Cisco Unified Communications Manager Release 10.0(1) 機能およびサービス ガイド
クラスタ間のエクステンション モビリティ
クラスタ間のエクステンション モビリティ

目次

クラスタ間のエクステンション モビリティ

この章では、Cisco Extension Mobility Cross Cluster 機能について説明します。この機能を使用すると、ある Cisco Unified Communications Manager クラスタ(ホーム クラスタ)のエンタープライズ ユーザが、外出先で別の Cisco Unified Communications Manager クラスタ(訪問先クラスタ)の Cisco Unified IP Phone に、ホーム オフィスで IP Phone を使用しているかのようにログインできます。


(注)  


ユーザが単一のクラスタ内に留まる場合、ユーザにエクステンション モビリティ機能を提供するには Cisco Extension Mobility 機能を設定するだけで十分です。 Cisco Extension Mobility 機能の説明および設定の詳細については、エクステンション モビリティの章を参照してください。


EMCC の設定

ネットワークで Cisco Extension Mobility Cross Cluster を設定するには、次の手順に従います。 次の手順を実行する際には、クラスタ間のエクステンション モビリティも参照してください。

手順
    ステップ 1   Cisco Unified Serviceability で、[Tools] > [Service Activation] を選択します。
    ステップ 2   サーバを選択し、各サービス名の横にあるチェックボックスをオンにし、次の CM サービスをアクティブにします。
    • Cisco CallManager
    • Cisco TFTP
    • Cisco Extension Mobility
    • Cisco Bulk Provisioning Service(パブリッシャ上だけでアクティブ化可能)
    ステップ 3   [保存(Save)] をクリックし、ポップアップ ウィンドウの [OK] をクリックしてサービスがアクティブになるのを待機します。
    ステップ 4   エクステンション モビリティ IP Phone サービスを作成します。
    1. Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [IP Phone サービス(Phone Services)] を選択します。
    2. [新規追加(Add New)] をクリックし、[IP Phoneサービスの設定(IP Phone Services Configuration)] ウィンドウのフィールドに次のように入力します。
      • [サービス名(Service Name)]:Extension Mobility
      • [ASCIIサービス名(ASCII Service Name)]:Extension Mobility
      • [サービスの説明(Service Description)]:Extension Mobility
      • [サービスURL(Service URL)]:http://10.89.80.19:8080/emapp/EMAppServlet?device=#DEVICENAME#&EMCC=#EMCC#
      (注)     

      セキュアサービス URL が不要な場合を除いて、[サービスURL(Service URL)] と [セキュアサービスURL(Secure-Service URL)] の各フィールドの IP アドレスを変更してください。その場合、後続の https:// URL を省略できます。

      [セキュアサービスURL(Secure-Service URL)]:https://10.89.80.19:8443/emapp/EMAppServlet?device=#DEVICENAME#&EMCC=#EMCC#

      [有効(Enable)] チェックボックスをオンにします。

      (注)     

      エクステンション モビリティ IP Phone サービスを初めて設定するときに [エンタープライズ登録(Enterprise Subscription)] チェックボックスをオンにすると、この IP Phone サービスはエンタープライズ登録サービスとして設定されます。 この場合、企業内の電話機とデバイスのプロファイルはすべてこの IP Phone サービスに自動登録され、個別に登録を行う必要はありません。

    3. [保存(Save)] をクリックして、エクステンション モビリティ IP Phone サービスを保存します。
    ステップ 5   エクステンション モビリティが必要なユーザ用のデバイス プロファイルを追加します。 デバイス プロファイルは、ユーザが(エクステンション モビリティ、およびクラスタ間のエクステンション モビリティに)ログインするとき、実際のデバイスとの対応付けに使用されます。 次の手順を実行します。
    1. Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [デバイスプロファイル(Device Profile)] を選択します。
    2. 特定のプロトコルを使用する特定のデバイス タイプ用に新しいデバイス プロファイルを追加し、そのプロファイルにわかりやすい名前を付けます。 例:7975 SCCP デバイス プロファイル
    3. 新しいデバイス プロファイルで、[クラスタ間エクステンションモビリティのCSS(Extension Mobility Cross Cluster CSS)] フィールドを設定します。 このコーリング サーチ スペース(CSS)は、ユーザが外出先で別の(訪問先の)クラスタの IP Phone を使用するとき、実際のデバイス設定に適用されます。 このフィールドは、ローカル IP Phone の [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウにある [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] フィールドの設定と同じように設定します。
    4. 新しいデバイス プロファイルに電話番号(DN)を追加します。 例:4001
    5. [電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウの [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスで [デバイスの設定(Configure Device)(<新しいデバイス プロファイル名>)] オプションを選択し、[移動(Go)] をクリックします。 [デバイスプロファイルの設定(Device Profile Configuration)] ウィンドウに戻ります。
    6. [デバイスプロファイルの設定(Device Profile Configuration)] ウィンドウの [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスで [サービスの登録/登録解除(Subscribe/Unsubscribe Services)] オプションを選択し、[移動(Go)] をクリックします。
    7. 表示されるポップアップ ウィンドウで、[サービスの選択(Select a Service)] ドロップダウン リスト ボックスからエクステンション モビリティ サービスを選択します。
    8. [次へ(Next)] をクリックしてから [登録(Subscribe)] をクリックします。
    9. [保存(Save)] をクリックして、ポップアップ ウィンドウを閉じます。
    10. [デバイスプロファイルの設定(Device Profile Configuration)] ウィンドウで、[保存(Save)] をクリックします。
    ステップ 6   Cisco Extension Mobility Cross Cluster のユーザを追加します。
    1. Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[ユーザ管理(User Management)] > [エンド ユーザ(End User)] を選択します。
    2. [新規追加(Add New)] をクリックして、新しいエンド ユーザを追加します。
    3. 表示される [エンドユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウで、少なくとも次のフィールドを設定します。
      • [ユーザID(User ID)]
      • [パスワード(Password)]
      • [暗証番号(PIN)]
      • [姓(Last Name)]
      • [名(First Name)]
    4. [エクステンションモビリティ(Extension Mobility)] ペインで、[クラスタ間のエクステンションモビリティの有効化(Enable Extension Mobility Cross Cluster)] チェックボックスをオンにします。
    5. [エクステンションモビリティ(Extension Mobility)] ペインの [使用可能なプロファイル(Available Profiles)] リスト ペインから、設定したデバイス プロファイルを選択します。
    6. 下矢印を使用して、[制御するプロファイル(Controlled Profiles)] リスト ペインにデバイス プロファイルを移動します。
    7. [保存(Save)] をクリックして、エンド ユーザの設定を保存します。
    ステップ 7   デバイスでエクステンション モビリティを有効にします。
    1. Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。
    2. ユーザがエクステンション モビリティまたはクラスタ間のエクステンション モビリティを実行できる電話機を検索します。
    3. このデバイスの [内線情報(Extension Information)] ペインで [エクステンションモビリティの有効化(Enable Extension Mobility)] チェックボックスをオンにします。
    4. [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスで [サービスの登録/登録解除(Subscribe/Unsubscribe Services)] オプションを選択し、[移動(Go)] をクリックします。
    5. 表示されるポップアップ ウィンドウで、[サービスの選択(Select a Service)] ドロップダウン リスト ボックスからエクステンション モビリティ サービスを選択します。
    6. [次へ(Next)] をクリックしてから [登録(Subscribe)] をクリックします。
    7. [保存(Save)] をクリックして、ポップアップ ウィンドウを閉じます。
    8. [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで、[保存(Save)] をクリックします。 ポップアップ ウィンドウが表示された場合は、そのウィンドウで [OK] をクリックします。
    (注)     

    この手順によって、ユーザがクラスタ内エクステンション モビリティ ログインを実行するのに必要な設定が完了します。

    (注)     

    [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウには [セキュアサービスURL(Secure Services URL)] があります。 この URL をブランクにすると、URL Services エンタープライズ パラメータが使用されます。

    ステップ 8   証明書の一括管理を設定します。
    1. Cisco Unified Communications Operating System の管理ページで、[セキュリティ(Security)] > [証明書の一括管理(Bulk Certificate Management)] を選択します。
    2. 表示される [証明書の一括管理(Bulk Certificate Management)] ウィンドウで、フィールドを次のように設定します。
      • [IPアドレス(IP Address)]:SFTP サーバの IP アドレスを指定します。
        (注)      これは、すべての参加クラスタによって共有される必要のある、集中型のセキュア FTP サーバです。
      • [ポート(Port)]:22(SSH のデフォルト ポート)。
      • [ユーザID(User ID)]:書き込みアクセス権を持つユーザのユーザ ID。
      • [パスワード(Password)]:書き込みアクセス権を持つユーザのパスワード。
      • [ディレクトリ(Directory)]:書き込みアクセス権を持つユーザのディレクトリ(例:/tmp)。
    3. [保存(Save)] をクリックします。
    ステップ 9   証明書の一括エクスポートを設定します。
    1. Cisco Unified Communications Operating System の管理ページで、[セキュリティ(Security)] > [証明書の一括管理(Bulk Certificate Management)] を選択します。
    2. エクスポート アイコンをクリックします。
    3. 表示される [証明書の一括エクスポート(Bulk Certificate Export)] ウィンドウで、次のフィールドを設定します:[証明書タイプ(Certificate Type)]:[すべて(All)]
    4. [エクスポート(Export)] をクリックしてから [閉じる(Close)] をクリックします。

    この手順によって、クラスタ内のすべてのノードの証明書が格納された PKCS12 ファイルが作成されます。

    すべての参加クラスタは、同じ SFTP サーバまたは SFTP ディレクトリに証明書をエクスポートする必要があります。

    Tomcat、TFTP、または Capf の証明書がクラスタのいずれかのノードで再生成されるたびに、そのクラスタで証明書をエクスポートする必要があります。

    ステップ 10   証明書を統合します。
    1. Cisco Unified Communications Operating System の管理ページで、[セキュリティ(Security)] > [証明書の一括管理(Bulk Certificate Management)] > [統合(Consolidate)] > [証明書の一括統合(Bulk Certificate Consolidate)] を選択します。 すべての参加クラスタが証明書のエクスポートを完了したら、証明書を統合します。 このオプションは、2 つ以上のクラスタが証明書を SFTP サーバにエクスポートした場合にのみ使用可能です。
    2. 表示されるウィンドウで、次のフィールドを設定します:[証明書タイプ(Certificate Type)]:[すべて(All)]
    3. [統合(Consolidate)] をクリックします。

      この手順によって、SFTP サーバにあるすべての PKCS12 ファイルが統合され、1 つのファイルが作成されます。

      統合を実行する必要があるのは、参加クラスタのうちの 1 つだけです。

      証明書を統合した後に新しい証明書をエクスポートした場合は、統合を再度実行して、新しくエクスポートされた証明書を取り込む必要があります。

    ステップ 11   証明書をインポートします。
    1. Cisco Unified Communications Operating System の管理ページで、[セキュリティ(Security)] > [証明書の一括管理(Bulk Certificate Management)] > [インポート(Import)] > [証明書の一括インポート(Bulk Certificate Import)] を選択します。
    2. 表示されるウィンドウで、次のフィールドを設定します:[証明書タイプ(Certificate Type)]:[すべて(All)]
    3. [インポート(Import)] をクリックします。
    (注)     

    各クラスタの証明書をすべてインポートした後、クラスタごとに Cisco CallManager サービスおよび Cisco Tomcat サービスを再起動して、各クラスタのノード単位でサービスをアクティブにする必要があります。

    (注)     

    これらの証明書は、アップグレード後も保持されます。 ユーザが証明書を再インポートまたは再統合する必要はありません。

    この手順によって、統合された PKCS12 ファイルが SFTP サーバからローカル クラスタにインポートされます。

    いずれかの参加クラスタがエクスポートを行った場合は、すべてのクラスタで再インポートを行う必要があります。

    インポートは、中央の管理者が証明書を統合した後に実行します。

    ステップ 12   ビデオ コール用の EMCC を有効にするには、[共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)]([デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)])を設定するか、または、[エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)]([システム(System)] > [エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)])を行ってビデオ コールを有効にします。

    いずれかのウィンドウで、[ビデオ機能(Video Capabilities)] ドロップダウン リスト ボックスを [有効(Enabled)] に設定し、[共通設定の上書き(Override Common Settings)] チェックボックスをオンにします。 (この設定はクラスタごとにデフォルトで有効になっている場合がありますが、[共通設定の上書き(Override Common Settings)] チェックボックスをオンにして、変更内容の保存が必要となる場合もあります)。

    ステップ 13   EMCC デバイスの追加:EMCC テンプレートを追加します。
    1. Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[一括管理(Bulk Administration)] > [EMCC] > [EMCCテンプレート(EMCC Template)] を選択します。
    2. [新規追加(Add New)] をクリックします。
    3. [EMCCテンプレートの設定(EMCC Template Configuration)] ウィンドウで、フィールドを次のように設定します。
      • [テンプレート名(Template Name)]:EMCC デバイス テンプレート
      • [デバイスプール(Device Pool)]:[デフォルト(Default)]
      • [SIPプロファイル(SIP Profile)]:[標準SIPプロファイル(Standard SIP Profile)]
      • [共通デバイス設定(Common Device Configuration)]:[デフォルトの共通デバイス設定(Default Common Device Configuration)]
    4. [保存(Save)] をクリックします。
    ステップ 14   EMCC デバイスの追加:デフォルトの EMCC テンプレートを設定します。
    1. Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[一括管理(Bulk Administration)] > [EMCC] > [EMCCの挿入/更新(Insert/Update EMCC)] を選択します。
    2. [EMCCデバイスの更新(Update EMCC Devices)] をクリックします。
    3. [デフォルトのEMCCテンプレート(Default EMCC Template)] ドロップダウン リスト ボックスで、設定した EMCC デバイス テンプレートを選択します。
    4. [今すぐ実行(Run Immediately)] をクリックします。
    5. [送信(Submit)] をクリックします。
    6. ジョブが正常に実行されたかどうかを確認します。 [一括管理(Bulk Administration)] > [ジョブスケジューラ(Job Scheduler)] を選択し、必要なジョブのジョブ ID を検索します。 ジョブが正常に実行されたことを確認します。
    ステップ 15   EMCC デバイスの追加:EMCC デバイスを挿入します。
    1. Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[一括管理(Bulk Administration)] > [EMCC] > [EMCCの挿入/更新(Insert/Update EMCC)] を選択します。
    2. [EMCCデバイスの挿入(Insert EMCC Devices)] をクリックします。
    3. [追加するEMCCデバイスの数(Number of EMCC Devices to be added)] フィールドの値を(5 などに)変更します。
    4. [今すぐ実行(Run Immediately)] をクリックして [送信(Submit)] をクリックします。
    5. このウィンドウを更新し、追加したデバイスの数(5 など)が [データベース内にすでにあるEMCCデバイスの数(Number of EMCC Devices already in database)] に表示されることを確認します。
    6. または、[一括管理(Bulk Administration)] > [ジョブスケジューラ(Job Scheduler)] を選択し、ジョブが正常に完了したかどうかを確認します。

    追加する EMCC 基本デバイスの最大数

    次の計算式を使用して、クラスタ内でサポートされるデバイスの合計数を EMCC に追加します。

    電話機 +(2 × EMCC デバイス)<= MaxPhones

    Cisco Unified Communications Manager システムでは MaxPhones 値を 60,000 に指定します。

    EMCC ログインは、ホーム クラスタで使用されるライセンスの数には影響しません。

    ステップ 16   エンタープライズ パラメータを設定して、位置情報フィルタを追加します。
    1. Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[システム(System)] > [エンタープライズパラメータ(Enterprise Parameters)] を選択します。
    2. クラスタ ID エンタープライズ パラメータに、参加クラスタごとに一意のクラスタ ID を設定します。
    3. Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[システム(System)] > [位置情報フィルタ(Geolocation Filter)] を選択します。
    4. [新規追加(Add New)] をクリックします。
    5. 新しい位置情報フィルタを作成します。

      名前の例:EMCC 位置情報フィルタ

      [国(Country)]、[都道府県(State)]、[市(City)] などの一致基準を指定します。

    ステップ 17   EMCC 機能のパラメータを設定します。
    1. Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[拡張機能(Advanced Features)] > [EMCC] > [EMCC機能設定(EMCC Feature Configuration)] を選択します。
    2. 表示される [EMCC機能設定(EMCC Feature Configuration)] ウィンドウで、次の機能パラメータを設定します。
      • [EMCCログインデバイス用のデフォルトのTFTPサーバ(Default TFTP Server for EMCC Login Device)]
      • [EMCC位置情報フィルタ(EMCC Geolocation Filter)]
      • [リモートクラスタ更新用のEMCCサービスのデフォルトサーバ(Default Server for Remote Cluster Update)]
    (注)     

    関連付けられているドロップダウン リスト ボックスからこれらの機能パラメータを選択するには、事前にこれらの機能パラメータが設定されている必要があります。

    (注)     

    他の EMCC 機能のパラメータは、デフォルト値を保持するか、または必要に応じて変更できます。

    ステップ 18   EMCC 用に 1 つまたは 2 つのクラスタ間 SIP トランクを設定します。
    (注)     

    PSTN アクセス サービスと RSVP エージェント サービスの両方に 1 つのトランクを設定したり、サービスごとに 1 つずつトランクを設定したりできます。 必要な EMCC SIP トランクは 2 つまでです。

    1. Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[デバイス(Device)] > [トランク(Trunk)] を選択します。
    2. [新規追加(Add New)] をクリックします。
    3. 次の設定を指定します。
      • [トランクタイプ(Trunk Type)]:[SIPトランク(SIP Trunk)]
      • [トランクサービスタイプ(Trunk Service Type)]:[クラスタ間のエクステンションモビリティ(Extension Mobility Cross Clusters)]
    4. [次へ(Next)] をクリックします。
    5. 表示される [トランクの設定(Trunk Configuration)] ウィンドウの [デバイス情報(Device Information)] ペインで、次の設定を指定します。 次に、値の例を示します。
      • [名前(Name)]:EMCC-ICT-SIP-Trunk-1
      • [デバイスプール(Device Pool)]:[デフォルト(Default)]
      [SIP情報(SIP Information)] ペインで、次の設定例を指定します。
      • [SIPトランクセキュリティプロファイル(SIP Trunk Security Profile)]:[非セキュアSIPトランクプロファイル(Non Secure SIP Trunk Profile)]
      • [SIPプロファイル(SIP Profile)]:[標準SIPプロファイル(Standard SIP Profile)]
      [位置情報の設定(Geolocation Configuration)] ペインで、次の設定を指定します。
      • [位置情報の送信(Send Geolocation Information)]:このチェックボックスをオンにします。
      (注)     

      EMCC トランクでは、SendGeolocation を True、MTPRequired を False、および UnattendedPort を False に指定する必要があります。

    6. [保存(Save)] をクリックし、EMCC 用のクラスタ間 SIP トランクを保存します。
    ステップ 19   EMCC クラスタ間サービス プロファイルを設定します。
    1. Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[拡張機能(Advance Features)] > [EMCC] > [EMCC クラスタ間サービスプロファイル(EMCC Intercluster Service Profile)] を選択します。
    2. [EMCC] ペインで [アクティブ(Active)] チェックボックスをオンにします。
    3. [PSTNアクセス(PSTN Access)] ペインで [アクティブ(Active)] チェックボックスをオンにします。
    4. [PSTNアクセスSIPトランク(PSTN Access SIP Trunk)] ドロップダウン リスト ボックスで、設定した SIP トランクを選択します。
    5. [RSVPエージェント(RSVP Agent)] ペインで [アクティブ(Active)] チェックボックスをオンにします。
    6. [RSVPエージェントSIPトランク(RSVP Agent SIP Trunk)] ドロップダウン リスト ボックスで、設定した別の SIP トランクを選択します。
      (注)     

      トランクを 1 つだけ設定した場合は、[PSTNアクセスSIPトランク(PSTN Access SIP Trunk)] 用のトランクと同じトランクを [RSVPエージェントSIPトランク(RSVP Agent SIP Trunk)] 用に選択できます。

    7. [確認(Validate)] をクリックして、設定を検証します。
    8. ポップアップ ウィンドウに失敗のメッセージが表示されなければ、[保存(Save)] をクリックします。
    ステップ 20   EMCC リモート クラスタ サービスを設定します。
    1. Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[拡張機能(Advanced Features)] > [クラスタビュー(Cluster View)] を選択します。
    2. [検索(Find)] をクリックして、既知のリモート クラスタのリストを表示します。
    3. 設定するリモート クラスタが表示されたら、そのリモート クラスタをクリックし、設定値を確認します。
    4. 設定するリモート クラスタが表示されない場合は、[新規追加(Add New)] をクリックして次の設定を行います。
      • [クラスタID(Cluster ID)]:このクラスタ ID が、他のクラスタのクラスタ ID のエンタープライズ パラメータ値に一致することを確認します。
      • [完全修飾名(Fully Qualified Name)]:リモート クラスタの IP アドレスまたはリモート クラスタ上の任意のノードとして解決可能なドメイン名を使用します。
        (注)     

        EMCC が有効になっている間、TFTP チェックボックスは常にオフになっている必要があります。

    ステップ 21   サービス パラメータを設定します。
    1. Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[システム(System)] > [サービスパラメータ(Service Parameters)] を選択します。
    2. [サーバ(Server)] ドロップダウン リスト ボックスで、サーバを選択します。
    3. [サービス(Service)] ドロップダウン リスト ボックスで、[Cisco Extension Mobility] サービスを選択します。
    4. ウィンドウの上部にある [詳細設定(Advanced)] ボタンをクリックします。
    5. 必要に応じて、[Clusterwide Parameters (Parameters that apply to all servers)] ペインで次のサービス パラメータを設定します。
      • Inter-cluster Maximum Login Time
      • EMCC Allow Proxy:この値を [True] に設定します。
    (注)     

    EMCC では、コール ログが常にクリアされます。

    (注)     

    EMCC では、複数のログインが常に許可されます。

    SRST を動作させるために、EMCC に特別な設定をする必要はありません。

    システムに SRST 設定が必要となる場合は、通常どおり設定してください。


    関連タスク

    EMCC 機能

    この項では、EMCC の機能と設定、サポートされている電話機、ログインの説明と要約、コール処理、および電話機のセキュリティについて解説します。

    EMCC と Cisco Extension Mobility

    Cisco Extension Mobility 機能が初めて提供されたのは、Cisco CallManager のリリース 3.1 からです。 Cisco Extension Mobility は、継続してクラスタ内のユーザおよびデバイスだけに適用されます。 ただし、ユーザは、ログインする場所に関係なく次のようなシームレスなエクスペリエンスを必要としています。

    • ユーザに対して、同じ機能セットおよびサービス セット(すべての回線、スピード ダイヤル、メッセージ ボタン、MWI、および機能)

    • 管理者に対して、セキュリティ、CAC、ローカル ゲートウェイ アクセス、ローカル メディア リソース、およびサービスアビリティ

    EMCC の課題

    クラスタ内 Cisco Extension Mobility には、次の特徴があります。

    • ローカル データベースでデバイス情報を使用できる。

    • ローカル データベースでユーザ情報を使用できる。

    • ローカル データベースでグローバル情報を使用できる。

    クラスタ間 Cisco Extension Mobility には、次の特徴があります。

    • デバイス情報がクラスタ データベースに格納される。

    • ユーザ情報がデバイス情報とは別のクラスタ データベースに格納される。

    • ルーティング設定およびサービス パラメータなどのグローバル情報が両方のクラスタのデータベースに格納される。

    Cisco Extension Mobility には、ユーザ情報を管理するクラスタにデバイス情報を移動するか、逆に、デバイス情報を管理するクラスタにユーザ情報を移動する必要があるという課題があります。

    EMCC ソリューション

    クラスタ間のエクステンション モビリティの問題を解決するソリューションは相互登録です。 相互登録には、次の特徴があります。

    • ホーム クラスタのユーザは訪問先クラスタの電話機にログインする。

    • ログイン手順によって、ホーム クラスタのデータベースにデバイス情報が伝送される。

    • ホーム クラスタのデータベースは、ユーザ デバイス プロファイルを使用して一時デバイスを作成する。

    • ホーム クラスタの TFTP サーバは、電話機の設定ファイルを作成する。

    • ログイン後、訪問先クラスタは電話機をホーム クラスタの TFTP サーバに転送する。

    • 電話機は、ホーム クラスタ(HC)の TFTP サーバから TFTP 設定をダウンロードした後、ホーム クラスタの Cisco Unified Communications Manager に相互登録する。


    (注)  


    クラスタは、ログイン ユーザから見てホームまたは訪問先と呼びます。


    Cisco Extension Mobility Cross Cluster のインタラクション

    Cisco Extension Mobility Cross Cluster 機能と他の機能とのインタラクション一覧については、EMCC インタラクションを参照してください。

    EMCC の範囲

    Cisco Extension Mobility Cross Cluster は、次の機能をサポートしています。

    • Cisco Extension Mobility ログインおよびログアウト

      • ユーザ認証はクラスタ間で行われる。

    • セキュリティ

      • クラスタ間のセキュリティはデフォルトで提供される。

      • セキュアな電話機のセキュリティ プロファイルを持つ Cisco Unified IP Phones と、非セキュアなセキュリティ プロファイルを持つ Cisco Unified IP Phone をサポート。

    • 訪問先電話機に適した PSTN アクセス

      • E911 は PSTN(つまり、ローカル ゲートウェイ)の適切な場所にルーティングされる。

      • 市内通話は PSTN の適切な場所にルーティングされる。

      • ローカル ルート グループに着信するコールは、訪問先クラスタ内のローカル ゲートウェイにルーティングされる。

    • 訪問先電話機に適したメディア リソースの表示(次の例を参照)

      • RSVP エージェント、TRP、保留音(MOH)、MTP、トランスコーダ、会議ブリッジ

    • コール アドミッション制御(CAC)

      • ホーム クラスタは、訪問先クラスタのロケーションとリージョンの情報を持たない。

      • Cisco Unified Communications Manager のロケーションとリージョンは、クラスタ境界を越えては適用できない。

    • 訪問先クラスタの RSVP エージェントを使用する RSVP エージェントベースの CAC

    • ホーム クラスタで実質的にサポートできるコール機能およびサービス

      • 制限事項の例:インターコムの設定にはスタティックなデバイスの設定を指定するため、Cisco Extension Mobility Cross Cluster ではインターコム機能がサポートされない。

    • EMCC ログイン デバイスの最大オーディオ ビットレートは、デフォルトで 8 kbps(G.729)に設定

    EMCC ログイン

    ここでは、EMCC ログインについて説明します。

    EMCC ログインの用語

    次の図に、Cisco Extension Mobility Cross Cluster における訪問先クラスタとホーム クラスタを示します。

    図 1. 訪問先クラスタと ホーム クラスタ

    訪問先クラスタ

    訪問先クラスタには、次の特徴があります。

    • 電話機は地理的に訪問先に存在する。

    • 電話機の設定は、訪問先の Cisco Unified Communications Manager データベースに格納されている。

    • 電話機が必要とするリソース(ゲートウェイおよび RSVP エージェントなど)は、訪問先に存在する。

    • 通常、訪問先電話機は(EMCC ログインの前に)この地理的ロケーションを管理する訪問先の Cisco Unified Communications Manager クラスタに登録する。

    • CCMCIP は Cisco CallManager Cisco IP Phone サービスを示す。

    ホーム クラスタ

    ホーム クラスタには、次の特徴があります。

    • エンド ユーザの設定はホーム クラスタに存在する。

    • ユーザ デバイス プロファイル(回線、スピード ダイヤル、機能、およびその他の多数のユーザ特性)は、ホーム クラスタに存在する。

    • ユーザのダイヤリング傾向は、ホーム コンテキスト内で有効。

    • ユーザ ロケールはホーム クラスタに存在する。

    相互登録のプロセスでは、デバイス データをホーム クラスタにインポートし、ホーム クラスタ内のエンド ユーザのエクステンション モビリティ(EM)プロファイルと組み合わせてデバイス レコードを作成します。次に電話機を転送し、ホーム クラスタの Cisco Unified Communications Manager に直接登録します。

    EMCC ログインの進行

    次の図に、エクステンション モビリティでホーム クラスタを検索するときの Cisco Extension Mobility Cross Cluster ログインを示します。

    図 2. EMCC ログイン:エクステンション モビリティによるホーム クラスタの検索

    次の図に、エクステンション モビリティで認証、ホーム クラスタへの情報提供、およびホーム クラスタの準備を行う場合の Cisco Extension Mobility Cross Cluster ログインを示します。

    図 3. EMCC ログイン:エクステンション モビリティ認証、ホームへの情報提供、ホームの準備

    次の図に、エクステンション モビリティで訪問先クラスタを変更し、登録を開始する場合の Cisco Extension Mobility Cross Cluster ログインを示します。

    図 4. EMCC ログイン:エクステンション モビリティで訪問先クラスタを変更、登録の開始

    Mini-config とは、ログイン後に電話機をホーム クラスタにリダイレクトするために訪問先クラスタで作成された簡単な設定ファイルのことです。

    次の図に、エクステンション モビリティ ログイン サービスが処理を完了して電話機が登録される場合の Cisco Extension Mobility Cross Cluster ログインを示します。

    図 5. EMCC ログイン:エクステンション モビリティ ログイン サービスの処理完了と電話機の登録

    EMCC をサポートする電話機の判別

    Cisco Extension Mobility Cross Cluster をサポートする電話機のリストは、バージョンおよびデバイス パックごとに異なります。

    特定のリリースおよびデバイス パック用に、Cisco Extension Mobility Cross Cluster をサポートするデバイスの全リストを作成するには、Cisco Unified Reporting アプリケーションを使用します。 そのためには、次の手順に従います。

    1. 次のいずれかの方法を使用して、Cisco Unified Reporting を開始します。

      Web アプリケーションへのアクセスを許可されるまで、ユーザの認証には Cisco Tomcat サービスが使用されます。 アプリケーションには次の方法でアクセスできます。

      • Cisco Unified Communications Manager の管理ページのナビゲーション メニューで [Cisco Unified Reporting] を選択し、[Go] をクリックします。

      • Cisco Unified Real Time Monitoring Tool(RTMT)のメニューで [File] > [Cisco Unified Reporting] を選択します。

      • https://<サーバ名または IP アドレス>:8443/cucreports/ と入力し、認証済みのユーザ名とパスワードを入力します。

    2. ナビゲーション バーで、[System Reports] をクリックします。

    3. 左側のカラムに表示されたレポートのリストで、[Unified CM Phone Feature List] オプションをクリックします。

    4. [Generate a new report] リンクをクリックして新規レポートを生成するか、または、レポートがすでに存在する場合は、[Unified CM Phone Feature List] リンクをクリックします。

    5. Cisco Extension Mobility Cross Cluster をサポートするすべてのデバイスのレポートを生成するには、対応するドロップダウン リスト ボックスから次の設定を選択し、[Submit] ボタンをクリックします。

      [Product]:[All]

      [Feature]:[Extension Mobility Cross Cluste]

      [List Features] ペインに、Cisco Extension Mobility Cross Cluster 機能がサポートされているすべてのデバイスのリストが表示されます。 カラムの見出し([Product] または [Protocol])の隣にある上下の矢印キーをクリックして、リストをソートできます。

    Cisco Unified Reporting アプリケーションの詳細については、『Cisco Unified Reporting Administration Guide』を参照してください。

    EMCC の設定

    Cisco Unified Communications Manager の管理ページおよび他の Cisco Unified Communication コンポーネント(Cisco Unified サービスアビリティCisco Unified Communications Operating System など)で Cisco Extension Mobility Cross Cluster を設定するための手順の概要については、EMCC の設定に関連するトピックを参照してください。

    関連情報

    EMCC のアクティブ ログインとリモート ログインの概要

    ユーザのホーム クラスタでは、管理者はリモート デバイスからログイン済みのクラスタ ユーザのリストを確認できます。

    このことを行うには、管理者が次の手順を実行します。

    手順
      ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を実行します。 [電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが表示されます。
      ステップ 2   [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスで [リモートログインデバイス(Remotely Logged In Device)] を選択し、[移動(Go)] をクリックします。 リモート ログイン デバイスのレポートの詳細については、『Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド』を参照してください。
      ステップ 3   管理者は、任意のクラスタで Cisco Extension Mobility または Cisco Extension Mobility Cross Cluster にログイン済みのクラスタ デバイスのリストを確認できます。このことを行うには、管理者が次の手順を実行します。
      1. Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を実行します。 [電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが表示されます。
      2. [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスで [現在ログイン中のデバイスのレポート(Actively Logged In Device Report)] を選択し、[移動(Go)] をクリックします。 現在ログイン中のデバイスのレポートの詳細については、『Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド』を参照してください。

      EMCC コール処理

      この項では EMCC コール処理と、コール処理問題に関するヘルプの入手方法について説明します。

      EMCC コール処理の概要

      次の図に、EMCC コール処理の概要を示します。

      図 6. EMCC コール処理

      EMCC コール処理の特徴

      EMCC コール処理には、次の特徴があります。

      • ホーム クラスタでのコール制御

        • 訪問先電話機はホーム クラスタに登録する。

      • RSVP エージェントは訪問先クラスタから割り当てられるが、制御はホーム クラスタから間接的に行われる。

        • 訪問先電話機はホーム クラスタに登録する。

        • RSVP ベースの CAC 用のホーム クラスタ ポリシーに従う。

      • ホーム クラスタおよび訪問先クラスタによるコーデック選択

        • メディアはホーム クラスタおよび訪問先クラスタで処理を行う。

        • コーデックは両クラスタの EMCC リージョン設定に基づいて選択される。

      • 緊急コールのルーティングは訪問先電話機および訪問先クラスタに依存する。

        • ホーム クラスタでは、ホーム クラスタと訪問先クラスタ両方の緊急事態パターンがサポートされる。

        • EMCC SIP クラスタ間トランク経由でローカル ルート グループを使用し、訪問先クラスタに緊急コールをルーティングする。

        • 訪問先クラスタで設定された訪問先電話機のローカル ルート グループを使用する。

      • 訪問先クラスタでのデバイスに依存する PSTN アクセス

        • 訪問先電話機と同じ場所に設置されているローカル ゲートウェイに SIP トランクからのコールをルーティングする。

      EMCC コール処理の要件

      Cisco Extension Mobility Cross Cluster は、次のコール処理要件を満たしています。

      • 緊急コールのルーティング

        • ユーザは、ホーム クラスタの緊急事態パターンまたは訪問先クラスタの緊急事態パターンにダイヤルできる(たとえば、英国の 999 または米国の 911)。

        • どのクラスタの緊急事態パターンにダイヤルしたかにかかわりなく、訪問先クラスタのローカル ゲートウェイにコールをルーティングする必要がある。

      • RSVP エージェント ベースの CAC

        • 訪問先クラスタの RSVP エージェントは、訪問先クラスタ内にある訪問先電話機のメディア リソース グループ リストMRGL)に基づいて割り当てる必要がある。


      (注)  


      電話機をホーム クラスタに登録したにもかかわらず、訪問先クラスタで電話機のロケーションを移動すると、訪問先クラスタ内のローカル ゲートウェイまたはメディア リソース グループ リスト(MRGL)に正しく割り当てられない場合があります。


      緊急コールの EMCC コール処理

      次の図に、緊急コールに対する Cisco Extension Mobility Cross Cluster のコール処理を示します。

      図 7. 緊急コールの EMCC コール処理

      ローミング用デバイス プールの検索

      ローミング用デバイス プールの検索には、次の特徴があります。

      • EMCC 電話機は、ホーム クラスタのローミング用デバイス プールからローミングに影響する属性を検索する。

      • ホーム クラスタでは、リモート クラスタごとにローミング用デバイス プールを 1 つ設定し、そのクラスタを特徴付ける個別の位置情報を使用する。次に例を示します。

        • DPforUKCluster(country=UK)

        • DPforSJCluster(country=US、A1=CA、A3=SJ)

      • 訪問先クラスタでエクステンション モビリティを有効にした電話機では、訪問先クラスタで位置情報を設定する。

      • ログイン処理によって、電話機の位置情報が訪問先クラスタからホーム クラスタに送信される。

      • ホーム クラスタに設定された EMCC 位置情報フィルタによって、電話機の位置情報がフィルタリングされる。

      • ホーム クラスタでは、フィルタ処理された電話機の位置情報を使用して、電話機のローミング用デバイス プールに最適なデバイス プールが検索され、電話機がホーム クラスタに登録される。

      ローミング用デバイス プールのマッチング

      次の図に、ホーム クラスタ内の位置情報を使用したローミング用デバイス プールのマッチングを示します。

      図 8. ホーム クラスタ内の位置情報を使用したローミング用デバイス プールのマッチング

      EMCC コール処理の設定

      訪問先クラスタでは、エクステンション モビリティを有効にした電話機の位置情報を設定します。 この設定は、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウ([デバイス(Device)] > [電話(Phone)])の [位置情報(Geolocation)] フィールド、または [デバイスプール設定(Device Pool Configuration)] ウィンドウ([システム(System)] > [デバイスプール(Device Pool)])の [位置情報の設定(Geolocation Configuration)] ペインにある [位置情報(Geolocation)] フィールドで行います。

      訪問先クラスタ内のエクステンション モビリティ対応電話機には、次のエンティティの設定も必要です。

      • 関連する [デバイスプール設定(Device Pool Configuration)] ウィンドウ([システム(System)] > [デバイスプール(Device Pool)])のローカル ルート グループ

      • RSVP ポリシーが有効な場合は、電話機のメディア リソース グループ リスト内の RSVP デバイス(トランスコーダまたは MTP)

      ホーム クラスタでは、EMCC 位置情報フィルタを設定します。 [拡張機能(Advanced Features)] > [EMCC] > [EMCC機能設定(EMCC Feature Configuration)] メニュー オプションを使用して、EMCC 位置情報フィルタを設定します。

      1 リモート クラスタにつき 1 つのデバイス プールが、ログイン電話機のローミング用デバイス プールとして機能します。

      デバイス プールに英国クラスタ用 EMCC デバイス プールを指定します。

      このデバイス プールの位置情報に英国の位置情報を指定します。

      このデバイス プールの「英国の位置情報」位置情報を使用すると、英国の電話機はこのデバイス プールに一致して、電話機がログインしたときにこのプールをローミング用デバイス プールとして選択できます。

      EMCC 電話機の一覧表示

      ホーム クラスタ管理者は、このクラスタに現在登録されている、すべてのリモート デバイスを一覧表示できます。 このことを行うには、[デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を実行します。 [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスで [リモートログインデバイス(Remotely Logged In Device)] を選択し、[移動(Go)] をクリックします。

      [リモートログインデバイスのレポート(Remotely Logged-In Device Report)] には、次の情報が表示されます。

      • [デバイス名(Device Name)]

      • [ログインプロファイル(Logged In Profile)]
      • [ユーザID(User ID)]
      • [リモートクラスタID(Remote Cluster ID)]
      • [ローミング用デバイスプール(Roaming Device Pool)]
      • [デバイスセキュリティモード(Device Security Mode)]

      EMCC コール処理

      ホーム クラスタ内のログイン EMCC 電話機は、次の属性およびプリファレンスを取得します。

      • EMCC 基本デバイスからの共通属性(一括管理)

      • ローミング用デバイス プールからのローミングに影響する属性

        • リモート クラスタごとに 1 つのローミング用デバイス プール

        • 訪問先クラスタが同じ EMCC 電話機は同じローミング用 DP を選択

        • 国に固有の緊急ダイヤリング プランが可能(たとえば、英国の場合は 999)

      • ユーザ デバイス プロファイル(回線およびスピード ダイヤル)からのユーザ プリファレンス

      • EMCC 機能設定からの機能固有の属性

        • すべてのクラスタのすべての EMCC 電話機のコーデック プリファレンス

        • EMCC 電話機の RSVP ポリシー

      EMCC コール ルーティング

      コール ルーティングは、ホーム クラスタで電話機用に作成されるコーリング サーチ スペース(CSS)に基づいて実行されます。

      ホーム クラスタは、次の優先順位で CSS を連結します。

      1. 付加 CSS(新規)

        • ローミング用デバイス プールで設定され、国に固有の緊急ダイヤリング プランをサポートする(たとえば、英国の電話機はリモートで米国クラスタに登録されます。ユーザは、米国クラスタが通常は認識しない 9.999(英国の緊急番号)にダイヤルします)。 ホーム クラスタが米国、訪問先クラスタが英国です。

        • ホーム クラスタと訪問先クラスタが同じ緊急事態パターンを共有している場合は、付加 CSS 設定がスキップされる場合がある。

      2. 回線 CSS

      3. デバイス CSS

        • デバイスに固有。[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウまたはスタティック デバイス プールで設定します。

        • ホーム クラスタ内で電話機の通常のダイヤリングを実現する。

        • 訪問先電話機はホーム クラスタに電話デバイスが設定されていない。

        • ホーム クラスタは、ユーザ ログイン デバイス プロファイルから EMCC CSS(新規)を取得し、この CSS をスタティック デバイス CSS として使用する。

      付加コーリング サーチ スペースの機能

      付加 CSS を設定するには、[システム(System)] > [デバイスプール(Device Pool)] の順に選択し、[デバイスプールの設定(Device Pool Settings)] ペインで [付加CSS(Adjunct CSS)] フィールドを設定します。

      この例では、次の設定が適用されます。

      • [付加CSS(Adjunct CSS)] は Adjunct CSS for UK Cluster です。

      • ([コーリングサーチスペースのルートパーティション(Route Partitions for this Calling Search Space)] の)[選択されたパーティション(Selected Partitions)] は EMCC Emergency Partition for UK です。

      デバイス プールで設定する付加 CSS を使用すると、ログイン後に米国のクラスタに登録され、ローミング用デバイス プールにバインドされる英国の電話機から、英国の緊急ダイヤリングが可能になります。 米国のクラスタがホーム クラスタです。

      コーリング サーチ スペースには、メンバ パーティションを 1 つだけ指定します(EMCC Emergency Partition for UK)。

      訪問先クラスタの緊急事態パターンの設定

      ホーム クラスタで訪問先クラスタの緊急事態パターンを設定します。

      9.999/{EMCC emergency partition for UK} のルートを設定します。 このルートにはメンバが 1 つだけ(標準 LRG)含まれています。

      (米国の)ホーム クラスタに登録されている(英国の)訪問先電話機が 9.999 にダイヤルすると、電話機のローミング用デバイス プールの付加 CSS により、このパターンはルート パターン 9.999/{EMCC emergency partition for UK} に一致します。 このため、ホーム クラスタ(米国のクラスタ)は、コールをデバイス ローカル ルート グループにルーティングします。

      EMCC のローカル ルート グループ

      ホーム クラスタ内の EMCC 訪問先電話機のローカル ルート グループには、次の特徴があります。

      • デバイスのローカル ルート グループは、デバイス ローカル PSTN へのゲートウェイを含む。

      • 標準 LRG に終端するコールは、発信側デバイス LRG(つまり、ローカル PSTN に接続するゲートウェイ)に転送される。

      • 通常の電話機およびそのローカル ルート グループは、同じクラスタに登録する。

      • EMCC 訪問先電話機およびそのローカル ルート グループは、別々のクラスタに登録する。

        • ホーム クラスタには訪問先電話機の設定済みローカル ルート グループがない。

        • ホーム クラスタは訪問先電話機のローカル PSTN ゲートウェイに直接アクセスできない。

        • ホーム クラスタにある EMCC 訪問先電話機の標準 LRG に終端するコールは、PSTN アクセス SIP トランク(EMCC の設定)経由で訪問先クラスタに転送される。

        • 訪問先クラスタは、訪問先電話機に設定されたローカル ルート グループを検索する (エクステンション モビリティが有効になっている電話機は、訪問先クラスタでローカル ルート グループを設定する必要があることに注意してください)。

        • 訪問先クラスタは、通常の電話機と同様にローカル ルート グループ内のゲートウェイにコールをルーティングする。

      EMCC SIP トランクを使用したローカル ルート グループ

      次の図に、EMCC SIP トランクを使用するローカル ルート グループ ルーティングを示します。

      図 9. EMCC SIP トランクを使用したローカル ルート グループ ルーティング

      デバイス プロファイル内の EMCC コーリング サーチ スペース

      [デバイスプロファイルの設定(Device Profile Configuration)] ウィンドウ([デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [デバイスプロファイル(Device Profile)])で定義した [クラスタ間エクステンションモビリティのCSS(Extension Mobility Cross Cluster CSS)] フィールドは、ユーザが EMCC ログイン時にこのデバイス プロファイルを選択するときに、リモート電話機のデバイス CSS として使用されます。

      EMCC 電話機のリージョン設定

      EMCC 電話機のリージョン設定には、次の特徴があります。

      • EMCC ログイン電話機はホーム クラスタにリージョンが設定されていない。

      • いかなるクラスタについても、すべての FeaturesEMCCEMCC ログイン電話機に、通常のリージョン設定に優先する共通のリージョン設定([拡張機能(Advanced Features)] > [EMCC] > [EMCC機能設定(EMCC Feature Configuration)])が割り当てられる。

      • リージョンの EMCC 機能のパラメータは、すべてのクラスタに同じ値を設定する必要がある。 リージョンの EMCC 機能のパラメータに異なる値を設定すると、リモート クラスタの更新操作によって該当するクラスタの RSVP エージェントが無効となる。

      • リージョンの EMCC 機能のパラメータには、次の値が適用される。

        • [EMCC Region Max Audio Bit Rate](この機能パラメータに関係する推奨回避策設定の詳細については、EMCC ソリューションを参照してください)

        • [EMCC Region Max Video Call Bit Rate (Includes Audio)]

        • [EMCC Region Link Loss Type]

      EMCC 電話機の RSVP 設定

      EMCC 電話機の RSVP 設定には、次の特徴があります。

      • ホーム クラスタの EMCC 電話機の RSVP ポリシーは、通常の電話機と同じ設定手順に従う。

        • 共通のロケーション(Remote-cluster-location など)またはクラスタ固有のロケーション(UK-location など)を設定する。

        • ロケーションに無制限のオーディオおよびビデオ帯域幅を設定して、ロケーションベースの CAC を無効にする。

        • ロケーション ペアに RSVP ポリシー(予約なし、オプション、必須)を設定する。

      • 訪問先クラスタでは、訪問先電話機のメディア リソース グループ リスト(MRGL)に RSVP デバイスを追加する。

      • RSVP エージェントを割り当てるとき、ホーム クラスタの Cisco Unified Communications Manager はその RSVP エージェントが EMCC 電話機用であることを認識し、RSVP SIP トランク上で訪問先クラスタに要求をリダイレクトする。

      • その他のすべてのメディア リソースを割り当てるとき、ホーム クラスタの Cisco Unified Communications Manager はホーム クラスタに設定されたメディア リソース グループ リストに基づいてメディア リソースを割り当てる。

      RSVP エージェント ベースの CAC

      次の図に、RSVP エージェントベースのコール アドミッション制御(CAC)基本コール用の Cisco Extension Mobility Cross Cluster を示します。

      図 10. RSVP エージェントベースの CAC 基本コール用 EMCC

      ホーム電話機による RSVP エージェント CAC の保留/再開

      次の図に、ホーム電話機による RSVP エージェントベースの保留/再開のための Cisco Extension Mobility Cross Cluster を示します。

      図 11. ホーム電話機による RSVP エージェントベース CAC の保留/再開のための EMCC

      訪問先電話機による RSVP エージェント CAC の保留/再開

      次の図に、訪問先電話機による RSVP エージェントベースの保留/再開のための Cisco Extension Mobility Cross Cluster を示します。

      図 12. 訪問先電話機による RSVP エージェントベース CAC の保留/再開のための EMCC

      EMCC コール処理の問題

      この項では、EMCC で発生する可能性のある、コール処理に共通の問題について説明します。

      • 通常のコールを発信できない。

        • EMCC 電話機が正しいローミング用デバイス プールにバインドされていない([デバイス(Device)] > [電話(Phone)] の次に [リモートログインデバイス(Remotely Logged In Device)] を選択)。

        • ログイン デバイス プロファイルに EMCC CSS を設定していない([デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Setting)] > [デバイスプロファイル(Device Profile)])。

        • RSVP 予約を設定すると失敗する(たとえば、訪問先クラスタにある訪問先電話機のメディア リソース グループ リストに RSVP デバイスがない、など)。

        • EMCC ログイン電話機で G.729 コーデックがサポートされておらず、訪問先クラスタ内の電話機にトランスコーダが設定されていない。

      • 緊急コールを発信できない。

        • EMCC 電話機が正しいローミング用デバイス プールにバインドされていない([デバイス(Device)] > [電話(Phone)] の次に [リモートログインデバイス(Remotely Logged In Device)] を選択)。

        • EMCC 電話機のローミング用デバイス プールで付加 CSS が欠落している。

        • 付加 CSS に基づいてホーム クラスタのルーティング設定を確認する。

        • 訪問先クラスタにある電話機のスタティック デバイス プールでローカル ルート グループ設定が欠落している。

      • メディアが存在しない、または片方向メディアが存在する。

        • すべてのクラスタで [FeaturesEMCCEMCCリージョン(EMCC Region)] 設定ウィンドウに同じ値が設定されているどうかを確認する([拡張機能(Advanced Features)] > [EMCC] > [EMCC機能設定(EMCC Feature Configuration)])。

        • ホーム クラスタの RSVP ポリシーを確認する(ホーム クラスタの RSVP ポリシーだけが重要)。

      EMCC コール処理問題に関するヘルプ

      コール処理問題のヘルプを入手するには、次の手順を実行します。

      手順
        ステップ 1   ホーム クラスタおよび訪問先クラスタの両方から、詳細なトレースを収集します。
        ステップ 2   コール シナリオの詳細は次のとおりです。
        1. EMCC デバイスと、EMCC デバイス以外のデバイスおよびそのクラスタを識別します。 たとえば、EMCC 電話機が正しいローミング用デバイス プールにバインドされていないとします。 [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] メニュー オプションを使用した後、[関連リンク(Related Links )] ドロップダウン リスト ボックスで [リモートログインデバイス(Remotely Logged In Device)] を選択します。

        EMCC が設定されている場合の電話機の動作

        この項では、WAN ネットワーク障害時などの EMCC 環境での電話機の動作について説明します。

        WAN ネットワーク障害

        次の図に、設定ファイルを使用できない場合の WAN ネットワーク障害を示します。

        電話機は訪問先クラスタに登録されます。

        図 13. WAN ネットワーク障害:設定ファイルを使用できない

        EMCC ログイン モードでは、ホーム クラスタへの接続障害を検出した電話機は、そのホーム クラスタへの接続を再確立しようとします。 WAN 障害などの障害によって再確立が何度か失敗した後、電話機は訪問先クラスタにログアウト要求を自動的に発行し、ログアウト時に訪問先クラスタに再登録します。

        EMCC 障害:登録拒否

        次の図に、登録拒否が発生した場合の EMCC 障害を示します。

        電話機は訪問先クラスタに登録されます。

        図 14. EMCC 障害:登録拒否

        EMCC 障害:ホーム CUCM が使用不能/局間障害

        次の図に、ホーム Cisco Unified Communications Manager が使用不能となって局間障害が発生した場合の EMCC 障害を示します。

        電話機は SRST にフェールオーバーします。

        図 15. EMCC 障害:ホーム Cisco Unified Communications Manager が使用不能/局間障害

        EMCC 障害:ホーム CUCM が使用不能/クラスタ間障害

        次の図に、ホーム Cisco Unified Communications Manager が使用不能となってクラスタ間障害が発生した場合の EMCC 障害を示します。

        電話機は訪問先クラスタに登録されます。

        図 16. EMCC 障害:ホーム Cisco Unified Communications Manager が使用不能/クラスタ間障害

        EMCC 障害:ホーム CUCM が使用不能/クラスタ間障害(訪問先 SRST が存在しない)

        次の図に、ホーム Cisco Unified Communications Manager が使用不能となってクラスタ間障害が発生し、訪問先 SRST が適用されない場合の EMCC 障害を示します。

        電話機は訪問先クラスタに登録されます。

        図 17. EMCC 障害:設定ファイルが使用不能、クラスタ間障害が発生、訪問先 SRST が適用されない

        EMCC が設定された電話機のセキュリティ

        EMCC 環境での電話機のセキュリティ問題の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド』を参照してください。

        EMCC のシステム要件

        Cisco Unified Communications Manager のシステム要件は、次のとおりです。

        • Cisco Unified Communications Manager リリース 8.0(1) 以降

        • Cisco Extension Mobility サービス

        • Cisco Unified Communications オペレーティング システム

        • Cisco Bulk Provisioning Service

        • Cisco Extension Mobility Cross Cluster の設定をサポートし、この設定を使用する他のコール制御エンティティ。たとえば、他の Cisco Unified Communications Manager クラスタ、EMCC クラスタ間サービス プロファイル、および EMCC リモート クラスタ サービス。

        インタラクションおよび制限事項

        この項では、Cisco Extension Mobility Cross Cluster のインタラクションおよび制限事項について説明します。

        EMCC インタラクション

        この項では、Cisco Extension Mobility Cross Cluster と他のCisco Unified Communications Manager の管理コンポーネントのインタラクションを示します。

        Cisco Extension Mobility Cross Cluster の相互登録ソリューションを利用すると、ユーザ機能は予想したとおりにクラスタ間で動作します。 次のリストに、クラスタ間で動作するユーザ機能の一部を示します。

        • 共有回線

        • ハント リスト

        • 転送/会議/保留

        • 自動転送

        • Cisco Unified Mobility

        • 割り込み/C 割り込み

        • 即時転送

        • アプリケーション

        • スピード ダイヤル

        • サービス

        • アドレス帳

        • デバイス ラベル

        • ライン アピアランス管理

        • MWI

        • ボイスメール

        • サイレント

        • モニタリングと録音

        • 折り返しで話し中/応答なし

        • Multilevel Precedence and Preemption(MLPP)

        異なるクラスタ バージョンの EMCC およびセキュリティ モード

        この項では、異なるバージョンの Cisco Extension Mobility Cross Cluster とセキュリティ モードとのインタラクションを示します。


        (注)  


        電話機設定ファイルは、ホーム クラスタと訪問先クラスタのバージョンが 9.x であり、かつ、両方の TFTP 暗号化設定フラグが有効になっている場合にのみ暗号化できます。


        EMCC ログイン時に、訪問先クラスタとホーム クラスタの両方のバージョンが 9.x である場合、電話機は次の表に示すようにさまざまなモードで動作します。

        表 1 訪問先クラスタとホーム クラスタがどちらもバージョン 9.x である場合にサポートされるセキュリティ モード

        ホーム クラスタのバージョン

        ホーム クラスタのモード

        訪問先クラスタのバージョン

        訪問先クラスタのモード

        訪問先電話機のモード

        EMCC ステータス

        9.x

        混合

        9.x

        混合

        セキュア

        セキュア EMCC

        9.x

        混合

        9.x

        混合

        非セキュア

        非セキュア EMCC

        9.x

        混合

        9.x

        非セキュア

        非セキュア

        非セキュア EMCC

        9.x

        非セキュア

        9.x

        混合

        セキュア

        ログイン失敗

        9.x

        非セキュア

        9.x

        非セキュア

        非セキュア

        非セキュア EMCC

        EMCC ログイン時に、訪問先クラスタのバージョンが 8.x で、ホーム クラスタのバージョンが 9.x である場合、電話機は次の表に示すようにさまざまなモードで動作します。

        表 2 訪問先クラスタがバージョン 8.x で、ホーム クラスタがバージョン 9.x の場合にサポートされるセキュリティ モード

        ホーム クラスタのバージョン

        ホーム クラスタのモード

        訪問先クラスタのバージョン

        訪問先クラスタのモード

        訪問先電話機のモード

        EMCC ステータス

        9.x

        混合

        8.x

        混合

        セキュア

        非サポート

        9.x

        混合

        8.x

        混合

        非セキュア

        非セキュア EMCC

        9.x

        混合

        8.x

        非セキュア

        非セキュア

        非セキュア EMCC

        9.x

        非セキュア

        8.x

        混合

        セキュア

        非サポート

        9.x

        非セキュア

        8.x

        非セキュア

        非セキュア

        非セキュア EMCC

        EMCC ログイン時に、訪問先クラスタのバージョンが 9.x で、ホーム クラスタのバージョンが 8.x である場合、電話機は次の表に示すようにさまざまなモードで動作します。

        表 3 訪問先クラスタがバージョン 9.x で、ホーム クラスタがバージョン 8.x の場合にサポートされるセキュリティ モード

        ホーム クラスタのバージョン

        ホーム クラスタのモード

        訪問先クラスタのバージョン

        訪問先クラスタのモード

        訪問先電話機のモード

        EMCC ステータス

        8.x

        混合

        9.x

        混合

        セキュア

        ログイン失敗

        8.x

        混合

        9.x

        混合

        非セキュア

        非セキュア EMCC

        8.x

        混合

        9.x

        非セキュア

        非セキュア

        非セキュア EMCC

        8.x

        非セキュア

        9.x

        混合

        セキュア

        ログイン失敗

        8.x

        非セキュア

        9.x

        非セキュア

        セキュア

        非セキュア EMCC

        EMCC の制限事項

        この項では、他の Cisco Unified Communications Manager の管理コンポーネントでの Cisco Extension Mobility Cross Cluster の制限事項を示します。

        EMCC ログアウトの制限事項

        次の EMCC ログアウトの制限事項を確認してください。
        • エンド ユーザが EMCC を使用してログインしているときにホーム クラスタの管理者がエンド ユーザの EMCC 機能を無効にしても、このエンド ユーザは自動的にはログアウトされません (このシナリオでは、管理者がこのエンド ユーザの [エンドユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウで [クラスタ間のエクステンションモビリティの有効化(Enable Extension Mobility Cross Cluster)] チェックボックスをオフにします)。その代わり、このエンド ユーザが後で EMCC を実行しようとしても動作しません。 現在の EMCC セッションは、エンド ユーザがログアウトするまで継続します。

        • 訪問先クラスタでは、現在の [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウにクラスタ内 EM の [ログアウト(Log Out)] ボタンがあります。 このボタンは、訪問先クラスタの管理者が EMCC 電話機からログアウトする場合にも使用されます。 EMCC 電話機は訪問先 Cisco Unified Communications Manager に現在登録されていないため、この操作は訪問先クラスタの DB クリーンアップ機能と同じです。 他の手段によるホーム クラスタからのリセットまたはログアウトによって訪問先クラスタに戻るまで、EMCC 電話機はホーム Cisco Unified Communications Manager に登録されたままの状態です。

        EMCC でのインターコム機能の非対応

        インターコムの設定にはスタティックなデバイスの設定を指定するため、Cisco Extension Mobility Cross Cluster ではインターコム機能がサポートされません。

        EMCC でのロケーションベースの CAC の非対応

        ロケーション CAC はサポートされていません。

        RSVP ベースの CAC はサポートされています。

        ローカル ルート グループを使用する場合の EMCC の制限事項および設定要件

        ローカル ルート グループを使用して EMCC コールをルーティングする場合、EMCC の制限事項および設定要件の詳細については、次の項を参照してください。

        EMCC デバイスの複数のクラスタ内でのプロビジョニングは不可

        自動登録は無効にしておくことをお勧めします(不用意なプロビジョニングを避けるため)。

        クラスタ間の EMCC およびセキュリティ モード

        すべてのクラスタでは、次のいずれかから同じセキュリティ モードを指定する必要があります。

        • クラスタは、非セキュアなクラスタまたは混合モードのクラスタを指定できます。

        • Cisco Extension Mobility Cross Cluster が有効になっている電話機は、セキュア モードまたは非セキュア モードを指定できます。

        訪問先電話機のログイン制限

        参加クラスタ内の Cisco Extension Mobility サービスは、定期的なリモート クラスタの更新を実行します。 [EMCC機能設定(EMCC Feature Configuration)] 機能のパラメータ Remote Cluster Update Interval によって、更新間隔を制御します。デフォルト値には 30 分が指定されています。

        クラスタ A の Cisco Extension Mobility サービスがこの更新についてリモート クラスタ(クラスタ B など)から応答を受け取らない場合、クラスタ A の [リモートクラスタ(Remote Cluster)] ウィンドウには、クラスタ B の [リモートがアクティブ(Remote Activated)] サービスが [False] に設定されていると表示されます。

        この場合、訪問先クラスタではホーム クラスタからの応答を一切受け取らず、ホーム クラスタの [リモートがアクティブ(Remote Activated)] 値を [False] に設定します。

        この間隔の間は、訪問先電話機が EMCC を使用してログインできない場合があります。 訪問先電話機は、「ログインできません(23)」というメッセージを受信します。

        この時点で、訪問先電話機から EMCC にログインしようとすると、エラー「ログインできません(23)」が発生してログインに失敗します。このエラーは電話機に表示されます。 これは、ホーム クラスタの Cisco Unified Communications Manager がサービス停止からサービス中に変化したことを、訪問先クラスタが検出していないために発生します。

        リモート クラスタのステータス変更の検出は、EMCC 機能パラメータ Remote Cluster Update Interval の値に基づいて、訪問先の Cisco Extension Mobility サービスが最後にクエリー/更新を実行した時点を基に行われます。

        また、[リモートクラスタサービスの設定(Remote Cluster Service Configuration)] ウィンドウ([拡張機能(Advanced Features)] > [EMCC] > [EMCCリモートクラスタ(EMCC Remote Cluster)])の [リモートクラスタを今すぐ更新(Update Remote Cluster Now)] ボタンをクリックすると、[リモートがアクティブ(Remote Activated)] 値を [True] に変更できます。このとき、EMCC ログインも有効になります。 これ以外の場合、次の定期更新サイクルの後、訪問先電話機による EMCC ログインは通常に戻ります。

        EMCC とプロダクト固有の設定

        インストールと EMCC のアクティブ化

        Cisco Unified Communications Manager のインストール後、必要な設定作業を実行すると、ネットワークで Cisco Extension Mobility Cross Cluster 機能をサポートできます。 実行する必要がある設定作業については、EMCC の設定を参照してください。

        EMCC の設定

        この項では EMCC の設定について説明します。

        EMCC 機能の設定項目

        次の表に、[EMCC機能設定(EMCC Feature Configuration)] ウィンドウ([拡張機能(Advanced Features)] > [EMCC] > [EMCC機能設定(EMCC Feature Configuration)])で設定する EMCC 機能のパラメータの詳細を示します。

        表 4 EMCC 機能のパラメータの設定項目

        EMCC パラメータ

        説明

        [Default TFTP Server for EMCC Login Device]

        リモート クラスタから EMCC にログインするデバイスが使用するデフォルト TFTP サーバのコンピュータ名または IP アドレスを選択します。

        [Backup TFTP Server for EMCC Login Device]

        リモート クラスタから EMCC にログインするデバイスが使用するバックアップ TFTP サーバのコンピュータ名または IP アドレスを選択します。

        [Default Interval for Expired EMCC Device Maintenance]

        有効期限が切れた EMCC デバイスのシステムをチェックする間隔を分数で指定します。

        有効期限が切れた EMCC デバイスとは、リモート クラスタから EMCC にログインしたデバイスのうち、WAN 障害または接続の問題が発生したために訪問先クラスタからログアウトし、接続が回復したときに訪問先クラスタに再度ログインしたデバイスを指します。

        このメンテナンス ジョブの実行中、Cisco Extension Mobility サービスは Cisco Unified Communications Manager データベースをチェックして、有効期限が切れた EMCC デバイスがあるかどうかを調べ、そのようなデバイスがあれば自動的にログアウトされます。

        デフォルト値は 1440 分です。 有効な値の範囲は 10 ~ 1440 分です。

        [Enable All Remote Cluster Services When Adding A New Remote Cluster]

        新しいリモート クラスタを追加したときに、そのクラスタ上のすべてのサービスを自動的に有効にするかどうかを選択します。

        有効な値は [True](リモート クラスタ上のすべてのサービスを自動的に有効化)または [False](Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [リモートクラスタの設定(Remote Cluster Configuration)] ウィンドウ経由でリモート クラスタ上のサービスを手動で有効化)です。 サービスを手動で有効にすれば、リモート サービスが有効になる前に EMCC 機能をすべて設定する余裕ができます。

        デフォルト値は [False] です。

        [CSS for PSTN Access SIP Trunk]

        EMCC コールを処理する PSTN アクセス SIP トランクが使用するコーリング サーチ スペース(CSS)を選択します。

        PSTN アクセス SIP トランクには、Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [クラスタ間サービスプロファイル(Intercluster Service Profile)] ウィンドウで PSTN アクセス用に設定した SIP トランクを指定します。 このトランク経由のコールは、コールを開始する EMCC ログイン電話機と同じ場所に設置されたローカル PSTN 向けで、この PSTN だけにルーティングされます。

        有効な値は次のとおりです。

        • [Use Trunk CSS](PSTN コールはローカル ルート グループを使用します。このグループは、緊急サービス コールを正しくルーティングするために有効です)
        • [Use phone's original device CSS](PSTN コールはリモート電話機に設定されたコーリング サーチ スペースを使用してルーティングされます。つまり、電話機が EMCC にログインしていないときに使用される CSS です)

        デフォルト値は [Use Trunk CSS] です。

        [EMCC Geolocation Filter]

        Cisco Extension Mobility Cross Cluster 機能で使用するように設定した位置情報フィルタを選択します。 このドロップダウン リスト ボックスで値を選択するには、あらかじめ EMCC 位置情報フィルタを設定しておく必要があります。

        別のクラスタからエクステンション モビリティ経由でログインした電話機に関係付けられた位置情報と、選択した EMCC 位置情報フィルタに基づいて、Cisco Unified Communications Manager は電話機をローミング用デバイス プールに格納します。

        Cisco Unified Communications Manager では、EMCC 位置情報フィルタを適用した後、電話機の位置情報に最もよく一致するデバイス プールを評価して、使用するローミング用デバイス プールを決定します。

        [EMCC Region Max Audio Bit Rate]

        このパラメータは、相手側に関連付けられたリージョンとは無関係に、すべての EMCC コールの最大オーディオ ビット レートを指定します。

        デフォルト値は 8 kbps(G.729)です。

        (注)     

        使用する [EMCC Region Max Audio Bit Rate] を、クラスタの通信先となる他のクラスタに通知してください。 すべての参加 EMCC クラスタには、同じ [EMCC Region Max Audio Bit Rate] を指定する必要があります。

        [EMCC Region Max Video Call Bit Rate (Includes Audio)]

        このパラメータは、相手側に関連付けられたリージョンのビデオ コールの最大ビットレートとは無関係に、すべての EMCC ビデオ コールの最大ビット レートを指定します。

        デフォルト値は 384 です。 有効な値の範囲は 0 ~ 8128 です。

        (注)     

        使用する [EMCC Region Max Video Call Bit Rate] を、クラスタの通信先となる他のクラスタに通知してください。 すべての参加 EMCC クラスタには、同じ [EMCC Region Max Video Call Bit Rate] を指定する必要があります。

        [EMCC Region Link Loss Type]

        このパラメータは、任意のリモート クラスタの任意の EMCC 電話機とデバイス間のリンク損失タイプを指定します。

        (注)     

        使用する [EMCC Region Link Loss Type] を、クラスタの通信先となる他のクラスタに通知してください。 EMCC コールで双方向オーディオを有効にするには、すべての参加 EMCC クラスタが同じ [EMCC Region Link Loss Type] を使用する必要があります。

        Cisco Unified Communications Manager は、選択されたオプションに基づいて、設定された [EMCC Region Max Audio Bit Rate] を考慮しつつ EMCC コールに最適なオーディオ コーデックの使用を試みます。

        有効な値は次のとおりです。

        • [Lossy](多少のパケット損失が発生する可能性のあるリンク。DSL など)
        • [Low Loss](パケット損失があまり発生しないリンク。T1 など)

        このパラメータを [Lossy] に設定すると、Cisco Unified Communications Manager では多少のパケット損失が発生するという前提のオーディオ品質に基づいて、[EMCC Region Max Audio Bit Rate] によって設定された制限内で最適なコーデックを選択します。

        このパラメータを [Low Loss] に設定すると、Cisco Unified Communications Manager ではパケット損失がほとんど発生しない、またはまったく発生しないという前提のオーディオ品質に基づいて、[EMCC Region Max Audio Bit Rate] によって設定された制限内で最適なコーデックを選択します。

        [Low Loss] と [Lossy] オプションのオーディオ コーデック プリファレンス順序の違いは、リンク損失タイプを [Low Loss] に設定したときに G.722 が Internet Speech Audio Codec(iSAC)より優先されるかどうかだけです。一方、リンク損失タイプを [Lossy] に設定すると、iSAC が G.722 より優先されます。

        デフォルト値は [Low Loss] です。

        [RSVP SIP Trunk KeepAlive Timer]

        EMCC RSVP SIP トランク上の 2 つのクラスタ間で、キープアライブ メッセージまたは確認応答の送受信を Cisco Unified Communications Manager が待機する秒数を指定します。

        EMCC RSVP SIP トランクには、トランクサービスタイプとして Cisco Extension Mobility Cross Cluster が設定され、[クラスタ間サービスプロファイル(Intercluster Service Profile)] ウィンドウで RSVP エージェントの SIP トランクとして選択されている SIP トランクを指定します。 キープアライブ メッセージまたは確認応答を受信しないうちにこれら 2 つの間隔が経過すると、Cisco Unified Communications Manager はリモート クラスタで使用する RSVP リソースを解放します。

        デフォルト値は 15 秒です。 有効な値の範囲は 1 ~ 600 秒です。

        [Default Server for Remote Cluster Update]

        Cisco Extension Mobility サービスがアクティブになっているこのローカル クラスタの、プライマリ Cisco Unified Communications Manager ノードのデフォルト サーバ名または IP アドレスを選択します。 リモート クラスタはこのノードにアクセスして、このローカル クラスタの情報を取得します。

        [Backup Server for Remote Cluster Update]

        Cisco Extension Mobility サービスがアクティブになっているこのローカル クラスタの、セカンダリ Cisco Unified Communications Manager ノードのデフォルト サーバ名または IP アドレスを選択します。 リモート クラスタは、プライマリ ノードがダウンしているときにこのノードにアクセスして、このローカル クラスタの情報を取得します。

        [Remote Cluster Update Interval]

        ローカル Cisco Unified Communications Manager ノード上の Cisco Extension Mobility サービスがリモート EMCC クラスタの情報を収集する間隔(分単位)を指定します。 収集される情報には、リモート クラスタの Cisco Unified Communications Manager バージョンおよびサービス情報などの詳細が含まれます。

        デフォルト値は 30 です。 有効な値の範囲は 15 ~ 10,080 分です。

        EMCC クラスタ間サービス プロファイルの設定

        EMCC クラスタ間サービス プロファイルは、[クラスタ間サービスプロファイルの設定(Intercluster Service Profile Configuration)] ウィンドウで設定します。 Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[拡張機能(Advanced Features)] > [EMCC] > [EMCCクラスタ間サービスプロファイル(EMCC Intercluster Service Profile)] メニュー オプションを使用してこのウィンドウを表示します。

        表 5 EMCC クラスタ間サービス プロファイルの設定項目

        フィールド

        説明

        [EMCC]

        [アクティブ(Active)]

        Cisco Extension Mobility Cross Cluster 機能を有効にするには、このチェックボックスをオンにします。

        [PSTNアクセス(PSTN Access)]

        [アクティブ(Active)]

        PSTN アクセスを有効にするには、このチェックボックスをオンにします。

        [SIP トランク(SIP Trunk)]

        ドロップダウン リスト ボックスから、PSTN アクセスに使用する SIP トランクを選択します。

        最初に SIP トランクを指定([デバイス(Device)] > [トランク(Trunk)])してから、そのトランクを PSTN アクセス用に設定する必要があります。

        [RSVPエージェント(RSVP Agent)]

        [アクティブ(Active)]

        RSVP エージェントを有効にするには、このチェックボックスをオンにします。

        [SIP トランク(SIP Trunk)]

        ドロップダウン リスト ボックスから、RSVP エージェントに使用する SIP トランクを選択します。

        最初に SIP トランクを指定([デバイス(Device)] > [トランク(Trunk)])する必要があります。

        [EMCCセットアップ検証レポート(EMCC Setup Validation Report)]

        [設定(Configuration(s))]

        [保存(Save)] をクリックすると、このペインに [EMCCセットアップ検証レポート(EMCC Setup Validation Report)] が表示されます。

        [確認(Validate)] をクリックすると、ポップアップ ウィンドウに [EMCCセットアップ検証レポート(EMCC Setup Validation Report)] が表示されます。 ポップアップ ウィンドウを閉じるには、[閉じる(Close)] をクリックします。

        レポートの [設定(Configuration(s))] カラムに、検証対象の次のエンティティが表示されます。

        • [EMCC PSTNアクセスサービス(EMCC PSTN Access Service)]
        • [EMCCログインデバイス用のデフォルトのTFTPサーバ(Default TFTP Server for EMCC Login Device)]
        • [EMCC位置情報フィルタ(EMCC Geolocation Filter)]
        • [リモートクラスタ用のEMCCサービスのデフォルトサーバ(EMCC Service Default Server for Remote Cluster)]
        • [EMCCデバイス(EMCC Devices)]
        • [クラスタID(ClusterId)]

        [ステータス(Status)]

        このカラムには、EMCC クラスタ間サービス プロファイルの、検証中の各設定のステータスが表示されます。 各エンティティの有効な値は [成功(Success)] および [失敗(Failure)] です。

        エラー メッセージ

        失敗した設定ごとにエラー メッセージが表示され、正しい設定を行うために実行する必要のある設定が示されます。

        リモート クラスタの設定

        Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[拡張機能(Advanced Features)] > [クラスタビュー(Cluster View)] メニュー パスを使用してリモート クラスタを設定します。

        リモート クラスタの検索に関するヒント

        検索操作を実行すると、すでに追加されているリモート クラスタだけが検索されます。 検索操作を実行しても、自動的に企業に所属しているクラスタは検索されません。

        GUI の使用方法

        Cisco Unified Communications Manager の管理ページのグラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI)を使用してレコードを検索、削除、設定、またはコピーする方法については、『Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド』とそのサブセクションを参照してください。GUI の使用方法とボタンおよびアイコンの機能の詳細が説明されています。

        設定項目の表

        次の表に、[リモートクラスタの設定(Remote Cluster Configuration)] ウィンドウ([拡張機能(Advanced Features)] > [クラスタビュー(Cluster View)])で設定するリモート クラスタの設定項目の詳細を示します。

        表 6 リモート クラスタの設定項目

        フィールド

        説明

        [リモートクラスタ情報(Remote Cluster Information)]

        [クラスタID(Cluster Id)]

        リモート クラスタのクラスタ ID を入力します。

        有効な値は、英数字、ピリオド(.)、ハイフン(-)です。

        [説明(Description)]

        リモート クラスタの説明を入力します。

        このフィールドには、最大 128 文字を入力できます。 引用符(")、右山カッコ(>)、左山カッコ(<)、バックスラッシュ(\)、ダッシュ(-)、アンパサンド(&)、およびパーセント記号(%)を除くすべての文字を使用できます。

        [完全修飾名(Fully Qualified Name)]

        リモート クラスタの完全修飾名を入力します。

        このフィールドには最大 50 文字を入力でき、使用できる文字は英数字(a ~ z、A ~ Z、0 ~ 9)、ピリオド(.)、ダッシュ(-)、アスタリスク(*)、およびスペース( )です。

        [リモートクラスタサービスの情報(Remote Cluster Service Information)]

        [EMCC]

        EMCC サービスの場合、このサービスの設定の詳細が次のカラム ヘッダーに表示されます。

        • [有効(Enabled)]:EMCC サービスが有効な場合は、このチェックボックスがオンになります。
        • [サービス(Service)]:このエントリは EMCC サービスです。
        • [リモートがアクティブ(Remote Activated)]:有効な値は [True] または [False] です。
        • [アドレス1(Address 1)]:このカラムには、このサービスの最初のアドレスが表示されます。
        • [アドレス2(Address 2)]:このカラムには、このサービスの 2 番目のアドレスが表示されます。
        • [アドレス3(Address 3)]:このカラムには、このサービスの 3 番目のアドレスが表示されます。

        [PSTNアクセス(PSTN Access)]

        PSTN アクセスの場合、このサービスの設定の詳細が次のカラム ヘッダーに表示されます。

        • [有効(Enabled)]:PSTN アクセスが有効な場合は、このチェックボックスがオンになります。
        • [サービス(Service)]:このエントリは PSTN アクセスです。
        • [リモートがアクティブ(Remote Activated)]:有効な値は [True] または [False] です。
        • [アドレス1(Address 1)]:このカラムには、このサービスの最初のアドレスが表示されます。
        • [アドレス2(Address 2)]:このカラムには、このサービスの 2 番目のアドレスが表示されます。
        • [アドレス3(Address 3)]:このカラムには、このサービスの 3 番目のアドレスが表示されます。

        [RSVPエージェント(RSVP Agent)]

        RSVP エージェントの場合、このサービスの設定の詳細が次のカラム ヘッダーに表示されます。

        • [有効(Enabled)]:RSVP エージェントが有効な場合は、このチェックボックスがオンになります。
        • [サービス(Service)]:このエントリは RSVP エージェントです。
        • [リモートがアクティブ(Remote Activated)]:有効な値は [True] または [False] です。
        • [アドレス1(Address 1)]:このカラムには、このサービスの最初のアドレスが表示されます。
        • [アドレス2(Address 2)]:このカラムには、このサービスの 2 番目のアドレスが表示されます。
        • [アドレス3(Address 3)]:このカラムには、このサービスの 3 番目のアドレスが表示されます。

        TFTP

        TFTP サービスの場合、このサービスの設定の詳細が次のカラム ヘッダーに表示されます。

        • [有効(Enabled)]:TFTP サービスが有効な場合は、このチェックボックスがオンになります。

        • [サービス(Service)]:このエントリは EMCC サービスを指定します。

        • [リモートがアクティブ(Remote Activated)]:有効な値は [はい(True)] または [いいえ(False)] です。

          (注)     

          リモート IP アドレスが手動で、または動的に設定されている場合は、[リモートがアクティブ(Remote Activated)] カラムは必ず [はい(True)] に設定されます。

        • [アドレス1(Address 1)]:このカラムには、このサービスの最初のアドレスが表示されます。

          (注)     

          Cisco Unified CM 8.6 (1) から Cisco Unified CM 8.6 (2) 以降にアップグレードする場合、アドレス 1 はシステムにより自動的に更新されます。 ただし、DNS 検索が失敗したなど、何らかの理由でこのフィールドがアップグレード後に空白である場合は、TFTP サービスの適切な IP アドレスを使用して手動で更新する必要があります。

        • [アドレス2(Address 2)]:このカラムには、このサービスの 2 番目のアドレスが表示されます。

        • [アドレス3(Address 3)]:このカラムには、このサービスの 3 番目のアドレスが表示されます。

        UDS

        このチェックボックスで、リモート クラスタ上のユーザ データ サービス(UDS)のリモート クラスタ検索を切り替えます。

        • [有効(Enabled)]:UDS が有効な場合は、このチェックボックスがオンになります。
        • [サービス(Service)]:このエントリは UDS を指定します。
        • [リモートがアクティブ(Remote Activated)]:有効な値は [True] または [False] です。
        • [アドレス1(Address 1)]:このカラムには、このサービスの最初のアドレスが表示されます。
        • [アドレス2(Address 2)]:このカラムには、このサービスの 2 番目のアドレスが表示されます。
        • [アドレス3(Address 3)]:このカラムには、このサービスの 3 番目のアドレスが表示されます。
        次の設定例について考えてみます。
        • 3 つのノード クラスタ(A、B、C)があり、ノード A のクラスタ ビューには B と C のエントリがあります。

        • B では [UDS] がオンに、C では [UDS] がオフになっています。

        • HTTPS GET メソッドを使用してノード A でユーザ B を検索すると、クラスタ B で見つかったユーザが検索結果として表示されます。

        • HTTPS GET メソッドを使用してノード A でユーザ C を検索すると、クラスタ B ではユーザが見つからなかったことが検索結果として表示されます。

        [すべてのサービスを有効化(Enabled All Services)]

        すべてのサービスを有効にするには、このボタンをクリックします。

        [すべてのサービスを無効化(Disabled All Services)]

        すべてのサービスを無効にするには、このボタンをクリックします。

        [リモートクラスタを今すぐ更新(Update Remote Cluster Now)]

        リモート クラスタをすぐに更新するには、このボタンをクリックします。

        ユーザへの情報提供

        エンド ユーザは、クラスタ間のエクステンション モビリティ機能へのログインとログアウトを、エクステンション モビリティ機能から実行する場合と同じように実行します。また、どのクラスタを使用しているかはエンド ユーザに表示されません。

        EMCC のトラブルシューティング

        この項では、EMApp および EMService のエラー コードについて説明します。

        Cisco Extension Mobility Cross Cluster のトラブルシューティングについては、『Cisco Unified Communications Manager Troubleshooting Guide』を参照してください。

        EMApp のエラー コード

        次の表に、Cisco Extension Mobility アプリケーション(EMApp)に適用されるエラー コードを示します。

        表 7 Cisco Extension Mobility アプリケーション(EMApp)のエラー コード

        エラー コード

        電話機の表示

        簡単な説明

        説明

        201

        再度ログインしてください(201)

        認証エラー

        ユーザが EMCC ユーザの場合、[クラスタ間サービスプロファイル(Inter-cluster Service Profile)] ページで「EMCC」がアクティブにされていないと、このエラーが発生する可能性があります。

        202

        再度ログインしてください(202)

        UserID または暗証番号が空白です。

        ユーザがブランクのユーザ ID または暗証番号を入力しました。

        204

        ログインできません(204)

        ディレクトリ サーバ エラー

        指定された暗証番号を使用するユーザを IMS が認証できなかった場合に、このエラーが EMApp から電話機に送信されます。

        205

        ログインできません(205)

        ログアウトできません(205)

        ユーザ プロファイルなし

        キャッシュまたはデータベースからユーザ プロファイル情報を取得できなかった場合に発生します。

        207

        ログインできません(207)

        ログアウトできません(207)

        空のデバイス名

        要求 URI にデバイスまたは名前タグが欠落している場合に発生します。 これは実際のデバイスで発生する可能性はなく、サードパーティ アプリケーションから要求が送信された場合にだけ発生する可能性があります。

        208

        ログインできません(208)

        ログアウトできません(208)

        EMService 接続エラー

        訪問先 EMApp が、どの訪問先 EMService にも接続できません (サービスがダウンしているか、またはアクティブではありません)。

        訪問先の EMService が、ホーム EMService に接続できません(WAN がダウンしているか、または証明書が信頼されていません)。

        210

        ログインできません(210)

        ログアウトできません(210)

        初期化に失敗:管理者に連絡

        EMApp の初期化中に何らかのエラー(データベース接続障害など)が発生しました。 起動時にデータベースへの接続に失敗すると、このエラーが発生する場合があります。 これは致命的なエラーです。

        211

        ログインできません(211)

        ログアウトできません(211)

        EMCC が非アクティブ

        訪問先クラスタの [クラスタ間サービスプロファイル(Intercluster Service Profile)] ウィンドウで PSTN がアクティブにされていない場合に発生します。

        212

        ログインできません(212)

        クラスタ ID が無効

        間違ったクラスタ ID がリモート クラスタに送信され、リモート クラスタの更新(キープアライブ)に失敗した場合に発生します。

        213

        ログインできません(213)

        ログアウトできません(213)

        デバイスが EMCC を未サポート

        デバイス(電話機ロード)に EMCC 機能がない場合に発生します(たとえば、従来の電話機、または古い電話機ロードを使用する TNP 電話機の場合)。

        EMService のエラー コード

        次の表に、Cisco Extension Mobility サービス(EMService)に適用されるエラー コードを示します。

        表 8 Cisco Extension Mobility サービス(EMService)のエラー コード

        エラー コード

        電話機の表示

        簡単な説明

        説明

        0

        ログインできません(0)

        ログアウトできません(0)

        不明なエラー

        まったく予期しない何らかのシナリオによって EMService に障害が発生しました。 このエラーは致命的です。

        1

        ログインできません(1)

        ログアウトできません(1)

        解析時のエラー

        EMService が EMApp/EMService からの XML 要求を解析できませんでした。 このことは、サード パーティ アプリケーションが間違ったクエリー/ログイン XML(EM API)を送信すると発生します。また、ホーム CUCM のバージョンと訪問先 CUCM の(EMCC の)バージョンに不一致があると発生する可能性があります。

        2

        ログインできません(2)

        EMCC 認証エラー

        ユーザが誤った暗証番号を入力したため、EMCC ユーザ クレデンシャルを認証できませんでした。

        3

        ログインできません(3)

        ログアウトできません(3)

        無効なアプリケーション ユーザ

        無効なアプリケーション ユーザ。 これは EM API を使用しているときに、よく発生する可能性があります。

        4

        ログインできません(4)

        ログアウトできません(4)

        ポリシー検証エラー

        何らかの不明な理由(データベース クエリー中のエラーまたはキャッシュから情報を取得中のエラー)により、ログイン/ログアウト要求を検証できない場合に EM サービスはこのエラーを送信します。

        5

        ログインできません(5)

        ログアウトできません(5)

        デバイスの ログインが無効

        [電話の設定(Phone Configuration)] ページの [エクステンションモビリティの有効化(Enable Extension Mobility)] がオフになっているデバイスの EM/EMCC ログインが要求されました。

        6

        ログインできません(6)

        ログアウトできません(6)

        データベース エラー

        EM サービスから要求されたクエリーまたはストアド プロシージャ(ログイン/ログアウトまたはデバイス/ユーザ クエリー)の実行中にデータベースが例外をスローすると、EM サービスは必ずこのエラー コードを EM アプリケーションに送信します。

        8

        ログインできません(8)

        ログアウトできません(8)

        不明なクエリー タイプ

        有効なクエリーが EMService に送信されませんでした(有効なクエリーは DeviceUserQuery および UserDeviceQuery です)。 通常、正しくない XML を入力して EM API を使用すると、このエラーが発生します。

        9

        ログインできません(9)

        ログアウトできません(9)

        ディレクトリの ユーザ情報エラー

        このエラーが表示されるのは、次の 2 つの場合です。

        1. IMS が特定のユーザを認証しようとして例外をスローする場合

        2. キャッシュまたはデータベースから特定ユーザについての情報を取得できない場合

        10

        ログインできません(10)

        ログアウトできません(10)

        ユーザにアプリケーションのプロキシ権限がない

        ユーザが他のユーザに代わってログイン/クエリーを実行しようとしました(デフォルトでは、管理者権限があるのは CCMSysUser だけです)。

        11

        ログインできません(11)

        ログアウトできません(11)

        デバイスが存在しない

        電話レコードのエントリがデバイス テーブルにありません。

        12

        電話レコードのエントリがデバイス テーブルにありません

        デバイスの プロファイルが見つからない

        デバイス プロファイルがリモート ユーザ(EMCC ログイン)に関連付けられていません。

        18

        ログインできません(18)

        別のユーザがログイン中

        特定の電話機に別のユーザがすでにログイン済みです。

        19

        ログアウトできません(19)

        ユーザがログインしていない

        ログインしていないユーザをログアウトさせようとしました。 通常、サード パーティ アプリケーション(EM API)からログアウト要求を送信すると、このエラーが発生する可能性があります。

        20

        ログインできません(20)

        ログアウトできません(20)

        ホテリング フラグ エラー

        [電話の設定(Phone Configuration)] ページの [エクステンションモビリティの有効化(Enable Extension Mobility)] がオフになっています。

        21

        ログインできません(21)

        ログアウトできません(21)

        ホテリング ステータス エラー

        ローカル キャッシュまたはデータベースから現在のユーザ ステータスを取得できませんでした(PolicyValidator が現在のログイン ユーザまたはログイン時間を確認しようとした場合)。

        22

        ログインできません(22)

        デバイスの ログインが無効

        デバイスで EM が有効でないときに要求が EM API 経由で送信された場合、または電話機のサービス ボタンが押された場合に発生します。

        23

        ログインできません(23)

        ログアウトできません(23)

        ユーザが存在しない

        指定されたユーザ ID が(いずれのリモート クラスタでも)見つからない場合に発生します。

        25

        ログインできません(25)

        ユーザが別の場所にログイン中

        現在、ユーザは別の電話にログインしています。

        26

        ログインできません(26)

        ログアウトできません(26)

        話し中につき、かけ直し

        現在、EMService は「Maximum Concurrent Requests」サービス パラメータのしきい値レベルに達しています。

        28

        ログインできません(28)

        ログアウトできません(28)

        信頼されていない IP エラー

        「Validate IP Address」サービス パラメータが [True] に設定されているときに、信頼されていない IP アドレスのマシンからユーザがログイン/ログアウトしようとしました(たとえば、Trusted List of Ips サービス パラメータにリストされていないマシンのサード パーティ アプリケーション/EM API)。

        29

        ログインできません(29)

        ログアウトできません(29)

        RIS がダウン:管理者に連絡

        RISDC キャッシュが作成および初期化されていません。また、EMService が RISDC に接続できません。

        30

        ログインできません(30)

        ログアウトできません(30)

        プロキシが許可されていない

        ログイン/ログアウトがプロキシを通過しましたが(HTTP ヘッダーに「Via」が設定されています)、「Allow Proxy」サービス パラメータが [False] に設定されています。

        31

        ログインできません(31)

        ログアウトできません(31)

        ユーザの EMCC が非アクティブ

        ホーム クラスタの [エンドユーザ(End User)] ウィンドウで [クラスタ間のエクステンションモビリティの有効化(Enable Extension Mobility Cross Cluster)] チェックボックスがオンになっていない場合に発生します。

        32

        ログインできません(32)

        ログアウトできません(32)

        デバイスが EMCC を未サポート

        デバイス モデルに EMCC 機能がない場合に発生します(従来の電話機など)。

        33

        ログインできません(33)

        ログアウトできません(33)

        空き EMCC ダミー デバイスがない

        すべての EMCC ダミー デバイスが他の EMCC ログインで使用中の場合に発生します。

        35

        ログインできません(35)

        ログアウトできません(35)

        訪問先クラスタ情報がホーム クラスタに未登録

        この訪問先クラスタのエントリがホーム クラスタにない場合に発生します。

        36

        ログインできません(36)

        ログアウトできません(36)

        リモート クラスタがない

        管理者がリモート クラスタを 1 つも追加していない場合に発生します。

        37

        ログインできません(37)

        ログアウトできません(37)

        デバイス名の重複

        ホーム クラスタと訪問先クラスタに同じデバイス名が存在する場合に発生します。

        38

        ログインできません(38)

        ログアウトできません(38)

        EMCC が許可されていない

        ホーム クラスタで EMCC ログインを許可しない場合に発生します(ホーム クラスタで [クラスタ間のエクステンションモビリティの有効化(Enable Extension Mobility Cross Cluster)] チェックボックスがオンではありません)。

        42

        ログインできません(42)

        ログアウトできません(42)

        無効なクラスタ ID

        リモート クラスタ ID が有効でない場合に発生します(リモート クラスタの更新時に発生)。

        43

        ログインできません(43)

        デバイス セキュリティ モード エラー

        EMCC デバイスに関連付けられたデバイス セキュリティ プロファイルでは [デバイスセキュリティモード(Device Security Mode)] が [非セキュア(Non Secure)] でなければなりません。

        (注)     

        このエラー コードは Cisco Unified Communications Manager リリース 9.x 以降には適用されません。

        45

        ログインに失敗しました(45)

        リモート クラスタのバージョンがサポートされていません

        EMCC ログイン時に訪問先クラスタのバージョンが 9.x で混合モードであり、電話機がセキュア モードで、ホーム クラスタのバージョンが 8.x である場合に発生します。

        46

        ログインに失敗しました(46)

        リモート クラスタのセキュリティ モードがサポートされていません

        EMCC ログイン時に訪問先クラスタのセキュリティ モードが混合モードで、電話機がセキュア モードで、ホーム クラスタが非セキュア モードである場合に発生します。