Cisco Unified Communications Manager License Count Utility リリース 9.1(2) の使用
ライセンス レポートの管理
ライセンス レポートの管理

ライセンス レポートの管理

Cisco License Count Utility は、Unified Communications Manager デバイスのライセンス情報を監視およびトラッキングするのに使用できる、ライセンス レポートを提供します。 ライセンス レポートは [ライセンスレポート(License Report)] タブから zip された .csv ファイル形式でエクスポートされます。

ここでは、次の内容について説明します。

[ライセンス レポート(License Report)] タブ

次の表では、[ライセンス レポート(License Report)] タブの設定について説明します。

表 1  [使用状況データに基づくライセンス要件(License Requirements Based on Usage Data)] セクションの設定

設定

説明

レポートの更新(Refresh Report)

ライセンス レポートを更新するには、[レポートの更新(Refresh Report)] をクリックします。

ホスト名/IP アドレス(Hostname/IP Address)

Cisco Unified Communications Manager サーバのホスト名または IP アドレス

説明(Description)

Unified CM サーバを追加したときに指定した説明

バージョン(Version)

Unified Communications Manager サーバのバージョン番号

MAC アドレス(MAC Address)

Cisco Unified Communications Manager サーバの MAC アドレス

インストール済み DLU 数(Installed DLUs)

サーバ上のインストール済みデバイス ライセンス ユニット(DLU)の総数。

使用済み DLU 数(Used DLUs)

サーバで現在使用中のインストール済みデバイス ライセンス ユニット(DLU)の数。

未使用 DLU 数(Unused DLUs)

現在設定されているユーザおよびデバイスに使用されていない、サーバに残っている Device License Unit(DLU)の数。

使用可能なライセンスのタイプ

次の表は、使用可能なライセンスのタイプを示しています。

ライセンスのタイプ 説明
Essential アナログ デバイス(電話またはファクス)を介して基本的な音声機能を提供する 1 つのタイプのデバイスをサポートする、ユーザ ベースのライセンス。 デバイス タイプは、アナログ電話、ATA 186、ATA 187、Cisco 3905、または Cisco 6901 です。
Basic すべての基本機能と基本的な(音声およびビデオ)コール制御機能を含む 1 つのタイプのデバイスをサポートする、ユーザ ベースのライセンス。 デバイス タイプは、Cisco 6911 および Cisco 6921 です。
Enhanced デスクトップおよびモバイル クライアントを含む、すべての基本機能と高度な(音声およびビデオ)コール制御機能を含む 1 つのタイプのデバイスをサポートする、ユーザ ベースのライセンス。 デバイス タイプは、Cisco 3911、Cisco 3951、Cisco 6941、Cisco 6945、Cisco 6961、Cisco 79xx、Cisco 89xx、Cisco 99xx、Cisco E20、Cisco TelePresence EX60、Cisco TelePresence EX90、およびサードパーティ SIP です。
Enhanced Plus 最大 2 台のデバイスをサポートし、Enhanced ライセンス タイプのすべての機能を含む、ユーザ ベースのライセンス。
CUWL Standard デスクトップおよびモバイル デバイスを含む、高度な(音声およびビデオ)コール制御機能をサポートする、Unified Workspace Licensing(UWL)ライセンス。 このライセンス タイプはユーザ 1 人あたり複数のデバイスをサポートします。
CUWL Professional CUWL Standard ライセンス タイプのすべての機能と専門的なコラボレーション ワークスペース アプリケーション機能含む、コール制御用の Unified Workspace Licensing(UWL)ライセンス。
Telepresence Room ルームベースの没入型かつ多目的の Cisco TelePresence System エンドポイントをサポートするライセンス タイプ。 デバイス タイプは、Cisco TelePresence System シリーズ 3200、3000、1300、Cisco TelePresence MX シリーズ、Cisco TelePresence TX シリーズ、Cisco TelePresence System Profile シリーズです。
Unused DLUs 現在設定されているユーザおよびデバイスに使用されていない、サーバに残っている Device License Unit(DLU)の数。

ライセンス レポートの更新

ライセンス レポートを更新して、Unified CM デバイスのライセンス情報を監視およびトラッキングできます。

はじめる前に

インベントリに大量のデバイスがある場合は、レポートの生成に時間がかかることがあります。

手順
    ステップ 1   すでに生成されたライセンス レポートを表示するには、[ライセンス レポート(License Report)] タブをクリックします。
    ステップ 2   既存のライセンス レポートを再生成するには、[レポートの更新(Refresh Report)] をクリックします。

    事前アップグレードライセンスのレビューの要求

    事前アップグレードライセンスのレビューによって、追加のライセンスまたはユーザの成長計画を立て、必要に応じて DLU の割り当てを調整することができます。 また、この情報を使用して、追加ライセンスの更新時に UCSS/ESW の追加を計画することができます。

    事前アップグレードライセンスのレビューをシスコ ライセンス サポートから要求するには、次の手順を実行します。


    注意    


    ファイルに何らかの変更を加えると、そのファイルは無効になります。
    手順
      ステップ 1   [ライセンスレポート(License Report)] タブから、[事前アップグレードライセンスのレビューを要求(Request Pre-Upgrade License Review)] をクリックします。

      また、[要求からクラスタのホスト名および IP アドレスを除外する(Exclude cluster hostnames and IP addresses from request)] チェックボックスをクリックすると、その情報が事前アップグレードライセンスのレビューに表示されなくなります。

      ステップ 2   [事前アップグレードライセンスのレビュー要求(Request Pre-Upgrade License Review)] ダイアログボックスが表示されます。
      ステップ 3   次の表で説明されている情報を入力します。
      フィールド 説明
      Public Space 電話の数(Number of Public Space Phones)

      推測される Public Space 電話の数。

      Public Space 電話にはユーザが割り当てられていないため、通常は共有ワークスペース、ロビー、会議室に配置されます。 これらの電話機には一般に低レベルのライセンスが必要であるため、これらの電話機を何台導入するかを見積もることにより、シスコがより正確にお客様のライセンス要件を判断できます。

      [1 つまたは複数のサービス契約を使用してアップグレードを計画しています(I plan to upgrade using one or more service contracts)]

      1 つまたは複数のサービス契約を使用してアップグレードする場合は、このオプションを選択します。 表示されるフィールドに UCSS/ESW 契約番号を入力します。

      [サービス契約なしでアップグレードを購入することを計画しています(I plan to purchase the upgrade without a service contract)]

      サービス契約なしでアップグレードを購入する場合は、このオプションを選択します。

      [アップグレードを購入済み、または 1 つまたは複数のサービス契約を使用して注文済みです(I have already purchased the upgrade or ordered the upgrade using one or more service contracts)]

      すでにアップグレードを購入済みであるか、1 つまたは複数のサービス契約を使用してアップグレードを注文済みである場合は、このオプションを選択します。 表示されるフィールドに販売注文番号および UCSS/ESW 契約番号を入力します。

      Cisco.com(CCO)のユーザ ID

      Cisco.com のユーザ ID。 フォローアップ電子メールは、ここに入力されたユーザ ID に送信されます。

      会社名

      会社名(任意)

      追加情報(Additional information)フィールド

      移行要求に含める追加情報を入力します(任意)

      ステップ 4   [Next] をクリックします。
      ステップ 5   [事前アップグレードライセンスのサマリーを要求(Pre-Upgrade License Summary Request)] および [次のステップ(Next Steps)] のダイアログボックスが表示されます。 [事前アップグレードライセンスレポートをダウンロード(Download Pre-Upgrade License Report)] をクリックし、zip ファイルをコンピュータに保存します。
      ステップ 6   事前アップグレードライセンスレポートを電子メールに添付して、licensing@cisco.com に送信します。 licensing@cisco.com へのリンクをクリックすると、「Cisco License Summary Request」という件名が自動的に生成されます。 手動で電子メールの件名の行を作成するには、「Pre-upgrade License Review Request」と入力してください。

      ケース番号が割り当てられ、シスコ ライセンス サポートからライセンス レビューを含む電子メールの応答を受信します。

      ステップ 7   [閉じる(Close)] ボタンをクリックします。
      • このレポートを使用して、サーバのアップグレード後に、Enterprise License Manager のライセンス移行プロセスを完了することができます。

      レポートのエクスポート

      レポート データをライセンス オフィスに送信せずに表示する場合は、[レポートをエクスポート(Export Report)] ボタンをクリックすれば、レポートが zip 形式の .csv ファイルで生成されます。


      注意    


      ファイルに何らかの変更を加えると、そのファイルは無効になります。

      レポート データをエクスポートするには、次の手順を使用します。

      手順
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1[ライセンスレポート(License Report)] タブから、[レポートをエクスポート(Export Report)] ボタンをクリックします。
        • レポートからクラスタのホスト名および IP アドレスを除外するには、[レポートをエクスポート(Export Report)] ボタンの横にあるチェックボックスをクリックします。 こうすると、セキュリティ上の理由からその情報を含めない場合に、その情報がないレポートが生成されます。
         
         
        ステップ 2zip ファイルを保存する、コンピュータ上の場所を選択します。   
        ステップ 3コンピュータ上で zip ファイルを見つけ、それを抽出します。 これには 3 種類のファイルが含まれます。 .csv ファイルを開きます。 この手順は任意です。