Cisco Unified Communications Manager システム ガイド、リリース 9.1(1)
概要
概要
発行日;2013/05/14   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

概要

この章では、Cisco Unified Communications のソフトウェアベースのコール処理コンポーネントとして機能する Cisco Unified Communications Manager(旧 Cisco Unified CallManager)について説明します。 Cisco Unified Communications Applications Server は、Cisco Unified Communications Manager のコール処理、サービス、およびアプリケーションに対してアベイラビリティの高いサーバ プラットフォームを提供します。

Cisco Unified Communications Manager システムは、企業のテレフォニー機能を、IP 電話などのパケット テレフォニー ネットワーク デバイス、メディア処理デバイス、Voice-over-IP(VoIP)ゲートウェイ、マルチメディア アプリケーションに拡張します。 統合メッセージング、マルチメディア会議、コラボレーティブ コンタクト センター、インタラクティブ マルチメディア レスポンス システムなどの、追加のデータ、音声、ビデオ サービスは、Cisco Unified Communications Manager のオープンなテレフォニー アプリケーション プログラム インターフェイス(API)を通じて通信します。

Cisco Unified Communications Manager では、シグナリング サービスとコール制御サービスが、シスコ統合テレフォニー アプリケーションと、サードパーティ アプリケーションの両方に提供されます。 主な機能は、次のとおりです。

  • コール処理
  • シグナリングとデバイス制御
  • ダイヤル プランの管理
  • 電話機能の管理
  • ディレクトリ サービス
  • 操作、アドミニストレーション、管理、およびプロビジョニング(OAM&P)
  • Cisco IP Communicator、Cisco Unified IP Interactive Voice Response (IP IVR)、および Cisco Unified Communications Manager Attendant Console などの外部音声処理アプリケーションとのプログラミング インターフェイス

アプライアンスとしての Cisco Unified Communications Manager

Cisco Unified Communications Manager は、Windows ベース以外のオペレーティング システム上でアプライアンスとして動作します。 Cisco Unified Communications Manager アプライアンスとは、次の機能を指します。

  • シスコが指定および提供するもの、または場合によっては、お客様が用意した特定のハードウェア プラットフォーム上で動作する。
  • シスコが指定およびインストールする、注意深く管理されたソフトウェア環境で動作する。
  • サーバの動作、保守、保護、および管理に必要なすべてのソフトウェアを含む。
  • 公開されたインターフェイスからさまざまな管理パラメータを出力し、NetIQ Vivinet Manager、HP Openview、Integrated Research Prognosis などの承認済み管理アプリケーションに情報を提供する。
  • ヘッドなし方式(キーボード、マウス、または VGA モニタのサポートなし)でも、(一部のハードウェア プラットフォームでは)ヘッド付き方式(キーボード、マウス、およびモニタ付き)でも動作する。
  • 公開インターフェイス
    • ネットワークへのイーサネット
    • プラットフォームと Cisco Unified Communications Manager の管理ページの Web インターフェイス
    • コマンドライン インターフェイス(CLI)をベースとした、管理用のプラットフォーム シェル
    • サードパーティ アプリケーションと管理サポート用の JTAPI、AXL/SOAP、SNMP などの API
  • Cisco Unified Communications Manager サーバには、お客様とパートナーによる開発を容易にし、自動的に更新を検索し、お客様とパートナーのシステムに適用できる重要なセキュリティ上の修正やソフトウェア アップグレードがあるときは、それを管理者に通知するソフトウェアがプリインストールされる。 このプロセスは、Electronic Software Delivery で構成される。
  • Cisco Unified Communications Manager サーバはコールを処理しながらアップグレードできるため、最小限のダウンタイムでアップグレードを行える。
  • Cisco Unified Communications Manager は高解像度の電話ディスプレイ上で Unicode をサポートしているため、アジアおよび中東地域での使用をサポートする。
  • Cisco Unified Communications Manager は、障害、構成、課金、パフォーマンス、およびセキュリティ(FCAPS)を提供する。

利点

Cisco Unified Communications Manager システムには、音声会議および手動コンソール機能を実行する、統合音声アプリケーション群が組み込まれています。 保留、任意転送、自動転送、会議、複数ライン アピアランス、自動ルート選択、スピード ダイヤル、最後にダイヤルした番号のリダイヤル、およびその他の機能などの補足サービスおよび拡張サービスが、IP Phone とゲートウェイに付加されています。 Cisco Unified Communications Manager はソフトウェア アプリケーションなので、実稼動環境で機能を拡張するには、サーバ プラットフォーム上でソフトウェアをアップグレードするだけで済み、高価なハードウェアのアップグレード費用が不要になります。

Cisco Unified Communications Manager は、すべての Cisco Unified IP Phone、ゲートウェイ、アプリケーションと IP ネットワーク全体に配備が可能なため、分散型のバーチャル テレフォニー ネットワークを構築することができます。 このアーキテクチャにより、システムのアベイラビリティとスケーラビリティが向上します。 コール アドミッション制御は、Quality of Service(QoS)による制限付き WAN リンク内の音声品質の維持を保証し、WAN の帯域が使用可能な状態でない場合は、代替となる公衆電話交換網(PSTN)にコールを自動転送します。

Cisco Unified Communications Manager 設定データベースへのインターフェイスは通常の Web ブラウザを使用しているので、リモート デバイスとリモート システムの設定機能も提供しています。 ユーザおよび管理者は、このインターフェイスを使用して HTML ベースのオンライン ヘルプにアクセスすることができます。