Cisco Unified Communications Manager, Release 9.0(1) IM and Presence サービスのための Microsoft OCS による Microsoft Office Communicator のコール制御
Phone Selection プラグインの導入
Phone Selection プラグインの導入
発行日;2013/06/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

Phone Selection プラグインの導入

Phone Selection プラグインを導入すると、Microsoft Office Communicator クライアント インターフェイスに [IM and Presence] タブが追加され、制御する電話デバイスをユーザが選択できるようになります。 Microsoft Office CommunicatorIM and Presence サーバに接続し、ユーザが選択したデバイスを Cisco Unified IP Phone から Cisco IP Communicator に切り替えられないに示すように、Microsoft Office Communicator の連絡先リストの下のペインに [電話の選択(Phone Selection)] タブが表示されます。

次の場合、Phone Selection プラグインをインストールする必要があります。

  • IM and Presence で、[Microsoft サーバ タイプ(Microsoft Server Type)] の値が [MOC サーバ OCS(MOC Server OCS)] になっている
  • ユーザが複数のデバイス(回線)を保有している
  • Microsoft OCS で、ユーザの回線 URI がライン アピアランスを一意に識別しない(たとえば、回線 URI に device= または partition= のいずれか、または両方がない)

(注)  


Microsoft LCS 2005 でリモート通話コントロール機能を実行している場合には、Phone Selection プラグインを使用できません。Microsoft LCS 2005 は、カスタマイズしたタブをサポートしないためです。 Microsoft LCS 2005 を使用している場合は、リモート通話コントロール機能によって、IM and Presence のデバイス選択ロジックに基づき制御するデバイスが決定されます。 [Cisco Unified CM IM and Presence の管理(Cisco Unified CM IM and Presence Administration)] の GUI で、[アプリケーション(Application)] > [Microsoft RCC] > [設定(Settings)]を選択し、[Microsoft サーバ タイプ(Microsoft Server Type)] の値として [MOC サーバ LCS(MOC Server LCS)] を選択します。


クライアント PC での Phone Selection プラグインのインストール

はじめる前に

この手順を実行するには、Phone Selection プラグイン インストーラ ファイル Cisco MOC RCC Plug-in.msi が必要です。これは、[Cisco Unified CM IM and Presence の管理(Cisco Unified CM IM and Presence Administration)] からダウンロードできます。 [アプリケーション(Application)] > [プラグイン(Plugins)] を選択し、Cisco Unified CM IM and Presence MOC Remote Call Control プラグインをダウンロードします。

手順
    ステップ 1   クライアント PC で次のコマンドを実行します。CUPFQDN 値には、IM and Presence サーバの FQDN を指定します。

    msiexec /I "<plug_in_filename>.msi" CUPFQDN=my-CUP.cisco.com /L*V install_log.txt

    (注)     

    このコマンドで IM and Presence サーバの FQDN を指定しない場合、プラグインのインストールが中断します。

    ステップ 2   インストール手順に従ってインストールを進め、Phone Selection プラグインのインストールを完了します。
    ステップ 3   Microsoft Office Communicator を起動し、IM and Presence タブが接続されてインターフェイスに表示されることを確認します。

    リモート コール制御のトラブルシューティング

    Microsoft Office Communicator ユーザに DTMF トーンごとにビープ音が 2 回聞こえる

    Microsoft Office Communicator をリモート コール制御とともに使用すると、ユーザは Cisco IP Communicator を電話機として選択できます。

    このシナリオでは、ユーザが電話をかけ DTMF トーンを入力すると(たとえば、ボイスメールのパスワードの入力)、ボタンを押すごとに Microsoft Office Communicator から 1 回、Cisco IP Communicator から 1 回、合計 2 回 DTMF トーンが鳴ります。 これは、DTMF をインバンドでネゴシエートする場合は正常で予期される動作です。DTMF をアウトオブバンドでネゴシエートする場合は、発生しません。

    ユーザが選択したデバイスを Cisco Unified IP Phone から Cisco IP Communicator に切り替えられない

    この問題は、Cisco IP Communicator のデバイス名を Cisco Unified Communications マネージャのユーザ名と同じものに設定すると発生する可能性があります。 これは、サポート対象外の設定なので、Cisco IP Communicator のデバイス名を一意の名前に変更する必要があります。

    リモートコール制御が機能しない

    リモートコール制御が Microsoft Office Communicator ユーザ向けに動作せず、SIP プロキシ サービスが Microsoft Office Communicator サーバからの着信メッセージを処理していない場合、次のことを確認してください。

    これは、Microsoft OCS を再起動したあとに、Microsoft Office Communicator に対するサインインの試行が大量かつ同時に行われていることが原因の可能性があります。

    それらの大量の試行が同時に行われると、SIP プロキシ サービスは、INVITES および INFO メッセージであふれてしまいます。

    1. サービス停止についてユーザに通知し、この間、Microsoft Office Communicator からサインアウトするように勧告してください。
    2. SIP プロキシ サービスを停止します。
    3. Microsoft OCS を再起動します。
    4. SIP プロキシ サービスを再起動します。
    5. リモート コール制御が適切に動作するようにするには、再度サインインする必要があることをユーザに通知します。

    Microsoft Office Communicator クライアントが IM and Presence タブに接続できない

    Microsoft Office Communicator クライアントが IM and Presence タブに接続できない場合は、次のことを確認してください。

    • IM and Presence サーバに対して無効な IP アドレスまたは FQDN を指定した可能性があります。 プラグインのインストール手順を繰り返して、ステップ 1 のコマンドで正しい IM and Presence サーバ アドレスを指定します。
    • タブ接続の問題が発生した場合には、次の点に注意してください。
      • クライアント PC でブラウザを開き、信頼される Web アドレスのリストに IM and Presence サーバの Web アドレスを追加することが必要になる場合があります。 Microsoft Internet Explorer で、[インターネットオプション(Internet Options)] > [セキュリティ(Security)] > [信頼済みサイト(Trusted Sites)] を選択し、Web アドレス https://<IM and Presence_server_name> を信頼される Web アドレスのリストに追加します。
      • IM and Presence サーバのセキュリティ ゾーンにドメインの HTTPS Web アドレスを追加することが必要になる場合があります。 Microsoft Internet Explorer で、[インターネットオプション(Internet Options)] > [セキュリティ(Security)] > [ローカル イントラネット(Local intranet)] > [サイト(Sites)] > [詳細設定(Advanced)] を選択し、セキュリティ ゾーンの Web アドレスのリストにエントリ https://*.your-domain を追加します。
    • この機能を使用するための権限がないことをユーザに通知するエラー メッセージが表示される場合は、IM and PresenceMicrosoft Office Communicator に対してユーザを有効にする必要があります。

    Microsoft Vista にプラグインをインストールする際の問題

    Microsoft Vista プラットフォームを実行しているときに、プラグインのインストールで問題が発生した場合は、クライアント PC で User Access Control(UAC; ユーザ アクセス コントロール)を無効にすることが必要になる場合があります。 UAC を無効にするには、次の手順に従います。

    1. ローカル管理者グループのメンバーのクレデンシャルでクライアント PC にサイン インします。
    2. [スタート(Start)] > [コントロール パネル(Control Panel)] > [ユーザ アカウント(User Accounts)] を選択します。
    3. [ユーザ アカウント(User Accounts)] ペインで [ユーザ アカウント(User Accounts)] を選択します。
    4. ユーザ アカウントの作業ペインで、[ユーザ アカウント制御の有効化または無効化(Turn User Account Control On or Off)] を選択します。
    5. UAC が現時点で管理者承認モードに設定されている場合は、ユーザ アカウント制御メッセージが表示されます。 [続行(Continue)] を選択します。
    6. [ユーザ アカウント制御(UAC)を使ってコンピュータの保護に役立たせる(Use User Account Control(UAC)to help protect your computer)] をオフにします。
    7. [OK] を選択します。
    8. [今すぐ再起動する(Restart Now)] を選択して変更を適用します。
      図 1. [電話の選択(Phone Selection)] タブのある Microsoft Office Communicator クライアント



    Phone Selection プラグインのアンインストール

    Phone Selection プラグインをアンインストールするには、クライアント PC で次のコマンドを実行します。

    msiexec /x "<plug_in_filename>" /L*V install_log.txt

    プラグイン情報の配布

    提供する情報

    説明

    サイン イン情報

    IM and Presence インターフェイス用のユーザ名とパスワードが登録されたユーザ ベースを提供します。

    Phone Selection プラグインを使用するための手順

    『Quick Start Guide for the Phone Selection Plug-In for the Microsoft Office Communicator Call Control Feature for Cisco Unified Presence Release 7.03』をユーザに提供します。