Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
メディア リソース グループの設定
メディア リソース グループの設定
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

メディア リソース グループの設定

この章では、メディア リソース グループの設定について説明します。 次のタイプのデバイスを、1 つのメディア リソース グループにグループ化することができます。

  • 会議ブリッジ(CFB)
  • メディア ターミネーション ポイント(MTP)
  • 保留音サーバ(MOH)
  • トランスコーダ(XCODE)
  • アナンシエータ(ANN)

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』のメディア リソース、メディア リソース グループ、およびメディア リソース グループ リストに関するトピックを参照してください。

メディア リソース グループの設定の概要

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[メディアリソース(Media Resources)] > [メディアリソースグループ(Media Resource Group)] メニュー パスを使用してメディア リソース グループを設定します。

メディア リソース管理は、メディア リソース グループとメディア リソース グループ リストによる処理を包含しています。 メディア リソース管理は、1 つのクラスタ内のすべての Cisco Unified Communications Manager でメディア リソースを共有可能にするための管理メカニズムを提供します。 メディア リソースは、会議、トランスコーディング、メディア終端、アナンシエータ、および保留音の各サービスを提供します。

メディア リソース グループは、メディア サーバが論理グループを構成するように定義します。必要に応じて、メディア リソース グループを地理上のロケーションやサイトと関連付けることができます。 また、サーバの使用方法やサービスのタイプ(ユニキャストまたはマルチキャスト)を制御するためのメディア リソース グループも必要に応じて作成できます。

メディア リソース グループの設定のヒント

メディア リソース グループから最初にリソースを除去しておく場合、またはメディア リソースが入っているメディア リソース グループを削除する場合を除いて、メディア リソース グループに含まれているメディア リソース(たとえば、会議ブリッジ)は、削除できません。

メディア リソース グループの削除

メディア リソース グループ リストに割り当てられているメディア リソース グループは、削除できません。 メディア リソース グループを使用しているメディア リソース グループ リストを検索するには、[メディアリソースグループの設定(Media Resource Group Configuration)] ウィンドウの [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスから [依存関係レコード(Dependency Records)] を選択し、[移動(Go)] をクリックします。 依存関係レコードがシステムで使用できない場合は、[依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)] ウィンドウにメッセージが表示されます。 使用中のメディア リソース グループを削除しようとすると、Cisco Unified Communications Manager からメッセージが表示されます。 現在使用されているメディア リソース グループを削除する場合は、事前に、次の作業のどちらか一方または両方を実行しておく必要があります。

  • 削除するメディア リソース グループを使用しているメディア リソース グループすべてに、別のメディア リソース グループ リストを割り当てます。
  • 削除するメディア リソース グループを使用しているメディア リソース グループ リストを削除します。

メディア リソース グループの設定値

以下の表では、メディア リソース グループの設定で使用する設定値について説明します。

表 1 メディア リソース グループの設定値

フィールド

説明

[名前(Name)]

これは必須フィールドで、Cisco Unified Communications Manager がメディア リソース グループを識別するための固有の名前を入力します。 この名前には、最長 50 文字を指定できます。 有効な文字は、英文字、数字、スペース、ダッシュ、ドット(ピリオド)、およびアンダースコアです。

[説明(Description)]

メディア リソース グループの説明を入力します。 説明には、任意の言語で最大 50 文字を指定できますが、二重引用符(")、パーセント記号(%)、アンパサンド(&)、または山カッコ(<>)は使用できません。

[このグループのデバイス(Devices for this Group)]

この領域は、メディア リソース グループのメディア リソースを定義するのに使用される [使用可能なメディアリソース(Available Media Resources)] と [選択されたメディアリソース(Selected Media Resources)] の 2 つのペインから構成されます。

[使用可能なメディアリソース(Available Media Resources)]

メディア リソース グループに対して選択可能なメディア リソースが表示されます。 このメディア リソースには、次のメディア リソース タイプが含まれます。

  • 会議ブリッジ(CFB)
  • メディア ターミネーション ポイント(MTP)
  • 保留音サーバ(MOH)
  • トランスコーダ(XCODE)
  • アナンシエータ(ANN)

マルチキャスト用に設定されている保留音サーバには、(MOH)[Multicast] というラベルが付いています。

このメディア リソース グループのメディア リソースを追加するには、リストからメディア リソースを選択し、下矢印をクリックします。 メディア リソースが追加されると、その名前が、[選択されたメディアリソース(Selected Media Resources)] に移動されます。

[選択されたメディアリソース(Selected Media Resources)]

メディア リソース グループに対して選択されたメディア リソースが表示されます。 メディア リソース グループでは、少なくとも 1 つのメディア リソースを選択する必要があります。

メディア リソースを削除(選択解除)するには、その名前を選択し、上矢印をクリックします。

[MOHオーディオにマルチキャストを使用(最低1つのマルチキャストMOHリソースが使用可能な場合)(Use Multicast for MOH Audio (If at least one multicast MOH resource is available))]

保留音オーディオ用のマルチキャストを使用するには、このチェックボックスをオンにします。 マルチキャストを使用するには、選択されたメディア リソースの少なくとも 1 つが、マルチキャスト MOH サーバであることを確認してください。

(注)     

マルチキャスト オーディオ ソースは、システム管理者が設定または作成します。