Cisco Collaboration 9.xソリューション リファレンス ネットワーク デザイン(SRND)
索引
Index
発行日;2013/10/03 | 英語版ドキュメント(2013/09/09 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 30MB) | フィードバック

Index

記号

! 14-26

+E.164 番号計画 14-71

+ ダイヤリング 14-52

<None> コーリング サーチ スペース 20-8

@ ルート パターン 14-26

数字

1040 Sensor 29-8

1100 ビデオ エンドポイント 8-15

1700 シリーズ ルータ 7-9

2000 シリーズ Virtualization Experience Client 8-32

2800 シリーズ ルータ 7-8, 7-17, 7-34

2900 シリーズ ルータ 7-34

2 ステージ ダイヤリング 23-49, 23-51

3500 シリーズ ビデオ ゲートウェイ 5-13

3800 シリーズ ルータ 7-8, 7-17, 7-34

3900 シリーズ SIP 電話機 8-11

3900 シリーズ ルータ 7-34

4000 シリーズ Virtualization Experience Client 8-32

500 ビデオ エンドポイント 8-15

508 準拠 8-5

6000 シリーズ Virtualization Experience Client 8-32

6900 シリーズ電話機 8-9

7900 シリーズ電話機 8-9

7905_7912 ダイヤル規則 14-19

7921G Wireless IP Phone 8-24

7925G-EX Wireless IP Phone 8-24

7925G Wireless IP Phone 8-24

7926G Wireless IP Phone 8-24

7940_7960_OTHER ダイヤル規則 14-19

802.1s 3-5

802.1w 3-5, 3-7

802.1X 認証 4-15

802.3af PoE 3-13

8900 シリーズ電話機 8-10, 8-14

9.@ のルート パターン 14-26

911 コール 14-68, 15-1

911 コールのインターフェイス タイプ 15-5

911 のテスト コール 15-17

9900 シリーズ電話機 8-10, 8-14

A

AA 19-24

AAR

Cisco Unity 19-8

Voice over PSTN 10-21

ダイヤル プランに関する考慮事項 14-69, 14-76

ビデオ コール用 5-19

AC 18-45

ACL 4-23

Active Directory(AD) 16-9, 16-14, 16-16, 16-22

Active Directory アプリケーション モード(ADAM) 16-11, 16-27

Active Directory ライトウェイト ディレクトリ サービス(AD LDS) 16-18

AD 16-9, 16-14, 16-16, 16-22

ADAM 16-11, 16-27

Adaptive Security Appliance(ASA) 4-24, 4-34

AD LDS 16-18

Administrative XML Layer(AXL) 29-6

AFT 15-23

AHT 27-6

ALI 15-3, 15-5, 15-23

ALI Formatting Tool(AFT) 15-23

Analysis Manager 29-22

Android 8-28, 23-62, 23-76

ANI 15-3, 15-5, 15-7, 15-11

Annex M1 6-58

AnyConnect 23-87

AnyConnect Secure Mobility Client 8-29

AP 3-56, 3-58, 3-67, 8-24

Apple iOS 8-28

ARP 3-68, 4-14

ASA 4-24, 4-34

ASR 22-5

Assistant Console 18-34

Assurance 29-5

ATM 3-39, 10-13, 10-23

Attendant Console(AC) 18-45, 27-28

AXL 29-6

B

BackboneFast 3-7

Bearer Capabilities Information Element(bearer-caps) 5-16

bearer-caps コマンド 5-16

BFD 22-10

BGP 22-10

BHCA 10-38, 27-6, 27-21, 27-49

BHCC 27-6

BlackBerry 8-28

BLF 20-7

Bluetooth 3-66, 8-26

Border Element 6-67, 9-48

BPDU 3-7

Bring Your Own Device(BYOD)インフラストラクチャ 23-74

BTN 15-5

Bump In The Wire 4-27

Business Edition 9-2, 9-25, 9-30, 9-32, 23-59, 27-48, 27-51

Business Edition 3000 10-13, 10-18

Business Edition 6000 10-44

BYOD 23-74

B シリーズ ブレード サーバ 10-47, 10-48

C

CAC(「コール アドミッション制御」を参照)

Call Forward Unregistered(CFUR) 14-69

CAM 4-8

CAMA 15-6

CanMapAlias 6-58

CAPWAP 3-58

CAR 10-35

CCA 3-68, 22-10

CCD 10-51

CDP 4-6

CDR 10-35, 27-14, 29-9

CDR 分析とレポート(CAR)データベース 10-35

Centralized Automatic Message Accounting(CAMA) 15-6

CER 14-68, 15-7, 15-15

CFUR 14-69

CIR 3-45

Cisco 1040 Sensor 29-8

Cisco Business Edition 9-25, 23-59, 27-51

Cisco Discovery Protocol(CDP) 4-6

Cisco Emergency Responder(CER) 14-68, 15-7, 15-15

Cisco EnergyWise テクノロジー 3-14

Cisco IM and Presence 20-9, 21-20, 27-45

Cisco IOS

ソフトウェア MTP 7-17

Cisco IP SoftPhone 15-17

Cisco IP Voice Media Streaming Application 7-18, 27-28

Cisco Jabber 23-76, 23-80

Cisco Jabber Android、Android 23-80

Cisco Jabber Desktop Client 21-3

Cisco LEAP 8-25

Cisco Mobile 23-76, 23-80

Cisco Mobile iPhone 23-80

Cisco Multimedia Conference Manager(MCM) 6-58

Cisco Prime 29-1

Cisco Prime Collaboration 27-46

Cisco Prime Unified Operations Manager (Unified OM) 27-47

Cisco Prime Unified Provisioning Manager(Unified PM) 29-14

Cisco Prime Unified Service Monitor(Unified SM) 27-47, 29-7

Cisco UC Integration for IBM Sametime 21-26

Cisco UC Integration for Microsoft Lync 21-24, 27-19

Cisco UC Integration for Microsoft Office Communicator 21-2, 27-19

Cisco Unified Analysis Manager 29-22

Cisco Unified Border Element 4-37, 6-67, 25-7

Cisco Unified Communications Management Suite 29-1

Cisco Unified Communications Manager Express(Unified CME) 8-13, 8-18, 8-24, 8-27, 8-31, 9-42, 10-15, 10-25, 19-14, 27-48

Cisco Unified Communications Manager Real-Time Monitoring Tool(RTMT) 29-22

Cisco Unified Computing System(UCS)プラットフォーム 10-46

Cisco Unified Contact Center 24-1

Cisco Unified Contact Center Enterprise(Unified CCE) 24-2

Cisco Unified Contact Center Express(Unified CCX) 24-5

Cisco Unified Contact Center Management Portal(Unified CCMP) 24-6

Cisco Unified Customer Voice Portal(Unified CVP) 24-4

Cisco Unified E-Mail Interaction Manager(Unified EIM) 24-6

Cisco Unified Intelligence Center(Unified IC) 24-6

Cisco Unified MeetingPlace 22-31, 27-39, 27-40

Cisco Unified Mobility 23-1, 23-33, 23-84, 27-20, 27-51

Cisco Unified Reporting 29-23

Cisco Unified SRST Manager 10-20

Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony(SRST)Manager 10-20

Cisco Unified Web Interaction Manager(Unified WIM) 24-6

Cisco Unity 19-1, 19-7, 19-21

Cisco Unity Connection 19-7, 19-19, 19-34

Cisco Unity Connection の仮想化 19-31

Cisco Unity Express(CUE) 19-24

Cisco Unity Personal Assistant 19-5

Cisco Unity Telephony Integration Manager(UTIM) 19-41, 19-43

Cisco Unity でのネイティブ トランスコーディング 19-33

Cisco Voice Transmission Quality(CVTQ) 29-9

Cisco WebEx Connect 27-18

Cisco WebEx Meetings Server 22-14

Cisco ネットワーク解析モジュール(NAM) 29-10

Clear Channel Assessment(CCA) 3-68

CLEC 15-5

CLID 14-27

CMC 14-28

CMM 7-21

CMR 10-35, 27-14, 29-9

COM 16-3

Communicator 8-21, 21-33

Compressed Real-Time Transport Protocol(cRTP) 3-39, 3-42

ContactHeader スクリプト 6-15

Continuous-Presence 会議ビュー 11-16

Control and Provisioning of Wireless Access Points(CAPWAP) 3-58

CoS 3-4

CPN 15-5

cps 27-5

CPU 使用率 27-5

cRTP 3-39, 3-42

CTI 9-8, 9-23, 9-34, 19-23, 27-23

CTI Manager 9-5, 9-23

CTIManager 9-8

CTI-QBE 19-23

CTI リモート デバイス 9-34

CTI ルート ポイント 7-16

CUE 19-24

CVTQ 29-9

CWA 22-57

C シリーズ ラックマウント サーバ 10-50

D

DAI 4-13, 4-14

Delayed Offer(ディレイド オファー) 6-21

Delivery Traffic Indicator Message(DTIM) 3-66

DFS 3-65

DHCP

オプション 150 3-26

サーバ 3-29

スターベーション攻撃 4-13

スヌーピング 4-11, 4-13

説明 3-26

配置オプション 3-28

バインディング情報 4-13

リース期間 3-27

DID 15-5

DiffServ コード ポイント(DSCP) 3-70

Diffserv コード ポイント(DSCP) 3-4, 3-40, 13-45

Diversion-Counter スクリプト 6-16

DMVPN 3-38

DMZ 4-43

DNS 3-24

DSCP 3-4, 3-40, 3-70, 13-45

DSP リソース

PVDM 7-33

PVDM3 7-34

説明 7-5

DTIM 3-66

DTMF

H.323 ゲートウェイでの 7-16

SIP ゲートウェイでの 7-14

SIP トランクの 6-24

エンドポイントでサポートされる方式 7-11

ゲートウェイの機能 5-3

変換 7-10

リレー 5-7, 7-12, 7-15

DTPC 3-68

Dual Tone MultiFrequency(DTMF) 5-3, 5-7, 6-24, 7-10, 7-11

DVO 23-73, 23-81

DVO-F 23-84

DVO-R 23-82

Dynamic ARP Inspection(DAI) 4-13, 4-14

Dynamic Multipoint VPN(DMVPN) 3-38

E

E.164 6-27, 15-5, 15-11, 19-39

E911 15-1, 15-4

Early Offer(アーリー オファー) 6-21

E-L CAC 13-4

ELIN 15-10, 15-11

ELM 9-9, 28-8

EMCC 18-11, 18-20, 27-26

Emergency Responder 14-68, 14-69, 15-7, 15-15

EMS 22-33, 27-43

eMWI 19-39

EnergyWise テクノロジー 3-14

Enhanced Locations CAC 13-4

Enterprise License Manager(ELM) 9-9, 28-8

ERL 15-10, 15-11, 15-15

ettercap ウイルス 4-14

Exchange Web Services カレンダー 20-36

Express Media Server(EMS) 27-43

Expressway 4-39

Extend and Connect 21-18

Extensible Authentication Protocol(EAP) 8-25

Extensible Messaging 20-40

Extension Mobility(EM)

キャパシティ プランニング 27-26

EX シリーズ ビデオ エンドポイント 8-15

F

FAC 14-28

Fast Start 6-53, 7-15

FAX

インターフェイス モジュール 8-7

ゲートウェイでのサポート 5-3, 5-22

FCoE 10-47, 10-48

Fibre Channel over Ethernet(FCoE) 10-47, 10-48

FindMe 23-45

Firewall Services Module(FWSM) 4-24, 4-34

Foreign Exchange Office(FXO) 15-7

FWSM 4-24, 4-34

FXO 15-7

G

GARP 4-9, 4-14

Gatekeeper Transaction Message Protocol(GKTMP) 6-58

Gatekeeper Update Protocol(GUP) 6-49

GKTMP 6-58

GLBP 3-10

Gratuitous Address Resolution Protocol(GARP) 4-9, 4-14

GSB 22-5, 22-10

GUP 6-49

H

H.225 トランク 6-49, 6-57

H.245 Alphanumeric 7-11

H.245 Signal 7-11

H.323

Annex M1 6-58

Fast Start 6-53, 7-15

Unified CM 6-55

ゲートウェイ 5-4

コール 6-57

コール プリザベーション拡張機能 5-11

コール ヘアピニング 9-42

トランク 6-3, 6-39, 6-54

ファイアウォール 4-35

付加サービス 7-15

Hardware Media Server(HMS) 22-33

HCS-PCV-PAI-passthrough スクリプト 6-16

HMS 22-33

HSRP 3-10, 10-24

HVD 21-32

I

IBM Lotus Sametime 20-45

IBM Sametime 21-26

IButton 14-20

ICCS 9-10, 10-33, 10-38

ICMP 5-12

IDS 4-34, 10-33

IEM 24-18

iLBC コーデック 6-60

IM and Presence 20-1, 21-20, 22-55, 27-45, 28-6

IME

オフパス配置 4-29

基本(インライン)配置 4-29

キャパシティ プランニング 27-31

説明 10-52

プロキシ 4-28

Informix Dynamic Server(IDS) 10-33

Instant Messaging and Presence Leveraging Extensions(SIMPLE)の SIP 20-9

Integrator C シリーズ 8-16

Intelligent Session Control 23-56

Interactive Experience Manager(IEM) 24-18

Intercompany Media Engine(IME)

オフパス配置 4-29

基本(インライン)配置 4-29

キャパシティ プランニング 27-31

説明 10-52

プロキシ 4-28

Intra-Cluster Communication Signaling(ICCS) 9-10, 10-33, 10-38

Intrusion Detection System(IDS) 4-34

IOS

ソフトウェア MTP 7-17

IP/VC 3500 シリーズ ビデオ ゲートウェイ 5-13

IP Communicator 8-21, 21-33

iPhone 8-28, 23-62, 23-76, 23-80

iPlanet Directory Server 16-9, 16-15

IPMA 18-21

IP Manager Assistant(IPMA) 18-21

IP Phone 8-8

IP Phone サービス 18-2, 27-25

IP Phone の設定 4-19

IP precedence 3-4, 3-40

IPSec 10-13, 10-23

IP SLA VO 3-87

IPv6

Cisco Unified Provisioning Manager(Unified PM)での 29-18

Cisco Unity Connection による 19-44

セキュリティ 4-6

IP Voice Media Streaming Application 7-4, 7-17, 7-18, 11-15, 27-28

IP アドレス

セキュリティ 4-5

IP 音声フィーチャ セット 9-42

IP サービス レベル契約 - ビデオ動作(IP SLA VO) 3-87

IP セキュリティ プロトコル(IPSec) 10-13, 10-23

ISDN 10-15

ISDN Link 5-3

ISR 7-34

IVR 10-10

J

Jabber 8-28, 8-29, 23-62, 23-80

IM and Presence 21-20

Mac 21-18

TelePresence 8-14

Windows 21-16

クライアント 27-17

デスクトップ クライアント 8-21

デスクトップ ビデオ 8-14

配置モデル 21-12

Jabber Desktop Client 21-3, 27-16

JTAPI 9-23

K

Key Press Markup Language(KPML) 7-11, 14-15, 14-17

KPML 7-11, 14-15, 14-17

L

LAN インフラストラクチャ 3-4

LBM 13-5, 13-12

LBM ハブ 13-5, 13-15

LBR 7-40

LCR 5-21

LDAP 9-10, 16-1, 21-10, 27-30

LDN 15-5

LEAP 8-25

LEC 15-3, 15-13

LFI 3-39, 3-42, 3-43

Lightweight Directory Access Protocol(LDAP) 9-10, 16-1, 27-30

Lightweight アクセス ポイント プロトコル(LWAPP) 3-58

Link Loss タイプ 6-60

listed directory number(LDN) 15-5

Live Communications Server 2005 20-42

LLQ 3-39, 3-40

LMHOSTS ファイル 3-24

Locations Bandwidth Manager(LBM) 13-5, 13-12

Locations Bandwidth Manager ハブ 13-5, 13-15

lossy、Link Loss タイプ 6-60

LWAPP 3-58

Lync 21-24

M

MAC アドレス 4-8

Master Street Address Guide(MSAG) 15-3

MCM 6-58

MediaSense 25-4

Media Streaming Application 7-4, 7-17, 7-18, 11-15, 27-28

Mediatrace 3-85

MeetingPlace 22-31

MeetingPlace Express Media Server(EMS) 22-33

MGCP 5-4

Microsoft Active Directory(AD) 16-9, 16-14, 16-16, 16-22

Microsoft Active Directory アプリケーション モード(ADAM) 16-11, 16-27

Microsoft Communications Server 20-42

Microsoft Lync 21-24, 27-19

Microsoft OCS 22-57

Microsoft Office Communicator 20-42, 21-2

Microsoft ViewMail for Outlook(VMO) 19-5

MISTP 3-5

MLP 3-39

MLPP 7-18

MLTS 15-2

MoH 7-20, 10-43, 27-29

MOS 29-7

MPLS 3-35, 3-39, 10-13, 10-23

MPLS クラウド 13-39

MRG 7-37

MRGL 7-37

MRM 7-2

MSAG 15-3

MSI 3-90

MSP 3-91

MTP

H.323 トランク 6-54

SIP トランク 6-7, 6-23

会議ブリッジ 7-16

使用 6-64

説明 7-10

ソフトウェア リソース 7-17

タイプ 7-17

ハードウェア リソース 7-17

Multilevel Precedence Preemption(MLPP) 7-18

Multi-Line Telephone System(MLTS) 15-2

Multimedia Conference Manager(MCM) 6-58

Multiple Instance Spanning Tree Protocol(MISTP) 3-5

MWI 19-23

MX シリーズ ビデオ エンドポイント 8-15

N

NAM 29-10

Named Telephony Event(NTE) 5-7, 7-11

NAT 4-32

National Emergency Number Association(NENA) 15-10, 15-23

NENA 15-10, 15-23

Netscape Directory Server 16-9, 16-15

Network Address Translation(NAT) 4-32

Network Transmission Loss Plan(NTLP) 5-17

Nexus 1000V Switch 3-21

NIC チーミング 9-17

NM-HD-1V/2V/2VE モジュール 7-8, 7-17

NM-HDV2 モジュール 7-8, 7-17, 11-15

NM-HDV モジュール 7-9

NPA 14-77

NTE 5-7, 7-11

NTLP 5-17

NTP 3-34

O

OCS 22-57

Office Communications Server 2007 20-42

Office Communicator Server(OCS) 22-57

Office Communicator Web Access(CWA) 22-57

Open Shortest Path First(OSPF) 4-26

Open Virtualization Archives(OVA) 9-28, 9-33

OSPF 4-26

Outlook Web Access カレンダー 20-35

OVA テンプレート 9-28, 9-33

P

passive-interface コマンド 3-12

PC

IP Phone でのポート 4-17

PCAP 20-45

Phone Control and Presence(PCAP) 20-45

ping ユーティリティ 10-35

PIX 4-24, 4-34

PoE 3-13, 8-12, 8-33, 21-30

PortFast 3-7

POTS 15-7

Power over Ethernet(PoE) 3-13, 8-12, 8-33, 21-30

Power Save Plus モード 3-14

Power Save モード 3-15

presentity 20-2

PRI 15-5

Prime Collaboration 27-46, 29-2

Prime Collaboration 分析 29-13

Prime のコンプライアンス 29-1

Private Internet Exchange(PIX) 4-24, 4-34

Private Switch ALI 15-3

progress_ind alert enable 8 コマンド 15-15

Protocol Auto Detect 6-57

PSAP 15-2, 15-12, 15-18

PSTN

911 コール 15-2

Voice Over the PSTN(VoPSTN) 10-21

接続先番号 14-76

接続モデル 6-70

通話中フォールバック 4-30

トラフィック パターン 27-34

トランク 6-66

リモート サイトへのアクセス 10-14, 10-23

Public Safety Answering Point(PSAP) 15-2, 15-12, 15-18

Public Switched Telephone Network(PSTN) 6-66, 10-14, 10-23, 14-76, 15-2

PVDM 7-33

PVDM2 11-15

PVDM3 7-34, 11-15

Q

QBE 9-35, 19-23

QBSS 3-68, 3-72

QoS

Cisco Unified Computing System(UCS)の 3-20

LAN 3-15

Unified CM Assistant 18-34

WAN 3-35, 3-39

アナログ エンドポイント 8-8

コンタクト センターの 24-14

セキュリティ 4-22

ソフトウェア ベースのエンドポイント 8-23

デスクフォン 8-13

ビデオ 8-21, 13-43

ビデオ エンドポイント 8-17

保留音 7-46

モバイル エンドポイント 8-30

モバイル クライアントおよびデバイス 23-66

ワイヤレス LAN 3-69

ワイヤレス エンドポイント 8-27

QoS Basic Service Set(QBSS) 3-68, 3-72

QoS が使用されない場合の障害 3-20

QSIG 6-58, 28-4

Quality of Service (QoS)

アナログ エンドポイント 8-8

Quality of Service(QoS)

Cisco Unified Computing System(UCS)の 3-20

LAN 3-15

Unified CM Assistant 18-34

WAN 3-35, 3-39

コンタクト センターの 24-14

セキュリティ 4-22

ソフトウェア ベースのエンドポイント 8-23

デスクフォン 8-13

ビデオ 8-21, 13-43

ビデオ エンドポイント 8-17

保留音 7-46

モバイル エンドポイント 8-30

モバイル クライアントおよびデバイス 23-66

ワイヤレス LAN 3-69

ワイヤレス エンドポイント 8-27

Quick Buffer Encoding(QBE) 9-35, 19-23

Quick Set シリーズ ビデオ エンドポイント 8-16

R

RAS 6-49

RBOC 15-3

RCC 20-9, 20-42

RCP 4-14

RDNIS 19-8

Real Time Monitoring Tool(RTMT) 16-2

Redirected Dialed Number Information Service(RDNIS) 19-8

Redirector サーブレット 18-37

Refer-passthrough スクリプト 6-15

Regional Bell Operating Company(RBOC) 15-3

Registration Admission Status(RAS) 6-49

Representational State Transfer(REST) 20-38

REST 20-38

RF 8-25

RFC 2833 5-7, 7-11

RIP 4-26

RMON 29-10

Routing Information Protocol(RIP) 4-26

RSTP 3-5, 3-7

RSVP

WAN インフラストラクチャ 3-36

説明 13-3

RTMT 16-2, 29-22

RTP 10-24

RTT 10-35, 10-38

S

SaaS 22-5

SAF

アーキテクチャ 10-51

クライアント 3-75

自律システム 3-79

スプリット ホライズン 3-80

セキュリティ 4-36

説明 3-72, 10-51

フォワーダ 3-73

Sametime 21-26

SAN 10-48, 10-49

Scavenger Class トラフィック 3-42

SCCP

DTMF シグナリング 7-11

ゲートウェイでのサポート 5-4

電話機 14-15

電話機でのユーザ入力 14-15

プレゼンス 20-7

保留音(MoH) 7-26

SDK 16-3

SDP 6-21

Section 255 8-5

Section 508 8-5

Section 508 に準拠 8-5

Secure Mobility Client 8-29

Secure RTP(SRTP) 6-26

Security Enhanced Linux(SELinux) 4-41

SELinux 4-41

Sequenced Routing Update Protocol(SRTP) 3-48

Service Advertisement Framework(SAF)

アーキテクチャ 10-51

クライアント 3-75

自律システム 3-79

スプリット ホライズン 3-80

セキュリティ 4-36

説明 3-72, 10-51

フォワーダ 3-73

Service Set Identifier(SSID) 3-64, 3-68

Session Initiation Protocol(SIP) 9-46

アーリー オファー 6-21

アナンシエータ 7-18

ゲートウェイ 5-12

ゲートウェイでのサポート 5-7

タイプ A 電話機 14-15

タイプ B 電話機 14-17

ダイヤル規則 14-19

ディレイド オファー 6-21

電話機 8-35, 14-15, 14-17

トランク 6-3, 6-6, 6-7

プレゼンス 20-5

分散型呼処理用 10-24

保留音(MoH) 7-29

Session Management Edition(SME) 10-24, 10-25, 13-46, 25-8

SIMPLE 20-9

Simple Object Access Protocol(SOAP) 20-10

Single Sign On(SSO) 20-47, 22-25

SIP 9-46

DTMF リレー 7-12

MTP 要件 7-13

アーリー オファー 6-21

アナンシエータ 7-18

ゲートウェイ 5-12

ゲートウェイでのサポート 5-7

設計上の考慮事項 6-29

タイプ A 電話機 14-15

タイプ B 電話機 14-17

ダイヤル規則 14-19

ディレイド オファー 6-21

転送プロトコル 6-25

電話機 8-35, 14-15, 14-17

トランク 6-3, 6-6, 6-7

ハイ アベイラビリティ、トランクの 6-19

発呼側番号の正規化 6-27

プレゼンス 20-5

プロキシ 6-69

分散型呼処理用 10-24

保留音(MoH) 7-29

ルーティング要求 14-45

ルート パターン 14-28

SIW 3-39, 10-13, 10-23

Skinny Client Control Protocol(SCCP)

DTMF シグナリング 7-11

ゲートウェイでのサポート 5-4

電話機 14-15

電話機でのユーザ入力 14-15

プレゼンス 20-7

保留音(MoH) 7-26

SME 10-24, 10-25, 13-46, 25-8, 27-11

SMTP 19-29

SNMP 15-7

sn 属性 16-9

SOAP 20-10

SocialMiner 24-6

SoftPhone 15-17

Software as a Service(SaaS) 22-5

SPAN 25-2

SRST 7-49, 8-13, 8-18, 8-24, 8-27, 8-31, 8-34, 9-19, 10-14, 10-15, 10-18, 15-4, 19-14

SRST Manager 10-20

SRSV 19-8

SRTP 3-48, 4-20

SSID 3-64, 3-68

SSO 20-47, 22-25

STP 3-7

SUBSCRIBE コーリング サーチ スペース 20-8

Sun ONE Directory Server 16-9, 16-15

Survivable Remote Site Telephony(SRST) 7-49, 8-13, 8-18, 8-24, 8-27, 8-31, 8-34, 9-19, 10-14, 10-15, 10-18, 15-4, 19-14

Survivable Remote Site Telephony(SRST)Manager 10-20

Survivable Remote Site Voicemail(SRSV) 19-8

SX Quick Set シリーズ ビデオ エンドポイント 8-16

T

TAPI 9-23

TCS 25-8

TDM ゲートウェイ 5-2

TEHO 14-70

Telecommunications Act 8-5

Telephone Record and Playback(TRaP) 19-5

TelePresence

Quality of Service(QoS) 8-21, 13-43

エンドポイント 4-19, 8-15, 8-16, 8-17

コール アドミッション制御 13-24

コール ルーティング 14-48

相互運用性 8-19, 13-43

ダイヤル プラン 14-48

配置モデル 13-43

TelePresence Conductor 11-24, 11-30

TelePresence Content Server(TCS) 25-8

TelePresence ISDN リンク 5-3

TelePresence Management Suite Extension Booking API(TMSBA) 29-19

TelePresence Management Suite Extension for IBM Lotus Notes(TMSXN) 29-19

TelePresence Management Suite Extension for Microsoft Exchange(TMSXE) 29-19

TelePresence Management Suite Provisioning Extension(TMSPE) 29-21

TelePresence Management Suite(TMS) 8-5, 16-29, 29-19

Telepresence System Integrator C シリーズ 8-16

TelePresence Video Communication Server(VCS) 8-5

Tested Reference Configuration(TRC) 10-46

TFTP 3-26, 3-29, 9-5, 9-23

TLS 4-20

TMS 8-5, 16-29, 29-19

TMSBA 29-19

TMSPE 29-21

TMSXE 29-19

TMSXN 29-19

ToD 14-87

TPC 3-65

TRaP 19-5

TRC 10-46

TRP 3-19, 4-46, 7-17

TSP 22-28

TUI 19-5

Tunneled QSIG 6-58

TX1300 シリーズ ビデオ エンドポイント 8-17

TX9000 シリーズ ビデオ エンドポイント 8-17

U

UC Integration for Microsoft Office Communicator 21-2

UCS

QoS 3-20

仮想サーバ 10-46

ハイ アベイラビリティ 9-24

UDLD 3-7

UDP 3-42, 6-49, 10-24

UDS 21-10

UN 5-7

Unified Analysis Manager 29-22

Unified Border Element 4-37, 6-67, 25-7

Unified CCE 24-2

Unified CCMP 24-6

Unified CCX 24-5

Unified CM

H.323 6-55

グループ 10-37, 10-43

コールの録音と監視 25-6

データベース同期 16-28

プレゼンス 20-5

Unified CM

キャパシティ プランニング 27-13

サイジング ツール 9-28

Unified CM Assistant 18-21, 27-27

Unified CME 8-13, 8-18, 8-24, 8-27, 8-31, 8-34, 9-31, 9-42, 10-15, 10-18, 10-25, 19-14, 27-48

Unified CM Express(Unified CME) 8-13, 8-18, 8-24, 8-27, 8-31, 8-34, 9-42, 10-15, 10-25, 19-14

Unified CM のデータベース同期 16-28

Unified Communications Management Suite 29-1

Unified Communications Manager Assistant(Unified CM Assistant) 18-21

Unified Communications Manager Real-Time Monitoring Tool(RTMT) 29-22

Unified Communications Sizing Tool 9-28

Unified Communications System

アプリケーションとサービスのレイヤ 17-1

運用とサービスアビリティのレイヤ 26-1

概要 1-1

コール ルーティング レイヤ 12-1

Unified Computing System(UCS)

QoS 3-20

仮想サーバ 10-46

耐障害性 9-17

ハイ アベイラビリティ 9-24

Unified Contact Center 24-1

Unified Contact Center Enterprise(Unified CCE) 24-2

Unified Contact Center Express(Unified CCX) 24-5

Unified Contact Center Management Portal(Unified CCMP) 24-6

Unified Customer Voice Portal(Unified CVP) 24-4

Unified CVP 24-4

Unified EIM 24-6

Unified E-Mail Interaction Manager(Unified EIM) 24-6

Unified IC 24-6

Unified Intelligence Center(Unified IC) 24-6

Unified MeetingPlace 22-31, 27-39, 27-40

Unified MeetingPlace Express Media Server(EMS) 22-33

Unified Mobility 23-1, 23-33, 23-54, 23-84, 27-20, 27-51

Unified OM 27-47

Unified Operations Manager(Unified OM) 27-47

Unified PM 29-14

Unified Provisioning Manager(Unified PM) 29-14

Unified Reporting 29-23

Unified Service Monitor(Unified SM) 27-47, 29-7

Unified SM 27-47, 29-7

Unified Web Interaction Manager(Unified WIM) 24-6

Unified WIM 24-6

Unity 19-1, 19-7, 19-21

Unity Connection 19-7, 19-19

Unity Express 19-24

Unity Telephony Integration Manager(UTIM) 19-41, 19-43

Unsolicited Notify 7-11

Unsolicited SIP Notify(UN) 5-7

UP 3-70

UplinkFast 3-7

UPS 3-13

URI ダイヤル 14-23, 14-45, 14-46, 14-47

UserID 16-9

User-to-User Information Element(UUIE) 6-57

UTIM 19-41, 19-43

UUIE 6-57

V

V3PN 10-13, 10-23

VAD 27-35

VAF 3-43

VATS 3-46

VCS 4-38, 8-5, 9-14, 9-26, 9-31, 9-34, 9-51, 14-48, 14-70, 16-29, 29-19

VCS Expressway 4-39

VCS-interop スクリプト 6-16

VDI 21-31, 21-32, 27-19

Video Communication Server(VCS) 4-38, 8-5, 9-14, 9-26, 9-31, 9-34, 9-51, 14-48, 14-70, 16-29, 29-19

ViewMail for Outlook(VMO) 19-5

Virtual Desktop Infrastructure(VDI) 21-31, 21-32, 27-19

Virtualization Experience Client 2000 シリーズ 8-32

Virtualization Experience Client 4000 シリーズ 8-32

Virtualization Experience Client 6000 シリーズ 8-32

Virtualization Experience Client(VXC) 8-31, 8-33, 21-29, 27-19

Virtualization Experience Infrastructure(VXI) 8-31, 8-33, 21-29, 27-19

Visiting クラスタ 18-15

VLAN

VLAN ごとのデバイス数 3-5

Voice 4-6, 4-18

アクセス コントロール リスト(ACL) 4-23

音声とデータ用に分離した VLAN 3-64

ビデオ 4-6

VLAN 間ルーティング 8-18, 8-24

VMO 19-5

VMware 3-21, 10-46

Voice-Adaptive Fragmentation(VAF) 3-43

Voice-Adaptive Traffic Shaping(VATS) 3-46

Voice over IP(VoIP) 3-48

Voice Over the PSTN(VoPSTN) 10-21

Voice Profile for Internet Mail(VPIM) 19-29

voice rtp send-recv コマンド 15-15

VoiceXML(VXML) 23-46, 23-47

VoIP 3-48

VoPSTN 10-21

VPIM 19-29

VPN 4-22, 4-44, 10-13, 10-23

VRF 4-44

VRRP 3-10

vSwitch 3-21

VXC 8-31, 8-33, 21-29, 27-19

VXC Manager 8-33

VXI 8-31, 8-33, 21-29, 27-12, 27-19

VXML 23-46, 23-47

W

WAN

アグリゲーション ルータ 3-3

インフラストラクチャ 3-35

WAN の接続オプション 10-13, 10-23

WAN を介したクラスタリング

Business Edition 6000 10-44

Cisco Unity 19-16, 19-18, 19-21

Cisco Unity でのフェールオーバー 19-20

CTI アプリケーション 9-37

WAN の考慮事項 10-32

コンタクト センターの 24-11, 29-29

説明 10-31

トラブルシューティング 10-36

プレゼンス 20-22

保留音 7-53

リモート フェールオーバー 10-43

ローカル フェールオーバー 10-36

WAN を介したクラスタリングのトラブルシューティング 10-36

WebDialer 18-36, 27-27

WebDialer の URL 18-41

WebEx 22-5, 22-36, 23-65

WebEx Connect 27-18

WebEx Enabled TelePresence 22-22

WebEx Meetings Server 22-14

WebEx Messenger 20-46, 22-56

WebEx Messenger サービス 21-22

WebEx Social 22-52, 22-58

WebEx 会議 8-29, 22-9, 23-86

WebEx コラボレーション クラウド 22-5

WebEx サイト 22-34

Web アクセス、IP フォンからの 4-18

WEP 8-25

Wi-Fi Multimedia Traffic Specification(WMM TSPEC) 3-72

Wi-Fi Multimedia(WMM) 3-71

Windows Internet Naming Service(WINS) 3-29

WINS 3-29

Wired Equivalent Privacy(WEP) 8-25

WLAN インフラストラクチャ 3-56, 8-29

WLAN 上のマルチキャスト トラフィック 3-66

WLC 3-59, 3-68

WMM 3-71

WMM TSPEC 3-72

WS-SVC-CMM-ACT モジュール 7-8

X

XMPP クライアント 20-52, 21-2, 21-21, 21-23, 27-19

アーキテクチャ

Cisco Jabber Desktop Client 21-3

Cisco UC Integration for IBM Sametime 21-26

Cisco UC Integration for Microsoft Lync 21-24, 27-19

Cisco UC Integration for Microsoft Office Communicator 27-19

Cisco Unified Communications Manager Assistant 18-21, 18-23

Cisco Unified Contact Center 24-2

Cisco Unified MeetingPlace 22-32

Cisco WebEx Connect 27-18

IP Phone Service 18-2

Service Advertisement Framework(SAF) 10-51

WebDialer 18-36, 18-40

WebEx Social 22-53

WLAN を介した音声およびビデオ 3-57

アプリケーションとサービスのレイヤ 17-2

運用とサービスアビリティのレイヤ 26-2

エクステンション モビリティ 18-9

エンタープライズ機能アクセス 23-53

エンドポイント 8-3

会議 22-3

呼処理 9-2

呼制御およびルーティング 12-2

コラボレーション システム 2-1

ディレクトリ 16-6

トランク 6-2

配置モデル 10-3

プレゼンス 20-9

メディア リソース 7-2

モバイル コネクト 23-44

モバイル ボイス アクセス 23-53

モビリティ クライアントおよびデバイス 23-63

ワイヤレス LAN 3-57

アーラン 27-6

アーラン ブロック係数 27-6

アクセス コード 14-77, 23-40

アクセス コントロール リスト(ACL) 4-23

アクセス番号 23-51

アクセス ポイント(AP) 3-56, 3-58, 3-67, 8-24

アクセス ポイントでの Limit Client Power 設定 3-68

アクセス リスト、モバイル コネクト コールの 23-43

アクセス レイヤ 3-5

アグリゲーション サービス ルータ(ASR) 22-5

アドレス

MAC 4-8

セキュリティ 4-5, 4-6

フラット 23-23

アドレス解決プロトコル(ARP) 3-68, 4-14

アナログ

インターフェイス モジュール 8-7

エンドポイント 8-6

ゲートウェイ 5-2, 8-6

スタンドアロン ゲートウェイ 8-6

接続の種類 8-7

アナンシエータ 7-18

アプリケーション

Attendant Console 18-45

IP Manager Assistant 18-21

IP Phone Service 18-2

Unified Communications Manager Assistant 18-21

WebDialer 18-36

エクステンション モビリティ 18-8, 18-30

セキュリティ 4-40

説明 18-1

モバイル ユーザ用 23-1

アプリケーション ダイヤリング規則 21-7, 23-51

アプリケーションとサービスのレイヤ 17-1

アプリケーション ユーザ 16-6

アンカリング、社内のコールの 23-55

暗号化 4-20

シグナリング 3-53, 3-54

電話機 4-20

ワイヤレス エンドポイント 8-25

移行

Enhanced Locations CAC 13-36

IP テレフォニーへの 28-1

Unified CM への 28-1

一次群速度インターフェイス(PRI) 15-5

一般電話サービス(POTS) 15-7

移動、追加、および変更 15-7

イマーシブ ビデオ エンドポイント 8-17

インスタント メッセージング 20-1, 20-17, 20-29, 20-30, 20-32

インターネット制御メッセージ プロトコル(ICMP) 5-12

インターフェイス モジュール 8-7

インテリジェント ブリッジ選択機能 11-22

インフラストラクチャ(「ネットワーク インフラストラクチャ」を参照)

インライン配置、IME 対応 ASA の 4-29

インライン パワー 3-13

ウィンク スタート 8-7

運用とサービスアビリティのレイヤ 26-1

永続的なチャット 20-32

エイリアスの正規化 14-71

エージェント デスクトップ 25-8

エクステンション モビリティ(EM)

Unified CM Assistant との相互作用 18-30

説明 18-8

ダイヤル プラン 14-81

エネルギー管理 3-14

エラー率 10-35

エンタープライズ機能アクセス 23-32, 23-38, 23-49, 23-51

エンド ポイント

セキュリティ 4-17

モバイル 8-27

エンドポイント

Section 508 に準拠 8-5

TelePresence 4-19, 8-15, 8-16, 8-17

アーキテクチャ 8-3

アナログ ゲートウェイ 8-6

イマーシブ ビデオ 8-17

キャパシティ プランニング 8-37, 27-15

設計上の考慮事項 8-38

ソフトウェアベース 8-21

代替 6-58

タイプ 8-1

多目的ビデオ 8-15

ディレクトリ アクセス 16-3

パーソナル ビデオ 8-14

ハイ アベイラビリティ 8-35

ビデオ 8-13, 15-16

付加サービス 7-15

ワイヤレス 3-60, 8-24

エンドポイントのアクセシビリティ機能 8-5

エンド ユーザ 16-6, 20-4

応答監視 15-14

オーディオ コーデック プリファレンス リスト 6-11

オーディオ ソース 7-44

オーバーラップ

受信 14-27

送信 14-27

オープン認証 8-25

同じ場所にある

DHCP サーバ 3-28

オフィス経由のダイヤル(DVO) 23-73, 23-81

オフィス経由のダイヤル - 転送(DVO-F) 23-84

オフィス経由のダイヤル - リバース(DVO-R) 23-82

オプション 150 3-26

オフパス配置、IME 対応 ASA の 4-29

重み付け均等化キューイング 3-40

音声

VLAN 4-6, 4-18

インターフェイス 7-5

ゲートウェイ 5-1, 8-6

帯域幅の要件 3-43

トラフィック 27-6

ベアラ トラフィック 3-48

ポート統合 19-41, 19-43

音声アクティビティ検出(VAD) 27-35

音声およびビデオに対応した IPSec VPN(V3PN) 10-13, 10-23

音声会議 11-3

音声起動会議ビュー 11-16

音声、コンピュータ上の 8-22, 21-6

音声自動応答(IVR) 10-10

音声トラフィック 27-6

音声トラフィックのキューイング 3-19, 3-71

音声パケットのヘッダー 3-48

音声品質 7-42

音声品質の転送 7-42

音声品質のモニタリング 29-7, 29-10

オンプレミス配置モデル 21-13

会議 22-58

アーキテクチャ 22-3

インテリジェント ブリッジ選択機能 11-22

オーディオ 11-3

キャパシティ プランニング 22-50

コラボレーティブ 22-1, 27-39, 27-43

スケジューリング インターフェイス 22-36

セキュリティ 4-36, 11-4, 11-14

説明 11-1, 22-1

ソフトウェア リソース 11-15

トラフィック 27-8

ハードウェア 9-43

ハードウェア リソース 11-15

ビデオ 11-16

リソース 11-3

リッチメディア 11-1

録音セッション 22-46

会議ブリッジ 7-16

会社の発信者 ID 23-70

回線速度のミスマッチ 3-45

概要 1-1

拡張メッセージ待機インジケータ(eMWI) 19-39

仮想 LAN(VLAN) 3-5, 3-64

仮想サーバ 10-46, 28-5

仮想ソフトウェア スイッチ 3-20

仮想タイ ライン 3-56

仮想ルータ冗長プロトコル(VRRP) 3-10

カットオーバー 28-1

可変長のオンネット ダイヤル プラン 23-23

カレンダー統合、プレゼンスのための 20-34

簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP) 15-7

簡易メール転送プロトコル(SMTP) 19-29

キャパシティ プランニング

Attendant Console 18-48, 27-28

Business Edition 9-30, 27-48

Cisco IM and Presence 27-45

Cisco Prime Collaboration 27-46

Cisco Prime Unified Operations Manager(Unified OM) 27-47

Cisco Prime Unified Service Monitor(Unified SM) 27-47

Cisco UC Integration for IBM Sametime 21-28, 27-19

Cisco UC Integration for Microsoft Lync 21-25, 27-19

Cisco Unified Communications Manager Express(Unified CME) 27-48

Cisco WebEx Connect 27-18

Cisco WebEx Messenger サービス 20-50, 21-22

CTI アプリケーション 9-38, 27-23

Express Media Server(EMS) 27-43

Intercompany Media Engine(IME) 27-31

IP Phone Service 18-7

Jabber Desktop Client 21-11

LDAP ディレクトリ統合 27-30

Unified CM 27-13

Unified CM Assistant 18-28, 27-27

Unified CM サーバ 9-28

Unified MeetingPlace 22-50, 27-39, 27-40

Unified Mobility 23-59, 27-20

Video Communication Server(VCS) 9-31

Virtualization Experience Client(VXC) 21-31, 27-19

WebDialer 18-44, 27-27

WebEx 22-13

WebEx Social 22-60

XMPP クライアント 27-19

アプリケーションとサービスのレイヤ 17-4

インスタント メッセージングのストレージ要件 20-32

運用とサービスアビリティのレイヤ 26-3

エクステンション モビリティ 18-18, 27-26

エンドポイント 8-37, 27-15

音声アクティビティ検出(VAD) 27-35

会議 27-39, 27-43

緊急サービス 27-32

クラスタ 27-13

ゲートウェイ 27-33

考慮事項 27-9

コーデック 27-35

コール トラフィック 27-21

コールの録音と監視 25-11

コール ルーティング 12-3

呼処理 9-27

コラボレーション クライアントおよびアプリケーション 27-16

コラボレーション システム 2-4

コンタクト センター 24-17

サーバ 27-13

サイジング ツール 27-10

シスコ モビリティ クライアントおよびデバイス 23-88

製品別 27-12

設計と配置の考慮事項 27-1

ダイヤル プラン 27-22

ツール 9-28, 27-10

電話機 8-37

トランク 6-65

配置モデル 10-4

パフォーマンスの過負荷 27-35

パフォーマンスの調整 27-36

ビデオ会議 27-40

プレゼンス 27-45

ボイス メッセージング 27-37

保留音 7-35, 7-37

保留音(MoH) 27-29

メガクラスタ 27-31

メディア リソース 7-33, 27-28

リージョン 27-14

ロケーション 27-14

ワイヤレス ネットワーク 3-63, 8-25

キャンパス

アクセス スイッチ 3-3

インフラストラクチャ要件 3-1

配置モデル 10-9

キャンパス配置モデル 29-24

キュー項目数 3-55

休止トラフィック 3-56

強制承認コード(FAC) 14-28

競争的地域通信事業者(CLEC) 15-5

共存

DHCP 3-29

MoH 7-35

共通ロケーション 13-17

共有ロケーション 13-17

拒否、番号の 23-51

緊急応答ロケーション(ERL) 15-10, 15-11, 15-15

緊急コール 14-68

緊急コール ストリング 15-12

緊急サービス 6-64, 15-1, 23-69, 27-32

緊急ロケーション識別番号(ELIN) 15-10, 15-11

クライアント

起動シーケンス 21-19

モビリティ クライアントおよびデバイス 23-62

クライアント識別コード(CMC) 14-28

クライアント変換 21-8

クラウド アーキテクチャ 22-5

クラウドに接続されたオーディオ(CCA) 22-10

クラウドベース配置モデル 21-14

グラウンド スタート 8-7

クラスタ

Emergency Responder(ER) 15-9, 15-22

Presence サーバ 20-10

Unified CM 9-5

Visiting 18-15

ガイドライン 9-13

サーバ ノード 9-6

サービス 9-5

最大キャパシティ 27-13

冗長性 9-20

設計ガイドライン 9-5

ホーム 18-15

クラスタ間トランク

ゲートキーパー制御 6-48

非ゲートキーパー制御 6-40

クラスタ間のエクステンション モビリティ(EMCC) 18-11, 18-20, 27-26

クリッピング 10-14

グループ

Emergency Responder(ER) 15-18, 15-20

Unified CM の冗長性 6-39, 9-17

ゲートウェイ 27-33

コール ルーティング 14-29

メディア リソース 7-1

グローバル化されたダイヤル プラン 14-51, 14-57

グローバル サイト バックアップ(GSB) 22-5, 22-10

計算の公式

Business Edition のデバイス キャパシティ 27-49

CPU 使用率 27-5

CTI のリソース要件 27-24

帯域幅 3-52, 3-54

保留音サーバのキャパシティ 7-36

メモリ使用率 27-4

ゲイン設定 5-17

ゲートウェイ

911 サービス 15-13

Cisco Unified Border Element 6-67

Cisco Unified Videoconferencing 3500 シリーズ ビデオ ゲートウェイ 5-13

SIP 5-7, 5-12

TDM 5-2

Unified CM での設定 5-15

VoiceXML 23-46, 23-47

アナログ 5-2, 8-6

音声アプリケーション 5-1, 8-6

機能 5-16

キャパシティ プランニング 27-33

コア機能要件 5-4

コンタクト センターのサイジング 27-34

サービス プレフィックス 5-19

自動代替ルーティング 5-19

冗長性 5-11

スタンドアロン 8-6

セキュリティ 4-33

選択 5-3

全トランク使用中 15-14

その他のマニュアル 27-36

デジタル 5-3

配置 15-13

番号操作 5-18

ビデオ テレフォニー用 5-13

ファイアウォール 4-34

ブロック 15-14

プロトコル 5-4

保留音 7-21

ローカル フェールオーバー用 10-42

ゲートウェイ ロード バランシング プロトコル(GLBP) 3-10

ゲートキーパー

H.225 トランク 6-49, 6-57

クラスタ間トランク 6-48

コール アドミッション制御 10-24, 13-3

ゾーン 13-3

代替 6-58

トランクの冗長性 6-49

ゲートキーパー制御

H.225 トランク 6-49, 6-57

クラスタ間トランク 6-48

検索ベース、ディレクトリの 16-12

コア スイッチ 3-3

コア レイヤ 3-12

高速スパニングツリー プロトコル(RSTP) 3-5, 3-7

効率化、リンクの 3-42

コーデック

iLBC 6-60

Lossy、Link Loss Type 6-60

キャパシティ プランニング 27-35

選択 6-60

低ビット レート(LBR) 7-40

複雑度モード 7-5

フレックス モード 7-6

保留音 7-43

コーデックの複雑度モード 7-5

コーデックのフレックス モード 7-6

コーリング サーチ スペース 14-38, 14-40, 20-8, 23-54

コール

911 15-1

H.323 6-57

緊急 14-68, 15-1

シグナリング 5-16

着信 5-17

デスクトップフォンでのピックアップ 23-36

デュアル コントロール 10-29

転送 14-42

特権 14-38

発信 5-18, 6-59

プリザベーション 5-11

分類 14-27

保留 7-22

保留音 7-20

モニタリング 25-1

リモート接続先電話でのピックアップ 23-37

履歴 20-8

ルーティング 5-17, 5-18, 14-21, 15-22

ロード バランシング 6-59

録音 25-1

コール アドミッション制御

Enhanced Locations CAC への移行 13-36

MPLS クラウド 13-39

Session Management Edition(SME) 13-46

SIP トランク 13-25

TelePresence 13-24, 13-43

新しいロケーションへのデバイスの移動 15-15, 23-15

重み 13-4

拡張ロケーション 13-4

ゲートキーパー 13-3

コールごとの帯域幅の差し引きの例 13-27

コンタクト センターの 24-15

コンポーネント 13-3

設計上の考慮事項 13-38

説明 13-1

帯域幅管理 13-3

帯域幅の要件 13-9

デュアル データセンター 13-38

トポロジ 13-38

パス 13-4

ビデオ 13-30, 13-43

保留音 7-46

有効なパス 13-4

要素 13-3

リージョン 13-10, 13-11

リンク 13-4, 13-5

レプリケーション ネットワーク 13-15

ロケーション 13-44

コール アドミッション制御の重み 13-4

コール アドミッション制御のパス 13-4

コール アドミッション制御へのリンク 13-4, 13-5

コール アンカリング 23-55

コール数/秒(cps) 27-5

コール管理レコード(CMR) 10-35, 27-14, 29-9

コール関連トラフィック 3-56

コール詳細レコード(CDR) 10-35, 27-14, 29-9

コール制限 14-38

コール センター 24-1

コール特権 14-38

コールの宛先 14-76

コールの監視 25-1

コールのサイレント モニタリングと録音 24-7, 25-3

コールの転送 14-42

コールバック

PSAP から 15-12, 15-18

緊急サービス用 15-12, 15-18

コール ハンドアウト 23-71, 23-78

コール ハンドイン 23-71

コール ハンドオフ 23-71, 23-77

コール フロー

保留音 7-26, 7-29

マルチキャスト保留音 7-26, 7-29

ユニキャスト保留音 7-28, 7-31

コール ルーティング

アーキテクチャ レイヤ 12-1

緊急コールの 15-22

着信 23-67

発信 23-68

国際コール 14-26

呼処理

アーキテクチャ 9-2

エージェント 10-25

ガイドライン 9-1

キャパシティ プランニング 9-27

サブスクライバ サーバ 9-7

集中型 10-10, 19-7, 19-12, 24-8, 29-26

冗長性 5-3, 9-17

設計上の考慮事項 9-31

ハードウェア プラットフォーム 9-4

ハイ アベイラビリティ 9-15

分散型 10-22, 24-10, 29-28

呼処理用エージェント 10-25

呼制御ディスカバリ(CCD) 10-51

呼制御トラフィック 3-52, 3-55

このリリースの新規情報

Cisco Unified Contact Center 24-2

IP テレフォニー移行オプション 28-1

LDAP ディレクトリ統合 16-2

Unified CM アプリケーション 18-2

エンドポイント 8-2

会議 22-1

緊急サービス 15-2

ゲートウェイ 5-1

コール アドミッション制御 13-2

コールの録音と監視 25-1

呼処理 9-2

コラボレーション クライアントとアプリケーション 21-3

サイジングに関する考慮事項 27-2

セキュリティ 4-2

ダイヤル プラン 14-2

トランク 6-2

ネットワーク インフラストラクチャ 3-4

ネットワーク管理 29-2

配置モデル 10-1

プレゼンス 20-2

ボイス メッセージング 19-2

メディア リソース 7-2

モビリティ アプリケーション 23-3

リッチ メディア会議 11-2

コミュニケーション メディア モジュール(CMM) 7-21

コラボレーション

Jabber Desktop Client 21-3

LDAP ディレクトリ統合 21-10

会議 22-1, 27-39, 27-43

クライアント 21-1

クライアントとアプリケーション 27-16

コンタクト管理 21-9

サードパーティ製 XMPP クライアントとアプリケーション 21-2, 27-19

サービス 22-1

コラボレーション クラウド 22-5

コラボレーション システム

コンポーネントとアーキテクチャ 2-1

コラボレーションのためのサービス 22-1

コラボレーティブ会議 22-1, 27-39, 27-43

コンソール

Unified CM Assistant アシスタント 18-34

アテンダント 18-45

コンタクト管理 21-9

コンタクト センター

ゲートウェイのサイジング 27-34

説明 24-1

トラフィック パターン 27-7

コンタクト ソース 21-17, 21-19

コンピュータ システムのモデル 27-3

コンピュータ テレフォニー インテグレーション(CTI) 9-8, 9-23, 9-34, 19-23, 27-23

コンポーネント

デバイス モビリティ 23-16

プレゼンス 20-3

メッセージング システム 19-2

コンポーネント オブジェクト モデル(COM) 16-3

サードパーティ製

IP フォン 8-35

SIP 電話機 8-35

サードパーティ製 Open API 20-38

サードパーティ製 XMPP クライアント 20-52, 21-23

サードパーティ製 XMPP クライアントとアプリケーション 21-2, 27-19

サーバ

CTI Manager 9-23

DHCP 3-29

TFTP 9-7, 9-23

同じ場所にある 3-28

キャパシティ プランニング 9-28, 27-13

共存 DHCP 3-29

共存 MoH 7-35

クラスタ 9-5, 20-10

サブスクライバ 9-7

冗長性 20-13

スタンドアロン 3-29, 7-35

セキュリティ 4-40, 4-41

タイプ 9-5

データセンター 3-13

同期 20-10

パフォーマンス 9-28, 20-18

パブリッシャ 9-6, 10-34

ファーム 3-13

複数の Unified CM サーバ 19-23

プレゼンス 20-9

保留音 7-35

メディア リソース用 7-1

サービス

IP Phone 18-2

クラスタ内 9-5

付加 5-4

プレフィックス 5-19

サービス インターワーキング(SIW) 3-39, 10-13, 10-23

サービス クラス(CoS) 3-4

サービス統合型ルータ(ISR) 7-34

サーブレット

Redirector 18-37

WebDialer 18-36

サイジング

Unified CM サーバ 9-28

考慮事項 27-9

設計と配置の考慮事項 27-1

ツール 9-28, 27-10, 27-12

方法論 27-2

サイジングに影響する要素 27-9

最大同時コール 27-5

最低料金選択機能(LCR) 5-21

サイト

ワイヤレス ネットワークのサーベイ 8-25

サイトベースの設計 10-4

最繁時 27-6

最繁時呼完了数(BHCC) 27-6

最繁時呼数(BHCA) 10-38, 27-6, 27-21, 27-49

再ルーティング コーリング サーチ スペース 23-54

サブスクライバ サーバ 9-7

シェアド

Unified CM Assistant の回線モード 18-22

ライン アピアランス 3-54, 15-18

シェーピング、トラフィックの 3-44

ジオロケーション 14-89

市外局番 14-77

時間帯(ToD)ルーティング 14-87

シグナリング暗号化 3-53, 3-54

時刻同期 3-34, 3-35

支社のルータ 7-49

シスコ独自の RTP 7-11

システム メモリ 27-4

ジッタ 10-32

自動応答機能(AA) 19-24

自動検出 9-42

自動代替ルーティング(AAR)

Cisco Unity 19-8

Voice over PSTN 10-21

ダイヤル プランに関する考慮事項 14-69, 14-76

ビデオ コール用 5-19

自動番号識別(ANI) 15-3, 15-5, 15-7, 15-11

自動ロケーション識別(ALI) 15-3, 15-5, 15-23

シャドウ ロケーション 13-19

集中型呼処理

Voice Over the PSTN 10-21

移行 28-5

集中型メッセージング 19-7

配置モデル 10-10, 24-8, 29-26

分散型メッセージング 19-12

集中型メッセージング 19-5, 19-7, 19-16, 19-23

重複

チャネル 3-65

終了、コールの 7-5

受信オファーのオーディオ コーデック プリファレンスの受け入れ 6-11, 6-62

冗長性

IP Phone Service 18-6

Presece サーバ 20-13

TFTP サービス 3-33

Unified CM Assistant 18-25

WebDialer 18-42

エクステンション モビリティ 18-16

クラスタ構成 9-20

ゲートウェイでのサポート 5-3, 5-11

呼処理 9-17

トランク 6-49

メッセージング 19-19

モバイル コネクト用 23-44

モバイル ボイス アクセス 23-54

リモート サイト 10-15

ロード バランシング 9-22

自律システム 3-79

シングル インボックス 19-45

シングルクラスタ配置 20-18

シングル サインオン 4-40

シングル ナンバー リーチ(「モバイル コネクト」を参照)

信号の強度 5-17

信頼されたリレー ポイント(TRP) 3-19, 4-46, 7-17

スイッチ

ポート セキュリティ 4-7

役割および機能 3-3

スイッチド ポート アナライザ(SPAN) 25-2

数値 URI 14-45, 14-47

スキーマ 16-1

スケーラビリティ

IP Phone Service 18-7

Unified CM 9-1

スタティック メモリ 27-4

スタンドアロン アナログ ゲートウェイ 8-6

スタンドアロン サーバ 3-29, 7-35

ステルス ファイアウォール 4-27

ストリームの再パケット化 7-10

ストレージ エリア ネットワーク(SAN) 10-48, 10-49

スヌーピング 4-11

スパニングツリー プロトコル(STP) 3-7

スピード ダイヤルのプレゼンス 20-7

スプリット ホライズン 3-80

すべてのシェアド ライン呼び出し 23-56

正規化

エイリアス 14-71

発信者番号 6-27

正規化スクリプト 6-15

請求先番号(BTN) 15-5

制御シグナリング 3-52, 3-55

制限

IP Phone Service 18-8

Unified CM Assistant 18-30

WebDialer 18-45

エクステンション モビリティ 18-19

静的 ANI インターフェイス 15-11

セキュア

電話機のモード 18-15

セキュア リアルタイム転送プロトコル(SRTP) 4-20

セキュリティ

Cisco Unified Border Element 4-37

DHCP スターベーション攻撃 4-13

DHCP スヌーピング 4-11

IPv6 アドレッシング 4-6

MAC CAM フラッディング 4-8

QoS 4-22

Service Advertisement Framework(SAF) 4-36

Voice VLAN 4-18

VPN クライアント 4-22

WebEx 20-49

Web アクセス 4-18

アクセス コントロール リスト(ACL) 4-23

インフラストラクチャ 4-5

エクステンション モビリティ 18-14

エンド ポイント 4-17

会議 4-36, 11-4, 11-14

概要 4-1, 4-2

クラスタ内通信 9-12

ゲートウェイ 4-33

サーバ 4-40, 4-41

スイッチ ポート 4-7

設定例 4-42

ディレクトリ 16-15

データセンター 4-33

電話機 4-17

電話機設定 4-19

電話機の PC ポート 4-17

ファイアウォール 4-24, 4-43

物理的なアクセス 4-5

不良ネットワーク拡張 4-10

ポリシー 4-2

メディア リソース 4-33

レイヤ 4-4

ロビーに設置された電話機の例 4-42

セキュリティの概要 4-2

設計基準 10-4

セッション記述プロトコル(SDP) 6-21

設定例

Unified CME 9-42

ロビーに設置された電話機のセキュリティ 4-42

選択、適切なルートの 14-79

選択ルータ 15-3, 15-4

全トランク使用中 15-14

専用回線 3-39, 10-13, 10-23

相互運用性 8-19, 9-42, 9-46, 9-50, 13-43

操作、番号の 14-24

双方向フォワーディング検出(BFD) 22-10

ソーシャル メディア 22-52

ゾーン

ゲートキーパー 13-3

即時スタート 8-7

ソフトウェア

MTP リソース 7-17

エンドポイント 8-21

音声会議ブリッジ 11-15

メディア リソース機能 7-33

ソフトウェア開発キット(SDK) 16-3

ソフト クライアント 15-17

ソフトフォン モード(コンピュータ上の音声) 8-22, 21-6

帯域幅

Cisco Unity 19-32

Unified MeetingPlace の 22-50

WebEx 22-13

一般的な規則 10-33

音声クラスの要件 3-43

会議のための 22-13, 22-50

拡張公式 3-54

仮想タイ ライン 3-56

管理 13-3

ゲートキーパーの要件 13-3

コール アドミッション制御に関する要件 13-9

呼制御トラフィック 3-52, 3-53, 3-55

コンタクト センターの 24-14

シェアド ライン アピアランス 3-54

使用量 3-47, 3-49, 3-50

ビデオ通話 13-30

プロビジョニング 3-20, 3-37, 3-47

ベストエフォート型 3-38

保証 3-37

要求 6-58

帯域幅計算の拡張公式 3-54

代替

エンドポイント 6-58

ゲートキーパー 6-58

ダイナミック伝送パワー コントロール(DTPC) 3-68

ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP) 3-26, 4-11, 4-13

ダイナミック メモリ 27-4

タイプ A 電話機 14-15

タイプ B 電話機 14-17

タイマー、コール シグナリングの 5-16

タイマー コントロールのモバイル ボイス メールの無効化 23-41

ダイヤリング

規則 23-51

ダイヤルイン方式(DID) 15-5

ダイヤル規則 14-15, 14-17, 14-19

ダイヤル プラン

+ ダイヤリング 14-52

911 コール 15-1

Call Forward Unregistered(CFUR) 14-69

Jabber Desktop Client 用 21-7

Unified CM Assistant 18-31

Unified Mobility 23-54

WebEx Social 22-55

アーキテクチャ 14-3

アプリケーション ダイヤリング規則 21-7

エクステンション モビリティ 14-81

可変長のオンネット ダイヤリング 23-23

基礎 14-3

機能 14-1

キャパシティ プランニング 27-22

緊急コール ストリング 15-12

グローバル化された番号 14-51, 14-57

コール特権 14-38

コール ルーティング 14-21

国際コール 14-26

シェアド ライン アピアランス 15-18

設計上の考慮事項 23-21

テールエンド ホップオフ(TEHO) 14-70

デバイス モビリティ 23-21

デバイス モビリティ用 23-21

発信側の設定 14-54

変換 14-53

モビリティ用 23-68

要素 14-13

ローカル化されたコールの着信 14-55

ローカル化されたコールの発信 14-58

ローカル ルート グループ 14-52

多目的ビデオ エンドポイント 8-15

単一サイト

配置モデル 7-40, 7-48, 10-9, 24-7, 29-24

メッセージング モデル 19-5

単一のデータセンター 4-45

段階的な移行 28-2

単方向リンク検出(UDLD) 3-7

地域通信事業者(LEC) 15-3, 15-13

遅延

パケット 10-32, 10-35

着信コール 5-17

チャネル

ワイヤレス デバイス 3-65

中央集中型 TFTP サービス 3-33

地理的多様性 10-8

通話切替機能 4-30, 23-38, 23-70

通話中フォールバック 4-30

ディストリビューション レイヤ 3-10

低遅延キューイング(LLQ) 3-39, 3-40

低ビット レート(LBR)コーデック 7-40

ディレクトリ

IP テレフォニー システムとの統合 16-1, 16-2, 27-30

LDAP 16-1, 27-30

sn 属性 16-9

Unified CM Assistant 18-35

Unified CM との統合 16-5

UserID 16-9

アーキテクチャ 16-6

アクセス 16-3

検索 21-10

検索ベース 16-12

スキーマ 16-1

セキュリティ 16-15

同期 16-9, 16-24

ハイ アベイラビリティ 16-27

フィルタリング 16-24

ユーザの認証 16-9, 16-18

ルックアップ規則 21-7

ディレクトリ URI 14-23, 14-45, 14-46

データセンター 3-13, 4-33

冗長性 4-46

単一 4-45

データベースの複雑さ 27-14

データベースのレプリケーション 9-10

テールエンド ホップオフ(TEHO) 14-70

デジタル ゲートウェイ 5-3

デジタル シグナル プロセッサ(「DSP リソース」を参照)

デスクトップフォンの統合 23-80

デスクトップフォンのピックアップ 23-36

デスクフォン 8-8

デスクフォン、音声のための 21-6

デスクフォン制御モード(音声にデスクフォンを使用) 8-22, 21-6

デバイス

プール 10-37, 10-43

モビリティ 8-27, 15-15, 23-15

ルート グループ 14-29

デバイス セキュリティ プロファイル(Device Security Profile) 18-15

デバイス モビリティ

機能のコンポーネントおよび動作 23-16

グループ 23-16

情報 23-16

設定 23-19

ダイヤル プラン 23-21

動作 23-20

動作のフローチャート 23-20

パラメータ設定 23-18

物理ロケーション 23-16

デバイス モビリティ グループ 23-19

デュアル呼制御 10-29

デュアル データセンター 13-38

デュアルモード

クライアント 23-76, 23-80

電話機とクライアント 23-62

テレフォニー サービス プロバイダー(TSP) 22-28

伝送パワー コントロール(TPC) 3-65

伝達、データベースの 9-10

電話機

3900 シリーズ 8-11

6900 シリーズ 8-9

7900 シリーズ 8-9

8900 シリーズ 8-10, 8-14

9900 シリーズ 8-10, 8-14

Attendant Console 18-45

IP Phone Service 18-2

PC ポート 4-17

Power Save Plus モード 3-14

Power Save モード 3-15

SCCP 14-15

SIP 8-35, 14-15, 14-17

Unified Communications Manager Assistant 18-21

WebDialer 18-36

Web アクセス 4-18

Wireless IP Phone 7921G 8-24

Wireless IP Phone 7925G 8-24

Wireless IP Phone 7925G-EX 8-24

Wireless IP Phone 7926G 8-24

エクステンション モビリティ 18-8

エネルギー管理 3-14

キャパシティ プランニング 8-37

サービス 18-2, 27-25

セキュア モード 18-15

セキュリティ 4-17, 4-42

設計上の考慮事項 8-38

設定 4-19

ソフトウェアベース 8-21

タイプ A 14-15

タイプ B 14-17

通話切替機能 23-38

デスクトップ IP モデル 8-8

デスクトップフォンでのコール ピックアップ 23-36

デュアルモード 23-62, 23-87

認証および暗号化 4-20

ハイ アベイラビリティ 8-35

ファームウェアのアップグレード 8-11

ユーザ入力 14-15, 14-17

リモート接続先コール ピックアップ 23-37

ローミング 3-64

ワイヤレス 8-24

電話帳 29-21

電話ユーザ インターフェイス(TUI) 19-5

透過性スクリプト 6-15

同期

Presence サーバ 20-10

Unified CM データベース 16-28

ディレクトリ 16-9

動的 ANI インターフェイス 15-11

動的周波数選択(DFS) 3-65

特権、コール発信の 14-38

トポロジ

コール アドミッション制御用 13-38

ドメイン ネーム システム(DNS) 3-24

トラッキング ドメイン 15-21, 15-22

トラフィック

PSTN トラフィック パターン 27-34

Unified MeetingPlace のプランニング 22-50

WebEx のプランニング 22-13

エンジニアリング 27-5, 27-6

音声ベアラ トラフィック 3-48, 27-6

会議およびコラボレーション 27-8

キューイング 3-19, 3-71

休止 3-56

コール関連 3-56

呼制御 3-52, 3-55

コンタクト センター 27-7

シェーピング 3-44

ビデオ通話 27-8

ビデオ ベアラ トラフィック 3-51

プロビジョニング 3-48

分類 3-4, 3-17, 3-70

ベアラ トラフィック 3-48

ボイスコール 27-6

優先順位 3-40

トランク

H.225 6-49, 6-57

H.323 6-39, 6-54

H.323 と SIP の比較 6-3

PSTN 6-66

SIP 6-6, 6-7, 7-18

アーキテクチャ 6-2

キャパシティ プランニング 6-65

緊急サービス 6-64

クラスタ間、ゲートキーパー制御 6-48

クラスタ間、非ゲートキーパー制御 6-40

サービス プロバイダー ネットワークに対する 6-66

サポートされる機能 6-3

冗長性 6-49

使用率 29-11

説明 6-1

転送プロトコル 6-25

ロード バランシング 6-49

トランスコーディング

Cisco Unity 19-33

説明 7-6

ハードウェア リソース 7-8, 7-9

リソース 7-8

トランスペアレント ASA ファイアウォール 4-27

トランスポート レイヤ セキュリティ(TLS) 4-20

トランスレーション パターン 21-7

トリビアル ファイル転送プロトコル(TFTP) 3-26, 3-29, 9-5, 9-23

認証

データベース 3-59

電話機 4-20, 8-25

ユーザ 16-9, 16-18

認証および暗号化 4-20

認定情報レート(CIR) 3-45

ネットワーク インフラストラクチャ

LAN 3-4

Voice over Wireless LAN(WLAN) 23-64

WAN 3-35

WLAN 3-56

アクセス レイヤ 3-5

コア レイヤ 3-12

セキュリティ 4-5

ディストリビューション レイヤ 3-10

ネットワーク管理 29-4

ハイ アベイラビリティ 3-4

役割 3-3

要件 3-1

ルーテッド アクセス レイヤ 3-8

ワイヤレス LAN 23-64

ネットワーク解析モジュール(NAM) 29-10

ネットワーク仮想化 4-44

ネットワーク管理 24-19, 29-1

ネットワーク サービス 3-24

ネットワーク タイム プロトコル(NTP) 3-34

ネットワーク トラフィックの優先設定 3-4, 3-40

ネットワーク保留 7-22

バースト 3-45

バースト トラフィック 27-6

パーソナル ビデオ エンドポイント 8-14

バーチャル ネットワーク 4-44

バーチャル プライベート ネットワーク(VPN) 4-44, 10-13, 10-23

バーチャル プライベート ネットワーク ルーティング(VRF) 4-44

バーティカル マーケット 24-18

パーティション 14-38, 14-39, 14-55, 14-89

ハードウェア

MTP リソース 7-17

音声会議ブリッジ 11-15

トランスコーダ 7-8, 7-9

プラットフォームのタイプ 9-4

保留音 7-35

メディア リソース機能 7-33

ハイ アベイラビリティ

Attendant Console 18-48

Business Edition 9-25

Cisco UC Integration for IBM Sametime 21-29

Cisco UC Integration for Microsoft Lync 21-26

CTI 9-38

IME 対応 ASA 4-32

IP Phone Service 18-6

Jabber Desktop Client 21-12

Jabber クライアント 21-20

Presence 20-13

SIP トランク 6-19

Survivable Remote Site Telephony(SRST) 9-19

Unified CM 9-17

Unified CM Assistant 18-25

Unified Computing System(UCS) 9-24

Unified MeetingPLace 22-48

Video Communication Server(VCS) 9-26

Virtualization Experience Client(VXC) 21-32

WebDialer 18-42

WebEx 22-10

WebEx Social 22-54

アプリケーションとサービスのレイヤ 17-3

運用とサービスアビリティのレイヤ 26-3

エクステンション モビリティ 18-16

エンタープライズ機能アクセス 23-54

エンドポイント 8-35

音声サービス 10-15

コール ルーティング 12-3

呼処理 9-15

コラボレーション システム 2-4

コンタクト センター 24-13

シスコ モビリティ クライアントおよびデバイス 23-87

ディレクトリ 16-27

電話機 8-35

トランク 6-49

トランスコーダ 7-39

ネットワーク サービス 3-4

ネットワーク接続 9-16

ハードウェア プラットフォーム 9-15

配置モデル 10-4

保留音 7-39

メディア リソース 7-37, 7-39

モバイル コネクト 23-44

モバイル ボイス アクセス 23-54

要件 10-5

ワイヤレス LAN 3-61

配置のガイドライン(「配置モデル」を参照)

配置モデル

Cisco Jabber 21-12

Cisco Unified MeetingPlace の 22-47

Cisco Unity 19-4

Cisco Unity Express 19-23

DHCP 3-28

Intercompany Media Engine(IME) 10-52

Presence サーバ 20-14

Service Advertisement Framework(SAF) 10-51

Session Management Edition 10-25

TelePresence 13-43

Unified CME 9-44

Unified Computing System(UCS) 10-46

Voice Over the PSTN 10-21

WAN を介したクラスタリング 7-53, 10-31, 19-21, 20-22, 24-11, 29-29

仮想サーバ 10-46, 10-51

キャンパス 10-9, 29-24

コンタクト センターの 24-7

サイトベース 10-4

集中型呼処理を使用するマルチサイト 7-40, 7-49, 10-10, 24-8, 29-26

シングルクラスタ 20-18

説明 10-1

単一サイト 7-40, 7-48, 10-9, 24-7, 29-24

ネットワーク管理のための 29-24

ビデオ 13-43

フェデレーション 20-23

プレゼンス 20-18

分散型呼処理を使用するマルチサイト 7-41, 7-52, 10-22, 24-10, 29-28

保留音 7-48

メッセージングと呼処理の組み合わせ 19-6

メッセージングのために結合 19-15

メディア リソース 7-40

ハイパーバイザ 10-48, 10-49

ハイブリッド配置モデル 21-15

パケット

ジッタ 10-32

損失 10-33

遅延 10-32, 10-35

ヘッダー 3-48

発呼回線 ID(CLID) 14-27

発呼側番号

正規化 6-27

ローカリゼーション 14-58

発呼側番号(CPN) 15-5

発呼側番号のローカリゼーション 14-58

発信コール 5-18, 6-59

発信者 ID の照合 23-51, 23-52, 23-55

発信者 ID 変換 23-58

ハブアンドスポーク トポロジ 3-3, 3-36

パフォーマンス

Presence サーバ 20-18

Unified CM Assistant 18-28

WebDialer 18-44

エクステンション モビリティ 18-18

ゲートウェイでの過負荷 27-35

ゲートウェイの調整 27-36

コールのレート 9-1

呼処理サーバの 9-28

設計 27-9

モデル 27-3

パフォーマンスのための設計 27-9

パフォーマンスのテスト 27-2

パフォーマンス モニタ 3-83

パブリッシャ サーバ 9-6, 10-34

パラメータ

デバイス モビリティ用 23-18

番号拒否 23-51

番号計画エリア(NPA) 14-77

番号操作 5-18, 14-24, 14-27

番号のトランスレーション

パターン 14-24

番号プレフィックス 23-52

番号変換 14-53

ハンドアウト、コールの 23-71, 23-78

ハンドイン、コールの 23-71

ハンドオフ、コールの 23-71, 23-77

ビーコン 3-68

非ゲートキーパー制御クラスタ間トランク 6-40

ビジー ランプ フィールド(BLF) 20-7

ビデオ

Quality of Service(QoS) 8-21, 13-43

Unified CM への移行 28-7

VLAN 4-6

エンドポイント 8-13, 15-16

会議 11-16

ゲートウェイ 5-13

コール アドミッション制御 13-30, 13-43

コールの録音 25-4

相互運用性 7-9, 8-19, 13-43

帯域利用率 13-30

トラフィック特性 27-8

トラフィック分類 3-18

配置モデル 13-43

ベアラ トラフィック 3-51

レートの適応と解像度 21-17

ワイヤレス LAN(WLAN) 23-64

ビデオ会議 27-40

ビデオのネイティブ相互運用性 13-43

非同期転送モード(ATM) 3-39, 10-13, 10-23

非フォールバック モード 7-50

非武装地帯(DMZ) 4-43

被保留側 7-21

ファームウェアのアップグレード、Cisco IP Phone の 8-11

ファイアウォール

Bump In The Road 4-27

H.323 での 4-35

アクセス コントロール リスト 20-50

ゲートウェイの周囲 4-34

集中型配置 4-43

ステルス モード 4-27

説明 4-24

トランスペアレント モード 4-27

ルーテッド モード 4-26

ファブリック エクステンダ 10-48

フィルタ ストリング、LDAP ディレクトリの 16-27

フィルタリング、ディレクトリ同期および認証の 16-24

フェールオーバー

Cisco Unity 19-19, 19-20

WAN を介したクラスタリング 10-36, 10-43

シナリオ 18-6

フェデレーション、ドメイン間の 20-23

フェデレーション配置 20-23

フォールバック 4-30

フォールバック モード 7-52

付加サービス 9-45, 9-49

H.323 エンドポイント 7-15

ゲートウェイ 5-4, 5-8

復元性 6-49, 9-1

複雑さ、データベース 27-14

複数の Unified CM サーバ 19-23

複製、データベースの 9-10

物理的なセキュリティ 4-5

部分発信者 ID 照合 23-52

プライマリ内線 20-4

フラット アドレッシング 23-23

プラットフォーム 9-4

プリザベーションコールの 5-11

ブリッジ プロトコル データ ユニット(BPDU) 3-7

不良

DHCP サーバ 4-11

ネットワーク拡張 4-10

ブレード サーバ 10-47

フレーム リレー 3-39, 10-13, 10-23

プレゼンス

Exchange Web Services カレンダー統合 20-36

IBM Lotus Sametime 20-45

Microsoft Communications Server 20-42

Outlook Web Access カレンダー統合 20-35

presentity 20-2

SCCP 20-7

SIP 20-5

SUBSCRIBE コーリング サーチ スペース 20-8

Unified CM 20-5

WAN を介したクラスタリング 20-22

移行 20-29

インスタント メッセージングのストレージ要件 20-32

エンド ユーザ 20-4

ガイドライン 20-9

カレンダー統合 20-34

キャパシティ プランニング 27-45

クラスタ 20-10

グループ 20-8

コール履歴 20-8

コンポーネント 20-3

コンポーネント間の対話 20-18

サードパーティ製 Open API 20-38

サードパーティ製のアプリケーションとの統合 20-42

サーバ 20-9

サーバに関するガイドライン 20-41

サーバの冗長性 20-13

サーバの同期 20-10

サーバのパフォーマンス 20-18

スピード ダイヤル 20-7

説明 20-1, 20-2

配置モデル 20-14, 20-18

フェデレーション 20-23

プロトコル インターフェイス 20-40

ポーリング モデル 20-40

ポリシー 20-8

メッセージ アーカイブと規制準拠 20-31

モビリティ統合 20-38

リアルタイム イベンティング モデル 20-39

プレフィックス

アクセス コード用 14-77

サービス 5-19

フロー メタデータ 3-92

プロキシ

Cisco Unified SIP Proxy 6-69

Unified CM Assistant の回線モード 18-22

ブロック係数 27-6

プロトコル

ARP 3-68, 4-14

BFD 22-10

BGP 22-10

CAPWP 3-58

CDP 4-6

cRTP 3-39, 3-42

DHCP 3-26, 4-11, 4-13

GARP 4-9, 4-14

GKTMP 6-58

GLBP 3-10

GUP 6-49

H.225 6-49, 6-57

H.323 4-35, 5-4, 6-3, 6-39, 6-54, 9-42

HSRP 3-10, 10-24

IPSec 10-13, 10-23

LDAP 9-10, 16-1, 27-30

LWAPP 3-58

MGCP 5-4

MISTP 3-5

MLP 3-39

NTP 3-34

RCP 4-14

RIP 4-26

RSTP 3-5, 3-7

RSVP 3-36, 13-3

RTP 10-24

SCCP 5-4, 7-11, 7-26, 14-15, 20-7

SDP 6-21

SIMPLE 20-9

SIP 5-7, 5-12, 6-3, 6-6, 6-7, 7-18, 7-29, 8-35, 9-46, 10-24, 14-15, 14-17, 14-19, 20-5

SIP トランクの 6-25

SMTP 19-29

SNMP 15-7

SOAP 20-10

SRTP 3-48, 4-20, 6-26

STP 3-7

TFTP 3-26, 3-29, 9-5, 9-23

TLS 4-20

UDP 6-49, 10-24

VPIM 19-29

VRRP 3-10

ルーティング 3-12

プロビジョニング

サーバ 9-28

分散型呼処理 10-22, 24-10, 29-28

分散型メッセージング 19-5, 19-12, 19-18

分析 29-13

分類

コール 14-27

トラフィック 3-4, 3-17, 3-70

ヘアピニング 9-42, 23-47

ベアラ トラフィック 3-48

平均オピニオン評点(MOS) 29-7

平均保留時間(AHT) 27-6

並行カットオーバー 28-2

ページング システム 8-8

ベストエフォート型の帯域幅 3-38

ベスト プラクティス

Cisco Unified Border Element 9-48

Cisco Unified Communications Manager Express(Unified CME) 9-44

Cisco Unity 19-32

Cisco Unity Connection 19-32

Cisco Unity Express(CUE) 19-47

LDAP 同期 16-16

WAN の設計 3-35

集中型呼処理 10-14

単一サイト配置 10-10

分散型呼処理 10-24

ボイス メッセージング 19-32

保留音 7-43

変換

発呼側番号および着信番号の 14-53

発信者 ID 23-58

ボイス メール

シングル インボックス 19-45

無効化 23-41

モバイル ユーザ 23-41

ボイスメール 22-58

Cisco Unity 19-1

Cisco Unity Express 19-24, 19-30

サードパーティ製システム 19-49

ネットワーキング 19-29

モバイル コネクト 23-41

ユニファイド メッセージング 19-1

ローカル フェールオーバー用 10-42

ボイス メッセージング 19-1, 27-37

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP) 22-10

ポート

Cisco Unity と Unified CM との統合 19-41, 19-43

IP Phone 上 4-17

アクセス 4-10

セキュリティ 4-7

ホーム クラスタ 18-15

ポーリング モデル 20-40

保証帯域幅 3-37

ホストされた仮想デスクトップ(HVD) 21-32

ホットスタンバイ ルータ プロトコル(HSRP) 3-10, 10-24

ポリシー

ネットワーク セキュリティ 4-2

プレゼンス 20-8

保留 7-20, 7-22

保留音(MoH) 7-20, 10-43, 27-29

保留音に使用されるフラッシュ 7-49

保留側 7-21

ホワイト リスト 20-50

マルチキャスト保留音 7-20, 7-26, 7-29, 7-43, 7-45, 7-49

マルチサイト配置モデル

集中型呼処理を使用 7-40, 7-49, 10-10, 24-8, 29-26

分散型呼処理を使用 7-41, 7-52, 10-22, 24-10, 29-28

マルチチャネル サポート 24-6

マルチパス歪み 3-66

マルチフォレスト LDAP 同期 16-18

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS) 3-35, 3-39, 10-13, 10-23

マルチリンク ポイントツーポイント プロトコル(MLP) 3-39

無線周波数(RF) 8-25

無線通信への干渉 3-66

無停電電源(UPS) 3-13

メガクラスタ 9-29, 10-3, 27-31

メタデータ 3-92

メッセージ待機インジケータ(MWI) 19-23

メッセージング

Cisco Unity 19-1

結合された配置モデル 19-15

システム コンポーネント 19-2

集中型 19-5, 19-7, 19-16, 19-23

冗長性 19-19

帯域幅管理 19-32

配置モデル 19-4

フェールオーバー 19-19, 19-20

分散型 19-5, 19-12, 19-18

メッセージングのために結合された配置モデル 19-15

メディア ゲートウェイ コントロール プロトコル(MGCP) 5-4

メディア サーバ 22-33

メディア サービス インターフェイス(MSI) 3-90

メディア サービス プロキシ(MSP) 3-91

メディア ターミネーション ポイント(MTP)

H.323 トランク 6-54

SIP トランク 6-7, 6-23

会議ブリッジ 7-16

使用 6-64

説明 7-10

タイプ 7-17

メディアネット 3-81

メディアの認識 3-90

メディア リソース

PVDM 7-33

PVDM3 7-34

アーキテクチャ 7-2

音声品質 7-42

キャパシティ プランニング 7-33, 27-28

サーバ 9-8

セキュリティ 4-33

設計ガイドライン 7-37

説明 7-1

ハードウェアおよびソフトウェアのキャパシティ 7-33

ハイ アベイラビリティ 7-37, 7-39

配置モデル 7-40

ローカル フェールオーバー用 10-43

メディア リソース グループ(MRG) 7-37

メディア リソース グループ リスト(MRGL) 7-37

メディア リソース マネージャ(MRM) 7-2

メモリ使用率 27-4

モデム

ゲートウェイでのサポート 5-3, 5-22

モデル、PSTN 接続の 6-70

モバイル エンドポイント 8-27

モバイル コネクト

アーキテクチャ 23-44

機能 23-35

冗長性 23-44

説明 23-32, 23-35

デスクトップフォンのピックアップ 23-36

ボイスメール 23-41

リモート接続先電話のピックアップ 23-37

モバイル ボイス アクセス

IVR VoiceXML ゲートウェイ 23-46

アーキテクチャ 23-53

アクセス番号 23-51

機能 23-46

冗長性 23-54

説明 23-32, 23-45

番号拒否 23-51

ヘアピニング 23-47

モビリティ

アプリケーション 23-1

緊急サービス 23-69

クライアントおよびデバイス 23-62

コール ハンドアウトのソフトキー方式 23-78

説明 23-1, 23-54

ダイヤル プラン 23-68

配置ガイドライン 23-59

プレゼンスとの統合 20-38

ボイス メールの無効化 23-41

役割

ネットワーク インフラストラクチャ内 3-3

有効なパス 13-4

ユーザ

アプリケーション ユーザ 16-6

エンド ユーザ 16-6

ディレクトリ検索ベース 16-12

電話機での入力 14-15, 14-17

ユーザ制御のモバイル ボイス メールの無効化 23-42

ユーザ データグラム プロトコル(UDP) 3-42, 6-49, 10-24

ユーザ データ サービス(UDS) 21-10

ユーザ保留 7-22

ユーザ優先度(UP) 3-70

優先順位、トラフィックの 3-40

ゆがみ 3-66

ユニキャスト MoH 7-20, 7-26, 7-45

ユニキャスト コール フロー 7-28, 7-31

ユニファイド メッセージング(「メッセージング」も参照) 19-1

要求、帯域幅の 6-58

用語集 1-1

要素、ダイヤル プランの 14-13

予定表サーバ 22-58

ライトウェイト ディレクトリ サービス 16-18

ライン アピアランス 3-54

ラウンドトリップ時間(RTT) 10-35, 10-38

リアルタイム イベンティング モデル 20-39

リアルタイム転送プロトコル(RTP) 10-24

リージョン

コール アドミッション制御 13-10, 13-11

最大数 27-14

リース期間、DHCP の 3-27

リソース予約プロトコル(RSVP) 3-36, 13-3

率、エラーの 10-35

リッチ メディア会議 11-1

リモート エキスパート ソリューション 24-18

リモート呼制御(RCC) 20-9, 20-42

リモート コピー プロトコル(RCP) 4-14

リモート サイトのサバイバビリティ 10-15

リモート デバイス(Remote Device) 9-34

リモートの接続先

電話のピックアップ 23-37, 23-50

発信者 ID 照合 23-51

プロファイル 23-54

リモート フェールオーバー配置モデル 10-43

リモート モニタリング(RMON) 29-10

履歴

コール 20-8

リンク効率化 3-42

リンクのオーバーサブスクリプション 3-45

リンク フラグメンテーション/インターリーブ(LFI) 3-39, 3-42, 3-43

ルータ

E911 選択 15-4

アクセス コントロール リスト(ACL) 4-23

支社 7-49

フラッシュ 7-49

役割および機能 3-3

ルーティング

VLAN 間 8-18, 8-24

コール 14-21, 23-67

最低料金 5-21

時間帯(ToD) 14-87

着信コール 5-17

発呼回線 ID 14-27

発信コール 5-18

番号操作 14-27

プロトコル 3-12

ルーテッド ASA ファイアウォール 4-26

ルーテッド アクセス レイヤ 3-8

ルート

グループ 14-27, 14-29

グループ デバイス 14-29

選択 14-79

パターン 14-21, 14-26

フィルタ 14-26

リスト 14-29

ルート ガード 3-7

ルート パターン 14-26

ループ スタート 8-7

レイヤ 2 3-4, 10-24

レイヤ 3 3-4

レイヤ、セキュリティ 4-4

レプリケーション ネットワーク 13-15

連想メモリ(CAM) 4-8

ローカル化されたコールの着信 14-55

ローカル化されたコールの発信 14-58

ローカル フェールオーバー配置モデル 10-36

ローカル ルート グループ 14-52

ロード バランシング 3-33, 6-49, 6-59, 9-22

ローミング 3-64

ローミングに依存する設定 23-18

録音

MediaSense 25-4

SPAN 方式 25-2

コール 25-1

サイレント モニタリング 24-7, 25-3

ロケーション

拡張 13-4

共通 13-17

共有 13-17

最大数 27-14

シャドウ ロケーション 13-19

定義済み 13-5

ビデオ エンドポイント 13-44

ロケーションおよびリンク管理クラスタ 13-20

ロビーに設置された電話機のセキュリティ 4-42

論理パーティション 14-55, 14-89

ワイヤレス

IP Phone 8-24

IP Phone 7921G 8-24

IP Phone 7925G 8-24

IP Phone 7925G-EX 8-24

IP Phone 7926G 8-24

LAN 3-56

LAN コントローラ(WLC) 3-59, 3-68

アクセス ポイント 3-58

エンドポイント 3-60, 8-24

ワイヤレス LAN(WLAN) 3-56, 8-29

ワイヤレス ネットワークのサーベイ 8-25

ワイルドカード ルート パターン 14-26