Cisco Unified Communications Manager Release 10.5(1) での IM and Presence Service の設定と管理
ワークフロー
ワークフロー

ワークフロー

ハイ アベイラビリティの基本的な展開のワークフロー

次のワークフロー図に、ハイ アベイラビリティの基本的な IM and Presence Service 展開を設定するためのハイレベルな手順を示します。 基本設定後は、ユーザは基本的な IM 機能、プレゼンス、およびアド ホック グループ チャットなどの IM およびアベイラビリティの中心的な機能にアクセスできます。 オプション機能は、ユーザ機能を強化するように設定できます。

より高度な展開シナリオとワークフローについては、電話利用状況の設定およびフェデレーションを含むワークフローに関するトピックを参照してください。

図 1. ハイ アベイラビリティの IM and Presence Service の基本的な展開のワークフロー



次の表に、ワークフローの各タスクについて説明します。


ヒント


IM and Presence Service ノードをインストールまたは設定する場合は、次のすべての準備タスクを実行します。 展開オプションおよび計画要件に関連するトピックのレビュー


表 1 ハイ アベイラビリティの基本的なワークフローのタスク リスト
 

タスク

説明

1

インストール

詳細なインストール手順については、『Installing Cisco Unified Communications Manager(Cisco Unified Communications Manager のインストール)』を参照してください。

2

サービスのアクティブ化

ノードをインストールした後に手動で機能サービスをアクティブ化する必要があります。 詳細な手順については、『Installing Cisco Unified Communications Manager(Cisco Unified Communications Manager のインストール)』を参照してください。

ヒント   

ネットワーク サービスは、ノードのインストール後に自動的に起動します。

3

Cisco Unified Communications Manager との LDAP ディレクトリの統合

IM and Presence Service ノードの LDAP ディレクトリ統合をセットアップします。

  • Cisco Unified Communications Manager と LDAP ディレクトリの接続を保護します。

  • IM and Presence Service および LDAP サーバ間の接続を保護します。

ヒント   

Cisco Unified Communications Manager および Cisco Jabber と LDAP サーバの統合は推奨設定です。 その他の設定については、LDAP 統合に関するトピックを参照してください。

4

エンド ユーザのセットアップ

IM and Presence Service 展開のノードおよびプレゼンス冗長グループにユーザを割り当てます。 IM and Presence Service 展開のノードには手動または自動でユーザを割り当てることができます。 ユーザを割り当てる手順については『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide(Cisco Unified Communications Manager 管理ガイド)』を参照してください。 User Assignment Mode for Presence Server の [Enterprise Parameter(エンタープライズ パラメータ)] を使用して、ユーザ割り当てモードを、バランス、アクティブ/スタンバイ、またはなしに設定します。

ヒント   

Cisco Unified CM IM and Presence の管理を使用して、ユーザを移行し、連絡先リストをエクスポートおよびインポートします。

5

サードパーティ製 XMPP クライアントの統合

(任意)Cisco Jabber を使用しない場合は、サードパーティ製 XMPP クライアントを統合します。

6

LDAP ディレクトリのクライアントの統合

LDAP ディレクトリとのユーザの統合の設定:

  • ユーザ プロビジョニングのための LDAP 同期の設定

  • LDAP サーバ証明書をアップロードします。

  • LDAP ユーザ認証を設定します。

ヒント   

Cisco Unified Communications Manager および Cisco Jabber と LDAP サーバの統合は推奨設定です。 その他の設定については、LDAP 統合に関するトピックを参照してください。

7

クラスタ通信とクライアントのログインが可能かどうかの検証

クラスタ内で IM とアベイラビリティをやりとりできることを確認します。 IM が送受信でき、ユーザのアベイラビリティの変化が確認できることを確認します。 複数のクラスタを設定する場合は、クラスタ全体の基本的な IM とアベイラビリティを検証します。

8

ハイ アベイラビリティとプレゼンス冗長グループの設定

ハイ アベイラビリティとプレゼンス冗長性グループを設定する手順については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide(Cisco Unified Communications Manager 管理ガイド)』を参照してください。

9

サービスが実行されていること、およびクライアントがログインできることの検証

サービスが実行中であることを確認する検証タスクを実行します。 クライアントが IM and Presence Service にログインできること、そしてアベイラビリティがあることを確認します。

10

セキュア通信の有効化

IM and Presence Service ノードのセキュア通信を有効化する次のタスクを実行します。
  • IM and Presence Service および Cisco Unified Communications Manager 間での証明書の交換を設定します。

  • IM and Presence Service に CA 署名付き証明書をアップロードします。

  • TLS ピア サブジェクト用に IM and Presence Service の SIP セキュリティを設定します。

  • (任意)IM and Presence Service の XMPP セキュリティを設定します。

11

証明書を使用してクライアントを検証します。

クライアントが IM and Presence Service にログインできること、そしてアベイラビリティがあることを確認します。

ハイ アベイラビリティと IP Phone プレゼンスを備えた基本展開のワークフロー

次のワークフローの図は、ハイ アベイラビリティと IP Phone プレゼンスを備えた、IM and Presence Service の基本展開を設定するハイレベルな手順です。 基本設定後に、ユーザは、基本的な IM 機能、プレゼンス、アドホック グループ チャットなど、コア IM とアベイラビリティの機能にアクセスできます。 オプション機能を設定することで、ユーザ機能を強化することができます。

オプション機能を設定することで、ユーザ機能を強化することもできます。 機能オプションやその他の展開ワークフローの詳細については、IM and Presence Service およびハイ アベイラビリティ展開設定の機能やオプションに関連するトピックを参照してください。

図 2. ハイ アベイラビリティと IP Phone プレゼンスを備えた IM and Presence Service の基本ワークフロー



次の表で、ワークフローでの各タスクについて説明します。
表 2 ハイ アベイラビリティと IP Phone プレゼンスを備えた基本ワークフローのタスク リスト
 

タスク

説明

1

インストール

詳細なインストール手順については、『Installing Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

2

サービスのアクティブ化

ノードのインストール後に、機能サービスを手動でアクティブにする必要があります。 詳細な手順については、『Installing Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

ヒント   

ネットワーク サービスは、ノードのインストール後に自動的に起動します。

3

Cisco Unified Communications Manager との LDAP ディレクトリの統合

IM and Presence Service ノードで、LDAP ディレクトリ統合を設定します。

  • Cisco Unified Communications Manager と LDAP ディレクトリを確実に接続します。

  • IM and Presence Service と LDAP サーバを確実に接続します。

ヒント   

Cisco Unified Communications ManagerCisco Jabber を LDAP サーバと統合することは、推奨された設定です。 別の設定方法については、LDAP 統合に関するトピックを参照してください。

4

エンド ユーザの設定

IM and Presence Service 展開で、ノードとプレゼンス冗長グループにユーザを割り当てます。 IM and Presence Service 展開では、手動または自動でユーザをノードに割り当てることができます。 ユーザを割り当てる手順については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』を参照してください。 User Assignment Mode for Presence Server の [Enterprise Parameter(エンタープライズ パラメータ)] を使用して、ユーザ割り当てモードを、バランス、アクティブ/スタンバイ、またはなしに設定します。

ヒント   

ユーザの移行や連絡先リストのエクスポート/インポートを行う場合は、IM and Presence Service の GUI を使用します。

5

サードパーティ製 XMPP クライアントの統合

(オプション)Cisco Jabber を使用していない場合は、サードパーティ製 XMPP クライアントを統合します。

6

LDAP ディレクトリ クライアントの統合

LDAP ディレクトリとのユーザ統合を設定します。

  • ユーザ プロビジョニングのための LDAP 同期を設定します。

  • LDAP サーバ証明書をアップロードします。

  • LDAP ユーザ認証を設定します。

ヒント   

Cisco Unified Communications ManagerCisco Jabber を LDAP サーバと統合することは、推奨された設定です。 別の設定方法については、LDAP 統合に関するトピックを参照してください。

7

クラスタ通信とクライアントがログイン可能であることの検証

クラスタ内で IM とアベイラビリティをやりとりできることを確認します。 IM が送受信できること、ユーザのアベイラビリティでその変更が表示できることを確認します。 複数のクラスタが設定されている場合、基本 IM とアベイラビリティをクラスタ全体で検証します。

8

IP Phone プレゼンスの設定

IM and Presence Service ノードで、次を設定します。
  • スタティック ルート

  • プレゼンス ゲートウェイ

  • SIP パブリッシュ トランク

  • SIP パブリッシュ トランクのクラスタ全体での DNS SRV 名

9

ハイ アベイラビリティとプレゼンス冗長グループの設定

ハイ アベイラビリティとプレゼンス冗長グループを設定する手順については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』を参照してください。

10

サービスが実行中であり、クライアントがログイン可能であることの検証

サービスが実行中であることを確認する検証タスクを実行します。 クライアントが IM and Presence Service にログインできること、そしてアベイラビリティがあることを確認します。

11

セキュア通信の有効化

次のタスクを実行して、IM and Presence Service ノードでセキュア通信を有効にします。
  • IM and Presence ServiceCisco Unified Communications Manager 間で証明書交換を設定します。

  • IM and Presence Service に CA 署名付き証明書をアップロードします。

  • TLS ピア サブジェクトに対して、IM and Presence Service で SIP セキュリティを設定します。

  • (オプション)IM and Presence Service で XMPP セキュリティを設定します。

12

証明書を使用したクライアントの検証

クライアントが IM and Presence Service にログインできること、そしてアベイラビリティがあることを確認します。

13

クラスタ間展開の設定

クラスタ間ピア関係、ルータツールータ接続、ノード名、および IM アドレス スキームを設定します。

フェデレーション展開のワークフロー

次のワークフローの図は、フェデレーション展開用に、ハイ アベイラビリティと IP Phone プレゼンスを備えた、IM and Presence Service の展開を設定する場合の基本的な手順を示しています。 フェデレーションの詳細な設定手順については、『Interdomain Federation for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』ガイドおよび『Partitioned Intradomain Federation for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』ガイドを参照してください。

基本設定後に、ユーザは、基本的な IM 機能、プレゼンス、アドホック グループ チャットなど、コア IM とアベイラビリティの機能にアクセスできます。 オプション機能を設定することで、ユーザ機能を強化することができます。 機能オプションの詳細については、IM and Presence Service の機能やオプションに関連するトピックを参照してください。

図 3. IM and Presence Service のフェデレーション展開用ワークフロー



次の表で、ワークフローでの各タスクについて説明します。

表 3 IM and Presence Service のフェデレーション用ワークフローのタスク リスト
 

タスク

説明

1

インストール

詳細なインストール手順については、『Installing Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

2

サービスのアクティブ化

ノードのインストール後に、機能サービスを手動でアクティブにする必要があります。 詳細な手順については、『Installing Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

ヒント   

ネットワーク サービスは、ノードのインストール後に自動的に起動します。

3

Cisco Unified Communications Manager との LDAP ディレクトリの統合

IM and Presence Service ノードで、LDAP ディレクトリ統合を設定します。

  • Cisco Unified Communications Manager と LDAP ディレクトリのセキュア接続を設定します。

  • IM and Presence Service と LDAP サーバのセキュア接続を設定します。

ヒント   

Cisco Unified Communications ManagerCisco Jabber を LDAP サーバと統合することは、推奨された設定です。 別の設定方法については、LDAP 統合に関するトピックを参照してください。

4

エンド ユーザの設定

IM and Presence Service 展開で、ノードとプレゼンス冗長グループにユーザを割り当てます。 IM and Presence Service 展開では、手動または自動でユーザをノードに割り当てることができます。 ユーザを割り当てる手順については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』を参照してください。 User Assignment Mode for Presence Server の [Enterprise Parameter(エンタープライズ パラメータ)] を使用して、ユーザ割り当てモードを、バランス、アクティブ/スタンバイ、またはなしに設定します。

ヒント   

ユーザの移行や連絡先リストのエクスポート/インポートを行う場合は、IM and Presence Service の GUI を使用します。

5

サードパーティ製 XMPP クライアントの統合

(オプション)Cisco Jabber または Cisco Unified Communications Manager を使用していない場合は、サードパーティ製 XMPP クライアントを統合します。

6

LDAP ディレクトリ クライアントの統合

LDAP ディレクトリとのユーザ統合を設定します。

  • ユーザ プロビジョニングのための LDAP 同期を設定します。

  • LDAP サーバ証明書をアップロードします。

  • LDAP ユーザ認証を設定します。

ヒント   

Cisco Unified Communications ManagerCisco Jabber を LDAP サーバと統合することは、推奨された設定です。 別の設定方法については、LDAP 統合に関するトピックを参照してください。

7

クラスタ通信の検証

クラスタ内で IM とアベイラビリティをやりとりできることを確認します。 IM が送受信できること、ユーザのアベイラビリティでその変更が表示できることを確認します。 複数のクラスタが設定されている場合、基本的な IM とアベイラビリティをクラスタ全体で検証します。

8

IP Phone プレゼンスの設定

IM and Presence Service ノードで、次を設定します。
  • スタティック ルート

  • プレゼンス ゲートウェイ

  • SIP パブリッシュ トランク

  • SIP パブリッシュ トランクのクラスタ全体での DNS SRV 名

9

ハイ アベイラビリティとプレゼンス冗長グループの設定

ハイ アベイラビリティとプレゼンス冗長グループを設定する手順については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』を参照してください。

10

サービスが実行中であり、クライアントがログイン可能であることの検証

サービスが実行中であることを確認する検証タスクを実行します。 クライアントが IM and Presence Service にログインできること、そしてアベイラビリティがあることを確認します。

11

セキュア通信の有効化

次のタスクを実行して、IM and Presence Service ノードでセキュア通信を有効にします。
  • IM and Presence ServiceCisco Unified Communications Manager 間で証明書交換を設定します。

  • IM and Presence Service に CA 署名付き証明書をアップロードします。

  • TLS ピア サブジェクトに対して、IM and Presence Service で SIP セキュリティを設定します。

  • (オプション)IM and Presence Service で XMPP セキュリティを設定します。

12

証明書を使用したクライアントの検証

クライアントが IM and Presence Service にログインできること、そしてアベイラビリティがあることを確認します。

13

クラスタ間展開の設定

クラスタ間ピア関係、ルータツールータ接続、ノード名、および IM アドレス スキームを設定します。

14

フェデレーション展開

ドメイン間フェデレーションまたはパーティション化されたドメイン内フェデレーションを展開に設定します。 手順と要件については、『Interdomain Federation for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』および『Partitioned Intradomain Federation for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

15

エンドツーエンド通信の検証

エンドツーエンド通信を確認する検証タスクを実行します。 クラスタ全体で IM とアベイラビリティをやりとりできることを確認します。 IM が送受信できること、ユーザのアベイラビリティでその変更が表示できることを確認します。

IM-Only 展開のワークフロー

ここでは、IM-only IM and Presence Service の展開に必要な設定について説明します。


(注)  


強化された IM アドレス指定オプションは、IM-only IM and Presence Service の展開で使用できます。


次の表で、IM-only 展開を設定するタスクについて説明します。

表 4 IM-Only IM and Presence Service 展開のタスク リスト

タスク

説明

Cisco Unified Communications Manager での IM and Presence Service ユーザの作成とライセンス供与

次の URL にある『Cisco Unified Communications Manager』のマニュアルを参照してください。

http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​sw/​voicesw/​ps556/​tsd_​products_​support_​series_​home.html

Cisco Jabber のための LDAP サーバの統合

Cisco Jabber ユーザが LDAP ディレクトリから連絡先を検索できるように、IM and Presence Service で LDAP を設定します。

(注)      Cisco Jabber クライアントが IM and Presence Service にある LDAP プロファイルを現在統合していない場合でも、LDAP プロファイルを作成し、LDAP 属性マッピングを検証する必要があります。

ディレクトリ要件と設定の詳細については、Cisco Jabber クライアントの該当するマニュアルを参照してください。