Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド リリース 9.1(1)
Client Services Framework の設定
Client Services Framework の設定
発行日;2013/06/21   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

Client Services Framework の設定

Cisco Unified Client Services Framework デバイスを設定するには、Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[デバイス(Device)] > [電話(Phone)] メニュー パスを使用します。 この項では、[電話の設定(Phone Configuration Settings)] ウィンドウを使用して Cisco Unified Client Services Framework デバイスを設定する方法について説明します。

Cisco Unified Communications Manager の管理に関する考慮事項

変更はありません。

一括管理の考慮事項

変更はありません。

CDR/CAR の考慮事項

変更はありません。

IP 電話の考慮事項

変更はありません。

RTMT の考慮事項

変更はありません。

セキュリティに関する考慮事項

変更はありません。

サービスアビリティの考慮事項

変更はありません。

追加情報

GUI の使用方法

Cisco Unified Communications Manager の管理ページのグラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI)を使用してレコードを検索、削除、設定、またはコピーする方法については、『Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド』Cisco Unified Communications Manager の管理アプリケーションに関するトピックを参照してください。GUI の使用方法と、ボタンおよびアイコンの機能の詳細が示されています。

Client Services Framework の設定項目

次の表に、[電話の設定(Phone Configuration Settings)] ウィンドウで CTI リモート デバイスの設定に使用可能な設定を示します。

表 1 Client Services Framework の設定項目

フィールド

説明

[Cisco Unified Client Services Framework情報(Cisco Unified Client Services Framework Information)]

[デバイスプロトコル(Device Protocol)]

Cisco Unified Client Services Framework に使用するプロトコルを指定します。

[アクティブなリモート接続先(Active Remote Destination)]

アクティブなリモート接続先を指定します。 CSF クライアントでは、一度に 1 つのリモート接続先を「アクティブ」として指定できます。 着信コールおよび Dial via Office(DVO)コールは、アクティブなリモート接続先にルーティングされます。

[デバイス情報(Device Information)]

[デバイスステータス(Device Status)]

デバイスがアクティブなのか非アクティブなのかを指定します。

[デバイスの信頼(Device Trust)]

デバイスが信頼済みなのか信頼されていないかを指定します。

[デバイス名(Device Name)]

Client Services Framework の名前を入力します。

この名前には、最長 50 文字を指定できます。 有効な文字は、英字、数字、ダッシュ、ドット(ピリオド)、スペース、およびアンダースコアです。

[説明(Description)]

Client Services Framework の説明を入力します。

このフィールドには、最長 128 文字を指定できます。 引用符(")、右山カッコ(>)、左山カッコ(<)、バックスラッシュ(\)、アンパサンド(&)、およびパーセント記号(%)を除くすべての文字を使用できます。

[デバイスプール(Device Pool)]

Client Services Framework の共通の特性を定義するデバイス プールを選択します。

デバイス プールの設定方法については、「デバイス プールの設定」を参照してください。

[共通デバイス設定(Common Device Configuration)]

ドロップダウン リスト ボックスを使用して、このトランクを割り当てる共通デバイス設定を選択します。 共通デバイス設定には、特定のユーザに関連付けられた属性(サービスまたは機能)が含まれています。 共通デバイス設定は、[共通デバイス設定(Common Device Configuration)] ウィンドウで設定します。

[電話ボタンテンプレート(Phone Button Template)]

ドロップダウン リスト ボックスを使用して、適切な電話ボタン テンプレートを選択します。 電話ボタン テンプレートは、電話機上のボタンの設定を決定し、各ボタンに使用される機能(回線、スピード ダイヤルなど)を指定します。

[共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)]

ドロップダウン リスト ボックスを使用し、共通の電話プロファイルを選択して、Cisco TFTP で必要になるデータを指定します。

[コーリングサーチスペース(Calling Search Space)]

モバイル ボイス アクセス コールまたはエンタープライズ機能アクセス コールのルーティングに使用するコーリング サーチ スペース(CSS)を選択します。

(注)     

このコーリング サーチ スペースの設定は、リモート接続先からのコールをルーティングする場合にだけ適用されます。この設定は、モバイル ボイス アクセス コールおよびエンタープライズ機能アクセス コールのダイヤル番号への発信コール レッグを示します。

[AARコーリングサーチスペース(AAR Calling Search Space)]

自動代替ルーティング(AAR)の実行時にデバイスが使用するコーリング サーチ スペースを選択します。 AAR コーリング サーチ スペースは、帯域幅不足によってコールがブロックされないように、収集された(発信)番号のルーティング方法を決定するために検索されるルート パーティションの集合を指定します。

[メディアリソースグループリスト(Media Resource Group List)]

適切なメディア リソース グループ リストを選択します。 メディア リソース グループ リストは、優先順位順に並べられたメディア リソース グループから構成されます。 アプリケーションは、メディア リソース グループ リストで定義された優先順位に従って、使用可能なメディア リソースの中から、必要なメディア リソース、たとえば、保留音サーバを選択します。

[<なし>(<None>)] を選択すると、Cisco Unified Communications Manager は、デバイス プールに定義されているメディア リソース グループを使用します。

[ユーザ保留MOH音源(User Hold MOH Audio Source)]

ドロップダウン リスト ボックスを使用して、ユーザが保留操作を開始したときに保留音(MOH)に使用する音源を選択します。

[ネットワーク保留MOH音源(Network Hold MOH Audio Source)]

ドロップダウン リスト ボックスを使用して、ネットワークが保留操作を開始したときに MOH に使用する音源を選択します。

[ロケーション(Location)]

ドロップダウン リスト ボックスを使用して、デバイス プール内の電話機とゲートウェイに関連付けられるロケーションを選択します。

[AARグループ(AAR Group)]

このデバイスの自動代替ルーティング(AAR)グループを選択します。 AAR グループは、帯域幅不足のためにコールがブロックされないように、コールをルーティングするためのプレフィックス番号を提供します。 AAR グループ設定を [なし(None)] にすると、ブロックされたコールの再ルーティングは行われません。

[ユーザロケール(User Locale)]

ドロップダウン リスト ボックスから、その CTI ルート ポイントに関連したロケールを選択します。 そのユーザ ロケールは、言語とフォントを含んだ、ユーザをサポートする一連の詳細情報を識別します。

Cisco Unified Communications Manager は、ローカリゼーションをサポートする CTI ルート ポイントに対してだけ、このフィールドを使用可能にします。

(注)     

ユーザ ロケールが指定されない場合、Cisco Unified Communications Manager はデバイス プールに関連付けられているユーザ ロケールを使用します。

(注)     

英語以外の言語で情報を(電話機に)表示することをユーザが要求している場合は、ユーザ ロケールを設定する前に、ロケール インストーラがインストールされていることを確認します。 Cisco Unified Communications Manager のロケール インストーラについては、『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』を参照してください。

[ネットワークロケール(Network Locale)]

ドロップダウン リスト ボックスから、そのゲートウェイに関連したロケールを選択します。 そのネットワーク ロケールは、特定ロケーションのハードウェアをサポートする一連の詳細情報を識別します。 ネットワーク ロケールには、特定の地域でデバイスが使用するトーンおよび断続周期の定義が含まれています。

(注)     

関連するデバイスによってサポートされているインストール済みのネットワーク ロケールだけを選択してください。 リストにはこの設定に使用できるネットワーク ロケールがすべて示されていますが、そのすべてがインストールされているわけではありません。 ファームウェアでサポートされていないネットワーク ロケールと関連付けられると、デバイスは起動できません。

[デバイスモビリティモード(Device Mobility Mode)]

ドロップダウン リスト ボックスから、このデバイスに対してデバイス モビリティ機能のオン/オフを切り替えるか、[デフォルト(Default)] を選択してデフォルトのデバイス モビリティ モードを使用します。 デフォルト設定では、このデバイスの Device Mobility Mode サービス パラメータを使用します。

[現在のデバイスモビリティ設定の表示(View Current Device Mobility Settings)] をクリックすると、次のデバイス モビリティ パラメータの現在の値が表示されます。

  • [Cisco Unified CMグループ(Cisco Unified Communications Manager Group)]
  • [ローミング用デバイスプール(Roaming Device Pool)]
  • [ロケーション(Location)]
  • [リージョン(Region)]
  • [ネットワークロケール(Network Locale)]
  • [AARグループ(AAR Group)]
  • [AARコーリングサーチスペース(AAR Calling Search Space)]
  • [デバイスコーリングサーチスペース(Device Calling Search Space)]
  • [メディアリソースグループリスト(Media Resource Group List)]
  • [SRST]

設定の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド』の「デバイス モビリティ」を参照してください。

[オーナーのユーザID(Owner User ID)]

ドロップダウン リスト ボックスから、割り当てられている電話機のユーザのユーザ ID を選択します。 ユーザ ID は、このデバイスから発信されるすべてのコールの呼詳細レコード(CDR)に記録されます。

(注)     

エクステンション モビリティを使用する場合、このフィールドは設定しないでください。 エクステンション モビリティは、デバイス オーナーをサポートしません。

[モビリティユーザID(Mobility User ID)]

ドロップダウン リスト ボックスから、このデュアルモード フォンが割り当てられているユーザのユーザ ID を選択します。

(注)     

モビリティ ユーザ ID の設定は、デュアルモード フォンのモバイル コネクトとモバイル ボイス アクセスで使用されます。

(注)     

オーナーのユーザ ID とモバイル ユーザ ID は異なることがあります。

[プライマリPhone(Primary Phone)]

IP Communicator または Cisco Unified Personal Communicator などのアプリケーションに関連付ける物理的な電話機を選択します。 プライマリ Phoneを選択した場合、アプリケーションが使用するデバイス ライセンス ユニットは少なくなり、(プライマリ Phoneに対する)「付加」ライセンスと見なされます。 『Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド』の「ライセンス」を参照してください。

[信頼されたリレーポイントを使用(Use Trusted Relay Point)]

ドロップダウン リスト ボックスで、Cisco Unified CM が信頼されたリレー ポイント(TRP)のデバイスをこのメディア エンドポイントで挿入するかどうかについて、有効化または無効化を指定します。 次のいずれかの値を選択します。
  • [デフォルト(Default)]:この値を選択すると、デバイスでは、このデバイスに関連付けられた共通デバイス設定の [信頼されたリレーポイントを使用(Use Trusted Relay Point)] の設定値が使用されます。
  • [オフ(Off)]:この値を選択すると、このデバイスに対して TRP が使用不可になります。 この設定値は、このデバイスに関連付けられた共通デバイス設定の [信頼されたリレーポイントを使用(Use Trusted Relay Point)] の設定値よりも優先されます。
  • [オン(On)]:この値を選択すると、このデバイスに対して TRP が使用可能になります。 この設定値は、このデバイスに関連付けられた共通デバイス設定の [信頼されたリレーポイントを使用(Use Trusted Relay Point)] の設定値よりも優先されます。

信頼されたリレー ポイント(TRP)デバイスには、Trusted Relay Point というラベルの付いた MTP またはトランスコーダ デバイスが指定されます。

複数のリソースがエンドポイントに必要な場合(たとえばトランスコーダや RSVPAgent)、Cisco Unified CM は関連付けられたエンドポイント デバイスに最も近い TRP を選択します。

エンドポイントに TRP と MTP の両方が必要な場合、TRP は必須の MTP として使用されます。 コールの動作の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』の「Cisco Unified Communications Manager での TRP の挿入」を参照してください。

TRP と RSVPAgent の両方がエンドポイントに必要な場合、Cisco Unified CM はまず、TRP としても使用可能な RSVPAgent を検索します。

TRP とトランスコーダの両方がエンドポイントに必要な場合、Cisco Unified CM はまず、TRP としても指定可能なトランスコーダを検索します。

ネットワーク バーチャライゼーションと信頼されたリレー ポイントの詳細については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』の「メディア リソースの管理」の章の「信頼されたリレー ポイント」の項およびそのサブトピックを参照してください。

[常にプライム回線を使用する(Always Use Prime Line)]

ドロップダウン リスト ボックスから、次のオプションのいずれかを選択します。
  • [オフ(Off)]:電話機がアイドル状態になっているときにいずれかの回線でコールを受信すると、電話機のユーザは、コールを受信した回線からコールに応答します。
  • [オン(On)]:電話機がアイドル状態(オフ フック)になっているときにいずれかの回線でコールを受信すると、このコールにはプライマリ回線が選択されます。 他の回線のコールの呼び出し音は鳴り続けます。電話機のユーザは、他の回線を選択してこれらのコールに応答する必要があります。
  • [デフォルト(Default)]:Cisco Unified Communications Manager は Cisco CallManager サービスをサポートする Always Use Prime Line サービス パラメータの設定を使用します。

[ボイスメッセージには常にプライム回線を使用する(Always Use Prime Line for Voice Message)]

ドロップダウン リスト ボックスから、次のオプションのいずれかを選択します。
  • [オン(On)]:電話機がアイドル状態の場合に電話機のメッセージ ボタンを押すと、電話機のプライマリ回線がボイス メッセージを受信するアクティブな回線になります。
  • [オフ(Off)]:電話機がアイドル状態の場合、電話機のメッセージボタンを押すと、ボイス メッセージが設定されている回線からボイス メッセージ システムに自動的にダイヤルされます。 Cisco Unified CM は、ボイス メッセージが設定されている最初の回線を常に選択します。 ボイス メッセージが設定されている回線が存在しない場合に電話機のユーザがメッセージ ボタンを押すと、プライマリ回線が使用されます。
  • [デフォルト(Default)]:Cisco Unified CM は、Cisco CallManager サービスをサポートする Always Use Prime Line for Voice Message サービス パラメータの設定を使用します。

[発呼側トランスフォーメーションCSS(Calling Party Transformation CSS)]

この設定により、デバイスの発信側の番号をローカライズできるようになります。 選択する発呼側トランスフォーメーション CSS に、このデバイスに割り当てる発呼側トランスフォーメーション パターンが含まれていることを確認してください。

ヒント   

デバイスは、コールが発生する前に、番号分析を使用してトランスフォーメーションを適用する必要があります。 [発呼側トランスフォーメーションCSS(Calling Party Transformation CSS)] を [なし(None)] に設定すると、トランスフォーメーションの照合と適用は行われません。 [発呼側トランスフォーメーションパターン(Calling Party Transformation Pattern)] は、必ず、ルーティングに使用されない非ヌル パーティションに設定してください。

[位置情報(Geolocation)]

ドロップダウン リスト ボックスで、位置情報を選択します。

このデバイスが位置情報に関連付けられていないことを示す、未指定の位置情報を選択できます。

[システム(System)] > [位置情報の設定(Geolocation Configuration)] メニュー オプションで設定された位置情報を選択することもできます。

[プレゼンテーションインジケータを無視(内線コールのみ)(Ignore Presentation Indicators (Internal Calls Only))]

コールごとにコール表示制限を設定するには、このチェックボックスをオンにします。 このチェックボックスをオンにすると、Cisco Unified CM は内部コールとして受信されるすべての表示制限を無視します。

この設定は、トランスレーション パターンレベルで発呼者回線 ID の表示と接続側回線 ID の表示の設定を組み合わせて使用してください。 また、これらの設定値では、コール表示制限を設定して、各コールに対して発呼者の回線または接続先の回線の表示情報を選択的に表示またはブロックできます。

[CTIからのデバイスの制御を許可(Allow Control of Device from CTI)]

CTI からこのデバイスを制御および監視できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

関連付けられた電話番号が共有回線を指定している場合、関連付けられたデバイスの少なくとも 1 つが、CTI でサポートされるデバイス タイプおよびプロトコルの組み合わせを指定しているときは、チェックボックスをオンにする必要があります。

[ハントグループにログイン(Logged Into Hunt Group)]

このチェックボックスは、デフォルトですべての電話機に対してオンになり、電話機が現在ハント リスト(グループ)にログインしていることを示します。 電話機がハント リストに追加されたときに、管理者はこのチェックボックスをオン(オフ)にすることにより、ユーザをログインまたはログアウトさせることができます。

ユーザは電話機のソフトキーを使用して、その電話機をハント リストにログインさせたり、ハント リストからログアウトさせたりします。

[リモートデバイス(Remote Device)]

リモート サイトへの SCCP パイプで接続時間が遅延している場合は、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの [リモートデバイス(Remote Device)] チェックボックスをオンにします。 このチェックボックスをオンにすると、Cisco Unified CM では、登録時に電話デバイスにバッファを割り当て、電話機に SCCP メッセージを組み込みます。

ヒント   

この機能はリソースを消費するので、SCCP を実行する電話機でシグナリング遅延が発生する場合にのみ、このチェックボックスをオンにしてください。 このオプションは、ほとんどのユーザには必要ありません。

Cisco Unified CM は、ステーション バッファがいっぱいになったとき、メディア関連メッセージの受信直後、または Bundle Outbound SCCP Messages Timer が時間切れになったときに、組み込まれたメッセージを電話機に送信します。

Bundle Outbound SCCP Messages Timer に対してデフォルト設定(100 ミリ秒)以外の設定を指定するには、Cisco CallManager サービスの [サービスパラメータ設定(Service Parameters Configuration)] ウィンドウで新しい値を設定します。 100 ミリ秒が推奨設定ですが、15 ~ 500 ミリ秒を入力することができます。

このオプションを使用するには、電話機が SCCP バージョン 9 をサポートしている必要があります。 Cisco Unified IP Phone 7935/7936 は、SCCP メッセージ最適化をサポートしていません。 この機能を使用するには、更新後に電話機のリセットが必要になる場合があります。

[オフプレミスロケーションを要求(Require off-premise location)]

[コールルーティング情報(Call Routing Information)]

[インバウンド/アウトバウンド コール情報(Inbound/Outbound Calls Information)]

[発呼側トランスフォーメーションCSS(Calling Party Transformation CSS)]

この設定により、デバイスの発信側の番号をローカライズできるようになります。 選択する発呼側トランスフォーメーション CSS に、このデバイスに割り当てる発呼側トランスフォーメーション パターンが含まれていることを確認してください。

[デバイスプールの発呼側トランスフォーメーションCSSを使用(Use Device Pool Calling Party Transformation CSS)]

デバイスに割り当てられているデバイス プールで設定された発呼側トランスフォーメーション CSS を使用するには、このチェックボックスをオンにします。 このチェックボックスをオフにした場合、デバイスでは、[トランクの設定(Trunk Configuration)] ウィンドウで設定した [発呼側トランスフォーメーションCSS(Calling Party Transformation CSS)] が使用されます。

[プロトコル固有情報(Protocol Specific Information)]

 

[パケットキャプチャモード(Packet Capture Mode)]

暗号化のトラブルシューティング専用の設定。パケット キャプチャリングは、高い CPU 使用率およびコール処理中断を引き起こす場合があります。 ドロップダウン リスト ボックスから、次のオプションのいずれかを選択します。
  • [なし(None)]:このオプション(デフォルト設定)は、パケット キャプチャリングが行われないことを示します。 パケット キャプチャリングが完了したら、この値に設定してください。
  • [バッチ処理モード(Batch Processing Mode)]:Cisco Unified CM が復号化されたメッセージまたは暗号化されていないメッセージをファイルに書き込み、システムが各ファイルを暗号化します。 システムは毎日、新しい暗号キーを持つ新しいファイルを作成します。 Cisco Unified CM は、ファイルを 7 日間保存し、また安全な場所でファイルを暗号化するキーも保存します。 Cisco Unified CM は、ファイルを PktCap 仮想ディレクトリに保存します。 単一のファイルには、タイム スタンプ、送信元 IP アドレス、送信元 IP ポート、宛先 IP アドレス、パケット プロトコル、メッセージ長、およびメッセージが含まれます。 TAC デバッグ ツールは、HTTPS、管理者のユーザ名とパスワード、および指定日を使用して、キャプチャされたパケットを含む単一の暗号化されたファイルを要求します。 さらにキー情報も要求し、暗号化されたファイルを復号化します。

パケット キャプチャリングの詳細については、『Troubleshooting Guide for Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

[パケットキャプチャ時間(Packet Capture Duration)]

暗号化のトラブルシューティング専用の設定。パケット キャプチャリングは、高い CPU 使用率およびコール処理中断を引き起こす場合があります。

このフィールドには、パケット キャプチャリングの 1 つのセッションに割り当てる最大分数を指定します。 デフォルト設定は 0 です。ただし、0 ~ 300 分の範囲で指定できます。

パケット キャプチャリングを開始するには、このフィールドに 0 以外の値を入力します。 パケット キャプチャリングの完了後、0 が表示されます。

パケット キャプチャリングの詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Troubleshooting Guide』を参照してください。

[プレゼンスグループ(Presence Group)]

このフィールドには、プレゼンス機能を設定します。

(注)     

このアプリケーション ユーザをプレゼンスで使用しない場合は、プレゼンス グループをデフォルト設定([なし(None)])のままにします。

ドロップダウン リスト ボックスから、アプリケーション ユーザ用のプレゼンス グループを選択します。 選択したグループによって、アプリケーション ユーザ(IPMASysUser など)が監視できる対象が指定されます。

[SIPダイヤルルール(SIP Dial Rules)]

必要に応じて、適切な SIP ダイヤル ルールを選択します。 SIP ダイヤル ルールは、Cisco Unified IP Phone 7905、7912、7940、7960 のローカル ダイヤル プランを提供するため、ユーザは、コールが処理される前に、キーを押したり、タイマーを待機したりする必要はありません。

SIP を実行している IP Phone にダイヤル ルールを適用しない場合は、[SIPダイヤルルール(SIP Dial Rules)] フィールドの設定を [<なし>(<None>)] のままにします。 この場合、コールを処理するには、ユーザが [ダイヤル] ソフトキーを使用するか、タイマーが期限切れになるまで待つ必要があります。

[MTP優先発信コーデック(MTP Preferred Originating Codec)]

ドロップダウン リスト ボックスから、SIP コールにメディア ターミネーション ポイントが必要となる場合に使用するコーデックを選択します。

[デバイスセキュリティプロファイル(Device Security Profile)]

デバイスに適用するセキュリティ プロファイルを選択します。

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで設定されるすべての電話機にセキュリティ プロファイルを適用する必要があります。 Cisco Unified Communications Manager をインストールすると、事前に定義された、非セキュアな自動登録用のプロファイル セットが提供されます。 電話機のセキュリティ機能を使用可能にするには、デバイス タイプとプロトコルに対応した新しいセキュリティ プロファイルを設定して電話機に適用する必要があります。 電話機がセキュリティをサポートしていない場合は、非セキュア プロファイルを選択します。

プロファイルに含まれている設定値を確認するには、[システム(System)] > [セキュリティプロファイル(Security Profile)] > [電話セキュリティプロファイル(Phone Security Profile)] を選択します。

(注)     

プロファイルに含まれている Certificate Authority Proxy Function(CAPF)設定は、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウに表示される CAPF 設定に関連しています。 製造元でインストールされる証明書(MIC)またはローカルで有効な証明書(LSC)に関連する証明書操作の CAPF 設定値を指定する必要があります。 [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで更新した CAPF 設定値がセキュリティ プロファイルの CAPF 設定値に与える影響の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド』を参照してください。

[再ルーティング用コーリングサーチスペース(Rerouting Calling Search Space)]

ドロップダウン リスト ボックスから、再ルーティングに使用するコーリング サーチ スペースを選択します。

参照側の再ルーティング用コーリング サーチ スペースが、参照先へのルートの検索に使用されます。 再ルーティング用コーリング サーチ スペースが原因で参照が失敗すると、参照プリミティブは「405 Method Not Allowed」メッセージによって要求を拒否します。

リダイレクション(3xx)プリミティブおよび転送機能でも、リダイレクト先または転送先を検索するときに、再ルーティング用コーリング サーチ スペースが使用されます。

[SUBSCRIBEコーリングサーチスペース(SUBSCRIBE Calling Search Space)]

プレゼンス機能でサポートされている SUBSCRIBE コーリング サーチ スペースによって、Cisco Unified Communications Manager がエンド ユーザからのプレゼンス要求をルーティングする方法が決まります。 この設定により、エンド ユーザのプレゼンス(SUBSCRIBE)要求に対して、コール処理サーチ スペースとは別のコーリング サーチ スペースを適用できます。

ドロップダウン リスト ボックスから、エンド ユーザのプレゼンス要求に使用する SUBSCRIBE コーリング サーチ スペースを選択します。 Cisco Unified Communications Manager の管理ページで設定するすべてのコーリング サーチ スペースが [SUBSCRIBEコーリングサーチスペース(SUBSCRIBE Calling Search Space)] ドロップダウン リスト ボックスに表示されます。

ドロップダウン リストからエンド ユーザ用の別のコーリング サーチ スペースを選択しない場合、SUBSCRIBE コーリング サーチ スペースは、デフォルトで [なし(None)] に設定されます。

この用途専用の SUBSCRIBE コーリング サーチ スペースを設定するには、すべてのコーリング サーチ スペースと同じようにコーリング サーチ スペースを設定します。

[SIPプロファイル(SIP Profile)]

デフォルトの SIP プロファイルまたは以前に作成された特定のプロファイルを選択します。 SIP プロファイルには、登録タイマーとキープアライブ タイマー、メディア ポート、およびサイレント コントロールなど、電話機に関する特定の SIP 情報が含まれています。

[ダイジェストユーザ(Digest User)]

ダイジェスト認証(SIP セキュリティ)で使用される設定のために、電話機に関連付けるエンド ユーザを選択します。

選択したユーザのダイジェスト信用証明書を設定したことを確認します([エンドユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウを参照)。

ダイジェスト認証の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド』を参照してください。

[メディアターミネーションポイントが必須(Media Termination Point Required)]

このフィールドでは、H.323 がサポートしない機能(たとえば、保留や転送)を実装するために、メディア ターミネーション ポイントを使用するかどうかを指定します。

機能を実装するために MTP を使用する場合は、[メディアターミネーションポイントが必須(Media Termination Point Required)] チェックボックスをオンにします。 機能を実装するときに MTP を使用しない場合は、[メディアターミネーションポイントが必須(Media Termination Point Required)] チェックボックスをオフにします。

このチェックボックスは、H.323 クライアント、および H.245 Empty Capabilities Set をサポートしていない H.323 デバイスだけに使用してください。または、メディア ストリーミングを 1 つのソースで終了させる場合に使用してください。

MTP を使用するためにこのチェックボックスをオンにして、このデバイスがビデオ コールのエンドポイントになっている場合、そのコールは必ずオーディオになります。

[不在ポート(Unattended Port)]

このデバイス上の不在ポートを示すには、このチェックボックスをオンにします。

[DTMF受信が必要(Require DTMF Reception)]

SIP および SCCP を実行している電話機の場合、この電話機に DTMF 受信が必要なときは、このチェックボックスをオンにします。

(注)     

Cisco Unified Mobility 機能の設定で、SIP トランク(クラスタ間トランク(ICT)またはゲートウェイ)経由で IP 電話のリモートの宛先としてクラスタ間 DN を使用する場合、エンタープライズ機能アクセス ミッドコール機能に重要な、DTMF ディジットをアウト オブ バンドで受信できるように、このチェックボックスをオンにします。

[CAPFの情報(Certification Authority Proxy Function (CAPF) Information)]

[証明書の操作(Certificate Operation)]

ドロップダウン リスト ボックスから、次のオプションのいずれかを選択します。
  • [保留中の操作なし(No Pending Operation)]:認証操作が行われない時間を表示します(デフォルト設定)。
  • [インストール/アップグレード(Install/Upgrade)]:電話機にローカルで有効な証明書を新しくインストールするか、あるいは既存の証明書をアップグレードします。
  • [削除(Delete)]:電話機に存在するローカルで有効な証明書を削除します。
  • [トラブルシューティング(Troubleshoot)]:ローカルで有効な証明書(LSC)または製造元でインストールされる証明書(MIC)を元に戻して、CAPF トレース ファイルの認証証明書を表示できるようにします。 電話機に両方の種類の証明書が存在する場合、Cisco Unified CM は証明書の種類ごとに 1 つずつ、2 つのトレース ファイルを作成します。

[トラブルシューティング(Troubleshoot)] オプションを選択すると、電話機に存在する LSC または MIC を確認できます。

CAPF 操作の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド』を参照してください。

[認証モード(Authentication Mode)]

このフィールドでは、CAPF 証明書の処理中に電話機が使用する認証方法を選択できます。

ドロップダウン リスト ボックスから、次のオプションのいずれかを選択します。
  • [認証ストリング(By Authentication String)]:ユーザが電話機で CAPF 認証文字列を入力した場合に限り、ローカルで有効な証明書をインストール、更新、削除、またはトラブルシューティングします。
  • [Nullストリング(By Null String)]:ユーザが介入することなく、ローカルで有効な証明書をインストール、アップグレード、削除、またはトラブルシューティングします。 このオプションは、セキュリティを提供しません。このオプションは、閉じた安全な環境だけで選択することを強くお勧めします。
  • [既存の証明書(LSCを優先)(By Existing Certificate (precedence to LSC))]:製造元でインストールされる証明書(MIC)またはローカルで有効な証明書(LSC)が電話機に存在する場合、ローカルで有効な証明書をインストール、アップグレード、削除、またはトラブルシューティングします。 LSC が電話機に存在する場合は、MIC が電話機に存在するかどうかにかかわらず、LSC を通じて認証が実行されます。 MIC および LSC が電話機に存在する場合、認証は LSC を通じて実行されます。 LSC が電話機に存在せず、MIC が存在する場合、認証は MIC を通じて実行されます。 このオプションを選択する前に、電話機に証明書が存在することを確認してください。 このオプションを選択し、電話機に証明書が存在しない場合、処理は失敗します。 MIC と LSC が電話機に同時に存在する場合でも、電話機は常に 1 つの証明書だけを使用して CAPF に対して認証します。 何らかの原因により優先されるプライマリ証明書の信頼性が低下した場合、または他の証明書を通じて認証する場合は、認証モードを更新する必要があります。
  • [既存の証明書(MICを優先)(By Existing Certificate (precedence to MIC))]:MICまたはLSCが電話機に存在する場合、ローカルで有効な証明書をインストール、アップグレード、削除、またはトラブルシューティングします。 MIC が電話機に存在する場合は、LSC が電話機に存在するかどうかにかかわらず、MIC を通じて認証が実行されます。 LSC が電話機に存在し、MIC が存在しない場合、認証は LSC を通じて実行されます。 このオプションを選択する前に、電話機に証明書が存在することを確認してください。 このオプションを選択し、電話機に証明書が存在しない場合、処理は失敗します。
    (注)     

    [電話セキュリティプロファイル(Phone Security Profile)] ウィンドウで設定される CAPF 設定値は、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで設定される CAPF パラメータと相互に関係があります。

[認証文字列(Authentication String)]

[認証モード(Authentication Mode)] ドロップダウン リスト ボックスで [認証ストリング(By Authentication String)] オプションを選択した場合に、このフィールドが適用されます。 文字列を手動で入力するか、あるいは [文字列を生成(Generate String)] ボタンをクリックして文字列を生成します。 文字列が 4 ~ 10 桁であることを確認してください。

ローカルで有効な証明書をインストール、アップグレード、削除、またはトラブルシューティングするには、電話機のユーザまたは管理者が電話機に認証文字列を入力する必要があります。

[キーサイズ(Key Size、ビット)]

CAPF で使用されるこの設定では、ドロップダウン リスト ボックスから認証のキー サイズを選択します。 デフォルト設定は 1024 です。 その他のオプションには 512 と 2048 があります。

デフォルトの設定よりも大きいキー サイズを選択した場合、キーの生成に必要なエントロピーを生成するために長い時間がかかります。 キー生成の優先順位を低く設定すると、処理中に電話機を動作させることができます。 電話機のモデルによっては、キー生成が完了するまでに 30 分以上かかることがあります。

(注)     

[電話セキュリティプロファイル(Phone Security Profile)] ウィンドウで設定される CAPF 設定値は、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで設定される CAPF パラメータと相互に関係があります。

[操作の完了期限(Operation Completes By)]

このフィールドは、[証明書の操作(Certificate Operation)] の [インストール/アップグレード(Install/Upgrade)]、[削除(Delete)]、および [トラブルシューティング(Troubleshoot)] オプションをサポートし、操作を完了させる日付および時刻を指定します。

表示される値はパブリッシャ データベース サーバ用です。

[証明書の操作ステータス(Certificate Operation Status)]

このフィールドは、認証操作の進行状況を表示します。たとえば、「<[操作タイプ(operation type)]> [待機中(pending)]、[失敗(failed)]、または [成功(successful)] です。ここで、操作タイプは [証明書の操作(Certificate Operation)] の [インストール/アップグレード(Install/Upgrade)]、[削除(Delete)]、または [トラブルシューティング(Troubleshoot)] オプションを表します。 このフィールドに表示される情報は変更できません。

[エクステンションモビリティの有効化(Enable Extension Mobility)]

[エクステンションモビリティの有効化(Enable Extension Mobility)]

この電話機でエクステンション モビリティをサポートする場合は、このチェックボックスをオンにします。

[ログアウトプロファイル(Log Out Profile)]

このドロップダウン リスト ボックスでは、Cisco Extension Mobility を使用してデバイスにログインしているユーザがいない場合に、デバイスが使用するデバイス プロファイルを指定します。 [現在のデバイス設定を使用(Use Current Device Settings)] またはリストされる特定の設定プロファイルのいずれかを選択できます。

特定の設定プロファイルを選択した場合、デバイスとログイン プロファイルの間のマッピングは、ユーザのログアウト後も保持されます。 [現在のデバイス設定を使用(Use Current Device Settings)] を選択した場合、マッピングは保持されません。

[ログイン時刻(Log in Time)]

このフィールドは、ユーザがログインするまでブランクのままです。 ユーザが Cisco Extension Mobility を使用してデバイスにログインすると、ユーザのログイン時刻がこのフィールドに表示されます。

ログアウト時刻(Log Out Time)

このフィールドは、ユーザがログインするまでブランクのままです。 ユーザが Cisco Extension Mobility を使用してデバイスにログインすると、システムがユーザをログアウトする予定時刻がこのフィールドに表示されます。

[MLPP情報(MLPP Information)]

[MLPPドメイン(MLPP Domain)]

このデバイスに関連付けられた MLPP ドメインのドロップダウン リスト ボックスから MLPP ドメインを選択します。 値を [なし(None)] のままにすると、このデバイスの MLPP ドメインは、このデバイスのデバイス プールに設定された値から継承されます。 デバイス プールに MLPP ドメインの設定がない場合、このデバイスの MLPP ドメインは、MLPP Domain Identifier エンタープライズ パラメータに設定された値から継承されます。

[サイレント(Do Not Disturb)]

[サイレント(Do Not Disturb)]

リモート デバイスでサイレントを有効にするには、このチェックボックスをオンにします。

[DNDオプション(DND Option)]

電話機で DND を有効にすると、Ringer Off パラメータで呼び出し音はオフになりますが、着信コールの情報がデバイスに表示されるため、ユーザはコールを受信することが可能です。

プロダクト固有の設定レイアウト情報

[ビデオ機能(Video Capabilities)]

有効になっている場合、デバイスがビデオ コールに参加することを示します。

デフォルト:[有効(Enabled)]