Cisco IP テレフォニー ソリューション リファレンス ネットワーク デザイン ガイド Cisco CallManager Release 3.3
Cisco IP SoftPhone
Cisco IP SoftPhone
発行日;2012/01/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco IP SoftPhone

スケーラビリティのガイドライン

冗長性

帯域幅のプロビジョニング

QoS

Cisco IP SoftPhone

この章では、Cisco CallManager と一緒に Cisco IP SoftPhone を使用する場合に適用される、次の設計上の考慮事項について説明しています。

「スケーラビリティのガイドライン」

「冗長性」

「帯域幅のプロビジョニング」

「QoS」

この項の情報は、Cisco IP SoftPhone リリース 1.3 に明示的に適用されます。Cisco IP SoftPhone の設定と機能の詳細は、次の Web サイトでオンラインで入手可能な『 Cisco IP Softphone アドミニストレータ ガイド (1.3) 』を参照してください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_ipphon/ip_7960/softphon/ver_1_3/english/index.
htm

スケーラビリティのガイドライン

Cisco IP SoftPhone は、クライアント マシンから、オフィス コールを直接受信できるようにする、クライアント デスクトップ アプリケーションであり、ラップトップ アプリケーションでもあります。

Cisco IP SoftPhone 用に CTI(Computer Telephony Integration)リソースをスケーリングする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Cisco IP SoftPhone に必要な CTI リソースのタイプを判別します。Cisco IP SoftPhone のプロビジョニングには、次の 2 通りの方法があります。

CTI ポートを Cisco IP SoftPhone ライン アピアランスに割り当てる方法

Cisco IP SoftPhone ライン アピアランスを使用して、ハードウェア IP フォンを制御する方法

ステップ 2 Cisco IP SoftPhone ユーザごとに平均のデバイスの重みを計算します。 表 14-1 では、Cisco IP SoftPhone CTI リソースの基本のデバイスの重みを示しています。

Cisco IP SoftPhone のデバイスの重みを計算する際には、次のガイドラインにも従います。

ライン アピアランスごとの BHCA(Busy Hour Call Attempts)を見積もって、BHCA 係数を決定します。BHCA 係数は、6 BHCA ごとに 1 つずつ増やします。一般的に、6 BHCA が適切なデフォルト値です。

Cisco IP SoftPhone クライアント全体のコール処理を考慮します。Cisco IP SoftPhone セッションごとに処理されるコールの大部分に、転送または会議が含まれる場合、コール処理乗数を計算要素として組み込む必要があります。転送や会議が含まれない場合、コール処理乗数はごくわずかであり、値 1 を割り当てることができます。

 

表 14-1 Cisco IP SoftPhone の基本のデバイスの重み値

Cisco IP SoftPhone の設定
基本のデバイスの重み
備考

スタンドアロン Cisco IP
SoftPhone(関連したハードウェア IP フォンなし)

ライン アピアランスごとに 2

基本の重みは、各 CTI ポートのライン アピアランスのものです。

Cisco IP SoftPhone がハードウェア IP フォンを制御する

制御されるハードウェア IP フォンごとに 3

基本の重みは、制御される各ハードウェア IP フォンのものです。この値には、すでに IP フォンのデバイスの重みが含まれています。

ステップ 3 次のガイドラインに従って、クラスタ内のサーバ上にデバイスをプロビジョニングします。

Cisco CallManager サーバごとに、最大 2,500 の Cisco IP SoftPhone(Cisco CallManager クラスタ用の MCS 7845 サーバが必要)

Cisco CallManager クラスタごとに、最大 10,000 の Cisco IP SoftPhone(Cisco CallManager クラスタ用の MCS 7845 サーバが必要)

上記のガイドラインには、次の前提事項も適用されます。

各 Cisco IP SoftPhone は、1 つのライン アピアランスだけで設定されること。

各 Cisco IP SoftPhone は 6 以下の BHCA を処理すること。

CTI デバイスを必要とする他の CTI アプリケーションが、クラスタ全体でプロビジョニングされていないこと。これには、自動代替ルーティング(AAR)や、Cisco IP Manager Assistant(IPMA)などの CTI 依存の Cisco CallManager サービスが含まれます。


 

冗長性

Cisco IP SoftPhone の冗長性は、ハードウェア IP フォンの冗長性とほぼ同じです。ただし、Cisco IP SoftPhone は、フェールオーバー処理のために主に CTI Manager とインターフェイスを取る点が異なります。

表 14-2 では、さまざまなフェールオーバー シナリオにおいて予想される Cisco IP SoftPhone の動作を示しています。

 

表 14-2 Cisco IP SoftPhone のフェールオーバー シナリオ

フェールオーバー
シナリオ
回復動作
備考

Cisco CallManager の障害

バックアップ Cisco CallManager にフェールオーバーする

Cisco IP SoftPhone は、各デバイス プールに集約され、Cisco CallManager グループ設定のサーバ優先順位が割り当てられます。

CTI Manager の障害

バックアップ CTI Manager にフェールオーバーする

プライマリとバックアップ CTI Manager は、各 Cisco IP SoftPhone の TAPI Service Provider(TSP)クライアント設定で割り当てられます。

Cisco CallManager パブリッシャ サーバの障害

ドメイン コントローラ(DC)ディレクトリが Cisco CallManager
LDAP ディレクトリ サーバとして設定される場合、冗長性なし

高可用性配置で社内ディレクトリ サーバを統合すると、この問題を回避できます。

Cisco IP SoftPhone の障害

同じ PC クライアント上の別の Cisco IP SoftPhone に対する冗長性なし

CTI ポートを使用したスタンドアロン Cisco IP SoftPhone 設定の場合、進行中のコールは失われます。Call Forward No Answer(CFNA)番号を別の IP フォンの内線番号に設定すると、新しい着信コールを保持できます。ハードウェア IP フォンを制御する Cisco IP SoftPhone の場合、進行中のコールは、そのハードウェア IP フォンで保持されます。

帯域幅のプロビジョニング

Cisco IP SoftPhone は、G.711 および G.729a コーデックをサポートします。

次の場合には、G.729a 低帯域幅コーデック設定をお勧めします。

バーチャル プライベート ネットワーク(VPN)上で在宅勤務者が Cisco IP SoftPhone を接続する配置の場合。

Cisco IP SoftPhone ユーザが事業所間を「ローミング」する、集中型コール処理配置モデルの場合。この場合、これらのローミング ユーザ用の帯域幅に余裕をみてプロビジョニングすることも必要です(「集中型コール処理を使用するマルチサイト WAN」 を参照)。

QoS

現在のバージョンの Cisco IP SoftPhone では、コール制御トラフィックまたはメディア トラフィックは分類されません。しかし、Cisco CallManager では、 表 14-3 に示されているように、デフォルトのトラフィック分類が設定されています。

 

表 14-3 CTI ベース アプリケーション用のデフォルト トラフィック分類

CTI 関連メッセージ
IP 優先順位値
備考

QBE(CTI quick buffer encoding)

3

CTI QBE コール制御メッセージは、TAPI と JTAPI ベースの両方のアプリケーションで同一です。

SCCP(Skinny Client Control Protocol)

3

CTI QBE は、CTI Manager プロセスを介して Cisco
CallManager(ccm.exe)プロセスに、要求を出します。次に Cisco CallManager が、SCCP を使用してコール処理メッセージを出します。