Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
Cisco ボイスメール パイロットの設定
Cisco ボイスメール パイロットの設定
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

Cisco ボイスメール パイロットの設定

この章では、ボイスメール パイロットの設定情報について説明します。

詳細については、Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』Cisco Unified Communications Manager へのボイスメールの接続性に関するトピック、および Cisco Unity および Cisco Unity の接続に関するトピックを参照してください。

ボイスメール パイロットの設定の概要

Cisco Unified Communications Manager の管理ページ[拡張機能(Advanced Features)] > [ボイスメール(Voice Mail)] > [ボイスメール パイロット(Voice Mail Pilot)] メニュー パスを使用して、ボイスメール パイロットを設定します。

ボイスメール パイロット番号は、ユーザが本人のボイスメッセージにアクセスするときにダイヤルする電話番号を指定します。 Cisco Unified Communications Manager は、ユーザが電話機のメッセージ ボタンを押すと自動的にこのボイスメッセージ番号にダイヤルします。 各ボイスメール パイロット番号は、異なったボイスメッセージ システムに属することができます。

ボイスメール パイロット番号の削除

ボイスメール パイロット番号を削除する手順は、次のとおりです。 デフォルトまたは [ボイスメールなし(No Voice Mail)] のプロファイル番号は、削除できません。


(注)  


デフォルトまたは [ボイスメールなし(No Voice Mail)] のパイロット番号を選択した場合、[削除(Delete)] ボタンは表示されません。


ボイスメール プロファイルが使用するボイスメール パイロット番号は、削除できません。 ボイスメール パイロットを使用しているボイスメール プロファイルを検索するには、[ボイスメールパイロットの設定(Voice Mail Pilot Configuration)] ウィンドウの [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスから [依存関係レコード(Dependency Records)] を選択し、[移動(Go)] をクリックします。 依存関係レコードがシステムで使用できない場合は、[依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)] ウィンドウにメッセージが表示されます。 使用中のボイスメール パイロットを削除しようとすると、Cisco Unified Communications Manager からメッセージが表示されます。 現在使用されているボイスメール パイロットを削除する場合は、事前に、次の作業のどちらか一方または両方を実行しておく必要があります。

  • 削除するボイスメール パイロットを使用しているボイスメール プロファイルすべてに、別のボイスメール パイロットを割り当てます。
  • 削除するボイスメール パイロットを使用しているボイスメール プロファイルを削除します。

ボイスメール プロファイルがこのボイスメール パイロット番号を使用している場合は、このボイスメール パイロット番号を使用しているボイスメール プロファイルの数を示すメッセージが表示されます。

ボイスメール パイロットの設定値

以下の表では、ボイスメール パイロットの設定値について説明します。

表 1 ボイスメール パイロットの設定値

フィールド

説明

[ボイスメールパイロット番号(Voice Mail Pilot Number)]

ボイスメール パイロット番号を識別する番号を入力します。

使用できる文字は、数字(0 ~ 9)、プラス記号(+)、アスタリスク(*)、およびシャープ記号(#)です。

[コーリングサーチスペース(Calling Search Space)]

ドロップダウン リスト ボックスから、適切なコーリング サーチ スペースを選択します。 コーリング サーチ スペースは、このパイロット番号からコールされる番号を見つけるために検索されるパーティションの集合から構成されます。

Max List Box Items エンタープライズ パラメータを使用して、このドロップダウン リスト ボックスで表示するコーリング サーチ スペースの数を設定できます。 Max List Box Items エンタープライズ パラメータで指定した数よりも多くのコーリング サーチ スペースが存在する場合、ドロップダウン リスト ボックスの横に [検索(Find)] ボタンが表示されます。 [検索(Find)] ボタンをクリックして [コーリングサーチスペースの検索/一覧表示(Find and List Calling Search Space)] ウィンドウを表示し、コーリング サーチ スペース名を検索および選択します。

(注)     

リスト ボックス項目の最大数を設定するには、[システム(System)] > [エンタープライズパラメータ(Enterprise Parameters)] の順に選択し、[CCMAdmin Parameters] を選択します。

[説明(Description)]

パイロット番号の説明を記述します。 説明には、任意の言語で最大 50 文字を指定できますが、二重引用符(")、パーセント記号(%)、アンパサンド(&)、または山カッコ(<>)は使用できません。

[システムのデフォルトボイスメールパイロットに設定(Make this the default Voice Mail Pilot for the system)]

チェックボックスをオンにして、このパイロット番号をそのシステムのボイスメール パイロットのデフォルトにします。

(注)     

デフォルトに設定するボックスをオンにすると、このボイスメール パイロット番号は、現在のデフォルト パイロット番号を置き換えます。