Cisco Unified Communications Manager, Release 9.1(1) IM and Presence サービス導入ガイド
IM and Presence でのサードパーティ XMPP クライアント アプリケーションの統合
IM and Presence でのサードパーティ XMPP クライアント アプリケーションの統合
発行日;2013/08/12   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

IM and Presence でのサードパーティ XMPP クライアント アプリケーションの統合

サードパーティ製クライアントの統合

サポートされているサードパーティ製 XMPP クライアント

IM and Presence は、アベイラビリティおよびインスタント メッセージ(IM)サービスのためにサードパーティ製 XMPP クライアント アプリケーションを IM and Presence と統合できるように、標準ベースの XMPP をサポートしています。 サードパーティ製 XMPP クライアントが、Cisco ソフトウェア開発キット(SDK)にある XMPP 標準に準拠している必要があります。

このモジュールでは、XMPP クライアントを IM and Presence と統合するための設定要件について説明します。 XMPP ベースの API(Web)クライアント アプリケーションを IM and Presence と統合する場合は、Cisco Developer ポータルにある IM and Presence の開発者マニュアルを参照してください。

関連トピック

Cisco Developer ポータル:

http:/​/​developer.cisco.com/​

サードパーティ製クライアントのライセンス要件

XMPP クライアント アプリケーションのユーザごとに IM and Presence 機能を割り当てる必要があります。

IM and Presence 機能は、User Connect Licensing(UCL)と Cisco Unified Workspace Licensing(CUWL)の両方に含まれています。 詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Enterprise License Manager User Guide』を参照してください。

Cisco Unified Communications Manager での XMPP クライアント統合

XMPP クライアントを統合する前に、Cisco Unified Communications Manager で次のタスクを実行します。

  • ライセンス要件を設定します。
  • ユーザとデバイスを設定します。 デバイスを各ユーザに関連付け、ユーザをライン アピアランスに関連付けます。

XMPP 連絡先検索のための LDAP 統合

XMPP クライアント アプリケーションのユーザが LDAP ディレクトリから連絡先を検索および追加できるようにするには、IM and Presence で XMPP クライアントの LDAP 設定を実行します。

XMPP クライアントのドメイン名の確認

XMPP クライアントのドメイン名、特に XMPP 接続試行のドメイン名は、IM and Presence のドメインと一致する必要があります。 IM and Presence のドメイン値を確認するには、[Cisco Unified CM IM and Presence の管理(Cisco Unified CM IM and Presence Administration)] > [システム(System)] > [クラスタ トポロジ(Cluster Topology)] を選択し、右側のペインで [設定(Settings)] を選択してドメイン名の値を確認します。

XMPP クライアントの DNS 設定

XMPP クライアントを IM and Presence と統合する場合は、展開内の DNS SRV を有効にする必要があります。 XMPP クライアントは、DNS SRV クエリーを実行して、通信する XMPP サーバ(IM and Presence)を検索し、XMPP サーバのレコード ルックアップを実行して IP アドレスを取得します。

IM and Presence と XMPP クライアント間のセキュア接続の設定

手順
    ステップ 1   [Cisco Unified CM IM and Presence の管理(Cisco Unified CM IM and Presence Administration)] > [システム(System)] > [セキュリティ(Security)] > [設定(Settings)] を選択します
    ステップ 2   次の設定手順を実行します。

    目的

    手順

    クラスタ内の IM and Presence と XMPP クライアント アプリケーション間にセキュアな TLS 接続を確立します。

    [XMPP クライアントと IM/P サービス間のセキュア モードの有効化(Enable XMPP Client To IM/P Service Secure Mode)] をオンにします。

    このセキュア モードをオフにしないことを推奨します。ただし、XMPP クライアント アプリケーションが非セキュア モードでクライアント ログイン クレデンシャルを保護できる場合を除きます。 セキュア モードをオフにする場合は、他の方法で XMPP のクライアント/サーバ通信を保護できることを確認してください。

    クラスタ内の IM and Presence と XMPP ベースの API クライアント アプリケーション間にセキュアな TLS 接続を確立します。

    [Web クライアントと IM/P サービス間のセキュア モードの有効化(Enable Web Client to IM/P Service Secure Mode)] をオンにします。

    この設定をオンにする場合は、IM and Presence の cup-xmpp-trust リポジトリに Web クライアントの証明書または署名付き証明書をアップロードしてください。

    ステップ 3   [保存(Save)] を選択します。

    トラブルシューティングのヒント

    XMPP セキュリティ設定を更新した場合は、次のいずれかのアクションを実行します。

    • 次のサービスを再起動します。
    • [XMPP クライアントと IM/P サービス間のセキュア モードの有効化(Enable XMPP Client To IM/P Service Secure Mode)] を編集した場合は、Cisco XCP Connection Manager を再起動します。 [Cisco Unified IM and Presence のサービスアビリティ(Cisco Unified IM and Presence Serviceability)] > [ツール(Tools)] > [コントロール センターの機能サービス(Control Center - Feature Services)] を選択して、このサービスを再起動します。
    • [Web クライアントと IM/P サービス間のセキュア モードの有効化(Enable Web Client to IM/P Service Secure Mode)] を編集した場合は、Cisco XCP Web Connection Manager を再起動します。 [Cisco Unified IM and Presence のサービスアビリティ(Cisco Unified IM and Presence Serviceability)] > [ツール(Tools)] > [コントロール センターの機能サービス(Control Center - Feature Services)] を選択して、このサービスを再起動します。

    次の作業

    IM and Presence サービスのオンによる XMPP クライアントのサポート

    IM and Presence サービスのオンによる XMPP クライアントのサポート


    (注)  


    IM and Presence クラスタ内の各ノードでこの手順を実行します。


    手順
      ステップ 1   [Cisco Unified IM and Presence のサービスアビリティ(Cisco Unified IM and Presence Serviceability)] > [ツール(Tools)] > [サービスの開始(Service Activation)] を選択します。
      ステップ 2   [サーバ(Server)] メニューから IM and Presence サーバを選択します。
      ステップ 3   次のサービスをオンにします。
      • [Cisco XCP Connection Manager]:XMPP クライアント(Cisco Unified Personal Communicator など)または XMPP ベースの API クライアントを IM and Presence で統合する場合は、このサービスをオンにします。
      • [Cisco XCP Authentication Service]:XMPP クライアント(Cisco Unified Personal Communicator など)または XMPP ベースの API クライアントを IM and Presence で統合する場合は、このサービスをオンにします。
      • [Cisco XCP Web Connection Manager]:XMPP クライアント(Cisco Unified Personal Communicator など)または XMPP ベースの API クライアントを IM and Presence で統合する場合は、必要に応じてこのサービスをオンにします。
      ステップ 4   [保存(Save)] を選択します。

      トラブルシューティングのヒント

      XMPP クライアントが正常に機能するように、クラスタ内のすべてのノードで Cisco XCP Router の電源がオンになっていることを確認します。