Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
ロケーションの設定
ロケーションの設定
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

ロケーションの設定

この章では、Cisco Unified Communications Manager の管理ページを使用したロケーションの設定とロケーションの帯域幅の再同期化の設定について説明します。

ロケーションの設定の概要

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[システム(System)] > [ロケーション情報(Location Info)] メニュー パスを使用して、ロケーションを設定します。

ロケーションは、コール アドミッション制御を中央集中型コール処理システムに実装する際に使用します。 コール アドミッション制御では、ロケーション間のリンクを経由する際にオーディオ コールとビデオ コールで使用できる帯域幅を制限することにより、オーディオ品質とビデオのアベイラビリティを調整できます。 詳細については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』のコール アドミッション制御に関連するトピックを参照してください。


(注)  


コール アドミッション制御を使用して IP WAN リンク上のオーディオ帯域幅またはビデオ帯域幅を制限しない場合、コール数の制限がなくなり、そのリンク上でコールが同時にアクティブになる可能性があります。 この状態が発生すると、そのリンクがオーバーサブスクライブになるため、各オーディオ コールのオーディオ品質と、各ビデオ コールのビデオ品質が低下する場合があります。



ヒント


ロケーションと位置情報を混同しないでください。 ロケーション([システム(System)] > [ロケーション情報(Location Info)] メニュー オプションを使用して設定)では、集中型コール処理システムでコールアドミッション制御(CAC)を行うために使用されるエンティティを定義できます。 位置情報([システム(System)] > [位置情報の設定(Geolocation Configuration)] メニュー オプションを使用して設定)では、論理パーティションなどの機能用に Cisco Unified Communications Manager デバイスを関連付けるために使用する地理的ロケーションを指定できます。


中央集中型コール処理システムでは、1 つの Cisco Unified Communications Manager クラスタが、IP テレフォニー ネットワーク上のすべてのロケーションにコール処理を提供します。 その Cisco Unified Communications Manager クラスタは、通常、電話機やゲートウェイなどの他のデバイスとともに、メイン(つまり中央)ロケーションに置かれています。 リモート ロケーションには追加のデバイスが含まれますが、Cisco Unified Communications Manager は含まれません。 IP WAN リンクが、リモート ロケーションとメイン ロケーションとを接続します。

Cisco Unified Communications Manager では、最大 2000 のロケーションがサポートされます。 次の制限と制約が適用されます。

  • RSVP ポリシーについては、できるだけ多くのロケーションを [システムデフォルトの使用(Use System Default)] に設定してください。
  • この拡張機能を使用するには、Media Convergence Server(MCS)7845H1 以降のサーバが必要です。
  • 最新のリリースについては、『Cisco Unified Communications Solution Reference Network Design (SRND)』の「IP Video Telephony」の章にある「Administration Considerations」の項の「Regions」というサブトピックを参照してください。ここでは、リージョンおよびロケーションにビデオ帯域幅を設定する方法の推奨事項が記載されています。これらの推奨事項に従うことで、ビデオ コールのビデオ部分を成功させ、ビデオ コールが拒否されたり、オーディオ専用コールとして設定されたりしないようにできます。

拡張ロケーション コール アドミッション制御

拡張ロケーション コール アドミッション制御(CAC)機能は、複層トポロジおよびマルチホップ トポロジを含むより複雑なネットワークをサポートするように、ロケーション CAC メカニズムを向上させています。 この機能は、1 つのクラスタ内、および複数のクラスタ間のロケーション CAC をサポートし、エンドツーエンドで帯域幅の削減を行います。 この CAC 機能の拡張により、帯域幅の管理に対するより柔軟で動的なシステムが実現します。

拡張ロケーション CAC 機能は、ロケーション帯域幅マネージャ(LBM)サービスによって提供されます。 LBM サービスは、Unified Communication Manager(Unified CM)サーバのすべてのノードまはた選択したノード上で実行するよう設定できます。 詳細については、『Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド』の「拡張ロケーション コール アドミッション制御」の章を参照してください。

ロケーションの削除

デバイスが割り当てられたロケーションは削除できません。 ロケーションを使用しているデバイスを検索するには、[ロケーションの設定(Location Configuration)] ウィンドウの [関連リンク(Related Links)] にある [依存関係レコード(Dependency Records)] をクリックし、[移動(Go)] をクリックします。 依存関係レコードがシステムで使用できない場合は、[依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)] ウィンドウにメッセージが表示されます。 使用中のロケーションを削除しようとすると、Cisco Unified Communications Manager によってメッセージが表示されます。 現在使用されているロケーションを削除する場合は、事前に、次の作業のどちらか一方または両方を実行しておく必要があります。

  • デバイスを更新して、別のロケーションに割り当てます。
  • 削除するロケーションに割り当てられているデバイスを削除します。

(注)  


ロケーションを削除すると、そのロケーションに接続されているリンクに帯域幅が無制限に割り当てられ、それらのリンク上のコール数も制限がなくなります。 このためロケーションを削除すると、リンク上のオーディオ品質が低下する原因になります。


ロケーションの設定値

次の表に、ロケーションの設定値を示します。

表 1 ロケーションの設定値

フィールド

説明

[ロケーション情報(Location Information)]

[名前(Name)]

作成する新規ロケーションの名前を入力します。

これらのシステム ロケーションは、次のように事前定義されています。

  • [Hub_None]:ロケーションを [Hub_None] に設定すると、無制限にオーディオ帯域幅およびビデオ帯域幅を指定することになります。 [Hub_None] ロケーションに関連付けられたデバイスは、無制限の発着信アクティブ コール数が許可されます。 他のロケーションに割り当てられていないデバイスは、デフォルトで [Hub_None] に割り当てられます。
(注)     

デバイス内のロケーションに [Hub_None] が設定されている場合は、デバイス プールに設定されているロケーションが、デバイスに設定されているロケーションよりも優先されます。 デバイスのロケーションにこれ以外のユーザ定義のロケーションが設定されている場合は、通常のルールが適用されて、デバイス パラメータが優先されます。

  • [Phantom]:ロケーションを [Phantom] に設定すると、オーディオ帯域幅、ビデオ帯域幅、およびイマーシブ ビデオ帯域幅を無制限に指定することになります。 H.323 プロトコルまたは SIP トランクを使用するクラスタ間トランクをまたいだ、以前のロケーション CAC 機能をサポートする特定の接続先へのコールに対して、コール アドミッション制御を正常に実行できるロケーションを指定します。
(注)     

[Hub_None] と [Phantom] のいずれのロケーションでも、関連する RSVP ポリシー設定値を設定できます。

  • [シャドウ(Shadow)]:[シャドウ(Shadow)] は、クラスタ間拡張ロケーション CAC に対して作成されたシステム ロケーションです。 クラスタ間でロケーション情報を渡すには、SIP ICT をシステム ロケーション [シャドウ(Shadow)] に割り当てる必要があります。

[Links - このロケーションと他のロケーション間の帯域幅(Links - Bandwidth Between This Location and Adjacent Locations)]

[ロケーション(Location)]

リストからロケーションを選択します。

[重み付け値(Weight)]

ロケーション ペアの間の有効パスを作成するときに、このリンクの相対的な優先度を入力します。 有効パスは、指定可能なすべてのパスの累積重み付け値の最小値を持ちます。 有効な値は、0 ~ 100 です。

[オーディオ帯域幅(Audio Bandwidth)]

このロケーションと他のロケーション間のリンク上ですべてのオーディオ コールに使用可能なオーディオ帯域幅の最大値(kb/s 単位)を入力します。 オーディオ コールの場合、オーディオ帯域幅はオーバーヘッドを含みます。 次のいずれかを選択します。

  • 無制限の帯域幅:[無制限(Unlimited)] オプション ボタンをクリックします。
  • 指定の帯域幅:[kb/s] ボックスの横にあるオプション ボタンをクリックし、既定の帯域幅を入力して、帯域幅を指定します。 有効値は 1 ~ 2147483647 です。

ロケーションの帯域幅の計算だけのために、各コール ストリームは次の帯域幅を使用するものと想定します。

  • G.711 コールは 80 kb/s を使用します。
  • G.722 コールは 80 kb/s を使用します。
  • G.723 コールは 24 kb/s を使用します。
  • G.728 コールは 16 kb/s を使用します。
  • G.729 コールは 24 kb/s を使用します。
  • GSM コールは 29 kb/s を使用します。
  • ワイドバンド コールは 272 kb/s を使用します。
(注)     

オーディオ品質を向上させるには、帯域幅設定値を下げて、このリンク上で許可されるアクティブ コール数を減らします。

[ビデオコール情報(Video Calls Information)]

[ビデオ帯域幅(Video Bandwidth)]

このロケーションと他のロケーション間のリンク上ですべてのビデオ コールに使用可能なビデオ帯域幅の最大値(kb/s 単位)を入力します。 ビデオ コールの場合、ビデオ帯域幅はオーバーヘッドを含みません。 次のいずれかのオプションを選択します。

  • なし:ビデオ コールをこのロケーションと他のロケーション間で使用できません。
  • 指定の帯域幅:[kb/s] ボックスの横にあるオプション ボタンをクリックし、既定のビデオ帯域幅を入力して、ビデオ帯域幅を指定します。 デフォルト値は 384 kb/s です。
  • 無制限の帯域幅:[無制限(Unlimited)] オプション ボタンをクリックします。

[イマーシブビデオの情報(Immersive Video Information)]

[イマーシブビデオ(Immersive Video)]

このロケーション内のリンク上ですべてのイマーシブ ビデオ コールに使用可能なイマーシブ ビデオ帯域幅の最大値(kb/s 単位)を入力します。 ビデオ コールの場合、イマーシブ ビデオ帯域幅はオーバーヘッドを含みません。 次のいずれかのオプションを選択します。

  • なし:イマーシブ ビデオ コールをこのロケーションと他のロケーション間で使用できません。 ただし、このロケーション内でイマーシブ ビデオ コールを行うことができます。
  • 指定の帯域幅:[kb/s] ボックスの横にあるオプション ボタンをクリックし、既定のイマーシブ ビデオ帯域幅を入力して、イマーシブ ビデオ帯域幅を指定します。 デフォルト値は 384 kb/s です。
  • 無制限の帯域幅:[無制限(Unlimited)] オプション ボタンをクリックします。

[Intra-location - このロケーション内のデバイスの帯域幅(Intra-location - Bandwidth for Devices within This Location)]

[オーディオコール情報(Audio Calls Information)]

[オーディオ帯域幅(Audio Bandwidth)]

このロケーション内のリンク上ですべてのオーディオ コールに使用可能なオーディオ帯域幅の最大値(kb/s 単位)を入力します。 オーディオ コールの場合、オーディオ帯域幅はオーバーヘッドを含みます。 次のいずれかを選択します。

  • 無制限の帯域幅:[無制限(Unlimited)] オプション ボタンをクリックします。
  • 指定の帯域幅:[kb/s] ボックスの横にあるオプション ボタンをクリックし、既定の帯域幅を入力して、帯域幅を指定します。 有効値は 1 ~ 2147483647 です。

ロケーションの帯域幅の計算だけのために、各コール ストリームは次の帯域幅を使用するものと想定します。

  • G.711 コールは 80 kb/s を使用します。
  • G.722 コールは 80 kb/s を使用します。
  • G.723 コールは 24 kb/s を使用します。
  • G.728 コールは 16 kb/s を使用します。
  • G.729 コールは 24 kb/s を使用します。
  • GSM コールは 29 kb/s を使用します。
  • ワイドバンド コールは 272 kb/s を使用します。

オーディオ品質を向上させるには、帯域幅設定値を下げて、このロケーション内で許可されるアクティブ コール数を減らします。

[ビデオコール情報(Video Calls Information)]

[ビデオ帯域幅(Video Bandwidth)]

このロケーションと他のロケーション間のリンク上ですべてのビデオ コールに使用可能なビデオ帯域幅の最大値(kb/s 単位)を入力します。 ビデオ コールの場合、ビデオ帯域幅はオーバーヘッドを含みません。 次のいずれかのオプションを選択します。

  • なし:ビデオ コールをこのロケーションと他のロケーション間で使用できません。
  • 指定の帯域幅:[kb/s] ボックスの横にあるオプション ボタンをクリックし、既定のビデオ帯域幅を入力して、ビデオ帯域幅を指定します。 デフォルト値は 384 kb/s です。
  • 無制限の帯域幅:[無制限(Unlimited)] オプション ボタンをクリックします。

[イマーシブビデオの情報(Immersive Video Information)]

[イマーシブビデオ(Immersive Video)]

このロケーション内のリンク上ですべてのイマーシブ ビデオ コールに使用可能なイマーシブ ビデオ帯域幅の最大値(kb/s 単位)を入力します。 ビデオ コールの場合、イマーシブ ビデオ帯域幅はオーバーヘッドを含みません。 次のいずれかのオプションを選択します。

  • なし:イマーシブ ビデオ コールをこのロケーションと他のロケーション間で使用できません。 ただし、このロケーション内でイマーシブ ビデオ コールを行うことができます。
  • 指定の帯域幅:[kb/s] ボックスの横にあるオプション ボタンをクリックし、既定のイマーシブ ビデオ帯域幅を入力して、イマーシブ ビデオ帯域幅を指定します。 デフォルト値は 384 kb/s です。
  • 無制限の帯域幅:[無制限(Unlimited)] オプション ボタンをクリックします。
[ロケーションRSVP設定(Location RSVP Settings)]

[ロケーション(Location)]

この読み取り専用フィールドには、ロケーション間の RSVP 設定値がシステムのデフォルト RSVP ポリシーのものから変更されているロケーションが表示されます。

[RSVP設定(RSVP Setting)]

この読み取り専用フィールドには、選択したロケーションと、左側の [ロケーション(Location)] 列にリストされているロケーションの間の RSVP ポリシー設定値が表示されます。

[他のロケーションの設定を変更(Modify Setting(s) to Other Locations)]

[ロケーション(Location)]

現在のロケーションと、このペインに表示されるロケーションの間の RSVP ポリシー設定値を変更するには、このペインでロケーションを選択します。

[RSVP設定(RSVP Setting)]

現在のロケーションと左側の [ロケーション(Location)] 列で選択したロケーションの間の RSVP ポリシー設定値を選択するには、RSVP 設定値をドロップダウン リスト ボックスから選択します。 次の設定値の中から選択してください。
  • [システムデフォルトの使用(Use System Default)]:このロケーション ペアの RSVP ポリシーを、クラスタ全体の RSVP ポリシーと同じものにします。 詳細については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』のクラスタ全体のデフォルトの RSVP ポリシーに関するトピックを参照してください。
  • [予約なし(No Reservation)]:どの 2 つのロケーション間においても、RSVP 予約は発生しません。
  • [オプション(ビデオが必要)(Optional (Video Desired))]:オーディオ ストリームとビデオ ストリームの予約をどちらも取得できなかった場合に、コールをオーディオのみのベストエフォート型コールとして配送できます。 RSVP エージェントは、引き続き RSVP 予約を試行し、予約が成功した場合は、Cisco Unified Communications Manager に通知します。
  • [必須(Mandatory)]:Cisco Unified Communications Manager は、オーディオ ストリームのための RSVP 予約が成功するまでは、着側デバイスの呼び出し音を鳴らしません。コールがビデオ コールである場合は、ビデオ ストリームについても同様です。
  • [必須(ビデオが必要)(Mandatory (Video Desired))]:ビデオ ストリームのための予約を取得できなかった場合に、ビデオ コールをオーディオのみのコールとして配送できます。

ロケーション帯域幅マネージャ グループ

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[システム(System)] > [ロケーション情報(Location Info)] > [ロケーション帯域幅マネージャグループ(Location Bandwidth Manager Group)] メニュー パスを使用して、Cisco Callmanager の各サービスが通信するロケーション帯域幅マネージャ(LBM)サービスを設定します。

Cisco Callmanager の各サービスは、LBM サービスと通信して、各コールで使用できる帯域幅を判断し、受け入れる各コールの遅延の帯域幅を差し引く必要があります。

LBM グループ ページでは、Cisco Callmanger サービスが、ローカルの LBM サービスと通信する代わりに、選択した LBM サービスと通信できるようにします。

表 2 ロケーション帯域幅マネージャ グループの設定

フィールド

説明

ロケーション帯域幅マネージャ グループの設定

[名前(Name)]

作成する新規ロケーション帯域幅マネージャ グループの名前を入力します。

[説明(Description)]

必要に応じて、ロケーション帯域幅マネージャ グループの説明を入力します。

ロケーション帯域幅マネージャ グループ メンバ

[アクティブメンバ(Active Member)]

リストからアクティブ メンバを選択します。

[スタンバイメンバ(Standby Member)]

必要に応じて、アクティブな LBM が到達不能になったときに使用するスタンバイ LBM を選択します。

ロケーション帯域幅マネージャのクラスタ間レプリケーション グループの設定

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[システム(System)] > [ロケーション情報(Location Info)] > [ロケーション帯域幅マネージャ(LBM)クラスタ間レプリケーショングループ(Location Bandwidth Manager (LBM) Intercluster Replication Group)] メニュー パスを使用して、LBM クラスタ間レプリケーション グループを設定します。

LBM クラスタ間レプリケーション グループを設定すると、LBM サービスを使用して、直接または間接に、設定済みの動的ロケーション帯域幅データのクラスタ間複製を行うことができます。 LBM ハブの権限を割り当てた LBM は、ロケーション帯域幅データのクラスタ間レプリケーションに直接参加できます。 LBM ハブは、共通の接続を通じて互いを検出し、フルメッシュ型のレプリケーション ネットワークを構成します。 スポークの権限を割り当てた LBM は、そのクラスタの LBM ハブを通じてクラスタ間レプリケーションに間接的に参加できます。

[LBMクラスタ間レプリケーショングループ(LBM Intercluster Replication Group)] ページを使用して LBM クラスタ間レプリケーション サービスを設定し、リモート クラスタのロケーションを検索して、外部との通信を確立します。

表 3 LBM クラスタ間レプリケーション グループの設定

フィールド

説明

[グループ情報(Group Information)]

[名前(Name)]

作成する新規 LBM クラスタ間レプリケーション グループの名前を入力します。

[説明(Description)]

必要に応じて、LBM クラスタ間レプリケーション グループの説明を入力します。

[ブートストラップサーバ(Bootstrap Servers)]

[サーバ(Server)]

サーバをリストに追加します。

[権限の割り当て(Role Assignment)]

[ハブ権限に割り当てられるLBMサービス(LBM Services Assigned to Hub Role)]

このリストのサービスが LBM ハブになります。

[ハブ権限に割り当てられないLBMサービス(LBM Services not Assigned to Hub Role)]

このリストのサービスが LBM スポークになります。