Cisco テクニカル ソリューション シリーズ:IP テレフォニー ソリューション ガイド
索引
A
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

A

ATM

WAN  4-66

フレームリレーへ  4-69

C

CallManager

クラスタ  4-74

サーバ  4-97

セキュリティ  4-97

Catalyst

DSP プロビジョニング  4-74

Catalyst 6000  4-77

cRTP  4-58

D

DSP プロビジョニング  4-74

E

E911  4-79

F

FAX

計画  3-20

要件の決定  3-20

I

IIS  4-99

IOS

ファックスリレー  4-75

モデム サポート  4-76

ルータ ゲートウェイ  4-75

IP Phone

接続  4-8

IP Phoneの接続  4-8

IP テレフォニー

設計  4-2

へ移行  4-141

L

LAN

計画  3-2

LFI  4-51

M

Microsoft Internet Information Server  4-99

Q

QoS

WAN のための  4-49

IP Phoneの接続  4-8

キューイング  4-7

ジッタ  4-4

制御トラフィックと管理トラフィックのマーキング  4-21

遅延  4-4

ネットワーク プロビジョニング  4-8

輻輳  4-3

ブランチ オフィスの構築  4-44

分類  4-6

を設計  4-3

S

smdi

IP WAN 全体との統合  4-137

統合  4-110

トラブルシューティング  4-129

SQL サーバ  4-103

T

tx リング サイジング  4-57

U

Unity  4-110

V

VAD  4-58

VG200  4-76

Voice Activity Detection  4-58

VoIP

制御トラフィック  4-48, 4-56

ルータ ゲートウェイ  4-75

W

WAN

ATM  4-66

LFI  4-51

QoS の  4-49

smdi 音声メールの統合  4-137

tx リング サイジング  4-57

VAD  4-58

圧縮ビデオ コーデック  4-57

アップグレード  3-41

アップグレード要件の分析  3-39

アドミッション制御  4-55

オペレーションの切り替えと実稼働  3-42

計画  3-32

制御トラフィック  4-56

テスト結果の評価  3-41

トラフィック シェーピング  4-53

についての情報の収集  3-32

ネットワーク プロビジョニング  4-53

配置の計画  3-32

フレームリレー  4-61

フレームリレーから ATM  4-69

ポイントツーポイント  4-58

リソース使用率  3-34

WAN アップグレード要件の分析  3-39

WAN 環境  3-7

WAN テスト結果の評価  3-41

WAN 配置のアップグレード  3-41

Windows 2000  4-97

圧縮 RTP  4-58

アドミッション制御  4-55

アベイラビリティ

ソフトウェア  3-25

電源  3-28

ネットワーク設計  3-29

ハードウェア  3-25

プロセス  3-30

ユーザ エラー  3-30

要件  3-24

リンクおよびキャリア  3-26

インフラストラクチャ管理  3-48

オペレーション

計画  3-43

サポート プラン  3-52

オペレーションの切り替えと実稼働  3-42

音声帯域幅要件の決定  3-36

音声トランク

評価  3-13

音声メール

AVVID との両立性  3-12

smdi  4-110

smdi と IP WAN 全体との統合  4-137

統合  4-110

トラブルシューティング  4-129

音声メッセージ

smdi  4-110

Unity  4-110

課金管理  6-26

管理

AVVID インフラストラクチャ  3-48

ネットワーク  6-26

管理要件  3-47

技術サポート

関係者  6-6

計画の文書化と承認  6-25

サービス レベルの目標  6-5

サービス要素の定義  6-6

プラニング  6-2

目標および制約  6-3

機密管理  6-27

キャパシティ計画  3-43

キャンパス

キャンパス ネットワークの設計  4-2

計画と評価  3-2

高速化の設計  4-17

スイッチング設計  4-18

キューイング  4-7

緊急事態サービス  4-79

計画

FAX の要件  3-20

LAN 環境  3-2

WAN 環境  3-7

WAN 配置の  3-32

オペレーション  3-43

キャパシティ  3-43

サポート  3-52

実装  3-43

人材  3-49

ゲートウェイ

Catalyst 6000  4-77

IOS VoIP ルータ  4-75

VG200  4-76

選択  4-74

ゲートウェイの選択  4-74

ケーブル配線インフラストラクチャ

評価  3-21

文書化  3-21

構成管理  6-26

高速キャンパス  4-17

コーデック  4-57

サービス レベルの目標  6-5

サービス要素  6-6

サポート

関係者  6-6

緊急事態  4-82

計画  3-52

計画の文書化と承認  6-25

サービス レベルの目標  6-5

サービス要素の定義  6-6

ファックスとモデムのガイドライン  4-75

プラニング  6-2

目標および制約  6-3

モデル  6-24

実装の計画  3-43

ジッタ  4-4

障害管理  6-26

人材の要件  3-49

スタッフ配属モデル  6-24

制御トラフィック  4-56

性能管理  6-27

セキュリティ

AAA  4-89

CallManager サーバ  4-97

CatOS  4-94

IIS  4-99

IOS  4-89, 4-96

NAT  4-97

SQL サーバ  4-103

Windows 2000  4-97

最善の実施策  4-88

専用アドレス スペース  4-97

ファイアウォール  4-96

物理的  4-88

セキュリティ考慮事項  4-88

設計

CallManager クラスタ  4-74

IP テレフォニー  4-2

QoS の  4-3

WAN  4-49

キャンパスの環境  4-2

キャンパスの高速化  4-17

中央集中型コール処理を使用する複数サイト WAN  4-74

ブランチ オフィス  4-44

分散型コール処理を使用する複数サイト WAN  4-74

ソフトウェアの信頼性  3-25

帯域幅

音声、要件の決定  3-36

ダイヤル プラン

アーキテクチャと設定  4-74

計画  3-16

調査  3-16

ダイヤル プランの設定  4-74

遅延  4-4

中央集中型コール処理  4-74

調査

音声トランキング  3-13

音声メール システム  3-12

通信

FAX の要件  3-20

PBX システムの調査  3-12

音声トランキングの調査  3-13

音声メール システムの調査  3-12

キー システムの調査  3-12

ダイヤル プランの調査  3-16

電話機の計画  3-16

通信インフラストラクチャ

評価  3-11

文書化  3-11

データ インフラストラクチャ

評価  3-2

文書化  3-2

データ センターの電源  3-22

テレコム

IP テレフォニーへ移行  4-141

電源

アベイラビリティ  3-28

データ センターの要件  3-22

配線室の要件  3-22

電源インフラストラクチャ

評価  3-21

文書化  3-21

電話機

機能  3-16

計画  3-16

トラフィック シェーピング  4-53

フレームリレーで使用  4-62

トラフィックのマーキング  4-21

ネットワーク プロビジョニング  4-8, 4-53

ネットワーク管理

アーキテクチャ  6-29

概要  6-26

課金管理  6-26

機能領域  6-26

機密管理  6-27

構成管理  6-26

障害管理  6-26

性能管理  6-27

製品  6-66

ツールの選択  6-30

ネットワーク設計

アベイラビリティに対する  3-29

ネットワークの輻輳  4-3

ハードウェアの信頼性  3-25

配線室の電源  3-22

ビデオ コーデック  4-57

評価

LAN 環境  3-2

PBX システム  3-12

WAN 環境  3-7

キー システム  3-12

ケーブル配線インフラストラクチャ  3-21

通信インフラストラクチャ  3-11

データ インフラストラクチャ  3-2

ファックス

パケット ネットワークのサポート ガイドライン  4-75

ファックス/モデム

Catalyst 6000  4-77

VG200  4-76

ルータ ゲートウェイ  4-75

ファックスリレー  4-75

輻輳  4-3

ブランチ オフィス

AVVID の設計  4-44

VoIP 制御トラフィックの分類  4-48

構築  4-44

ブランチ オフィスの構築  4-44

フレームリレー

ATM へ  4-69

WAN  4-61

トラフィック シェーピング  4-62

プロビジョニング  4-8

分散型コール処理  4-74

文書化

既存のデータ構造  3-2

ケーブル配線インフラストラクチャ  3-21

通信構造  3-11

電源インフラストラクチャ  3-21

分類  4-6

ポイントツーポイント WAN  4-58

モデム

IOS のサポート  4-76

パケット ネットワークのサポート ガイドライン  4-75

要件

管理容易性  3-47

人材  3-49

データ センターの電源  3-22

配線室の電源  3-22

リソース使用率  3-34

リンクおよびキャリアのアベイラビリティ  3-26