Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
メッセージ受信の設定
メッセージ受信の設定
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

メッセージ受信の設定

この章では、メッセージ受信の設定情報について説明します。

詳細については、Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』Cisco Unified Communications Manager へのボイスメールの接続性に関するトピック、および Cisco Unity および Cisco Unity の接続に関するトピックを参照してください。

メッセージ受信の設定の概要

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[拡張機能(Advanced Features)] > [ボイスメール(Voice Mail)] > [メッセージ受信(Message Waiting)] メニュー オプションを使用して、メッセージ受信番号を設定します。

[メッセージ受信の設定(Message Waiting Configuration)] ウィンドウでは、メッセージ受信オン/オフの電話番号を定義できます。この電話番号は、ディレクトリ接続ベースのボイスメッセージ システムが、特定の Cisco Unified IP Phone のメッセージ受信のインジケータを設定するかクリアするかを決定するのに使用します。

メッセージ受信番号の設定のヒント

ボイスメッセージ システムでは、メッセージ受信インジケータを有効にするために、メッセージ受信のインジケータ オン/オフ電話番号だけが使用されます。 Cisco Unified Communications Manager は、コールの受信にメッセージ受信オン/オフ番号を使用しないため、表示、不在転送、話中転送、および無応答時転送のフィールドは使用されません。

メッセージ受信の設定値

以下の表では、メッセージ受信の設定値について説明します。

表 1 メッセージ受信の設定値

フィールド名

説明

[メッセージ受信番号(Message Waiting Number)]

Cisco Message Waiting の電話番号を入力します。 この番号が Cisco Unified Communications Manager で自動登録される番号の範囲内にないことを確認してください。

0 ~ 9、?、[、]、+、-、*、^、#、! を使用できます。

国際的なエスケープ文字を入力する場合は、番号の先頭に \+ を入力します。

[説明(Description)]

メッセージ受信の電話番号を説明する最大 50 文字の文字を入力します。 任意の文字("、<、>、&、および % を除く)を使用できます。

[メッセージ受信インジケータ(Message Waiting Indicator)]

[オン(On)] または [オフ(Off)] をクリックします。

[パーティション(Partition)]

パーティションが使用されている場合は、ドロップダウン リスト ボックスから適切なパーティションを選択します。 Message Waiting デバイスの電話番号へのアクセスを制限しない場合は、パーティションに [<なし>(<None>)] を選択します。

Max List Box Items エンタープライズ パラメータを使用すると、このドロップダウン リスト ボックスに表示されるパーティションの数を設定できます。 Max List Box Items エンタープライズ パラメータの指定よりも多くのパーティションが存在する場合は、このドロップダウン リスト ボックスの横に [検索(Find)] ボタンが表示されます。 [検索(Find)] ボタンをクリックすると、[パーティションの検索/一覧表示(Find and List Partitions)] ウィンドウが表示されるので、パーティション名を検索して選択します。

(注)     

リスト ボックス項目の最大数を設定するには、[システム(System)] > [エンタープライズパラメータ(Enterprise Parameters)] の順に選択し、[CCMAdmin Parameters] を選択します。

(注)      Message Waiting デバイスの電話番号とパーティションの組み合わせが、Cisco Unified Communications Manager クラスタ内で一意であることを確認してください。

[コーリングサーチスペース(Calling Search Space)]

パーティションとコーリング サーチ スペースが使用される場合、ドロップダウン リスト ボックスから、ランプをオンにするすべての電話機の電話番号(DN)のパーティションを含むコーリング サーチ スペースを選択します(電話機の DN に対して指定されるパーティションは、MWI デバイスが使用するコーリング サーチ スペース内になければなりません)。

Max List Box Items エンタープライズ パラメータを使用して、このドロップダウン リスト ボックスで表示するコーリング サーチ スペースの数を設定できます。 Max List Box Items エンタープライズ パラメータで指定した数よりも多くのコーリング サーチ スペースが存在する場合、ドロップダウン リスト ボックスの横に [検索(Find)] ボタンが表示されます。 [検索(Find)] ボタンをクリックして、[コーリングサーチスペースの検索/一覧表示(Find and List Calling Search Spaces)] ウィンドウを表示します。 コーリング サーチ スペース名を検索し、選択します(コーリング サーチ スペースの設定の概要を参照)。

(注)     

リスト ボックス項目の最大数を設定するには、[システム(System)] > [エンタープライズパラメータ(Enterprise Parameters)] の順に選択し、[CCMAdmin Parameters] を選択します。