Cisco Unified Communications Manager マネージド サービス ガイド リリース 9.1(1)
ベンダー固有の管理情報ベース
ベンダー固有の管理情報ベース
発行日;2013/05/26   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

ベンダー固有の管理情報ベース

この章では、Cisco Unified Communications Manager(Cisco Unified CM)でサポートされ、簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)で使用されるベンダー固有の管理情報ベース(MIB)テキスト文書について説明します。

ベンダー固有の管理情報ベース

この章で扱う MIB は、ベンダーやモデル番号に応じて、さまざまな Cisco Media Convergence Server(MCS)に存在します。 これらの MIB は、ベンダーから提供された標準の MIB ブラウザを使用して照会できます。 次の URL にアクセスしてください。

サポートされるサーバ - Cisco Unified CM リリース

この項では、MIB と Cisco Unified CM リリースでサポートされるサーバ モデルとサポートされないサーバ モデルの一覧を示します。

Cisco Unified CM リリース 8.5(1) でサポートされるサーバ

表 1 Cisco Unified CM リリース 8.5(1) で使用可能なサーバ

Cisco Unified CM リリース 8.5(1)

IBM サーバ モデル

HP サーバ モデル

Cisco Unified Computing System

  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7816-H3-IPC1
  • UCS B200 M1
  • MCS-7816-I4-IPC1/CCX1
  • MCS-7825-H2-IPC1
  • UCS C210 M1
  • MCS-7816-I5-IPC1/CCX1
  • MCS-7825-H3-IPC1

  • MCS-7825-I3-IPC1
  • MCS-7825-H4-IPC1

  • MCS-7825-I4-IPC1
  • MCS-7828-H3-IPC1

  • MCS-7825-I5-IPC1
  • MCS-7835-H2-IPC1

  • MCS-7828-I3-SS1
  • MCS-7835-H2-IPC2

  • MCS-7828-I4-SS1
  • DL380G6(単一の E5504 CPU)

  • MCS-7828-I5-SS1
  • MCS-7845-H2-IPC1

  • MCS-7835-I2-IPC1
  • MCS-7845-H2-IPC2

  • MCS-7835-I2-IPC2
  • DL380G6(単一の E5540 CPU)

  • MCS-7835-I3-IPC1

  • MCS-7845-I2-IPC1

  • MCS-7845-I2-IPC2

  • MCS-7845-I3-IPC1

Cisco Unified CM リリース 8.5(1) の適用外の MIB

IBM-SYSTEM-POWER MIB は、次の IBM サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7816-I4-IPC1/CCX1
  • MCS-7816-I5-IPC1/CCX1
  • MCS-7825-I2-IPC1
  • MCS-7825-I3-IPC1
  • MCS-7825-I4-IPC1
  • MCS-7825-I5-IPC1
  • MCS-7828-I3-SS1
  • MCS-7828-I4-SS1
  • MCS-7828-I5-SS1

IBM-SYSTEM-RAID MIB は、次の IBM サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7816-I4-IPC1/CCX1
  • MCS-7816-I5-IPC1/CCX1
  • MCS-7825-I4-IPC1
  • MCS-7825-I5-IPC1
  • MCS-7828-I4-SS1
  • MCS-7828-I5-SS1
  • MCS-7835-I3-IPC1
  • MCS-7845-I3-IPC1

IBM-SYSTEM-STORAGE-MIB は、次の IBM サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7816-I4-IPC1/CCX1
  • MCS-7816-I5-IPC1/CCX1
  • MCS-7825-I2-IPC1
  • MCS-7825-I3-IPC1
  • MCS-7828-I3-SS1
  • MCS-7835-I2-IPC1
  • MCS-7835-I2-IPC2
  • MCS-7845-I2-IPC1
  • MCS-7845-I2-IPC2

HP CPQSCSI MIB は、次の HP サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7816-H3-IPC1
  • MCS-7825-H2-IPC1
  • MCS-7825-H3-IPC1
  • MCS-7825-H4-IPC1
  • MCS-7828-H3-IPC1
  • MCS-7835-H2-IPC1
  • MCS-7835-H2-IPC2
  • DL380G6(単一の E5504 CPU)
  • MCS-7845-H2-IPC1
  • MCS-7845-H2-IPC2
  • DL380G6(単一の E5540 CPU)

Cisco Unified CM リリース 8.0(2) でサポートされるサーバ

表 2 Cisco Unified CM リリース 8.0(2) で使用可能なサーバ

Cisco Unified CM リリース 8.0(2)

IBM サーバ モデル

HP サーバ モデル

Cisco Unified Computing System

  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7816-H3-IPC1
  • UCS B200 M1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7825-H2-IPC1

  • MCS-7816-I4-IPC1/CCX1
  • MCS-7825-H3-IPC1

  • MCS-7825-I2-IPC1
  • MCS-7825-H4-IPC1

  • MCS-7825-I3-IPC1
  • MCS-7828-H3-IPC1

  • MCS-7825-I4-IPC1
  • MCS-7835-H2-IPC1

  • MCS-7828-I3-SS1
  • MCS-7835-H2-IPC2

  • MCS-7828-I4-SS1
  • DL380G6(単一の E5504 CPU)

  • MCS-7835-I2-IPC1
  • MCS-7845-H2-IPC1

  • MCS-7835-I2-IPC2
  • MCS-7845-H2-IPC2

  • MCS-7835-I3-IPC1
  • DL380G6(単一の E5540 CPU)

  • MCS-7845-I2-IPC1

  • MCS-7845-I2-IPC2

  • MCS-7845-I3-IPC1

Cisco Unified CM リリース 8.0(2) の適用外の MIB

IBM-SYSTEM-POWER MIB は、次の IBM サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7816-I4-IPC1/CCX1
  • MCS-7825-I2-IPC1
  • MCS-7825-I3-IPC1
  • MCS-7825-I4-IPC1
  • MCS-7828-I3-SS1
  • MCS-7828-I4-SS1

IBM-SYSTEM-RAID MIB は、次の IBM サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7816-I4-IPC1/CCX1
  • MCS-7825-I4-IPC1
  • MCS-7828-I4-SS1
  • MCS-7835-I3-IPC1
  • MCS-7845-I3-IPC1

IBM-SYSTEM-STORAGE-MIB は、次の IBM サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7816-I4-IPC1/CCX1
  • MCS-7825-I2-IPC1
  • MCS-7825-I3-IPC1
  • MCS-7828-I3-SS1
  • MCS-7835-I2-IPC1
  • MCS-7835-I2-IPC2
  • MCS-7845-I2-IPC1
  • MCS-7845-I2-IPC2

HP CPQSCSI MIB は、次の HP サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7816-H3-IPC1
  • MCS-7825-H2-IPC1
  • MCS-7825-H3-IPC1
  • MCS-7825-H4-IPC1
  • MCS-7828-H3-IPC1
  • MCS-7835-H2-IPC1
  • MCS-7835-H2-IPC2
  • DL380G6(単一の E5504 CPU)
  • MCS-7845-H2-IPC1
  • MCS-7845-H2-IPC2
  • DL380G6(単一の E5540 CPU)

Cisco Unified CM リリース 8.0(1) でサポートされるサーバ

表 3 Cisco Unified CM リリース 8.0(1) で使用可能なサーバ

Cisco Unified CM リリース 8.0(1)

IBM サーバ モデル

HP サーバ モデル

  • MCS-7815-I2-IPC11
  • MCS-7816-H3-IPC12
  • MCS-7816-I3-IPC13
  • MCS-7825-H2-IPC14
  • MCS-7816-I4-IPC15
  • MCS-7825-H2-IPC26
  • MCS-7825-I2-IPC17
  • MCS-7825-H3-IPC18
  • MCS-7825-I2-IPC29
  • MCS-7825-H4-IPC110
  • MCS-7825-I3-IPC111
  • MCS-7828-H3
  • MCS-7825-I4-IPC112
  • MCS-7835-H2-IPC113
  • MCS-7828-I3
  • MCS-7835-H2-IPC214
  • MCS-7828-I4
  • MCS-7845-H2-IPC115
  • MCS-7835-I2-IPC116
  • MCS-7845-H2-IPC217
  • MCS-7835-I2-IPC218

  • MCS-7835-I3-IPC119

  • MCS-7845-I2-IPC120

  • MCS-7845-I2-IPC221

  • MCS-7845-I3-IPC122

1 サポートされますが、Cisco Unified Communications Manager 6.1 以降の要件は、MCS 7815/16/25/35 の場合は 2 GB 以上、MCS 7845 の場合は 4 GB 以上のメモリ、ハード ドライブ容量は 72/80 GB 以上です。そのため、古いサポート対象サーバを新しいソフトウェア バージョンで使用するには、メモリとハード ドライブのアップグレードが必須です。
2 サポートされますが、Cisco Unified Communications Manager 6.1 以降の要件は、MCS 7815/16/25/35 の場合は 2 GB 以上、MCS 7845 の場合は 4 GB 以上のメモリ、ハード ドライブ容量は 72/80 GB 以上です。そのため、古いサポート対象サーバを新しいソフトウェア バージョンで使用するには、メモリとハード ドライブのアップグレードが必須です。
3 サポートされますが、Cisco Unified Communications Manager 6.1 以降の要件は、MCS 7815/16/25/35 の場合は 2 GB 以上、MCS 7845 の場合は 4 GB 以上のメモリ、ハード ドライブ容量は 72/80 GB 以上です。そのため、古いサポート対象サーバを新しいソフトウェア バージョンで使用するには、メモリとハード ドライブのアップグレードが必須です。
4 サポートされますが、Cisco Unified Communications Manager 6.1 以降の要件は、MCS 7815/16/25/35 の場合は 2 GB 以上、MCS 7845 の場合は 4 GB 以上のメモリ、ハード ドライブ容量は 72/80 GB 以上です。そのため、古いサポート対象サーバを新しいソフトウェア バージョンで使用するには、メモリとハード ドライブのアップグレードが必須です。
5 サポートされますが、Cisco Unified Communications Manager 6.1 以降の要件は、MCS 7815/16/25/35 の場合は 2 GB 以上、MCS 7845 の場合は 4 GB 以上のメモリ、ハード ドライブ容量は 72/80 GB 以上です。そのため、古いサポート対象サーバを新しいソフトウェア バージョンで使用するには、メモリとハード ドライブのアップグレードが必須です。
6 サポートされますが、Cisco Unified Communications Manager 6.1 以降の要件は、MCS 7815/16/25/35 の場合は 2 GB 以上、MCS 7845 の場合は 4 GB 以上のメモリ、ハード ドライブ容量は 72/80 GB 以上です。そのため、古いサポート対象サーバを新しいソフトウェア バージョンで使用するには、メモリとハード ドライブのアップグレードが必須です。
7 サポートされますが、Cisco Unified Communications Manager 6.1 以降の要件は、MCS 7815/16/25/35 の場合は 2 GB 以上、MCS 7845 の場合は 4 GB 以上のメモリ、ハード ドライブ容量は 72/80 GB 以上です。そのため、古いサポート対象サーバを新しいソフトウェア バージョンで使用するには、メモリとハード ドライブのアップグレードが必須です。
8 サポートされますが、Cisco Unified Communications Manager 6.1 以降の要件は、MCS 7815/16/25/35 の場合は 2 GB 以上、MCS 7845 の場合は 4 GB 以上のメモリ、ハード ドライブ容量は 72/80 GB 以上です。そのため、古いサポート対象サーバを新しいソフトウェア バージョンで使用するには、メモリとハード ドライブのアップグレードが必須です。
9 サポートされますが、Cisco Unified Communications Manager 6.1 以降の要件は、MCS 7815/16/25/35 の場合は 2 GB 以上、MCS 7845 の場合は 4 GB 以上のメモリ、ハード ドライブ容量は 72/80 GB 以上です。そのため、古いサポート対象サーバを新しいソフトウェア バージョンで使用するには、メモリとハード ドライブのアップグレードが必須です。
10 サポートされますが、Cisco Unified Communications Manager 6.1 以降の要件は、MCS 7815/16/25/35 の場合は 2 GB 以上、MCS 7845 の場合は 4 GB 以上のメモリ、ハード ドライブ容量は 72/80 GB 以上です。そのため、古いサポート対象サーバを新しいソフトウェア バージョンで使用するには、メモリとハード ドライブのアップグレードが必須です。
11 サポートされますが、Cisco Unified Communications Manager 6.1 以降の要件は、MCS 7815/16/25/35 の場合は 2 GB 以上、MCS 7845 の場合は 4 GB 以上のメモリ、ハード ドライブ容量は 72/80 GB 以上です。そのため、古いサポート対象サーバを新しいソフトウェア バージョンで使用するには、メモリとハード ドライブのアップグレードが必須です。
12 サポートされますが、Cisco Unified Communications Manager 6.1 以降の要件は、MCS 7815/16/25/35 の場合は 2 GB 以上、MCS 7845 の場合は 4 GB 以上のメモリ、ハード ドライブ容量は 72/80 GB 以上です。そのため、古いサポート対象サーバを新しいソフトウェア バージョンで使用するには、メモリとハード ドライブのアップグレードが必須です。
13 サポートされますが、Cisco Unified Communications Manager 6.1 以降の要件は、MCS 7815/16/25/35 の場合は 2 GB 以上、MCS 7845 の場合は 4 GB 以上のメモリ、ハード ドライブ容量は 72/80 GB 以上です。そのため、古いサポート対象サーバを新しいソフトウェア バージョンで使用するには、メモリとハード ドライブのアップグレードが必須です。
14 サポートされますが、Cisco Unified Communications Manager 6.1 以降の要件は、MCS 7815/16/25/35 の場合は 2 GB 以上、MCS 7845 の場合は 4 GB 以上のメモリ、ハード ドライブ容量は 72/80 GB 以上です。そのため、古いサポート対象サーバを新しいソフトウェア バージョンで使用するには、メモリとハード ドライブのアップグレードが必須です。
15 サポートされますが、Cisco Unified Communications Manager 6.1 以降の要件は、MCS 7815/16/25/35 の場合は 2 GB 以上、MCS 7845 の場合は 4 GB 以上のメモリ、ハード ドライブ容量は 72/80 GB 以上です。そのため、古いサポート対象サーバを新しいソフトウェア バージョンで使用するには、メモリとハード ドライブのアップグレードが必須です。
16 サポートされますが、Cisco Unified Communications Manager 6.1 以降の要件は、MCS 7815/16/25/35 の場合は 2 GB 以上、MCS 7845 の場合は 4 GB 以上のメモリ、ハード ドライブ容量は 72/80 GB 以上です。そのため、古いサポート対象サーバを新しいソフトウェア バージョンで使用するには、メモリとハード ドライブのアップグレードが必須です。
17 サポートされますが、Cisco Unified Communications Manager 6.1 以降の要件は、MCS 7815/16/25/35 の場合は 2 GB 以上、MCS 7845 の場合は 4 GB 以上のメモリ、ハード ドライブ容量は 72/80 GB 以上です。そのため、古いサポート対象サーバを新しいソフトウェア バージョンで使用するには、メモリとハード ドライブのアップグレードが必須です。
18 サポートされますが、Cisco Unified Communications Manager 6.1 以降の要件は、MCS 7815/16/25/35 の場合は 2 GB 以上、MCS 7845 の場合は 4 GB 以上のメモリ、ハード ドライブ容量は 72/80 GB 以上です。そのため、古いサポート対象サーバを新しいソフトウェア バージョンで使用するには、メモリとハード ドライブのアップグレードが必須です。
19 サポートされますが、Cisco Unified Communications Manager(CallManager)4.0 以上を実行するサーバの要件は、Cisco MCS 7815、MCS 7816、MCS 7825、および MCS 7835 の場合は 2 GB 以上、Cisco MCS 7845 の場合は 4 GB 以上のメモリです。
20 サポートされますが、Cisco Unified Communications Manager 6.1 以降の要件は、MCS 7815/16/25/35 の場合は 2 GB 以上、MCS 7845 の場合は 4 GB 以上のメモリ、ハード ドライブ容量は 72/80 GB 以上です。そのため、古いサポート対象サーバを新しいソフトウェア バージョンで使用するには、メモリとハード ドライブのアップグレードが必須です。
21 サポートされますが、Cisco Unified Communications Manager 6.1 以降の要件は、MCS 7815/16/25/35 の場合は 2 GB 以上、MCS 7845 の場合は 4 GB 以上のメモリ、ハード ドライブ容量は 72/80 GB 以上です。そのため、古いサポート対象サーバを新しいソフトウェア バージョンで使用するには、メモリとハード ドライブのアップグレードが必須です。
22 サポートされますが、Cisco Unified Communications Manager(CallManager)4.0 以上を実行するサーバの要件は、Cisco MCS 7815、MCS 7816、MCS 7825、および MCS 7835 の場合は 2 GB 以上、Cisco MCS 7845 の場合は 4 GB 以上のメモリです。

(注)  


製品のサポート終了通知については、http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​sw/​voicesw/​ps556/​prod_​eol_​notices_​list.html を参照してください。


Cisco Unified CM リリース 8.0(1) の適用外の MIB

IBM-SYSTEM-POWER MIB は、次の IBM サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7815-I1-IPC1
  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7815-I3-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7816-I4-IPC1
  • MCS-7825I-3.0-IPC1
  • MCS-7825-I1-IPC1
  • MCS-7825-I2-IPC1
  • MCS-7825-I3-IPC1
  • MCS-7825-I4-IPC1
  • MCS-7828-I3-IPC1

IBM-SYSTEM-RAID MIB は、次の IBM サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7815-I1-IPC1
  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7815-I3-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7816-I4-IPC1
  • MCS-7825-I4-IPC1
  • MCS-7828-I4-IPC1

IBM-SYSTEM-STORAGE-MIB は、次の IBM サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7815-I1-IPC1
  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7815-I3-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7816-I4-IPC1
  • MCS-7825I-3.0-IPC1
  • MCS-7825-I1-IPC1
  • MCS-7825-I2-IPC1
  • MCS-7825-I3-IPC1
  • MCS-7828-I3-IPC1
  • MCS-7835I-3.0-IPC1
  • MCS-7835-I1-IPC1
  • MCS-7835-I2-IPC1
  • MCS-7835-I2-IPC2
  • MCS-7845I-3.0-IPC1
  • MCS-7845-I1-IPC1
  • MCS-7845-I2-IPC1
  • MCS-7845-I2-IPC2

HP CPQSCSI MIB は、次の HP サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7816-H4-IPC1
  • MCS-7825H-3.0-IPC1
  • MCS-7825-H1-IPC1
  • MCS-7825-H2-IPC1
  • MCS-7825-H3-IPC1
  • MCS-7825-H4-IPC1
  • MCS-7828-H3-IPC1
  • MCS-7835H-3.0-IPC1
  • MCS-7835-H1-IPC1
  • MCS-7835-H2-IPC1
  • MCS-7835-H2-IPC2
  • MCS-7845H-3.0-IPC1
  • MCS-7845-H1-IPC1
  • MCS-7845-H2-IPC1
  • MCS-7845-H2-IPC2

HP CPQSM2 MIB は、次の HP サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7825H-3.0-IPC1

Cisco Unified CM リリース 7.1(2) でサポートされるサーバ

表 4 Cisco Unified CM リリース 7.1(2) で使用可能なサーバ

Cisco Unified CM リリース 7.1(2)

IBM サーバ モデル

HP サーバ モデル

  • MCS-7815-I1-IPC1
  • MCS-7816-H3-IPC1
  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7816-H4-IPC1/CCX1
  • MCS-7815-I3-IPC1
  • MCS-7825H-3.0-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7825-H1-IPC1
  • MCS-7816-I4-IPC1/CCX1
  • MCS-7825-H2-IPC1
  • MCS-7825I-3.0-IPC1
  • MCS-7825-H3-IPC1
  • MCS-7825-I1-IPC1
  • MCS-7825-H4-IPC1/CCE1/CCX1/ECS1/RC1
  • MCS-7825-I2-IPC1
  • MCS-7828-H3-IPC1
  • MCS-7825-I3-IPC1
  • MCS-7835H-3.0-IPC1
  • MCS-7825-I4-IPC1/CCE1/CCX1/ECS1/RC1
  • MCS-7835-H1-IPC1
  • MCS-7828-I3-IPC1
  • MCS-7835-H2-IPC1
  • MCS-7835I-3.0-IPC1
  • MCS-7835-H2-IPC2/CCE2/CCX2/RC2/ECS2
  • MCS-7835-I1-IPC1
  • MCS-7845H-3.0-IPC1
  • MCS-7835-I2-IPC1
  • MCS-7845-H1-IPC1
  • MCS-7835-I2-IPC2/CCE2/CCX2/RC2/ECS2
  • MCS-7845-H2-IPC1
  • MCS-7845I-3.0-IPC1
  • MCS-7845-H2-IPC2/CCE2/CCX2/RC2/ECS
  • MCS-7845-I1-IPC1

  • MCS-7845-I2-IPC1

  • MCS-7845-I2-IPC2/CCE2/CCX2/RC2/ECS2

Cisco Unified CM リリース 7.1(2) の適用外の MIB

IBM-SYSTEM-POWER MIB は、次の IBM サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7815-I1-IPC1
  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7815-I3-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7816-I4-IPC1/CCX1
  • MCS-7825I-3.0-IPC1
  • MCS-7825-I1-IPC1
  • MCS-7825-I2-IPC1
  • MCS-7825-I3-IPC1
  • MCS-7825-I4-IPC1/CCE1/CCX1/ECS1/RC1
  • MCS-7828-I3-IPC1

IBM-SYSTEM-RAID MIB は、次の IBM サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7815-I1-IPC1
  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7815-I3-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7816-I4-IPC1/CCX1

HP CPQSM2 MIB は、次の HP サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7825H-3.0-IPC1

Cisco Unified CM リリース 7.1(1) でサポートされるサーバ

表 5 Cisco Unified CM リリース 7.1(1) で使用可能なサーバ

Cisco Unified CM リリース 7.1(1)

IBM サーバ モデル

HP サーバ モデル

  • MCS-7815-I1-IPC1
  • MCS-7816-H3-IPC1
  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7816-H4-IPC1/CCX1
  • MCS-7815-I3-IPC1
  • MCS-7825H-3.0-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7825-H1-IPC1
  • MCS-7816-I4-IPC1/CCX1
  • MCS-7825-H2-IPC1
  • MCS-7825I-3.0-IPC1
  • MCS-7825-H3-IPC1
  • MCS-7825-I1-IPC1
  • MCS-7825-H4-IPC1/CCE1/CCX1/ECS1/RC1
  • MCS-7825-I2-IPC1
  • MCS-7828-H3-IPC1
  • MCS-7825-I3-IPC1
  • MCS-7835H-3.0-IPC1
  • MCS-7825-I4-IPC1/CCE1/CCX1/ECS1/RC1
  • MCS-7835-H1-IPC1
  • MCS-7828-I3-IPC1
  • MCS-7835-H2-IPC1
  • MCS-7835I-3.0-IPC1
  • MCS-7835-H2-IPC2/CCE2/CCX2/RC2/ECS2
  • MCS-7835-I1-IPC1
  • MCS-7845H-3.0-IPC1
  • MCS-7835-I2-IPC1
  • MCS-7845-H1-IPC1
  • MCS-7835-I2-IPC2/CCE2/CCX2/RC2/ECS2
  • MCS-7845-H2-IPC1
  • MCS-7845I-3.0-IPC1
  • MCS-7845-H2-IPC2/CCE2/CCX2/RC2/ECS2
  • MCS-7845-I1-IPC1

  • MCS-7845-I2-IPC1

  • MCS-7845-I2-IPC2/CCE2/CCX2/RC2/ECS2

Cisco Unified CM リリース 7.1(1) の適用外の MIB

IBM-SYSTEM-POWER MIB は、次の IBM サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7815-I1-IPC1
  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7815-I3-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7816-I4-IPC1/CCX1
  • MCS-7825I-3.0-IPC1
  • MCS-7825-I1-IPC1
  • MCS-7825-I2-IPC1
  • MCS-7825-I3-IPC1
  • MCS-7825-I4-IPC1/CCE1/CCX1/ECS1/RC1
  • MCS-7828-I3-IPC1

IBM-SYSTEM-RAID MIB は、次の IBM サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7815-I1-IPC1
  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7815-I3-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7816-I4-IPC1/CCX1

HP CPQSM2 MIB は、次の HP サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7825H-3.0-IPC1

Cisco Unified CM リリース 7.0(1) でサポートされるサーバ

表 6 Cisco Unified CM リリース 7.0(1) で使用可能なサーバ

Cisco Unified CM リリース 7.0(1)

IBM サーバ モデル

HP サーバ モデル

  • MCS-7815-I1-IPC1
  • MCS-7816-H3-IPC1
  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7825H-3.0-IPC1
  • MCS-7815-I3-IPC1
  • MCS-7825-H1-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7825-H2-IPC1
  • MCS-7825I-3.0-IPC1
  • MCS-7825-H3-IPC1
  • MCS-7825-I1-IPC1
  • MCS-7828-H3-IPC1
  • MCS-7825-I2-IPC1
  • MCS-7835H-3.0-IPC1
  • MCS-7825-I3-IPC1
  • MCS-7835-H1-IPC1
  • MCS-7828-I3-IPC1
  • MCS-7835-H2-IPC1
  • MCS-7835I-3.0-IPC1
  • MCS-7845H-3.0-IPC1
  • MCS-7835-I1-IPC1
  • MCS-7845-H1-IPC1
  • MCS-7835-I2-IPC1/IPC2
  • MCS-7845-H2-IPC1
  • MCS-7845I-3.0-IPC1

  • MCS-7845-I1-IPC1

  • MCS-7845-I2-IPC1/IPC2

  • MCS-7815-I1-IPC1


(注)  


IBM Model MCS-7835I-2.4-EVV1 は、このリリースでサポートが終了しました。



(注)  


HP MCS-7825H-2.2-EVV1、MCS-7835H-2.4-EVV1、および MCS-7845H-2.4-EVV1 は、このリリースでサポートが終了しました。


Cisco Unified CM リリース 7.0(1) MIB でサポートされていないサーバ

IBM-SYSTEM-POWER MIB は、次の IBM サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7815-I1-IPC1
  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7815-I3-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7825I-3.0-IPC1
  • MCS-7825-I1-IPC1
  • MCS-7825-I2-IPC1
  • MCS-7825-I3-IPC1
  • MCS-7828-I3-IPC1

IBM-SYSTEM-RAID MIB は、次の IBM サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7815-I1-IPC1
  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7815-I3-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1

HP CPQSM2 MIB は、次の HP サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7825H-3.0-IPC1

Cisco Unified CM リリース 6.1(3) でサポートされるサーバ

表 7 Cisco Unified CM リリース 6.1(3) で使用可能なサーバ

Cisco Unified CM リリース 6.1(3)

IBM サーバ モデル

HP サーバ モデル

  • MCS-7815-I1-IPC1
  • MCS-7816-H3-IPC1
  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7825H-2.2-EVV1
  • MCS-7815-I3-IPC1
  • MCS-7825H-3.0-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7825-H1-IPC1
  • MCS-7825I-3.0-IPC1
  • MCS-7825-H2-IPC1
  • MCS-7825-I1-IPC1
  • MCS-7825-H3-IPC1
  • MCS-7825-I2-IPC1
  • MCS-7828-H3-IPC1
  • MCS-7825-I3-IPC1
  • MCS-7828-H4-BE
  • MCS-7828-I3-IPC1
  • MCS-7835H-2.4-EVV1
  • MCS-7828-I4-BE
  • MCS-7835H-3.0-IPC1
  • MCS-7835I-2.4-EVV1
  • MCS-7835-H1-IPC1
  • MCS-7835I-3.0-IPC1
  • MCS-7835-H2-IPC1
  • MCS-7835-I1-IPC1
  • MCS-7845H-2.4-EVV1
  • MCS-7835-I2-IPC1/IPC2
  • MCS-7845H-3.0-IPC1
  • MCS-7845I-3.0-IPC1
  • MCS-7845-H1-IPC1
  • MCS-7845-I1-IPC1
  • MCS-7845-H2-IPC1
  • MCS-7845-I2-IPC1/IPC2

Cisco Unified CM リリース 6.1(3) MIB でサポートされていないサーバ

IBM-SYSTEM-POWER MIB は、次の IBM サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7815-I1-IPC1
  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7815-I3-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7825I-3.0-IPC1
  • MCS-7825-I1-IPC1
  • MCS-7825-I2-IPC1
  • MCS-7825-I3-IPC1
  • MCS-7828-I3-IPC1
  • MCS-7828-I4-BE

IBM-SYSTEM-RAID MIB は、次の IBM サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7815-I1-IPC1
  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7815-I3-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1

HP CPQSCSI MIB は、次の HP サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7816-H3-IPC1
  • MCS-7825H-2.2-EVV1
  • MCS-7825H-3.0-IPC1
  • MCS-7825-H1-IPC1
  • MCS-7825-H2-IPC1
  • MCS-7825-H3-IPC1
  • MCS-7828-H3-IPC1
  • MCS-7828-H4-BE
  • MCS-7835H-2.4-EVV1
  • MCS-7835H-3.0-IPC1
  • MCS-7835-H1-IPC1
  • MCS-7835-H2-IPC1
  • MCS-7845H-2.4-EVV1
  • MCS-7845H-3.0-IPC1
  • MCS-7845-H1-IPC1
  • MCS-7845-H2-IPC1

HP CPQSM2 MIB は、次の HP サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7825H-2.2-EVV1
  • MCS-7825H-3.0-IPC1

Cisco Unified CM リリース 6.1 でサポートされるサーバ

表 8 Cisco Unified CM リリース 6.1 で使用可能なサーバ

Cisco Unified CM リリース 6.1

IBM サーバ モデル

HP サーバ モデル

  • MCS-7815-I1-IPC1
  • MCS-7816-H3-IPC1
  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7825H-2.2-EVV1
  • MCS-7815-I3-IPC1
  • MCS-7825H-3.0-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7825-H1-IPC1
  • MCS-7825I-3.0-IPC1
  • MCS-7825-H2-IPC1
  • MCS-7825-I1-IPC1
  • MCS-7825-H3-IPC1
  • MCS-7825-I2-IPC1
  • MCS-7828-H3-IPC1
  • MCS-7825-I3-IPC1
  • MCS-7835H-2.4-EVV1
  • MCS-7828-I3-IPC1
  • MCS-7835H-3.0-IPC1
  • MCS-7835I-2.4-EVV1
  • MCS-7835-H1-IPC1
  • MCS-7835I-3.0-IPC1
  • MCS-7835-H2-IPC1
  • MCS-7835-I1-IPC1
  • MCS-7845H-2.4-EVV1
  • MCS-7835-I2-IPC1/IPC2
  • MCS-7845H-3.0-IPC1
  • MCS-7845I-3.0-IPC1
  • MCS-7845-H1-IPC1
  • MCS-7845-I1-IPC1
  • MCS-7845-H2-IPC1
  • MCS-7845-I2-IPC1/IPC2

Cisco Unified CM リリース 6.1 MIB でサポートされていないサーバ

IBM-SYSTEM-POWER MIB は、次の IBM サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7815-I1-IPC1
  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7815-I3-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7825I-3.0-IPC1
  • MCS-7825-I1-IPC1
  • MCS-7825-I2-IPC1
  • MCS-7825-I3-IPC1
  • MCS-7828-I3-IPC1

IBM-SYSTEM-RAID MIB は、次の IBM サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7815-I1-IPC1
  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7815-I3-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1

HP CPQSCSI MIB は、次の HP サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7816-H3-IPC1
  • MCS-7825H-2.2-EVV1
  • MCS-7825H-3.0-IPC1
  • MCS-7825-H1-IPC1
  • MCS-7825-H2-IPC1
  • MCS-7825-H3-IPC1
  • MCS-7828-H3-IPC1
  • MCS-7828-H4-BE
  • MCS-7835H-2.4-EVV1
  • MCS-7835H-3.0-IPC1
  • MCS-7835-H1-IPC1
  • MCS-7835-H2-IPC1
  • MCS-7845H-2.4-EVV1
  • MCS-7845H-3.0-IPC1
  • MCS-7845-H1-IPC1
  • MCS-7845-H2-IPC1

HP CPQSM2 MIB は、次の HP サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7825H-2.2-EVV1
  • MCS-7825H-3.0-IPC1

Cisco Unified CM リリース 6.0 でサポートされるサーバ

表 9 Cisco Unified CM リリース 6.0 で使用可能なサーバ

Cisco Unified CM リリース 6.0

IBM サーバ モデル

HP サーバ モデル

Dell サーバ モデル

  • MCS-7815-I1-IPC1
  • MCS-7816-H3-IPC1
  • PE2950
  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7825H-2.2-EVV1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7825H-3.0-IPC1
  • MCS-7825I-3.0-IPC1
  • MCS-7825-H1-IPC1
  • MCS-7825-I1-IPC1
  • MCS-7825-H2-IPC1
  • MCS-7825-I2-IPC1
  • MCS-7825-H3-IPC1
  • MCS-7828-I3-IPC1
  • MCS-7828-H3-IPC1
  • MCS-7835I-2.4-EVV1
  • MCS-7835H-2.4-EVV1
  • MCS-7835I-3.0-IPC1
  • MCS-7835H-3.0-IPC1
  • MCS-7835-I1-IPC1
  • MCS-7835-H1-IPC1
  • MCS-7835-I2-IPC1
  • MCS-7835-H2-IPC1
  • MCS-7845I-3.0-IPC1
  • MCS-7845H-2.4-EVV1
  • MCS-7845-I1-IPC1
  • MCS-7845H-3.0-IPC1
  • MCS-7845-I2-IPC1
  • MCS-7845-H1-IPC1
  • MCS-7825-I3-IPC1
  • MCS-7845-H2-IPC1

Cisco Unified CM リリース 6.0 MIB でサポートされていないサーバ

IBM-SYSTEM-POWER (UMSPOWER) MIB は、次の IBM サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7815-I1-IPC1
  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1
  • MCS-7825I-3.0-IPC1
  • MCS-7825-I1-IPC1
  • MCS-7825-I2-IPC1
  • MCS-7825-I3-IPC1
  • MCS-7828-I3-IPC1

IBM-SERVERAID MIB は、次の IBM サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7815-I1-IPC1
  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7825I-3.0-IPC1
  • MCS-7825-I1-IPC1
  • MCS-7825-I2-IPC1
  • MCS-7835-I2-IPC1
  • MCS-7845-I2-IPC1

IBM-SYSTEM-RAID MIB は、次の IBM サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7815-I1-IPC1
  • MCS-7815-I2-IPC1
  • MCS-7816-I3-IPC1

HP CPQSCSI MIB は、次の HP サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7816-H3-IPC1
  • MCS-7825H-2.2-EVV1
  • MCS-7825H-3.0-IPC1
  • MCS-7825-H1-IPC1
  • MCS-7825-H2-IPC1
  • MCS-7825-H3-IPC1
  • MCS-7828-H3-IPC1
  • MCS-7835H-2.4-EVV1
  • MCS-7835H-3.0-IPC1
  • MCS-7835-H1-IPC1
  • MCS-7835-H2-IPC1
  • MCS-7845H-2.4-EVV1
  • MCS-7845H-3.0-IPC1
  • MCS-7845-H1-IPC1
  • MCS-7845-H2-IPC1

HP CPQSM2 MIB は、次の HP サーバ モデルに適用できません。

  • MCS-7825H-2.2-EVV1
  • MCS-7825H-3.0-IPC1

IBM の MIB

表 10 IBM の MIB

MIB

OID

機能

ブラウジングのみをサポート

IBM-SYSTEM-HEALTH-MIB

1.3.6.1.4.1.2.6.159.1.1.30

温度、電圧、ファンのステータスを提供

IBM-SYSTEM-ASSETID-MIB

1.3.6.1.4.1.2.6.159.1.1.60

ハードウェア コンポーネントのアセット データを提供

IBM-SYSTEM-LMSENSOR-MIB

1.3.6.1.4.1.2.6.159.1.1.80

温度、電圧、ファンの詳細情報を提供

IBM-SYSTEM-NETWORK-MIB

1.3.6.1.4.1.2.6.159.1.1.110

ネットワーク インターフェイス カード(NIC)のステータスを提供

IBM-SYSTEM-MEMORY-MIB

1.3.6.1.4.1.2.6.159.1.1.120

物理メモリの詳細情報を提供

IBM-SYSTEM-POWER-MIB

1.3.6.1.4.1.2.6.159.1.1.130

電源の詳細情報を提供

IBM-SYSTEM-PROCESSOR-MIB

1.3.6.1.4.1.2.6.159.1.1.140

CPU のアセット/ステータス情報を提供

システム トラップをサポート

IBM-SYSTEM-TRAP

1.3.6.1.4.1.2.6.159.1.1.0

温度、電圧、ファン、ディスク、NIC、メモリ、電源、および CPU の詳細情報を提供

IBM-SERVERAID-MIB

1.3.6.1.4.1.2.6.167.2

RAID ステータスを提供

IBM-SYSTEM-RAID-MIB

1.3.6.1.4.1.2.6.159.1.1.200.1

RAID ステータスを提供

IBM-SYSTEM-STORAGE-MIB

1.3.6.1.4.1.2.6.159.3.1

RAID ステータスを提供

IBM のハードウェア ステータス メッセージ

表 11 IBM のハードウェア ステータス メッセージ、MIB とオブジェクト名、およびオブジェクト応答

Cisco Unified CM Release 6.x

MCS-78xx のステータス

MIB とオブジェクト名

オブジェクト応答

システム ファン

IBM-SYSTEM-LMSENSOR-MIB::ibmSystem TachometerStatus(ibmSystemTachometerKeyIndex も参照)

これは、オブジェクトの現在のステータスを示す文字列です。 さまざまなオペレーショナル ステータスと非オペレーショナル ステータスを定義できます。

オペレーショナル ステータスは、OK、Degraded、および Pred Fail です。 Pred Fail は、エレメントは正しく機能していると思われるが、今後障害が発生する可能性があることを示すステータスです。 例としては、SMART が有効なハード ドライブがあります。

非オペレーショナル ステータスは、Error、Starting、Stopping、および Service です。 Service は、ディスクのミラー再同期中や、ユーザ権限リストのリロード中、その他の管理作業中に該当します。

こうした作業のすべてがオンライン状態とは限らず、管理対象エレメントのステータスは、OK でもその他のステータスの 1 つでもありません。

OK = 正常、Error = 重要

電圧センサー

IBM-SYSTEM-LMSENSOR-MIB::ibmSystem VoltageSensorStatus(ibmSystemVoltageSensorKeyIndex も参照)

これは、オブジェクトの現在のステータスを示す文字列です。 さまざまなオペレーショナル ステータスと非オペレーショナル ステータスを定義できます。

オペレーショナル ステータスは、OK、Degraded、および Pred Fail です。 Pred Fail は、エレメントは正しく機能していると思われるが、今後障害が発生する可能性があることを示すステータスです。 例としては、SMART が有効なハード ドライブがあります。

非オペレーショナル ステータスは、Error、Starting、Stopping、および Service です。 Service は、ディスクのミラー再同期中や、ユーザ権限リストのリロード中、その他の管理作業中に該当します。 こうした作業のすべてがオンライン状態とは限らず、管理対象エレメントのステータスは、OK でもその他のステータスの 1 つでもありません。

OK = 正常、Error = 重要

IBM-SYSTEM-LMSENSOR-MIB::ibmSystem TemperatureSensorStatus(ibmSystemTemperatureSensorKeyIndex も参照)

Status プロパティは、オブジェクトの現在のステータスを示す文字列です。 さまざまなオペレーショナル ステータスと非オペレーショナル ステータスを定義できます。 オペレーショナル ステータスは、OK、Degraded、および Pred Fail です。 Pred Fail は、エレメントは正しく機能していると思われるが、今後障害が発生する可能性があることを示すステータスです。 例としては、SMART が有効なハード ドライブがあります。 非オペレーショナル ステータスも指定できます。 非オペレーショナル ステータスは、Error、Starting、Stopping および Service です。 Service は、ディスクのミラー再同期中や、ユーザ権限リストのリロード中、その他の管理作業中に該当します。 こうした作業のすべてがオンライン状態とは限らず、管理対象エレメントのステータスは、OK でもその他のステータスの 1 つでもありません。 OK = 正常、Error = 重要

ネットワーク インターフェイス カード

IBM-SYSTEM-NETWORK-MIB::ibmSystem LogicalNetworkAdapterStatus(ibmSystemLogicalNetworkAdapterKeyIndex も参照)

アダプタのオンライン ステータス。

論理ドライブ

IBM-SYSTEM-TRAP-MIB::ibmSystem RaidLogicalDriveStatus(ibmSystemRaidLogicalDriveKeyIndex も参照)

論理ドライブのステータス。

物理ドライブ

IBM-SYSTEM-TRAP-MIB::ibmSystem RaidDiskDriveStatus & ibmSystemRaidControllerStatus(ibmSystemRaidDiskDriveKeyIndex & ibmSystemRaidControllerKeyIndex も参照)

Hewlett Packard の MIB

表 12 HP の MIB

MIB

OID

機能

ブラウジングとシステム トラップをサポート

CPQSTDEQ-MIB

1.3.6.1.4.1.232.1

ハードウェア コンポーネントの設定データを提供

CPQSINFO-MIB

1.3.6.1.4.1.232.2

ハードウェア コンポーネントのアセット データを提供

CPQIDA-MIB

1.3.6.1.4.1.232.3

RAID ステータス/イベントを提供

CPQHLTH-MIB

1.3.6.1.4.1.232.6

ハードウェア コンポーネントのステータス/イベントを提供

CPQSTSYS-MIB

1.3.6.1.4.1.232.8

ストレージ(ディスク)システムのステータス/イベントを提供

CPQSM2-MIB

1.3.6.1.4.1.232.9

iLO ステータス/イベントを提供

CPQTHRSH-MIB

1.3.6.1.4.1.232.10

アラームのしきい値管理を提供

CPQHOST-MIB

1.3.6.1.4.1.232.11

オペレーティング システム情報を提供

CPQIDE-MIB

1.3.6.1.4.1.232.14

IDE(CD-ROM)ドライブのステータス/イベントを提供

CPQNIC-MIB

1.3.6.1.4.1.232.18

ネットワーク インターフェイス カード(NIC)のステータス/イベントを提供

HP のハードウェア ステータス メッセージ

次の表に、ステータス メッセージ、MIB と OID、MIB オブジェクト名とクリア値、およびオブジェクト応答を示します。

表 13 HP のハードウェア ステータス メッセージ、MIB と OID、MIB オブジェクト名とクリア値、およびオブジェクト応答

Cisco Unified CM Release 6.x

MCS-78xx のステータス

MIB と OID

MIB オブジェクト名とクリア値

オブジェクト応答

論理ドライブ23

CPQIDA-MIB1.3.6.1.4.1.232.3.2.3.1.1.4

cpqDaLogDrvStatus

クリア値 = 2

論理ドライブは、次のステータスのいずれかになります。

  • Ok (2):論理ドライブが正常な動作モードであることを示します。
  • Failed (3):障害が発生した物理ドライブの数が、データを損失せずに論理ドライブの耐障害性モードが処理できる物理ドライブの数を上回っていることを示します。
  • Unconfigured (4):論理ドライブが設定されていないことを示します。
  • Recovering (5):論理ドライブが一時回復モードを使用していることを示します。 一時回復モードでは、1 つ以上の物理ドライブに障害が発生していますが、論理ドライブの耐障害性モードにより、ドライブはデータを損失せずに引き続き機能します。
  • Ready Rebuild (6):論理ドライブが自動データ回復の準備をしていることを示します。 障害が発生した物理ドライブは交換済みですが、論理ドライブは一時回復モードで引き続き機能します。
  • Rebuilding (7):論理ドライブが現在自動データ回復を実行していることを示します。 自動データ回復の間、耐障害性アルゴリズムが置換ドライブでデータを復元します。
  • Wrong Drive (8):物理ドライブに障害が発生した後に交換した物理ドライブが間違っていたことを示します。
  • Bad Connect (9):物理ドライブが応答していないことを示します。

物理ドライブ 1

CPQIDA-MIB1.3.6.1.4.1.232.3.2.5.1.1.6

cpqDaPhyDrv Status

クリア値 = 2

  • 物理ドライブのステータスとして次の値が有効です。
  • other (1):機器のエージェントがドライブを認識していないことを示します。 使用している機器のエージェントやドライバ ソフトウェアのアップグレードが必要な場合があります。
  • ok (2):ドライブが正しく機能していることを示します。
  • failed (3):ドライブが動作しなくなったため、交換が必要であることを示します。
  • predictiveFailure(4):ドライブに予測障害エラーがあるため、交換が必要であることを示します。

システム ファン

CPQHLTH-MIB1.3.6.1.4.1.232.6.2.6.4

cpqHeThermalSystemFan Status

クリア値 = 2

この値は次のいずれかになります。

  • other(1):ファン ステータスの検出がこのシステムまたはドライバでサポートされていません。
  • ok(2):ファンは正しく動作しています。
  • degraded(2):冗長ファンが正しく動作していません。
  • failed(4):非冗長ファンが正しく動作していません。

CPU ファン

CPQHLTH-MIB1.3.6.1.4.1.232.6.2.6.5

cpqHeThermalCpuFan Status

クリア値 = 2

この値は次のいずれかになります。

  • other(1):ファン ステータスの検出がこのシステムまたはドライバでサポートされていません。
  • ok(2):ファンは正しく動作しています。
  • degraded(2):冗長ファンが正しく動作していません。
  • failed(4):非冗長ファンが正しく動作していません。

ネットワーク インターフェイス カード(NIC)

CPQNIC-MIB1.3.6.1.4.1.232.18.2.3.1.1.13

cpqNicIfPhysAdapterState

クリア値 = 2 と 3

次の値が有効です。

  • unknown(1):機器のエージェントがアダプタのステータスを判別できませんでした。 機器のエージェントのアップグレードが必要な場合があります。
  • ok(2):物理アダプタは正しく動作しています。
  • generalFailure(3):物理アダプタに障害が発生しました。
  • linkFailure(4):物理アダプタがリンクを失いました。 このアダプタへのケーブル接続を確認してください。

CPQHLTH-MIB1.3.6.1.4.1.232.6.2.6.1

cpqHeThermalCondition

クリア値 = 2

この値は次のいずれかになります。

  • other(1):温度を判別できませんでした。
  • ok(2):温度センサーが通常の動作範囲にあります。
  • degraded(3):温度センサーが通常の動作範囲にありません。
  • failed(4):システムに永続的に損害を与える可能性のある状態を温度センサーが検出しました。
(注)     

failed (4) の状態が発生した場合、システムは自動的にシャットダウンされるため、エージェントから 4 の値が返されることはありません。 cpqHeThermalDegradedAction が shut down (3) に設定されている場合、システムはその状態が発生するとシャットダウンします。

電源 1

CPQHLTH-MIB1.3.6.1.4.1.232.6.2.9.3.1.5

cpqHeFltTolPowerSupply Status

クリア値 = 1

この値は次のいずれかになります。

  • other(1):ステータスを判別できないか、ステータスが存在しません。
  • ok(2):電源は正しく動作しています。
  • degraded(3):温度センサー、ファン、またはその他の電源コンポーネントが通常の動作範囲にありません。
  • failed(4):システムに永続的に損害を与える可能性のある状態を電源コンポーネントが検出しました。

NIC エラー

CPQNIC-MIB1.3.6.1.4.1.232.18.2.3.1.1.16

cpqNicIfPhysAdapterGood Transmits

クリア値 = <0.5% for 1 hour

インターフェイスに過剰なエラーが発生しています。

1.3.6.1.4.1.232.18.2.3.1.1.18

cpqNicIfPhysAdapterBad Transmits

1.3.6.1.4.1.232.18.2.3.1.1.17

cpqNicIfPhysAdapterGood Receives

1.3.6.1.4.1.232.18.2.3.1.1.19

cpqNicIfPhysAdapterBad Receives

NIC 使用率

CPQNIC-MIB1.3.6.1.4.1.232.18.2.3.1.1.16

cpqNicIfPhysAdapterGood Transmits

クリア値 = <50% for 1 hour

インターフェイスの使用率が高くなっています。

1.3.6.1.4.1.232.18.2.3.1.1.18

cpqNicIfPhysAdapterBad Transmits

1.3.6.1.4.1.232.18.2.3.1.1.17

cpqNicIfPhysAdapterGood Receives

1.3.6.1.4.1.232.18.2.3.1.1.19

cpqNicIfPhysAdapterBad Receives

メモリ モジュール トラップ

1.3.6.1.4.1.232.6.3

cpqHe4CorrMemReplace MemModule

次のトラップ変数については、CPQHOST-MIB を参照してください。

  • sysName
  • cpqHoTrapFlags
  • cpqHeResMemBoardIndex
  • cpqHeResMemModuleIndex
  • cpqHeResMemModuleSpare PartNo
  • cpqSiMemModuleSize
  • cpqSiServerSystemId

トラップ番号は 6056 です。この番号は 6029 を置き換えたものです。

修正可能なメモリ ログ エントリが、メモリ モジュールの交換が必要であることを示しています。 エラーは修正されましたが、メモリ モジュールを交換する必要があります。 エラー情報は cpqHeCorrMemErrDesc 変数で報告されます。

78x5-H Insite Manager サービス

HOST-RESOURCES-MIB1.3.6.1.2.1.25.4.2.1.2

cmaeventd

Compaq Insite Manager サービスの障害

cmafcad

cmahealthd

cmahostd

Positive String ID forcmaidad

cmaided

cmanicd

cmapeerd

cmaperfd

cmasm2d

cmastdeqd

cmathreshd

24

Intel の MIB

次の表は、Intel MIB、OID、および機能を示します。

表 14 Intel の MIB

MIB

OID

機能

ブラウジングとシステム トラップをサポート

INTEL-SERVER-BASEBOARD6

1.3.6.1.4.1.343.2.10.3.6.200

電力グループを表し、電圧プローブ、ステータス、測定値について説明します。

1.3.6.1.4.1.343.2.10.3.6.300

熱グループを表し、冷却装置、ファン、温度プローブについて説明します。

1.3.6.1.4.1.343.2.10.3.6.10

冷却装置のインスタンスを表します。

1.3.6.1.4.1.343.2.10.3.6.20

冷却装置とファンごとにステータス、測定値、しきい値を示します。

1.3.6.1.4.1.343.2.10.3.6.30

温度プローブのインスタンスを表します。

1.3.6.1.4.1.343.2.10.3.6.40

温度プローブごとにステータス、測定値、しきい値を示します。

1.3.6.1.4.1.343.2.10.3.6.1000

イベント グループを表し、電力、熱、システム イベントについて説明します。

Intel のハードウェア ステータス メッセージ

次の表に、ステータス メッセージ、MIB と OID、MIB オブジェクト名とクリア値、およびオブジェクト応答を示します。

表 15 Intel のハードウェア ステータス メッセージ、MIB とオブジェクト名、およびオブジェクト応答

Cisco Unified CM Release 7.x

MCS-78xx のステータス

MIB とオブジェクト名

オブジェクト応答

電力

INTEL-SERVER-BASEBOARD6::powerEvents

システム

INTEL-SERVER-BASEBOARD6::systemEvents

INTEL-SERVER-BASEBOARD6::thermalEvents

24 MCS-7825H では使用不可