Cisco テクニカル ソリューション シリーズ:IP テレフォニー ソリューション ガイド
Cisco ICS 7750 と Cisco CallManager 3.1
Cisco ICS 7750 と Cisco CallManager 3.1
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco ICS 7750 と Cisco CallManager 3.1

IP テレフォニー要件の分析

推奨される実装設定

Cisco ICS 7750 と Cisco CallManager 3.1

この付録では、Cisco Integrated Communications System 7750(ICS 7750)および Cisco CallManager バージョン 3.1 に固有の、IP テレフォニー情報を記述します。この付録の情報は、このマニュアルに記述の計画と実装に関する参考情報です。

IP テレフォニー要件の分析

ICS 7750 は、System Processing Engine(SPE)カードを実装しています。この SPE カードは、IP Phoneをサポートするテレフォニー アプリケーションを実行する、コンピューティング プラットフォームです。このテレフォニー アプリケーションには、次のアプリケーションがあります。

Cisco CallManager

コンファレンス ブリッジ

メディア転送点

統合音声メール

1 台の ICS 7750 上に共存できるアプリケーション数は、組み合わせるアプリケーション負荷によって異なります。ICS 7750 は、上述のすべてのアプリケーション、またはそれらのサブセットを実行できます。ICS 7750 のガイドラインと考慮事項は、次のとおりです。

CallManager バックアップまたはクラスタ化がある場合: 512 MB RAM 付きの SPE ごとに、最大 1000 台の IP Phoneまたは 2000 台のデバイス

CallManager バックアップまたはクラスタ化がない場合: 512 MB RAM 付きの SPE ごとに、最大 500 台の IP Phoneまたは 1000 台のデバイス

SPE 上で Cisco Unity が動作する場合: SPE ごとに 1 ~ 500 ユーザ

ICS シャーシ内で Unity を実行する、1 台以下の SPE

Unity を実行する SPE で、DNS サーバが使用可能になっている。この DNS サーバは、シャーシ内の他のカードに使用できます。

マルチサービス ルート プロセッサ(MRP)カードと ATM サービス インターフェイス(ASI)カード

MRP/ASI ごとに 1 つの音声 T1/E1 PRI チャネルのみ(最大 30 チャネル)

MRP/ASI ごとに、最大 2 つのデータ T1/E1 チャネル

シャーシごとに最大 5 つの MRP/ASI(System Manager を実行する 1 つの SPE が必要)

MRP ごとに最大 10 のデジタル信号プロセッサ(DSP)(または 20 の G.729a チャネル)

1 つのシャーシ内に 6 つの SPE カードを実装する場合、2 つの電源装置を使用することを推奨

システムをネットワーク全体に接続する前に、ICSconfig を実行する必要がある。

推奨される実装設定

では、システム内に配置される CallManager SPE カード数ごとの推奨設定をリストしています。

 

表 A-1 実装設定の推奨

SPE カード数
ユーザ数
設定

1

1 ~ 500

System Manager を実行する SPE カード 1 つ
CallManager パブリッシャ
TFTP サーバ

2

1 ~ 1000

System Manager を実行する SPE カード 1 つ
CallManager サブスクライバを実行する SPE カード 1 つ
CallManager パブリッシャ
CallManager バックアップ
TFTP サーバ

3

1 ~ 2000

System Manager を実行する、1.0 G RAM 付きの SPE カード 1 つ
CallManager サブスクライバを実行する、1.0 G RAM 付きの SPE カード 2 つ
CallManager パブリッシャ
CallManager バックアップ
TFTP サーバ

4

1 ~ 3000

System Manager を実行する、1.0 G RAM 付きの SPE カード 1 つ
CallManager サブスクライバを実行する、1.0 G RAM 付きの SPE カード 3 つ
CallManager パブリッシャ
CallManager バックアップ
TFTP サーバ

5

1 ~ 3000

System Manager を実行する、1.0 G RAM 付きの SPE カード 1 つ
CallManager サブスクライバを実行する、1.0 G RAM 付きの SPE カード 3 つ
CallManager バックアップを実行する、1.0 G RAM 付きの SPE カード 1 つ
CallManager パブリッシャ
CallManager バックアップ
TFTP サーバ
電源装置 2 つ

6

1 ~ 4000

System Manager を実行する、1.0 G RAM 付きの SPE カード 1 つ
CallManager サブスクライバを実行する、1.0 G RAM 付きの SPE カード 4 つ
CallManager バックアップを実行する、1.0 G RAM 付きの SPE カード 1 つ
CallManager パブリッシャ
CallManager バックアップ
TFTP サーバ
電源装置 2 つ