Cisco Unified Communications Manager 呼詳細レコード アドミニストレーション ガイド リリース 8.6(1)
CDR の処理方法
CDR の処理方法
発行日;2014/04/30 | 英語版ドキュメント(2012/03/12 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

CDR の処理方法

レコード処理

関連項目

関連資料

CDR の処理方法

この章では、CDR の処理方法について説明します。この章は次のトピックで構成されています。

「レコード処理」

「関連項目」

「関連資料」

レコード処理

Cisco Unified Communications Manager では、CDR および CMR という 2 種類の呼情報レコードが生成されます。CDR レコードには、コールに関する情報が格納されます。CMR レコードには、コールの音声ストリームの品質に関する情報が格納されます。CDR レコードは、[Global CallID callManagerId] および [GlobalCallID Called] という 2 つの GlobalCallID カラムによって CMR レコードに関連付けられます。コール シナリオに応じて、CDR ごとに複数の CMR が存在する場合があります。

Cisco Unified Communications Manager がコールを発信または受信すると、そのコールの終了時に CDR レコードが生成されます。CDR はフラット ファイル(テキスト ファイル)に書き込まれます。Cisco Unified Communications Manager 内部で、コール制御処理により CDR レコードが生成されます。あるコールに重大な変化(コールの終了、転送、リダイレクト、分割、結合など)が発生すると、レコードが書き込まれます。

CDR レコードが有効になっている場合、コール制御によりコールごとに 1 つまたは複数の CDR レコードが生成されます。これらのレコードは EnvProcessCdr に送信され、フラット ファイルに書き込まれます。書き込まれるレコードの数は、コールのタイプやコール シナリオによって異なります。診断が有効になっている場合、デバイスによりコールごとに CMR レコードが生成されます。コールに関与する IP Phone ごとに、またはメディア ゲートウェイ コントロール プロトコル(MGCP)ゲートウェイごとに、1 つの CMR レコードが書き込まれます。これらのレコードは EnvProcessCdr にも送信され、フラット ファイルに書き込まれます。

Cisco Unified Communications Manager は CDR および CMR レコードを生成しますが、レコードに対する後処理は実行しません。これらのレコードはカンマ区切り形式のフラット ファイルに書き込まれ、定期的に CDR リポジトリに渡されます。CDR および CMR ファイルは、フラット ファイル内で特定のファイル名の形式で表されます。

ファイル名の形式

次に、ファイル名の完全な形式の例を示します。 tag_clusterId_nodeId_datetime_seqNumber

tag:ファイルのタイプ(CDR または CMR)を識別します。

clusterId:Cisco Unified Communications Manager データベースが存在するクラスタまたはサーバを識別します。

nodeId:ノードを識別します。

datetime:UTC 時刻(yyyymmddhhmm 形式)

seqnumber:シーケンス番号

次に、ファイル名の例を 2 つ示します。

cdr_Cluster1_01_200404021658_1
cmr_Cluster1_02_200404061011_6125

) Cisco Unified Communications Manager Business Edition 5000 インストールの場合、clusterId に割り当てられる値は 01 になります。


フラット ファイルの形式

CDR および CMR フラット ファイルの形式は次のとおりです。

1 行目:フィールド名のリスト(カンマ区切り)

2 行目:フィールド タイプのリスト(カンマ区切り)

3 行目:データ(カンマ区切り)

4 行目:データ(カンマ区切り)

次に、フラット ファイルの例を示します。

Line1-”cdrRecordType”,”globalCallID_callManagerId”,”globalCallID_callId”,”origLegCallIdentifier”,...
Line2-INTEGER,INTEGER,INTEGER,INTEGER,...
Line3-1,1,388289,17586046,...
Line4-1,1,388293,17586054,...

) [CDR Log Calls With Zero Duration Flag] パラメータの値が True の場合、すべてのコールがフラット ファイルに書き込まれます。このパラメータの詳細については、『CDR Analysis and Reporting Administration Guide』の「Configuring CDR Service Parameters」の項を参照してください。


関連資料

次のマニュアルには、CDR に関する詳細情報が記載されています。

CDR Analysis and Reporting Administration Guide

『Cisco Unified Serviceability Administration Guide