Cisco Unified Communications Manager 呼詳細レコード アドミニストレーション ガイド リリース 8.6(1)
Cisco 呼管理レコードの例
Cisco 呼管理レコードの例
発行日;2014/04/30 | 英語版ドキュメント(2012/03/12 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Cisco 呼管理レコードの例

CMR の例

関連項目

関連資料

Cisco 呼管理レコードの例

この章では、呼管理レコード(CMR)の例を示します。この章の構成は、次のとおりです。

「CMR の例」

「関連項目」

「関連資料」

CMR の例

CMR の次の例は、通常のコール(IP Phone 同士)中に生成されます。通常のコールでは、1 つのコールごとに 3 つのレコードが記録されます。つまり、CDR が 1 つと、CMR が 2 つ(各エンドポイントに 1 つずつ)になります。

次の例では、ディレクトリ番号 1010 と 1014 の間のコールを示します。通常のコール中に生成される CDR の例については、「通常のコール(Cisco Unified IP Phone から Cisco Unified IP Phone へ)」を参照してください。

CMR 1

 

 

フィールド名
AAC CDR

cdrRecordType

2

globalCallID_callManagerid

1

globalCallID_callId

96004

nodeId

1

callIdentifier

28141535

directoryNumber

1010

dateTimeStamp

1202412060

numberPacketsSent

358

numberOctetsSent

61576

numberPacketsReceived

351

numberOctetsReceived

60372

numberPacketsLost

1

jitter

0

latency

0

pkid

e95df5b1-2914-4a03-befb-0f58bf16392d

directoryNumberPartition

deviceName

SEP003094C39BE7

globalCallId_ClusterId

StandAloneCluster

varVQMetrics

MLQK=0.0000;MLQKav=0.0000;MLQKmn=0.0000;MLQKmx=0.0000;MLQKvr=0.95;CCR=0.0000;ICR=0.0000;ICRmx=0.0000;CS=0;SCS=0

CMR 2

 

 

フィールド名
AAC CDR

cdrRecordType

2

globalCallID_callManagerid

1

globalCallID_callId

96004

nodeId

1

callIdentifier

28141536

directoryNumber

1004

dateTimeStamp

1202412060

numberPacketsSent

352

numberOctetsSent

60544

numberPacketsReceived

356

numberOctetsReceived

61232

numberPacketsLost

1

jitter

0

latency

0

pkid

545ff25a-5475-4882-af09-c7b714802703

directoryNumberPartition

deviceName

SEP007EBBA6376

globalCallId_ClusterId

StandAloneCluster

varVQMetrics

MLQK=0.0000;MLQKav=0.0000;MLQKmn=0.0000;MLQKmx=0.0000;MLQKvr=0.95;CCR=0.0000;ICR=0.0000;ICRmx=0.0000;CS=0;SCS=0

関連資料

次のマニュアルには、CMR に関する詳細情報が記載されています。

『Cisco Unified Serviceability Administration Guide

『CDR Analysis and Reporting Administration Guide