Cisco Unified Communications Manager Release 9.0(1) の IM and Presence サービスに対するドメイン間フェデレーション
フェデレーションに関するサービスアビリティの設定
フェデレーションに関するサービスアビリティの設定
発行日;2013/01/06   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

フェデレーションに関するサービスアビリティの設定

フェデレーションでのロギングの使用

SIP フェデレーションのログ ファイルの場所

次のログ ファイルは SIP フェデレーションに適用できます。

  • sip-cm-3_0000000X.log/var/log/active/epas/trace/xcp/log にあります)
  • esp0000000X.log/var/log/active/epas/trace/esp/sdi にあります)

また、これらのログを RTMT からキャプチャすることもできます。

XMPP フェデレーションのログ ファイルの場所

次のログ ファイルは XMPP フェデレーションに適用できます。

  • xmpp-cm-4_0000000X.log/var/log/active/epas/trace/xcp/log にあります)

また、これらのログを RTMT からキャプチャすることもできます。

フェデレーションのロギングをオンにする

手順
    ステップ 1   [Cisco Unified IM and Presence のサービスアビリティ(Cisco Unified IM and Presence Serviceability)] > [トレース(Trace)] > [設定(Configuration)] を選択します。
    ステップ 2   IM and Presence サーバを選択し、[進む(Go)] を選択します。
    ステップ 3   [サービス グループ(Service Group)] から IM and Presence サービスを選択し、[進む(Go)] を選択します。
    ステップ 4   次のいずれかの手順を実行します。
    1. SIP フェデレーションの場合、[サービス(Service)] リスト ボックスから [Cisco XCP SIP Federation Connection Manager] サービスを選択し、[進む(Go)] をクリックします。
    2. XMPP フェデレーションの場合、[サービス(Service)] リスト ボックスから [Cisco XCP XMPP Federation Connection Manager] サービスを選択し、[進む(Go)] をクリックします。
    ステップ 5   [トレース開始(Trace On)] を選択します。

    [トレース フィルタの設定(Trace Filter Settings)] の [デバッグ トレース レベル(Debug Trace Level)] を選択します。 トレースのデバッグ レベルをイネーブルにする場合、[デバッグ トレース レベル(Debug Trace Level)] に [デバッグ(Debug)] を選択します。


    Cisco XCP ルータを再起動する方法

    Cisco XCP ルータ

    SIP または XMPP フェデレーション設定の内容を変更した場合、IM and Presence で Cisco XCP ルータをリスタートする必要があります。 Cisco XCP ルータをリスタートすると、IM and Presence によりすべてのアクティブな XCP サービスが自動的にリスタートされます。

    Cisco XCP ルータは、停止して再開するのではなく、リスタートする必要があります。 Cisco XCP ルータをリスタートするのではなく停止した場合、IM and Presence により他のすべての XCP サービスが停止されます。 その後 XCP ルータを起動しても、IM and Presence により他の XCP サービスは自動的に起動されません。手動で他の XCP サービスを起動する必要があります。

    Cisco XCP ルータをリスタートする

    手順
      ステップ 1   [Cisco Unified IM and Presence サービスアビリティ(Cisco Unified IM and Presence Serviceability)] > [ツール(Tools)] > [コントロール センタのネットワーク サービス(Control Center - Network Services)] を選択します。
      ステップ 2   [サーバ(Server)] リスト ボックスで、サーバを選択します。
      ステップ 3   [移動(Go)] をクリックします。
      ステップ 4   [IM and Presence サービス(IM and Presence Services)] セクションで、[Cisco XCP Router] サービスの横にあるオプション ボタンを選択します。
      ステップ 5   [リスタート(Restart)] をクリックします。
      ステップ 6   リスタートに時間がかかることを示すメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。