Cisco Unified Communications Manager リリース 10.5(1) の IM and Presence サービスのインスタント メッセージ コンプライアンス
IM Compliance Serviceability とトラブルシューティング
IM Compliance Serviceability とトラブルシューティング

IM Compliance Serviceability とトラブルシューティング

Cisco XCP Router サービスの再起動

手順
    ステップ 1   [Cisco Unified IM and Presence Serviceability] > [Tools(ツール)] > [Control Center - Network Services(コントロール センター - ネットワーク サービス)] を選択します。
    ステップ 2   [Server(サーバ)] リスト ボックスからサーバを選択します。
    ステップ 3   [Go(移動)] をクリックします。
    ステップ 4   [IM and Presence Services(IM and Presence サービス)] セクションの [Cisco XCP Router(Cisco XCP ルータ)] ラジオボタンをクリックします。
    ステップ 5   [Restart(再起動)] をクリックします。
    ステップ 6   リスタートに時間がかかることを示すメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。

    Cisco XCP Message Archiver サービスの再起動

    手順
      ステップ 1   [Cisco Unified IM and Presence Serviceability] > [Tools(ツール)] > [Control Center - Feature Services(コントロール センター - 機能サービス)] を選択します。
      ステップ 2   [Server(サーバ)] リスト ボックスからサーバを選択します。
      ステップ 3   [Go(移動)] をクリックします。
      ステップ 4   [IM and Presence Services(IM and Presence サービス)] セクションの [Cisco XCP Message Archiver ] ラジオボタンをクリックします。
      ステップ 5   [Restart(再起動)] をクリックします。

      IM Compliance のサポートのためにトレース レベルを Info に設定

      Message Archiver コンポーネントでは Cisco XCP Router サービスのロギング機能が使用されますが、この機能の使用にあたってはトレース レベルが「Info」以上に設定されている必要があります。


      (注)  


      IM and Presence サービスは、Cisco XCP Router のトレース レベルをデフォルトで [Info(情報)] に設定します。 トレース レベルを [Info(情報)] よりも低いレベルに変更すると、コンプライアンス機能が IM and Presence サービスで正しく機能しなくなります。


      手順
        ステップ 1   Cisco Unified CM IM and Presence Administration にサインインします。
        ステップ 2   [IM and Presence Service] メイン ウィンドウの右上隅のメニューから [Navigation(ナビゲーション)] > [Cisco Unified IM and Presence Serviceability] を選択します。
        ステップ 3   [Trace(トレース)] > [Configuration(設定)] を選択します。
        ステップ 4   [Server(サーバ)] リスト ボックスから、トレースの設定対象であるサービスを実行しているサーバを選択して [Go(移動)] をクリックします。
        ステップ 5   [Service Group(サービス グループ)] から IM and Presence サービスを選択し、[Go(移動)] をクリックします。
        ステップ 6   [Service(サービス)] リスト ボックスで [Cisco XCP Router(Cisco XCP ルータ)] サービスを選択し、[Go(移動)] をクリックします。
        ステップ 7   [Trace On(トレース オン)] チェックボックスをオンにします。
        ステップ 8   [Trace Filter Settings(トレース フィルタの設定)] で [Debug Trace Level(デバッグ トレース レベル)] として [Info(情報)] を選択します。

        IM Compliance のアラームの設定

        IM and Presence サービスと外部データベースとの接続が失われても、ユーザ間でのインスタント メッセージの送信は引き続き可能です。 ただし、これらのメッセージはアーカイブされず、どの適合認定のガイドラインも満たされなくなります。 この接続が失われたときに通知を受けるためには、この状態に関連するアラームが正しく設定されていることを確認する必要があります。

        手順
          ステップ 1   Cisco Unified CM IM and Presence Administration にサインインします。
          ステップ 2   Choose Cisco Unified IM and Presence Serviceability from the menu in the upper, right corner of the [IM and Presence Service] メイン ウィンドウの右上隅のメニューから [Navigation(ナビゲーション)] > [Cisco Unified IM and Presence Serviceability] を選択します。
          ステップ 3   [Alarm(アラーム)] > [Configuration(設定)] を選択します。
          ステップ 4   [Server(サーバ)] リスト ボックスで、アラームを設定するサーバを選択します。
          ステップ 5   [Go(移動)] をクリックします。
          ステップ 6   [IM and Presence Services the Service Group] リスト ボックスを選択します。
          ステップ 7   [Go(移動)] をクリックします。
          ステップ 8   [Service(サービス)] リスト ボックスから [Cisco XCP Message Archiver] を選択します。
          ステップ 9   [Go(移動)] をクリックします。
          ステップ 10   必要に応じてアラーム設定を行います。
          ステップ 11   [Save(保存)] をクリックします。