Cisco Unified Communications Manager Release 10.0(1) 機能およびサービス ガイド
拡張機能と接続機能
拡張機能と接続機能

目次

拡張機能と接続機能

この章では、拡張機能と接続機能について説明します。 この章の構成は、次のとおりです。

拡張機能と接続機能

拡張機能と接続機能の概要

個人用デバイスの環境設定の変化とモバイル ワーカーおよびリモート ワーカー数の増加により、Bring Your Own Device(BYOD)の概念に基づいて Unified Communications(UC)機能を拡張する柔軟性を備えたソリューションが求められています。 拡張機能と接続機能は、このソリューションを実現します。

これらの機能により、あらゆるエンド ポイントとの相互運用を行う UC コンピュータ テレフォニー インテグレーション(CTI)アプリケーションを、管理者は迅速に導入できます。 拡張機能と接続機能を使用すれば、あらゆるロケーションのあらゆるデバイスから UC アプリケーションの利点を活用することができます。 これらの機能では、新しい UC ソリューションとレガシー システム間の相互運用も可能です。したがって、既存のシステムを廃止する際、徐々に新しい UC ソリューションへ移行することができます。

機能と利点

機能

Unified Communications Manager の拡張機能と接続機能には、次の UC 機能が備わっています。

  • 着信エンタープライズ コールの受信

  • 発信

  • 切断

  • 保留と応答

  • リダイレクトと転送

  • 不在転送

  • サイレント

  • DTMF の再生(アウトオブバンドおよびインバンド)

  • 打診転送、会議

  • リモート接続先の追加、編集、削除

  • アクティブまたは非アクティブなリモート接続先の設定

  • パーシステント コネクション

  • ウィスパー アナウンスメントの再生

利点

拡張機能と接続機能には、次のようなユーザへの利点があります。

  • エンタープライズ全体でのコール制御の標準化

  • アプリケーションの集中化

  • 統合ポイントおよびネットワーク トポロジの簡略化

  • ライセンスの集中化

  • アカウンティングと課金に利用するコール詳細レコードの集中化

  • アプリケーション展開の促進

  • 従来の PBX およびデバイスに対する既存の投資の保護

  • Cisco IP デバイスへの段階的な移行の有効化

使用例

サードパーティ製 PBX を使用するお客様向けの Cisco Jabber

Cisco Jabber を IM and Presence サービス機能のデスクトップ標準として導入したいが、Cisco IP デバイスの採用についてはまだ検討中であるというお客様の場合は、 Cisco IP デバイスへの段階的な移行を計画するか、ハイブリッド デバイス環境を維持する必要があります。

モバイル ワーカー向けの Cisco Jabber

  • PC ハードウェアまたは利用可能なネットワーク接続では VoIP をサポートしていないため、Cisco Jabber を使用して自宅またはホテルの電話でコールを発信/受信したいユーザの場合。

  • Cisco Jabber を使用して、Jabber の便利なクリックツーコール機能をデバイスですぐに使用したいユーザの場合。

  • Cisco Unified IP Phone、Jabber Softphone、またはその両方をすでに持っているが、自宅またはホテルの電話でも Jabber を使用したいユーザの場合。

システム アーキテクチャ

図 1. 拡張機能と接続機能のシステム アーキテクチャ. 次の図は、拡張機能と接続機能のシステム アーキテクチャを表したものです。



  • CTI リモート デバイスが Cisco Unified Communications Manager に登録されます。 たとえば、電話番号(DN)2000 が内線番号の場合、ユーザの外線番号は +1 408 200 2000 または 2000 として表されます。

  • リモート接続先は、ユーザのクラスタ外デバイスを表します。

  • クラスタ外デバイスが PBX または PSTN に登録されます。

  • CTI アプリケーションはコール イベントを受信し、コール処理を実行できます。

  • トランクによって Cisco Unified Communications Manager が PSTN または PBX に接続されます。 サポートされるタイプには、PRI、BRI、SIP、および FXO が含まれます。


    (注)  


    MGCP ゲートウェイでリモート接続先を使用する場合、コールの応答後に表示名、表示番号、およびゲートウェイで渡されるコール情報を更新することはできません。 これは MGCP プロトコルの制限事項です。


コール フロー

この項では、拡張機能と接続機能のイベント フローを、システムの側から説明します。

  1. Unified Communications Manager および Cisco Unified Communications Manager Session Management EditionUnified Communications Manager SME)で、エンタープライズ PSTN のトランキングとダイヤルプランを制御します。

  2. 管理者は、ユーザを Unified Communications Manager に追加し、新しい CTI リモート デバイス タイプに割り当てます。

  3. 各 CTI リモート デバイスには、ユーザの勤務先の電話番号(DN)(2000 など)やクラスタ外デバイスを表すリモート接続先(PBX 電話の場合は、+1 408 555 5555 など)が設定されています。

  4. 管理者は、Cisco Unified Communications Manager の管理ページのインターフェイス、管理 XML(AXL)インターフェイス、または一括管理ツール(BAT)を使用してリモート接続先を設定し、エンド ユーザは Jabber クライアントを使用してリモート接続先を設定することが可能です。

  5. ユーザは Jabber にサインインして、[別のデバイスを使用(Use my other device)] を選択します。

  6. ユーザは、新しいリモート接続先(ホーム オフィスの +1 415 777 7777 など)を追加するか、以前に設定したリモート接続先の中から選択することができます。

  7. Jabber クライアントは、選択されたリモート接続先を [アクティブ(Active)] としてマークします。

  8. 勤務先の DN(+1 408 200 2000)への着信コールは、アクティブな接続先(+1 415 777 7777)に自動的にルーティングされます。

  9. 発信コール要求は、Dial Via Office リバース コール フローに従って、次のように処理されます。

    1. ユーザがコールをクリックします。

    2. サーバ コールがアクティブなリモート接続先に接続されます。

    3. ユーザがサーバ(DVO)コールに応答します。

    4. コールはただちに目的の番号にリダイレクトされます。

  10. コールの接続中、Jabber クライアントを介して保留と再開、打診、会議、転送などのコール中機能を使用できます。

  11. ユーザが Jabber クライアントをシャットダウンするか、サインアウトすると、リモート接続先は [非アクティブ(Inactive)] としてマークされます。

  12. リモート接続先が非アクティブの場合、DN へのコールはデフォルトでボイスメールにルーティングされます。 管理者は、サードパーティ製のボイスメールを使用するスケジュールに基づいて、すべてのリモート接続先へコールを常に転送するオプションを選択することが可能です。

図 2. PBX からの着信コール. 次の図に、PBX からの着信コールの例を示します。



図 3. PBX への発信コール. 次の図に、PBX への発信コールの例を示します。



システム要件

ソフトウェア コンポーネント

拡張機能と接続機能が正常に動作するためには、次のソフトウェア コンポーネントが必要です。
  • Cisco Unified Communications Manager リリース 9.1(1)

  • Cisco Jabber リリース 9.1(1)
    • 初期リリースでは、サードパーティ製 PBX の使用例をサポートしています。

    • メンテナンス リリースには、モバイル ワーカーの使用例に対するサポートが追加されています。

詳細および使用例については、『Cisco Jabber Install and Upgrade Guides』を参照してください。

ライセンスの要件

拡張機能と接続機能は、次のライセンスの下で動作します。

  • CUWL Standard

  • CUWL Professional

  • UCL-Enhanced

インタラクションおよび制限事項

ここでは、拡張機能と接続機能のインタラクションおよび制限事項について説明します。

インタラクション

ディレクトリ URI のダイヤル

ディレクトリ URI はユーザの SIP アドレスで、user@host という形式で表されます。user には電話番号またはユーザ名を指定し、host にはユーザの IP アドレス、ドメイン、またはホスト名を指定します。 複数の URI を 1 つの DN に割り当てることができます。 エンド ユーザのディレクトリ URI は、ユーザのプライマリ内線に自動的に割り当てられます。

ディレクトリ URI を CTI リモート デバイスの DN、リモート接続先、またはその両方として設定できます。

Unified Mobility

Unified Mobility 機能により、Cisco Unified IP Phone からでも、携帯電話や自宅の電話機、ホテルの電話機などのリモート接続先からでも、ユーザは会社の内線電話にかかってきた着信に応答できます。 ユーザの Cisco Unified IP Phone と携帯電話の間で、接続を失うことなくアクティブなコールを移動させることができます。 この機能を使用するためには、リモート接続先プロファイルのデバイスのタイプを設定する必要があります。

拡張機能と接続機能を使用すると、Cisco Unified IP Phone や、Cisco Jabber の制御下にあるリモート接続先の電話機で着信コールに応答することができます。 ただし、接続されている(アクティブな)コールを、Cisco Unified IP Phone とリモート接続先の電話機の間で移動することはできません。 すなわち、拡張機能と接続機能はリモート電話機を制御するアプリケーションではあるものの、コールを Cisco Unified IP Phone に移動できるなどのモビリティ機能をサポートするものではありません。 この機能を使用するには、CTI リモート デバイス タイプを設定する必要があります。

Unified Mobility および拡張機能と接続機能の両方の機能を使いたい場合は、両方のデバイス タイプのオーナー ID が同じであるタイミングで、リモート デバイスのプロファイルと CTI リモート デバイス タイプに同じリモート接続先を設定します。 この設定を行うことで、拡張機能と接続機能と同時に Cisco Mobility 機能を使用できるようになります。 両方のデバイス タイプに同じリモート接続先を設定する機能は、Cisco Unified Communications Manager リリース 10 以降を使用している場合にサポートされます。

Cisco の拡張機能と接続機能機能で使用するリモート接続先は、iPhone 用の Cisco デュアル モード、Android 用の Cisco デュアル モード、およびキャリア統合モバイル デバイス タイプでは設定しないでください。 同じリモート接続先アドレスを区別するためにプレフィックスを使用しないでください。 たとえば、91- 4085555555 と +1- 4085555555 は同じ番号として取り扱われます。

詳細については、「Unified Mobility」の章を参照してください。

ハント リスト

ハント リストには、コールに応答可能な拡張子のグループが入っています。 拡張機能と接続機能を使用すると、次の条件で、リモート接続先の電話機でハント コールを受信することができます。

  • ユーザが Cisco Unified IP Phone を使用している
  • Cisco Unified IP Phone がハント コールに応答できる状態(ログイン/ハント(HLog))になっている
  • Cisco Jabber が拡張機能と接続機能モードで動作している

(注)  


ユーザは、Cisco IP Phone の [ハント(HLog)] ソフトキーまたはプログラム可能な回線キーを押すことで、ハント リスト コールに応答可能であることを示すことができます。 現在のところ、Cisco Jabber の使用中には [ハント(HLog)] キーは使用できません。


詳細については、「ハント リスト」の章を参照してください。

制限事項

拡張機能と接続機能には、次の制限事項があります。

  • 各 CTI リモート デバイスには、最大 10 個のリモート接続先を設定できます。

    (注)  


    デフォルトでは、デバイスごとに 4 個のリモート接続先がサポートされています。 デバイスごとのリモート接続先の最大数を 10 に設定することができます。


  • リモート接続先番号には、クラスタ外デバイスの番号を指定する必要があります。

  • リモート接続先にはクラスタ外 URI を指定できます。

  • 電話番号をリモート接続先番号として設定することはできません。

  • Cisco Jabber を使用して設定したリモート接続先は、ルーティング可能であるかどうか、設定済みのダイヤル プランによって保存前に確認されます。

  • リモート接続先番号は、CTI リモート デバイスの再ルーティング用コーリング サーチ スペースを使用して検証されます。

  • Cisco Unified Communications Manager の管理ページのインターフェイスと AXL インターフェイスを使用して設定されたリモート接続先は検証されません。

  • アプリケーション ダイヤル ルールは、Cisco Unified CM の管理のインターフェイスと Cisco Jabber を使用して CTI リモート デバイスに設定された、すべてのリモート接続先に適用されます。

    (注)  


    アプリケーション ダイヤル ルールで設定されたサポート対象の番号形式(nn-nnn-nnnn、E.164、または両方など)を、エンド ユーザに通知します。


  • 各リモート接続先番号はクラスタ内で固有である必要があります。


    (注)  


    同じリモート接続先番号を 2 人以上のユーザで使用することはできません。


アビリティ情報

次のような状況のユーザについて、「コールごと」のアビリティ ステータスが表示されます。
  • 発信コール

    • ユーザは、Cisco Jabber から拡張および接続モードでコールを開始します。

    • ユーザはリモート接続先として設定されているデバイスからコールを開始します。コールは Unified Communications Manager あるいは Unified Communications ManagerUnified Communications Manager SME を使用してルーティングされます。

  • 着信コール

    • ユーザは、Unified Communications Manager あるいは Unified Communications ManagerUnified Communications Manager SME を使用してルーティングされたリモート接続先として設定されたデバイスでコールに応答します。

次のような状況のユーザについては、「コールごと」のアビリティ ステータスが表示されません。

  • ユーザはリモート接続先として設定されているデバイスからコールを開始します。ただし、このコールは Unified Communications Manager あるいは Unified Communications ManagerUnified Communications Manager SME を使用してルーティングされません。

  • ユーザはリモート接続先として設定されているデバイスでコールに応答します。ただし、このコールは Unified Communications Manager あるいは Unified Communications ManagerUnified Communications Manager SME を使用してルーティングされません。

CallerID 情報

ここでは、拡張機能と接続機能の CallerID の動作について説明します。

  • 着信 CallerID 情報(名前および番号)は、Jabber クライアントに表示されます。

  • 通信事業者やトランク設定によっては、デバイスにもこの情報が表示されます。

  • リモート接続先への発信 Dial Via Office コールでは、音声接続に名前とトランク DID(番号)が表示されます。

  • トランク DID は、Unified CM のトランク パターン、ルート パターン、またはシスコ ゲートウェイで設定します。 この設定は通信事業者が割り当てることもできます。 トランク DID が設定されていない場合、番号フィールドには何も表示されません。

  • 目的の接続先への発信コールの場合、Unified CM で設定された CTI リモート デバイス表示名と電話番号(DN)が表示されます。

  • リモート接続先番号が着信側に表示されることはありません。

パフォーマンスとスケーラビリティ

この項では、拡張機能と接続機能のリソースに関連したパフォーマンスとスケーラビリティの情報について詳しく説明します。

最繁時呼数

発信コールごとに、最繁時呼数(BHCA)に 1 を加えます。 BHCA は、1 日で最も忙しい時間帯のコール試行数を表す数字です。
  • リモート接続先への Dial via Office コール 1 回で 1 コールです。

  • アクティブなリモート接続先からの着信対象ユーザへのリダイレクト 1 回で 1 コールです。

トランク使用率

着信コールは、1 つ以上の発信トランクを消費する可能性があります。
  • アクティブなリモート接続先にルーティングされる内部コールは、外部トランクを 1 つ使用します。

  • アクティブなリモート接続先にルーティングされる外部コールの受信では、外部トランクを 2 つ使用します。つまり、着信レッグに 1 トランク、発信レッグに 1 トランクです。

発信コールは、コールごとに 1 つ以上の発信トランクを消費する可能性のある Dial via Office フローに従います。
  • クラスタ電話番号へのコールは、アクティブなリモート接続先への Dial via Office コール 1 回につき外部トランクを 1 つ使用します。

  • 外部ユーザへのコール 1 回は、アクティブなリモート接続先への Dial via Office コール 1 回につき外部トランクを 1 つ使用します。同様に、外部着信先ユーザへのリダイレクト 1 回ごとに、外部トランクを 1 つ使用します。

CTI デバイスの重み付け値

各 CTI リモートデバイスの重み付け値は、標準的な Cisco Unified IP Phone (SIP)デバイスと同じです。
  • 10,000 ユーザの OVA 仮想マシン テンプレートは、各電話機が CTI リモート デバイスであれば最大 10,000 台の Cisco Unified IP Phone をサポートします。

  • 各 CTI リモート デバイスには、5 つの並行 CTI アプリケーションを使用する 5 回線を設定できます。


(注)  


製品クラスタのサイジングには、Cisco Unified Communications Sizing Tool を使用します。


拡張機能と接続機能の設定

この項では、拡張機能と接続機能を備えた Cisco Unified Communications Manager ユーザのプロビジョニングを行う際に完了する必要がある手順について説明します。

拡張機能と接続機能を備えた Cisco Jabber ユーザのプロビジョニング情報については、『Cisco Jabber Environment Configuration Guide』を参照してください。

ユーザ アカウントの設定

Unified CM の新規または既存のユーザに対し、モビリティを有効化して CTI リモート デバイスをプロビジョニングする必要があります。 ユーザのモビリティが有効でない場合、そのユーザを CTI リモート デバイスの所有者として割り当てることはできません。

手順
    ステップ 1   [ユーザ管理(User Management)] > [エンドユーザ(End User)] を選択します。

    [ユーザの検索/一覧表示(Find and List Users)] ウィンドウが表示されます。

    ステップ 2   次のいずれかの操作を行います。
    • 新規ユーザを設定する場合は、[新規追加(Add New)] を選択します。
    • 既存のユーザを選択する場合は、[ユーザを次の条件で検索(Find User Where)] フィールドで適切なフィルタを指定し、[検索(Find)] を選択してユーザのリストを取得し、そのリストからユーザを選択します。
    (注)     

    新規エンド ユーザ アカウントは、LDAP 統合またはローカル設定を経由して追加できます。

    [エンドユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウが表示されます。

    ステップ 3   [モビリティ情報(Mobility Information)] セクションを探します。
    ステップ 4   [モビリティの有効化(Enable Mobility)] を選択します。
    ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

    次の作業

    ユーザ権限を追加します。

    ユーザ権限の追加

    エンド ユーザが Unified CM でアクティブになった後で、アクセス コントロール グループ権限を追加します。

    手順
      ステップ 1   [ユーザ管理(User Management)] > [エンドユーザ(End User)] を選択します。

      [ユーザの検索/一覧表示(Find and List Users)] ウィンドウが表示されます。

      ステップ 2   [ユーザを次の条件で検索(Find User where)] フィールドで適切なフィルタを指定した後、[検索(Find)] を選択してユーザのリストを取得します。
      ステップ 3   ユーザをリストから選択します。

      [エンドユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウが表示されます。

      ステップ 4   [権限情報(Permissions Information)] セクションを探します。
      ステップ 5   [アクセスコントロールグループに追加(Add to Access Control Group)] を選択します。

      [アクセスコントロールグループの検索/一覧表示(Find and List Access Control Groups)] ウィンドウが表示されます。

      ステップ 6   [検索(Find)] を選択します。

      標準ユーザのアクセス コントロール グループ リストが表示されます。

      ステップ 7   次の権限の隣にあるチェックボックスをオンにします。
      • Standard CCM End Users

      • Standard CTI Enabled

      • Standard CCMUSER Administration

      ステップ 8   [選択項目の追加(Add Selected)] を選択します。

      ウィンドウが閉じられ、アクセス コントロール グループがユーザ アカウントに追加されます。

      ステップ 9   [保存(Save)] を選択します。

      次の作業

      CTI リモート デバイスを作成します。

      CTI リモート デバイスの作成

      CTI リモート デバイスは、ユーザが Cisco UC アプリケーションで使用できるクラスタ外電話機を表す新しいデバイス タイプです。 デバイス タイプは、1 つ以上の回線(電話番号)と 1 つ以上のリモート接続先によって設定されます。

      Cisco Unified Communications Manager には、公衆電話交換網(PSTN)の電話機や構内交換機(PBX)などのデバイスへのコールを制御する拡張機能と接続機能があります。

      手順
        ステップ 1   Cisco Unified CM の管理ページのインターフェイスを開きます。
        ステップ 2   [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。

        [電話の検索/一覧表示(Find and List Phone)] ウィンドウが表示されます。

        ステップ 3   [新規追加(Add New)] を選択します。
        ステップ 4   [電話のタイプ(Phone Type)] ドロップダウン リストから [CTIリモートデバイス(CTI Remote Device)] を選択し、[次へ(Next)] を選択します。

        [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが表示されます。

        ステップ 5   [オーナーのユーザID(Owner User ID)] ドロップダウン リストから対象のユーザ ID を選択します。
        (注)     

        [オーナーのユーザID(Owner User ID)] ドロップダウン リストには、モビリティの有効化が利用可能なユーザのみが表示されます。

        Cisco Unified Communications Manager により、[デバイス名(Device Name)] フィールドにユーザ ID と CTRID プレフィクスが入力されます(「CTRIDusername」など)。

        ステップ 6   必要に応じて、[デバイス名(Device Name)] フィールドのデフォルト値を編集します。
        ステップ 7   [説明(Description)] フィールドにわかりやすい説明を入力します。
        ヒント   

        Cisco Jabber にデバイスの説明が表示されます。 Cisco Jabber ユーザに同じモデルの複数のデバイスが割り当てられている場合は、Cisco Unified Communications Manager の説明によって、ユーザはデバイスを区別することができます。

        ステップ 8   [プロトコル固有情報(Protocol Specific Information)] セクションの [再ルーティング用コーリングサーチスペース(Rerouting Calling Search Space)] ドロップダウン リストで、適切なオプションを選択していることを確認します。

        [再ルーティング用コーリングサーチスペース(Rerouting Calling Search Space)] ドロップダウン リストでは、再ルーティングのコーリング サーチ スペースを定義し、ユーザが CTI リモート デバイスからコールを送受信できることを確認します。

        ステップ 9   必要に応じて、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウのその他の設定も指定します。

        詳細については、『Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド』の「CTI リモート デバイスの設定」を参照してください。

        ステップ 10   [保存(Save)] を選択します。

        電話番号を関連付け、リモート接続先を追加するには、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウのフィールドから設定します。


        次の作業

        デバイスに電話番号を追加します。

        デバイスへの電話番号の追加

        電話番号(DN)は、CTI リモート デバイスの回線として設定された数字アドレスです。 DN は通常、ユーザの勤務先のプライマリ電話番号を表します(2000 や +1 408 200 2000 など)。

        Unified CM で、デバイスに電話番号を追加する必要があります。 ここでは、デバイスの作成後に [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] メニュー オプションを使用して電話番号を追加する手順について説明します。 このメニュー オプションに表示されるのは、電話機モデルまたは CTI ルート ポイントに適用される設定のみです。 電話番号の設定オプションについては、『Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド』を参照してください。

        手順
          ステップ 1   [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの [割り当て情報(Association Information)] セクションに移動します。
          ステップ 2   [新規DNを追加(Add a new DN)] を選択します。

          [電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウが表示されます。

          ステップ 3   [電話番号(Directory Number)] フィールドで、電話番号を指定します。
          ステップ 4   その他に必要な設定があれば、それらをすべて指定します。
          ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

          次の作業

          リモート接続先を追加します。

          リモート接続先の追加

          リモート接続先は、ユーザが所有する別の電話機(ホーム オフィス回線やその他の PBX 電話機など)を表す数字アドレスまたはディレクトリ URI です。 リモート接続先には、クラスタ外デバイスを指定できます。

          リモート接続先の追加手順はオプションです。


          (注)  


          管理者は、Cisco Unified Communications Manager の管理ページのインターフェイスで、Jabber クライアントがアクティブとして設定するリモート接続先を特定できます。



          (注)  


          Cisco Unified Communications Manager ユーザは、Cisco Jabber インターフェイスを使用して、リモート接続先を追加することができます。 詳細については、『Cisco Jabber for Windows Environment Configuration Guide』を参照してください。

          • Cisco Unified Communications Manager は、Cisco Jabber ユーザがクライアント インターフェイスを介して追加したリモート接続先にコールをルーティングできるかどうかを自動的に確認します。

          • Cisco Unified Communications Manager は、Cisco Unified CM の管理のインターフェイスで追加したリモート接続先にコールをルーティングできるかどうかは確認しません。



          (注)  


          Cisco Unified Communications Manager は、CTI リモート デバイスのすべてのリモート接続先番号にアプリケーションのダイヤル ルールを自動的に適用します。 アプリケーションのダイヤル ルールの詳細については、『Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド』の「アプリケーション ダイヤル ルールの設定」を参照してください。


          手順
            ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。

            [電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが表示されます。

            ステップ 2   [電話を次の条件で検索(Find Phone Where)] フィールドに適切なフィルタを指定した後、[検索(Find)] を選択して電話のリストを取得します。
            ステップ 3   リストから CTI リモート デバイスを選択します。

            [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが表示されます。

            ステップ 4   [関連付けられたリモート接続先(Associated Remote Destinations)] セクションを探します。
            ステップ 5   [新規リモート接続先の追加(Add a New Remote Destination)] を選択します。

            [リモート接続先情報(Remote Destination Information)] ウィンドウが表示されます。

            ステップ 6   電話番号を [接続先番号(Destination Number)] フィールドに入力し、他の値も適切に設定します。

            Cisco Jabber クライアントでリモート接続先を使用するには、接続先名を JabberRD に設定する必要があります。

            リモート接続先の設定については、『Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド』の「リモート接続先の設定」を参照してください。

            ステップ 7   [保存(Save)] を選択します。

            次の作業

            次の手順を実行してリモート接続先を確認し、CTI リモート デバイスに設定を適用します。
            1. 手順を繰り返し、CTI リモート デバイスの [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウを開きます。

            2. [関連付けられたリモート接続先(Associated Remote Destinations)] セクションを探します。

            3. リモート接続先が利用可能であることを確認します。

            4. [設定の適用(Apply Config)] を選択します。


            (注)  


            [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの [デバイス情報(Device Information)] セクションには、Cisco Jabber によってリモート接続先がアクティブになる、または管理される日時が示されます。


            デバイスへのユーザの関連付け

            はじめる前に

            エンド ユーザ アカウントを作成または変更し、モバイル用に有効にする必要があります。 また、CTI リモート デバイスも作成する必要があります。

            手順
              ステップ 1   エンド ユーザ アカウントに移動します。
              ステップ 2   [デバイス情報(Device Information)] セクションを探します。
              ステップ 3   [デバイスの割り当て(Device Associations)] を選択します。
              ステップ 4   CTI リモート デバイスを探して選択します。
              ステップ 5   選択したデバイスがユーザの制御デバイスとして表示されることを確認します。

              次の作業

              CCMIP プロファイルの作成

              CCMCIP プロファイルの作成

              Cisco Jabber では、Cisco Unified Communications Manager からデバイス名と設定を取得するために、Cisco CallManager Cisco IP Phone (CCMCIP) のプロファイルが必要となります。 CCMCIP プロファイルの詳細については、『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

              手順
                ステップ 1   Cisco Unified CM IM and Presence の管理インターフェイス、または Cisco Unified Presence の管理インターフェイスを開きます。
                ステップ 2   [アプリケーション(Application)] > [Cisco Jabber] > [CCMCIPプロファイル(CCMCIP Profile)] を選択します。
                Cisco Unified Presence のバージョンによっては、パスは次のようになります。[アプリケーション(Application)] > [Cisco Unified Personal Communicator] > [CCMCIPプロファイル(CCMCIP Profile)]
                ステップ 3   [新規追加(Add New)] を選択します。
                ステップ 4   プロファイルの名前を [名前(Name)] フィールドで指定します。
                ステップ 5   プライマリ Unified Communications Manager インスタンスのホスト名または IP アドレスを [プライマリCCMCIPホスト(Primary CCMCIP Host)] フィールドで指定します。
                ステップ 6   バックアップ Unified Communications Manager インスタンスのホスト名または IP アドレスを [プライマリCCMCIPホスト(Primary CCMCIP Host)] フィールドで指定します。
                ステップ 7   [サーバ証明書の検証(Server Certificate Verification)] はデフォルト値のままにします。
                ステップ 8   [プロファイルにユーザを追加(Add Users to Profile)] を選択します。
                ステップ 9   対象のユーザを CCMCIP ゲートウェイ プロファイルに追加します。
                ステップ 10   [選択項目の追加(Add Selected)] を選択します。
                ステップ 11   [保存(Save)] を選択します。

                パーシステント コネクション

                拡張機能と接続機能により、ユーザはどこからでも、どのようなデバイスからでも、コールベースでコールごとに UC アプリケーションを利用することができます。 パーシステント コネクション機能はその機能をさらに拡張し、コールとコールの間でも接続を永続的に保つことができるようになっています。

                パーシステント コネクションは、コール配信やメディアの設定を速めるために Contact Center Express/Enterprise などの CTI アプリケーションで作成されたものです。 また、パーシステント コネクション コール中にウィスパー アナウンスメントを再生することで、発信者にアナウンスしたり(カスタマー セールスの英語案内など)、メディアに接続していることを示したり(呼び出し音など)することができます。

                パーシステント コネクションの作成

                • パーシステント コネクションは、Contact Center Express/Enterprise などの CTI アプリケーションを使用して作成する必要があります。

                • 要件

                  • 1 つ以上のリモート接続先(RD)が設定されている

                  • RD がアクティブである

                • 最初のパーシステント コネクションが正常に確立された後に 2 つ目のパーシステント コネクションの作成を要求すると失敗します。

                • 最初のパーシステント コネクションの設定中に 2 つ目のパーシステント コネクションの作成を要求すると失敗します。

                • パーシステント コネクションには、一般的なコールと異なる独自のグローバル コール ID とコール ID がつきます。

                • 最長アクティブ コール タイマーが切れると、パーシステント コネクションは切断されます。

                • コール機能(相談や転送など)は、パーシステント コネクション中には実行できませんが、メディアが接続されているときの一般的なコールに対してはサポートされています。

                • パーシステント コネクションに応答があると、コールの間パーシステント コネクションは接続状態のままになります。

                • アクティブなリモート接続先がリセットされると、他にアクティブなコールがなければ、パーシステント コネクションのコールは切断されます。 アクティブなコールがあれば、現在アクティブなコールが切断された後に切断されます。

                • リアルタイム監視ツールでは、パーシステント コネクションのコールがアクティブなコールとして報告されます。

                • パーシステント コネクションは、1 クラスタあたり最大 8000 件、または 1 ノードあたり最大 2000 件作成できます。

                パーシステント コネクションの使用例

                [追加(Add)] におけるリモート接続先の検証

                • 設定されるルート パターンが 9.XXXX である

                • アプリケーションによって AddRemoteDestination(OtherExtn、91000、Active=TRUE)が開始される

                • CTI が 91000 を検証し、到達可能であることを確認する

                • AddRemoteDestination が成功する

                [更新(Update)] におけるリモート接続先の検証

                • 設定されるルート パターンが 9.XXXX である

                • リモート 接続先が 92000 として設定される

                • アプリケーションによって UpdateRemoteDestination(OtherExtn、92000、91000、Active=TRUE)が開始される

                • CTI が 91000 を検証し、到達可能であることを確認する

                • UpdateRemoteDestination が成功する

                誤ったルート パターンを持つリモート接続先の検証

                • 設定されるルート パターンが 8.XXXX である

                • アプリケーションによって AddRemoteDestination(OtherExtn、91000、Active=True))が開始される

                • CTI が 91000 を検証し、到達できないことを確認する

                • AddRemoteDestination が拒否される(RD_NOT_REACHABLE)

                • UpdateRemoteDestination から類似のエラーが報告される

                矛盾するルート パターンを持つリモート接続先の検証

                • 設定されるルート パターンが 9.XXXX である

                • アプリケーションによって AddRemoteDestination(OtherExtn、91000、Active=True))が開始される

                • CTI が 91000 を検証し、到達可能であることを確認する

                • AddRemoteDestination が成功する

                • 類似する UpdateRemoteDestination も成功する

                ユーザによるタイポ エラーのあるリモート接続先の検証

                • 設定されるルート パターンが 9.XXXX である

                • ユーザが設定しようとしたリモート接続先は 91000 である

                • アプリケーションによって AddRemoteDestination(OtherExtn、91100、Active=True))が開始される

                • CTI が 91100 を検証し、到達可能であることを確認する

                • AddRemoteDestination が成功する

                • 類似する UpdateRemoteDestination も成功する

                • リモート接続先が 91100 であるために、リモート デバイスから開始または提供されるコールが 91000 に提供されない

                パーシステント コネクションの作成

                • パーシステント コネクションは、Contact Center Express/Enterprise などの CTI アプリケーションを使用して作成する必要があります。

                • 要件

                  • 1 つ以上のリモート接続先(RD)が設定されている

                  • RD がアクティブである

                  • ユーザが発呼側の接続先番号と発呼側名を指定できる

                • アクティブな RD を作成したアプリケーションに関わらず、どのアプリケーションでもパーシステント コネクションを作成できます。

                • パーシステント コネクションを作成するには、パーキング ロットを使用します。

                • 発呼側の DN と発呼側名が指定されない場合、デフォルトは DN を含む Voice Connect になります。

                • リモート デバイスと拡張モードの Jabber のみがサポートされます。

                • パーシステント コネクションを許可する管理者設定はありません。

                • リモート デバイスにコールが提供されるとすぐにリモート接続が成功します。

                • パーシステント コネクションにボイス メールが応答すると、ボイス メールを回避するために挿入されたアナンシエータ デバイスが応答します。

                • パーシステント コネクション コールは、共有回線(DVO など)には提供されません。

                • リモート接続先(DVO など)が応答すると、パーシステント コネクションが RIU として共有回線に現れます。

                • Privacy on Hold が無効になる(DCO など)ため、ユーザは机上の電話機からコールを再開できます。

                • 最初のパーシステント コネクションが正常に確立された後に 2 つ目のパーシステント コネクションの作成を要求すると失敗します。

                • 最初のパーシステント コネクションの設定中に 2 つ目のパーシステント コネクションの作成を要求すると失敗します。

                • Persistent Connection は、リモート デバイス上のどの回線にも作成できます。

                • パーシステント コネクションには、一般的なコールと異なる独自のグローバル コール ID とコール ID がつきます。

                • 最長アクティブ コール タイマーが切れると、パーシステント コネクションは切断されます。

                • コール機能(相談や転送など)は、パーシステント コネクション中には実行できませんが、メディアが接続されているときの一般的なコールに対してはサポートされています。

                • 他の機能の呼び出し(直接転送や参加など)にパーシステント コネクションを含めることはできません。

                • パーシステント コネクションに応答があると、コールの間パーシステント コネクションは接続状態のままになります。

                • アクティブなリモート接続先がリセットされると、他にアクティブなコールがなければ、パーシステント コネクションのコールは切断されます。 アクティブなコールがあれば、現在アクティブなコールが切断された後に切断されます。

                • リアルタイム監視ツールでは、パーシステント コネクションのコールがアクティブなコールとして報告されます。

                • パーシステント コネクション コールの CDR は、(半二重コールがクリアされたときではなく)コールのライフタイム全体に対して更新する必要があります。

                • パーシステント コネクションは、1 クラスタあたり最大 8000 件、または 1 ノードあたり最大 2000 件作成できます。

                パーシステント コネクション コール イベント

                • パーシステント コネクション コール提供時

                  • 新規コール イベント(属性 = パーシステント コネクション、発信者 ID、発信者ID 名)

                  • コール ステート(提供)

                  • コール ステート(受け付け)

                • コール応答時

                  • コール ステート(接続)

                ウィスパー アナウンスメント

                ウィスパー アナウンスメント ウィスパー アナウンスメントは、Contact Center Express/Enterprise などの CTI アプリケーションで再生されます。 ウィスパー アナウンスメントを使用することで、エージェントは適切なグリーティング アナウンス(たとえばカスタマー サポートのスペイン語案内など)で顧客からのコールに応答したり、顧客からのコールのメディアに接続していることを示したり(呼び出し音など)することができます。

                一般的な使用例

                • 顧客からエージェントに接続する前に、Contact Center が呼び出し音を再生する。

                • 顧客からエージェントに接続する前に、Contact Center がウィスパー アナウンスメントを再生する。

                要件

                • アナウンスメントを再生するには、Contact Center Express/Enterprise などの CTI アプリケーションを使用する必要がある。
                • アナウンスメントが Cisco Unified CM の管理([メディアリソース(Media Resources)] > [アナウンス(Announcement)])で設定されている。
                • パーシステント コネクションが確立および接続されている。
                • 他のアクティブなコールが接続されていない。 顧客からのコールが鳴る場合がある。
                • コール ステートをどのように変更しても、アナウンスが停止する。