Cisco Unified Communications Manager, Release 9.0(1) IM and Presence サービスのための Microsoft OCS による Microsoft Office Communicator のコール制御
Microsoft OCS との統合のための IM and Presence の設定
Microsoft OCS との統合のための IM and Presence の設定
発行日;2013/06/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

Microsoft OCS との統合のための IM and Presence の設定

サービス パラメータの設定

IM and Presence から Microsoft Office Communicator への SIP メッセージ ルーティングは、Microsoft OCS が初期要求に追加したレコードルート ヘッダーに基づいています。 IM and Presence は、レコードルート ヘッダー内のホスト名を IP アドレスに解決し、SIP メッセージを Microsoft Office Communicator クライアントにルーティングします。

また、IM and Presence の転送タイプは、Microsoft OCS に設定された IM and Presence ルートの転送タイプ(TLS または TCP)と同じである必要があります。

手順
    ステップ 1   [Cisco Unified CM IM and Presence の管理(Cisco Unified CM IM and Presence Administration)] > [システム(System)] > [システム パラメータ(Service Parameters)] を選択します。
    ステップ 2   IM and Presence サーバを選択します。
    ステップ 3   サービス [Cisco SIP プロキシ(Cisco SIP Proxy)] を選択します。
    ステップ 4   次のパラメータが正しく設定されていることを確認します。
    1. Proxy Domain パラメータ値には、企業の最上位ドメイン名(たとえば「example.com」)を定義する必要があります。 このパラメータでは、この IM and Presence インストールがどの URI をローカルとして扱って処理するかを指定します。 他の SIP 要求はプロキシできます。
    2. Add Record-Route Header パラメータを有効にします。
    3. Use Transport in Record-Route Header パラメータを有効にします。
    4. SIP Route Header Transport Type パラメータ値を、Microsoft OCS から IM and Presence ルート用に Microsoft OCS に設定されたトランスポート パラメータと同じタイプに設定する必要があります。
    ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

    次の作業

    着信アクセス コントロール リストの設定

    着信アクセス コントロール リストの設定

    手順
      ステップ 1   [Cisco Unified CM IM and Presence の管理(Cisco Unified CM IM and Presence Administration)] > [システム(System)] > [セキュリティ(Security)] > [着信 ACL(Incoming ACL)] を選択します。
      ステップ 2   [新規追加(Add New)] を選択します。
      ステップ 3   [説明(Description)] フィールドに説明を入力します。
      ステップ 4   [アドレス パターン(Address Pattern)] フィールドに、関連付けられた Microsoft OCS サーバの IP アドレス、ホスト名、または Fully Qualified Domain Name(FQDN; 完全修飾ドメイン名)を入力します。
      ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

      次の作業

      ルーティング設定の構成

      ルーティング設定の構成

      手順
        ステップ 1   [Cisco Unified CM IM and Presence の管理(Cisco Unified CM IM and Presence Administration)] > [プレゼンス(Presence)] > [ルーティング(Routing)] > [設定(Settings)] を選択します。
        ステップ 2   [メソッド/イベント ルーティングのステータス(Method/Event Routing Status)] で [オン(On)] を選択します。
        ステップ 3   優先プロキシ サーバに対して、[デフォルト Cisco SIP プロキシ TCP リスナー(Default Cisco SIP Proxy TCP Listener)] を選択します。
        ステップ 4   [保存(Save)] を選択します。

        次の作業

        リモートコール制御の設定

        リモートコール制御の設定

        IM and Presence での CTI 接続の設定

        はじめる前に

        CTI ゲートウェイに関連付けられた Cisco Unified Communications Manager サーバでアプリケーション ユーザ アカウントに対して設定した、ユーザ名およびパスワードを取得します。

        手順
          ステップ 1   [Cisco Unified CM IM and Presence の管理(Cisco Unified CM IM and Presence Administration)] > [アプリケーション(Application)] > [Microsoft RCC] > [設定(Settings)] を選択します。
          ステップ 2   [アプリケーションのステータス(Application Status)] メニューから [オン(On)] を選択します。
          ステップ 3   CTI ゲートウェイ アプリケーション ユーザ名とパスワードを入力します。
          ヒント   

          ユーザ名およびパスワードは大文字と小文字が区別され、Cisco Unified Communications Manager での設定に一致する必要があります。

          ステップ 4   ハートビート間隔の値(秒単位)を入力します。 これは、CTI 接続を監視するために、IM and Presence から Cisco Unified Communications Manager ノードに送信されるハートビート メッセージ間の時間の長さです。
          ステップ 5   セッション タイマーの値(秒単位)を入力します。 これは、Microsoft Office Communicator サインイン セッション用のセッション タイマーです。
          ステップ 6   [Microsoft サーバ タイプ(Microsoft Server Type)] メニューから、使用している Microsoft サーバのタイプを選択します。
          ステップ 7   必要に応じて、CTI 接続を確立する各 Cisco Unified Communications Manager ノードの IP アドレスを入力します。
          (注)     

          最大 8 つの Cisco Unified Communications Manager ノードとの CTI 接続を設定できます。 このようなノードはすべて、同じ Cisco Unified Communications Manager クラスタに属している必要があります。

          ステップ 8   [保存(Save)] を選択します。

          トラブルシューティングのヒント

          • [Microsoft サーバ タイプ(Microsoft Server Type)] として [MOC サーバ OCS(MOC server OCS)] を選択した場合は、複数のライン アピアランスを使用してリモート通話コントロールを実施するユーザのために、Microsoft Office Communicator に Phone Selection プラグインをインストールする必要があります。 Phone Selection プラグインをインストールすると、Microsoft Office Communicator クライアントにタブが追加されて、制御するライン アピアランスをユーザが選択できるようになります。
          • [Microsoft サーバ タイプ(Microsoft Server Type)] として [MOC サーバ LCS(MOC server LCS)] を選択した場合は、リモート通話コントロール機能によって、IM and Presence の既存のデバイス選択ロジックに基づき制御するデバイスが決定されます。

          次の作業

          ユーザの機能の割り当て

          ユーザの機能の割り当て

          手順
            ステップ 1   [Cisco Unified CM IM and Presence の管理(Cisco Unified CM IM and Presence Administration)] > [アプリケーション(Application)] > [Microsoft RCC] > [ユーザ割り当て(User Assignment)] を選択します。
            ステップ 2   [検索(Find)] を選択します。
            ステップ 3   固定電話機能を割り当てるユーザを確認し、[選択したユーザの割り当て(Assign Selected Users)] を選択します。
            ステップ 4   [Microsoft RCC の割り当て(Microsoft RCC Assignment)] ウィンドウで [Microsoft RCC を有効にする(Enable Microsoft RCC)] をオンにし、[保存(Save)] を選択します。

            トラブルシューティングのヒント

            • リモートコール制御機能を各 Microsoft Office Communicator ユーザに割り当てたことを確認します。
            • リモート通話コントロール機能のある LCS を使用している場合は、Cisco Unified Communications Manager でユーザごとに最大 2 つのデバイスを関連付けることができます。 ユーザが Extension Mobility(EM; 拡張モビリティ)デバイスにサイン インしている場合、EM デバイスはユーザに関連付けることができる 2 つのデバイスのうちの 1 つであると見なされます。

            次の作業

            IM and Presence との統合のための Microsoft コンポーネントの設定

            Microsoft RCC トラブルシュータの実行

            Microsoft RCC トラブルシュータは、Microsoft Office Communicator クライアントと IM and Presence との統合をサポートする設定を検証します。

            手順
              ステップ 1   [Cisco Unified CM IM and Presence の管理(Cisco Unified CM IM and Presence Administration)] > [診断(Diagnostics)] > [Microsoft RCC トラブルシュータ(Microsoft RCC Troubleshooter)] を選択します。
              ステップ 2   有効なユーザ ID を入力します。
              ヒント   

              ユーザの ID を検索するには、[検索(Search)] を選択します。

              ステップ 3   Microsoft OCS サーバのアドレスを入力します。
              ステップ 4   [送信(Submit)] を選択します。