Cisco Unified Communications Manager リリース 10.5(1) の IM and Presence サービスのインスタント メッセージ コンプライアンス
IM Compliance の計画
IM Compliance の計画

IM Compliance の計画

IM Compliance について

多くの業界では、インスタント メッセージが、他のビジネス レコードと同じ適合認定のガイドラインに従うことが求められています。 これらの規制を順守するには、ご使用のシステムですべてのビジネス レコードを記録してアーカイブする必要があり、アーカイブされたレコードが取得可能になっている必要があります。

Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service は、単一のクラスタ、クラスタ間、またはフェデレーテッド ネットワーク設定内の以下の IM アクティビティに対してデータを収集することで、インスタント メッセージング(IM)コンプライアンスに対するサポートを提供します。

  • ポイントツーポイント メッセージ

  • グループ チャット:これには、Ad-hoc または一時チャット メッセージと、常設チャット メッセージがあります。

IM Compliance のコンポーネント

IM Compliance には次のコンポーネントがあります。

  • IM and Presence Service Release 10.0.(1)IM and Presence サービスは、外部データベースへのメッセージのログに Message Archiver コンポーネントを使用します。

  • 外部データベース:サポートされる外部データベースの詳細は、『Database Setup Guide for IM and Presence Service(IM and Presence サービス用データベース設定ガイド)』を参照してください。

  • IM クライアント:サポートされるクライアントには、Cisco Jabber などの Cisco クライアント、サードパーティ製 XMPP クライアント、およびフェデレーテッド ネットワークで使用されるその他のサードパーティ製クライアントがあります。


(注)  


Message Archiver は、基本的な IM ロギング ソリューションを提供します。 ポリシーに基づいたロギングなどの、きめ細かなロギング ソリューションを必要とする場合は、サードパーティ製のコンプライアンス ソリューションを使用します。詳しくは付録を参照してください。


IM Compliance 用サンプル トポロジおよびメッセージ フロー


(注)  


ここに示す外部データベース要件は、ご使用のサーバの容量により異なります。


IM Compliance は、コンプライアンス関連のすべてのデータを外部データベースに記録します。 すべての IM トラフィックは IM and Presence サービス サーバを通過し(Message Archiver コンポーネントを経由)、同時に外部データベースに記録されます。 各 IM ログには送信者および受信者情報、タイムスタンプ、メッセージ本文が含まれます。

Ad-hoc グループ チャット メッセージは、デフォルトで IM and Presence サービス は同じメッセージの複数のコピーを受信者ごとに 1 通ずつ外部データベースにログ記録します。 これにより、Ad-hoc グループ チャットでメッセージを受信したユーザが識別されます。

配置した XMPP クライアントに応じて、次の動作にも注意が必要です。

  • IM and Presence サービス は、受信メッセージを外部データベースに 2 回ログ記録する場合があります。 これは、一部の XMPP クライアントが、カンバセーション内の他のパーティの完全 JID または完全アドレスを学習する機能をサポートしていないために発生します。 そのため、XMPP クライアントはメッセージをユーザのすべてのアクティブ クライアント(ユーザが現在ログインしているすべてのクライアント)に転送し、続いて IM and Presence サービス は、転送されたすべてのメッセージを外部データベースに記録します。

  • IM and Presence サービス は、チャット内の最初のメッセージを外部データベースに 2 回ログ記録する場合があります。 これは、XMPP クライアントがカンバセーション内の他のパーティの完全 JID または完全アドレスを学習するまで発生します。

IM and Presence Service が外部データベースに接続できなくなった場合でも、ユーザへの IM の送信を続行し、ユーザは引き続き(ad-hoc)チャット ルームを作成できます。 ただし、外部データベースに接続していないと、IM and Presence サービス はこれらの IM をログに記録しません。 この場合にグループ チャット サポートを維持するには、永続的チャットを異なるデータベース サーバに割り当てる必要があります。 IM and Presence サービス は、外部データベースへの接続が失われた場合にアラームを生成します。

単一クラスタ コンフィギュレーション

IM Compliance を単一クラスタで使用する場合は、クラスタ内のユーザに送信されたすべての受信メッセージのログを記録する外部データベースを、クラスタごとに 1 つ導入することを強く推奨します。


(注)  


  • IM Compliance では、クラスタごとに 1 つの外部データベースを導入することを強く推奨します。 ただし、ご使用の要件によっては、クラスタごとに複数の外部データベースを設定したり、クラスタ間で 1 つの外部データベースを共有することも可能です。
  • グループ チャット機能を導入するには、クラスタ内のノードごとに 1 つの外部データベースが必要です。 『Database Setup for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。


以下の画像ではこれらのコンポーネントとメッセージ フローが強調されています。 デフォルトでは、IM Compliance は、受信メッセージを外部データベースに記録しますが、発信メッセージも記録するように設定できます。

図 1. 単一クラスタ用 IM Compliance



クラスタ間またはフェデレーテッド ネットワーク構成

IM Compliance をクラスタ間またはフェデレーテッド ネットワーク構成で使用する場合は、クラスタごとに 1 つの外部データベースを設定する必要があります。 さらに、受信メッセージと発信メッセージの両方を記録するように、IM and Presence サービス サーバを設定する必要があります。 この設定を行わないと、各データベースにはカンバセーションの片側だけが保存されます。

以下の図はこれらのコンポーネントとメッセージ フローに焦点を当てています。

図 2. 複数のクラスタの IM Compliance



必要な設定タスク

このガイドを使用して IM Compliance を設定する前に、次のタスクを実行したことを確認してください。

  • IM and Presence Service ノードを、『Installing Cisco Unified Communications Manager(Cisco Unified Communications Manager のインストール)』で説明されるとおりにインストールします。
  • IM and Presence Service ノードを、『Configuration and Administration of IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager(Cisco Unified Communications Manager での IM and Presence Service の設定および管理)』で説明されるとおりに設定します。
  • 外部データベースを、『Database Setup for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager (Cisco Unified Communications Manager での IM and Presence Service のデータベース設定)』で説明されているとおりに設定します。

PostgreSQL 10.0.1 のサポート

PostgreSQL version 10.0.1 を外部データベースとして展開するには、以下の値を postgresql.conf ファイルに設定する必要があります。

  • escape_string_warning = off

  • standard_conforming_strings = off

これらのパラメータを設定したら、PostgreSQL を再起動する必要があります。 postgresql.conf ファイルを設定して PostgreSQL を再起動する方法の詳細については、『Database Setup for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager(Cisco Unified Communications Manager での IM and Presence Service のデータベース設定)』を参照してください。

Oracle のサポート

  • XMPP 仕様に準拠して、IM and Presence Service ノードは UTF8 文字エンコーディングを使用します。 これにより、サーバは多くの言語を同時に使用して稼動し、特殊な言語の文字をクライアント インターフェイスに正しく表示することができます。 サーバで Oracle を使用する場合は、UTF-8 をサポートするように設定する必要があります。
  • NLS_LENGTH_SEMANTIC パラメータの値は、BYTE に設定する必要があります。
  • Oracle データベースで使用可能なテーブルスペースを判断するには、以下のクエリを sysdba として実行します。

    SELECT DEFAULT_TABLESPACE FROM DBA_USERS WHERE USERNAME = 'UPPER_CASE_USERNAME';