Cisco Unified Communications Manager システム ガイド、リリース 9.1(1)
アナンシエータ
アナンシエータ
発行日;2013/05/14   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

アナンシエータ

この章では、Cisco IP Voice Media Streaming Application サービスを使用する SCCP デバイスであるアナンシエータについて説明します。これを使用すると、Cisco Unified Communications Manager は、Cisco Unified IP Phone、ゲートウェイ、およびその他の設定可能なデバイスに事前に録音されたアナウンス(.wav ファイル)とトーンを再生できます。 アナンシエータは Cisco Unified Communications Manager Multilevel Precedence and Preemption と連携して動作し、Cisco Unified Communications Manager から発信者にコールが失敗した理由についてアラートを送信できるようにします。 アナンシエータはまた、一部の転送されたコールおよび一部の会議のトーンも再生できます。

アナンシエータの設定

アナンシエータは、Cisco IP Voice Media Streaming Application サービスを使用する SCCP デバイスです。このデバイスによって Cisco Unified Communications Manager は前もって記録されたアナウンス(.wav ファイル)およびトーンを Cisco Unified IP Phone、ゲートウェイ、およびその他の設定可能なデバイスに対して再生することができます。 アナンシエータは Cisco Unified Communications Manager Multilevel Precedence and Preemption と連携して動作し、Cisco Unified Communications Manager から発信者にコールが失敗した理由についてアラートを送信できるようにします。 アナンシエータはまた、一部の転送されたコールおよび一部の会議のトーンも再生できます。

アナンシエータを次のように設定します。

手順
    ステップ 1   必要なアナンシエータ ストリーム数と、これらのストリームの提供に必要なアナンシエータ数を決定します。
    ステップ 2   Cisco IP Voice Media Streaming Application サービスが、アナンシエータを配置するサーバ上で有効になっていることを確認します。
    ステップ 3   デフォルト設定を変更する場合は、その他のアナンシエータ設定作業を行います。
    ステップ 4   新しいアナンシエータを適切なメディア リソース グループおよびメディア リソース リストに追加します。
    ステップ 5   個々のアナンシエータ、またはメディア リソース グループおよびリストに属するすべてのデバイスをリセットまたは再起動します。

    アナンシエータの概要

    アナンシエータ デバイスは Cisco Unified Communications Manager と連動して、複数の片方向 RTP ストリーム接続を Cisco Unified IP Phone やゲートウェイなどのデバイスに提供します。

    アナンシエータを Cisco Unified Communications Manager データベースに自動的に追加するには、サーバ上で、Cisco IP Voice Media Streaming Application サービスを有効にする必要があります。


    (注)  


    サーバを追加すると、アナンシエータ デバイスは自動的にその新しいサーバ用として追加されます。 そのデバイスは、Cisco IP Voice Media Streaming Application サービスが新しいサーバ用にアクティブになるまで、アクティブになりません。


    Cisco Unified Communications Manager は SCCP メッセージを使用してアナンシエータとデバイス間の RTP ストリーム接続を確立します。 アナンシエータは、次の状態をサポートするためにアナウンスまたはトーンを再生します。

    • アナウンス:Cisco Multilevel Precedence and Preemption 用に設定されたデバイス
    • 割り込み音:参加者がアドホック会議に参加する前
    • 呼び出し音:IOS ゲートウェイを使用して PSTN 経由でコールを転送するとき コールがアクティブの場合、ゲートウェイは呼び出し音を再生できないため、アナンシエータが呼び出し音を再生します。
    • 呼び出し音:H.323 クラスタ間トランクを介してコールを転送するとき
    • 呼び出し音:SCCP を実行している電話機から SIP クライアントにコールを転送するとき

    ヒント


    サポートされているアナウンスおよびトーンの詳細については、サポートされているトーンおよびアナウンスを参照してください。


    アナウンスまたはトーンを再生する前に、アナンシエータは Cisco Unified Communications Manager データベース内の annunciator.xml ファイルから次の情報を読み取ります。

    • TypeAnnouncements データベース テーブル。アナンシエータがサポートする各アナウンスとトーンを識別するため、メモリ キャッシュに読み込まれます。
    • 電話機のユーザ ロケール ID。Cisco Unified Communications Manager Locale Installer をインストールした場合、データベースに追加されます。
    • 電話機またはゲートウェイのネットワーク ロケール ID。Cisco Unified Communications Manager Locale Installer をインストールした場合、データベースに追加されます。
    • デバイス設定。
    • ユーザが設定したサービス パラメータ。

    SRTP を介してセキュリティ保護されたアナンシエータ

    Cisco Unified Communications Manager 8.6(1)以降では、Cisco IP Voice Media Streaming Application サービスが拡張され、Secure Real-Time Protocol(SRTP)がサポートされます。このため、Cisco Unified Communications Manager のセキュリティ機能が有効になっている場合、アナンシエータは、SRTP 対応デバイスとして Cisco Unified Communications Manager に登録します。 受信側デバイスも SRTP 対応の場合は、受信側デバイスにストリーミングする前に、アナウンスが暗号化されます。


    (注)  


    セキュア モードでは、アナンシエータの Cisco Unified Communications Manager の管理のデバイス ページに、デバイスが信頼済みであるというメッセージがチェックボックスとともに表示されます。


    Cisco Unified Communications Manager がセキュアな配置環境で設定されている(Cluster Security Mode エンタープライズ パラメータが混合モードに設定されている)場合、Cisco Unified IP Phone、音声ゲートウェイ、およびその他のセキュア機能対応のエンドポイントは、暗号化モードに設定されます。 デバイス間のメディア ストリーミングは、SRTP を介して実行されます。 コールがセキュアな場合、Cisco Unified IP Phone にロック アイコンが表示され、シグナリングとメディアの両方に対してコールが保護されていることを示します。

    セキュリティ保護されたアナンシエータがアナウンスを再生するとき、アナウンスを受信する Cisco Unified IP Phone にはロック アイコンが表示されます。 SIP または H.323 のクラスタ間トランクを介してブラインド転送を実行する発信者の場合など、セキュリティ保護されたアナンシエータが呼び出し音を再生するとき、転送先の Cisco Unified IP Phone には、アナンシエータが転送先への呼び出し音を再生するのと同時にロック アイコンが表示されます。


    (注)  


    コール機能がアクティブ化された場合など、Cisco Unified Communications Manager が、暗号化コールのメディアを中断すると、ロック アイコンは Cisco Unified IP Phone から削除されます。 このアイコンは、電話が暗号化メディアと再接続すると復元されます。 暗号化されたアナンシエータがアクティブ化されたときの、メディアの中断と復旧は短時間に行われます。


    アナンシエータに対するセキュリティの有効化

    アナンシエータ デバイスは、エンタープライズ パラメータの Cluster Security Mode が 1(混合モード)に設定されている場合、セキュリティに対して自動的に有効になります。

    関連資料

    セキュアおよび非セキュアなアナウンス

    次の例では、セキュアおよび非セキュアなアナウンスをコールに挿入する場合のロック アイコンの表示方法について説明するシナリオについて示します。

    優先コールの暗号化されたアナウンス

    次の例では、優先コールの暗号化されたアナウンスについて説明します。

    1. ユーザ 4000 は、ユーザ 3000 に接続するため、99 3000 にダイヤルします。 Cisco Unified Communications Manager は、ユーザがプレフィックス 99 をダイヤルして MLPP フラッシュ オーバーライド コールを開始できるように、99.XXXX のトランスレーション パターンを設定しました。
    2. Cisco Unified Communications Manager はユーザ 3000 にダイヤルし、ユーザ 3000 がコールに応答します。 コールに応答する以前、ユーザ 3000 は MLPP フラッシュ コールの処理中でした。 ユーザ 3000 がコールに応答したとき、ビジー トリガーの制限に達しました。
    3. ユーザ 4000 とユーザ 3000 の間のメディアは SRTP により設定されているため、ユーザ 4000 とユーザ 3000 の電話機にセキュアなロック アイコンが表示されます。
    4. ユーザ 2000 は、ユーザ 3000 をコールするため、88 3000 にダイヤルします。 Cisco Unified Communications Manager は、ユーザがプレフィックス 88 をダイヤルして MLPP フラッシュ オーバーライド コールを開始できるように、88.XXXX のトランスレーション パターンを設定しました。
    5. ユーザ 3000 はコール ビジー トリガーの制限に達していて、すべてのコールが同等(フラッシュ)またはそれ以上(フラッシュ オーバーライド)の優先レベルであるため、Cisco Unified Communications Manager は、ユーザ 2000 からのコールを MLPP-BPA アナウンスを付けて拒否します。 ユーザ デバイスとアナウンスの両方が暗号化されているため、アナウンスは SRTP を使用して再生します。 ユーザ 2000 の IP 電話機にロック アイコンが表示されます。
    優先コールの暗号化されていないアナウンス

    次の例では、優先コールの暗号化されていないアナウンスについて説明します。 この例では、ユーザ 2000 のデバイスは暗号化されていません(非セキュア)。 したがって、MLPP-BPA アナウンスは、ユーザ 2000 に対して RTP を使用して再生され、IP 電話機には非セキュアなロック アイコンが表示されます。

    1. ユーザ 3000 は、ユーザ 2000 に接続するため、77 2000 にダイヤルします。 Cisco Unified Communications Manager は、ユーザがプレフィックス 77 をダイヤルして MLPP 即時コールを開始できるように 77.XXXX のトランスレーション パターンを設定しました。
    2. Cisco Unified Communications Manager はユーザ 2000 にダイヤルし、ユーザ 2000 がコールに応答します。 コールに応答する以前、ユーザ 2000 は MLPP プライオリティ コールの処理中でした。 ユーザ 2000 がコールに応答したとき、ビジー トリガーの制限に達しました。
    3. ユーザ 3000 とユーザ 2000 の間のメディアは SRTP により設定されているため、ユーザ 3000 とユーザ 2000 の電話機にロック アイコンが表示されます。
    4. ユーザ 1000 は、ユーザ 2000 をコールするため、66 2000 にダイヤルします。 Cisco Unified Communications Manager は、ユーザがプレフィックス 66 をダイヤルして MLPP フラッシュ コールを開始できるように、66.XXXX のトランスレーション パターンを設定しました。
    5. ユーザ 2000 はコール ビジー トリガーの制限に達していて、すべてのコールが同等(プライオリティ)またはそれ以上(即時)の優先レベルであるため、Cisco Unified Communications Manager は、ユーザ 1000 からのコールを MLPP-BPA アナウンスを付けて拒否します。 ユーザ 2000 は暗号化されていない(非セキュアな)デバイスを使用しているため、アナウンスは RTP を使用して再生され、IP 電話機にロック アイコンは表示されません。
    セキュリティ モードが上書きされる場合の、優先コールの暗号化されていないアナウンス

    次の例では、アナンシエータのセキュリティ モードが上書きされる場合の、優先コールの暗号化されていないアナウンスについて説明します。 Make Annunciator Non-secure when Cluster Security is Mixed サービス パラメータの場合、Cisco Unified IP Voice Media Streaming App の拡張サービス パラメータは、アナンシエータのセキュリティ モードを上書きできます。 このパラメータが True に設定されている場合、発信側デバイスが SRTP に対応していても、発信者に対して、暗号化されていないアナウンスが再生されます。

    1. ユーザ 3000 は、ユーザ 2000 に接続するため、77 2000 にダイヤルします。 Cisco Unified Communications Manager は、ユーザがプレフィックス 77 をダイヤルして MLPP 即時コールを開始できるように 77.XXXX のトランスレーション パターンを設定しました。
    2. Cisco Unified Communications Manager はユーザ 2000 にダイヤルし、ユーザ 2000 がコールに応答します。 コールに応答する以前、ユーザ 2000 は MLPP プライオリティ コールの処理中でした。 ユーザ 2000 がコールに応答したとき、ビジー トリガーの制限に達しました。
    3. ユーザ 3000 とユーザ 2000 の間のメディアは SRTP により設定されているため、ユーザ 3000 とユーザ 2000 の電話機にロック アイコンが表示されます。
    4. ユーザ 1000 は、ユーザ 2000 をコールするため、66 2000 にダイヤルします。 Cisco Unified Communications Manager は、ユーザがプレフィックス 66 をダイヤルして MLPP フラッシュ コールを開始できるように、66.XXXX のトランスレーション パターンを設定しました。
    5. ユーザ 2000 はコール ビジー トリガーの制限に達していて、すべてのコールが同等(プライオリティ)またはそれ以上(即時)の優先レベルであるため、Cisco Unified Communications Manager は、ユーザ 1000 からのコールを MLPP-BPA アナウンスを付けて拒否します。 拡張サービス パラメータを使用してクラスタ システムのセキュリティ モードを上書きしたため、アナンシエータは暗号化されません(非セキュア)。 ユーザ 1000 のデバイスが SRTP に対応していても、アナウンスは RTP を使用して再生されます。 ユーザ 1000 の IP 電話機にロック アイコンは表示されません。
    存在しない番号へのコールに対する暗号化されたアナウンス

    次の例では、存在しない番号へのコールに対する暗号化されたアナウンスについて説明します。 Cisco Unified Communications Manager データベースに存在しない番号にダイヤルすると、VCA アナウンスを受信します。 IP 電話機が SRTP 対応の場合、アナウンスは暗号化されます。

    1. ユーザ 2000 が番号 9999 にダイヤルします。 この番号は Cisco Unified Communications Manager データベースに存在しないため、パターンのルーティング パスがありません。
    2. Cisco Unified Communications Manager は、ユーザ 2000 に対して VCA アナウンスを再生します。 アナンシエータとユーザ 2000 の IP 電話機はいずれも SRTP に対応しているため、VCA アナウンスは暗号化され、電話機にロック アイコンが表示されます。

    アナンシエータ設定の計画

    アナンシエータの設定を計画する前に、次の情報を考慮に入れてください。 この情報は、アナンシエータのシステム要件と制限事項と併用してください。

    • 単一のアナンシエータの場合、アナンシエータ サービス パラメータのストリーミング値に示されるように、Cisco Unified Communications Manager はデフォルトを 48 同時ストリームに設定します。

    注意    


    Cisco Unified Communications Manager と Cisco IP Voice Media Streaming Application サービスを実行する共存サーバ上では、アナンシエータ ストリームを 48 以下にすることをお勧めします。


    • デフォルト値はユーザのネットワークに最適な値に変更することができます。 たとえば、100 MB の Network/NIC カードは 48 のアナンシエータ ストリームをサポートできますが、10 MB の NIC カードがサポートするアナンシエータ ストリーム数は最大で 24 です。 使用可能なアナンシエータ ストリームの正確な数は、プロセッサの速度やネットワークの負荷などの要因によって決まります。
    • アナンシエータを Cisco Unified Communications Manager サービスが実行されていないスタンドアロン サーバ上で実行する場合、アナンシエータは 255 までの同時アナウンス ストリームをサポートできます。
    • スタンドアロン サーバがデュアル CPU および高性能ディスク システムを備えている場合、アナンシエータは 400 までの同時アナウンス ストリームをサポートできます。

    システムに必要なアナンシエータのおおよその数を決定するには、次の式で検討してください。 この式では、サーバがデフォルトのストリーム数(48)を処理できるものと想定しています。このデフォルト数でなくても、サーバがサポートするストリーム数にすることができます。

    n/サーバのサポートするアナンシエータ デバイス数

    説明は、次のとおりです。

    n は、アナンシエータ サポートを必要とするデバイスの数を表します。


    ヒント


    商の余りが生じた場合は、追加のアナンシエータ デバイスをサポートするサーバをもう 1 つ追加することを検討します。 この作業を行うには、デフォルト設定を使用しない場合、Cisco IP Voice Media Streaming Application サービスを追加サーバ上で有効にしてデバイスの設定を更新します。


    アナンシエータのシステム要件と制限事項

    アナンシエータ デバイスに適用されるシステム要件と制限事項は、次のとおりです。

    • 1 台のアナンシエータ デバイスにつき、クラスタ内で有効にする Cisco IP Voice Media Streaming Application サービスは 1 つだけに限定します。 追加のアナンシエータを設定するには、Cisco Unified Communications Manager がクラスタにインストールされている追加の Cisco Media Convergence Server 上、またはシスコが認定したサードパーティ製サーバ上で Cisco IP Voice Media Streaming Application サービスを有効にする必要があります。

    注意    


    Cisco IP Voice Media Streaming Application サービスは、コール処理の負荷が大きい Cisco Unified Communications Manager 上で有効にしないことを強く推奨します。


    • 各アナンシエータはデバイス プールに所属します。
    • 各アナンシエータは G.711 a-law、G.711 mu-law、ワイドバンド、および G.729 の各コーデック形式をサポートできます。
    • 使用可能なストリーム数については、アナンシエータ設定の計画を参照してください。
    • メディア リソースを管理するため、アナンシエータをメディア リソース グループとメディア リソース リストに追加できます。
    • アナンシエータを更新するときに、アクティブ アナウンスが再生されていなければ、アナンシエータがアイドル状態になったときに自動的に変更されます。
    • Cisco Unified Communications Manager は、次の場合、会議ブリッジにアナンシエータ リソースのサポートを提供します。
      • アナンシエータを含むメディア リソース グループ リストが、会議ブリッジの存在するデバイス プールに割り当てられている場合。
      • アナンシエータがデフォルトのメディア リソースとして設定されているため、クラスタ内のすべてのデバイスがアナンシエータを使用できる場合。 メディア リソース グループ リストが、会議を制御するデバイスに直接割り当てられている場合、Cisco Unified Communications Manager は会議ブリッジにアナンシエータ リソースのサポートを提供しません。

    サポートされているトーンおよびアナウンス

    Cisco Unified Communications Manager では Cisco IP Media Streaming Application サービスが有効になると、録音されたアナンシエータ アナウンスを自動的に提供します。 これらのアナウンスをカスタマイズしたり、新しいアナウンスを追加したりするための設定は存在しません。

    アナンシエータ アナウンスは 1 つまたは 2 つの wav ファイルで構成されます。Cisco Unified Communications Manager Locale Installer がインストール済みで Cisco Unified IP Phone または必要に応じてデバイス プールのロケール値を設定した場合には、ローカリゼーションがサポートされます。 アナウンスはそれぞれ全体が再生されます。

    Cisco Unified Communications Manager は会議ごとにアナウンスを 1 つだけサポートします。 会議中、アナウンスが再生されているときにシステムが新しいアナウンスを要求した場合、新しいアナウンスは再生中のアナウンスに優先して使用されます。

    アナンシエータは、表 21-2 に示すアナウンスをサポートします。

    表 1 アナウンス

    状態

    アナウンス

    同等またはそれ以上の優先コールが進行中です。

    現在、大変込み合っているため、おかけになった電話番号では、おつなぎできません。 一度電話をお切りになってから、もう一度おかけ直しください。 これは録音メッセージです。

    優先順位のアクセス制限が存在します。

    緊急度の高い電話が使用中のため、電話をおつなぎできません。 一度電話をお切りになってから、もう一度おかけ直しください。 これは録音メッセージです。

    許可されない優先順位の使用を試みた人物がいます。

    ご使用になった優先度は、回線で認証されていません。 認証された優先度をお使いになるか、交換手までお問い合わせください。 これは録音メッセージです。

    コールがビジー状態です。または管理者がコール待機用または優先処理用の電話番号を設定していません。

    おかけになった番号は、大変込み合っており、この番号には割り込み機能が備わっておりません。 一度電話をお切りになってから、もう一度おかけ直しください。 これは録音メッセージです。

    システムがコールを確立できません。

    おかけになった電話番号では、正しくおつなぎできません。 番号を確認してからもう一度おかけ直しいただくか、交換手までお問い合わせください。 これは録音メッセージです。

    サービスが中断されました。

    サービス障害のため、電話をおつなぎできません。 緊急の場合は、交換手までお電話ください。 これは録音メッセージです。

    アナンシエータは、次のトーンをサポートします。

    • ビジー トーン
    • 警告音および呼び出し音
    • 会議割り込み音

    依存関係レコード

    アナンシエータ デバイスがどのメディア リソース グループに含まれているかを検索するには、[関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスから [依存関係レコード(Dependency Records)] を選択し、[移動(Go)] をクリックします。 [依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)] ウィンドウに、アナンシエータ デバイスを使用するメディア リソース グループの情報が表示されます。 メディア リソース グループに関するより詳細な情報を見つけるには、メディア リソース グループをクリックして [依存関係レコード詳細(Dependency Records Detail)] ウィンドウを表示します。 依存関係レコードがシステムで使用できない場合は、[依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)] ウィンドウにメッセージが表示されます。

    アナンシエータのパフォーマンス モニタリングおよびトラブルシューティング

    アナンシエータの Performance Monitor カウンタを使用すると、使用中のストリーム数、現在アクティブなストリーム、使用可能なストリームの総数、障害の生じたアナンシエータ ストリーム数、Cisco Unified Communications Manager に対する現在の接続、および Cisco Unified Communications Manager 側で接続が解除された合計回数を監視することができます。 アナンシエータ ストリームの割り当てまたは割り当て解除が行われると、Performance Monitor カウンタは統計情報を更新します。 Performance Monitor カウンタの詳細については、『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』を参照してください。

    Cisco Unified Communications Manager はアナンシエータに関するすべてのエラーを Event Viewer に書き込みます。 Cisco Unified Communications Manager Serviceability で Cisco IP Voice Media Streaming Application サービスのトレースを設定できます。多くの問題のトラブルシューティングを行うには、サービスの [Error] オプションではなく、[Significant] オプションまたは [Detailed] オプションを選択する必要があります。 問題のトラブルシューティング後に、トレース レベルを [Error] オプションにリセットします。

    Cisco Unified Communications ManagerCisco Unified Serviceability でアナンシエータの登録アラームおよび接続アラームを生成します。 アラームの詳細については、『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』を参照してください。

    テクニカル サポートが必要な場合は、シスコのパートナーや Cisco Technical Assistance Center(TAC)に連絡する前に、リアルタイム監視ツールを使用して cms/sdi トレース ログ ファイルを検索してください。