保留音
保留音

目次

保留音

この章では、統合保留音(MOH)機能について説明します。この機能を使用すると、ユーザは、ストリーミング ソースからストリームされる音楽を使用して、ネット上およびネット外のユーザを保留にできます。

保留音の設定

統合保留音(MOH)機能を使用すると、ユーザは、ストリーミング ソースからストリームされる音楽を使用して、ネット上およびネット外のユーザを保留にできます。 保留音機能では、次の 2 種類の保留を使用できます。

  • エンドユーザ保留。

  • ネットワーク保留。転送保留、会議保留、およびコール パーク保留が含まれます。

保留音は、ダイヤル番号、発信者 ID、または着信 SIP コールの IVR インタラクションに応じて特定の MOH を再生するなど、録音された音声や生の音声が必要なその他のシナリオもサポートします。 詳細については、発信者固有の MOH に関連したトピックを参照してください。

次の手順を実行して、保留音を設定します。

手順
    ステップ 1   Cisco IP Voice Media Streaming アプリケーションは、Cisco Unified Communications Manager のインストール時に自動的にインストールされます。 MOH サーバを有効にするには、Cisco Unified サービスアビリティ アプリケーションを使用して Cisco IP Voice Media Streaming アプリケーションをアクティブにする必要があります。 サーバの追加時に、Cisco Unified Communications Manager はメディア ターミネーション ポイント(MTP)、会議ブリッジ、アナンシエータ、および保留音デバイスをデータベースに自動的に追加します。
    (注)     

    インストール時に、Cisco Unified Communications Manager はデフォルトの保留音オーディオ ソースをインストールして設定します。 保留音機能は、他に変更を加えることなく、このデフォルトのオーディオ ソースを使用して処理できます。

    ステップ 2   保留音サーバを設定します。
    ステップ 3   オーディオ ソース ファイルを追加して設定します。

    マルチキャストの設定

    マルチキャストを許可するためにさまざまな Cisco Unified Communications Manager サービスを設定するには、以下の手順を実行します。 マルチキャストを利用可能にするには、すべての手順を実行する必要があります。

    手順
      ステップ 1   保留音サーバを設定してマルチキャスト オーディオ ソースを有効にします。
      注意       

      ファイアウォールが存在する状況では、IP アドレスの増分によるマルチキャストを強く推奨します。 この方法により、各マルチキャスト オーディオ ソースは一意な IP アドレスを持つことになり、ネットワークの飽和状態の回避に役立ちます。

      ステップ 2   オーディオ ソースを設定してマルチキャストを許可します。
      (注)     

      CTI デバイスは、マルチキャスト保留音機能をサポートしていません。 CTI デバイスが、そのメディア リソース グループ リストにあるマルチキャスト MOH デバイスで設定されている場合は、コール制御に関する問題が発生する可能性があります。 CTI デバイスは、マルチキャスト メディア ストリーミングをサポートしていません。

      (注)     

      MTP デバイスは、マルチキャスト メディア ストリーミングをサポートしていません。

      ステップ 3   メディア リソース グループを作成して、MOH オーディオでマルチキャストを使用するように設定します。
      ステップ 4   メディア リソース グループ リストを作成し、1 つのマルチキャスト メディア リソース グループをプライマリ メディア リソース グループにします。
      ステップ 5   デバイス プールまたは特定のデバイスに対して作成したメディア リソース グループ リストを選択します。
      ステップ 6   必要に応じて、マルチキャスト MOH に影響するサービス パラメータを設定します。

      保留音パフォーマンスのモニタリングの設定

      保留音のパフォーマンスをモニタするには、以下の手順を実行します。

      手順
        ステップ 1   Cisco Unified Communications Managerリアルタイム監視ツール(RTMT)を使用して、リソースの使用率およびデバイスの復旧状態を確認します。
        ステップ 2   イベント ログで、Cisco IP Voice Media Streaming アプリケーションのエントリを検索します。
        ステップ 3   Cisco IP Voice Media Streaming アプリケーション サービスが動作していることを確認します。
        ステップ 4   MoH デバイスが登録されていることを確認します。
        ステップ 5   Media Application トレース(Cisco Cluster Management Suite(CMS))を検索して、検出されている保留音関連のアクティビティを確認します。

        保留音の機能

        この項では、保留音機能について、定義、サービスの特徴、機能性とその例、およびサポートされる機能を挙げて説明します。

        保留音の用語

        最も簡単な例では、電話機 A から電話機 B に通話していて、電話機 A が電話機 B を保留にする場合に保留音が実行されます。 保留音(MOH)リソースが利用可能な場合は、電話機 B には保留音サーバからストリームされる音楽が聞こえます。

        次の定義は、後の説明で重要となる情報です。

        • MOH サーバ:保留音オーディオ ソースを提供し、1 つの保留音オーディオ ソースを複数のストリームに接続するソフトウェア アプリケーション。

        • メディア リソース グループ:メディア サーバの論理グループ。 メディア リソース グループは、必要に応じて地理的なロケーションまたはサイトに関連付ける場合があります。 また、メディア リソース グループを形成して、サーバの使用状況や必要なサービス タイプ(ユニキャストまたはマルチキャスト)を制御することもできます。

        • メディア リソース グループ リスト:優先順位を付けられたメディア リソース グループで構成されるリスト。 アプリケーションは、メディア リソース グループ リストで定義されている優先順位に従って、必要なメディア リソースを利用可能なメディア リソースの中から選択できます。

        • オーディオ ソース ID:保留音サーバ内のオーディオ ソースを表す ID。 オーディオ ソースには、ディスク上のファイルや、ソース ストリーム保留音サーバがストリーミング データを取得する固定デバイスがあります。 MOH サーバは 51 までのオーディオ ソース ID(1 ~ 51)をサポートします。 各オーディオ ソース(オーディオ ソース ID で表される)は、必要に応じてユニキャスト モードおよびマルチキャスト モードとしてストリームできます。

        • 保留にした側:アクティブな、2 パーティ間のコールで、保留動作(ユーザ保留またはネットワーク保留)を開始した側。 例:A 側が B 側に通話している場合で、A 側が [保留] ソフトキーを押して保留動作を開始した場合は、A 側が保留にした側です。

        • 保留にされた側:アクティブな、2 パーティ間のコールで、保留動作を開始しなかったが保留状態になった側。 例:A 側が B 側に通話している場合で、A 側が [保留] ソフトキーを押して保留動作を開始した場合は、B 側が保留にされた側です。

        次のオーディオ ソース ID 選択規則は、オーディオ ソース ID とメディア リソース グループ リストの選択に適用されます。

        • エンドユーザではなく、システム管理者がオーディオ ソース ID を定義(設定)します。

        • 保留にした側が、保留にされた側に適用するオーディオ ソース ID を定義します。

        • Cisco Unified Communications Manager は、4 つのレベルの優先順位を付けられたオーディオ ソース ID を実装しています。レベル 4 が最も高い優先順位で、レベル 1 が最も低い優先順位です。

          • レベル 4 のオーディオ ソース ID が定義されている場合、システムはレベル 4 を選択します。レベル 4 は、電話番号/回線ベースです。 ゲートウェイなど、回線定義のないデバイスにはこのレベルはありません。

          • レベル 4 のオーディオ ソース ID が定義されていない場合は、システムはレベル 3 の任意の選択されたオーディオ ソース ID を検索します。レベル 3 は、デバイス ベースです。

          • レベル 4 のオーディオ ソース ID も、レベル 3 のオーディオ ソース ID も選択されなかった場合、システムはレベル 2 に定義されているオーディオ ソース ID を選択します。レベル 2 は共通デバイス設定ベースです。

          • すべての上位レベルのオーディオ ソース ID が選択されなかった場合は、システムはレベル 1 のオーディオ ソース ID を検索します。レベル 1 はクラスタ全体のパラメータです。

        次のメディア リソース グループ リスト選択規則が適用されます。

        • 保留にされた側が、Cisco Unified Communications Manager が保留音リソースの割り当てに使用するメディア リソース グループ リストを決定します。

        • 2 つのレベルの、優先順位を付けられたメディア リソース グループ リストが選択できます。

          • レベル 2 のメディア リソース グループ リストは、高い優先順位のレベルを提供します。このレベルは、デバイス ベースです。 Cisco Unified Communications Manager は、このようなメディア リソース グループ リストが定義されている場合には、デバイス レベルのメディア リソース グループ リストを使用します。

          • レベル 1 のメディア リソース グループ リストは、低い優先順位のレベルを提供します。このレベルは、オプションのデバイス プール パラメータです。 Cisco Unified Communications Manager は、そのデバイスのデバイス レベルでメディア リソース グループ リストが定義されていない場合にだけ、デバイス プール レベル メディア リソース グループ リストを使用します。

        • メディア リソース グループ リストが定義されていない場合、Cisco Unified Communications Manager はシステム デフォルト リソースを使用します。 システム デフォルト リソースは、既存のメディア リソース グループのどれにも割り当てられていないリソースで構成されます。 システム デフォルト リソースは必ずユニキャストです。

        保留音の特徴

        統合保留音機能を使用すると、ユーザは、ストリーミング ソースからストリームされる音楽を使用して、ネット上およびネット外のユーザを保留にできます。 このソースは、すべてのネット上またはネット外の保留状態のデバイスで音楽を利用可能にします。 ネット上のデバイスには、保留状態、打診保留状態、または対話型音声応答(IVR)やコール分散によるパーク保留状態のステーション デバイスおよびステーション アプリケーションがあります。 ネット外のユーザには、Media Gateway Control Protocol(MGCP)/Skinny ゲートウェイ、Internetwork Operating System(IOS)H.323 ゲートウェイ、および IOS Media Gateway Control Protocol ゲートウェイを介して接続しているユーザがあります。 保留音機能は、IOS H.323/Media Gateway Control Protocol 上の Foreign Exchange Station(FXS)ポートを介して Cisco IP ネットワークに接続する Cisco IP 一般電話サービス(POTS)電話機でも利用できます。また、Cisco Media Gateway Control Protocol/Skinny ゲートウェイでも利用できます。

        統合保留音機能は、メディア サーバ、データベース管理、コール制御、メディア リソース マネージャ、およびメディア制御機能領域を網羅しています。

        保留音サーバは、音楽リソース/ストリームを提供します。 これらのリソースは、初期化/復旧時に Cisco Unified Communications Manager に登録されます。

        データベース管理は、Cisco Unified Communications Manager 管理者がデバイスに保留音機能を設定するためのユーザ インターフェイスを提供します。 また、データベース管理者は、Cisco Unified Communications Manager コール制御に設定情報を提供します。

        コール制御は、保留音シナリオ ロジックを制御します。

        メディア リソース マネージャは、保留音サーバからの登録要求を処理します。また、コール制御の要求のもとで、保留音リソースの割り当てと割り当て解除を行います。

        メディア制御は、メディア ストリーム接続の確立を制御します。メディア ストリーム接続には、片方向の接続または双方向の接続があります。

        終端デバイスで保留音が機能するには、そのデバイスに保留音関連情報がプロビジョニングされていることを事前に確認する必要があります。 Cisco Unified Communications Manager を初期化すると、メディア リソース マネージャが作成されます。 保留音サーバ(複数)は、メディア リソース マネージャに保留音リソースを登録します。

        終端のデバイスまたは機能がコールを保留状態にすると、Cisco Unified Communications Manager は保留にされたデバイスを音楽リソースに接続します。 保留にされたデバイスが元に戻ると、保留音リソースから切断され、通常のアクティビティが再開されます。

        保留音の機能

        保留音が機能するためには、次のリストに示す操作を実行する必要があります。

        • オーディオ ソースを設定する。 後述の例では、「お待ちいただきありがとうございます(ID#5)」と「ポピュラー音楽 1(ID#1)」というオーディオ ソースを設定およびプロビジョニングします。

        • 保留音サーバを設定する。

        • オーディオ ソースを設定する。 後述の例では、「お待ちいただきありがとうございます」と「ポピュラー音楽 1」というオーディオ ソースを設定およびプロビジョニングします。


          (注)  


          特にマルチキャストを使用する場合には、最初にオーディオ ソースを設定してから、保留音サーバを設定します。 ユーザ インターフェイスでは、いずれの手順も最初に行うことができます。



          (注)  


          オーディオ ソースがマルチキャストに設定されている場合、デバイスが保留中かどうかにかかわらず、MoH サーバは常にオーディオ ストリームを伝送します。


        • メディア リソース グループを設定する。 マルチキャストが必要な場合は、[MOHオーディオにマルチキャストを使用(Use Multicast for MOH Audio)] チェックボックスをオンにします。


          (注)  


          CTI および MTP デバイスは、マルチキャスト保留音機能をサポートしていません。 CTI または MTP デバイスが、そのメディア リソース グループ リストにあるマルチキャスト MoH デバイスで設定されている場合は、コール制御に関する問題が発生する可能性があります。 CTI および MTP デバイスは、マルチキャスト メディア ストリーミングをサポートしていません。


        • メディア リソース グループ リストを設定する。

        • メディア リソース グループ リストおよびオーディオ ソースにデバイスを割り当てる(デバイス プールの割り当てに上書きします)。

        • オーディオ ソースに回線を割り当てる(デバイス設定に上書きします)。

        ここまでの設定操作を実行して、保留音機能を次のように設定すると、後続の例に示すように、ユーザ保留、転送保留、コール パークの保留音機能が動作します。

        メディア リソース グループ

        MoH は保留音サーバを意味します。 MRG はメディア リソース グループを意味します。

        • MRG_D は MOH_D を含む。

        • MRG_S_D は MOH_S および MOH_D を含む。

        メディア リソース グループ リスト

        MRGL はメディア リソース グループ リストを意味します。

        • MRGL_D は MRG_D を含む。

        • MRGL_S_D は MRG_S_D および MRG_D を含む(優先順位の順)。

        ノード

        • Dallas ノードは電話機 D および MOH_D を含む。

        • San Jose ノードは電話機 S および MOH_S を含む。

        • 電話機 D にオーディオ ソース ID 5(「お待ちいただきありがとうございます」または単なる音楽(ユーザ保留とネットワーク保留の両方))、および MRGL_D を割り当てる。

        • 電話機 S にオーディオ ソース ID 1(「ポピュラー音楽 1」(ユーザ保留とネットワーク保留の両方))、および MRGL_S_D を割り当てる。

        ユーザ保留の例

        電話機 D が電話機 S をコールし、電話機 S が応答します。 電話機 D で [保留] ソフトキーが押されます。 電話機 S は、MOH_S からストリーミングするアナウンス「お待ちいただきありがとうございます」または単なる音楽を受信します (MOH_S には利用可能なストリームが存在します)。電話機 D で [復帰] ソフトキーが押された場合、電話機 S は音楽ストリームから切断され、電話機 D に再度接続します。

        転送保留の例

        転送保留は、ネットワーク保留の一例です。

        電話機 D が電話機 S をコールし、電話機 S が応答します。 電話機 D で [転送] ソフトキーが押されます。 電話機 S は、MOH_D からストリーミングするアナウンス「お待ちいただきありがとうございます」または単なる音楽を受信します (MOH_S には利用可能なストリームが存在しませんが、MOH_D には存在します)。電話機 D が転送動作を完了したら、電話機 S は音楽ストリームから切断され、転送先の電話機 X に転送されます。

        コール パークの例

        コール パークは、ネットワーク保留の一例です。

        電話機 D が電話機 S をコールし、電話機 S が応答します。 電話機 S で [パーク] ソフトキーが押されます。 電話機 D はビープ音を受信します (MOH_D には利用可能なストリームが存在しません)。電話機 X はパーク コールをピック アップします。 電話機 S は電話機 X に転送されます(電話機 D と電話機 X が会話をします)。

        サポートされている保留音機能

        保留音では、次に示す機能がサポートされます。機能のリストはカテゴリごとに示します。 機能のカテゴリには、インターネット プロトコル、保留音サーバの特徴、サーバのスケーラビリティ、サーバの管理性、サーバの冗長性、データベースのスケーラビリティ、およびデータベースの管理性があります。

        インターネット プロトコル

        Cisco IP Voice Media Streaming アプリケーション サービスで提供されるユニキャスト保留音は、IPv4 と IPv6 の両方のオーディオ メディア接続をサポートしています。 プラットフォームが IPv6 用に構成されており、IPv6 エンタープライズ パラメータが有効になっている場合、ユニキャスト保留音は自動的にデュアル モードで設定されます。 保留音は、TCP 制御チャネル用の IPv4 のみサポートしています。 保留音は、IPv4 アドレスと IPv6 アドレスの両方への安全なメディア SRTP 接続をサポートしています。


        (注)  


        マルチキャスト保留音は IPv4 のみをサポートしています。


        保留音サーバの特徴

        • サーバは、そのディスクに格納されている保留音データ ソース ファイルから保留音を配信します。

        • サーバは、外部のオーディオ ソース(たとえば、ループ テープレコーダ、ラジオ、CD)から保留音を配信できます。

        • 保留音サーバは、すべてのソース ストリームに対して、つまりすべての接続されたストリームに対して単一の保留音データ ソースを使用できます。 複数の保留音サーバが必要な場合は、各保留音サーバのローカル サーバに常に保留音データ ソース ファイルを格納しておきます。 Cisco Unified Communications Manager は、メディア リソース グループ内の保留音サーバ間で、固定デバイス(ハードウェア)のオーディオ ソースを配布することはサポートしていません。

        • 保留音データ ソース ファイルは、すべての保留音サーバで共通の 1 つのファイル名を持ちます。

        • 保留音データ ソース ファイルが各 MoH サーバにアップロードされていることを確認する必要があります。

        • 各オーディオ ソースは、指定したファイルまたは指定した固定ソース(ラジオ、CD など)のいずれかからの入力を受信します。

        • 指定した固定ソースは、有効または無効な単一のデバイスから成ります。

        • ローカル マシン上のオーディオ ドライバは、単一の固定ソースを保留音サーバで利用可能にします。

        • 保留音サーバは、G.711(a-law および mu-law)、G.729a、およびワイドバンド コーデックをサポートします。

        • 保留音サーバは、1 つのプライマリ Cisco Unified Communications Manager ノードに登録します。

        サーバのスケーラビリティ

        • 保留音は、保留音サーバあたり 1 ~ 1000 のシンプレックス ユニキャスト ストリームをサポートします。

        • 保留音は、シスコが開発した複数のメディア処理アプリケーション、たとえば対話型音声応答(IVR)や自動アテンダント(AA)をサポートします。 Cisco Unified Communications Manager を使用すると、このサポートが容易になります。

        • 保留音サーバは、同時に 50 までの保留音データ ソース ファイルをソースとしてサポートします。

        • 保留音サーバは、ファイル ストリーム ソースに加えて 1 つの固定デバイス ストリーム ソースをサポートします。 このソースは固定オーディオ ソースであり、[固定MOHオーディオソースの設定(Fixed MOH Audio Source Configuration)] ウィンドウで設定されます。 このソースには、Cisco USB 保留音対応のアダプタが別途必要です。

        サーバの管理性

        • Cisco Unified Communications Manager クラスタまたはシステムでは、Cisco Unified Computing System(UCS)サーバまたは他のシスコ承認サードパーティ サーバーの設定において、仮想的にのみ配置することができます。 保留音機能は、外部ソースから MOH を提供するノードの外部ソース(USB オーディオ ドングル)では使用できません。

        • 管理者は、サーバが提供する各ソース ストリームのソースを指定できます。

        • ストリーム ソースの管理はブラウザを介して行います。

        サーバの冗長性

        • 保留音サーバは、関連する Call Manager Group の設定に基づく Cisco Unified Communications Manager リストをサポートします。 リストの最初のエントリはプライマリ サーバとして機能し、リストの後続の Cisco Unified Communications Manager は、優先順位順のバックアップ Cisco Unified Communications Manager として機能します。

        • 保留音サーバは、その Cisco Unified Communications Manager リストから Cisco Unified Communications Manager へのプライマリ接続およびバックアップ接続を維持できます。

        • 保留音サーバは、クラスタ上の他のサーバや電話機で使用される標準的な手順に従ってバックアップ Cisco Unified Communications Manager を引き継ぐことができます。

        • 保留音サーバは、クラスタ上の他のメディア サーバの標準的な手順に従ってプライマリ サーバを引き継ぐことができます。

        Cisco Unified Communications Manager データベースの要件

        • Cisco Unified Communications Manager がコールを処理して、コール中のいずれかのエンドポイントを保留にした場合、Cisco Unified Communications Manager は保留にされたエンドポイントを保留音に接続できます。 この機能は、ネットワーク保留およびユーザ保留にも当てはまります。 ネットワーク保留には、転送、会議、コール パークなどが含まれます。

        • 保留音用のメディア リソース グループは、すべての接続されたストリーム用に単一の音楽ソース ストリームを持つことをサポートします。

        • システムは、リモート サイトに保留音サーバを置かずに、中心のサイトに保留音サーバを置くことをサポートします。 保留音サービスが必要なリモート サイトのデバイスは、サービスがローカルで利用できない場合は WAN を介してメディア リソース グループからサービスを取得します。

        • 保留音サーバは、クラスタ内のすべてのサイトに分配できます。
        • 保留音サーバは、すべてのソース ストリームに対して、つまりすべての接続されたストリームに対して単一の保留音データ ソースを使用できます。 複数の保留音サーバが関連する場合は、保留音データ ソースは各サーバ上にローカルに格納される 1 つのファイルです。

        • システムは、デバイスに保留音を供給するプライマリ メディア リソース グループにストリームがないときはそれを検出でき、デバイスに指定されたセカンダリまたは三次のメディア リソース グループからストリームを選択できます。
        • デバイスを保留音に接続する際、低帯域幅コーデックのサポートが必要な場合には、システムでトランスコーダを挿入できます。

        データベースのスケーラビリティ

        • Cisco Unified Communications Manager は、1 つの保留音サーバにつき、1 ~ 500 のユニキャスト セッションをサポートできます。
        • 1 つのクラスタは、1 ~ 20 を超える保留音サーバをサポートします。

        • 1 つのクラスタは、1 ~ 10,000 を超える保留音ストリームをクラスタで同時にサポートします。

        • 1 つのクラスタは、1 ~ 500 以上の保留音用のメディア リソースグループをサポートします。

        • 保留音用の 1 つのメディア リソース グループは、1 ~ 20 以上の保留音サーバをサポートできます。

        管理性

        • 管理者は、デバイスごとにメディア リソース グループ リストを選択できます。

        • 管理者は、デバイス/電話番号(DN)ごとに保留音ソース ストリームを選択できます。

        • 管理者は、デバイス/DN ごとに Music On Consult(ネットワーク保留)ソース ストリームを選択できます。

        • 管理者は、指定したメディア リソース グループの一部にする保留音サーバを設定できます。

        • 管理者は、メディア リソース グループおよびメディア リソース グループ リストを設定することで、プライマリ、セカンダリ、および三次の保留音/Consult サーバを各デバイスに対して指定できます。

        • 管理者は、複数の保留音サーバをプロビジョニングできます。

        • 管理者は、保留音サーバがシステム内で MOH をサービスできるように、システムに登録されている任意のデバイスをプロビジョニングできます。

        • 保留音の設定と管理はすべてブラウザを介して行います。

        • 管理者は、マルチキャストをサポートするリソースが存在する場合は、保留音サーバをユニキャストまたはマルチキャストのどちらかに指定できます。


          (注)  


          CTI デバイスは、マルチキャスト保留音機能をサポートしていません。 CTI デバイスが、そのメディア リソース グループ リストにあるマルチキャスト MoH デバイスで設定されている場合は、コール制御に関する問題が発生する可能性があります。 CTI デバイスは、マルチキャスト メディア ストリーミングをサポートしていません。


        • 管理者は、すべての保留音サーバをリセットできます。

        発信者固有の保留音

        Cisco Unified Communications Manager は、電話機が SIP トランクを介して受信した後に保留する SIP コールの、異なる MOH オーディオ ソースを再生できます。

        Cisco Unified Customer Voice Portal(CVP)コンタクト センター ソリューションなどの外部アプリケーションは、発信者 ID、ダイヤル番号、または PSTN からコールを受信した際の IVR インタラクションに基づいて、最も適切な MOH オーディオ ソースを決定します。 Unified CVP によるプロンプト再生とユーザからの情報収集後、ユーザ保留とネットワーク保留の MOH ストリーム ID が、SIP トランクを介してCisco Unified Communications Manager に中継されます。

        MOH オーディオ ソースのストリーム ID を含むシグナリングの後で、コールは Cisco Unified Communications Manager クラスタ上のエージェントにルーティングされます。 エージェントがコールを保留した場合、発信者は受信したシグナリング情報に応じて適切な MOH オーディオ ソースを再生します。 エージェントが他のエージェントにコールを転送した場合は、SIP ヘッダーに含まれる発信者固有の MOH 情報がコールと一緒に転送されます。 同一クラスタをエージェントに転送したり、SIP トランクを使用して SME 経由で別のクラスタに転送したりすることができます。

        発信者固有の MOH のインタラクションおよび制限事項

        着信 SIP コールの SIP ヘッダーに MOH オーディオ ソース情報が含まれている場合、Cisco Unified Communications Manager は次の操作を実行します。
        • SIP コールがユーザによって保留されると、発信者の MOH 音源が再生されます。

        • SIP コールがネットワークで保留されると、発信者の MOH 音源が再生されます。

        • 同じクラスタの別のエンドポイントにコールが転送されてから、ユーザによって保留されるか、ネットワークで保留されると、発信者の MOH 音源が再生されます。

        • SIP トランクのコールが別のクラスタに送信されると、MOH 音源情報がコールとともに送信されます。

        • SME シナリオで SIP トランクのコールが別のクラスタに送信されると、MOH 音源情報がコールとともに送信されます。

        • コールが SIP トランクを介して別のクラスタに送信されると、MOH 音源情報がコールとともに送信されます。

        • コールが SIP トランクを介して別のクラスタに転送またはリダイレクトされると、MOH 音源情報がコールとともに送信されます。

        制限事項

        • ユーザおよびネットワークの MOH オーディオ ソース ID がプロビジョニングされていない場合、またはどちらか一方または両方の値が無効の場合、SIP ヘッダーに含まれる発信者固有の MOH 情報は無視されます。 コールは保留音に戻って無効の MOH オーディオ ソースが発生します。

        • ユーザおよびネットワークの MOH オーディオ ソース ID の両方がヘッダーにある場合、無効な値がデフォルト値(0)に置き換わります。

        • 両方の値が 0 の場合、または唯一の値が 0 の場合、着信 INVITE のヘッダーが無視されます。

        • SIP ヘッダーに 1 つの MOH オーディオ ソース ID だけが指定されていて、MOH オーディオ ソース ID 値の前後にカンマが表示される場合、ユーザとネットワーク MOH の両方に同じ MOH ID が使用されています。 SIP トランクは、コール制御が常に両方の値を受信するように、SIP ヘッダーにユーザおよびネットワークの MOH オーディオ ソース ID の両方を入力します。

        • カンマで区切られた MOH オーディオ ソース ID 値が 3 つ以上ヘッダーにある場合は、最初の 2 つの値だけが使用されます。 後続の値は無視されます。

        • 複数の Cisco Unified Communications Manager クラスタを使用している場合に、発信者固有の MOH 設定の整合性を維持するのは、管理者の責任です。

        • コール センターに着信したコールの元の発信者は、コール全体を通じて変更できません。

        • 保留音情報は、SIP トランク間だけで共有されます。

        • コールが QSIG トンネル対応の SIP トランクを介して受信または転送された場合、発信者固有の MOH はサポートされません。

        保留音サーバ

        保留音サーバは、Cisco Unified Communications Manager との通信に Station Stimulus(Skinny Client)メッセージ プロトコルを使用します。 保留音サーバは、Cisco Unified Communications Manager に単一のデバイスとして登録し、サポート可能なシンプレックス ユニキャスト オーディオ ストリームの数をレポートします。 保留音サーバはそのメディアのタイプの能力を G.711 mu-law および a-law、G.729a、およびワイドバンドとして Cisco Unified Communications Manager に通知します。 Cisco Unified Communications Manager は、保留音サーバに Skinny クライアント メッセージを送信して保留音ユニキャスト ストリームを起動および停止します。

        1 つの保留音サーバは、1000 までのシンプレックス ユニキャスト オーディオ ストリームを処理します。 1 つのメディア リソース グループには、1 つまたは複数の保留音サーバが含まれます。 1 つの保留音サーバは 51 のオーディオ ソースをサポートします。1 つのオーディオ ソースは、ローカル コンピュータのオーディオ ドライバを使用する固定デバイスをソースとします。残りのオーディオ ソースは、ローカル保留音サーバ上のファイルをソースとします。

        複数の保留音サーバに対して単一のファイルを使用できますが、固定デバイスは 1 つの保留音サーバに対してだけソースとして使用できます。 保留音オーディオ ソース ファイルは、ストリーミングに適したフォーマットで格納されます。 Cisco Unified Communications Manager は、クラスタ内の保留音サーバ間にシンプレックス ユニキャスト ストリームを割り当てます。

        保留音サーバが実際に Cisco IP Voice Media Streaming アプリケーションのコンポーネントである場合は、標準の、デバイス復旧およびデータベース変更通知をサポートします。

        各保留音サーバは、保留音オーディオ ソース ファイルのコピーをローカルのハードディスクに格納します。 各オーディオ ソース ファイルは、そのファイルが Cisco Unified CM の管理のインターフェイスを介して追加されたときに、ノードに配布されます。


        (注)  


        管理者は、保留音オーディオ ソース ファイルを MoH サーバごとにアップロードする必要があります。


        保留ビデオ(VOH)は、保留にされた側の [メディアリソースグループおよびメディアリソースグループリスト(Media Resource Group and Media Resource Group List)] 設定に VOH サーバを含めることで、MOHの代わりに提供することができます。 VOH サーバが選択されている場合は、VOH サーバに設定されたデフォルトのビデオのみ再生されます。

        保留音オーディオ ソース

        管理者がオーディオ ソース ファイルをインポートすると、Cisco Unified Communications Manager の管理ページのインターフェイスがそのファイルを処理し、保留音サーバで使用可能な形式に変換します。

        • オーディオ ソース ファイルとして推奨される形式には、次の仕様があります。

        • 16 ビット パルス符号変調(PCM) wav ファイル

        • ステレオまたはモノラル

        • サンプル レートが 48 kHz、32 kHz、16 kHz、または 8 kHz

        オーディオ ソースの作成

        次のファイル形式を含めて、ほとんどの標準 wav ファイルは、入力用オーディオ ソース ファイルとして使用できます。

        • 16 ビット パルス符号変調(PCM) wav ファイル

        • ステレオまたはモノラル

        • 48 kHz、44.1 kHz、32 kHz、16 kHz、または 8 kHz のサンプル レート


        (注)  


        保留音機能は、MP3 形式をサポートしていません。


        オーディオ ソースを作成するときは、次の手順を実行します。

        • 管理者がオーディオ ソース ファイルを Cisco Unified Communications Manager 保留音サーバにインポートします。 この手順では、ファイルを転送し、保留音サーバで使用可能な形式に変換するために、多少時間がかかります。

        • 管理者は、オーディオ ソース ファイルにオーディオ ソース番号を割り当てるために、事前に各クラスタ内の各 MoH サーバにオーディオ ソース ファイルをインポートする必要があります。

        • 保留音サーバは、ローカルのオーディオ ソース ファイルを使用します。

        • 保留音サーバは、Cisco Unified Communications Manager が必要とする、または要求するファイルを、保留にされたデバイスに配信します。

        オーディオ ソース ファイルの保存

        Cisco Unified Communications Manager の以前のリリースでは、MoH ファイルの格納領域に制限がありませんでした。 MoH アップロード ツールには、アップロードするファイル数やファイルのサイズの制限がありません。 変更されたアップロード用の JSP ページでは、既存の MoH ファイルのディスク使用量がチェックされ、十分なスペースがある場合にだけアップロードが許可されます。


        (注)  


        クラスタ内の最小のノードにより MOH の容量が決まります。


        オーディオ ソースの管理

        保留音オーディオ ソースを作成した後、オーディオ ソースの管理はすべて Cisco Unified Communications Manager の管理ページで行います。 [メディアリソース(Media Resources)] > [保留音オーディオソース(Music On Hold Audio Source)] を選択して、[保留音オーディオソースの設定(Music On Hold Audio Source Configuration)] ウィンドウを表示します。 このウィンドウを使用して、所定のオーディオ ソースに対して保留音オーディオ ソースの追加、更新、または削除を行います。 各オーディオ ソース ファイルに対して、保留音オーディオ ソース番号および保留音オーディオ ソース名を割り当て、このオーディオ ソースが連続して再生するかどうか、マルチキャストを許可するかどうかを決定します。 1 つのオーディオ ソースに対して、このウィンドウは保留音オーディオ ソース ファイルのステータスも表示します。 詳細については、保留音オーディオ ソースの検索を参照してください。


        (注)  


        [保留音オーディオソースの設定(Music On Hold Audio Source Configuration)] ウィンドウで、特定のノードだけにオーディオ ソース ファイルをアップロードできます。 このウィンドウには、オーディオ ソース ファイルを他のノードに自動コピーする機能がありません。 各ノード上の Cisco Unified Communications Manager アプリケーションにアクセスして、オーディオ ソース ファイルを加入者ノードに手動でアップロードする必要があります。


        マルチキャストとユニキャストのオーディオ ソース

        マルチキャスト保留音は、システム リソースを節約します。 マルチキャストを使用すると、複数のユーザが同一のオーディオ ソース ストリームを使用して保留音を提供できるようになります。 マルチキャスト オーディオ ソースは IP アドレスに関連付けられます。

        ユニキャスト保留音は、システムのデフォルトです。各ユーザまたは各接続に対して別個のストリームを使用します。 ユーザはある特定のデバイスまたはストリームに接続します。


        (注)  


        MoH オーディオ ソースは、ユニキャストの保留にされた側に対して再生される、最初の(グリーティング)アナウンスに設定することができます。 ユニキャスト MoH ユーザには、このアナウンスが最初から聞こえます。 マルチキャスト ユーザには、このアナウンスは聞こえません。



        (注)  


        MoH 機能により、保留にされたどのユーザも、いつ保留状態になったかに関係なく、ストリーム中のオーディオ ソースの同じ箇所を聞くことになります。



        (注)  


        MoH を使用して、ユーザが保留状態になったときにアナウンスを配信している場合、標準の MoH 設定で問題が発生する可能性があります。 最初に保留状態になったユーザ以外のユーザは、アナウンスを最初から聞くことができません。これらのユーザは進行中のアナウンス(オーディオ ソース)に途中から加わることになります。



        (注)  


        マルチキャストとユニキャストの両方の設定で、保留にされたユーザに対して同じオーディオ ソースの動作が実行されます。 各オーディオ ソースは、1 度使用されるとストリームが内部で分割され、保留にされたユーザに送信されます。 この場合、マルチキャストとユニキャストの違いは、データ自体をネットワークで送信する方法だけです。



        (注)  


        MoH オーディオ ソースは、基本の MoH オーディオに設定可能な一定の間隔で挿入される、定期的なアナウンスに設定できます。 このアナウンスは、ユニキャストとマルチキャストの両方のユーザに聞こえます。 ただし、ユーザは、このアナウンスの再生中に、MoH オーディオ ストリームに挿入されることがあります。 これは、保留にされている他のユーザがすでに MoH オーディオ ソースを聞いているかどうかによって決まります。


        管理者は、マルチキャストでは、デバイスの管理、IP アドレスの管理、およびポートの管理が必要になります。 これに対して、ユニキャストではデバイスの管理だけが必要になります。

        マルチキャストでは、管理者は少なくとも 1 つのオーディオ ソースを定義してマルチキャストを許可する必要があります。 保留音サーバにマルチキャストを定義するには、まず、サーバにマルチキャストを許可する必要があります。

        マルチキャストでは、1 つのアドレスは、1 つの IP アドレスと 1 つのポート番号の組み合わせで構成されます。 マルチキャスト用の各オーディオ ソースには、1 組のアドレスが必要です。各 MoH サーバの各フォーマットに 1 つずつ必要です。 MoH サーバをマルチキャスト用に設定する場合は、アドレスをポートまたは IP アドレスの増分によって割り当てる必要があるかどうかを指定します。


        注意    


        ファイアウォールが存在する状況でのネットワークの飽和状態を避けるため、ポート番号の代わりに IP アドレスの増分によるマルチキャストを強く推奨します。 これに従うことにより、各マルチキャスト オーディオ ソースは一意な IP アドレスを持つことになり、ネットワークの飽和状態の回避に役立ちます。


        [保留音(MOH)サーバの設定(Music On Hold (MOH) Server Configuration)] ウィンドウの [最大ホップ(Max Hops)] フィールドは、1 つのオーディオ ソースが経由できるルータの最大数を示します。 最大ホップが 0 に設定されている場合は、オーディオ ソースは自身のサブネット内に留まる必要があります。 最大ホップが 1 に設定されている場合は、オーディオ ソースはルータを 1 つまで経由して隣接したサブネットに移動できます。 最大ホップは 2 に設定することを推奨します。

        標準化団体は IP アドレスを予約しています。 224.0.1.0 ~ 239.255.255.255 の範囲の IP アドレスは、マルチキャストのアドレスとして予約されています。 ただし、224.0.1.0 ~ 238.255.255.255 の範囲のアドレスは、パブリック マルチキャスト アプリケーションに割り当てられます。 パブリック マルチキャスト アドレスを保留音マルチキャストに使用しないでください。 その代わり、プライベート ネットワーク上の、管理上制御されるアプリケーション用に予約されている範囲(239.0.0.0 ~ 239.255.255.255)の IP アドレスを使用することを推奨します。

        マルチキャストに有効なポート番号は、16384 ~ 32767 の範囲の偶数です (システムが奇数を予約しています)。

        マルチキャストは、メディア リソース グループおよびメディア リソース グループ リストがいずれもマルチキャスト保留音サーバを含むように定義されている場合にだけ機能します。 メディア リソース グループでは、マルチキャスト用に設定されている保留音サーバを含む必要があります。 これらのサーバには (MOH)[Multicast] というラベルが付けられています。 また、メディア リソース グループをマルチキャストに定義する場合は、[MOHオーディオにマルチキャストを使用(Use Multicast for MOH Audio)] チェックボックスをオンにします。

        メディア リソース グループ リストがデバイス プールおよびデバイスに関連付けられている場合は、メディア リソース グループ リストを定義して、マルチキャストに設定されているメディア リソース グループがリストの先頭のグループとなるようにします。 マルチキャスト オーディオ ソースが最初に検索され、デバイスに関する作業が容易になるため、この方法を行うことをお勧めします。

        保留音処理では、使用するメディア リソースは、保留にされたデバイス(保留状態になっているデバイス)によって決定されますが、使用するオーディオ ソースは、保留にしたデバイス(保留動作を開始したデバイス)によって決定されます。


        (注)  


        メディア ターミネーション ポイント(MTP)が呼び出された場合、マルチキャスト保留音(MoH)には次の制限が適用されます。 マルチキャスト MoH を使用しているサイトのコール レッグで MTP リソースが呼び出された場合、発信者に保留音は聞こえず、無音状態になります。 このシナリオを回避するには、マルチキャスト MoH の代わりに、ユニキャスト MoH または保留トーンを設定してください。



        (注)  


        CTI デバイスは、マルチキャスト保留音機能をサポートしていません。 CTI デバイスが、そのメディア リソース グループ リストにあるマルチキャスト MoH デバイスで設定されている場合は、コール制御に関する問題が発生する可能性があります。 CTI デバイスは、マルチキャスト メディア ストリーミングをサポートしていません。


        Multicast MoH Direction Attribute for SIP サービス パラメータ

        Multicast MoH Direction Attribute for SIP サービス パラメータは、Cisco Unified Communications Manager で、マルチキャスト保留音(MoH)の INVITE メッセージの Session Description Protocol(SDP)の方向属性が sendOnly と recvOnly のどちらに設定されるかを決定します。

        Cisco Unified IP Phone 7940 および 7960 で Session Initiation Protocol(SIP)電話ロード 8.4 以前を使用する構成の場合、または Cisco Unified IP Phone 7906、7911、7941、7961、7970、および 7971 で SIP 電話ロード 8.1(x) 以前を使用する構成の場合は、このパラメータを sendOnly に設定します。 それ以外の場合は、このパラメータをデフォルト値の recvOnly に設定したままにします。

        H.323 クラスタ間トランク経由のマルチキャスト保留音

        H.323 クラスタ間トランク経由のマルチキャスト保留音(MOH)機能を使用すると、マルチキャスト MOH が H.323 クラスタ間トランク(ICT)経由で動作するようになります。 この機能が実装されるまで、マルチキャスト MOH は同じ ICT を経由する各ユニキャスト MOH の帯域幅を使用しており、帯域幅が浪費されていました。

        また、この機能が実装されるまでは、H.323 オープン論理チャネル(OLC)の ACK メッセージで、マルチキャスト MOH 用の IP アドレスおよびポートが伝達されていました。 この機能の実装により、H.323 OLC メッセージでマルチキャスト MOH 用の IP アドレスおよびポートが伝達され、Cisco Unified Communications Manager によって情報を処理するメカニズムが H.323 OLC メッセージに組み込まれるようになりました。

        クラスタ間トランク経由でコールが接続し、発信側または着信側の片方が [保留] キーを押すと、MOH がクラスタ間トランク経由で配信されます。 マルチキャスト MOH が有効で、保留にした側およびトランクがマルチキャスト MOH サーバを使用するように設定されている場合、MOH はマルチキャストで配信されます。 このトランク上で保留状態になっているコールの数に関係なく、トランク経由で配信されるマルチキャスト MOH ストリームは 1 つだけです。

        Send Multicast MOH in H.245 OLC Message サービス パラメータ

        Send Multicast MOH in H.245 OLC Message サービス パラメータは、H.323 クラスタ間トランク経由のマルチキャスト保留音機能を制御します。 コールに関わる Cisco Unified Communications Manager の両方のノードで、このパラメータの設定を有効にするために単一送信マルチキャストをサポートしている必要があります。 このサービス パラメータは、コールを保留にした側だけに影響し、遠端側がマルチキャスト転送アドレスを伝達する方法には影響しません。 このパラメータを無効にしても、コールの保留にされた側に単一送信マルチキャストをサポートする機能がある限り、マルチキャスト MOH は保留にされた側に適用されます。

        Cisco CallManager サービスをサポートしているクラスタ全体のサービス パラメータ Send Multicast MOH in H.245 OLC Message を使用してこの機能を設定する場合は、Cisco Unified Communications Manager の管理ページ[システム(System)] > [サービスパラメータ(Service Parameters)] を選択します。 続いて、サーバおよび Cisco CallManager サービスを選択します。 Send Multicast MOH in H.245 OLC Message のドロップダウン リスト ボックスで [True] を選択します。

        このサービス パラメータは、H.323 クラスタ間トランクおよびデバイスでのマルチキャスト MOH の動作を制御します。 新しいサービス パラメータは、SIP トランク経由のマルチキャスト MOH は制御しません。SIP トランク経由のマルチキャスト MOH では新しい動作が構成されないためです。

        Cisco Unified Communications Manager の管理の設定のヒント

        Cisco Unified Communications Manager のクラスタ間トランク経由で接続するコールは、この機能を使用してマルチキャスト MOH を実現します。 Cisco Unified Communications Manager 間のミドル ボックスでターミナル機能セット(TCS)内の新しいフィールドおよび OLC メッセージが渡されていない場合、この機能は動作しません。

        マルチキャスト MOH を設定するための通常の設定以外に、この新機能に対する追加の設定はありません。 この機能は、単一送信マルチキャストをサポートしている Cisco Unified Communications Manager 間だけに適用されます。

        デフォルトでは、この機能はアクティブのままになります。 この機能を無効にするには、Send Multicast MOH in H.245 OLC Message サービス パラメータの値を [False] に設定します。 この機能で発生する可能性がある相互運用性の問題を解決するには、この操作を実行します。


        (注)  


        マルチキャスト MOH は、H.323 と SIP プロトコルとの相互運用性をサポートしません。


        SRTP を介したセキュアな保留音

        Cisco Unified Communications Manager 8.6(1) 以降では、Cisco IP Voice Media Streaming アプリケーション サービスが拡張され、Secure Real-Time Protocol(SRTP)がサポートされます。このため、Cisco Unified Communications Manager のクラスタまたはシステムでセキュリティが有効になっている場合、MOH サーバは、SRTP 対応デバイスとして Cisco Unified Communications Manager に登録されます。 受信デバイスも SRTP 対応デバイスである場合、音楽メディアは、受信デバイスにストリーミングされる前に暗号化されます。


        (注)  


        セキュア モードでは、保留音の Cisco Unified Communications Manager の管理ページのデバイス ページに、デバイスが信頼できるデバイスであることを示す、チェックボックス付きのメッセージが表示されます。


        Cisco Unified Communications Manager がセキュアな配置環境で設定されている(Cluster Security Mode エンタープライズ パラメータが混合モードに設定されている)場合、Cisco Unified IP Phone、音声ゲートウェイ、およびその他のセキュア機能対応のエンドポイントは、暗号化モードに設定されます。 デバイス間のメディア ストリーミングは、SRTP を介して実行されます。 コールがセキュアな場合、Cisco Unified IP Phone にロック アイコンが表示されます。これは、コールが、シグナリングおよびメディアの両方で保護されていることを示します。


        (注)  


        コール機能がアクティブ化された場合など、Cisco Unified Communications Manager が、暗号化コールのメディアを中断すると、ロック アイコンは Cisco Unified IP Phone から削除されます。 このアイコンは、電話が暗号化メディアと再接続すると復元されます。 メディアの中断から復元までの時間は、暗号化された保留音がアクティブな場合、短くなります。



        (注)  


        マルチキャスト MoH オーディオ ストリームは暗号化されず、SRTP をサポートしません。


        保留音のセキュリティの有効化

        保留音デバイスは、Cluster Security Mode エンタープライズ パラメータが 1(混合モード)に設定されている場合、セキュリティ機能が自動的に有効になります。 Cluster Security Mode エンタープライズ パラメータを設定するには、保留音オーディオ ソースの検索 を参照してください。

        セキュアな保留音と非セキュアな保留音

        次に、セキュアおよび非セキュアな MOH がコールに挿入されるときにロック アイコンがどのように表示されるかを説明する例を示します。

        セキュアな MLPP 優先コールが保留中の場合、Cisco Unified Communications Manager は、保留にされた側に、セキュアな MOH を挿入します。 このメディアは、SRTP を介して保留された側に暗号化およびストリーミングされます。 セキュアなロック アイコンが、ユーザの電話に表示されます。

        次に、優先コールの暗号化 MOH の例を示します。

        1. ユーザ 2000 が、77 1000 にダイヤルしてユーザ 1000 と接続します。 Cisco Unified Communications Manager は、ユーザがプレフィックス 77 をダイヤルして MLPP 即時コールを開始できるように 77.XXXX のトランスレーション パターンを設定しています。

        2. Cisco Unified Communications Manager はユーザ 1000 にダイヤルし、ユーザ 1000 はコールに対応します。

        3. ユーザ 2000 とユーザ 1000 との間のメディアは、SRTP を介して設定されるので、セキュアなロック アイコンは、両方の IP Phone に表示されます。

        4. ユーザ 2000 が、[保留(Hold)] キーを押すと、Cisco Unified Communications Manager は、ユーザ 2000 とユーザ 1000 との間のメディア接続を切断して、ユーザ 1000 のデバイスに MOH を挿入します。 暗号化された MOH メディアは、SRTP を使用してユーザ 1000 にストリーミングされます。 ユーザ 1000 の IP Phone のロック アイコンは、MOH 再生中、表示されたままです。

        次に、非セキュアなコールの暗号化 MOH の例を示します。

        1. ユーザ 1000 が、ユーザ 2000 にダイヤルします。

        2. ユーザ 2000 がコールに対応します。

        3. ユーザ 1000 とユーザ 2000 との間のメディア ストリーミングは、ユーザ 1000 の IP Phone がセキュアではないため、暗号化されません。

        4. ユーザ 1000 が、[保留(Hold)] キーを押すと、Cisco Unified Communications Manager は、ユーザ 1000 とユーザ 2000 との間のメディア接続を切断します。 Cisco Unified Communications Manager はユーザ 2000 に MOH を挿入します。 MOH サーバおよびユーザ 2000 のデバイスは両方とも暗号化に対応しているので、SRTP を使用して、MOH メディアがユーザ 2000 に再生されます。

        次の例では、非セキュアなデバイスに暗号化されていない保留音を再生するセキュアな MOH の例について説明します。

        電話がセキュアではない場合、デバイスのコールが保留にされると、挿入される MOH は、暗号化されていないメディアを電話にストリーミングします。

        1. ユーザ 1000 が、ユーザ 2000 にダイヤルします。

        2. ユーザ 2000 がコールに対応します。 ユーザ 1000 の IP Phone は、非セキュアなデバイスです。

        3. ユーザ 2000 とユーザ 1000 との間のメディア ストリームは、RTP で設定されます。

        4. ユーザ 2000 が、[保留(Hold)] キーを押すと、Cisco Unified Communications Manager は、ユーザ 2000 とユーザ 1000 との間のメディア接続を切断して、ユーザ 1000 に保留音を挿入します。 MOH は暗号化に対応しますが、受信デバイスが SRTP 対応ではないので、MOH は、RTP を使用してユーザ 1000 にストリーミングします。

        次の例では、MOH のセキュリティが無効なときに、優先コールに挿入される非セキュアな MOH について説明します。

        高度なサービス パラメータ [Make MOH Non-secure when Cluster Security is Mixed] が [True] に設定されると、MOH サーバは、SRTP 対応デバイスとして Cisco Unified Communications Manager に登録できません。

        1. ユーザ 2000 が、ユーザ 1000 にダイヤルします。

        2. ユーザ 1000 がコールに対応します。

        3. ユーザ 2000 とユーザ 1000 との間のメディア ストリームは、SRTP で設定されます。 両方の IP Phone にロック アイコンが表示されます。

        4. ユーザ 2000 が、[保留(Hold)] キーを押すと、Cisco Unified Communications Manager は、ユーザ 2000 とユーザ 1000 との間のメディア接続を切断して、ユーザ 1000 に MOH を挿入します。 高度なサービス パラメータ [Make MOH Non-secure when Cluster Security is Mixed] が [True] に設定されると、MOH は、RTP を使用してユーザ 1000 にストリーミングされます。

        次の例では、保留トーン(TOH)に挿入される暗号化アナンシエータについて説明します。

        MOH が使用できない場合、アナンシエータが保留された側に挿入され、保留トーンが再生されることがあります。

        アナンシエータの詳細については、セキュアな保留音と非セキュアな保留音 を参照してください。

        1. ローカル クラスタまたはシステム内のユーザ 2000 が、2 つのクラスタ システムをリンクする SIP トランクを介して、86000 をダイヤルして、リモート クラスタまたはシステム内のユーザ 6000 と接続します。

        2. リモート クラスタまたはシステム内のユーザ 6000 がコールに対応します。

        3. ユーザ 2000 とユーザ 6000 との間のメディア接続は、SRTP で設定されるので、両方の IP Phone に、セキュアなロック アイコンが表示されます。

        4. リモート クラスタまたはシステム内のユーザ 6000 が [保留(Hole)] キーを押します。

        5. リモート クラスタまたはシステム内の Cisco Unified Communications Manager は、ユーザ 2000 とユーザ 6000 との間のメディア接続を切断して、SIP トランクを介してアナンシエータをユーザ 6000 に挿入します。

        次の例では、SRTP 対応デバイスへのセキュアなコールの打診転送について説明します。

        セキュアなコールが転送され、コールを転送する発信者が [転送(Transfer)] キーを押すと、そのコールは事実上、保留状態になります。そのため、コールを転送する発信者が、再び [転送(Transfer)] キーを押して転送を完了するまで、MOH がコールに挿入されます。

        MOH サーバもセキュアなデバイスである場合、コールの転送先の発信者のセキュリティ ステータスは、ダウングレードされず、コールは、転送プロセス中そのセキュリティ ステータスを保持します。

        1. ユーザ 2000 が、ユーザ 1000 にダイヤルします。

        2. ユーザ 1000 がコールに対応します。

        3. ユーザ 1000 とユーザ 2000 との間のメディア ストリーミングは、暗号化されます。 両方のユーザの IP Phone に、セキュアなロック アイコンが表示されます。

        4. ユーザ 2000 が [転送(Transfer)] キーを押します。

        5. Cisco Unified Communications Manager は、ユーザ 1000 とユーザ 2000 との間のメディア接続を切断して、MOH をユーザ 1000 に挿入します。 MOH サーバおよびユーザ 1000 の IP Phone は両方とも暗号化に対応しているので、SRTP を使用して、MOH メディアがユーザ 1000 に再生されます。 ロック アイコンは、ユーザ 1000 の電話に表示されたままです。

        6. ユーザ 2000 が、ユーザ 3000 にダイヤルします。

        7. ユーザ 3000 がコールに対応します。

        8. 暗号化されたメディア接続が、コンサルテーション コールに確立されます。 ロック アイコンが、ユーザ 2000 とユーザ 3000 の両方の電話に表示されます。

        9. ユーザ 2000 が、[転送(Transfer)] キーを再び押すと、Cisco Unified Communications Manager は、ユーザ 2000 とユーザ 3000 との間のメディア接続を切断します。その後、ユーザ 3000 とユーザ 1000 との間に暗号化されたメディアが確立されます。 ロック アイコンが、ユーザ 3000 とユーザ 1000 の両方の IP Phone に表示されます。

        次の例では、非セキュアなデバイスへのセキュアなコールの打診転送について説明します。

        1. ユーザ 2000 が、ユーザ 1000 にダイヤルします。

        2. ユーザ 1000 がコールに対応します。

        3. ユーザ 1000 とユーザ 2000 との間のメディア ストリーミングが暗号化され、ロック アイコンがユーザ 1000 とユーザ 2000 の IP Phone に表示されます。

        4. ユーザ 2000 が [転送(Transfer)] キーを押します。

        5. Cisco Unified Communications Manager は、ユーザ 1000 とユーザ 2000 との間のメディア接続を切断して、MOH をユーザ 1000 に挿入します。 MOH サーバと受信側デバイスの両方が暗号化に対応しているので、SRTP を使用して、MOH メディアがユーザ 1000 に再生されます。 ユーザ 1000 の IP Phone のロック アイコンは表示されたままです。

        6. ユーザ 2000 が、ユーザ 3000 にダイヤルします。

        7. ユーザ 3000 がコールに対応します。

        8. ユーザ 3000 は SRTP に対応していないので、ユーザ 2000 とユーザ 3000 の IP Phone にはセキュアなロック アイコンは表示されません。

        9. ユーザ 2000 が [転送(Transfer)] キーを再び押します。 Cisco Unified Communications Manager は、ユーザ 2000 とユーザ 3000 との間のメディアを切断します。その後、暗号化されていないメディアが、ユーザ 3000 とユーザ 1000 との間で確立されます。 ユーザ 1000 の IP Phone のロック アイコンは表示されなくなります。

        次の例では、SRTP 対応デバイスへの非セキュアなコールの打診転送について説明します。

        この例では、コールを転送する発信者が [転送(Transfer)] キーを押した直後にコールが転送された発信者のデバイスに、セキュアなロック アイコンが表示されます。

        1. ユーザ 2000 が、ユーザ 1000 にダイヤルします。

        2. ユーザ 1000 がコールに対応します。

        3. ユーザ 1000 とユーザ 2000 との間のメディア ストリーミングは、ユーザ 2000 の IP Phone が SRTP 対応ではないため、暗号化されません。

        4. ユーザ 2000 が [転送(Transfer)] キーを押します。

        5. Cisco Unified Communications Manager は、ユーザ 1000 とユーザ 2000 との間のメディア接続を切断して、MOH をユーザ 1000 に挿入します。 MOH サーバおよびユーザ 1000 の受信デバイスは両方とも暗号化に対応しているので、SRTP を使用して、MOH メディアがユーザ 1000 に再生されます。 ロック アイコンが、ユーザ 1000 の IP Phone に表示されます。

        6. ユーザ 2000 が、ユーザ 3000 にダイヤルします。

        7. ユーザ 3000 がコールに対応します。

        8. ユーザ 2000 が、[転送(Transger)] キーをもう一度押すと、Cisco Unified Communications Manager は、ユーザ 2000 とユーザ 3000 との間のメディア接続を切断します。 その後、両方のデバイスが SRTP に対応しているので、暗号化されたメディアが、ユーザ 3000 とユーザ 1000 との間で確立されます。 ロック アイコンが、ユーザ 1000 とユーザ 3000 の IP Phone に表示されます。

        次の例では、SRTP 対応デバイスへのセキュアなコールのブラインド転送について説明します。

        コールを転送する発信者が、転送先の番号をダイヤルした直後に、[転送(Transfer)] キーを押すと、セキュアな MOH が一時的に挿入され、転送先で呼び出し音が鳴っている間に削除されます。 コールの転送先の発信者が、呼び出し音を聞きます。 コールの転送先の発信者にメディアが接続されないため、IP Phone にセキュアなロック アイコンは表示されません。 ロック アイコンは、コールに対応された場合のみ表示されます。

        1. ユーザ 2000 が、ユーザ 1000 にダイヤルします。

        2. ユーザ 1000 がコールに対応します。

        3. ユーザ 1000 とユーザ 2000 との間のメディア ストリーミングは、暗号化されます。 ロック アイコンが、ユーザ 1000 とユーザ 2000 の IP Phone に表示されます。

        4. ユーザ 2000 が [転送(Transfer)] キーを押します。

        5. Cisco Unified Communications Manager は、ユーザ 1000 とユーザ 2000 との間のメディア接続を切断して、MOH をユーザ 1000 に挿入します。 MOH サーバおよびユーザ 1000 の受信デバイスは両方とも暗号化に対応しているので、SRTP を使用して、MOH メディアがユーザ 1000 に再生されます。 ロック アイコンが、ユーザ 1000 の IP Phone に表示されます。

        6. ユーザ 2000 が、ユーザ 3000 にダイヤルして、[転送(Transfer)] キーを再び押します。

        7. ユーザ 3000 の IP Phone が鳴ります。 Cisco Unified Communications Manager は、ユーザ 1000 から MOH を削除し、ユーザ 3000 の IP Phone が鳴っている間、ユーザ 1000 の IP Phone で呼び出し音が鳴ります。 ロック アイコンは、ユーザ 1000 の IP Phone から削除されます。

        8. ユーザ 3000 がコールに対応します。

        9. 暗号化されたメディア接続が、ユーザ 1000 とユーザ 3000 の IP Phone 間で確立されます。 ロック アイコンが、ユーザ 1000 とユーザ 3000 の IP Phone に表示されます。

        次の例では、リモート クラスタまたはシステムのセキュアなコールのブラインド転送について説明します。

        この例では、ユーザ 5000 がユーザ 6000 へコールをブラインド転送すると、リモート クラスタまたはシステムの Cisco Unified Communications Manager は最初に、ローカル クラスタまたはシステムのユーザ 2000 に MOH を挿入してから、これを削除し、ユーザ 2000 にアナンシエータを挿入して呼び戻し音を再生します。 ユーザ 6000 がコールに対応すると、ユーザ 2000 とユーザ 6000 との間のメディア接続が確立されます。

        アナンシエータ、MOH、およびリモート クラスタまたはシステムのユーザ 6000 はすべて SRTP をサポートしているので、ブラインド転送プロセス全体で、ユーザ 2000 の IP Phone にロック アイコンが表示されます。

        アナンシエータの詳細については、次の図を参照してください。

        1. ユーザ 2000 は、85000 にダイヤルして、リモート クラスタまたはシステムのユーザ 5000 に接続します。

        2. リモート クラスタまたはシステム内のユーザ 2000 はコールに対応します。

        3. 暗号化されたメディアが、リモート クラスタまたはシステムのユーザ 2000 とユーザ 5000 との間で確立されます。 ロック アイコンが、ユーザ 2000 とユーザ 5000 の IP Phone に表示されます。

        4. リモート クラスタまたはシステム内のユーザ 5000 が [転送(Transfer)] キーを押します。

        5. リモート クラスタまたはシステムの Cisco Unified Communications Manager は、ローカル クラスタまたはシステムのユーザ 5000 とユーザ 2000 間のメディアを切断し、ローカル クラスタまたはシステムのユーザ 2000 に MOH を挿入します。 MOH サーバおよびユーザ 2000 の受信 IP Phone は両方とも暗号化に対応しているので、SRTP を使用して、MOH メディアがユーザ 2000 に再生されます。 ロック アイコンは、ユーザ 2000 の IP Phone で保持されます。

        6. ユーザ 5000 が、ユーザ 6000 にダイヤルして、[転送(Transfer)] キーを再び押します。

        7. リモート クラスタまたはシステムの Cisco Unified Communications Manager がユーザ 6000 にダイヤルします。

        8. リモート クラスタまたはシステムの Cisco Unified Communications Manager が MOH を削除し、ユーザ 2000 にアナンシエータを挿入して、着信の呼び戻し音を再生します。 アナンシエータとユーザ 2000 の IP Phone は両方とも暗号化に対応しているので、SRTP を使用して、呼び出し音が再生されます。 電話が呼び出し音を受信する場合、ロック アイコンが、ユーザ 2000 の IP Phone で保持されます。

        9. リモート クラスタまたはシステム内のユーザ 6000 がコールに対応します。

        10. 暗号化されたメディアが、リモート クラスタまたはシステムのユーザ 2000 とユーザ 6000 との間で確立されます。 ロック アイコンが、ユーザ 2000 とユーザ 6000 の IP Phone に表示されます。


        (注)  


        SIP トランクが暗号化モードに設定されていることを確認して、[SIPトランク(SIP trunk)] ページの [SRTPを許可(SRTP Allowed)] チェックボックスをオンにします。


        保留音のシステム要件と制限

        保留音機能には、次に示すシステム要件と制限があります。

        • 保留音機能を使用するオーディオ ストリーミング デバイスはすべてシンプレックス ストリームをサポートします。 保留音サーバは最大 1000 のシンプレックス ストリームをサポートします。

        • 保留音(MOH)サーバは Cisco IP Voice Media Streaming アプリケーションに含まれ、Cisco Unified Communications Manager とともにインストールされます。 MOH サーバをアクティブにするには、Cisco Unified Serviceability アプリケーションを使用します。 ただし、Cisco IP Voice Media Streaming アプリケーションは複数のノードでアクティブにできるので、クラスタ内の複数の MOH サーバに提供できます。

        • Cisco Unified Communications Manager クラスタでは、最大 50 個のオーディオ ソースを定義できます。 Cisco Unified Communications Manager システムでは、最大 50 個のオーディオ ソースを定義できます。 Cisco Unified Communications Manager の管理ページのウィンドウでは、各オーディオ ソースのインポート、追加、更新、および削除をサポートしています。 保留音サーバは 1 つの固定入力ソースもサポートします。 システムは、G.711 a-law/mu-law、G.729a、およびワイドバンドの各コーデックをサポートします。


          (注)  


          G.729a コーデックは、スピーチ用であるため、これを保留音の音楽に使用すると、十分な音質を提供できない可能性があります。


        • 各クラスタは、ファイルからのオーディオ ソースを 50 まで定義でき、固定オーディオ ソースを 1 つ定義できます。 ファイルからのオーディオ ソースは 50 まで定義でき、固定オーディオ ソースを 1 つ定義できます。 Cisco Unified Communications Manager の管理ページのウィンドウでは、各オーディオ ソースの追加、更新、および削除をサポートしています。 すべてのノードは、50 以下の同じファイルのローカル コピーを使用します。 固定オーディオ ソースは、各 MOH サーバに設定する必要があります。

        • 各クラスタには、最大 20 の保留音サーバを定義できます。 Cisco Unified Communications Manager の管理ページのウィンドウでは、保留音サーバを更新できます。 MOH サーバは、ノードの追加時に自動的に追加されます。 サーバを削除しない限り、MOH サーバは削除できません。 このウィンドウで管理者は、各 MOH サーバに対して次の特性を指定できます。

          • 名前

          • ノード(サーバのホスト名)

          • デバイス プール

          • ユニキャストおよびマルチキャストのストリームの最大数

          • マルチキャストへのソース

          • 各マルチキャストのソース:IP アドレス、ポート、存続可能時間(ルータ ホップの最大数)

        • Cisco Unified Communications Manager の管理ページを使用して、1 つのクラスタにつき少なくとも 500 個のメディア リソース グループを定義できます。 Cisco Unified Communications Manager の管理ページを使用して、少なくとも 500 個のメディア リソース グループを定義できます。 各メディア リソース グループには、少なくとも 20 のメディア リソースの組み合わせを含めることができます。メディア リソースには、保留音サーバ、メディア ターミネーション ポイント、トランスコーダ、会議デバイスがあります。 1 つのクラスタ内の保留音サーバは、少なくとも 10,000 の保留音ストリームを同時にサポートします。 保留音サーバは、少なくとも 256 の保留音ストリームを同時にサポートします。 メディア リソース グループの詳細については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』のメディア リソース グループに関するトピックを参照してください。

        • Cisco Unified Communications Manager の管理ページでは、メディア リソースのグループ リストを定義できます。 メディア リソース グループ リストの詳細については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』のメディア リソース グループ リストに関するトピックを参照してください。

        • Cisco Unified Communications Manager の管理ページの電話機およびゲートウェイ用のデバイス設定ウィンドウに対する変更では、デバイスのオプションのパラメータとして、メディア リソース グループ リスト、保留ストリーム ソース、打診ストリーム ソースを選択できます。

        • Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウに対する変更では、ユーザ保留音源およびネットワーク保留音源を選択できます。

        • Cisco Unified Communications Manager の管理ページのサービス パラメータに対する変更では、クラスタ全体の、デフォルトの保留音ストリーム ソース(デフォルトは 1 を指定)、およびデフォルトのメディア リソース グループの種類(デフォルトはユニキャストを指定)を入力できます。

        • メディア ターミネーション ポイント(MTP)が呼び出された場合、マルチキャスト保留音(MOH)には次の制限が適用されます。 マルチキャスト MOH を使用しているサイトのコール レッグで MTP リソースが呼び出された場合、発信者に保留音は聞こえず、無音状態になります。 このシナリオを回避するには、マルチキャスト MOH の代わりに、ユニキャスト MOH または保留トーンを設定してください。

        • CTI デバイスは、マルチキャスト保留音機能をサポートしていません。 CTI デバイスが、そのメディア リソース グループ リストにあるマルチキャスト MOH デバイスで設定されている場合は、コール制御に関する問題が発生する可能性があります。 CTI デバイスは、マルチキャスト メディア ストリーミングをサポートしていません。

        • マルチキャスト MOH は、H.323 と SIP プロトコルとの相互運用性をサポートしません。

        • トランスコーダ/MTP がマルチキャスト ストリームをサポートしていないため、MOH のマルチキャストにコーデックの不一致がないことを確認します。

        • コーデックの不一致によって MOH の障害が引き起こされます。また、保留音はトランク/電話機デバイスの設定に基づいて、あるいはアナンシエータによって再生されます。

        • Cisco Unified Communications Manager は、マルチキャスト保留音 RTP ストリームの暗号化をサポートしません。 セキュアな MOH オーディオの場合、マルチキャスト オーディオ ソースを設定しないでください。

        • 保留音のコンポーネントである Cisco IP Voice Media Streaming Application は、ユニキャスト保留音のために IPv4 と IPv6 の両方のオーディオ メディア接続をサポートしています。 マルチキャスト保留音は IPv4 のみをサポートしています。 そのため、[IPアドレッシングモード(IP Addressing Mode)] が [IPv6のみ(IPv6 Only)] のデバイスはマルチキャスト保留音をサポートできません。 この場合、Cisco Unified Communications Manager は電話の保留時に音ではなくトーンを再生します。 ただし、[IPアドレッシングモード(IP Addressing Mode)] が [IPv6のみ(IPv6 Only)] のデバイスは、Cisco Unified Communications Manager が IPv4 から IPv6 への変換用の MTP を挿入しなくても、ユニキャスト保留音をストリームできます。 IPv6 の詳細については、インターネット プロトコル バージョン 6(IPv6)を参照してください。
        • Cisco Unified Communications Manager が VMware での実行時には Universal Serial Bus(USB)をサポートしないため、固定保留音デバイスでは USB で接続するオーディオ ソースを指定できません。 ただし、VMware では内部の保留音はサポートされます。

        • Cisco Unified Communications Manager クラスタまたはシステムは、Cisco Unified Computing System(UCS)サーバまたはその他のシスコが承認したサード パーティ製サーバの設定でのバーチャル配置のみサポートします。 外部ソースから保留音を供給するノードに対して、保留音機能を外部ソース(USB オーディオ ドングル)と一緒に使用することはできません。

        保留音のフェールオーバーとフォールバック

        保留音サーバは Cisco Unified Communications Manager リストをサポートし、ソフトウェア会議ブリッジおよびメディア ターミネーション ポイントによって実装されたフェールオーバーをサポートします。 フェールオーバー中、システムは利用可能な場合はバックアップ Cisco Unified Communications Manager への接続を維持します。

        アクティブな保留音セッション中に保留音サーバが故障した場合、Cisco Unified Communications Manager は特別な処理を行いません。 保留にされた側は、この時点では何も受信しませんが、この状況は通常のコール機能には影響しません。

        保留音の設定

        この項では、保留音の設定について説明します。


        ヒント


        保留音を設定する前に、この機能の設定タスクの概要、およびマルチキャストの設定に関するトピックを確認してください。


        保留音オーディオ ソースの設定

        この項では、保留音オーディオ ソースの設定について説明します。 統合保留音機能には、ストリーミング ソースからストリームされる音楽を使用して、ネット上およびネット外のユーザを保留にする機能があります。 この機能では、次の動作があります。

        • エンドユーザ保留。

        • ネットワーク保留。これには、転送保留、会議保留、およびパーク保留が含まれます。

        保留音の設定には、保留音オーディオ ソースの設定と保留音サーバの設定があります。

        保留音オーディオ ソースの検索

        ネットワーク上には複数の保留音オーディオ ソースが存在する場合があります。Cisco Unified Communications Manager では、指定された条件に基づいて、保留音オーディオ ソースを検索できます。 Cisco Unified Communications Manager データベースで特定の保留音オーディオ ソースを検索するには、次の手順を実行します。


        (注)  


        ブラウザ セッションでの作業中は、Cisco Unified Communications Manager の管理ページで保留音オーディオ ソースの検索プリファレンスが保持されます。 他のメニュー項目に移動してこのメニュー項目に戻った場合でも、検索を変更するかブラウザを閉じない限り、保留音オーディオ ソースの検索プリファレンスは Cisco Unified Communications Manager の管理ページで保持されています。


        手順
          ステップ 1   [メディアリソース(Media Resources)] > [保留音オーディオソース(Music On Hold Audio Source)] を選択します。

          [保留音オーディオソースの検索/一覧表示(Find and List Music On Hold Audio Sources)] ウィンドウが表示されます。 ウィンドウには、アクティブな(前の)クエリーのレコードが表示される場合もあります。

          ステップ 2   特定のレコードをフィルタリングまたは検索するには、次の操作を実行します。
          1. 最初のドロップダウン リスト ボックスで、検索パラメータを選択します。
          2. 2 番目のドロップダウン リスト ボックスで、検索パターンを選択します。
          3. 必要に応じて、適切な検索テキストを指定します。
            (注)     

            別の検索条件を追加するには、[+] ボタンをクリックします。 条件を追加した場合は、指定したすべての条件に一致するレコードが検索されます。 条件を削除するには、[-] ボタンをクリックして、最後に追加された条件を削除するか、または [フィルタのクリア(Clear Filter)] ボタンをクリックして、追加されたすべての検索条件を削除します。

          ステップ 3   データベースのすべてのレコードを検索するには、ダイアログボックスが空であることを確認して、[検索(Find)] をクリックします。

          一致するすべてのレコードが表示されます。 [ページあたりの行数(Rows per Page)] ドロップダウン リスト ボックスから異なる値を選択すると各ページに表示される項目数を変更できます。

          (注)     

          適切なレコードの横にあるチェックボックスをオンにして、[選択項目の削除(Delete Selected)] をクリックすると、データベースから複数のレコードを削除できます。 [すべて選択(Select All)] をクリックして [選択項目の削除(Delete Selected)] をクリックすると、この選択対象として設定可能なすべてのレコードを削除できます。

          ステップ 4   表示されたレコード リストから、目的のレコードのリンクをクリックします。
          (注)     

          ソート順を逆にするには、リストのヘッダーにある上矢印または下矢印をクリックします(使用可能な場合)。

          選択した項目がウィンドウに表示されます。


          保留音オーディオ ソースの設定

          保留音オーディオ ソースを追加または更新するには、次の手順に従います。 この手順では、既存のオーディオ ソースをオーディオ ストリーム番号と関連付けたり、新しいカスタム オーディオ ソースをアップロードしたりできます。


          (注)  


          新しいバージョンのオーディオ ソース ファイルを利用可能な場合は、新しいバージョンを使用するためにこの更新手順を実行する必要があります。


          手順
            ステップ 1   [メディアリソース(Media Resources)] > [保留音オーディオソース(Music On Hold Audio Source)] を選択します。

            [保留音オーディオソースの検索/一覧表示(Find and List Music On Hold Audio Sources)] ウィンドウが表示されます。

            ステップ 2   次のいずれかの手順を実行します。
            1. 新しい保留音オーディオ ソースを追加するには、[新規追加(Add New)] をクリックします。

              [保留音オーディオソースの設定(Music On Hold Audio Source Configuration)] ウィンドウが表示されます。

            2. 保留音オーディオ ソースを更新するには、保留音オーディオ ソースの検索の説明に従って、対象となる保留音オーディオ ソースを検索します。
            ステップ 3   適切な設定値を入力します(保留音オーディオ ソースの設定項目を参照)。
            ステップ 4   [保存(Save)] をクリックします。

            保留音オーディオ ソースを追加すると、ウィンドウ下部のリスト ボックスに、その新しい保留音オーディオ ソースが表示されます。

            (注)     

            [MOHオーディオソースファイルステータス(MOH Audio Source File Status)] ペインでは、追加されたソースに対する MOH オーディオ トランスレーションの状態を知ることができます。


            保留音オーディオ ソースの削除

            既存の保留音オーディオ ソースを削除するには、次の手順に従います。


            (注)  


            削除しても、保留音オーディオ ソース ファイルが削除されるわけではありません。 MOH オーディオ ストリーム番号との関連付けが解除されるだけです。


            手順
              ステップ 1   [メディアリソース(Media Resources)] > [保留音オーディオソース(Music On Hold Audio Source)] を選択します。

              [保留音オーディオソースの検索/一覧表示(Find and List Music On Hold Audio Sources)] ウィンドウが表示されます。

              ステップ 2   特定の保留音オーディオ ソースを検索するには、検索条件を入力して [検索(Find)] をクリックします。

              検索条件と一致した保留音オーディオ ソースのリストが表示されます。

              ステップ 3   次のいずれかの操作を実行します。
              1. 削除する保留音オーディオ ソースの横のチェックボックスをオンにし、[選択項目の削除(Delete Selected)] をクリックします。
              2. [すべて選択(Select All)] をクリックして [選択項目の削除(Delete Selected)] をクリックすることにより、すべての保留音オーディオ ソースを削除します。
              3. 削除する保留音オーディオ ソース名をリストから選択し、[削除(Delete)] をクリックします。

                確認のダイアログボックスが表示されます。

              ステップ 4   [OK] をクリックします。

              選択した保留音オーディオ ソースとオーディオ ストリーム番号の関連付けが削除されます。


              保留音オーディオ ソースの設定項目

              以下の表に、保留音オーディオ ソースの設定に使用する設定項目を示します。

              表 1 保留音オーディオ ソースの設定項目

              フィールド

              説明

              [保留音サーバオーディオソース情報(Music On Hold Server Audio Source Information)]

              [MOHオーディオストリーム番号(MOH Audio Stream Number)]

              この MOH オーディオ ソースに対するストリーム番号を選択するには、このフィールドを使用します。 値を設定するには、ドロップダウンの矢印をクリックして、表示されているリストから値を選択します。 既存の MOH オーディオ ソースの場合、この値は [MOHオーディオソース(MOH Audio Sources)] タイトルに表示されます。

              [MOHオーディオソースファイル(MOH Audio Source File)]

              この MOH オーディオ ソースに対するファイルを選択するには、このフィールドを使用します。 値を設定するには、ドロップダウンの矢印をクリックして、表示されているリストから値を選択します。

              [MOHオーディオソース名(MOH Audio Source Name)]

              このフィールドには MOH オーディオ ソースの一意の名前を入力します。 この名前には、最長 50 文字を指定できます。 有効な文字は、英文字、数字、スペース、ダッシュ、ドット(ピリオド)、およびアンダースコアです。

              [マルチキャストの許可(Allow Multicasting)]

              この MOH オーディオ ソースがマルチキャストを許可することを指定するには、このチェックボックスをオンにします。

              [MOHオーディオソースファイルステータス(MOH Audio Source File Status)]

              このペインでは、選択した MOH オーディオ ソースのソース ファイルに関する情報を表示します。 1 つの MOH オーディオ ソースに対して、次の属性を表示します。

              • [InputFileName]
              • [ErrorCode]
              • [ErrorText]
              • [DurationSeconds]
              • [DiskSpaceKB]
              • [LowDateTime]
              • [HighDateTime]
              • [OutputFileList]
                • ULAW wav ファイル名と状態

                • ALAW wav ファイル名と状態

                • G.729 wav ファイル名と状態

                • ワイドバンド wav ファイル名と状態

              • MOH オーディオ トランスレーション完了日

              [MOHオーディオソース(MOH Audio Sources)]

              (MoH オーディオ ソースのリスト)

              追加された各 MoH オーディオ ソースについて、このリスト ボックスに MoH オーディオ ソース名が表示されます。 保留音オーディオ ソースのオーディオ ストリーム番号をクリックし、その MoH オーディオ ソースを設定します。

              (注)     

              [<なし>(<None>)] を選択すると、その MoH オーディオ ソースには、システムのデフォルト MoH オーディオ ソース サービス パラメータ(Default Network Hold MoH Audio Source ID)が使用されます。

              [ファイルのアップロード(Upload File)]

              ドロップダウン リスト ボックスに表示されていない MOH オーディオ ソース ファイルをアップロードするには、[ファイルのアップロード(Upload File)] ボタンをクリックします。 表示された [ファイルのアップロード(Upload File)] ポップアップ ウィンドウに、オーディオ ソース ファイルを指定するパスを入力します。 パスとファイル名が不明な場合は、[ファイルのアップロード(Upload File)] フィールドの右側にある [参照(Browse)] ボタンをクリックして、ファイルを検索します。 目的のオーディオ ソース ファイルが見つかったら、[ファイルのアップロード(Upload File)] ボタンをクリックして、ファイルをアップロードします。 オーディオ ファイルをアップロードすると、[アップロード結果(Upload Result)] ウィンドウにアップロードの結果が示されます。 [閉じる(Close)] をクリックして、ウィンドウを閉じます。

              (注)     

              ファイルをアップロードすると、ファイルが Cisco Unified Communications Manager サーバにアップロードされ、オーディオ変換を行って MOH に適したコーデック対応オーディオ ファイルが作成されます。 元のファイルのサイズに応じて、この処理には数分かかることがあります。

              (注)     

              オーディオ ソース ファイルの MOH サーバへのアップロードでは、ファイルは 1 つの MOH サーバだけにアップロードされます。 したがって、各サーバ上の Cisco Unified Communications Manager の管理ページを使用して、クラスタ内の MOH サーバごとにオーディオ ソース ファイルをアップロードする必要があります。 MOH オーディオ ソース ファイルは、自動的にはクラスタ内の他の MOH サーバに適用されません。

              [アナウンスの設定(Announcement Settings)]

              [最初のアナウンス(Initial Announcement)]

              ドロップダウン リスト ボックスから最初のアナウンスを選択します。

              (注)     

              最初のアナウンスのない MoH を選択するには、デフォルト オプションの [未選択(Not Selected)] を選択します。

              [詳細の表示(View Details)] を選択して、最初のアナウンスについて以下の情報を表示します。

              • [アナウンスID(Announcement Identifier)]

              • [説明(Description)]

              • [デフォルトのアナウンス(Default Announcement)]

              (注)     
              • オーディオ ソースで [マルチキャストを許可(Allow Multi-casting)] のチェックがオフで、[最初のアナウンスの再生(Initial Announcement Played)] が [キューに入るコールのみ(Only for queued calls)] に設定されている場合のみ、MOH サーバによって再生されます。
              • [マルチキャストを許可(Allow Multi-casting)] のチェックがオフ、または [最初のアナウンスの再生(Initial Announcement Played)] が [常時(Always)] に設定されている場合、ANN によって再生されます。

              [最初のアナウンスの再生(Initial Announcement Played)]

              最初のアナウンスが再生されるタイミングを定義するには、以下のいずれかを選択します。

              • [常時(Always)]:すべてのコールで再生する(デフォルト)

              • [キューされたコールでのみ(Only for queued calls)]:使用できるエージェントがない場合

              [定期アナウンス(Periodic Announcement)]

              ドロップダウン リスト ボックスから定期アナウンスを選択します。

              (注)     

              定期アナウンスのない MoH を選択するには、デフォルト オプションの [未選択(Not Selected)] を選択します。

              [詳細の表示(View Details)] を選択して、定期アナウンスについて以下の情報を表示します。

              • [アナウンスID(Announcement Identifier)]

              • [説明(Description)]

              • [デフォルトのアナウンス(Default Announcement)]

              (注)      他の設定に関係なく、MOH サーバは常時定期的なアナウンスを再生します。
              (注)     

              最初のアナウンスは、新規の発信者それぞれに対して常にサイマルキャストされます。 定期的なアナウンスは、特定の時間間隔で、キューに入った発信者にマルチキャストします。 定期的なアナウンスの再生が始まった後にキューに参加した発信者は、アナウンスの一部しか聞こえない場合があります。

              [定期アナウンスの間隔(Periodic Announcement Interval)]

              定期アナウンスの間隔を示す値(秒)を指定します。 有効値は 10 ~ 300 です。 デフォルト値は 30 です。

              [アナウンスのロケール(Locale Announcement)]

              アナウンスのロケールは、インストールされているロケール インストールのパッケージによって異なります。

              (注)     
              • MOH によって再生されたプロンプトは、[アナウンスのロケール(Locale Announcement)] の設定を使用します。
              • ANN によって再生されたプロンプトは、発呼側の [ユーザロケール(User Locale)] を使用します。

              固定保留音オーディオ ソースの設定

              この項では、固定保留音オーディオ ソースの設定について説明します。 保留音サーバは、ファイル ストリーム ソースに加えて 1 つの固定デバイス ストリーム ソースをサポートします。 このソースは固定オーディオ ソースであり、[固定MOHオーディオソースの設定(Fixed MOH Audio Source Configuration)] ウィンドウで設定されます。 固定オーディオ ソースは、ローカル コンピュータのオーディオ ドライバを使用する固定デバイスをソースとします。

              各クラスタに 1 つの固定オーディオ ソースを定義できます。 固定オーディオ ソースは、クラスタ単位で各 MOH サーバに設定する必要があります。 そのためには、別売の Cisco USB MOH サウンド アダプタを、固定オーディオ ソースを設定するクラスタ内の各 MOH サーバの USB ポートへ接続します。


              (注)  


              仮想サーバの場合、Cisco Unified Communications Manager が VMware での実行時には Universal Serial Bus(USB)をサポートしないため、固定保留音デバイスでは USB で接続するオーディオ ソースを指定できません。 ただし、VMware では内部の保留音はサポートされます。


              固定保留音オーディオ ソースの設定

              固定保留音オーディオ ソースを設定するには、次の手順に従います。

              手順
                ステップ 1   [メディアリソース(Media Resources)] > [固定MOHオーディオソース(Fixed MOH Audio Source)] を選択します。

                [固定MOHオーディオソースの設定(Fixed MOH Audio Source Configuration)] ウィンドウが表示されます。

                ステップ 2   固定保留音(MOH)オーディオ ソースを設定し、有効にするには、固定保留音オーディオ ソースの設定の説明に従って適切な設定値を入力します。
                ステップ 3   [保存(Save)] をクリックします。

                [固定MOHオーディオソースの設定(Fixed MOH Audio Source Configuration)] ウィンドウが表示され、[更新に成功しました(Update Successful)] というステータス メッセージが表示されます。


                固定保留音オーディオ ソースの削除

                既存の固定保留音オーディオ ソースを削除するには、次の手順に従います。

                手順
                  ステップ 1   [メディアリソース(Media Resources)] > [固定MOHオーディオソース(Fixed MOH Audio Source)] を選択します。

                  [固定MOHオーディオソースの設定(Fixed MOH Audio Source Configuration)] ウィンドウが表示されます。

                  ステップ 2   表示された固定 MOH オーディオ ソースが有効([有効(Enable、チェックした場合、名前は必須)] チェックボックスがオン)であれば、その固定 MOH オーディオ ソースを削除できます。

                  この固定 MOH オーディオ ソースを削除するには、[削除(Delete)] をクリックします。

                  確認のダイアログボックスが表示されます。

                  ステップ 3   [OK] をクリックします。

                  選択した固定保留音オーディオ ソースがデータベースから削除されます。


                  固定保留音オーディオ ソースの設定

                  以下の表に、固定保留音(MOH)オーディオ ソースの設定に使用する設定項目を示します。

                  表 2 固定保留音(MOH)オーディオ ソースの設定項目

                  フィールド

                  説明

                  [固定MOHオーディオソース情報(Fixed MOH Audio Source Information)]

                  [ソースID(Source ID)]

                  このフィールドには、固定 MOH オーディオ ソースのストリーム番号が表示されます。

                  [名前(Name)]

                  このフィールドに固定 MOH オーディオ ソースの一意の名前を入力します。 この名前には、最長 50 文字を指定できます。 有効な文字は、英文字、数字、スペース、ダッシュ、ドット(ピリオド)、およびアンダースコアです。

                  (注)     

                  仮想サーバの場合、Cisco Unified Communications Manager が VMware での実行時には Universal Serial Bus(USB)をサポートしないため、固定保留音デバイスでは USB で接続するオーディオ ソースを指定できません。 ただし、VMware では内部の保留音はサポートされます。

                  [マルチキャストの許可(Allow Multicasting)]

                  この固定 MOH オーディオ ソースがマルチキャストを許可することを指定するには、このチェックボックスをオンにします。

                  [有効(Enable、チェックした場合、名前は必須)]

                  固定 MOH オーディオ ソースを有効にするには、このチェックボックスをオンにします。

                  [アナウンスの設定(Announcement Settings)]

                  [最初のアナウンス(Initial Announcement)]

                  ドロップダウン リスト ボックスから最初のアナウンスを選択します。

                  (注)     

                  最初のアナウンスのない MoH を選択するには、デフォルト オプションの [未選択(Not Selected)] を選択します。

                  [詳細の表示(View Details)] を選択して、最初のアナウンスについて以下の情報を表示します。

                  • [アナウンスID(Announcement Identifier)]

                  • [説明(Description)]

                  • [デフォルトのアナウンス(Default Announcement)]

                  (注)      [最初のアナウンス(Initial Announcement)] を完全に無効にするには、[最初のアナウンス(Initial Announcement)] を [未選択(Not Selected)] に設定し、かつ [最初のアナウンスの再生(Initial Announcement Played)] を [キューされたコールでのみ(Only for Queued Calls)] に設定します。

                  [最初のアナウンスの再生(Initial Announcement Played)]

                  最初のアナウンスが再生されるタイミングを定義するには、以下のいずれかを選択します。

                  • [常時(Always)]:すべてのコールで再生する(デフォルト)

                  • [キューされたコールでのみ(Only for queued calls)]:使用できるエージェントがない場合

                  (注)      [最初のアナウンス(Initial Announcement)] を完全に無効にするには、[最初のアナウンス(Initial Announcement)] を [未選択(Not Selected)] に設定し、かつ [最初のアナウンスの再生(Initial Announcement Played)] を [キューされたコールでのみ(Only for Queued Calls)] に設定します。

                  [定期アナウンス(Periodic Announcement)]

                  ドロップダウン リスト ボックスから定期アナウンスを選択します。

                  (注)     

                  定期アナウンスのない MoH を選択するには、デフォルト オプションの [未選択(Not Selected)] を選択します。

                  [詳細の表示(View Details)] を選択して、定期アナウンスについて以下の情報を表示します。

                  • [アナウンスID(Announcement Identifier)]

                  • [説明(Description)]

                  • [デフォルトのアナウンス(Default Announcement)]

                  [定期アナウンスの間隔(Periodic Announcement Interval)]

                  定期アナウンスの間隔を示す値(秒)を指定します。 有効値は 10 ~ 300 です。 デフォルト値は 30 です。

                  [アナウンスのロケール(Locale Announcement)]

                  アナウンスのロケールは、インストールされているロケール インストールのパッケージによって異なります。

                  保留音サーバの設定

                  この項では、メディア リソース グループの保留音サーバの設定について説明します。

                  どの保留音サーバを設定する場合も、サーバの設定をトレースしてください。 詳細については、『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』を参照してください。

                  保留音サーバの検索

                  ネットワーク上には複数の保留音サーバが存在する場合があります。Cisco Unified Communications Manager では、特定の条件に基づいて、特定の保留音サーバを検索できます。 保留音サーバを検索するには、次の手順に従います。

                  手順
                    ステップ 1   [メディアリソース(Media Resources)] > [保留音サーバ(Music On Hold Server)] を選択します。

                    [保留音サーバの検索/一覧表示(Find and List Music On Hold Servers)] ウィンドウが表示されます。 ウィンドウには、アクティブな(前の)クエリーのレコードが表示される場合もあります。

                    ステップ 2   特定のレコードをフィルタリングまたは検索するには、次の操作を実行します。
                    1. 最初のドロップダウン リスト ボックスで、検索パラメータを選択します。
                    2. 2 番目のドロップダウン リスト ボックスで、検索パターンを選択します。
                    3. 必要に応じて、適切な検索テキストを指定します。
                      (注)     

                      別の検索条件を追加するには、[+] ボタンをクリックします。 条件を追加した場合は、指定したすべての条件に一致するレコードが検索されます。 条件を削除するには、[-] ボタンをクリックして、最後に追加された条件を削除するか、または [フィルタのクリア(Clear Filter)] ボタンをクリックして、追加されたすべての検索条件を削除します。

                    ステップ 3   データベースのすべてのレコードを検索するには、ダイアログボックスが空であることを確認して、[検索(Find)] をクリックします。

                    一致するすべてのレコードが表示されます。 [ページあたりの行数(Rows per Page)] ドロップダウン リスト ボックスから異なる値を選択すると各ページに表示される項目数を変更できます。

                    (注)     

                    適切なレコードの横にあるチェックボックスをオンにして、[選択項目の削除(Delete Selected)] をクリックすると、データベースから複数のレコードを削除できます。 [すべて選択(Select All)] をクリックして [選択項目の削除(Delete Selected)] をクリックすると、この選択対象として設定可能なすべてのレコードを削除できます。

                    ステップ 4   表示されたレコード リストから、目的のレコードのリンクをクリックします。
                    (注)     

                    ソート順を逆にするには、リストのヘッダーにある上矢印または下矢印をクリックします(使用可能な場合)。

                    選択した項目がウィンドウに表示されます。


                    保留音サーバの設定

                    保留音サーバを更新するには、次の手順に従います。


                    (注)  


                    保留音サーバの追加および削除はできません。


                    手順
                      ステップ 1   [メディアリソース(Media Resources)] > [保留音サーバ(Music On Hold Server)] を選択します。

                      [保留音サーバの検索/一覧表示(Find and List Music On Hold Servers)] ウィンドウが表示されます。 2 つのドロップダウン リスト ボックスを使用して、保留音サーバを検索します。

                      ステップ 2   保留音サーバを更新するには、更新する保留音サーバをクリックします。 [保留音(MOH)サーバの設定(Music On Hold (MOH) Server Configuration)] ウィンドウが表示されます。
                      ステップ 3   適切な設定値を入力するか更新します(保留音サーバ設定を参照)。
                      ステップ 4   この保留音サーバを更新するには、[保存(Save)] をクリックします。

                      データベース内の保留音サーバが更新されます。


                      保留音サーバのリセットまたはリスタート

                      既存の保留音サーバをリセットするには、次の手順に従います。

                      手順
                        ステップ 1   保留音サーバの検索の手順に従って、保留音サーバを検索します。
                        ステップ 2   リセットする保留音サーバをクリックします。
                        ステップ 3   [リセット(Reset)] ボタンをクリックします。

                        ポップアップ ウィンドウに情報メッセージが表示されます。

                        ステップ 4   メッセージを読んだ後に、[リスタート(Restart)] をクリックして保留音サーバを再起動するか、または [リセット(Reset)] をクリックしてサーバをリセットします。
                        ステップ 5   ポップアップ ウィンドウを閉じるには、[閉じる(Close)] をクリックします。

                        保留音サーバの同期化

                        保留音サーバを最新の設定変更内容で同期化するには、次の手順を実行します。これにより、実行可能なもっとも簡単な方法で未適用の設定を適用できます (たとえば、影響を受けるデバイスの一部は、リセットまたはリスタートが不要な場合があります)。

                        手順
                          ステップ 1   [メディアリソース(Media Resources)] > [保留音サーバ(Music On Hold Server)] を選択します。

                          [保留音サーバの検索/一覧表示(Find and List Music On Hold Servers)] ウィンドウが表示されます。

                          ステップ 2   使用する検索条件を選択します。
                          ステップ 3   [検索(Find)] をクリックします。

                          ウィンドウに、検索条件と一致した保留音サーバのリストが表示されます。

                          ステップ 4   同期化する保留音サーバの横のチェックボックスをオンにします。 ウィンドウ内のすべての保留音サーバを選択するには、一致レコード タイトルバーのチェックボックスをオンにします。
                          ステップ 5   [選択項目への設定の適用(Apply Config to Selected)] をクリックします。

                          [設定の適用情報(Apply Configuration Information)] ダイアログが表示されます。

                          ステップ 6   [OK] をクリックします。

                          保留音サーバ設定

                          以下の表に、保留音サーバの設定に使用する設定項目を示します。

                          表 3 保留音サーバの設定項目

                          フィールド

                          説明

                          [デバイス情報(Device Information)]

                          [登録(Registration)]

                          [IPアドレス(IP Address)]

                          [IPv6アドレス(IPv6 Address)]

                          [ホストサーバ(Host Server)]

                          既存の保留音サーバの場合、このフィールドは表示専用です。

                          [保留音サーバ名(Music On Hold Server Name)]

                          この必須フィールドには保留音サーバの一意の名前を入力します。 15 文字以内で名前を構成します。 有効な文字は、英文字、数字、スペース、ダッシュ、ドット(ピリオド)、およびアンダースコアです。

                          [説明(Description)]

                          保留音サーバの説明を入力します。 50 文字まで入力できます。 [説明(Description)] には、アンパサンド(&)、二重引用符(")、角カッコ([])、左山カッコ(<)、右山カッコ(>)、またはパーセント記号(%)を含めることはできません。

                          [デバイスプール(Device Pool)]

                          保留音サーバにデバイス プールを選択するには、この必須フィールドを使用します。 ドロップダウンの矢印をクリックして、表示されているリストからデバイス プールを選択します。

                          [ロケーション(Location)]

                          ロケーションは、コール アドミッション制御(CAC)を中央集中型コール処理システムに実装する際に使用します。 CAC では、ロケーション間のリンクを経由する際にオーディオ コールとビデオ コールで使用できる帯域幅を制限することにより、オーディオ品質とビデオのアベイラビリティを調整できます。 ロケーションは、このロケーションとの間のコールに使用可能な帯域幅の合計を指定します。

                          ドロップダウン リスト ボックスから、この MOH サーバに適したロケーションを選択します。

                          ロケーション設定が Hub_None の場合、ロケーション機能は、MOH サーバで消費される帯域幅を追跡しません。 [Phantom] というロケーション設定は、H.323 または SIP プロトコルを使用するクラスタ間トランク経由で CAC を正常に行うことができるロケーションを指定します。

                          新しいロケーションを設定するには、[システム(System)] > [ロケーション(Location)] メニュー オプションの順に選択します。

                          ロケーションの詳細については『Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド』を参照してください。 クラスタ間トランク経由のロケーションベースの CAC の説明については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』を参照してください。

                          [最大半二重ストリーム(Maximum Half Duplex Streams)]

                          この必須フィールドには、保留音サーバがサポートするユニキャスト保留音ストリームの最大数を入力します。 この値は、ある時点でこの保留音サーバからストリームされるユニキャスト保留音を使用できるデバイスの最大数を決定します。 有効な値の範囲は 0 ~ 1000 です。

                          [最大マルチキャスト接続(Maximum Multicast Connections)]

                          この必須フィールドには、保留音サーバがサポートするマルチキャスト保留音ストリームの最大数を入力します。 この値は、ある時点でこの保留音サーバからストリームされるマルチキャスト保留音を使用できるデバイスの最大数を決定します。 有効な値の範囲は 1 ~ 999999 です。

                          [固定オーディオソースデバイス(Fixed Audio Source Device)]

                          固定オーディオ ソース デバイスのデバイス名を入力します。 このデバイスはサーバ単位のオーバーライドとして機能し、サーバに特別なサウンド デバイスがインストールされている場合に使用されます。

                          [信頼されたリレーポイントを使用(Use Trusted Relay Point)]

                          ドロップダウン リスト ボックスで、Cisco Unified Communications Manager が、信頼されたリレー ポイント(TRP)デバイスをこのメディア エンドポイントで挿入するかどうかについて、有効化または無効化を指定します。 次のいずれかの値を選択します。

                          • [オフ(Off)]:この値を選択すると、このデバイスに対して TRP が使用不可になります。
                          • [オン(On)]:この値を選択すると、このデバイスに対して TRP が使用可能になります。

                          信頼されたリレー ポイント(TRP)デバイスには、Trusted Relay Point というラベルの付いた MTP またはトランスコーダ デバイスが指定されます。

                          複数のリソースがエンドポイントに必要な場合(たとえばトランスコーダや RSVPAgent)、Cisco Unified Communications Manager は関連付けられたエンドポイント デバイスに最も近い TRP を選択します。

                          エンドポイントに TRP と MTP の両方が必要な場合、TRP は必須の MTP として使用されます。 コール動作の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』を参照してください。

                          TRP と RSVPAgent の両方がエンドポイントに必要な場合、Cisco Unified Communications Manager はまず、TRP としても使用可能な RSVPAgent を検索します。

                          TRP とトランスコーダの両方がエンドポイントに必要な場合、Cisco Unified Communications Manager はまず、TRP としても指定可能なトランスコーダを検索します。

                          ネットワーク バーチャライゼーションおよび信頼されたリレー ポイントの詳細については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』を参照してください。

                          [実行フラグ(Run Flag)]

                          保留音サーバに対応する実行フラグを選択するには、この必須フィールドを使用します。 ドロップダウンの矢印をクリックして、[はい(Yes)] または [いいえ(No)] を選択します。 [いいえ(No)] を選択すると、保留音サーバが無効になります。

                          [マルチキャストオーディオソース情報(Multicast Audio Source Information)]

                          [このMOHサーバでマルチキャストオーディオソースを有効化(Enable Multi-cast Audio Sources on this MOH Server)]

                          この保留音サーバに対応するオーディオ ソースのマルチキャストを有効または無効にするには、このチェックボックスをオンまたはオフにします。

                          (注)     

                          この MOH サーバがマルチキャスト メディア リソース グループに属している場合は、この MOH サーバでマルチキャストを有効にするかどうか、この MOH サーバの削除やリストにある各グループのマルチキャスト設定の変更によって指定したメディア リソース グループを更新するかどうかを尋ねるメッセージが表示されます。

                          [基本マルチキャストIPアドレス(Base Multi-cast IP Address)]

                          マルチキャスト サポートが必要な場合は、基本マルチキャスト IP アドレスをこのフィールドに入力します。 マルチキャストに有効な IP アドレスは 224.0.1.0 ~ 239.255.255.255 です。

                          (注)     

                          224.0.1.0 ~ 238.255.255.255 の IP アドレスは、パブリック マルチキャスト アプリケーションに予約されている IP マルチキャスト アドレスの範囲に含まれます。 このアドレスを使用すると、インターネット上の既存のマルチキャスト アプリケーションと干渉する可能性があります。 プライベート ネットワーク上の、管理上制御されるアプリケーション用に予約されている範囲(239.0.0.0 ~ 239.255.255.255)の IP アドレスを使用することを推奨します。

                          [基本マルチキャストポート番号(Base Multi-cast Port Number)]

                          マルチキャスト サポートが必要な場合は、ベース マルチキャスト ポート番号をこのフィールドに入力します。 有効なマルチキャスト ポート番号は、16384 ~ 32766 の範囲の偶数です。

                          [マルチキャストの追加(Increment Multi-cast on)]

                          ポート番号のマルチキャストを増やすには、[ポート番号(Port Number)] をクリックします。

                          IP アドレスのマルチキャストを増やすには、[IPアドレス(IP Address)] をクリックします。

                          (注)     

                          ファイアウォールが存在する場合は、IP アドレスの増分によるマルチキャストを優先方式として使用します。 この方法により、各マルチキャスト オーディオ ソースは一意な IP アドレスを持つことになり、ネットワークの飽和状態の回避に役立ちます。

                          [選択されたマルチキャストオーディオソース(Selected Multi-cast Audio Sources)]

                          [マルチキャストを許可(Allow Multi-casting)] チェックボックスがオンになっているオーディオ ソースだけが、このリストに表示されます。 表示されたオーディオ ソースがない場合は、次のメッセージが表示されます。

                          マルチキャストが選択されている保留音オーディオソースはありません。 ページの右上の [オーディオソースの設定(Configure Audio Sources)] をクリックして、マルチキャストオーディオソースを選択してください。

                          [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスで [オーディオソースの設定(Configure Audio Sources)] を選択し、[移動(Go)] をクリックします。

                          [番号(No.)]

                          このフィールドは、特定のマルチキャスト オーディオ ソースに関連付けられている保留音オーディオ ストリーム番号を示します。 マルチキャストを許可するように定義されているオーディオ ソースだけが表示されます。

                          [オーディオソース名(Audio Source Name)]

                          このフィールドは、マルチキャストを許可するように定義されているオーディオ ソースの名前を示します。

                          [最大ホップ(Max Hops)]

                          各マルチキャスト オーディオ ソースに対して、マルチキャスト パケットが通過できるルータ ホップの最大数を入力します。 有効な値の範囲は、1 ~ 127 です。

                          (注)     

                          大きな値を使用すると、ネットワークの飽和状態が発生することがあります。 このフィールドは Time to Live(存続可能時間)としても識別されます。

                          保留音オーディオ ファイル管理の設定

                          この項では、保留音オーディオ ソースのオーディオ ファイルの管理について説明します。 保留音機能でオーディオ ソースとして使用されるオーディオ ファイルを管理できます。 [メディアリソース(Media Resources)] > [MOHオーディオファイル(MOH Audio File Management)] メニュー オプションを使用すると、管理者は次の機能を実行できます。

                          • システムに格納されている MOH オーディオ ファイルのリストを表示する。

                          • 新しい MOH オーディオ ファイルをアップロードする。

                          • MOH オーディオ ファイルを削除する。

                          保留音オーディオ ファイルの表示

                          システムに格納されている保留音オーディオ ファイルのリストを表示するには、次の手順に従います。

                          手順
                          Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[メディアリソース(Media Resources)] > [MOHオーディオファイル(MOH Audio File Management)] を選択します。

                          [保留音オーディオファイル管理(Music On Hold Audio File Management)] ウィンドウが表示されます。

                          レコード リストのエントリごとに、次の情報が表示されます。

                          • チェックボックス:オーディオ ファイルが削除可能な場合は、表示されている最初のカラムにチェックボックスが表示されます。

                          • [ファイル名(File Name)]:このカラムには、オーディオ ファイル名が表示されます。

                          • [長さ(Length)]:このカラムには、オーディオ ファイルの長さが分および秒で表示されます。

                          • [ファイルステータス(File Status)]:このカラムには、次の値を含む、ファイルのステータスが表示されます。

                          • [変換完了(Translation Complete)]:このステータスにあるファイルは正常にアップロードされており、保留音オーディオ ソースのオーディオ ファイルとして使用できます。

                          • [使用中(In Use)]:このオーディオ ファイルを MOH オーディオ ソース ファイルとして使用する保留音オーディオ ソースを追加すると、このオーディオ ファイルのファイル ステータスは [使用中(In Use)] に変わります。 このファイル ステータスのファイルは削除できません。


                          保留音オーディオ ファイルのアップロード

                          保留音オーディオ ファイルをアップロードするには、次の手順に従います。 オーディオ ファイルをアップロードすると、保留音オーディオ ソースとして使用可能になります。 [メディアリソース(Media Resources)] > [保留音オーディオソース(Music On Hold Audio Source)] メニュー オプションを使用して新しいオーディオ ソースを追加すると、新しくアップロードしたオーディオ ファイルが [MOHオーディオソースファイル(MOH Audio Source File)] ドロップダウン リスト ボックスで使用可能になります。

                          手順
                            ステップ 1   [メディアリソース(Media Resources)] > [MOHオーディオファイル(MOH Audio File Management)] を選択します。

                            [保留音オーディオファイル管理(Music On Hold Audio File Management)] ウィンドウが表示されます。

                            ステップ 2   [ファイルのアップロード(Upload File)] ボタンをクリックします。

                            [ファイルのアップロード(Upload File)] ポップアップ ウィンドウが表示されます。

                            ステップ 3   次のいずれかのオプションを選択します。
                            1. オーディオ ファイルを指定するファイルへのパスがわかっている場合は、[ファイル(File)] フィールドにパスを入力します。
                            2. パスとファイル名が不明な場合は、[ファイル(File)] フィールドの右側にある [参照(Browse)] ボタンをクリックして、オーディオ ファイルを検索します。 オーディオ ファイルを検索したら、目的のオーディオ ファイルをクリックし、[開く(Open)] をクリックします。 選択したオーディオ ファイルへのパスが、[ファイルのアップロード(Upload File)] ポップアップ ウィンドウの [ファイル(File)] フィールドに表示されます。
                            ステップ 4   指定したオーディオ ファイルをアップロードするには、[アップロード(Upload)] をクリックします。

                            オーディオ ファイルをアップロードすると、[アップロード結果(Upload Result)] ウィンドウにアップロードの結果が示されます。

                            (注)     

                            ファイルをアップロードすると、ファイルが Cisco Unified Communications Manager サーバにアップロードされ、オーディオ変換を行って MOH に適したコーデック対応オーディオ ファイルが作成されます。 元のファイルのサイズに応じて、この処理には数分かかることがあります。

                            (注)     

                            オーディオ ソース ファイルの MOH サーバへのアップロードでは、ファイルは 1 つの MOH サーバだけにアップロードされます。 したがって、各サーバ上の Cisco Unified Communications Manager の管理ページを使用して、MOH サーバまたはクラスタ内の各サーバでオーディオ ソース ファイルをアップロードする必要があります。 MOH オーディオ ソース ファイルは、自動的にはクラスタ内の他の MOH サーバに適用されません。

                            ステップ 5   [アップロード結果(Upload Result)] ウィンドウを閉じるには、[閉じる(Close)] をクリックします。

                            新しくアップロードしたオーディオ ファイルが、[MOHオーディオファイル(MOH Audio File Management)] ウィンドウのオーディオ ファイル リストに追加されます。


                            保留音オーディオ ファイルの削除

                            既存の保留音オーディオ ファイルを削除するには、次の手順に従います。


                            (注)  


                            [使用中(In Use)] ステータスを示す MOH オーディオ ファイルは削除できません。 このようなファイルを削除するには、最初に [メディアリソース(Media Resources)] > [保留音オーディオソース(Music On Hold Audio Source)] メニュー オプションを使用して、このオーディオ ファイルを使用する MOH オーディオ ソースを検索します。 その MOH オーディオ ソースを削除するか、またはそのオーディオ ソースが別のオーディオ ファイルを使用するように変更します。


                            手順
                              ステップ 1   [メディアリソース(Media Resources)] > [MOHオーディオファイル(MOH Audio File Management)] を選択します。

                              [保留音オーディオファイル管理(Music On Hold Audio File Management)] ウィンドウが表示されます。

                              ステップ 2   削除する保留音オーディオ ファイルの左にあるチェックボックスをオンにします。
                              (注)     

                              複数のオーディオ ファイルをクリックすると、複数のオーディオ ファイルを一度に削除できます。 また、[すべて選択(Select All]) ボタンをクリックすると、すべてのオーディオ ファイルを削除対象に選択できます。 選択したオーディオ ファイルを選択解除するには、[すべてクリア(Clear All)] ボタンを使用します。

                              ステップ 3   [選択項目の削除(Delete Selected)] ボタンをクリックします。

                              このファイルが完全に削除されることを警告するポップアップ ウィンドウが表示されます。

                              ステップ 4   削除するには、[OK] をクリックします。

                              オーディオ ファイルが保留音オーディオ ファイルのリストから削除されます。


                              保留音サーバのパフォーマンスの表示

                              保留音サーバの perfmon カウンタを表示するには、Cisco Unified のリアルタイム監視ツール(RTMT)を使用します。

                              以下の表に、Cisco Unified のリアルタイム監視ツールの [パフォーマンス(Performance)] ウィンドウに表示されるパフォーマンス監視カウンタの詳細について示します。

                              表 4 保留音のパフォーマンス カウンタ

                              パフォーマンス カウンタ名

                              説明

                              MOHConnectionState

                              プライマリおよびセカンダリの Cisco Unified Communications Manager を示します。

                              • 1 = プライマリ
                              • 2 = セカンダリ
                              • 0 = 接続されていない

                              MOHAudioSourcesActive

                              アクティブなオーディオ ソースの合計数を示します。サポートされている各コーデック タイプを含みます。 オーディオ ソース 1 で mu-law および G.729 が有効な場合、このオーディオ ソースのカウントは 2 になります。

                              MOHStreamsActive

                              アクティブ ストリームの合計数を示します。 2 つの潜在的なオーバーヘッド ストリームが各オーディオ ソース/コーデック タイプに対して存在します。1 つは実際のオーディオ ソース用であり、もう 1 つはマルチキャスト用です。

                              MOHStreamsAvailable

                              利用可能なシンプレックス ストリームの合計数を示します。 合計は、すべてのデバイスのデバイス ドライバで利用可能なストリームの合計数を表します。

                              MOHConnectionsLost

                              対応する Cisco Unified Communications Manager への接続が失われた回数を示します。

                              MOHStreamsTotal

                              処理されるストリームの合計数を示します。

                              サービス ステートの確認

                              保留音サービスが動作しているかどうかを確認するには、Performance Management を使用します。