加者、外勤職員と遠隔地の職員、または他の組織からの参加者も含む論理的な会議を示します。

図 22-1 コラボレーティブ会議の論理的な表示

 

音声、ビデオ、およびコンテンツ共有というコラボレーティブ会議の 3 つの側面は、排他的ではありません。Cisco コラボレーティブ会議ソリューションは、これら 3 つを統合して、ユーザ エクスペリエンスを拡張します。発言中の参加者を決定する機能、ユーザのコンテンツ共有インターフェイスからの消音、コンテンツ共有に表示されるビデオ レイアウトの選択などの機能はすべて、これら 3 つの要素がソリューションによって統合されていることを示します。この章で説明するすべてのコラボレーティブ会議ソリューションは、コンテンツ共有のために Cisco WebEx インターフェイスを使用します。これにより、すべてのソリューションにわたって一貫性のあるユーザ エクスペリエンスが提供されます。

特定の組織に最適な会議ソリューションを検討するときは、多くの要素を評価する必要があります。組織のユーザの特性(遠隔地の職員の数、アクセス機能、ビデオの使用状況)や、使用できるエンドポイントの範囲と機能を考慮することが重要です。高品位などのビデオ要件または既存のビデオ インフラストラクチャとのインターワーキングも、ソリューションに影響する場合があります。会議自体の性質(トレーニング シナリオ、コラボレーティブ会議、組織の外部の会議参加者数など)は、識別する必要がある重要な特性です。初期コスト、メンテナンス コスト、投資収益率(ROI)もすべて関係します。

ソリューション間で最初に明らかにすることの 1 つは、各タイプの会議(つまりミキシング)を実行するリソースの場所がオンプレミスかオフプレミスかです。クラウド サービスへのアクセス、外勤職員の規模、およびサポート スタッフのレベルは、すべて考慮事項です。Cisco WebEx Software as a Service(SaaS)は、クラウドをオンプレミスで拡張するオプションを備えた完全にオフプレミスのソリューションを提供します。一方、Cisco Unified MeetingPlace は、オンプレミス装置とオフプレミス装置の混合によるハイブリッド配置です。Cisco Unified Communications を配置している組織は、オンプレミス ソリューションを利用することで最も利益を得ます。以降の項では、各コラボレーティブ会議ソリューションの詳細な配置オプションについて説明します。

表 22-2 は、オンプレミス クラウドの観点から利用可能なソリューションを要約したものです。

 

表 22-2 Cisco コラボレーティブ ソリューションのオンプレミス、クラウド、およびハイブリッド機能

ソリューション
オーディオ
ビデオ
コンテンツ共有
オンプレミス
クラウド
オンプレミス
クラウド
オンプレミス
クラウド

Cisco WebEx Meetings Server

Yes

No

Yes1

No

Yes

No

Cisco WebEx SaaS

No

Yes

No

Yes1

No

Yes

Cisco Unified MeetingPlace と WebEx SaaS2

Yes

No

Yes

No

No

Yes

Cisco Unified MeetingPlace(音声/ビデオだけの配置)

Yes

No

Yes

No

No

No

1.Cisco WebEx Web カメラのみ。標準ベースのビデオはサポート外。

2.Cisco Unified MeetingPlace ソリューションでは、代わりにクラウドの WebEx Web カメラ ビデオ ストリーミング機能を使用できます。ただし、相互運用性がないため、両方とも使用することは推奨しません。

Cisco WebEx Software as a Service

Cisco WebEx は、ハードウェアをオンサイトに配置する必要がないコラボレーティブ会議ソリューションです。すべてのサービス(音声、ビデオ、およびコンテンツ共有)は、Cisco WebEx Collaboration Cloud を介してインターネットでホストされます。これは、多くの場合、Software-as-a-Service(SaaS)と呼ばれます。会議は、任意の場所からでもいつでも開始および参加でき、企業への接続は必要ありません。ここでは、ソリューションの特性について説明し、WebEx SaaS の配置の設計ガイドラインを示します。

アーキテクチャ

Cisco WebEx SaaS は、Cisco WebEx Collaboration Cloud を使用して会議ソリューションを提供します。Cisco WebEx Collaboration Cloud は、キャリア クラス情報スイッチング アーキテクチャで作成されたグローバル ネットワークであり、このネットワーク上では Cisco Collaboration トラフィックのみ流れます。図 22-2 は、Cisco WebEx Collaboration Cloud のアーキテクチャを示しています。

図 22-2 Cisco WebEx Collaboration Cloud のアーキテクチャ

 

このネットワークは、リアルタイム通信専用に作成されており、TCP レイヤのフローに関連する遅延を最小化するように特別に構成されています。ネットワークは、主要なピアリング ポイントにおいてアプリケーション固有のマルチメディア スイッチで構成されており、WebEx 会議に関して高速のセッション トラフィックを処理し、また高品質のサービスを保証します。これらのスイッチは、公衆インターネットを避けて専用線で相互接続された安全性の高いシスコ データセンターに格納されています。これらのデータセンターは、主要なインターネット アクセス ポイントの近くに配置されており、会議トラフィックを世界中に安全かつ確実に転送します。主要な会議ノードを格納するこれらの大規模なデータセンターに加えて、シスコは、世界中にノードを展開しています。ネットワークは、グローバル サイト バックアップを備えた完全冗長クラスタ上に構築されます。これらのサービスおよびその他の機能は、Cisco WebEx Collaboration Cloud 運用サポート システムの一部を構成します。

ユーザは、コンピュータまたはモバイル デバイスで動作している会議クライアントを使用して WebEx 会議に接続できます。接続が確立されると、図 22-2 に示すように、WebEx Collaboration Cloud は、WebEx 会議を構成するすべての同期リアルタイム対話を管理します。ユーザは、ブラウザで WebEx Collaboration Cloud を通して、Web ゾーン内に存在する WebEx アプリケーションにアクセスします。アプリケーション プログラミング インターフェイス(API)により、WebEx Collaboration Cloud コア内の会議ゾーンで WebEx アプリケーションをスイッチング プラットフォームに関連付けます。相互接続および分散型コラボレーション スイッチの複数のクラスタ、関連付けられたデータベース、および論理的および物理的なネットワーク インフラストラクチャにより、WebEx Collaboration Cloud コアが構成されます。多層セキュリティ コンポーネントと WebEx 運用サポート システムでネットワークを囲むことにより、保護が強化されます。

WebEx Collaboration Cloud は、インテリジェントなルーティング、グローバル サイト バックアップ(GSB)、およびグローバル サーバ ロードバランシング(GSLB)を使用してリアルタイム トラフィックを確実に提供します。WebEx 会議出席者の地理的な位置に基づいて、WebEx Collaboration Cloud は、最小の遅延と最高のパフォーマンスを提供するプレゼンスのポイントを決定します。WebEx 会議ホストは、同じ領域内の地理的に離れたシスコ データセンターに物理的に配置されるバックアップ サイトを自動的に取得します。ほとんどないことですが、プライマリ WebEx サイトが使用不可になること、GSB は、すべての会議アクティビティを自動的にバックアップ サイトに切り替えます。GSLB はロードバランシング設計であり、遅延が最小になるように、WebEx Collaboration Cloud 内の最も輻輳が低いスイッチにトラフィックを振り向けます。したがって、1 台の会議スイッチで輻輳が発生すると、トラフィックは代替スイッチに振り向けられて、参加者の間で迅速な画面の更新と同期が実現され、より効果的な会議環境となります。

図 22-3 に示す WebEx 配置モデルでは、すべてのクライアントからのすべてのコンテンツ、音声、およびビデオ トラフィックは、インターネットを通過し、クラウド内で WebEx データセンターでミキシングおよび管理されます。WebEx データセンターは、論理的には、会議ゾーンと Web ゾーンに分割されます。Web ゾーンは、Web 会議の前後に発生することを処理します。スケジューリング、ユーザ管理、課金、レポート、ストリーミング レコーディングなどのタスクが組み込まれています。会議ゾーンは、実際の会議がエンドポイント間で進行中になると、その切り替えを処理します。

図 22-3 WebEx の導入

 

会議ゾーンは 2 つのサブシステムで構成されます。会議ゾーンには、会議コンテンツを切り替えるコラボレーション ブリッジがあります。マルチメディア プラットフォームは、会議内の VoIP ストリームおよびビデオ ストリームすべてのミキシングを処理します。WebEx セッションに参加するには、参加者は最初に Web ゾーンに接続する必要があります。Web ゾーンのトラフィックは、会議の前後にだけ流れ、比較的低い帯域幅であり、主にリアルタイムではありません。リアルタイムの会議コンテンツ共有は、会議ゾーンへ、または会議ゾーンから流れ、帯域幅に大きな影響を与える可能性があります。そのリアルタイムという性質から、企業のアクセス インフラストラクチャに大きな負荷がかかる場合があります。ネットワーク トラフィック プランニングの詳細については、「キャパシティ プランニング」を参照してください。

デフォルトでは、すべての WebEx 会議データは、128 ビット SSL 暗号化を使用してクライアントとシスコの Collaboration Cloud の間で暗号化されます。クラウド内の SSL アクセラレータによって、コンテンツ共有情報は復号化され、コンテンツを処理して SSL アクセラレータを介して返信する WebEx 会議ブリッジに送信されます。情報は SSL アクセラレータで再度暗号化されてから、参加者に返信されます。 Web ゾーンと会議ゾーンのトラフィックはすべて、128 ビット SSL を使用して暗号化されます。SSL 機能を Web ゾーンと会議ゾーンのサーバからオフロードするために、SSL アクセラレータが使用されます。

会議の終了後は、WebEx クラウドまたは参加者のコンピュータにセッション データは保持されません。2 種類のデータだけが長期的に保持されます。これらのデータは、課金とレポート情報、およびオプションのネットワーク ベースのレコーディングであり、どちらも許可された企業ユーザだけがアクセスできます。

会議データの一部の制限されたキャッシュが、会議ゾーンで実行されます。これは、接続に問題のあるユーザまたは開始されたあとで会議に参加するユーザが、最新の完全に同期がとれたバージョンの会議コンテンツを受信できるようにするために実行されます。

文書化されたセキュリティのベスト プラクティスに WebEx クラウドが準拠していることを保証するために、独立した第三者によって、商業的および政治的なセキュリティ要件を対象とした外部監査が実行されます。WebEx では、AICPA によって確立された標準に従って、SSAE Type 16 監査を年次で Pricewaterhouse Cooper によって実行しています。WebEx に対して監査される制御は、ISO-27002 の標準に基づきます。この重視および認知されている監査によって、顧客データの処理に関して、WebEx サービスが制御の目的および制御のアクティビティ(情報技術およびセキュリティ関連プロセスの制御を含む場合もあります)に対して詳細に監査されていることが検証されます。

セキュリティの強化を必要とするお客様の場合、クラウド内でトラフィックが復号化されないように、コラボレーション ブリッジおよびマルチメディア コンテンツに対してエンドツーエンド 256 ビット AES 暗号化を実行するオプションもあります。エンドツーエンド暗号化の結果、NBR などの一部の機能は失われます。拡張 WebEx セキュリティ オプションの詳細については、次の Web サイトで入手可能なホワイト ペーパー『 Unleash the Power of Highly Secure, Real-Time Collaboration 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps12584/prod_white_papers_list.html


) 拡張 WebEx セキュリティ オプションは、Meeting Center 会議に対してだけ使用できます。WebEx セキュリティ オプションに追加コストはかかりません。


Meeting Center で H.264 AVC/SVC コーデックを使用した高画質ビデオを会議で使用できます。このような環境を展開するには、より広いネットワーク帯域幅が必要です。高画質ビデオのネットワーク トラフィック最適化の詳細については、「キャパシティ プランニング」を参照してください。

WebEx Collaboration Cloud によって提供される IM and Presence サービスの詳細については、「Cisco IM and Presence」の章を参照してください。

スケジューリング

会議のスケジューリングと開始に関して、WebEx にはクラウドベースの Web スケジューリング機能がありますが、ほとんどの組織は企業電子メール システム(Exchange、Lotus Notes など)またはその他の企業アプリケーションからスケジューリングします。WebEx Productivity Tools は、単一のアプリケーションに組み込まれた既知のデスクトップ ツールとの統合のバンドルです。WebEx 管理者は、組織のユーザにツールを介して提供される特定の統合を制御できます。WebEx サイトからダウンロードしてインストールすることも、標準的なデスクトップ管理ツールを使用してローカルに配布することもできます。WebEx Productivity Tool の詳細については、次の Web サイトで入手可能な WebEx の『 Productivity Tools FAQs 』を参照してください。

https://vnc.WebEx.com/docs/T26L/pt/mc0800l/en_US/support/productivitytools_faq.htm

ユーザ プロファイル

クラウド内に組織の WebEx ユーザ プロファイルを作成するためのオプションがいくつかあります。実際のユーザ名とパスワード、および大量のユーザ アカウントの処理について、セキュリティ上の考慮事項を検討する必要があります。WebEx 管理者は、CSV テンプレートのバルク インポートによって手動で、またはプログラムによるアプローチによって、ユーザ プロファイルを作成できます。プログラムによるアプローチでは、WebEx API、URL、および XML のいずれかまたは組み合わせ、あるいはフェデレーション SSO ソリューションが使用されます。プログラムによるアプローチはカスタマー ポータルで使用できます。カスタマー ポータルは、WebEx に直接統合される CRM ツールや Learning Management System などのアプリケーションです。また、ユーザは、会社の WebEx サイトからアカウントにサインアップできます。要求の承認後に、ユーザ プロファイルが作成されます。

組織の LDAP ディレクトリとの直接統合の場合、Security Assertion Markup Language(SAML)を使用したフェデレーション SSO が望ましいアプローチです。フェデレーション SSO の詳細情報については、次の URL にあるホワイト ペーパーおよびテクニカル ノートを参照してください。

http://developer.cisco.com/web/webex-developer/sso-reference

Cisco WebEx 会議

Cisco WebEx 会議は、人を中心としたコラボレーション用の WebEx Meeting Center の次世代製品です。会議サービス、永続的な会議スペース、インスタント メッセージング(IM)、プレゼンス、およびその他のサービスを統合した単一のプラットフォームにより、会議の実行前、実行中、会議後を含めた任意の時点でコラボレーションが可能になります。この高度に安全なクラウドベースのソリューションは、Cisco WebEx Collaboration Cloud を通して Software as a Service(SaaS)モデルとして配布されます。(図 22-4 を参照)。

図 22-4 Cisco WebEx 会議の上位レベル アーキテクチャ

 

 

ユーザは、WebEx 会議ポータル内で完全な会議ライフ サイクル(準備、会議、フォローアップ)を実行できます。会議の前に、主催者は、議題を設定し、資料をアップロードし、会議をスケジュールし、参加者を招待することができます。会議の時間になると、主催者が会議を開始し、参加者がポータルから会議に参加できます。次に、参加者は会議中に HD ビデオで対面したり、またデータやファイル共有を実行したりすることができます。会議後、主催者は、進行状況を追跡し、会議の記録を共有し、フォローアップ ミーティングをスケジュールすることができます。参加者は、共有ファイルにアクセスし、ポータルから議論を続行できます。Cisco WebEx 会議には、一元化された永続的なストレージ領域である会議領域が付属しています。各会議には、対応する領域が作成され、会議に関連するファイルをアップロードして、他の参加者と共有できます。

WebEx 会議ポータルには、IM Web クライアントが組み込まれており、参加者が相互にチャットできます。WebEx 会議、IM およびプレゼンス サービスが単一プラットフォームに統合されているため、管理者は、サービス全体にわたって単一のユーザ ID を維持してネットワーク ベース ポリシーを管理できます。会議だけでなく、IM およびプレゼンスに対して単一のユーザ連絡先リストを作成できます。したがって、WebEx 管理タスクが大幅に効率化します。

Cisco WebEx 会議の詳細については、次の Web サイトで入手可能な製品マニュアルを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps12584/index.html


) Cisco WebEx 会議は、企業に対して、IM およびプレゼンスの部分的な展開オプションと完全な展開オプションを提供します。部分的な展開では、統合された IM Web クライアントを使用して、WebEx サイト内で IM およびプレゼンス機能を実行できます。完全な展開では、IM およびプレゼンスで IM フェデレーションが可能となり、またネイティブ クライアント(Cisco Jabber など)を使用可能になります。


ハイ アベイラビリティ

Cisco WebEx Collaboration Cloud には、非常に高レベルの冗長性が組み込まれており、シスコによって管理されています。これは障害が発生したときに、冗長な会議ノードに非常に堅牢なカットオーバーを行うことにより、サービスを継続するように設計されています。すべてのお客様に対して、プライマリ WebEx サイトに加えて、同じ領域内の地理的に離れた WebEx データセンターに物理的に配置されたバックアップ サイトが準備されています。お客様のプライマリ サイトが使用できない場合、グローバル サイト バックアップ(GSB)は、すべての会議アクティビティを自動的にバックアップ サイトに移動します。ホストと参加者は、どちらもバックアップ サイトにリダイレクトされたことに気付きません。GSB システムは、WebEx 会議に対する継続的なアクセシビリティをグローバルに実現し、すべての属性、アドレス帳、プリファレンス、会議スケジュール、およびその他のリアルタイム データを、プライマリ サイトとバックアップ サイト間で同期して保持します。この同期により、GSB は、会議の前後で冗長性とディザスタ リカバリを提供します。

Cisco WebEx クラウド コネクテッド オーディオ

Cisco WebEx クラウド コネクテッド オーディオ(CCA)は、オンプレミス IP テレフォニー ネットワークを使用するハイブリッド配置モデルに基づく音声会議ソリューションであり、組織の WebEx 会議に統合化された音声エクスペリエンスを提供します。WebEx CCA は、組織の IP テレフォニー ネットワークから WebEx クラウド インフラストラクチャに SIP トランク接続を実装します(図 22-5 を参照)。音声会議トラフィックは、サービス プロバイダー PSTN 接続の代わりにこの SIP 接続を通過します。したがって、WebEx CCA により、オーディオ コストが大幅に節約され、また他の WebEx オーディオ オプションと同様の統合化された直感的なユーザ エクスペリエンスを維持できます。

図 22-5 Cisco WebEx クラウド コネクテッド オーディオ概要設計

 

図 22-5 に示すように、一般的な WebEx CCA 概要設計は、お客様が提供する専用 IP ピアリング接続を介して接続されるオンプレミス型 IP テレフォニー ネットワークと WebEx クラウド インフラストラクチャで構成されます。オンプレミス IP テレフォニー ネットワークは、Cisco Unified Communications Manager(Cisco Unified CM)クラスタおよび Cisco Unified Border Element で構成されます。Cisco Unified Border Element は、WebEx クラウド インフラストラクチャに導入され、組織の IP テレフォニー ネットワークのエントリ ポイントを示します。クラウド内およびカスタマー サイトの Cisco Unified Border Element は、SIP 経由で互いに通信します。冗長性のために地理的に離れた場所に存在する別々の WebEx データセンターに接続するため、WebEx CCA には IP ピアリング接続が 2 つ必要です。冗長 IP リンクは、アクティブ/スタンバイ モードで設定されます。すべての会議の音声トラフィックがプライマリ リンクを経由して流れ、またプライマリ リンクがダウンした場合には、セカンダリ リンクにフェールオーバーします。また、WebEx CCA では、ゲートウェイ ルータがボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)と双方向フォワーディング検出(BFD)プロトコルをサポートする必要があります。BGP と BFD は、ネットワーク障害が発生した場合に、より重要となる高速の再コンバージェンス時間を提供します。


) WebEx データセンター機器、オーディオ ブリッジおよびサーバは、WebEx CCA ソリューションの他のカスタマーとともに共有インフラストラクチャ上で実行されます。


Cisco Unified CM は、カスタマー サイトの Cisco Unified Border Element を介して WebEx クラウドと SIP 接続され、テレフォニー信号を処理します。会議のダイヤルイン番号はカスタマーが所有し、カスタマー サイトで終端します。コール ルーティングはカスタマー サイトで処理され、コール シグナリングと音声トラフィックは冗長 IP ピアリング接続で処理され、コール ミキシングはクラウドで処理されます。ユーザが企業内の会議番号に電話をかけると、Cisco Unified CM は、PSTN を経由することなく、Cisco Unified Border Element を通して専用 SIP トランク経由で WebEx クラウドにコールをルーティングします。会議ユーザがコールバックを要求すると、WebEx は、そのコールをカスタマー サイトの Cisco Unified Border Element に送信し、そこから宛先エンドポイントにルーティングされます。会議ユーザが企業ネットワークの外部にいる場合、コールは着信前またはカスタマー IP テレフォニー ネットワークを出た後に、PSTN 経由でルーティングされます。WebEx CCA は、G.711 オーディオ コーデック、RFC 2833 DTMF、および SIP シグナリングのみサポートします。

WebEx CCA は、継続的なサービス操作を保証するよう設計された高い可用性の完全な冗長アーキテクチャを持っています。すべての主要コンポーネントには、相互にバックアップするアクティブ モードとスタンバイ モードのインスタンスが 2 つあります。2 つの独立したルータのペア、2 つの Cisco Unified Border Element のペア、および 2 つの音声会議ブリッジで処理される 2 つの IP ピアリング接続があります。これらのいずれかのコンポーネントに障害が発生すると、スタンバイ側が引き継ぎます。アクティブ ピアリング リンクに障害が発生した場合、ネットワークはスタンバイ接続を介して収束します。すべての既存のコールは継続しますが、メディア フローが非常に短時間中断します。Cisco Unified Border Element は、Out-of-Dialog OPTIONS ping メカニズムを使用して互いの動作状態をモニタします。また、カスタマー サイトの Cisco Unified Border Element は、Out-of-Dialog OPTIONS ping メカニズムを使用して Cisco Unified CM クラスタを監視します。ping への応答に失敗すると、送信側のダイヤルピア リストから無応答要素が削除され、すべての新しいコールがスタンバイ インスタンスを介してルーティングされるようになります。アクティブ WebEx オーディオ ブリッジが失敗すると、ブリッジに関連付けられたすべてのコールが終了し、スタンバイ WebEx オーディオ ブリッジがアクティブになります。次に、WebEx は、ユーザに対して新しくアクティブになったブリッジに接続するための新しい番号を要求します。また、これで、障害発生前にシステムから発信されたすべてのコール(コールバック)がリダイヤルされます。

Cisco WebEx クラウド コネクテッド オーディオを導入する場合には、次のガイドラインを考慮してください。

シスコは、WebEx CCA の導入で Cisco Unified CM 8.5 以降のリリースを使用することを推奨しています。

シスコは、WebEx CCA の導入で専用の Cisco Unified Border Element を使用して、健全なアーキテクチャと容易なトラブルシューティングを保証することを推奨しています。

Cisco Unified Border Element は、音声ポートの容量の要件に合わせて、Cisco Integrated Services Router(ISR)またはアグリゲーション サービス ルータ(ASR)上に導入できます。

パケット インスペクションの代わりにアクセス コントロール リスト(ACL)を使用して、IP ピアリング リンク上のファイアウォール トラフィックを制限します。

システム管理者は、ゲスト ダイヤルインに対して、少なくとも 1 つの料金付きおよび 1 つのフリー ダイヤル番号を提供する必要があります。

G.711 以外のオーディオ コーデックが望ましい場合は、トランスコーダを使用して、WebEx に送信する前に G.711 にオーディオ ストリームを変換します。

すべての会議番号に関して Cisco Unified Border Element を介して、少なくとも 1 つのダイヤルイン(DID)デジタル番号識別サービス(DNIS)を WebEx クラウドに渡す必要があります。

Cisco WebEx クラウド コネクテッド オーディオの詳細については、次の Web サイトで入手可能なマニュアルを参照してください。

http://www.cisco.com/go/cwcca

キャパシティ プランニング

特定のお客様について、同時会議の実際の数は本質的には無制限です。WebEx 会議のタイプが異なると、参加者数に関するキャパシティも異なります。詳細な製品比較表については、次の Web サイトで入手可能な『 Cisco WebEx Web Conferencing Product Comparison 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/prod/ps10352/product_comparison.html

ネットワーク トラフィック プランニング

インターネットへのトラフィックが増加するにつれて、ネットワーク トラフィック プランニングを考慮することが重要になります。ネットワーク トラフィックを計画する場合、ユーザが WebEx を使用する方法によって、会議で生成されるトラフィック量が大きく異なります。たとえば、参加者がネイティブ プレゼンテーション共有(ドキュメントは共有の前に WebEx サイトにロードされます)を使用する場合、生成されるデータはデスクトップを共有する場合よりも大幅に少なくなります。大企業の場合、特にインターネット アクセス ポイントなどのネットワーク内の混雑するポイントで、このことを理解して正しいトラフィック エンジニアリングを確保することが重要です。最繁時にホストされる平均会議数と平均参加者数を事前に見積もる必要があります。そのあとで、これらの会議のタイプと特性に応じて、帯域幅の要件を見積もることができます。ネットワーク トラフィック プランニングの詳細については、次の Web サイトで入手可能な『 WebEx Network Bandwidth White Paper 』を参照してください。

http://www.WebEx.com/pdf/wp_bandwidth.pdf

設計上の考慮事項

Cisco WebEx SaaS ソリューションを実装する場合は、次の設計上の考慮事項に従ってください。

通常、コラボレーティブ会議システムによって、正時の呼処理の負荷が大きくなります。シスコ代理店と従業員は、コラボレーティブ会議固有のパラメータが設定されたキャパシティ プランニング ツールにアクセスして、大規模構成の Cisco Unified Communications システムのキャパシティを計算できます。システムのサイジングでサポートが必要な場合は、シスコ代理店またはシスコのシステム エンジニア(SE)にお問い合わせください。シスコ代理店と従業員は、Cisco Unified Communications Sizing Tool を http://tools.cisco.com/cucst で入手できます。

WebEx クライアントからのすべての接続が、クラウドに向けて開始されます。通常、イントラネット デバイスがインターネットへの TCP 接続を開始することをファイアウォールが許可するかぎり、ネットワーク ファイアウォール内の開いているピンホールは必要ありません。

会議のビデオおよびデータ トラフィックに対して十分な帯域幅をプロビジョニングします。詳細については、「ネットワーク トラフィック プランニング」を参照してください。

ビジネス要件に基づき、以下の点について設計上の意思決定を行う必要があります。

ユーザの作成および認証オプション(詳細については「ユーザ プロファイル」を参照してください)

会議のスケジュール オプション(詳細については「スケジューリング」を参照してください)

Cisco WebEx SaaS は、多層セキュリティ モデルを使用します。また、セキュリティは WebEx インフラストラクチャから組織および個々の会議のレイヤに拡張されます。さまざまなセキュリティ オプションが使用可能であり、ビジネス要件に応じて、組織は異なるレベルのセキュリティを導入できます。セキュリティ オプションと考慮事項については、次の Web サイトで入手可能なホワイト ペーパー『 Unleash the Power of Highly Secure, Real-Time Collaboration 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps12584/prod_white_papers_list.html

高画質または高品質の WebEx ビデオがサードパーティのオーディオ ブリッジに組み込まれている場合は、通話中のスピーカーのビデオではなく、プレゼンタのビデオが通話中のスピーカーのウィンドウに表示されます。

シスコのさまざまなコラボレーティブ クライアント製品の詳細と、それらがコラボレーティブ会議ソリューションにどのように適しているかについては、「Cisco Collaboration クライアント」を参照してください。

Cisco WebEx Meetings Server

Cisco WebEx Meetings Server は、非常に安全で、十分に仮想化された、プライベート クラウドの会議ソリューションで、音声、ビデオ、Web による会議を単一のソリューションに組み合わせています。Cisco WebEx Meetings Server は、従業員の生産性を高め、さらにダイナミックなコラボレーションと柔軟な働きかたをサポートするために必要なツールを備えた、包括的な会議ソリューションを提供することで、現代の企業のニーズに応えます。既存ユーザは、導入済みの Cisco Unified Communications をベースにしながら、既存の Cisco Unified Communications Manager 実装に SIP アーキテクチャを使用した会議の機能を拡張できます。また、次の例のように、Cisco WebEx Meetings Server は多くの機能の実行に Cisco Unified CM を活用します。

SIP トランク接続と Unified CM を使用して電話会議を主催する

セキュア会議のサポートに Unified CM の SIP トランクのセキュア接続を利用する

Unified CM によってレガシーまたはサードパーティ製 PBX を統合する

IPv6 をサポートするよう Unified CM のデュアル スタック(IPv4 および IPv6)機能を実装する

これらの機能については、続く項で詳しく説明します。

アーキテクチャ

Cisco WebEx Meetings Server は、Cisco Unified Computing System(UCS)で動作する、全面的に仮想化された、ソフトウェア ベースのソリューションです。サービスを迅速に展開するために、仮想アプライアンス テクノロジーを使用します。仮想アプライアンスは、システムの管理タスクを簡素化します。たとえば、ハイパーバイザ テクノロジーを使用することで、メンテナンスのためにシステム コンポーネントを簡単に移動したり、問題が発生したときにシステム コンポーネントを正常動作するバージョンに簡単にロール バックすることが可能です。仮想アプライアンスは、業界標準の形式、Open Virtual Appliance(OVA)で配布されます。WebEx Meetings Server をインストールするために必要なすべてのソフトウェア コンポーネントが OVA 内部に実装されます。従来、実行ファイルのインストーラを使用して個々のソフトウェア コンポーネントをインストールする場合は、ソフトウェアの展開に時間がかかりました。しかし、OVA を使用すれば、すべてのソフトウェア コンポーネントがファイル内にあらかじめパッケージ化されているため、ソフトウェアを展開するのに必要な時間を大幅に削減できます。したがって、仮想アプライアンス テクノロジーは Cisco WebEx Meetings Server の展開にかかる時間を大幅に減らすのに役立ちます。

図 22-6 に、非分割水平ネットワーク トポロジを使用した Cisco WebEx Meetings Server の上位レベル アーキテクチャを示します。(非分割水平ネットワーク トポロジの詳細については、次の URL で入手可能な『 Cisco WebEx Meetings Server Planning Guide 』を参照してください。 http://www.cisco.com/en/US/products/ps12732/products_installation_and_configuration_guides_list.html )仮想アプライアンス内には、1 つ以上の仮想マシン(VM)が実行されている場合があります。管理、Web、メディアの仮想マシンです。管理仮想マシンおよび Web 仮想マシンは、管理や WebEx サイトのバックエンド処理として機能します。これらのサイトは、設定、会議のスケジューリングや参加、録音の再生といった、会議の前後に発生するタスクを処理します。メディア仮想マシンは、会議中にリソース割り当て、テレビ会議の呼制御、およびメディア処理(音声、ビデオ、データ)を提供します。仮想アプライアンス内で動作する仮想マシンの数は、必要なキャパシティと、ハイ アベイラビリティの必要性によって決まります。これは、配置サイズにさまざまなオプションを提供します。

図 22-6 Cisco WebEx Meetings Server の上位レベル アーキテクチャ

 

Cisco WebEx Meetings Server には、外部アクセスを容易にするため、DMZ 内にインターネット リバース プロキシ(またはエッジ サーバ)を配置するというオプションがあります。このオプションには、2 つの利点があります。まず、すべての外部参加者はインターネットから VPN を通過せずに、安全に WebEx 会議にアクセスできます。2 番目に、モバイル ユーザは常に、インターネット接続が存在する限り、モバイル デバイスからの会議に参加できます。モバイル クライアント アクセスがイネーブルの場合、インターネット リバース プロキシが必須であることに注意してください。

インターネット リバース プロキシは、インターネットからのすべての着信トラフィックを DMZ 内で終端させるために使用されます。コンテンツは暗号化された Secure Socket Layer(SSL)または Transport Layer Security(TLS)トンネルを介して内部仮想マシンに転送されます。この暗号化されたトンネルは、インターネット リバース プロキシに外向き接続する内部仮想マシンによって確立されます。したがって、DMZ から内部ファイアウォールの内部ネットワークに着信 TCP ポートを開放する必要はありません。ただし、DMZ 内のインターネット リバース プロキシとの通信を許可するには、内部ファイアウォールで内部ネットワークからの一部の発信ポートを開く必要があります。

すべてのエンドユーザ セッションは、業界標準の Secure Socket Layer(SSL)および Transport Layer Security(TLS)を使用して、100% 暗号化されます。仮想マシン間のすべてのトラフィックは、セキュアなチャネルを介して送信されます。米国の国防総省(DoD)レベルのセキュリティを提供する Federal Information Processing Standard(FIPS)暗号化も、単一のポリシー設定によってオンにできます。または、図 22-7 のように、インターネット リバース プロキシを内部ファイアウォールの後方に配置することもできます。

図 22-7 内部ファイアウォール後方のインターネット リバース プロキシ

 

 

組織では一般に、セキュリティ上の理由から、DMZ の内側にコンポーネントを配置する許可の取得に何ヵ月もかかります。この方法を使用して、DMZ コンポーネントを排除して承認プロセスをバイパスすることで、WebEx 会議にサーバの配置を迅速に実施できます。外部ファイアウォールへのすべてのインターネット トラフィック(ポート 80 上の HTTP およびポート 443 上の SSL)は、内部ファイアウォールに転送される必要があります。これは、外部インターフェイスと内部ファイアウォールに開く必要があるポート数を最小限に抑えます。ただし、内部ネットワーク内にインターネット リバース プロキシを配置することは、受信インターネット トラフィックが内部ネットワークで終端することを意味します。内部ネットワークへの直接のインターネット アクセスはファイアウォールによって制御できますが、すべての組織が内部ネットワークでインターネット トラフィックを直接終端させることを許可しているわけではありません。このオプションを選択する前に、この配置が組織の IT ポリシーに違反していないことを確認してください。

大規模企業への配置では、エンド ユーザが企業の資格情報を使用してサイン インできるよう、シングル サイン オン(SSO)機能が必要になることがあります。Cisco WebEx Meetings Server は、SSO の業界標準 SAML 2.0 を使用して、社内 LDAP ディレクトリに接続できます。


) Cisco WebEx Meetings Server は、Meeting Center だけをサポートします。



) Cisco WebEx Meetings Server 1.1 以降、Cisco Unified CM IM and Presence サービスと統合された Cisco Jabber を使用して、WebEx Meetings Server 上でホストされた会議に参加または開始することができます。Cisco Jabber のサポートの詳細については、http://www.cisco.com/en/US/products/ps12732/prod_installation_guides_list.html で入手可能な『Cisco WebEx Meetings Server System Requirements』を参照してください。


Cisco Unified CM の統合

Cisco WebEx Meetings Server は、Cisco Unified CM と Session Management Edition(SME)の両方をサポートします。Cisco Unified CM は、WebEx Meetings Server アーキテクチャの中心部分で、次の操作を可能にします。

会議参加者が Cisco IP Phone または PSTN によって電話会議に参加する

Cisco WebEx Meetings Server とレガシーまたはサードパーティ製 PBX との統合

Cisco Unified CM は、着信およびコールバックの呼制御を行う SIP トランクによって WebEx Meetings Server と統合します。カスタマーは、セキュリティをオンにして、SIP トランク接続上で Transport Layer Security(TLS)および Secured Real-time Transport Protocol(SRTP)を実行できます。SIP トランクは、WebEx Meetings Server 内のロード バランサの宛先アドレスを使用して Unified CM 上で設定され、SIP トランク経由のコールをルーティングするために、ルート パターン(WebEx Meetings Server で設定されたコール インのアクセス番号と一致)を使用する必要があります。2 番目の SIP トランクは、WebEx Meetings Server のアプリケーション サーバの宛先アドレスを使用して Unified CM 上で設定され、SIP トランク経由のコールをルーティングするためには SIP ルート パターンを使用する必要があります。会議に参加するために参加者がアクセス番号をダイヤルすると、コール送信に最初の SIP トランクが使用されます。コールが接続され、発信者が会議 ID を入力した後、ロード バランサは SIP REFER を Unified CM に発行して、2 番目の SIP トランク経由で会議をホストするアプリケーション サーバに発信者を転送します。

システム管理者は、コールバックを実行するよう、Unified CM をポイントする WebEx Meetings Server 内の SIP トランクを設定できます。参加者はコールバック番号を提供し、ブリッジに参加するようシステムから参加者の番号へ外線ダイヤルさせます。参加者がコールバックを要求している場合、WebEx Meetings Server は設定済み SIP トランク経由でコールバック番号とともに、Unified CM に SIP 要求を送信します。会議参加のコールバック要求から受信したすべてのダイヤル ストリングを Unified CM が解決できることが不可欠です。サイト管理設定により、コールバックをシステム全体で無効にすることもできます。Unified CM が、さまざまな国やほとんどの企業がブロックするその他の番号に対するすべての料金制限を制御します。WebEx Meetings Server は、それ自体に料金制限ブロッキングを持たないためです。

WebEx Meetings Server は双方向 SIP OPTIONS ping メカニズムをサポートします。リモート エンドからの ping 応答は、リモート エンドがアクティブかどうか、コールを受け入れることができるかどうかを示します。応答に基づいて、WebEx Meetings Server または Unified CM は現在の SIP トランク上でコールを発信するか、代替 SIP トランク(設定されている場合)を探して発信するかを判断できます。SIP OPTIONS ping は Cisco Unified CM 8.5 以降のリリースでサポートされていることに注意してください。この理由から、Cisco WebEx Meetings Server 配置には、SIP OPTIONS ping をサポートする、互換性のある Cisco Unified CM バージョンを使用することを推奨します。互換性のある Unified CM バージョンのリストについては、次の Web サイトで入手可能な『 Cisco WebEx Meetings Server System Requirements 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps12732/products_installation_and_configuration_guides_list.html


) Cisco WebEx Meetings Server は Cisco Unified CM との SIP トランク接続のみをサポートします。


レガシー PBX の統合

レガシー PBX があり、Cisco Unified Communications ソリューションに完全移行する準備ができていない一部の組織が、会議用システムに Cisco WebEx Meetings Server を使用することがあります。Cisco Unified CM は、レガシー PBX と Cisco WebEx Meetings Server とのブリッジ接続に使用できます。Cisco WebEx Meetings Server は、Unified CM だけを認識でき、PBX が Unified CM の背後にあることは認識しません。Unified CM が組織の PBX と相互運用できるのであれば、Cisco WebEx Meetings Server を組織の PBX と統合できます。この統合によって複数の利点が得られます。

レガシー システムのユーザも新しいテクノロジーを体験できる

組織が新しいテクノロジーを段階的に自分のペースで導入できる

シスコのテクノロジーに徐々に移行しつつ、既存のテクノロジーに対するカスタマーの投資を保護する

PBX と Unified CM との相互運用性の詳細については、次の Web サイトで入手可能なマニュアルを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/solutions/ns340/ns414/ns728/networking_solutions_products_genericcontent0900aecd805b561d.html

IPv6 のサポート

Cisco WebEx Meetings Server は、テレフォニー オーディオについて、IPv4 のみ、またはデュアル スタック(IPv4 および IPv6)アドレッシングをサポートします。テレフォニーのシグナリングは IPv4 のままです。オーディオ ストリームは、IPv4、IPv6 に加え、同じ会議で IPv4 と IPv6 を混合して使用できます。Cisco WebEx Meetings Server は、代替ネットワーク アドレス タイプ(ANAT)をサポートし、SIP トランクと Unified CM とが優先アドレッシング方式を使用したメディア接続を確立するために SIP Offer と Answer を交換する間、Session Description Protocol(SDP)内での IPv4 と IPv6 両方のメディア アドレッシングをイネーブルにします。

電話会議には、IPv4 と IPv6 の両方を使用できます。IPv6 デバイスの場合、Cisco WebEx Meetings Server は IPv6 シグナリングを IPv4 に変換し、SIP トランクを介して Cisco WebEx Meetings Server に伝送する Unified CM の機能を活用します。テレフォニー メディア アドレッシングを使用すると、Cisco WebEx Meetings Server は IPv4 と IPv6 の間での変換を実行できます。したがって、Cisco WebEx Meetings Server は高価な MTP リソースなしで IPv6 をサポートできます。

ANAT を使用すると、Cisco WebEx Meetings Server は IPv6 テレフォニー シグナリングのサポートなしで IPv6 テレフォニーのオーディオをサポートできます。ただし、ANAT が Unified CM SIP トランクの両側でサポートされている必要があります。Unified CM SIP トランクの ANAT を必ず有効にしてください。有効にしないと、参加者のコールバック要求やダイヤル イン試行のときのコール確立に失敗します。

WebEx Meetings Server で IPv6 がイネーブルにされると、ANAT ヘッダーはメディア オファーに含まれます。メディア オファーに ANAT ヘッダーが含まれる場合、WebEx Meetings Server は必ず ANAT ヘッダーで応答します。次に、ANAT ヘッダーを使用した、IPv6 対応 WebEx Meetings Server とデュアル スタック Unified CM との間でのメディア アドレスのバージョン選択プロセスについて説明します。

WebEx Meetings Server が Unified CM にコールを発信するとき、SDP オファーには IPv6 と IPv4 の両方のメディア アドレスが含まれます。着信側デバイスが IPv6 の場合、Unified CM はメディア接続に IPv6 を選択して SDP の IPv6 メディア アドレスに応答します。着信側デバイスがデュアル スタックの場合、Unified CM は IP Addressing Mode Preference for Media パラメータを使用して SDP に応答するアドレス バージョンを決定します。パラメータが IPv6 に設定されている場合、IPv6 がメディア接続に使用されます。

Unified CM が SIP トランクによって WebEx Meetings Server にコールを発信すると、WebEx Meetings Server は ANAT ヘッダーを使用する SDP オファーを受信します。SDP オファーに IPv6 と IPv4 両方のメディア アドレスが含まれている場合、WebEx Meetings Server は ANAT ヘッダーで高い優先順位が指定されたバージョンで応答します。この場合は IPv6 になります。SDP に IPv6 アドレスだけが含まれている場合は、IPv6 メディア アドレスを使用して WebEx Meetings Server が応答します。

Cisco Unified Communications システムでの IPv6 の導入の詳細については、次の Web サイトで入手可能な『 Deploying IPv6 in Unified Communications Networks with Cisco Unified Communication Manager 』の最新バージョンを参照してください。

http://www.cisco.com/go/ucsrnd

ハイ アベイラビリティ

Cisco WebEx Meetings Server はコンポーネントの障害が発生した場合にシステム可用性を確保するために N+1 冗長性方式を使用します。システム レベルでは、内部の仮想マシンとコンポーネントはアクティブ/アクティブ モードで動作します。あるコンポーネントがダウンすると、システムはそのコンポーネントを再起動します。ステータス情報が、システム コンポーネントの間で交換されます。このステータス情報を使用して、システムはアクティブな機器間で要求を均等に配ることができます。配置のサイズによって、バックアップまたは冗長システムの仮想マシンの数は、プライマリ システムと同じ場合も、同じでない場合もあります。

ハイ アベイラビリティ システムでは、会議をホストする仮想マシンがダウンした場合、影響を受けた会議クライアントは短時間のうちに利用可能なサービスに自動的に再接続します。ただし、障害の性質や障害の起きたコンポーネントによっては、すべてのクライアントと会議が影響を受けるわけではありません。コンポーネント障害中のシステムの動作の詳細については、次の Web サイトで入手可能な『 Cisco WebEx Meetings Server Release Notes 』の最新バージョンを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps12732/prod_release_notes_list.html

仮想 IP アドレス

ハイ アベイラビリティ システム内には、アクティブな管理内の 2 つめのネットワーク インターフェイスと、仮想 IP アドレスで設定されたインターネット リバース プロキシ仮想マシンがあります。管理および WebEx サイト URL は、管理と WebEx サイトへのアクセスにこの仮想 IP アドレスを使用します。フェールオーバーが発生した場合、仮想 IP アドレスは新しいアクティブ仮想マシンに移行します。このように、管理および WebEx サイトにアクセス冗長性を提供します。

デュアル データセンター設計のディザスタ リカバリ

バックアップ WebEx Meetings Server システムが異なる地域にある必要があるディザスタ リカバリ用の配置では、セカンダリ データセンターにまったく同じように設定されたリカバリ システムを導入することが可能です。WebEx Meetings Server システムがプライマリ データ データセンターで動作している間、プレインストールされたリカバリ システムは、シャット ダウンまたはメンテナンス モードにしておく必要があります。障害が発生し、主要データ データセンターがダウンした場合、リカバリ システム電源がオンにされ、プライマリ データ データセンターの WebEx Meetings Server から最新のシステム バックアップを使用して復元される必要があります。

ディザスタ リカバリ オプションを使用する場合は、次の点に注意してください。

プライマリおよびリカバリ システムは相互に依存せず、まったく接続しません。

リカバリ システムは、復元対象のプライマリ システムのシステム バックアップにアクセスできる必要があります。

電話会議を処理するために Unified CM サブスクライバをリカバリ システムにローカル セットします。

ディザスタ リカバリ要件と手順の詳細については、次の Web サイトで入手可能な『 Cisco WebEx Meetings Server Administration Guide 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps12732/prod_installation_guides_list.html

キャパシティ プランニング

WebEx Meetings Server のキャパシティは、選択したプラットフォームや配置内で実行する会議ノードの数によって異なります。キャパシティ プランニングの詳細については、「コラボレーティブ会議」を参照してください。

ストレージ プランニング

会議を記録することが必要な場合、録音を維持するのに十分なディスク領域を Network Attached Storage(NAS)デバイスで割り当てる必要があります。ディスク領域スペース割り当ての詳細については、次の Web サイトで入手可能な『 Cisco WebEx Meetings Server Planning Guide 』の「 Meeting Recordings 」の項を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps12732/products_installation_and_configuration_guides_list.html

ネットワーク トラフィック プランニング

WebEx Meetings サーバ コラボレーションのネットワーク トラフィック プランニングは、次の要素で構成されます。

呼制御帯域幅

呼制御帯域幅は非常に狭いですが、重要です。WebEx Meetings Server と Unified CM を同じ場所に設置することによって、呼制御に伴う問題の回避が容易になります。離れた場所に設置する場合は、信頼できる動作を保証するための適切な QoS プロビジョニングが必要になります。呼制御帯域幅は、WebEx Meetings Server と Unified CM の間のコールの確立に使用され、各コールに必要な帯域幅の大きさは、参加者が会議に参加する方法によってが決まります。会議にダイヤルインする参加者では、コールによって、2 つの SIP コールを実行するのとほぼ同量の帯域幅が消費されます。コールバックを要求している参加者では、コールによって、1 つの SIP コールを実行するのとほぼ同量の帯域幅が消費されます。SIP コールに関する呼制御帯域幅の概算および QoS プロビジョニングの詳細については、「ネットワーク インフラストラクチャ」の章を参照してください。

リアルタイム トランスポート プロトコル(RTP)トラフィック帯域幅

RTP トラフィックは、音声とビデオのトラフィックで構成されます。音声帯域幅の計算は、各デバイスで使用するオーディオ コーデックによって異なります。(コーデック タイプ別の帯域幅使用状況については、「ネットワーク インフラストラクチャ」の章を参照してください)。ビデオ帯域幅は、WebEx SaaS と同じ方法で計算できます。(「ネットワーク トラフィック プランニング」を参照)。

Web コラボレーション帯域幅

WebEx Meetings Server の Web コラボレーション帯域幅は WebEx SaaS と同じ方法で見積もることができます。(「ネットワーク トラフィック プランニング」を参照)。

設計上の考慮事項

次の設計上の考慮事項が、WebEx Meetings Server の配置に追加で適用されます。

WebEx Meetings Server のコンポーネントがネットワーク ファイアウォールで分離されるシナリオでは、必要なすべてのトラフィックに対して適切なピンホールが開かれていることが不可欠です。

通常、コラボレーティブ会議システムによって、正時の呼処理の負荷が大きくなります。WebEx Meetings Server 用の特定のパラメータを設定したキャパシティ プランニング ツールは、シスコ代理店と従業員が使用できる機能であり、大規模構成の Cisco Unified Communications システムのキャパシティの計算に役立ちます。システムのサイジングでサポートが必要な場合は、シスコ代理店またはシスコのシステム エンジニア(SE)にお問い合わせください。シスコ代理店と従業員は、Cisco Unified Communications Sizing Tool を http://tools.cisco.com/cucst で入手できます。

Transport Layer Security(TLS)および Secured Real-time Transport Protocol(SRTP)の使用は、WebEx Meetings Server のキャパシティに影響しません。ただし、TLS と SRTP の使用は Cisco Unified CM キャパシティに影響を与えます。

WebEx Meetings Server には、回線エコー キャンセレーションが組み込まれていません。エコー キャンセレーション機能を提供するには、Cisco Integrated Service Router(ISR)などの外部デバイスを使用します。

シスコのさまざまなコラボレーティブ クライアント製品の詳細と、それらがコラボレーティブ会議ソリューションにどのように適しているかについては、「Cisco Collaboration クライアント」の章を参照してください。

WebEx Meetings Server を使用したコール アドミッション制御は、Unified CM によって実行されます。ロケーションベースのコール アドミッション制御では、Unified CM は、WebEx Meetings Server 固有の SIP トランクを一定量の音声帯域幅が許可されたロケーションに置くことによって、WebEx Meetings Server システムへの帯域幅を制御できます。また、Unified CM は、コール アドミッション制御も提供可能なリソース予約プロトコル(RSVP)の使用をサポートします。コール アドミッション制御戦略の詳細については、「コール アドミッション制御」の章を参照してください。

シスコでは、リップシンク維持のため、WebEx Meetings Server からのオーディオ ストリームとビデオ ストリームの両方を AF41(DSCP 0x22)としてマークすることを推奨します。これらの値は、WebEx Meetings Server 管理で設定できます。

Web 会議トラフィックは SSL で暗号化され、常にベストエフォート(DSCP 0x00)とマークされます。

参考文献

WebEx Meetings Server のネットワーク要件、ネットワーク トポロジ、配置サイズのオプション、および他の導入要件とオプションについては、次の Web サイトで入手可能な『 Cisco WebEx Meetings Server Planning Guide 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps12732/products_installation_and_configuration_guides_list.html

Cisco WebEx 対応 TelePresence

Cisco WebEx Enabled TelePresence は、Cisco TelePresence のビデオ エクスペリエンスと Cisco WebEx Meeting のプレゼンテーション エクスペリエンスを単一の会議に統合するコラボレーション会議プラットフォームです。Cisco WebEx と TelePresence は、標準ベースのビデオ エンドポイントおよび WebEx 会議クライアントで動作するように最適化されています。これにより、会議の範囲を拡張すること、およびすべての参加者のエクスペリエンスを簡素化することができます。TelePresence エンドポイントおよび WebEx クライアント上の出席者は、お互いの間で双方向ビデオ、音声、コンテンツを安全に共有できます。このプラットフォームは、2 会議システムのユーザ エクスペリエンスを集約し、より多くの場所のより多くのデバイス上のユーザにコラボレーションを拡張します。

Cisco WebEx Enabled TelePresence により、主催者は、WebEx Productivity Tools または Cisco TelePresence Management Suite(TMS)で対応可能となる Microsoft Outlook の使い慣れたインターフェイスを使用して会議をスケジュールすることができます。ホストは、参加者を選択し、優先エンドポイントおよび WebEx 情報を追加し、また参加者全員に招待を送信します。参加者は、生産性向上ツールを使用して、TelePresence または WebEx を通して参加する方法に関するすべての情報が含まれる単一の会議招待を受信します。会議は、TelePresence エンドポイントから One Button To Push(OBTP)を使用して起動するか、またはスケジュールされた開始時刻に Cisco TMS で自動的にエンドポイントに接続できます。

アーキテクチャ

図 22-8 に示すように、Cisco WebEx Enabled TelePresence の上位レベル アーキテクチャは、IP 接続を介して接続される WebEx クラウド インフラストラクチャと企業のコラボレーション ネットワークで構成されます。エンタープライズ コラボレーション ネットワークは、Cisco Unified Communications Manager(Unified CM)、Cisco TelePresence Video Communication Server(VCS)Control と Expressway、TelePresence ブリッジ、および Cisco TelePresence Management Suite(TMS)で構成されます。Cisco Unified CM と Cisco VCS Control は、企業内の TelePresence エンドポイントにコール ルーティングと呼制御を提供する呼処理プラットフォームです。また、Cisco VCS Control は、Cisco VCS Expressway を通してインターネットに非ローカル ドメイン コール(たとえば WebEx クラウドへのコール)をルーティングします。Cisco Unified CM と Cisco VCS Control は、SIP トランクを介して接続されます。

Cisco Unified CM と Cisco VCS の統合の詳細については、次の Web サイトで入手可能な『 Cisco VCS and CUCM Deployment Guide 』の最新バージョンを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11337/products_installation_and_configuration_guides_list.html

TelePresence ブリッジは、TelePresence エンドポイント参加者からの音声を混合し、Cisco VCS Control に混合オーディオ、通話中のスピーカーのビデオ、およびコンテンツ共有ビデオを送信します。これで、コールが SIP を使用して WebEx クラウドにルーティングされます。同様に、TelePresence ブリッジは、WebEx クラウドからメディア(混合オーディオ、通話中のスピーカーとコンテンツ共有)を受信し、そのオーディオを TelePresence 会議にカスケードし、さらにコンテンツ共有ビデオを TelePresence エンドポイントに送信します。TelePresence ブリッジは、通話中のスピーカーが WebEx 側からであると検出した場合、TelePresence エンドポイントを通話中のスピーカーのビデオに切り替えます。通話中のスピーカーが TelePresence 側からの場合、TelePresence ブリッジは、前の通話中のスピーカーのビデオを現在の通話中のスピーカーの TelePresence エンドポイントに送信します。

図 22-8 SIP による WebEx 音声を使用した Cisco WebEx 対応 TelePresence

 

DMZ では、Cisco VCS Expressway は、企業と WebEx クラウド間のトラバーサル コールを処理し、また信号とメディアが内部および外部ファイアウォールを横断するのを許可します。Cisco VCS Expressway は、設定された DNS ゾーンを介して WebEx クラウドに接続し、WebEx に DNS ルックアップを介してコールをルーティングします。Cisco VCS Expressway は、TLS およびセキュアな RTP への SIP 信号とメディアをクラウドに送信する前に暗号化し、また着信トラフィックを企業ネットワークにルーティングする前に復号化します。カスタマーには、企業内で SIP 信号およびメディア トラフィックの暗号化をオンにするオプションがあります。また、Cisco VCS Expressway は、企業ネットワーク外の TelePresence エンドポイントに関して呼制御に対するプロキシ機能を提供します。そのため、これらのエンドポイントの参加者が WebEx 対応 TelePresence 会議に参加できるようになります。

WebEx クラウドが、企業ネットワークから送信されたトラバーサル コールおよびメディアを受信すると、WebEx 音声ブリッジは WebEx 会議に音声をカスケードし、WebEx は通話中のスピーカーのビデオに切り替え、WebEx 会議クライアントで共有されるコンテンツを表示します。同様に、WebEx クラウドは、WebEx 側から Cisco VCS Expressway に、会議混合オーディオ、通話中のスピーカー、およびコンテンツ共有ビデオを送信します。それらは、そこで TelePresence ブリッジにルーティングされます。

Cisco WebEx 対応 TelePresence は、通話中のスピーカーとコンテンツ共有に対して H.264 ビデオをサポートします。また、コンテンツ共有に対して Binary Floor Control Protocol(BFCP)、およびオーディオに対して G.711 コーデックを使用します。Cisco WebEx は H.264 ビデオおよび G.711 音声コーデックを使用しますが、TelePresence は、引き続きエンドポイントでサポートされるその他のビデオ形式またはコーデックを使用できます。TelePresence ブリッジは、TelePresence エンドポイントと WebEx 会議クライアントの間で音声およびビデオの相互運用性を処理します。さらに、TelePresence ブリッジと WebEx クラウド間のリンクに対してフロー制御が行われ、メディアの処理に使用可能な帯域幅を調整します。WebEx からのメディアの場合、TelePresence ブリッジは、常に 4 Mbps を割り当てて、WebEx が TelePresence ブリッジに可能な最高品質のビデオを送信するよう保証します。TelePresence ブリッジからのメディアの場合、会議内で WebEx 会議クライアントを実行するデバイスの機能に合わせて、WebEx は、最大帯域幅を 4 Mbps として、最小能力デバイスに基づいて帯域幅を割り当てます。ただし、最小能力デバイスが会議を離脱した場合、帯域幅は、WebEx 会議クライアントを実行している次の最小能力デバイスに基づいて再割り当てされます。また、WebEx 会議クライアントを実行するデバイスが TelePresence ブリッジから 180p ビデオを受信できない場合、ビデオはそのデバイスに送信されません。ただし、ビデオは、他の参加者に送信され、このデバイスは、帯域幅の割り当てプロセスで考慮されません。TelePresence ブリッジから WebEx に送信されるライブ ビデオは、毎秒 30 フレーム(fps)で Common Intermediate Format(CIF)から HD 720p まで変化し、コンテンツ ビデオは XGA(1024 × 768)です。割り当てられた帯域幅によって、WebEx クライアント上の TelePresence ビデオの表示に使用する解像度とフレーム レートが決まります。導入した TelePresence エンドポイント、必要なビデオ解像度、望ましい画面レイアウト、および選択した導入オプションに依存して、カスタマーは、Cisco TelePresence Server または Cisco TelePresence MCU を使用する TelePresence ブリッジを導入できます。


) TelePresence ブリッジは、WebEx Enabled TelePresence 会議用 Cisco Unified CM ではトランクできません。また、Cisco VCS Control に登録する必要があります。


WebEx および TelePresence 参加者は、企業内から、またはインターネット上の任意の場所から WebEx Enabled TelePresence 会議に参加できます。WebEx 参加者の場合、PSTN または VoIP オーディオのいずれかで WebEx 会議クライアントを使用して会議に参加します。TelePresence 参加者の場合、サポートされるエンドポイントで One Button To Push(OBTP)または Auto Connect 機能を介するか、または TelePresence ブリッジに直接コールすることにより会議に参加します。参加者は、正常に会議に参加すると、エンドポイントおよび会議クライアントからの互いにライブ ビデオを表示できます。WebEx ユーザと共有するプレゼンテーションの場合、ユーザ自身がプレゼンタとなるか、またはプレゼンテーションを共有する前にホストがユーザにプレゼンタ権限を割り当てることができます。この動作を制御する WebEx サイトの設定があります。TelePresence ユーザと共有するプレゼンテーションの場合、ユーザは、自分のコンピュータにビデオ ディスプレイ ケーブルを接続するか、またはエンドポイントのボタンを押して、ホストを経由せずに自分のプレゼンテーションの共有を開始することができます。

スケジューリング

Cisco TelePresence Management Suite(TMS)は、Cisco WebEx Enabled TelePresence 会議をスケジュールするための主要コンポーネントです。また、Cisco WebEx 会議スケジューラに制御リンクを提供します。このリンクにより、Cisco TMS は、Cisco WebEx カレンダーに新しい会議を作成すること、また会議参加者に配布される Cisco WebEx 会議情報を取得することができます。次のオプションは、WebEx Enabled TelePresence 会議のスケジュールに使用できます。

WebEx Productivity Tools

WebEx Productivity Tools は、ユーザが WebEx セッションを迅速かつ容易にスケジュールできるようにする一連のツールです。Productivity Tools には Outlook プラグインが含まれており、主催者は、WebEx 会議、TelePresence リソース、および WebEx Enabled TelePresence 会議をスケジュールできます。Cisco TelePresence Management Suite Extension for Microsoft Exchange(TMSXE)は、生産性ツールで会議を予約するために Cisco TMS とインターフェイスする場合に必要です。このオプションは、WebEx Enabled TelePresence 会議をスケジュールするユーザ、および単一のトランザクションで電子メール クライアント内ですべての参加者に直接招待を送信するユーザに対して、シームレスな統合を提供します。

Smart Scheduler

Smart Scheduler は、Cisco TelePresence Management Suite Provisioning Engine(TMSPE)でホストされる Web ベースのツールであり、ユーザはブラウザを使用して WebEx Enabled TelePresence 会議をスケジュールできるようになります。これにより、モバイル デバイスで会議をスケジュールしたいユーザに、オプションが提供されます。


) Cisco TMSPE オプション キーがインストールされている場合、Smart Scheduler を使用するのに余分なライセンスは必要ありません。


WebEx Scheduling メール ボックス

このオプションでは、ネットワーク管理者は Microsoft Exchange Server に特別なメール ボックス アカウントを作成する必要があります。主催者は、WebEx Enabled TelePresence 会議をスケジュールするときに、招待者リストにこの特別なメール ボックス アカウントを含める必要があります。Cisco TMSXE は、このアカウントをモニタして、受信者リストにこのアカウントがある場合、Cisco TMS に対して WebEx Enabled TelePresence 会議を予約するよう要求します。このオプションでは、設定の制御は制限されますが、Outlook for MAC または Outlook Web Access(OWA)など、Exchange によってサポートされる任意の電子メール クライアントを使用して、簡単に会議をスケジュールできます。

Cisco TMS Booking インターフェイス

このオプションでは、会議開催者は、Cisco TMS ポータルにログインして、Booking インターフェイスから WebEx Enabled TelePresence 会議をスケジュールする必要があります。このインターフェイスでは、会議の詳細設定を制御します。通常、ヘルプ デスクや IT 担当者がこのオプションを使用して、会議をスケジュールします。

これらのオプションでの Cisco TMS 設定の詳細については、次の Web サイトで入手可能な『 Cisco WebEx Enabled TelePresence Configuration Guide 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11338/products_installation_and_configuration_guides_list.html

WebEx Enabled TelePresence 会議のスケジューリングは 2 段階のプロセスです。最初に、要求が WebEx クラウドに送信されて WebEx カレンダーで会議をスケジュールし、WebEx クラウドが Cisco TMS に渡される会議の詳細で応答します。2 つめに、Cisco TMS が、そのカレンダーに TelePresence 会議をスケジュールします。会議の開始時間になると、Cisco TMS は、WebEx 上の会議に参加するための TelePresence ブリッジに会議の詳細を提示します。WebEx から返される会議の詳細には、会議の日時、ダイヤルイン情報、件名、会議番号、会議に参加するための URL などが含まれます。会議がスケジュールされると、WebEx の詳細と会議の TelePresence 部分がホストに送信され、ホストはすべての参加者に詳細を転送できます。ただし、生産性ツールを使用すると、会議の詳細は、ホストが作成し会議の参加者に送信される招待に自動的に含まれます。

シングル サインオン

Cisco WebEx Enabled TelePresence は、Single Sign On(SSO)を使用して、Cisco TMS 内の会議の WebEx 部分のスケジュールをサポートします。この機能では、WebEx サイトで、Cisco TMS が委任パートナーとしてプロビジョニングされており、またパートナー委任認証が設定されている必要があります。Cisco TMS で SSO がイネーブルの場合、ユーザの WebEx ユーザ名のみ、WebEx パスワードを必要とすることなく Cisco TMS ユーザ プロファイルに保存されます。ユーザが WebEx Enabled TelePresence 会議をスケジュールすると、WebEx は Cisco TMS を信頼し、WebEx カレンダーで会議をスケジュールするためには、Cisco TMS に WebEx ユーザ名だけが保存されている必要があります。SSO での Cisco TMS 設定の詳細については、次の Web サイトで入手可能な『 Cisco WebEx Enabled TelePresence Configuration Guide 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11338/products_installation_and_configuration_guides_list.html

Cisco WebEx での SSO の詳細については、次の URL にあるホワイト ペーパーおよびテクニカル ノートを参照してください。

http://developer.cisco.com/web/webex-developer/sso-reference

セキュリティ

企業ネットワークと WebEx クラウド間のすべての通信は、カスタマーの DMZ 内の VCS Expressway を介して(TLS とセキュアな RTP を使用して)暗号化されます。また、カスタマーには、企業内で SIP 信号およびメディアの暗号化をオンにするオプションがあります。TLS 接続が機能するためには、証明書を Cisco VCS Expressway にアップロードして、適切なハンドシェイクが行われることを保証する必要があります。その証明書は自己署名できず、信頼されたルート認証局によって署名する必要がある。信頼されたルート認証局のリストについては、次の Web サイトで入手可能な『 Cisco WebEx Enabled TelePresence Configuration Guide 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11338/products_installation_and_configuration_guides_list.html

会議に参加するために TelePresence ブリッジが WebEx にコールする場合、パスワードが必要です。パスワードは、WebEx カレンダーでスケジュールされた WebEx Enabled TelePresence 会議に割り当てられ、WebEx クラウドから会議の詳細の一部として返される各 SIP URI に組み込まれます。このパスワードは 22 バイトに符号化され、セキュリティ基準に該当します。会議の開始時に、TelePresence ブリッジは、この SIP URI を使用して WebEx にコールして、WebEx が、パスワードを検証してコールが会議に参加するのを許可します。

展開オプション

WebEx Enabled TelePresence 会議の開始時間になると、Cisco TMS は、TelePresence 参加者に対して TelePresence ブリッジで会議を開始します。次に、Cisco TMS は、スケジュール プロセスの一部として返された SIP URI を使用して、WebEx クラウドに対して SIP コールを行い、WebEx 側の会議に参加するように、TelePresence ブリッジに指示します。その結果、TelePresence ブリッジは、会議用のクラウドと、独自のオーディオ、通話中のスピーカー ビデオ、およびコンテンツ共有ビデオ ストリームを確立します。通話中のスピーカーのビデオ、コンテンツ共有のビデオ、会議制御は常に IP ネットワークに移動しますが、オーディオは、選択した展開オプションに依存して IP ネットワークまたは PSTN を介して移動できます。WebEx Enabled TelePresence では、次の各種音声オプションを利用できます。

「SIP を使用する WebEx 音声」

「PSTN を使用する WebEx 音声」

「テレフォニー サービス プロバイダー オーディオ」

SIP を使用する WebEx 音声

図 22-8 は、SIP での WebEx 音声を使用した Cisco WebEx Enabled TelePresence の展開を示しています。このオプションでは、会議の開始時に TelePresence ブリッジが WebEx にクラウドにコールしたときに、会議音声が WebEx 音声ブリッジで SIP 接続を介して確立されます。音声、通話中のスピーカーのビデオ、コンテンツ共有ビデオ、および会議制御が、TelePresence ブリッジから WebEx クラウドへ Cisco VCS Expressway を通して IP ネットワーク経由で送信されます。その結果、TelePresence ブリッジからの音声接続は WebEx 音声ブリッジにカスケードします。

PSTN を使用する WebEx 音声

国内ルールでトール バイパスが許可されない Cisco WebEx Enabled TelePresence 導入では、PSTN を使用した WebEx 音声はオプションです。図 22-9 は、この導入を示しています。このオプションでは、通話中のスピーカーのビデオ、コンテンツ共有ビデオ、および会議制御が IP ネットワークを介して送信されますが、音声は PSTN を通して WebEx 音声ブリッジで設定されます。このオプションでは、IP ネットワークと PSTN 間で音声コールを接続するために、音声ゲートウェイ展開が必要です。スケジュール作業で、WebEx カレンダーで会議をスケジュールする場合、WebEx は、Cisco TMS にダイヤル アウト番号と会議番号を渡します。会議の開始時に、Cisco TMS は、TelePresence ブリッジに対して、WebEx クラウドへの SIP コールを開始して通話中のスピーカーのビデオやコンテンツ共有ビデオを確立するよう指示します。同時に、Cisco TMS は、TelePresence ブリッジに対して、PSTN 経由でダイヤルアウトして WebEx 音声ブリッジとの音声接続を確立するよう指示します。WebEx 音声ブリッジと接続した後、TelePresence ブリッジは、会議番号を DTMF ダイヤル シーケンスとして送信して、WebEx が音声およびビデオ コール レッグを関連付けられるようにします。その結果、TelePresence ブリッジからの音声接続は WebEx 音声ブリッジにカスケードします。


) 音声ゲートウェイは、Cisco Unified CM または Cisco VCS Control の制御下に置くことができます。


図 22-9 PSTN で WebEx 音声を使用する Cisco WebEx Enabled TelePresence

 

WebEx から返されるダイヤル アウト番号は、完全な E.164 形式です(+14085551212)。Cisco Unified CM または Cisco VCS Control のダイヤル プランの設計は、E.164 番号の処理を考慮に入れる必要があります。Cisco Unified CM でのダイヤル プランの設計については、「ダイヤル プラン」の章を参照してください。Cisco VCS Control のダイヤル プランの詳細については、次の Web サイトで入手可能な『 Cisco VCS Basic Configuration Deployment Guide 』の最新バージョンを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11337/products_installation_and_configuration_guides_list.html

テレフォニー サービス プロバイダー オーディオ

テレフォニー サービス プロバイダー(TSP)オーディオ オプションは、サードパーティのテレフォニー サービス プロバイダーがホストする音声ブリッジの使用を希望するカスタマー用です。TSP 音声設定は、PSTN 設定を使用する WebEx 音声と非常によく似ていますが、音声ブリッジはテレフォニー サービス プロバイダーによってホストされる点が異なります(図 22-10 を参照)。WebEx と TSP 間の TSP リンクは、高度な会議制御機能を提供します。

図 22-10 テレフォニー サービス プロバイダー(TSP)オーディオを使用する Cisco WebEx Enabled TelePresence

 

スケジュール作業で、ダイヤル アウト番号と会議番号に加えて、TSP 音声ブリッジに対する IVR プロンプトを通してナビゲートするための追加の番号が、WebEx から Cisco TMS に渡されます。スケジュールされた会議の開始時に、Cisco TMS は、TelePresence ブリッジに対して、WebEx クラウドへの SIP コールを開始してビデオ接続を確立するよう指示します。同時に、Cisco TMS は、TelePresence ブリッジに対して、PSTN 経由で TSP 音声ブリッジにダイヤルアウトするよう指示します。次に、TelePresence ブリッジは、追加の DTMF 番号とともに DTMF ダイヤル シーケンスを会議番号として再生して、音声ブリッジの IVR プロンプトを通してナビゲートし、会議を開始します。WebEx 側では、WebEx が TSP リンクを通して最も声が大きなスピーカー、参加者リストなどに関する情報を WebEx に渡されます。


) 音声ゲートウェイは、Cisco Unified CM または Cisco VCS Control の制御下に置くことができます。


TSP ブリッジから返されるダイヤル アウト番号は、完全な E.164 形式です(+14085551212)。Cisco Unified CM または Cisco VCS Control のダイヤル プランの設計は、E.164 番号の処理を考慮に入れる必要があります。Cisco Unified CM でのダイヤル プランの設計については、「ダイヤル プラン」の章を参照してください。Cisco VCS Control のダイヤル プランの詳細については、次の Web サイトで入手可能な『 Cisco VCS Basic Configuration Deployment Guide 』の最新バージョンを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11337/products_installation_and_configuration_guides_list.html

ハイ アベイラビリティ

WebEx Enabled TelePresence のハイ アベイラビリティの設計では、検討すべき 2 つの領域として、エンタープライズ コラボレーション ネットワークと WebEx クラウドがあります。WebEx クラウドはシスコによって管理されており、すでに冗長性がインフラストラクチャに組み込まれています。詳細については、「Cisco WebEx Software as a Service」の項を参照してください。

企業のコラボレーション ネットワークでは、Cisco Unified CM と Cisco VCS Control および Expressway のクラスタリング オプションを使用して、TelePresence エンドポイントでの呼制御に冗長性を提供します。プライマリ サーバに障害が発生した場合、エンドポイントは、呼制御のためにバックアップ サーバにフェールオーバーすることができます。Cisco VCS Control 内の TelePresence ブリッジ用にネイバー ゾーンを設定する場合、ピア リスト内に複数のピアを設定して冗長性を提供します。

Cisco Unified CM クラスタリングについては、「呼処理」の章を参照してください。

Cisco VCS クラスタリングについては、次の Web サイトで入手可能な『 Cisco VCS Cluster Creation and Maintenance Deployment Guide 』の最新バージョンを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11337/products_installation_and_configuration_guides_list.html

キャパシティ プランニング

しきい値を超えた場合、WebEx クラウドには、トラフィックを均等に分散し、動的に容量を追加する機能が組み込まれています。Cisco WebEx Enabled TelePresence のキャパシティ プランニングには、企業内で稼働するコンポーネントのサイジングが含まれます。コンポーネントには、以下が含まれます。

コール処理プラットフォーム

Cisco Unified CM と Cisco VCS Control は、TelePresence エンドポイントで生成されたトラフィックを処理するのに十分なリソースを提供する必要があります。詳細については、「コラボレーション エンドポイントのキャパシティ プランニング」の項を参照してください。

TelePresence ブリッジ

Cisco TelePresence Server または Cisco TelePresence MCU は、会議トラフィックを処理するのに十分なリソースを提供する必要があります。詳細については、「Cisco Rich Media Conferencing のキャパシティ プランニング」の項を参照してください。

Cisco VCS Expressway

Cisco VCS Expressway は、導入のトラバーサル コール トラフィックを処理するのに十分なリソースを提供する必要があります。キャパシティの詳細については、次の Web サイトで入手可能な『 Cisco TelePresence Video Communication Server Administrator Guide 』の最新バージョンを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11337/prod_maintenance_guides_list.html

ネットワーク トラフィック プランニング

Cisco WebEx Enabled TelePresence のネットワーク トラフィック プランニングは、次の要素で構成されます。

WebEx クライアントの帯域幅

WebEx 会議クライアントは、スケーラブル ビデオ コーディング(SVC)テクノロジーを使用してビデオを送受信します。これは、多層フレームを使用してビデオを送信し、受信側クライアントが自動的に最適な解像度を選択してビデオを受信できるようにします。WebEx クライアントのネットワーク トラフィック プランニングの詳細については、次の Web サイトで入手可能な『 Cisco WebEx Network Bandwidth White Paper 』を参照してください。

http://www.webex.com/pdf/wp_bandwidth.pdf

企業から WebEx クラウドへの帯域幅

WebEx クラウドへの各コールでは、企業と WebEx クラウド間で 1.1 Mbps 以上のネットワーク帯域幅が必要です。たとえば、カスタマーが 5 つの同時 WebEx Enabled TelePresence 会議を想定している場合、5.5 Mbps のネットワーク帯域幅が必要です。同時に、コールごとに最大 4 Mbps の帯域幅がサポートされます。

TelePresence ブリッジと WebEx クラウド間で最適な SIP オーディオとビデオ品質を提供するため、シスコは、Cisco Unified CM に登録する各エンドポイントに関連付けられた領域で少なくとも 1.3 Mbps のビデオ帯域幅を設定するよう推奨しています。

設計上の考慮事項

次の設計上の考慮事項は、Cisco WebEx Enabled TelePresence の導入に適用されます。

Cisco TelePresence Multipoint Switch インフラストラクチャを使用する以前のバージョンの WebEx Enabled TelePresence からのアップグレードはサポートされておらず、これらの以前のバージョンを使用するカスタマーは移行を計画する必要があります。

WebEx Enabled TelePresence 会議をスケジュールするすべてのユーザは、WebEx サイトのアカウントを持つ必要があります。

TelePresence エンドポイントは、呼制御のために Cisco Unified CM または Cisco VCS Control に登録できます。シスコは、可能な限り Unified CM にエンドポイントを登録するよう推奨しています。

Cisco Unified CM または Cisco VCS Control に登録でき、TelePresence ブリッジでサポートされる任意のエンドポイントを使用して、Cisco WebEx Enabled TelePresence 会議に参加できます。

Cisco TelePresence Management Suite(TMS)によって管理されているデバイスのみ、One Button to Push(OBTP)または Auto Connect 機能を使用して WebEx Enabled TelePresence 会議に参加できます。

Cisco WebEx Enabled TelePresence は、WebEx Network Based Recording(NBR)をサポートしません。ただし、カスタマーは、TelePresence レコーディング ソリューション(たとえば Cisco TelePresence Content Server)を使用して会議を録音できますが、WebEx 参加者には、録音開始が通知されないことに注意してください。

Cisco VCS Control 内の Cisco Unified CM ネイバー ゾーンで、Binary Flow Control Protocol(BFCP)がイネーブルに設定されていることを確認します。

TelePresence ブリッジに対して SIP オーディオ、および WebEx 参加者に対して PSTN 音声を使用するように、WebEx サイト内のハイブリッド オーディオを設定します。

Cisco WebEx Enabled TelePresence は、Cisco WebEx Meetings Server をサポートしません。

TelePresence ブリッジは、WebEx Enabled TelePresence 会議への参加時にホストが存在しない場合、デフォルト ホストになります。

TelePresence または WebEx 参加者がまだ参加していない場合であっても、TelePresence ブリッジは、会議の開始時に WebEx クラウドにコールします。

Cisco TelePresence Conductor は、Cisco WebEx Enabled TelePresence ではサポートされません。

主催者の WebEx アカウントと Outlook タイム ゾーンが一致する必要があります。一致しない場合、WebEx と Cisco TMS カレンダーでスケジュールされた会議で、開始時刻が異なります。

Cisco Unified MeetingPlace

Cisco Unified MeetingPlace では、Cisco WebEx コンテンツ共有の利点と機能を、コラボレーション会議の音声部分と標準ベースのビデオ部分をオンプレミスでホストする機能と結合できます。Unified Communications ソリューションを購入されたお客様は、既存の導入環境を活用し拡張して、完全な SIP アーキテクチャを使用した音声およびビデオ会議を取り入れることができます。Unified MeetingPlace の導入環境は、スケーラビリティ、スケジューリング インターフェイス オプション、メディア リソース オプション、必要となるハイ アベイラビリティの程度など、いくつかのオプションによって異なります。これらのオプションについては、この項で詳しく説明します。

Unified MeetingPlace アーキテクチャでは、2 つの異なる展開モデルが使用できます。

マルチノードの Unified MeetingPlace 音声と WebEx Scheduling モデル(大規模なグローバル企業向け)

複数の会議ノードを使用して G.711 音声ポートを 14,400 まで拡張できるスケーラビリティを提供します。

音声会議にアクティブ/アクティブの復元性を提供します。

Cisco UCS プラットフォームで仮想化のサポートを提供します。

強化された WebEx 統合機能を提供します。

アクティブ ユーザ用にユーザベースのライセンスを提供し、ポートにはハードウェアベースのサーバ キャパシティを提供します。


) マルチノード展開のサポートは、Cisco Unified MeetingPlace 8.5 以降のリリースで提供されます。


Unified MeetingPlace Scheduling モデル:

Unified MeetingPlace 設置ベースのお客様のみ使用可能です。

新規のお客様または設置ベースのお客様が Web 会議を使用しない音声/ビデオ専用(WebEx なし)として使用できます。

ブラスト発信ダイヤルによる継続会議を提供します。

Cisco Unified Communications Manager ビデオ テレフォニーのアドホック サポートを提供します。

G.711 を使用して、Cisco Unified MeetingPlace Express Media Server(EMS)で最大 1,200 音声ポートを拡張できるスケーラビリティを提供します。

手動フェールオーバーによるアクティブ/ウォーム スタンバイの復元性を提供します。


) この章では、特に音声、ビデオ、および Web 共有ソリューションについて説明します。ただし、Unified MeetingPlace では、音声のみ、または音声とビデオのみを使用した配置もサポートしています。


ここでは、Cisco Unified Communications 環境における Cisco Unified MeetingPlace のシステム レベルの設計ガイドラインを示します。この章では、Unified MeetingPlace のシステム設計に関係のないハードウェア要件やソフトウェア コンポーネント設定については説明しません。このようなトピックについては、次の Web サイトで入手可能な Unified MeetingPlace の製品マニュアルを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/ps5664/ps5669/tsd_products_support_series_home.html


) Cisco Unified MeetingPlace 8.x Web 会議ソリューションの実装には、WebEx サイトの購入が必要です。WebEx サービスは、Cisco Unified MeetingPlace のライセンスとは別です。


Unified MeetingPlace アーキテクチャ

ここでは、各 Unified MeetingPlace コンポーネント、およびソリューションにおける各コンポーネントの機能の概要について説明します。

Unified MeetingPlace Meeting Director Server

Meeting Director ノードは、WebEx Scheduling フロント エンドを使用したマルチノード展開用に、いくつかの機能をサポートします。これはマルチノード構成をサポートするために使用される必須コンポーネントです。 Meeting Director モジュールには、音声コマンド用の双方向通信パス専用に発信 TCP 443 を使用して統合を行うために、WebEx Collaboration Cloud への WebEx テレフォニー サービス プロバイダー(TSP)接続が含まれています。Meeting Broker Director は、均等なロード シェアリングで、異なる会議ノード間の音声会議を分散させる処理を行います。Events Aggregator は、会議ノードのキャパシティとリアルタイムに発生するイベントをモニタします。UserSync は、WebEx サイトからすべてのプロファイルを同期させるのに使用されます(有効にした場合)。

マルチノード システムには、冗長性のために 1 つのプライマリ Meeting Director ノードと 1 つのセカンダリ Meeting Director ノードがあります。これらは社内ファイアウォールの背後にあるお客様の任意のデータセンターに配置できます。プライマリ Meeting Director に障害が発生した場合、セカンダリ Meeting Director がアクティブになります。Meeting Director は両方ともリージョン内のマスターとして設定し、システムの復元性をより高めるために別のデータセンターに配置することを推奨します。

「複合ノード」により、Meeting Director と会議機能の両方が提供されます。このノードは、1 つのシステム内の会議ノードが 4 つ未満である場合にサポートされます。会議ノードが 4 つを超える場合は、両方の Meeting Director が 1 台の専用ハードウェア サーバ(Cisco MCS または UCS)に存在する必要があります。

Unified MeetingPlace アプリケーション サーバ(会議ノード)

Unified MeetingPlace ソリューションでは、Unified MeetingPlace アプリケーション サーバ(マルチノード構成では会議ノードとも呼ばれる)が中心になります。これは Unified CM または Session Management Edition 呼制御システムから SIP トランキングによって音声およびビデオ ミキシング機能を提供します。会議をホストするためには、少なくとも 1 つの会議ノードが必要です。会議ノードの追加により、キャパシティと復元性が向上します。

Unified MeetingPlace アプリケーション サーバは、Linux オペレーティング システムと IBM Informix Dynamic Server(IDS)データベースを実行している Cisco Media Convergence Server(MCS)または Unified Computing System(UCS)プラットフォーム上にインストールされ、企業ネットワーク内の音声と標準ベースのビデオ会議をミキシングする音声/ビデオ会議ノード コンポーネントとして機能します。Unified MeetingPlace アプリケーション サーバは、ソリューションのメディア サーバを制御し、マルチノード構成の Unified MeetingPlace Meeting Director コンポーネントと通信します。Unified MeetingPlace アプリケーション サーバは、SIP バックツーバック ユーザ エージェント(B2BUA)をサポートします。また、着信および発信コールバックのコール送信用の Cisco Unified CM または Session Management Edition(SME)との SIP トランク接続経由でコールを送信/受信します。Cisco Unified MeetingPlace Express Media Server も、Unified MeetingPlace アプリケーション サーバ上に共存インストールできるオプションのソフトウェア コンポーネントで、ほとんどのお客様に適したメディア ミキサーです。

メディア サーバ

Cisco Unified MeetingPlace Express メディア サーバ(EMS)は、音声およびビデオ会議機能をソリューションに提供します。Express Media Server は Cisco Unified MeetingPlace のオプションで、コスト効率が高いオプションです。Unified MeetingPlace アプリケーション サーバ上に共存するソフトウェアで音声ミキシングと標準ベースのビデオ スイッチングを実行します。EMS では、Cisco Unified MeetingPlace の音声/ビデオだけの展開用に、単一ボックス ソフトウェアだけのソリューションが可能です。または、マルチノード構成で展開することもできます。EMS インスタンス間でメディアをカスケードすることはできません。そのため、Unified MeetingPlace EMS ソリューションのキャパシティは、インストール先の MCS または UCS プラットフォームに依存します。または、マルチノード展開でのスケーラビリティを確保するために複数の Unified MeetingPlace アプリケーション サーバおよび Express Media Server をインストールしているかどうかに依存します。マルチノード配置でのスケーラビリティにより、G.711 ポートを最大 14,400 まで拡張できます。これには WebEx Scheduling モデルを使用する必要があります。

Express Media Server での最終的なキャパシティでは、G.711 音声だけの場合に、音声会議用として最大数の同時ポートが提供されます。G.729 または G.722 音声コーデックが必要な場合、キャパシティは大幅に小さくなります。また、標準ベースのビデオ ミキシングを使用する場合、ミキシングのタイプと最大帯域幅の設定によってキャパシティはさらに小さくなります。たとえば、G.711 音声だけを使用する Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバでは、最大 1,200 ポートをサポートできます。最大のキャパシティを実現するために、コールが G.729 または G.722 で WAN を通過し、Unified MeetingPlace 会議ノードまたは単一システムで終了するように、Cisco Integrated Services Router(ISR)でネットワーク層の音声コーデックを G.711 にトランスコーディングすることを強く推奨します。詳細については、「キャパシティ プランニング」を参照してください。

WebEx サイト

すべての Unified MeetingPlace 8. x Web 会議ソリューションには WebEx サイトが必要です。特定の組織の WebEx サイトの形式は、 companyXYZ .WebEx.com です。大企業では、Meeting Center だけを使用することも、WebEx の全センターの組み合わせを使用することもできます。これは Enterprise Edition と呼ばれ、Meeting Center(MC)、Event Center(EC)、Training Center(TC)、および Support Center(SC)をサポートします。Cisco Unified MeetingPlace 8.5 以降のリリースでは、アクティブ ホスト、指定ホスト、ポート、または分単位用の WebEx パッケージがすべてサポートされます。

Event Center と Training Center は、追加の統合機能を提供します。Event Center 音声ブロードキャストにより、Unified MeetingPlace 音声の効率的な使用が可能になります。イベント会議のプレゼンタだけが Unified MeetingPlace 音声システムに接続され、すべての参加者(最大 3,000)はブラウザの URL によって参加し、(マルチキャストではなく)ストリーミング モードで音声ブロードキャストを聞くことができます。Unified MeetingPlace の音声では、必要に応じて自動ミュートを使用することにより、1 つの大規模な会議で最大 500 の音声ポートをサポートできますが、大規模な会議では、1 対多の役割を果たすために Event Center の音声ブロードキャスト機能を使用することを強く推奨します。Training Center では、音声/Web サブ会議室を使用し、参加者を入席時にミュートします。

1 つの WebEx サイトは 1 つの Unified MeetingPlace システムだけに結合されます。マルチノード展開モデルの Unified MeetingPlace システムでは、WebEx Scheduling モデルだけを使用する必要があります。 1 つの Unified MeetingPlace システムで複数の WebEx サイトをサポートすることはできません。また 1 つの WebEx サイトで複数の Unified MeetingPlace システムをサポートすることはできません。

Cisco Unified MeetingPlace 8.5 以降のリリースと WebEx WBS27 FR 26 以降を使用することで、Unified MeetingPlace をプロビジョニングの必要なしに統合することができます。このリリースを所有する既存の WebEx のお客様は、プロビジョニング要求や変更を行うことなく、Unified MeetingPlace 音声を既存のサイトに容易に追加できます。また、このリリースの WebEx ではデュアル音声ベンダーもサポートされています。そのため、同一サイトでの WebEx 音声と Unified MeetingPlace 音声、または同一サイトでの Unified MeetingPlace 音声と TSP 音声の使用が可能になります。WebEx サイトには、Unified MeetingPlace 展開環境にサイトを結合する主要なパラメータの設定に使用する管理ポータルがあります。WebEx サイトの設定の詳細については、次の Web サイトで入手可能な『 Administration Documentation for Cisco Unified MeetingPlace 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/ps5664/ps5669/prod_installation_guides_list.html


) Unified MeetingPlace の音声/ビデオだけの配置には、WebEx サイトは必要ありません。


WebEx サイトのデュアル音声サポート

リリース 27 FR26 以降を使用する WebEx サイトは、デュアル音声ベンダー サポートという新機能をサポートします。この機能により、次の構成および統合が可能になりまます。

WebEx 音声/VoIP + Unified MeetingPlace 音声

TSP 音声 + Unified MeetingPlace 音声

デュアル音声ベンダー機能を使用すると、TSP 音声または WebEx 音声を使用する既存の WebEx サイトで、Unified MeetingPlace 音声も設定できます。また、1 つのタイプから別のタイプへ段階的な移行ができるので、新しい将来の会議がすべて Unified MeetingPlace 音声を使用し始めても、最初の音声プロバイダーですでにスケジュールされている将来の会議を引き続き使用することができます。また、この機能により、プロファイルのデフォルト設定に基づいて、世界の異なる地域で異なる音声システムを使用することが可能になります。たとえば、北米の全ユーザが Unified MeetingPlace 音声だけを使用するように設定されていても、シンガポールでは WebEx 音声を使用できます。

また、プロファイルでは両方の音声プロバイダーを提供するように設定できるので、ユーザは会議ごとに各プロバイダーを使用してスケジュールする方法を知っている必要があります。さらに、特定の WebEx セッション タイプについて、スケジュールされた会議タイプに基づいて 1 つのタイプの音声プロバイダーを使用するように設定することも可能です。

デュアル音声ベンダー サポートでは、一方から他方への自動オーバーフローや、両方の音声システムを結合する機能は提供されません。

Unified MeetingPlace 音声では現在、WebEx VoIP 機能との「混合」音声会議はサポートされません。そのため、お客様が VoIP で WebEx 音声を使用する場合は、このデュアル音声ベンダー サポートが設定されている必要があり、ユーザは、この機能を使用するために WebEx 音声/VoIP オプションを選択することを知っている必要があります。

ユーザベース ライセンス

Cisco Unified MeetingPlace 8.5 から、ユーザベース ライセンス モデルが使用されます。Unified MeetingPlace の以前のバージョンでは、ポートベース ライセンスが使用されていました。ユーザベース ライセンス モデルでは、お客様は Unified MeetingPlace システム上の「アクティブ」ユーザに基づいてシステムを購入できます。アクティブ ユーザは、Unified MeetingPlace で会議をスケジュールしたり会議をホストしたりする登録アカウントとして定義されます。システムが購入されたユーザ数を超えていないかどうか確認するために、アクティブな使用状況をモニタできるシステム レポートが提供されます。また、アクティブ ユーザ数がライセンスされたユーザ数を超えると、マイナー SNMP アラームが送信されます。Unified MeetingPlace が電話会議をブロックしたり、登録ホストが会議を開くのを妨げたりすることは決してありません。お客様は必要な数のユーザをプロビジョニングすることができ、WebEx で使用できるさまざまなプロビジョニング オプションや Unified MeetingPlace 固有のオプションを使用することによる問題はありません。Unified MeetingPlace データベースは、最大 400,000 のプロファイルをサポートします。


) ユーザ ライセンス(音声、Web、またはビデオ)は、個別のユーザに付与されるのではなく、Unified MeetingPlace システムを使用しているすべてのユーザで共有されるシステム全体のリソースに付与されます。


同時に接続する音声発信者の総数に対するシステム キャパシティは、配置されているハードウェア サーバのモデルと数によってまったく異なります。Unified MeetingPlace のオンプレミス ソリューションを設計する際には、ピーク時の使用時間と将来の拡張の両方を考慮する必要があります。2 台の Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバまたは C210 シリーズ ラックマウント サーバと Unified MeetingPlace アプリケーションおよび EMS ソフトウェアを配置する場合は、サーバあたり 1,200 の G.711 ポート(合計 2,400 ポート)またはすべての登録ユーザとゲストが使用できる 1,200 の冗長ポートを持つことになります。会議ノードでは、すべての会議でアクティブ/アクティブのロード シェアリングが行われます。一方のサーバがダウンした場合、そのサーバのコールはドロップされ、ユーザはすぐにダイヤルインして戻るか、WebEx 会議室ユーザ インターフェイスからコールバック機能を使用できます。その会議は他方のサーバ(またはリージョン内で最も使用率の低いサーバ)で自動的に再確立されます。Unified MeetingPlace は最大 14 の会議ノードと合計 14,400 の G.711 ポートをサポートします。G.729、G.722、標準ベースのビデオのすべて、またはいずれかが使用される場合、これらのキャパシティの上限は低下します。

Unified MeetingPlace はスケジュールされた会議と予約なし会議の両方をサポートします。予約なし会議は、音声だけ(ビデオが有効になっている場合は音声/ビデオだけ)を使用します。

スケジューリング インターフェイス

Cisco Unified MeetingPlace ソリューションには、次の 2 つのスケジューリング インターフェイス オプションがあります。

Productivity Tool、One Click、および WebEx スケジューリング インターフェイスを使用する WebEx Scheduling モデル

Outlook、Lotus Notes、Conference Manager、または Web スケジューリング インターフェイスを使用する Unified MeetingPlace Scheduling モデル

多くの場合、ユーザが特定のインターフェイスを使い慣れていることが、どのオプションを選択するかの決定に影響します。ユーザが現在 WebEx SaaS 配置を使用しており、音声/ビデオ リソースをオンプレミスでプルする場合、またはこれが新しい Unified MeetingPlace インストールである場合は、WebEx Scheduling 展開モデルを推奨します。Unified MeetingPlace 8.5 以降のリリースのマルチノード展開には、WebEx Scheduling モデルが必要です。ただし、現在 Unified MeetingPlace が配置されている場合は、同じスケジューリング インターフェイスを維持するのが有益な場合があります。確かに違いはありますが、どちらにも Web ベースのユーザ スケジューリング ポータルがあり、一般的なカレンダー システム(Outlook または Lotus Notes)と独自に統合されます。また、WebEx Scheduling は Enterprise Edition 会議(Meeting Center、Event Center、および Training Center セッション)をサポートしますが、Unified MeetingPlace Scheduling は Meeting Center セッションだけをサポートします。Unified MeetingPlace 8.5 を展開する新規のお客様は、Unified MeetingPlace Scheduling モデルを使用できません。

WebEx Scheduling の展開

WebEx は、次の 2 つの展開モデルをサポートします。

「単一サイト WebEx Scheduling の展開」

「マルチサイト WebEx Scheduling の展開」

WebEx Scheduling 展開モデルは、Meeting Center だけ、または WebEx Enterprise Edition(EE)をサポートします。WebEx Enterprise Edition は Meeting Center、Event Center、および Training Center セッション タイプを含み、これらはすべて Unified MeetingPlace 音声に統合できます。Event Center および Training Center は常に外部会議タイプと見なされ、内部ユーザはそれらのセッション タイプについてはクラウドに参加します。

WebEx Scheduling は最新の WebEx Productivity Tools(「Cisco WebEx Software as a Service」を参照)をすべて利用し、外部会議のすべての音声および WebEx レコーディングは、Network Based Recording サイトの下の WebEx Collaboration Cloud にホスト アカウントごとに保存されます。

単一サイト WebEx Scheduling の展開

WebEx Scheduling には Unified MeetingPlace Web サーバは必要ありません。会議の招待にあるクリック参加 URL で、ユーザは直接 WebEx サイトにアクセスします。図 22-11 に、WebEx Scheduling、アクティブ/アクティブの冗長性を持つ 2 台の Express Media Server を使用した Unified MeetingPlace ソリューションの例の概要を示します。

図 22-11 WebEx Scheduling および Express Media Server を使用した Unified MeetingPlace 単一サイト ソリューション

 

図 22-11 に示すように、Cisco Unified MeetingPlace システムは、テレフォニー サービス プロバイダー(TSP)リンクを介してクラウドに接続し、出席者をミュートにする機能、または通話中のスピーカーを表示する機能など、会議内の制御を可能にします。この TSP リンクは、Meeting Director によってクラウドへ向けて確立されます。お客様の WebEx サイトへの接続は、TCP ポート 443 の TLS 暗号化専用ソケット経由で行われます。

ネットワーク要件

このハイブリッド アーキテクチャでは、ファイアウォールを通過して開かれる「着信」ポートは必要ありません。Meeting Director TSP は、(HTTP または HTTPS プロキシではなく)SOCKS プロキシ サーバだけをサポートします。WebEx 会議に参加するユーザも、ファイアウォールを通過して WebEx Collaboration Cloud に向かう TCP 443 発信だけを使用します。インターネット アクセスを制限するファイアウォール設定が不可欠な場合、WebEx は必要な IP の範囲を公開します。

コンポーネントが企業ネットワーク内のどの場所に展開されている場合でも、すべてのコンポーネント間の最大遅延を 300 ms ラウンドトリップ時間(RTT)にすることを推奨します。標準的な VoIP ネットワークのベスト プラクティスは、Unified MeetingPlace のオンプレミス会議リソースを展開する場合にも適用されます。最適な会議パフォーマンスを得るために、Unified MeetingPlace 会議ノードと Unified CM 間の SIP トランキング遅延は、この同じ標準に従う必要があります。

すべてのネットワーク要件については、次の Web サイトで入手可能な『 System Requirements for Cisco Unified MeetingPlace 』の最新バージョンを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/ps5664/ps5669/products_device_support_tables_list.html

マルチサイト WebEx Scheduling の展開

マルチサイト展開は、サイトとリージョンから構成されます。キャパシティと復元性に対するお客様の要件に応じて、会議ノードと Meeting Director ノードがデータセンターにインストールされます。

サイト は、同様の機能と能力を持つノードの論理グループです。たとえば、サイトには高品位ビデオ機能を備えたノードが含まれる場合があります。サイトはシステム内で固有の名前によって識別され、1 つのリージョンだけに所属できます。1 つのサイトには、リージョン内の任意のノードが含まれます。希望のサイトを、特定ユーザ プロファイルのすべての会議をホストするように設定できます。

リージョン は、1 つ以上のサイトのグループです。リージョンはシステム内で固有の名前によって識別されます。システム内に最大 4 つのリージョンを設定でき、リージョンは時間帯の割り当てにも使用されます。

マルチノード Unified MeetingPlace 音声および Web 会議システムのキャパシティは、次のとおりです。

14,400 の G.711 音声ポート

14,400 の Web セッション

2 つの Meeting Director ノードと 14 の会議ノード(12 ノード X 1,200 の G.711 ポート = 14,400 ポート、および復元性のために 2 つの追加の会議ノードをサポート)で構成される 16 の Cisco Unified MeetingPlace アプリケーション サーバ ノード

上限の 14,400 に達するまで、会議ノードごとに 1,200 ポート(G.711)

サイトごとに最大 4 ノード

リージョンごとに最大 2 サイト(2 つの各サイトに最大 2 ノード、または 1 つのサイトに最大 4 ノード)

最大 4 つのリージョン


) キャパシティは、G.729 または G.722 コーデックの使用、ビデオ使用タイプ、および許可される帯域幅によって、さらに小さくなります。


Unified CM または Session Management Edition ですべての会議ノードへの着信 SIP トランクを順繰りに設定することにより、会議は均等に分散されます。WebEx 会議室内から発信されるコールバックは、すべての会議ノードのトラフィックをモニタする Meeting Director によって分散されます。Meeting Director が新しい会議を開始する際には、その会議をスケジュールしたホストの時間帯に基づいて、リージョン内で最も使用率の低いノードで開始します。着信コールについては、会議に最初に参加する人が、SIP 循環ハント モードに基づいてどの会議ノードに着信するかを決定します。その会議 ID が同じリージョン内または異なるリージョンの異なるノードで開始された場合、ホストが割り当てられている会議ノードにその発信者を自動的にリダイレクトするために、SIP Refer コマンドが自動的に発行されます。同じ会議 ID への発信者はすべて、時間帯、または最初の参加者によって会議が開始されたノードのいずれかに基づいて、システム内の 1 つのノードにルーティングされます。このように、システム内のすべてのユーザは、常にローカルの Unified MeetingPlace ダイヤルイン番号をダイヤルして(またはコールバックを使用して)、世界中の任意の場所の任意の会議に参加します。SIP Refer は、会議をスケジュールしたホストの時間帯に基づいて、その特定の会議に適したノードにユーザを自動的にリダイレクトします。予約なし会議 ID が使用された場合も、そのホストが存在する時間帯に基づいてコールバックが分散されますが、最大限のキャパシティと復元性を確保するために、複数ノード間でのロード シェアリングが使用されます。

マルチノード WebEx Scheduling を使用した集中型展開モデル

図 22-12 の例は、単一サイトでアクティブ/アクティブの復元性を持つ 1 つのリージョンで構成されています。このシステムでは、1 つのサイトおよび 1 つのリージョンに 2 つの Meeting Director または EMS サーバ(あるいはその両方)を展開するために、2 つの Cisco MCS または UCS サーバが必要です。これが集中型展開モデルです。スケーラビリティは 1,200 の G.711 ポートで、アクティブ/アクティブの冗長性があり、両方のサーバにはすべての時間帯からの会議負荷が均等に振り分けられます。Unified CM SIP トランクのサイジングでは、2,400 ポートの SIP トラフィックではなく、ピーク時の同時 SIP トラフィックだけを考慮に入れる必要があります。Meeting Director は、2 つの異なる会議ノードと同じ場所に設置されます。1,200 ポートは一般に、標準的な会議の使用パターンで 20 ユーザ対 1 ポートの比率をサポートできます。したがって、この構成では合計で 24,000 ユーザをサポートできる必要があります。

図 22-12 WebEx Scheduling を使用した Unified MeetingPlace マルチノード展開(1 リージョンの場合)

 

Webex Scheduling を使用した 2 リージョンのマルチノード Unified MeetingPlace 展開モデル

図 22-13 の例は、2 つのリージョンで構成されており、各リージョンにアクティブ/アクティブの復元性を持つグローバルな分散型設計です。また、データセンター サイトはお客様のデータセンター設計に基づいて構成されています。1 つのリージョン内のすべての会議ノードはロードバランスされ、別個のサイトまたはリージョンのノードは、管理設定により、他のリージョンにフェールオーバーすることができます。

このシステムでは、2 つのサイトおよび 2 つのリージョンに 2 つの Meeting Director または EMS サーバ(あるいはその両方)、および 2 つの会議ノードを提供するために、4 つの Cisco MCS または UCS サーバが必要です。スケーラビリティはリージョンごとに 1,200 の G.711 ポートで、アクティブ/アクティブの冗長性があります。Unified CM SIP トランクのサイジングでは、2,400 ポートの SIP トラフィックではなく、ピーク時の同時 SIP トラフィックだけを考慮に入れる必要があります。Meeting Director は、2 つの異なる会議ノードと同じ場所に設置され、お客様の要件に応じてどちらのデータセンターにも配置できます。

図 22-13 WebEx Scheduling を使用した Unified MeetingPlace マルチノード展開(2 リージョンの場合)

 

WebEx Scheduling および 3 リージョンを使用した Unified MeetingPlace マルチサイト ソリューション

図 22-14 の例は、3 つのリージョンで構成されており、各リージョンにアクティブ/アクティブの復元性を持つグローバルな分散型設計です。また、サイトの冗長性を確保するために、別個のデータセンター サイトが設定されています。1 つのリージョン内のすべての会議ノードはロードバランスされ、別個のサイトまたはリージョンのノードは、管理設定により、他のリージョンにフェールオーバーすることができます。

このシステムでは、2 つの Meeting Director と 6 つの会議ノードを提供するために、8 台のサーバが必要です。スケーラビリティはリージョンごとに 1,200 の G.711 ポートで、リージョンごとにアクティブ/アクティブの冗長性があります。

図 22-14 WebEx Scheduling を使用した Unified MeetingPlace マルチサイト ソリューション(3 リージョンの場合)

 

ビデオ

お客様が使用できるビデオには、次の 2 つのタイプがあります。

Unified MeetingPlace 標準ベースのサードパーティ製の会議室/デスクトップまたは Unified Communications ビデオ(H.323、SIP、または SCCP)

Web カメラだけを使用した Meeting Center および Training Center 用 WebEx HQ ビデオ

現在はこれらの間に相互運用性がないため、お客様は 2 つのオプションから選択する必要があります。両方を有効にするとエンド ユーザの混乱を招くため、両方を有効にしないでください。

標準ベースの Unified MeetingPlace ビデオに関して、ビデオが Unified MeetingPlace コンポーネントによってオンプレミスでミキシングされる場合、ビデオは標準会議室およびデスクトップ エンドポイント自体に表示されます。Web 会議内の WebEx ビデオ ポッドには表示されないため、WebEx サイトの Web カメラ HQ ビデオ機能は無効にすることを推奨します。そうしないと、ビデオ会議とエンドポイントおよび Web カメラ ビデオが何の結び付きもなく混在して、WebEx アプリケーションに表示される場合があります。ユーザベース ライセンスでは、任意の Unified MeetingPlace システムで、音声とビデオ両方の使用がサポートされます。会議ノードでビデオを有効にすると、使用されるビデオのタイプと帯域幅に基づいて、キャパシティに影響が及びます。

Unified MeetingPlace でサポートされる標準ベースのビデオ デバイスの詳細については、次の Web サイトで入手可能な『 Compatibility Matrix for Cisco Unified MeetingPlace 』の最新バージョンを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/ps5664/ps5669/products_device_support_tables_list.html

また、Unified MeetingPlace ビデオ会議が配置されていない場合、ユーザはクラウドで混合された純粋な Web カメラだけを使用して WebEx HQ/HD ビデオ機能を利用できます。

Unified Communications Client Services Framework(CSF)デバイスおよび Cisco Unified Video Advantage はいずれも、Web カメラのみ、または SCCP/SIP ビデオ標準ベースのデバイスです。クライアントの会議への参加方法、および有効になっているビデオ オプションによって、エンド ユーザのビデオ エクスペリエンスが決定されます ( 表 22-3 を参照)。

 

表 22-3 サポートされるビデオ オプション

ビデオのタイプ
WebEx HQ ビデオ
MeetingPlace ビデオ

H.323、SIP、および SCCP の標準ベースのサポート

No

Yes

Web カメラのサポート

Yes

No

内部施設ベース

No

Yes

グローバル アクセス ゲスト/ユーザ

Yes

No

WebEx 所有プロファイルの管理

プロファイル管理を設定する方法は 2 つあります。つまり、WebEx 所有プロファイルまたは Unified MeetingPlace 所有プロファイルです。

WebEx 所有プロファイルの管理では、プロファイルを次の方法でプロビジョニングできます。

アカウントのサインアップ(自動承認、またはシステム管理者の承認が必要)

手動のアカウント作成

Excel スプレッドシート ファイルから定期的にインポート

フェデレーション シングル サインオン(SSO)オプション(ログイン時にアカウントを自動作成)

WebEx XML API(カスタムのアカウント管理)

WebEx 所有プロファイルを有効にすると、Unified MeetingPlace は X.509 暗号化リンク経由でクラウドからすべてのユーザ プロファイルを自動的に同期し、Unified MeetingPlace 会議ノードにユーザを作成します。これにより、ユーザはプロファイル番号と PIN コードを使用して、予約なしの音声だけの会議にアクセスできます。


) プロファイル番号は 8 桁の長さで、ユーザ プロファイルの作成時にランダムに割り当てられます。PIN コードは、ユーザが WebEx サイトに最初にログインした際に作成できます。オプションとして、プロファイル番号をカスタマイズすることもできます。その場合は、LDAP のフィールドを WebEx プロファイルのフィールドにマッピングするカスタム コードを使用して、WebEx XML API 経由で LDAP ディレクトリからプロファイル番号を取得します。


Unified MeetingPlace は XML API User Synch モジュール経由で登録ユーザの情報にアクセスし、Unified MeetingPlace 会議ノードのすべてのユーザを自動的に設定します。Meeting Director プライマリ サーバ(インストール サイクルの最初のもの)をインストールする際に、[WebEx Owned Profile] 設定を選択すると、システムは X.509 暗号化リンク経由でクラウドからユーザ プロファイルを自動的に同期するように動作します。

WebEx 所有プロファイルが有効になると、Unified MeetingPlace システムはプロファイル番号と PIN コードを使用します。これは、ユーザが予約なしの音声だけの会議に対してのみ入力するものです。ユーザ プロファイルが新規に作成されると、WebEx サイトと Unified MeetingPlace は、そのユーザにランダムなプロファイル番号を自動的に割り当てます。WebEx サイトへの最初のログイン時に、そのユーザは PIN コードを設定するように要求されます。お客様が LDAP フィールドに基づいて特定の番号をユーザに割り当てる場合は、LDAP フィールドを使用するカスタム コードをプロビジョニングして WebEx プロファイルのフィールドにマッピングするために、WebEx XML API を使用する必要があります。プロファイル番号と PIN の長さの要件は、Unified MeetingPlace のシステム管理パラメータで設定します。プロファイル番号は 4 ~ 8 桁の長さ、PIN コードは 5 ~ 24 桁の長さにすることができます。


) オプションの WebEx Federated Authentication Service(FAS)LDAP 機能を有効にするためには、WebEx 所有プロファイルが必須です。FAS 詳細情報については、http://developer.cisco.com/documents/4733862/4734214/Federated+SSO+Authentication+Service.pdf で入手可能な『WebEx Federated SSO Authentication Service Technical Overview』を参照してください。


WebEx XML API

LDAP プロファイルに存在するフィールドを使用して MeetingPlace のプロファイル ID の作成を制御する場合は、WebEx XML API を呼び出して User Service および Create Users 関数を使用するスクリプトを記述する必要があります。この XML API のパラメータの 1 つに、Unified MeetingPlace のプロファイル番号(mpProfileNumber)の割り当てがあります。Unified MeetingPlace のプロファイル番号は、4 ~ 8 桁の長さにする必要があります。Unified MeetingPlace のプロファイル番号は、音声だけの会議または音声だけの予約なし会議にのみ使用されます。この場合ホストは、会議 ID と PIN コードであるこのプロファイル番号で会議にログインして、会議を開始する必要があります。他のすべての発信者は、ホストがログインして会議を開始するまで、Unified MeetingPlace の待合室に入ります。 通常のスケジュールされた WebEx と Unified MeetingPlace の複合会議では、このプロファイル番号と PIN コードを使用して会議を開始する必要はありません。

XML API の詳細については、次の Web サイトで入手可能なマニュアルを参照してください。

http://developer.cisco.com/web/webex-developer/xml-api-overview

Unified MeetingPlace 所有プロファイルの管理

Unified MeetingPlace 所有プロファイルの管理は、既存のお客様が現在のプロファイルの使用を維持し、WebEx で使用したい場合にのみ使用できます。新規のお客様は、Unified MeetingPlace から WebEx への SSO 統合を使用して WebEx サイトをプロビジョニングすることはできません。これは、この方法でプロビジョニングされたインストール済みシステムでのみサポートされます。

Unified MeetingPlace と WebEx の間で SSO が有効ではない場合、すべての WebEx ホスト アカウントは(定期的に更新されるように)管理者によって Unified MeetingPlace から WebEx サイトへの手動エクスポートでプロビジョニングされる必要があり、すべてのエンド ユーザ認証はローカル WebEx ホスト アカウント パスワードによって提供される必要があります。WebEx ホスト アカウントは、プロファイル管理のために WebEx サイト経由で要求されて Unified MeetingPlace システムにエクスポートされる場合もあります。SSO オプションは、オンプレミスでの Unified MeetingPlace との統合のために WebEx サイトを注文する場合に選択する必要があります。これは Unified MeetingPlace と WebEx をすでにインストールしている既存のお客様だけに提供されます。

Unified MeetingPlace Scheduling の展開

Unified MeetingPlace Scheduling の展開オプションには、会議のスケジューリング専用と参加専用の 2 つの Unified MeetingPlace Web サーバを使用する必要があります。これらは Web 会議機能は提供しません。図 22-15 に、Unified MeetingPlace Scheduling および EMS を使用した Unified MeetingPlace ソリューションの例の概要を表示します。

図 22-15 Unified MeetingPlace Scheduling および EMS を使用した Unified MeetingPlace ソリューション

 

Unified MeetingPlace Scheduling では、招待にあるクリック参加 URL をユーザが選択すると、最初に Unified MeetingPlace Web サーバのカスタマー設定 URL(HTTPS オプションを推奨)に接続します。Unified MeetingPlace Web サーバはすぐに組織の WebEx サイトへの接続を開始し、会議を作成します。WebEx サイトは参加 URL を返し、MeetingPlace Web サーバはそれをセキュア HTTPS による WebEx Media Tone Network へのリダイレクトという形式でクライアントに渡します。このリダイレクト動作はユーザにはまったく認識されません。また、ユーザ認証はオンプレミス Unified MeetingPlace システムでだけ実行されます。これは、SSO 機能を有効にするために必要です。

Unified MeetingPlace 登録ユーザが WebEx 会議をスケジュールする、または、Unified MeetingPlace Web ユーザ インターフェイスから My WebEx リンクにアクセスしようとすると、WebEx によって自動的に Unified MeetingPlace ユーザ プロファイルに基づくユーザ アカウントが SSO オプションを有効にして作成されます。Unified MeetingPlace プロファイルは、ローカル Unified MeetingPlace ユーザ ID とパスワードから、または Unified CM との LDAP 統合から(最も一般的に使用されます)作成されます。ユーザ名、パスワード、ファースト ネーム、ラスト ネーム、電話番号、電子メール アドレスなどの一部の Unified MeetingPlace ユーザ プロファイルが WebEx に継承されます。WebEx サイトは特定のお客様専用であり、WebEx ユーザ プロファイルは Unified MeetingPlace ユーザ プロファイルをベースにしていることから、ユーザ プロファイルが矛盾しないようにする必要があります。WebEx ホスト アカウントは手動では作成されません。この機能は、Unified MeetingPlace SSO 統合によって WebEx TSP リンク経由で提供されるためです。パスワードは TSP リンクで WebEx に送信されません。WebEx は、Unified MeetingPlace Web サーバによってリダイレクトされたすべての内部ユーザ トラフィックを信頼します。ゲスト ユーザは、WebEx 会議に参加するためにパスワードまたは認証を使用しません(WebEx 会議パスワードが設定されている場合を除きます)。


) Unified MeetingPlace Scheduling を使用して内部 WebEx 会議をレコーディングできますが、そのためには MCS 向け WebEx ノードがオンプレミスで展開されている必要があります。


Cisco Unified Communications Manager

Cisco Unified Communications Manager(Unified CM)も、アーキテクチャの中心部分であり、SIP トランクによる着信およびコールバックを提供します。Unified CM で Unified MeetingPlace アプリケーション サーバの宛先アドレスを使用して SIP トランクを設定してから、ルート パターンを使用して SIP トランク経由のコールを Unified MeetingPlace にルーティングする必要があります。通常、ダイヤルイン機能を使用するために電子メール通知で送信される電話番号には、フリーダイヤル(任意)、有料ダイヤル、および Unified CM 内部 DN(内部発信者向けの短縮ダイヤル用)の 3 つがあります。Unified MeetingPlace では、SIP トランクによるプライマリ Unified CM サブスクライバへのコールバックまたは発信ダイヤル機能をサポートするために、個別の設定があります。さまざまな条件により、プライマリがコールを受け付けない場合は、以降のサブスクライバが使用されます。複数の Unified CM 呼処理サブスクライバの IP アドレスまたはホスト名が、ハント モードでの発信コール送信用にリストされています。

Unified CM サーバは、参加後の WebEx 会議室内のコールバック要求から受け取るすべてのダイヤル ストリングを解決できることが不可欠となります。サイト管理設定により、コールバックを WebEx サイトのシステム全体で無効にすることもできます。Unified CM は、さまざまな国に対するすべての料金制限や、ほとんどの企業がブロックするその他の番号も制御します。Unified MeetingPlace には、それ自体をブロックする料金制限がないためです。

マルチノード展開では、Unified CM または Session Management Edition システムが、地理的に分散した企業で Unified MeetingPlace をサポートする重要なコンポーネントです。固有の割り当て済みダイヤルイン番号を持つ Unified MeetingPlace 会議サーバに対応し、サイト間のコールと、ゲストまたは外部モバイル ユーザの PSTN へのコールすべてをダイヤル プランに基づいて解決するためには、クラスタ間トランク(ICT)を使用する Unified CM クラスタが必要となります。ゲスト ユーザは、参加後の会議室内でダイヤルインすることも、WebEx コールバック機能を使用することもできます。リージョン内のマルチノード Unified MeetingPlace 会議ノードは、ルート グループ内で順繰りに設定されるので、すべての着信コールがすべてのノード間で均等に分散されます。コールバックは Meeting Director によって開始されます。Meeting Director は、その会議のホストの時間帯に基づいて、リージョンごとに最も使用率の低い会議ノードを選択します。その会議 ID をホストするために選択された会議ノードにダイヤルイン発信者を送信するために、SIP Refer コマンドが使用されます。

「ハイ アベイラビリティ」の項に、冗長性に関する追加のガイドラインがあります。サードパーティ製の PBX を Unified MeetingPlace と統合できるのは、Unified CM を使用する場合だけです。PBX と Unified CM との相互運用性の詳細については、次の Web サイトで入手可能なマニュアルを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/solutions/ns340/ns414/ns728/networking_solutions_products_genericcontent0900aecd805b561d.html

Unified MeetingPlace は、アーリー オファー(EO)とディレイド オファー(DO)の両方の SIP Invite メッセージの受信をサポートします。Unified MeetingPlace は発信コールについて EO SIP Invite を開始し、Unified CM は DO SIP Invite を使用してコールを Unified MeetingPlace に送信します。Unified CM は EO を使用するように設定できますが、そのためにはメディア ターミネーション ポイント(MTP)リソースを使用する必要がある場合があります。詳細については、「SIP ディレイド オファーおよびアーリー オファー」を参照してください。


) Express Media Server(EMS)を含む Unified MeetingPlace の音声/ビデオ配置では、Unified MeetingPlace は Cisco IOS SIP ゲートウェイまたは Cisco Unified Border Element によるコール送信もサポートします。この配置では、LDAP 同期機能は失われます。詳細については、http://www.cisco.com/en/US/products/sw/ps5664/ps5669/products_implementation_design_guides_list.html で入手可能な『Planning Guide for Cisco Unified MeetingPlace』の最新バージョンを参照してください。


録音

展開モデルを選択するもう 1 つの基準は、お客様が会議レコーディングを保存およびアクセスする場所です。会議参加者は、電話などの音声ユーザ インターフェイスを介して音声だけのレコーディングを開始することも、WebEx 会議室から音声と Web のレコーディングを開始することもできます。音声レコーディングは、WebEx Collaboration Cloud から Unified MeetingPlace メディア サーバへのコール イベントを、PSTN の音声ゲートウェイを介して呼び出します。Unified MeetingPlace Scheduling 展開モデルの場合、レコーディングされた会議は Unified MeetingPlace Web ユーザ インターフェイスからダウンロードし、WebEx レコーディング再生プログラムを使用して再生できます。内部 Unified MeetingPlace Web サーバ(およびオプションの SAN/NAS)には、オンプレミスでのレコーディングが保存されます。

Unified MeetingPlace Scheduling は、外部会議としてスケジュールされるすべての会議に対して、WebEx Network Based Recording(NBR)ストレージを使用します。ユーザは、企業の WebEx サイトを介してこれらの外部レコーディングにアクセスできます。

すべての Unified MeetingPlace および WebEx レコーディングは、ローカル ユーザの PC へのダウンロードによって提供される標準の NBR レコーディング再生プログラムで再生されます。すべてのファイルは、NBR レコーディング用の WebEx 編集ツールによって編集することもできます。

アーキテクチャのその他の考慮事項

Unified MeetingPlace Scheduling 展開モデルで使用できる一部の統合オプションでは、追加の統合サーバが必要な場合があります。Outlook および Exchange カレンダー統合は、本質的に Unified MeetingPlace アプリケーション サーバに組み込まれています。ただし、Lotus Notes 統合には、内部 Unified MeetingPlace Web サーバ上に共存する追加ソフトウェアが必要ですが、他の統合では内部 Unified Meeting Web サーバを展開する必要がありません。

使用可能な Unified MeetingPlace 統合の詳細については、次の Web サイトで入手可能な『 Planning Guide for Cisco Unified MeetingPlace 』の最新バージョンを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/ps5664/ps5669/products_implementation_design_guides_list.html

展開オプション

大多数の Unified MeetingPlace 展開は、単一サイト モデルに従っています。ここでは、それぞれの展開オプションのハイレベルな詳細について説明します。

単一サイト Unified MeetingPlace Scheduling の展開

この展開モデルは、すでに Unified MeetingPlace Web コンポーネントを展開している現行のお客様のためのモデルです。このモデルを展開するその他の要件として、次の機能の使用が挙げられます。

音声だけ、または音声/ビデオだけの展開(WebEx 統合を含まない)

この展開では、プライマリ/ウォーム スタンバイ冗長性が提供されます。

ブラスト発信ダイヤルによる継続会議(音声だけの会議の場合)

この展開では、プライマリ/ウォーム スタンバイ冗長性が提供されます。

Unified CM ビデオ テレフォニーのアドホック音声/ビデオ ミキシング(会議ブリッジ リソース用)

Unified CM クラスタごとに、アドホック モードの Unified MeetingPlace の複数インスタンスを使用できます。各 Unified CM クラスタに、固有の Unified MeetingPlace 音声専用サーバが必要です。

クラスタごとの会議ブリッジ リソース グループ設定のハント方式で、複数の Unified MeetingPlace サーバを設定できます。

標準ベースのビデオは、Unified MeetingPlace のビデオ設定のタイプと帯域幅によって、全体的なキャパシティに影響を及ぼします。

ほとんどの展開では単一サイト展開モデルが使用され、すべてのサーバ コンポーネントとユーザが単一のサイトに設置され、単一の LAN で相互接続されます。ソリューションのコンポーネントは、「アーキテクチャ」の項で説明するようにさまざまです。単一サイト展開モデルには、次のような共通の特徴があります。

Express Media Server は、自動的にアプリケーション サーバと同じ場所に設置されます。

ネットワーク タイム プロトコル(NTP)を実装して、Unified MeetingPlace コンポーネントのクロックをネットワーク タイム サーバまたはネットワーク対応クロックに同期できるようにする必要があります。NTP によって会議の正確なスケジューリングが保証されることから、NTP は Unified MeetingPlace にとって重要なネットワーク サービスと言えます。Unified MeetingPlace アプリケーション サーバのインストール中に外部の NTP ソースを指定できます。他の Unified MeetingPlace コンポーネントは自動的にこのアプリケーション サーバに同期されます。

既存のお客様のインストール環境の場合のみ、オプションで、Unified MeetingPlace Scheduling の音声、ビデオ、および Web レコーディングと会議添付ファイルを、お客様が用意した外部の SAN/NAS ストレージ サーバ上に保存できます。

Unified MeetingPlace Scheduling による展開の場合、内部ユーザ用の単一の Unified MeetingPlace Web サーバと、外部参加者用に DMZ 内に設置された単一の Unified MeetingPlace Web サーバを展開する必要があります。

Unified MeetingPlace Scheduling による展開の場合、ソリューションでのアクティブな Unified MeetingPlace アプリケーション サーバと Unified MeetingPlace Web サーバ間の往復遅延は、150 ms 以下にする必要があります。

コンポーネント別の着信および発信ポートの詳細リストについては、次の Web サイトで入手可能な『 System Requirements for Cisco Unified MeetingPlace 』の最新バージョンを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/ps5664/ps5669/products_device_support_tables_list.html

ハイ アベイラビリティ

この項では、次の Unified MeetingPlace コンポーネントの冗長性に関する考慮事項について説明します。

Unified MeetingPlace アプリケーション サーバ

Unified MeetingPlace メディア サーバ

Unified MeetingPlace Web サーバ

呼制御

Unified MeetingPlace アプリケーション サーバ

WebEx Scheduling によるマルチノード展開の Unified MeetingPlace では、アクティブ/アクティブの復元性が自動的に提供され、お客様はリージョンおよびサイトごとに冗長性のレベルを選択できます。リージョンは、必要に応じて別のリージョンにオーバーフローするように設定できます。

MeetingPlace Scheduling モデルを使用する Unified MeetingPlace では、フェールオーバー用に 1 つのアクティブ(プライマリ)Unified MeetingPlace アプリケーション サーバと 1 つのウォーム スタンバイ Unified MeetingPlace アプリケーション サーバを使用できます。フェールオーバー配置内の各 Unified MeetingPlace アプリケーション サーバには、その物理ネットワーク インターフェイス コントローラ(NIC)に関連付けられた共通の IP アドレスと仮想ネットワーク インターフェイスに関連付けられた一意の IP アドレスが設定されます。両方の Unified MeetingPlace アプリケーション サーバで同じ IP アドレスを共有するための要件は、両方のアプリケーション サーバを同じ仮想 LAN(VLAN)または IP サブネットに接続することです。このことは、両方のサーバが単一のデータセンター内に存在する場合は問題になりません。ただし、デュアル データセンター設計は、両方のデータセンターが同じ VLAN(IP サブネット)上に存在する場合にのみサポートされます。すべての Unified MeetingPlace コンポーネントと同様に Unified CM もこの共有 IP アドレスを使用してデータをやり取りします。スタンバイ サーバの物理 NIC(共有 IP アドレスを含む)は、プライマリ サーバに障害が発生して手動フェールオーバー プロセスが IT 担当者によって開始されるまで、無効にされます。

マルチノードまたはスタンバイ サーバを配置する場合のネットワーク要件については、次の Web サイトで入手可能な最新バージョンの『 Planning Guide for Cisco Unified MeetingPlace 』で、フェールオーバーの情報を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/ps5664/ps5669/products_implementation_design_guides_list.html

プライマリ サーバとスタンバイ サーバ間の Informix データベース レプリケーションに仮想ネットワーク インターフェイスが使用されます。データベース レプリケーションでは、ユーザ、グループ、および会議に関係するデータベース テーブルがプライマリ サーバとスタンバイ サーバ間で同期されることが保証されます。アクティブ サーバとスタンバイ サーバの仮想ネットワーク インターフェイスを同じ VLAN に配置することを推奨します。Unified MeetingPlace アプリケーション サーバの冗長性の詳細については、次の Web サイトで入手可能な『 Planning Guide for Cisco Unified MeetingPlace 』の最新バージョンを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/ps5664/ps5669/products_implementation_design_guides_list.html

Unified MeetingPlace ソリューションに関するその他の重要な要件は、アクティブな Unified MeetingPlace アプリケーション サーバとアクティブな Unified MeetingPlace メディア サーバを同じ場所に設置する必要があることです。Express Media Server は Unified MeetingPlace アプリケーション サーバ自体にあるソフトウェア内で実行されるため、スタンバイの Unified MeetingPlace アプリケーション サーバへのフェールオーバーによって、スタンバイ サーバの EMS 機能が使用されます。

シングル データセンター設計

シングル データセンター設計では、アクティブ/アクティブ モードでマルチノードの復元性が自動的に使用可能になり、Meeting Director コンポーネントにより両方のノード間で会議が均等に分散されます。1 つの会議ノードで障害が発生した場合、コールはドロップされ、ユーザが同じ会議 ID にダイヤルインして戻ったとき、または会議室 GUI の WebEx コールバック機能を使用したときに、それらの会議はリージョン内の別のノードで自動的に確立されるか、設定されている場合は別のリージョンにオーバーフローします。 サイトごとに最大 4 つの会議ノードを配置できます。

デュアル データセンター設計

デュアル データセンター設計では、マルチノードの会議ノードを使用する WebEx Scheduling モデルにより、リージョンごとにアクティブ/アクティブ フェールオーバーが提供されます。または、他のリージョンへのオーバーフローも設定できます。お客様の要件に応じて、複数データセンターでのアクティブ/アクティブ ロード シェアリング用に最大 14 の会議ノードを配置した環境で、4 つのリージョンと、リージョンごとに 2 つのサイトがサポートされます。会議ノードに障害が発生した場合、音声コールはドロップされ、ユーザがダイヤルして戻ったとき、または会議室から WebEx コールバック GUI 機能を使用したときに、会議はキャパシティのあるアクティブ ノードで自動的に開始されます。コールを分配するのにリージョン内のすべての会議ノードを使用でき、別のリージョンへのオーバーフローはオプションのシステム管理設定に基づいて行われます。

Unified MeetingPlace メディア サーバ

Express Media Server は Unified MeetingPlace アプリケーション サーバ自体にあるソフトウェア内で実行されるため、マルチノード展開モデルでは、追加の会議を開くのにリージョン内の任意の会議ノードを使用できます。サイトごとに最大で 4 つのサーバ、リージョンごとに 2 つのサイト、および 4 つのリージョンを展開して、グローバルな分散型アーキテクチャを実現できます。

Express Media Server は Unified MeetingPlace アプリケーション サーバ自体にあるソフトウェア内で実行されるため、スタンバイのアプリケーション サーバへのフェールオーバーによって、スタンバイ サーバの EMS 機能が使用されます。EMS では、他の EMS インスタンスへのカスケーディングまたはクラスタリングはサポートされません。最大で 1 つのプライマリおよび 1 つのフェールオーバー Unified MeetingPlace アプリケーションおよび EMS サーバが、Unified MeetingPlace Scheduling または WebEx Scheduling 展開モデルを使用した Unified MeetingPlace ソリューションでサポートされます。アクティブな RSNA フェールオーバーは WebEx 統合ではサポートされません(スタンドアロンの音声/ビデオ配置だけ)。

Unified MeetingPlace Web サーバ

Unified MeetingPlace Scheduling モデルでは、レコーディングや Web スケジューリング インターフェイス用に音声だけを設定した Web サーバを 1 つだけ使用します。既存のお客様が WebEx 統合を使用して Unified MeetingPlace 8.5(以降のリリース)に移行し、引き続き Unified MeetingPlace Scheduling モデルを使用する場合は、DMZ 内に配置されたその他の Web サーバを使用してください。各 Cisco Unified MeetingPlace システムは、WebEx 統合だけを使用する場合、最大で 1 つの内部 Web サーバと 1 つの DMZ 内 Web サーバを保持できます。これらのサーバに冗長性オプションはありません。Unified MeetingPlace Web サーバは、Unified MeetingPlace Scheduling インターフェイスが組み込まれたソリューションに対してだけ実装されます。Unified MeetingPlace の Lotus Notes または Jabber 統合も冗長にすることはできません。

呼制御

Unified MeetingPlace では、Cisco Unified CM 呼処理用のサブスクライバをポイントする、複数の SIP 発信ダイヤル接続を定義できます。冗長性を確保するには、Unified CM クラスタ内の呼処理サブスクライバにコールを転送するように複数の SIP プロキシ サーバを設定する必要があります。これらの呼処理サブスクライバは、Unified CM 内の Unified MeetingPlace コールについて設定された SIP トランクの Unified CM Group と関連している必要があります。Unified MeetingPlace アプリケーション サーバからは、SIP プロキシ サーバ 1 との接続が失われないかぎり、発信コールが SIP プロキシ サーバ 1 だけに送信され、SIP プロキシ サーバ 2 には送信されないことに注意してください。接続が失われた場合にだけ、Unified MeetingPlace から、リストで次に使用可能な呼処理エージェントに SIP INVITE メッセージが送信されます。呼処理エージェントの失敗が既存のコールに影響を与えないようにする必要があります。ユーザが切断すると、既存のメディア接続が失われます。


) SIP プロキシ サーバという用語は、単に Unified MeetingPlace アプリケーション サーバの設定ページに見られる用語であり、すべての SIP プロキシ サーバとの統合がサポートされることを意味するものではありません。


着信コールの場合は、設定済み Unified CM Group 内で見つかった最大 3 つの呼処理サブスクライバによって、Unified CM 内の単一の設定済み SIP トランクを処理できます。Unified CM Group 内のプライマリ Unified CM 呼処理サブスクライバがオフラインの場合、2 番めの呼処理サブスクライバが Unified MeetingPlace システムに対するコールの開始を引き継ぎます。詳細については、「Cisco Unified CM トランク」を参照してください。EMS を使用した Unified MeetingPlace Scheduling 展開の場合、コール送信に冗長性を持たせるには複数の Cisco IOS SIP ゲートウェイが必要です。

キャパシティ プランニング

特定の Unified MeetingPlace ソリューションのキャパシティは、Cisco Unified Communications システムの設計(会議で使用される音声コーデックやビデオ形式など)、および Unified MeetingPlace ソリューション コンポーネントの実行用に選択されたプラットフォームによって異なります。キャパシティ プランニングの詳細については、「コラボレーティブ会議」の項のサイジング情報を参照してください。

ネットワーク トラフィック プランニング

Unified MeetingPlace コラボレーションのネットワーク トラフィック プランニングは、次の要素で構成されます。

呼制御帯域幅

呼制御帯域幅は非常に狭いですが、重要です。Unified MeetingPlace アプリケーション サーバと Unified CM を同じ場所に設置することによって、呼制御に伴う問題の回避が容易になります。離れた場所に設置する場合は、信頼できる動作を保証するための適切な QoS プロビジョニングが必要になります。

リアルタイム トランスポート プロトコル(RTP)トラフィック帯域幅

RTP トラフィックは、音声とビデオのトラフィックで構成されます。Unified MeetingPlace メディア サーバは、音声コーデックとして G.711、G.729、および G.722 をサポートし、幅広いビデオ コーデックおよび帯域幅をサポートします。コーデックの種類別の推定帯域幅については、「ネットワーク インフラストラクチャ」の章を参照してください。

Web コラボレーション帯域幅

Unified MeetingPlace ソリューションの Web コラボレーション帯域幅は、WebEx SaaS ソリューションの場合と同じ方法で見積もることができます。「ネットワーク トラフィック プランニング」を参照してください。

設計上の考慮事項

Unified MeetingPlace の展開には、次の設計上の考慮事項が適用されます。

WebEx サイトごとに、サポートされる Unified MeetingPlace システムは 1 つだけです。

Unified MeetingPlace ソリューションのコンポーネントがネットワーク ファイアウォールで分離されるシナリオでは、必要なすべてのトラフィックに対して適切なピンホールが開かれていることが不可欠です。詳細なポート リストについては、次の Web サイトで入手可能な最新バージョンの『 System Requirements for Cisco Unified MeetingPlace 』で、ネットワーク要件の情報を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/ps5664/ps5669/products_device_support_tables_list.html

通常、コラボレーティブ会議システムによって、正時の呼処理の負荷が大きくなります。Unified MeetingPlace 用の特定のパラメータを設定したキャパシティ プランニング ツールは、シスコ代理店と従業員が使用できる機能であり、大規模構成の Cisco Unified Communications システムのキャパシティの計算に役立ちます。システムのサイジングでサポートが必要な場合は、シスコ代理店またはシスコのシステム エンジニア(SE)にお問い合わせください。シスコ代理店と従業員は、Cisco Unified Communications Sizing Tool を http://tools.cisco.com/cucst で入手できます。

シスコのさまざまなコラボレーティブ クライアント製品の詳細と、それらがコラボレーティブ会議ソリューションにどのように適しているかについては、「Cisco Collaboration クライアント」を参照してください。

Unified MeetingPlace を使用したコール アドミッション制御は、Unified CM によって実行されます。ロケーションベースのコール アドミッション制御では、Unified CM は、Unified MeetingPlace 固有の SIP トランクを一定量の音声/ビデオ帯域幅が許可されたロケーションに置くことによって、Unified MeetingPlace システムへの帯域幅を制御できます。また、Unified CM は、コール アドミッション制御も提供可能なリソース予約プロトコル(RSVP)の使用をサポートします。コール アドミッション制御戦略の詳細については、「コール アドミッション制御」の章を参照してください。

Unified MeetingPlace は、RFC 2833 および KPML DTMF という標準的なデュアルトーン マルチ周波数(DTMF)送信方式をサポートします。Unified CM は RFC 2833 をサポートし、これは DTMF リレーの推奨方式です。

Unified MeetingPlace アプリケーション サーバからの SIP シグナリング トラフィックは、CS3(DSCP 0x18)とマークされます。ただし、Unified MeetingPlace アプリケーション サーバからのその他のトラフィック(Unified MeetingPlace Web サーバ、メディア サーバ、または WebEx サイトとの通信など)は、ベストエフォート(DSCP 0x00)とマークされます。このトラフィックのいずれかが低速で通過しているか輻輳したリンクである場合、QoS に関する考慮事項に注意する必要があります。

デフォルトで、Unified MeetingPlace メディア サーバからのオーディオ ストリームは EF(DSCP 0x2E)とマークされ、ビデオ ストリームは AF41(DSCP 0x22)とマークされます。これらの値は Unified MeetingPlace 管理から設定可能です。

Web 会議トラフィックは SSL で暗号化され、常にベストエフォート(DSCP 0x00)とマークされます。

Unified MeetingPlace Meeting Director TSP コンポーネントは、WebEx サイトへのデュアル発信 TCP ポート 443 接続を開始し、SOCKS プロキシ サーバ サポートも提供します。

Cisco WebEx Social

Cisco WebEx Social は、ソーシャル ネットワーキング、リアルタイム通信、コンテンツ管理、およびビジネス プロセス機能を網羅する人中心の企業のコラボレーション プラットフォームです。Cisco WebEx Social は、シスコ コラボレーション製品や他のサードパーティ製アプリケーションと統合することにより、統合化された多数のコラボレーション サービスを提供します(図 22-16 を参照)。これらのサービスにより、ユーザのコラボレーション体験が改善され、生産性が大幅に向上するとともに、ユーザがコラボレーションの方法を選択できるようになります。さらに、Cisco WebEx Social は OS に依存せず、Web ブラウザやモバイル デバイスからアクセスできます。組織は、Cisco WebEx Social を使用して、ドキュメント、ビデオ、プレゼンテーションなどの情報の共有、会議の実施、連絡先へのクリックツーダイヤル、情報の公開、コミュニティへの参加、ディスカッション フォーラムへの参加、ブログの作成、およびその他の多くの作業を単一環境内で実行できます。Cisco WebEx Social では、ユーザは、常に最新の情報にアクセスできます。

図 22-16 Cisco WebEx Social コラボレーション サービス

 

アーキテクチャ

Cisco WebEx Social は、図 22-16 に示すように、多くのコラボレーション サービスを提供します。ここでは、各コラボレーション サービスのアーキテクチャ、およびそれに関するソリューション設計ガイダンスについて説明します。Cisco WebEx Social の導入モデル、キャパシティ、耐障害性、およびネットワーク要件の詳細については、次の Web サイトで入手可能な『Cisco Validated Design Guide for Cisco WebEx Social』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps10668/tsd_products_support_series_home.html

ここでは、Cisco WebEx Social が提供する次のコラボレーション サービスが網羅されています。

「呼制御」

「IM and Presence」

「ボイスメール」

「カレンダーおよび会議」

呼制御

Cisco WebEx Social は、Cisco Unified CM と統合化して呼制御機能を提供します(図 22-17 を参照)。ユーザは、Unified CM の WebDialer アプリケーションを使用してクリックツーダイヤルを実行するか、または Cisco Web Communicator ブラウザ プラグインを使用してコールを行うことができます。Cisco Web Communicator は、Cisco Jabber クライアントと同じ共通フレームワークを使用して、音声およびビデオ メディア、および呼制御サービスを提供します。Cisco Web Communicator は、デスクフォンの制御とソフトフォン モードの両方をサポートします。

図 22-17 Cisco WebEx Social 呼制御アーキテクチャ

 

図 22-17 に示すように、Cisco WebEx Social は、HTTPS インターフェイスを介して Simple Object Access Protocol(SOAP)を使用してクリックツーダイヤル機能を実行することにより、Unified CM 内で WebDialer サービスに要求を送信します。Unified CM クラスタが Cisco WebEx Social に追加されると、WebEx Social は、SOAP インターフェイスを使用して WebDialer サービスがイネーブルの Unified CM ノードのリストを取得し、そのリストを内部的にキャッシュします。ユーザがクリックツーダイヤルを使用してコールを発信すると、Cisco WebEx Social は、リストから Unified CM ノードを選択し、そのノードに要求を送信します。Cisco WebEx Social は、カスタム ラウンドロビン アルゴリズムを実装して、リスト内の Unified CM ノード間で要求を均等に分散します。特定ノードへのコール要求の送信が失敗した場合は、リスト内の次のノードが使用されます。

Cisco Web Communicator は、ブラウザ内で動作するプラグインであり、ソフトフォンまたはデスクフォン コントローラとして機能できます。ソフトフォン モードでは、Cisco Web Communicator は、Unified CM 上の Cisco CallManager Cisco IP Phone(CCMCIP)サービスを使用して、Unified CM に登録するデバイス名を検出します。Cisco WebEx Social は、SOAP インターフェイスを使用して TFTP サーバのリストを取得し、また Cisco Web communicator はリストから 1 つのサーバを選択して、Unified CM に登録する電話設定をダウンロードします。Cisco Web Communicator は、登録の設定、冗長性、リージョン、ロケーション、ダイヤル プラン管理、認証、暗号化、ユーザの関連付けなどを含めて、Cisco Unified IP Phone のすべての呼制御能力と機能を使用する SIP デバイスとして Cisco Unified CM に登録される Cisco Jabber クライアントです。SIP 信号は、Cisco Web Communicator と Cisco Unified CM の間で接続を介して伝送されます。

デスクフォン制御モードでは、Cisco Web communicator は、Computer Telephony Integration Quick Buffer Encoding(CTI QBE)を使用してリモート デスクフォンを制御するように設定されます。Cisco Web Communicator は、Cisco CallManager Cisco IP Phone サービスを使用して WebEx Social ユーザに関連付けられているデバイスのリストを取得し、またユーザは Cisco Web communicator のリストから制御するデバイスを選択する必要があります。CTI 要求は、Cisco Web Communicator と Cisco Unified CM 間の接続を介して送信されます。Cisco WebEx Social は CTI Manager が有効な Unified CM ノードのリストを取得し、Cisco Web Communicator はリスト内の最初のノードを使用して CTI 要求を送信します。現在の CTI 接続に障害が発生するか、または利用できない場合、Cisco Web Communicator は CTI 要求のリストから代替 Unified CM ノードを使用します。


) WebDialer と Cisco Web Communicator プラグインは互いに独立であり、これら 1 つが有効である限り、WebEx Social がコールを発信できます。ただし、Cisco Web Communicator がイネーブルの場合、クリックツーダイヤルを実行するために常に使用されます。


Cisco Web Communicator は、たとえば G.711、G.729a、G.722.1 など、Cisco Jabber クライアントがサポートするすべてのオーディオ コーデックをサポートします。Cisco Web Communicator は、Cisco Precision Video Engin(PVE)を活用して高品質ビデオを提供し、また Cisco ClearPath メディア復元力メカニズムをサポートします。ビデオは、H.264 Advanced Video Coding(AVC)標準に基づいており、最大 30 フレーム/秒のフレーム速度で QCIF から 720p HD のフレーム サイズをサポートできます。

Cisco Web Communicator は、音声、ビデオ、および呼制御サービスに関して、Cisco Jabber クライアントと同じフレームワーク上に構築されます。これらのサービスの詳細については、「Cisco Collaboration クライアント」の章で Cisco Jabber クライアントの情報を参照してください。

ハイ アベイラビリティ

クリックツーダイヤルで WebDialer を使用する場合、ハイ アベイラビリティに関して 2 つの領域を検討する必要があります。まず、WebDialer サービスを Unified CM クラスタ内の複数のノードでイネーブルにして、現在のノードに障害が発生したか、または使用できなくなった場合には、WebEx Social が代替ノードに SOAP 要求を送信できるようにします。2 つめに、Unified CM クラスタ内で WebDialer レベルでハイ アベイラビリティを実装できます。WebDialer でのハイ アベイラビリティの詳細については、「WebDialer」の項を参照してください。


) Cisco WebEx Social は、WebDialer アプリケーション内で Redirector servlet を使用しません。


Cisco Web Communicator は、複数のノードでイネーブルになっている TFTP および CTI Manager サービスを使用して、電話機設定のダウンロードと CTI 制御を実行できます。1 つのノードに障害が発生した場合、バックアップ ノードを使用して機能を実行できます。復元性を確保するために、シスコは、クラスタ内の複数の Unified CM ノードで TFTP および CTI Manager サービスをイネーブルにするよう推奨しています。CTI 配置の詳細については、「呼処理」の章を参照してください。TFTP サーバ配置の詳細については、「ネットワーク インフラストラクチャ」の章を参照してください。

ソフトフォンモードで動作している場合、Cisco Web Communicator は、Unified CM に SIP エンドポイントとして登録され、Unified CM の登録エンドポイントのすべての登録機能および冗長性機能をサポートします。

ダイヤル プランに関する考慮事項

Unified Communications システムを配置する際には、ダイヤル プランと番号の正規化に関する考慮事項を念頭に置いて作業してください。Cisco WebEx Social 内の連絡先に対してクリックツーダイヤルを実行する場合、連絡先に関連付けられている番号は、Cisco Unified CM が認識してダイヤルできる形式にする必要があります。

配置は、ディレクトリ、および Cisco WebEx Social に統合される Unified CM の設定によって変わってくる場合があります。WebEx Social ユーザの職場、モバイル、および家庭の電話番号用に E.164 の番号(たとえば +14085551212)がディレクトリに含まれており、Unified CM にも E.164 ダイヤル プランが含まれている場合は、すべてのルックアップ、解決、およびダイヤルされたイベントが E.164 形式のダイヤル ストリングになるため、追加のダイヤル規則の必要性が最小化されます。

Unified CM 用にプライベート ダイヤル プラン(5551212 など)を実装している場合は、Unified CM 内で E.164 番号のプライベート ディレクトリ番号への変換の必要が生じます。その連絡先に対してクリックツーダイヤルを実行する場合、Unified CM のトランスレーション パターンによって変換することができます。これにより、ダイヤルされた番号(+14085551212 など)をプライベート番号(この例では 5551212)でエンドポイントに表示させることができます。そのユーザが Unified CM クラスタ内の他のユーザにオンネット コールを発信する場合、ディレクトリ ルックアップ ルールを使用して、着信番号 5551212 は逆番号ルックアップ発信者 ID のために +14085551212 として示されます。

企業で使用されるダイヤルプランおよび LDAP ディレクトリに格納された電話番号情報において、番号形式の相違に対応するため Cisco Unified Communications Manager にトランスレーション パターンとディレクトリ ルックアップ規則を設定する必要がある場合、独自の番号計画の展開が発生する可能性があります。ディレクトリ ルックアップ規則は、ディレクトリ ルックアップ キーとして使用される着信コール ID を再フォーマットする方法を定義します。トランスレーション パターンは、発信ダイヤル用に LDAP ディレクトリから取得した電話番号を変換する方法を定義します。トランスレーション パターンとディレクトリ ルックアップ ルールの詳細については、「ダイヤル プラン」の章を参照してください。

IM and Presence

IM およびプレゼンス サービスは、WebEx Social ユーザに、プレゼンス ステータス監視機能、および他のユーザとインスタント メッセージングで通話する機能を提供します。IM およびプレゼンスを使用するには、チャット サーバを設定する必要があります。Cisco WebEx Social は、Cisco IM and Presence、Cisco WebEx Messenger、および Microsoft OCS などのチャット サーバをサポートします。サポートされるチャット サーバ、および互換性のあるバージョンの正式なリストについては、次の Web サイトで入手可能な『 Cisco WebEx Social Compatibility Guide 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps10668/products_device_support_tables_list.html

Cisco IM and Presence および WebEx Messenger

図 22-18 に示すように、Cisco WebEx Social は、Cisco Ajax XMPP ライブラリを使用して Unified CM クラスタ内の Cisco IM and Presence と通信するか、またはクラウド内の WebEx Messenger を使用し、Bidirectional-streams Over Synchronous HTTP(BOSH)を介してプレゼンス ステータスとインスタント メッセージングを取得します。Cisco AJAX XMPP ライブラリにより、ブラウザで動作するチャット クライアントは、Cisco IM and Presence または WebEx Messenger 内に存在するユーザと、HTTP 接続で XMPP を使用できます。すべてのプレゼンスの更新およびインスタント メッセージが、システム内に設定されている BOSH バインド URL を介して送受信されます。

図 22-18 Cisco WebEx Social IM and Presence インターフェイス

 

Cisco WebEx Social は、ユーザのプレゼンス ステータスのパブリッシャとサブスクライバの両方として動作します。ユーザが Web ポータルから自分のプレゼンス ステータスを変更すると、WebEx Social が、対応するプレゼンスの更新をパブリッシュします。ユーザがサインインするか、または新しい連絡先がユーザの連絡先リストに追加された場合、WebEx Social は、設定された最大数まで、連絡先リスト内の各ユーザのプレゼンス ステータスに対して一時サブスクリプションを作成します。このサブスクリプションは、ログイン セッション全体にわたって保持されます。

ユーザは、複数のプレゼンス デバイスにログインできます。たとえば、同じ Jabber ID を使用して WebEx Social、Cisco Jabber IM、および Cisco WebEx Messenger クライアントにログインし、自分自身を「使用可能」にできます。他のユーザがそのユーザにインスタント メッセージを送信すると、その受信メッセージは、負ではない優先順位でログインするすべてのデバイスで受信されます。ユーザが特定のデバイスから IM に応答すると、その受信側デバイスは「送信側デバイス」にロックされ、すべてのメッセージがそのデバイス ペア間で送信されます。これは、ログインしているいずれかのデバイスに対するイベントで、受信デバイスが「ロック解除される」まで継続します。たとえば、ユーザのプレゼンス ステータスの変更(手動または自動)、またはユーザのサインインやサインアウトがあります。また、WebEx Social チャット クライアントのプレゼンス プライオリティは、特定ユーザの他のログイン プレゼンス デバイスと比較して、相対的なプライオリティを示すように設定できます。プレゼンス プライオリティ設定の詳細については、次の Web サイトで入手可能な『 Cisco WebEx Social Administration Guide 』の最新バージョンを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps10668/prod_maintenance_guides_list.html

カスタマーによっては、他のプレゼンス ステータスのモニタのみを目的として WebEx Social を使用する場合や、インスタント メッセージングのためにマシンにインストールされたデスクトップのチャット クライアントを使用する場合があります。Cisco WebEx Social は、IM とプレゼンスを分離するためのオプションを提供します。このオプションを有効にすると、ユーザのプレゼンス ステータスの送受信に Cisco WebEx Social を使用できますが、インスタント メッセージング機能はディセーブルになります。ユーザが WebEx Social にサイン インすると、そのプレゼンス ステータスは他のユーザには常にカスタム テキスト「Not Available」が付いた「Do Not Disturb」として表示され、他のユーザは、WebEx Social 内でそのユーザにインスタント メッセージを送信できません。さらに、ユーザは、WebEx Social から自分のプレゼンス ステータスを変更できません。ユーザが IM セッションを開始する場合、クリックツーチャット アイコンをクリックすると、マシンにインストールされている外部デスクトップ チャット クライアントが起動します。または、デスクトップのチャット クライアントにログインして、そこで IM セッションを開始することもできます。ユーザは、デスクトップ チャット クライアントにログインして、自分自身を使用可能にした後、他のユーザからインスタント メッセージの受信を開始できます。


) IM とプレゼンスの分離は、Cisco WebEx Messenger の導入でのみ使用できます。


Microsoft OCS

Cisco WebEx Social は、Microsoft Office Communicator Server(OCS)とのインターフェイスに Microsoft Office Communicator Web Access(CWA)API を使用します。このソリューションにより、WebEx Social ユーザは、OCS に存在するユーザとプレゼンス ステータスを交換すること、またインスタント メッセージングを行うことができます。または、その逆も可能です。主要コンポーネントには、WebEx Social Web ポータルで動作する CWA AJAX ライブラリ、WebEx Social アプリケーション サーバ上のプロキシ、CWA サーバ、および OCS があります。WebEx Social チャット クライアントは、プロキシに要求を送信します。プロキシは、その要求をインターセプトして、OCS と通信する CWA サーバに直接転送します。応答は、OCA サーバからチャット クライアントに CWA サーバを介して直接送信されます。この通信全体は、単一のブラウザ TCP セッションを消費する非同期データ チャネルを通して実行されます。


) Cisco WebEx Social と Microsoft OCS 両方が、同じ Active Directory に同期する必要があります。


WebEx Social チャット クライアントと Microsoft Office CWA のブラウザ クライアントは同じ優先順位を使用して OCS に登録されますが、Microsoft Office Communicator デスクトップ クライアントはより高い優先順位で登録されます。これは、ユーザが Microsoft Office Communicator クライアントと WebEx Social チャット クライアントを使用して OCS にログインする場合、受信メッセージは、最初に、Microsoft Office Communicator クライアントで受信され、次にいくらか遅れて WebEx Social チャット クライアントで受信されることを意味します。また、ユーザがサインインするクライアントのタイプと、誰が IM を開始するかによって、動作に違いがあります。さまざまなシナリオと動作の詳細については、次の Web サイトで入手可能な『 Cisco WebEx Social Administration Guide 』の最新バージョンで Microsoft OCS IM の動作シナリオの情報を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps10668/prod_maintenance_guides_list.html

Microsoft Office Communicator Web Access での導入要件の詳細については、次の Web サイトで Microsoft から入手可能な『 Office Communicator Web Access Deployment Guide 』を参照してください。

http://technet.microsoft.com/en-us/library/dd441267(v=office.13).aspx

ハイ アベイラビリティ

Cisco AJAX XMPP ライブラリを使用して、Cisco IM and Presence または Cisco WebEx Messenger と通信できます。また、チャット サーバでハイ アベイラビリティが設定済みの場合、そのライブラリには、すでに冗長性とフェールオーバー メカニズムが組み込まれています。WebEx Social で Cisco IM and Presence を使用する場合は、Cisco IM and Presence をハイ アベイラビリティで導入してください。Cisco IM and Presence のハイ アベイラビリティ導入の詳細については、「Cisco IM and Presence」の章を参照してください。Cisco WebEx Messenger は WebEx Collaboration Cloud に存在し、ハイ アベイラビリティが組み込まれています。Cisco WebEx Messenger のハイ アベイラビリティの詳細については、「Cisco IM and Presence」の章を参照してください。

Microsoft OCS と統合する場合にハイ アベイラビリティを設定するには、ハイ アベイラビリティが製品内に実装されている必要があります。Microsoft OCS と CWA でのハイ アベイラビリティの詳細については、Microsoft から入手できる各製品マニュアルを参照してください。

ボイスメール

Cisco WebEx Social では、Cisco Unity Connection Inbox でボイス メッセージ ポートレットからのボイス メールと対話できます。ユーザは、ポートレット内で、ボイス メールをリッスン、作成、および転送できます。ポートレットには、ボイス メールの送信者の写真およびそのプレゼンス ステータスが表示され、ユーザは、ポートレット内の送信者とクリックツーコールまたはクリックツーチャットを実行できます。Cisco WebEx Social は、Representational State Transfer(REST)API を使用して、Cisco Unity Connection からボイス メール ヘッダー情報を取得し、またオーディオ ファイルをブラウザにプロキシします。これは、オーディオ ファイルがブラウザ内でダウンロードされ、再生されることを意味します。


) ボイス メッセージ ポートレットは、PC からのプライベート メッセージまたはセキュア メッセージを再生できません。ただし、ユーザは、電話でそれらを再生するオプションを選択できます。


ハイ アベイラビリティ

Cisco Unity Connection クラスタリング オプションを使用して、ユーザのボイス メッセージをクラスタ内のすべてのノードに複製します。Cisco WebEx Social は、クラスタ内で複数のボイス メール サーバを設定するためのオプションを提供します。現在のボイス メール サーバに障害が発生したか、または使用できない場合、バックアップとして代替ボイス メール サーバを使用できます。復元のため、シスコは、Cisco Unity Connection クラスタを作成して、Cisco WebEx Social 内のボイス メール サーバ設定に複数の Unity Connection ノードを追加することを推奨しています。

カレンダーおよび会議

Cisco WebEx Social は、Calendar サーバと WebEx Meeting Center から、すべての会議またはイベント情報の詳細(たとえば、会議の開始および終了時刻、会議の主催者と参加者)を取得し、統一されたカレンダーに追加することができます。カレンダー ポートレット内で、統一されたカレンダーにデフォルトで今日の会議のリストが表示されます。ユーザは、カレンダーを参照して、その日の会議を表示できます。Cisco WebEx Social は、設定された要求のタイムアウトに従って、Calendar サーバから新しい会議データを定期的に要求します。新しい会議がスケジュールされている場合、次の要求更新のカレンダー ポートレットに表示されます。Cisco WebEx Social は、Microsoft Exchange や IBM Lotus Domino などのカレンダー サーバをサポートします(図 22-19 を参照)。サポートされるサーバおよび対応するバージョンの完全なリストについては、次の Web サイトで入手可能な『 Cisco WebEx Social Compatibility Guide 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps10668/products_device_support_tables_list.html

図 22-19 カレンダーおよび会議サービス インターフェイス

 

導入されている Microsoft Exchange のバージョンに応じて、Cisco WebEx Social は、Web Distributed Authoring and Versioning(WebDAV)または Exchange Web Service(EWS)プロトコルを使用して、Exchange サーバと通信し、会議情報を同期できます。Exchange サーバの設定に応じて、WebDAV と EWS は HTTP または HTTPS で転送できます。Cisco WebEx Social は、サーバがプロトコルをサポートしている場合には、別々の Exchange サーバで WebDAV と EWS の両方のプロトコルを同時に使用するよう設定できます。WebDAV を使用する場合で、LDAP 同期がイネーブルの場合には、LDAP ディレクトリ属性から Exchange サーバのホスト名とドメイン名を取得して、Exchange サーバの URL を動的に作成できます。この場合、異なる Exchange サーバを使用するディレクトリ内に設定されているユーザは、WebEx Social で手動の設定を行うことなく、Exchange URL を動的に構築できます。

Cisco WebEx Social は、Common Object Request Broker Architecture(CORBA)Internet InterORB Protocol(IIOP)接続を通して IBM Lotus Domino と対話します。この接続は、Secure Sockets Layer(SSL)により、安全に維持されます。

会議サービスでは、Cisco WebEx Social は、HTTP インターフェイスを介して WebEx XML API を使用して WebEx Meeting Center と対話します。これにより、WebEx Social は、カレンダー ポートレットでスケジュールされた WebEx 会議を収集および表示します。ユーザは、カレンダー ポートレット内から会議を開始または参加できます。シングル クリックすることで、各自のホバー カード内および Cisco WebEx Social 内の他の場所に WebEx 会議を作成できます。また、カレンダー ポートレット内に、複数のユーザを持つインスタント会議を作成できます。WebEx との統合により、シングル サイン オンをサポートします。

ハイ アベイラビリティ

Microsoft Exchange および IBM Lotus Domino で使用可能な、ハイ アベイラビリティを設定するオプションがあります。詳細については、これらの企業の該当する製品マニュアルを参照してください。

WebEx Meeting Center は WebEx Collaboration Cloud に存在し、ハイ アベイラビリティ機能が組み込まれています。詳細については、「Cisco WebEx Software as a Service」の項を参照してください。

キャパシティ プランニング

Cisco WebEx Social 導入のキャパシティを計画する場合、Cisco WebEx Social でインストールされるプラットフォーム、および Cisco WebEx Social で使用されるすべての Cisco Collaboration 製品を正しくサイジングする必要があります。Cisco WebEx Social のキャパシティ プランニングの詳細については、次の Web サイトで入手可能な『Cisco Validated Design Guide for Cisco WebEx Social』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps10668/tsd_products_support_series_home.html

この項の以降の部分では、Cisco WebEx Social の Cisco Collaboration 製品のキャパシティ プランニングを中心に説明します。

Cisco Web Communicator は、Unified CM に登録された SIP エンドポイントとして、または Unified CM への CTI 接続を使用して Cisco Unified IP Phone のデスクフォン コントローラとして実行されます。Cisco Web Communicator を使用する Cisco WebEx Social の導入を計画する際には、シスコのパートナーやスタッフが Cisco Unified Communications Sizing Tool( http://tools.cisco.com/cucst から入手可能)を使用して、SIP 登録エンドポイントや CTI 制御デバイスの適切なサイジングのお手伝いをします。

Cisco Web Communicator を呼制御のエンドポイントとして導入する場合には、満足できるユーザ エクスペリエンスを実現するために、帯域幅、Quality of Service(QoS)、およびその他のネットワーク要件を考慮する必要があります。Cisco Web Communicator は、呼制御に多くの方法で Cisco Jabber クライアントに類似しています。ネットワーク要件の詳細については、「Cisco Collaboration クライアント」の章の Cisco Jabber クライアントの情報を参照してください。

WebDialer を使用してクリックツーダイヤルを行う場合には、Cisco Unified CM に対する影響を考慮する必要があります。WebDialer は、CTI を使用してデバイスを制御します。したがって、Cisco Unified Communications Sizing Tool を使用してサイズ変更を行うことができます。WebDialer でのその他のキャパシティ プランニングの考慮事項については、「Cisco Unified CM アプリケーション」の章を参照してください。

Cisco WebEx Social は、XMPP クライアントとして動作して、Cisco IM and Presence または WebEx Messenger のいずれかを使用して IM およびプレゼンス サービスを提供します。Cisco Unified CM IM and Presence サービスのキャパシティ プランニングについては、「コラボレーション ソリューションの設計および配置サイジングに関する考慮事項」の章を参照してください。Cisco WebEx Messenger でのキャパシティ プランニングについては、「Cisco IM and Presence」の章を参照してください。

ボイス メールでは、Cisco WebEx Social は、REST API を使用してボイス メッセージをダウンロードするクライアントであり、ブラウザから音声ファイルを再生します。ボイス メッセージングでのキャパシティ プランニングについては、「コラボレーション ソリューションの設計および配置サイジングに関する考慮事項」の章を参照してください。

設計上の考慮事項

Cisco WebEx Social で Cisco Collaboration サービスを導入する際には、次の設計上の考慮事項を確認してください。

特に Single Sign-On(SSO)がイネーブルの場合には、WebEx Social ユーザの画面名が Cisco Unified CM エンド ユーザ(呼制御と IM およびプレゼンス)、および WebEx アカウント(WebEx Meeting と WebEx Messenger の場合)に一致する必要があります。これにより、WebEx Social は、デバイス情報を Unified CM から、会議情報を WebEx から取得して、IM およびプレゼンスを正しく機能させることができます。

WebEx Social ユーザ プロファイルのディレクトリ番号は、LDAP の telephoneNumber 属性と同期している場合、完全な E.164 番号の場合があります。Unified CM がプライベート企業ダイヤル プランを使用する場合、E.164 番号とプライベート電話番号間の変換に、トランスレーション パターンまたはディレクトリ検索ダイヤル ルールが必要になる場合があります。

Cisco Web Communicator は、デスクフォン制御モードで Cisco Unified IP Phone の制御に CTI を使用します。したがって、Unified CM 導入のサイジングを行う場合には、CTI の使用を必要とする他のアプリケーションも考慮する必要があります。

ファイアウォールとセキュリティの考慮事項については、Cisco Web Communicator で必要なポートの使用方法を、Cisco WebEx Social 製品のマニュアルで参照できます。

http://www.cisco.com/en/US/partner/products/ps10668/tsd_products_support_series_home.html

Cisco WebEx Social で Cisco Unified CM IM Presence サービスまたは Cisco WebEx Messenger を導入する場合には、追加の設計上の考慮事項を、「Cisco IM and Presence」の章で参照してください。